ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 社労士矢間倍速合格塾 > トピック一覧 > 平成28年労災-第10問(メリ...

社労士矢間倍速合格塾コミュの平成28年労災-第10問(メリット制)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

(ア)メリット制が適用される事業の要件である100人以上の労働者を使用する事業及び20人以上100人未満の労働者を使用する事業であって所定の要件を満たすものの労働者には、第1種特別加入者に含まれ(   )。

(イ)メリット制とは、一定期間における業務災害に関する給付の額と業務災害に係る保険料の額の収支の割合(収支率)に応じて、有期事業(一括有期事業は除く。)を含め(   )一定の範囲内で労災保険率を上下させる制度である。

(ウ)メリット収支率を算定する基礎となる保険給付の額には、第3種特別加入者に係る保険給付の額は含まれ(   )。
ない
(エ)継続事業(建設の事業及び立木の伐採の事業以外の事業に限る。)に係るメリット制においては、所定の要件を満たす中小企業事業主については、その申告により、メリット制が適用される際のメリット増減幅が、最大(   )に拡大される。
40%から45%
(オ)メリット収支率を算定する基礎となる保険給付の額には、特定の業務に長期間従事することにより発症する一定の疾病にかかった者に係る保険給付の額は含まれないが、この疾病には鉱業の事業における粉じんを飛散する場所における業務によるじん肺症が含まれ(   )。
ない

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

社労士矢間倍速合格塾 更新情報

社労士矢間倍速合格塾のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。