ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 社労士矢間倍速合格塾 > トピック一覧 > 平成28年雇用-第6問(専門実...

社労士矢間倍速合格塾コミュの平成28年雇用-第6問(専門実践教育訓練)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

(A)教育訓練給付対象者であって専門実践教育訓練に係る教育訓練給付金の支給を受けようとする者は、当該専門実践教育訓練を開始する日の( )前までに、教育訓練給付金及び教育訓練支援給付金受給資格確認票その他必要な書類を管轄公共職業安定所の長に提出しなければならない。
1か月
(B)専門実践教育訓練の受講開始日前までに、前回の教育訓練給付金の受給(平成26年10月1日よりも前のものを除く。)から( )以上経過していない場合、教育訓練給付金は支給しない。
10年
(C)政府は、専門実践教育訓練を受けている者の当該専門実践教育訓練の受講を容易にするための資金の貸付けに係る保証を行う一般社団法人又は一般財団法人に対して、当該保証に要する経費の一部補助を行うことができ( )。

(D)雇用保険法第60条の2第1項に規定する支給要件期間が( )以上である者であって、専門実践教育訓練を受け、修了し、当該専門実践教育訓練に係る資格の取得等をし、かつ当該専門実践教育を修了した日の翌日から起算して( )以内に一般被保険者として雇用された者に支給される教育訓練給付金の額は、当該教育訓練の受講のために支払った費用の額の( )を乗じて得た額(その額が厚生労働省令で定める額を超えるときは、その定める額。)である。
10年  1年  100分の60
(E)受給資格者が基本手当の受給資格に係る離職後最初に公共職業安定所に求職の申込みをした日以後において、失業している日が通算して7日に満たない間、専門実践教育に係る教育訓練支援給付金が支給され( )。
ない

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

社労士矢間倍速合格塾 更新情報

社労士矢間倍速合格塾のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。