ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 高次脳機能障害を治し隊 > トピック一覧 > あは体験を語りましょう!

高次脳機能障害を治し隊コミュのあは体験を語りましょう!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

あは体験とは、「あ、わかった」という感じた瞬間です。
例えば、子どものころ自転車に乗る練習をしていて、
何度も失敗しながらも、「あっ、わかった!こうやるんだ!」
と分かった、コツを掴めた瞬間がありましたよね?
脳機能の回復も、そういうことだと思うのです。
小さなことでも良いので、皆さんのあっ分かったという経験を書いてみましょう!
誰かの参考になると共に、自分自身を認めることにもなりますので。

コメント(2)

1回目の未破裂脳動脈瘤の手術のトラブルで、脳梗塞→高次脳機能障害と言われ、
急性期病院からリハビリ病院に転院し、ほぼ毎日、テストとptをやりながら、
臨床心理士から、雲が晴れたような感覚はありましたか?と言われたが、
入院中はそんな感覚はなかった。
リハビリ病院を退院し、自宅療養の後、職場復帰してから、2週間ほど経った後だったか?
急性期病院で見た幻覚:病院に三井住友銀行とドトールコーヒーが並んであった
(実際は三井住友銀行のATMはあったが、ドトールコーヒーはなかった、
が、鮮明な幻覚だったので、あると思い込んでいた。せん妄なのかもしれないが)
この幻覚と同じ光景が、最寄り駅の駅前にあることに「気づいた」。
つまり、自分の脳が、画像記憶の解釈を勝手に誤認していたことに
2カ月以上経ってから「気づいた」のである。
たわいのないことだが、自分にとっては、受傷後初めての「あは体験」であり、
ここから、世界が開けた感じがした。

最近の、あは体験は、人間関係に影響されたシツコイ怒りに苦悩すること、
約一年半後、今年の6月に抑肝散を飲み初めて、約2〜3週間後、
不思議と、怒りが湧かなくなり、「考えることなど人それぞれだから、まっいっか」
と思えるようになったこと。
また、つい最近は、休日に、過去の嫌な出来事を思い出しても、
「そのことと、自分の怒りを結びつける必要はない」と思えたこと。
シツコイ怒りに苦悩していた当時に比べれば、劇的な変化です!

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

高次脳機能障害を治し隊 更新情報

高次脳機能障害を治し隊のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。