ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 社労士矢間倍速合格塾 > トピック一覧 > 平成28年雇用-第7問(雇用保...

社労士矢間倍速合格塾コミュの平成28年雇用-第7問(雇用保険制度)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

(ア)租税その他の公課は、常用就職支度手当として支給された金銭を標準として課することができ( )。
ない
(イ)市町村長は、求職者給付の支給を受ける者に対して、当該市町村の条例の定めるところにより、求職者給付の支給を受ける者の戸籍に関し、無料で証明を行うことができ( )。

(ウ)雇用保険法第73条では、「事業主は、労働者が第8条の規定による確認の請求をしたことを理由として、労働者に対して解雇その他不利益な取扱いをしてはならない。」とされ、事業主がこの規定に違反した場合、「( )以下の懲役又は( )万円以下の罰金に処する。」と規定されている。
6箇月  30
(エ)国庫は、雇用継続給付(高年齢雇用継続給付金及び高年齢再就職給付金を除く。)に要する費用の( )の額に( )を乗じて得た額を負担する。
8分の1  100分の55
(オ)失業等給付を受け、又はその返還を受ける権利は、( )年を経過したときは、時効によって消滅する。
2

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

社労士矢間倍速合格塾 更新情報

社労士矢間倍速合格塾のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。