ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 知らない誰かに捧げる詩 > トピック一覧 > 【タイトル】フェア

知らない誰かに捧げる詩コミュの【タイトル】フェア

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

死者は歌う。使者は招く。声枯れて、音なくす

医者は白く、汽車は黒い。フェアファウルで、ファウルはフェア

幾度となく繰り返したおはようも、苦し紛れのさようならさえも

見透かしたかの様にキミは笑うのでしょう

でもボクは見過ごさなかった、その薄っすらと浮かんだ涙に小舟を浮かべて、2人で欠けた月を見ていたい

叶わない夢ほど人は抱き、容易な夢ほど人は放り投げる。矛盾だらけの世界をボクは今日も歩くのです



交わした言葉に偽りはないと云うキミの瞳に輝きはなく

口から洩れるものは不要な二酸化炭素混じりの優しい嘘

最後までボクは笑ったよ。誰も褒めてやくれない。せめて唯ひとりに感謝され表彰されたいだけなのに

つき離された心は向き合う余裕すらなく、空を仰ぐ。空は今日も空でした



無くした体。亡くした命。何方が先に逝くの?

強者は強く、弱者は弱い。正義は悪で悪は正義だ

擦切れるほど呟いたおやすみも、感極まり涙するよろしくさえも

透けて見える程にバレてキミに笑われる

過ぎ去った過ちも起きた奇跡も、いつの日かボクという物語の目次になるべく、次の誰かへ手渡すという人生(いま)

それも悪くないなと笑う一方、悲しみに暮れるこのモヤモヤは、もはや誰のせい、きっとキミのせい



今まで歩いた道程を忘れないと云うキミの言葉は渇き

辞書で裏切り、卑劣、いい加減と引くとキミが出る

最初から心ここに在らずなキミの声も顔も仕草も温もりも、今はひっくるめてコインロッカーにでも入れておきたい

延長に延長を重ねて、何処かに持っていって。覚えてれば取りに行くよ



歩くことを余儀なくされるこの命

出口は何処かと探し続けることよりも

今は回り道して、行き止まりの角っこをじっと観察

無意味であり、有意義な暇潰しをボクは繰り返してく

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

知らない誰かに捧げる詩 更新情報

知らない誰かに捧げる詩のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済