ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 70年代の思い出の歌手達 > トピック一覧 > 73年西城秀樹・76年八代亜紀...

70年代の思い出の歌手達コミュの73年西城秀樹・76年八代亜紀伴奏時代

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

秀樹のバックバンドは永尾公弘とザ ダーツ(11名編成) 1973年〜
当時秀樹の他にこのバンドはザ ピーナッツさんアイ ジョージさん岩崎ひろみちゃん等々の専属でもあり大変忙しいバンドでした
秀樹が18才の頃でデビューして少したってからの時代です

彼がまだ売り出し中の頃で全国ツアーに良く行きました、
当時秀樹のマネージャーがステージでギターを弾く時があり、歌っている秀樹をファンが引っ張って客席に落ちた時はすぐギターをやめて秀樹を慌てて助けに行っていました・・・・爆笑

この時代は(1973年)地方によってはアイドルの公演は観に行っては行けないと言う学校も沢山ありビジネス上色々プロダクションは試行錯誤していた時でした
それでも学校の決まりを無視して会場に詰めかけてくれた沢山のファンがいたのです・・・・当時小学生・中学生・高校生が中心で、たまに成人女性も見かけました
多分この時のファンの方々は今50代でしょう


とにかく秀樹は若さあふれ疲れ知らずの年頃でステージを走りまくってのライブでした・・・力あまって良くステージで転んでました…もうなんでもありの時代で全力・絶叫型でした
ファンの声援も声が束になってステージに飛んで来る感じで凄いのひと言でした
バックバンドはビデキのその凄いスタミナに必死でみんな演奏していました
一部終ったら楽屋で大の字になって僕なんかヘロヘロになって死んでいました
1時間30分後は又2部のステージで一部と同じ事を演奏するので気合い入れないと途中でヘタるので大変だったです

6〜7人のBMバックダンサーもずっと一緒で、ツアーに出ると彼女達のステージ衣装が汗でびしょびしょになるので公演終ってホテルに着くなりみんな衣装を工夫して乾かしていました
僕らも同じでホテルに着くなり即洗濯が始まる訳でして・・・笑

秀樹にツアーの時良く下着(パンツ)を頂きました 「ハイ ジャッキーお疲れ様」って・・・笑
一部のステージで出演者は滝にうたれた様に汗びっしょりになっていたので・・・

■劇場

浅草国際劇場・新宿コマ劇場・有楽町の日劇・・・等々
特に浅草国際劇場の時はバンドも2本で大盛り上がりのステージでした
当時国際劇場では恒例のレビュー「夏の踊り」の終った時でステージはその夏の踊りに使用した大きな滝があり秀樹はその滝にうたれて「とどかぬ愛」を熱唱してエンディングの構成でした
この時劇場では映画「愛と誠」を上演していました

この劇場出演の少し前にバンドからダンサーまで軽井沢で3日間合宿があり全員童心に戻って楽しみました
秀樹先頭で全員レンタ自転車借りて軽井沢の山の中を競争したり地元の方々とコミュとったり合宿場で夜秀樹達とトランプやったりして楽しんでいたのです

この時は音楽プロデューサーとしてチャッピー(元ワイルドワンズのキーボード)が担当していて常に二人は構成を練っていたのです 秀樹もがんがんチャッピーに音楽の意見を言っていました

当時マイクパフォーマンスでは出来るだけ軽くて小回りがきくマイクをスタッフと色々考えていました
包帯をマイクにぐるぐる巻きにしたり・・・マイクスタンド台を取って変わりの物を付けたり等々・・・

又この一週間の国際劇場ライブの時に僕らのバンドの中に入ってギターの芳野藤丸君がゲストプレイヤーとして演奏していました 彼はまだこの時は無名でしたが、その後秀樹のバックバンドとして又自己のバンドSHOGUNでも活躍されました

■ヒロイン オーデイシヨン

映画「愛と誠」の愛役のヒロインのオーディションを銀座三越デパートの屋上で開催この時も秀樹は数曲歌うのでバンドも出演しました
審査員の秀樹とか、原作者の梶原一騎さん等々の5〜6人が審査されていましたが後の方はどういう方が審査されていたかは覚えていないです
バンドの前にずらり10代の女性が水着姿で数十人並んだ時は秀樹の伴奏していて良かったと、この時だけは思いました・・・笑

そして残念ですが若くしてこの前お亡くなりになられた早乙女愛さんが抜擢されたんです
審査終了後楽屋で早乙女ちゃんに「おめでとう」・・・良かった・・・って握手しました
手をにぎりたいだけだったんですが・・・笑

又国際劇場とか色々な会場に彼女はたまに顔出していました


■リサイタル

1973年郵便貯金ホールにて/ヒデキ・愛・絶叫 (上記写真)


このリサイタルにはビッグバンドをはじめ数十名のストリングス+10名以上のコーラスとダンサー
当時のトップスタジオミュージシャンも参加、トランペットに羽鳥さんトロンボーンにチャンピオン等々の面々を向かえての40名位の超贅沢なリサイタルでした

リハをしっかりやっていざ本番でしたが・・・所が本番に大ハプニングがあり幕が開くと同時にすさましい声援が起こり何も聞えない状態での演奏だったんです
ヒデキも勿論バンドの音は聞え辛い状態で歌ったと思います
やはり歌とバンドがずれる所も出てきたんです・・・
今はかえってこれがお宝でしようね・・・ライブの醍醐味

このリサイタルは大成功でヒデキは絶叫と大泣きのステージでした
ファンも終始泣きじゃくる方々で凄いの一言で会場がうなった感じでした

演奏する所はオケボックス(ステージの前の所)だったのでダイレクトにファンの声援が直接聞えて凄い感じになったんです・・・
声援もそうですがファンから物も飛んで来てそれを避けながらのステージでした
録音用のマイクには物が絡み倒れるとか・・ハプニングの連続のリサイタルでした
レコードをあとで聞くとドンッ とかゾリゾリなんて聞えてます・・・笑

曲目

1)ラブ
2)イエスタディー・ワンス・モア
3)アイ ビリーブ イン ミュージック
4)孤独の太陽
5)シー ラブス ユー
6)ラブミー テンダー
7)クレイジー ラブ
8)カトリーヌ
9)トライア リトル テンダーネス
10)愛は限りなく
11)ちぎれた愛
12)恋する季節
13)恋の約束
14)チャンスは一度
15)情熱の嵐
16)青春に賭けよう
17)愛の十字架
18)とどかぬ愛
19)君を忘れない

特に9曲目の「トライア リトル テンダーネス」の曲は前半超ベリースローで非常に難しいテンポですが秀樹はその難しい作品をお見事に歌い込んでいます
トムジョーンズが当時歌ってたのをいち早くリサイタルに導入してアレンジもトムと似ています

18才の若さでこの様な難曲を選ぶ事も秀樹自身洋物には自信があったんでしょうね
今の18歳くらいのジャニーズ系の歌手でこの様な作品は多分歌えないと思いますが・・・・

この時の秀樹のステージでの歌はじっくり語り口調の作品が多いです・・・又彼自身ファンに訴えかける様に実にお見事に歌っています

18曲目の「とどかぬ愛」も同じくスローナンバーを絶叫しての熱唱です
元々海外の作品ですが彼は自分のオリジナルのように歌っています

今この作品がファンの間で話題になっている1曲です 
最後の歌だったのでエネルギーを出し切り今にも倒れそうな感じで歌ってました そのヒデキを観ながらファンは泣き叫びながらエンディングとなりました

■ 野外ステージ

富士急ハイランドとかよみうりランド等々の野外ステージも当時積極的にこなしていて 又ほとんどが真夏のライブだったので色々ハプニングが起きました・・・

それでも若さあふれるステージだったので何でもありの時代でした

同じ時期に野口五郎ちゃん郷ひろみ君の伴奏も沢山テレビ局でやっていました


今の秀樹が完成する前の時代で若さと冒険心とアイデアに満ち溢れていたヒデキでした

ヒデキは多くのファンに夢と希望を与え天国に旅立ちました
Bravo・・・ヒデキ  ありがとう


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


八代亜紀伴奏時代1976年〜

1976年 松本文男とミュージックメイカーズ (ビッグバンド 18名編成)
この時ひばりさんと亜紀さんは少しの間はダブって伴奏していました

実はこの年代の少し前(1972年)の頃に、まだ彼女が無名の頃マネージャーと二人で譜面3曲持ってキャンペーン回りしていた時代からでした・・・自分のオリジナル曲「なみだ恋」と他人の歌を持参で・・・
この時代の新人歌手達はキャバレーとかダンスホール又クラブ等々にキャンペーンとして自分を売り出す為無収入で回っていました
余談ですが、あのひばりさんも若い頃ステージがなく、みかん箱の上で歌った事もあるって言っておられました・・・笑
それから比べればステージがあるだけヨシとせねば・・・笑

話しは戻りますが・・・僕は丁度ビトー&コンソレーション時代で布施さんあゆみちゃんのバックバンドの時で二人の伴奏しない日は新宿のサパークラブのホームグラウンドに連日出演していました
そこに亜紀さんが2〜3回マネージャーと二人でキャンペーンに来られ伴奏したんです
当時亜紀さんは実に白のパンタロンが良く似合ったすこぶる美人の歌い手さんでした
僕より確かひとつ年下で22〜3歳くらいだったと思います

元々彼女はクラブ歌手だったので歌謡曲を歌う歌手としては遅咲きの方でした
この時代はアイドル全盛期でだんだん演歌歌手が消えて行っていました・・・

彼女がキャンペーンで歌い終って休憩室の前で彼女とマネージャーに「なみだ恋」良い歌だから絶対ヒットするよって励まして言ったらマネージャーと二人で嬉しそうにしていました
そしたらその後数ヶ月くらいで大ヒットしたんです・・・笑

美人歌手で歌がうまく、曲がインパクトがあってそして巻き舌で歌ったのだから意外性もあってヒットしたんでしょうね・・・・

その後テレビ曲でよく伴奏させてもらいました もうこの頃は第一線の歌手になっておられました

そして1976年頃ミュージックメイカーズで専属として週末は色んな会場で伴奏していました

いつもニコニコして笑いが絶えない気さくな方でした・・・
クラブ歌手上がりの方は気取りが少なく気さくな方々ばかりです・・・アイ ジョージさん坂本スミ子さん青江三奈さん等々・・・

今は優しそうな旦那さんと幸せに暮らしておられます・・・

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

70年代の思い出の歌手達 更新情報

70年代の思い出の歌手達のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。