ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 好き好きK−POP♪ > トピック一覧 > その他のアーティスト 2

好き好きK−POP♪コミュのその他のアーティスト 2

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

日本デビューをしていて、トピックスがないアーティストはこちらにまとめます。

U-KISS
イライ、スヒョン、キソプ、フン、ジュン

FTIsland
チェ・ジョンフン、イ・ホンギ、イ・ジェジン
チェ・ミンファン、ソン・スンヒョン

CODE-V
サンウ、ルイ、ナロ、ソル、ウシク、テフン

BOYFRIEND
ヨンミン、クァンミン、ミンウ 、ドンヒョン、ヒョンソン、ジョンミン

CRAYON POP
グンミ、エリン、チョア、ウェイ、ソユル

コメント(97)

U-KISSのジュンと、中国、台湾、韓国などのアジア各国でライブ稼働を頻繁に行っているシンガー宮脇詩音、そして、アメリカのヒップホップ業界で急速に成長しているAmpire Records所属のラッパーAKが、国境を超え、グローバル・ミュージックソーシャルプラットフォーム「ディ・オーシャン(DIOCIAN)」より新曲「Don't Know Why」を発表した。

すでに韓国では一足先に先行配信されていたが、ついに日本でもApple Musicにて配信がスタートとなった。
「Don't Know Why」は2人の男性ラッパーと女性ボーカルによって、三角関係のストーリーが展開されており、「すれ違いの恋」や「矛盾した愛」に対する哀切でストレートな歌詞が印象的な一曲となっている。
Apple Music以外の日本の各配信サイトでも、順次配信がスタート予定だ。

一方、ジュンはKBS2TVアイドル再起プロジェクト「The Unit」で1位を獲得し、デビューを控えている。
CRAYON POPとして活動して6年目となるエリンがグラビアを公開した。

音楽界に「パパパ」という曲で新鮮な衝撃を与えたグループCRAYON POP。
今は女優として活動するメンバーもいれば、一児の母となったメンバーもいる。
しかし、彼女たちの夢は今もCRAYON POPだ。
もちろんエリンもそうだ。

漠然と芸能人になりたいと思っていたエリンは、ブッラクミュージックにハマり、歌手としてデビューすることになるとは本人も想像していなかったという。
幼い頃に誰もが夢見る可愛いアイドルとしてデビューすることを望んだが、実際はヘルメットとCRAYON POPという名がエリンの前にあった。
ガールズグループが試みるには多少難解な部分もあるコンセプトだったが、実はグループのコンセプトを手掛けたのはメンバー全員だった。
彼女たちの新しい試みと挑戦の末に誕生したのが今のCRAYON POPだ。

最初から大きく成功したわけではなく、多くの期待もなかった。
外見を侮辱する悪質なコメントも多かったという。
「CRAYON POPにはみんな可愛くない子しかいない」という話もあったが、可愛さを捨てて新鮮さでアプローチすると、大衆も心を開いた。
CRAYON POPもヘルメットを外すと隠れていた美貌が現れ、美貌へのプライドも語った。

コンセプトだけでなく、衣装や小物、ダンスにもメンバー全員が参加した。
自らヘルメットを飾り、ジャージをリメイクして力を入れた。
そんな魅力がCRAYON POPが加えた中毒性の「パパパ」で音楽界に新しい歴史を刻んだ。

ヘルメットを被って「パパパ」と叫んでいたエリン。
とても若く見える顔だが、いつの間にかデビュー6年目に入り、音楽界の大先輩となった。
キュートなコンセプトだけで活動しているため、本人も年齢を自覚できないこともあるという。
最近は友人たちが結婚をし始め、年齢へのプレッシャーも少し感じているが、先に結婚したメンバーのソユルが安定的な家庭を築いていることに満足しており、本人はまだ結婚の考えはないという。
昨年2017年に韓国バンド結成10周年イヤーを迎えたFTISLANDの日本8枚目となるオリジナルアルバム「PLANET BONDS」のジャケット写真、最新アーティスト写真が公開された。

今回のヴィジュアルはFTISLANDメンバーの結束、友情、決意が、揺らがないもの=月(天体)として表現されている。
天体、宇宙のイメージでありながらどこか古めかしいアンティークさが残るFTISLAND独自の世界観にアルバムへの期待感も高まるところ。
ヴィジュアルの世界観を色濃く映し出したミュージックビデオの公開も予定されているようでこちらもお楽しみに!

また、ボーカル、イ・ホンギの愛犬モングリが初回限定盤Bのジャケットに登場!
ホンギのSNSに度々登場し、ファンの中でも人気の高いモングリがFTISLANDのヴィジュアルに登場するのは初めてのこと。

さらに、アルバムを引っ提げた今春のツアーの開催が決定。
東京・大阪・名古屋の3ヶ所4公演行われ、ファイナルは武道館で2days!
チケット情報はオフィシャルHPをチェックしてほしい。
CRAYON POPとして活動して6年目となるエリンがグラビアを公開した。

音楽界に「パパパ」という曲で新鮮な衝撃を与えたグループCRAYON POP。
今は女優として活動するメンバーもいれば、一児の母となったメンバーもいる。
しかし、彼女たちの夢は今もCRAYON POPだ。
もちろんエリンもそうだ。

ソユルの恋愛は、公式発表前にメンバー全員が知っていたという。
しかし、結婚までするとは全く予想できなかった。
ソユルの夫で音楽界の先輩であるムン・ヒジュンには、熱愛発表前にコンサートで初めて会った。
その時、ソユルを気遣う姿を見てメンバーたちも安心したとし、ソユルへの愛情をアピールした。

結婚どころか、恋愛もまだする気がないというエリン。
誰かを愛し始めると、その人に夢中になる性格のため、今は恋愛をする時ではないとし、まだ考えてもいないと話した。
恋愛経験が多いわけではないが、活動がない時は時々デートを楽しんでいたと話したエリンは、一回りの年齢差まで大丈夫だとし、意外な理想のタイプについて明かした。

キュートなルックス、愛らしい表情でアイドルとして活動していた時人気が多かったと思われるが、残念ながらそのような噂があっただけで直接的なアプローチはなかったという。
CRAYON POPとしてデビューした直後は携帯電話を使うことができなかったので、男性アイドルはもちろん、同性の友人ともあまり連絡をすることができなかったためだと言い、残念な気持ちを伝えた。

今のエリンには、恋愛よりは未来への心配が先だ。
普段から美容に関心が高く、ビューティー番組にも出演したいという。
YouTubeの個人チャンネルで多くのファンとコミュニケーションし、自身だけのコツを伝えたいという夢の多いエリン。

それでも心の中の一番はCRAYON POPだ。
エリンは生まれ変わってもCRAYON POPとしてデビューしたいと話した。
FTISLANDのイ・ジェジンがドラマ「リッチマン」への出演を確定した。

「リッチマン」は、顔面認識障害で愛する女性の顔が分からない傍若無人な天才事業家と、AlphaGo(コンピュータ囲碁プログラム)に匹敵する記憶力を持った就活生のロマンスを描くドラマだ。
2012年、フジテレビで放送された小栗旬&石原さとみ主演の人気ドラマ「リッチマン、プアウーマン」をリメイクした作品で、EXOのスホとハ・ヨンスが男女の主人公にキャスティングされ、話題を呼んだ。

イ・ジェジンは劇中、カン・チャンス役に挑む。
カン・チャンスは新生IT企業NEXT-INの管理チームの職員であり、ユチャン(スホ)の秘書も兼ねている人物だ。
彼は顔面認識障害のため秘書である自分の顔も分からないユチャンに屈せず、自分の顔を覚えてもらうために奮闘する明るく前向きなキャラクターだ。

イ・ジェジンはこれまで映画「歩き王」、ミュージカル「ハイスクール・ミュージカル」「ソナギ(夕立)」、ドラマ「止められない結婚」「学園サバイバル〜アブジェンイ〜」など、多様な作品で着実にキャリアを積んでおり、役者としての地位を固めた。
特に昨年は「姉は生きている」「シェアハウス〜男女4人物語〜」などのドラマに相次いで出演し、安定した演技力を披露した。

「リッチマン」は今年上半期にDramaxで放送される予定だ。
BOYFRIENDのリーダーのドンヒョンが、NAVERのライブ配信アプリ「V」を通じてKBS 2TV「The Unit」を終えた感想について「人生で一番大変だった」と話した。

この日ドンヒョンは「メンバーはわかると思う。僕の人生で一番辛かったし、一方ではスッキリしている」と話した。
彼は「本当に歯を食いしばって頑張った。朝起きたら、口の中で何か感じられて見たら、歯がかけていた」と話した。
メンバーは「ドンヒョンさんが本当に歯ぎしりをしていた」と付け加えた。

またドンヒョンは「The Unit」の最後のステージについても言及した。
それに対してメンバーは「電光板を見ることが出来なかった。頭を下げていた」と話した。
またステージについては「正直ドンヒョンさんしか見えなかった」と愛情を表した。

ドンヒョンは「最後のステージで僕は淡々としていたけど、ファンがたくさん泣いてくれた。僕はむしろファンを慰めていた。でも家の帰りに、手紙を読みながら沢山泣いた」と告白した。
また彼は「当たり前に思っていた愛がどれだけ大切なものなのか、もう一度感じた」とファンに感謝の思いを表した。
FTISLANDのイ・ホンギが「花遊記」放送終了を控え、猪八戒を演じた感想を述べた。

tvN土日ドラマ「花遊記」で、イ・ホンギは女性を誘惑する妖力を持つ豚妖怪だが、現実ではイケメントップスターP.Kとして生きている猪八戒役を担当し熱演した。

4日、イ・ホンギは所属事務所を通じて、「人々には『西遊記』が慣れ親しんでいる作品だが、『花遊記』は独特な素材なので、演技をして楽しかった。また、猪八戒という役を通じてたくさんの愛を受けた分、感謝し、猪八戒として過ごした時間が記憶に残ると思う」と話した。
続けて彼は「素晴らしい俳優たちと演技ができて楽しかった。特に、寒い中でも素敵な作品を作るために努力したスタッフの方々に心からお疲れさまでしたという言葉を伝えたい」と放送終了の感想とともに感謝の言葉を伝えた。

イ・ホンギは彼ならではのハツラツさで、トップスターP.Kとしての一面と猪八戒特有の魅力を倍増させた。
一方、自分が可愛がっていたアサニョ(イ・セヨン)にだけは、温かい兄であり、彼女を最後まで信じる唯一の人物に扮し、感動を届けたりもした。

「花遊記」は本日韓国で最終話が放送される。
超新星 ソンジェの2ndアルバム「ユメノカイカ〜夢が夢で終わらないように〜」収録楽曲「おやすみ」のミュージックビデオが、解禁となった。

今回のアルバムは、ソンジェにしか表現できない楽曲で大人の魅力が詰まった新たな試みとなる作品だ。
コンセプト、楽曲、ミュージックビデオなど、アルバム制作に関わる全てを、本人がプロデュースした。

ゲストアーティストとして参加した島袋寛子とのコラボ曲「おやすみ」は、どんなに大変な一日でも、恋人同士が、慰め、励まし、元気づけ合う、素敵な夜の時間を過ごす2人を描いたバラード曲だ。
ミュージックビデオは、ソンジェと島袋寛子の大人の魅力を表現できた映像となった。

3月7日には、池袋サンシャインシティ噴水広場にて開催されるアルバム発売イベントでは、島袋寛子もゲスト参加し今回の新曲を初披露する。
U-KISSのジュンが、ドラマに電撃復帰する。

7日、ジュンの所属事務所側は「ジュンがMBC週末ドラマ『別れが行ってしまった』に、主演男性としての出演が確定した」と明かした。

ジュンはtvN「付岩洞復讐者たち」でドラマデビューを成功裏に果たした。
このドラマでイ・スギョム役を演じ、ラ・ミラン、イ・ヨウォン、ミョン・セビンなど、大先輩の女優たちと見事に共演した。
最初の作品以降、多くのドラマのキャスティング候補となり、次期作に対する関心が絶えなかった。

約5ヶ月ぶりの次期作「別れが行ってしまった」に主演クラスで出演を確定したジュン。
彼は俳優のチョン・ジュノ、女優のチェ・シラ、チョ・ボアなどと共演する予定だ。

「別れが行ってしまった」は同名のウェブ小説を原作にする。
あまりにも異なる二人の女性の物語を通して夫の愛人との葛藤、結婚によって自分を置き去りにしてしまう現実を描く。
超新星のグァンスとジヒョクが8日、21ヶ月間の兵役を終え、除隊した。

2016年6月9日に論山訓練所に入所し、4週間の基礎軍事訓練を受けた後、グァンスは京畿南部警察広報団に、ジヒョクは釜山地方警察庁別館機動2中隊広報団に服務。
除隊を迎えたこの日の午前、同期たちとともに除隊式を行った。

生憎、日本活動もあり他のメンバーは参加できなかったが、それぞれの警察庁にはファンが駆け付け、グァンス、ジヒョクを出迎えた。
グァンスは、除隊を心待ちにしていたファンに元気な笑顔を見せ挨拶をした後、ファンとの質問タイムを持ち喜びを分かち合った。
ファンからの「メンバーがいなくて寂しくないの?」との質問に対しては、「先週、プライベートでも会っているし、全然寂しくないです、それに、ファンの皆さんが来てくれたから」と答えた。
ジヒョクは「雨の中、来てくれて本当にありがとう」とファンに感謝の気持ちを伝え、共に除隊する同僚たちと抱擁を交わし別れを惜しんだ。

入隊時には、「除隊後は、僕たち6人で活動するから応援よろしくお願いします」「ファンの皆さんの笑顔を想いながら軍生活を頑張って、2年後に、また6人の最高のステージを見せることを約束します」とメッセージを残した2人。
これからどんな姿を見せてくれるのか、彼らの活動に期待が高まる。

まずは、日本のファンとの再会、再始動となる「グァンス&ジヒョク除隊記念ファンミーティング−TAKARA−」が3月14日に東京・豊洲PITで開催される。
タイトル−TAKARA−には、グァンスとジヒョクにとって宝物であるファンの皆さんと、宝のような、かけがえのない時間を一緒に過ごしたい、という2人の思いが込められており、最高の時間になることが想像される。

2016年にメンバー6名のうち弟メンバー4名が軍に入隊し、リーダーのユナクとソンジェで超新星を守るべく日本活動を行ってきたが、ゴニルに続き、グァンスとジヒョクが除隊、残るソンモは4月末に除隊を控えており、2ヶ月を待たずしてファンが待ち望んでいた完全体の超新星が戻ってくる。
ソンジェ from 超新星が7日、東京・池袋サンシャインシティ 噴水広場で2ndアルバム「ユメノカイカ〜夢が夢で終わらないように〜」発売記念イベントを開催。
アルバムでデュエットした島袋寛子と、ステージでの共演が実現した。

イベント開始前、MCの女性が登場し「実はきょうは、スペシャルなMCの方に来ていただいてます。どうぞ!」と呼び込むと、登場したのは超新星のユナク。
来ることを知らなかった観客は早くも大盛り上がりとなった。

ソンジェから直々にこの日のMCを頼まれたそうで、「このために来ました!」とユナク。
さっそくMCとしてイベントの注意事項を読み上げたが、カンペを読みながらのたどたどしいしゃべり方に客席からは笑いも。
「それではソンジェの登場です。どうぞ!」とユナクが呼び込むと、大歓声の中、笑顔で投げキッスをしながらソンジェが登場した。

2人で同日発売のアルバムについてトークに花を咲かせたのち、スペシャルゲストとして島袋が登場。
デュエットのオファーについて島袋は「なんで私なんだろう?という驚きと、声をかけていただいた喜びがありました」と心境。
「曲を聴くと、すごくいい曲だったので、歌わせていただけるのがうれしくて、大事に大事に歌いました」と笑顔でレコーディングのエピソードを語った。

その後、ソンジェと島袋がデュエット曲「おやすみ」を歌唱。
島袋が多忙でスケジュールが合わずレコーディングは別々に行ったそうだが、息ぴったりのハーモニーで初共演を成功させた。
曲が終わり、ソンジェは「寒いですね。 きょうは僕のために来てくれて感謝しています」と、ファンに向けて改めて感謝。
「次の曲が最後の曲です。すごく甘い曲です」と紹介し、明るい雰囲気のバラード「きっと」で締めくくった。

曲終わりでは再びユナクが登場し、「自分の声を届けたいという思いでこの数ヶ月がんばっていたソンジェに大きな拍手を!」と改めてソンジェを称賛。
すると、そんなユナクにMCのお礼をしたいと、ソンジェはユナクの大好きな「ベアブリック1000%」の巨大フィギュアをプレゼントした。
ユナクは「超うれしい! ホントに!? ホントにくれるの!?」と大興奮し、2人で抱き合いながら喜びを分かち合っていた。
U-KISS イライが息子と一緒に近況を伝えて視線を引いている。

イライは6日、自身のInstagramに「Good afternoon〜! What is everyone up to today? #Michael #Minsoo #Kim #baby #ポーズ #cute #picoftheday #babystagram #atleastsomeonesgladitsmonday」というハッシュタグと一緒に、息子ミンスくんと撮影した写真を掲載した。

ミンスくんがカメラを意識したように、手は頬に当ててキュートな表情を作っているのが印象的である。
イライは11歳年上のレーシングモデルチ・ヨンスとの間に息子ミンスくんが誕生した。

これを見たネットユーザーは「よくできました!」「可愛い」「ミンスくん、とても大きくなりましたね」などの反応を見せた。
FTISLAND チェ・ジョンフンが29歳の誕生日を迎えた。

チェ・ジョンフンは7日、Instagramに「900307ありがとうございます」というコメントと共に火が灯ったキャンドル付きのケーキの写真を掲載した。
感性溢れる写真で見る人の心も温かくなった。

チェ・ジョンフンは2007年、FTISLANDのギターとキーボードを担当し、デビューした。
FTISLANDは韓国だけでなく、海外各国で人気を博している。

一方、FTISLANDは昨年6月にデビュー10周年記念アルバムを発売した。
FTISLAND チェ・ジョンフンが「ビューティー番組にAOA ソルヒョンを招待したい」と話した。

チェ・ジョンフンは本日午前10時30分に、ソウル市清潭洞ILCHIアートホールで行われた、KBS Worldのビューティー番組「THE BEAUTY」シーズン2の制作発表会で「とても童顔な歌手兼女優のイ・ジョンヒョンとオ・ヨンソが、この番組によく似合うと思う」と話した。

彼は続いて「同じ事務所のソルヒョンにも出演してほしい。肌が黒い方だけれど『ビューティーノウハウ』を通して、美白管理をすれば明るくなると思う」と説明した。

チェ・ジョンフンは普段、化粧品用の冷蔵庫を持っている程、女性に劣らずビューティーに関心が高いという。

「THE BEAUTY」は多様なビューティーノウハウを伝達する番組で、24日深夜1時からシーズン2がスタートする。
MCはチェ・ジョンフンをはじめとし、女優ハン・ウンジョン、タレントのチャン・ドヨン、メイクアップアーティストのパク・テユンなどが担当する。
昨年2017年にバンド結成10周年イヤーを迎えたFTISLAND。
4月11日発売、通算8枚目となるオリジナルアルバム「PLANET BONDS」からのリードトラック「Hold the moon」のミュージックビデオが公開された。

アルバムタイトルには、「BONDS=絆」、バンドの結束、ファンの皆さんとの繋がり、家族や友人への愛情や友情といった、さまざまな形の「絆」で結ばれた「ひとつの惑星=PLANET」という意味が込められており、リードトラックとなる「Hold the moon」には、大切にしているものを「Moon=月」にたとえて、その大切なもの、大切な人を守り抜いていくんだという強い思いが込められている。

韓国にて丸2日かけて撮影されたというミュージックビデオは、さまざまな形の「絆」で結ばれた天体(惑星)をイメージした特別なセットの中で、天体、宇宙のイメージと、どこかレトロな懐かしさ、温もりも感じさせるアンティークな要素が絡み合い大切なもの、大切な人を守りぬくんだという楽曲に込められた温かく、そして強い想いを表現した。

バンド結成10年を超えてもなお、止まることを知らない音楽活動へのバイタリティとバンドの結束、円熟ぶりがうかがえるミュージックビデオに仕上がった。
また、メインボーカル、イ・ホンギのSNSに度々登場し、ファンの間でも人気の高いホンギの愛犬モングリちゃん(AOA ソリョンの飼っている犬の子供を貰い受けた)も特別出演している。

さらに「Hold the moon」の先行配信とiTunesでのアルバム予約注文もスタート。
レコチョク、ドワンゴではダウンロード特典付きで配信中。
FTISLANDは「Hold the moon」が収録されている最新アルバム「PLANET BONDS」を携えて、今年4月よりファイナルの武道館2デイズを含むアリーナツアーを敢行する。
SUPER JUNIOR イェソン、SE7EN、超新星 ソンジェが、三者三様のオリバーで帰ってくる。

2017年初演と同時に韓国国内でヒット旋風を巻き起こし、韓国での初演直後の日本公演での大好評を得た「メイビー、ハッピーエンド」が、最強のラインナップで帰ってくる。

「メイビー、ハッピーエンド」は、そう遠くない未来、ソウルメトロポリタン郊外の旧型ロボット専用アパートを背景に、すでに旧型となり雇い主から捨てられたヘルパーボット5のオリバーとヘルパーボット6のクレアが主人公だ。
故障しても交換用の部品がない彼らは、ひょんなことから出会い、初めて愛という感情が芽生えるが、人間よりも人間らしいロボットの物語は、見る人に様々な感情を与えてくれる。
時代が進むにつれて次第に機械に依存し、人間と機械の区別自体が曖昧になってしまった現代を生きる私達は、ロボットを通じて、人間として忘れかけてしまった大切な感情と感覚を思い出すだろう。

柔らかさの中にカリスマが光るイェソン、感性豊かなSE7EN、可愛い熱血男子ソンジェが、三者三様のオリバーを披露する予定だ。
また昨年に引き続き、クレア役に爽やかな魅力のソン・サンウンと、韓国ミュージカル界のライジングスター キム・ジュヨンが共に舞台に上がり、ロボットカップルの魅力を伝える。

5月の初夏、横浜と大阪で出会う二人のヘルパーボットの、人間より人間らしい愛の物語はファン必見だ。
FTISLANDのイ・ホンギが過去、SE7ENに冷たい印象を受けたと話した。

韓国で放送されたTV朝鮮「伝説のボウリング」では、メンバーたちが親しくなる時間を持った。

先週、シン・スジと1対7のボウリング対決で負け、パク・ソングァンの家に集まったメンバーたちは和やかな時間を過ごした。

パク・ソングァンはマヨネーズを入れた自身ならではの高カロリーの手作りトッポギを披露した。
メンバーたちは呼び名を決めることを皮切りに、会話を交わして一層仲良くなった。

特にイ・ホンギは、SE7ENを「先輩」と呼んでいたと言い「以前は先輩に冷たい印象を受けた。近寄りがたい」と話した。
さらに「今回の機会に先輩ではなく、お兄さんと呼ぶ」と伝えた。
超新星のソンジェが28日渋谷 WWW Xにて、2ndアルバム「ユメノカイカ〜夢が夢で終わらないように〜」の購入者限定ライブを開催した。

今作品はすべてが自身初となるセルフプロデュース楽曲で構成。
ライブでも初となるアコースティックバージョンで6曲を披露。
途中、アルバム収録曲「おやすみ」でデュエットした島袋寛子もスペシャルゲストとして参加。
歌声を響かせるなど、ライブは大いに盛り上がった。

約400人が見守るなかスタートした本ライブ。
ソンジェは「Intro」と共に登場し、大歓声の中リード曲「きっと」を披露。
美しい歌声で会場を魅了したあと、ソンジェは「僕の歌の力が足りないかもしれませんが、大目にみてくださいね」と無邪気に語ると客席は大爆笑。
さらに「一人だと不安で緊張します。はやく6人でステージに立ちたいですが、今日は1人で残りの5人分を頑張ります!」と気合を入れると、2曲目の「君に会いたくてたまらない夜」を熱唱。

会場は、ファンの密着度や熱気もステージに伝わり、ソンジェは「大きなステージも好きなのですが、こうしたサイズのライブハウスも、しっかりみなさんの顔が見えて大好きなんです」とライブハウスならではの観客との一体感を実感し、楽しんだ。

続いて3曲目に「消えてゆく」を披露。
ソンジェは「もともと韓国語の歌詞を日本語にしたのですが、発音が難しくて、本当に日本語でいいのかなと思いました」と語ると「歌っていて変じゃなかったですか?」と客席に問いかけると「大丈夫だよ〜」という応えが多く戻り、ソンジェは「みなさんに力をいただいて頑張れました」と満面の笑みを浮かべました。

4曲目となる「おやすみ」では、今回のアルバムでデュエットした島袋寛子が登場。
「ソンジェさんに声を掛けていただき、すごく嬉しかったです。衣装も『おやすみ』に合わせました! アルバムも全部聞きましたよ」と話すとソンジェも嬉しそうにトークを展開し、その後はアーティスト同士の息のあったすばらしいパフォーマンスを披露。
客席はこの日一番の盛り上がりを見せた。

5曲目の「大丈夫じゃなくても大丈夫〜韓国語ver〜」を歌い上げると「この曲はみなさんの癒しになればと思って作りました。人はいつも大丈夫なふりをします。でも辛いときは辛いといえばいいし、逃げたいときに逃げればいいんです」と曲に込めたメッセージを力強く伝えた。

いよいよラストの曲を迎えると、客席からは「嫌だ〜」の声が。
そんな声にソンジェは「出会いがあれば別れもあるけど、実はこの曲はアルバムのタイトルにしようと思ってたんです、大丈夫、悲しい顔をしないで!」と話し「悲しい顔して見つめないで〜日本語 ver〜」を歌い上げ、アコースティック形式での特別なライブを締めくくった。

まだまだ名残惜しそうなファンの熱気だったが、ソンジェは「みなさんのおかげで力をもらうことができました。改めてニューアルバムのために力を貸してくれた方に感謝します。また、一緒に素敵な曲を歌っていただいたヒロさんにも感謝します」と深々と頭をさげ、「大阪、東京、名古屋と続くイベントでもよろしくお願いします」と挨拶し、ライブは暖かい雰囲気で大盛り上がりのなか終了した。
CRAYON POP チョアがパークウィズエンターテインメントと専属契約を締結し、女優ホ・ミンジンとして活動を続いていく。

所属事務所のパークウィズエンターテインメント側はホ・ミンジンとの専属契約締結を伝え、「女優として大きな才能を持っている。より多くの人に愛されるよう、最善を尽くす。女優として立地を固められるよう、たくさんの応援をお願いしたい」と明かした。

ホ・ミンジンはボーカルトレーニングと演技練習、楽器練習など着実に自己発展を通してミュージカル「徳恵(トッケ) 翁主」「英雄」など、多くのミュージカルに主要配役として活動し、着実に領域を広げてきた。

ホ・ミンジンは昨年、第6回イェグリンアワードに「イェグリン大賞」を受賞した作品であるミュージカル「洗濯」の主人公ナヨン役として熱演する予定だ。
5月からソウル大学路東洋芸術劇場1館で上演される。
FTISLANDのイ・ホンギがMnet「PRODUCE48」に出演するという報道が話題となっている。

5日、スポーツソウルによると、イ・ホンギは「PRODUCE48」でメンター(良き指導者)またはトレーナーとしての出演を事実上、確定した状態だ。

「PRODUCE48」は、日韓合作のガールズグループをデビューさせるというフォーマットだ。
韓国の練習生とAKB48の練習生がサバイバルを繰り広げることになる。

演出は「プロデュース101」のアン・ジュニョンプロデューサーが手がける。
4月中にクランクインし、韓国で6月に放送予定だ。

イ・ホンギは日本で人気と認知度が高いという点が「PRODUCE48」に出演することになった主な理由だと媒体は伝えた。
イ・ホンギは日本語も流暢なだけに、日本のメンバーとのコミュニケーションも見せる予定だ。
超新星 ソンジェがガンバレルーヤ よしこ初主演映画「Bの戦場」のOSTに参加した。

沖縄国際映画祭にてワールドプレミア上映される、ガンバレルーヤ よしこの初主演映画「Bの戦場」。
大野拓朗と速水もこみちなど、豪華な俳優陣に加え、素敵な主題歌と挿入歌が決定致した。

主題歌はこれからの活躍に期待がかかる新人アーティスト平林純。
リアルで飾らない、清々しいとも言える毒気と優しさが滲み出るような歌声を持つ大型新人。
今作のために楽曲「恋する私は美しい」を書き下ろした平林は「見終わった後に、爽快感のあるような歌詞やメロディーを意識して作りました。ガンバレルーヤよしこさん演じる香澄さんが、恋をして可愛くなっていく様子を想像すると、一気に言葉が思い浮かびました。見た目の美醜だけでなく、女性は綺麗にもブスにもなってしまう瞬間があると思う、そう言う瞬間を切り取った曲になったと思います」とコメントした。

そして、OSTを務めるのは超新星 ソンジェ。
3月に発売し、オリコンランキング・デイリー2位、ウィークリー4位を獲得した2nd album「ユメノカイカ 〜夢が夢で終わらないように〜」に収録され、「これからも、きっとずっと一緒にいるよ」と、愛する人との幸せな未来を歌った楽曲で、本作の内容にぴったりはまったことから「きっと」を起用。豪華な二人の歌声が本作に華を添える。

「Bの戦場」は、沖縄国際映画祭では4月21日に19時45分から桜坂劇場で上映される。
公開は2019年を予定している。
FTISLANDのイ・ホンギがKBSクールFM「イ・ホンギのKISS THE RADIO」のDJを降板する。

イ・ホンギの所属事務所FNCエンターテインメント側の関係者は「イ・ホンギが15日の放送を最後に『イ・ホンギのKISS THE RADIO』を降板する」と知らせた。

イ・ホンギは2016年10月からSUPER JUNIORのイトゥクに続き「KISS THE RADIO」のDJを務めてきた。
愉快で親しみやすい司会で、毎週午後10時にリスナーたちの五感を満足させてきた。

イ・ホンギの後任はまだ未定だという。
6月2日に、Funky Galaxy from 超新星(グァンス、ゴニル、ジヒョク)、VIXXのラビらが出演するオリジナルK-POP番組「Power of K in Japan 2018」の公開生中継LIVEが決定した。

「Power of K」は、韓国ソウルで制作されている日本向けオリジナルK-POP番組だ。
人気アーティストはもちろん、注目される新人アーティストが続々出演し、話題となっている。

今回開催される「Power of K in Japan 2018」は、Funky Galaxy from 超新星、ラビ、JG(JOONHO&GYUMIN)、MAP6、Golden Childほか、豪華なアーティストが出演する公開生中継イベントとなっている。

また、韓国からの生中継時に恒例の出演アーティストへの質問募集も行われる。
ファンから届いた疑問や知りたいことに対し、アーティストが番組内で直接答えるという。
詳しくはイベントHPで後日発表される。
FTISLANDがウェブバラエティ番組を通じて、奇想天外なミッションにチャレンジする。

ウェブバラエティ番組「探せFTISLAND」でFTISLANDは、新しいリアリティ番組を披露する。

「探せFTISLAND」は、FNCエンターテインメントの公式YouTubeチャンネルを通じて放送されるウェブバラエティ番組で、FTISLANDのメンバーたちが毎回独特なチャレンジに挑む。

「探せFTISLAND」は、軽く見ることができるスナック映像を好むトレンドを反映し、5分以下の短い時間で視聴者たちが希望するアイテムに挑戦する。
本日午後3時に公開された第1話では、FTISLAND イ・ホンギが、女優キム・セロン、パク・ジビン、U-KISS ジュンらの親友たちと一緒に、ホラー映画「昆池岩」鑑賞に挑戦し、現実の若者たちのリアルな反応を収めた。
その後もさまざまなエピソードが非定期的に公開され、視聴者の好奇心を刺激する予定だ。

FTISLANDは、強烈なロック音楽で韓国内外で旺盛に活動している。
昨年、デビュー10周年記念アルバム「OVER 10 YEARS」を発売して好評を受けた。
超新星のソンモが本日、24か月間の兵役を終え、除隊した。
2016年4月28日に論山訓練所に入所し、4週間の基礎軍事訓練を受けた後、ソウル市内の瑞草区役所で社会服務要員として服務した。

午前10時半、瑞草区役所には多くのファンが駆け付け、ソンモを出迎えた。
ソンモは除隊を心待ちにしていたファンに手を振り元気な笑顔を見せた後、「来てくれて本当にありがとうございます」とファンに感謝の気持ちを伝えた。
また移動先の事務所前にも多くのファンが祝福に詰めかけ、共に除隊を迎えられた喜びを分かち合った。

除隊した感想として「本日、無事に除隊しました。2年もの長い時間、日本で待ってくださったファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えたいです。兵役を終え、気持ち新たにもう一回人生を始める気持ちです。これから良いこともあれば、大変なこともあるかと思いますが、ファンの皆さんがいてくだされば、どんな壁でも乗り越えられると思います。僕を見守ってくださるファンの皆さんを信じて、第2幕を始めたいです。ファンの皆さんに沢山の笑顔の花が咲くよう頑張ります。」と心境を語り、「早く皆さんの笑顔が見たいです。僕がいなかった2年の間には、変化したこともあると思いますが、一緒に良い思い出をつくれるよう頑張ります。これからも見守ってください。感謝の気持ち、皆さんに会いたい気持ち、言葉では言い尽くせません。足りない部分は、皆さんにお会いした時に。待っていてください。」とファンへの感謝の言葉を伝えた。

入隊時には、「ファンの皆さんと過ごした時間を想いながら、毎日を真面目に過ごすので待っていてください。元気で行ってきます。」とメッセージを残したソンモ。
これからどんな姿を見せてくれるのか期待が高まる。
まずは、日本のファンとの再会、再始動となる「ソンモ除隊記念ファンミーティング」が5月12日にTOKYO DOME CITY HALL で開催される。
今日のファンへのメッセージからも、最高の時間になることが想像される。

2016年に入隊したゴニル、グァンス、ジヒョク、ソンモ4人全員が除隊、リーダーのユナク、ソンジェと合流し、約4年ぶりに完全体の超新星が戻ってきた。
メンバーの兵役中には、残りのメンバーでグループを守り続け、そのチームワークやメンバーの仲の良さが評判であった超新星。
彼らがファンの前に現れるその日が待ち遠しい。
FTISLANDのイ・ホンギがドラマ「スイッチ」のOSTに参加した。

本物と偽物のコラボ、いつの間にか詐欺師から検事になってしまったサ・ドチャン(チャン・グンソク)が巧みに法網をくぐる連中を次々と捕まえる痛快なドラマ「スイッチ−世界を変えろ」のOST Part.4「Raise Me Up」が公開される。

同OSTにはFTISLANDのイ・ホンギが参加した。彼はSBSドラマ「モダン・ファーマー」以来、久しぶりにOSTに参加し、魅力的なボーカルでドラマの集中度をより一層高めるものと期待される。

「Raise Me Up」はブリティッシュポップ特有の憂鬱で叙情的なメロディが、イ・ホンギの荒いながらも深い歌声と調和する夢幻的な雰囲気、サ・ドチャン(チャン・グンソク)の寂しさと切なさを描いた歌詞が印象的な楽曲だ。
サ・ドチャンのハツラツとして茶目っ気あふれる姿とは異なる、憂鬱な経験と記憶を持った自我に共感させてくれるような曲だ。

特にイ・ホンギは、チャン・グンソクとSBSドラマ「美男<イケメン>ですね」で共演し、親交を深めており、今回のOST参加により一層関心が高まっている。
男性6人組グループ、BOYFRIENDが5月26日午後5時から、ソウルの同徳女子大・百周年記念館でデビュー7周年記念ファンミーティングを開催する。
所属事務所のSTARSHIPエンターテインメントが伝えた。

BOYFRIENDは「7年間、いちずに応援してくれたファンに報いるため特別な時間を用意した。幸せな舞台を準備しているので期待してほしい」とコメントしている。

BOYFRIENDは2011年5月26日にデビュー。
「I'll Be There」「Don't Touch My Girl」「Janus」などの曲で人気を集めた。
日本で昨年リリースしたミニアルバム「Summer」はタワーレコードの週間チャートで1位になった。

ファンミーティングのチケットは韓国予約サイトのメロンチケットで販売される。
UNBに所属しており、俳優としても活発に活動しているU-KISSのジュンがMBC「覆面歌王」に出演し、話題になっている。

ジュンは、韓国で6日に放送された「覆面歌王」に羅針盤として出演した。
彼は、歌手ALiの「消しゴム(ZIUGAE)」で、彼ならではの深い感性と優れた歌唱力を披露して注目を集めた。
さらには、華麗なポッピンダンスまで披露し、会場を盛り上げたという。

ジュンは「この機会を通じてU-KISSというグループを知ってもらうと共に、歌っている自分の姿をもっと多くの方に知ってもらおうという思いで出演した」と感想を明らかにした。
また彼は「5月には新週末ドラマ『別れが行ってしまった』を通じて、演技者としても良い姿を見せていく予定だ」とこれからの活動計画も伝えた。

一方、ジュンは4月にUNBとして正式デビューし、5月26日に韓国で初放送される「別れが行ってしまった」では、浮気者で世間知らずの大学生ハン・ミンス役を演じる。
FTISLANDのチェ・ミンファンがLABOUM元メンバーのユルヒの妊娠と結婚をファンに報告した。

チェ・ミンファンは9日午後、自身のファンカフェを通じて「昨年末の公開恋愛から今年初め、突然の結婚発表まで... 皆さんもたくさん困惑されたと思います。ただ形式的な言葉よりは皆さんに心のこもった僕の心を話したい文章を書きます!」と書き込んだ。

チェ・ミンファンは「僕はもうすぐパパになります!! まだ幼く、父親になるには至らないことも多いですが… いいパパとなるため、そして恥ずかしくない父親になるために本当にたくさん努力しています!」とユルヒの妊娠の知らせを伝えた。
また、「結婚式は妻が休養を十分にした後、10月19日に挙げる予定です!」と明らかにした。

チェ・ミンファンとユルヒは昨年9月、SNSの写真から熱愛の事実が明らかになり、ユルヒはLABOUMから脱退。
さらに、今年結婚する予定だと明らかにした。
FTISLAND チェ・ミンファンと元LABOUM ユルヒが妊娠のニュースを知らせ、結婚式の日程を発表した中、FTISLANDのメンバーたちの祝福が目を引く。

チェ・ジョンフンは9日、自身のInstagramにチェ・ミンファンとユルヒの妊娠のニュース記事の写真と共に「祝福、おじさんたちが待ってるよ」と愛情のこもった書き込みを掲載した。

イ・ジェジンもこの日「#今日 #気分が #いい #チェ・ミナリングス #おめでとう #ベベ」というハッシュタグをつけて、2人の妊娠を祝福する書き込みを残した。

他のメンバーたちも親になる2人に祝福を送っているという。
イ・ホンギは今年1月、自身のInstagramに「うちの末っ子!!! チェ・ミナリ!!! 結婚します!!! 本当に本当におめでとう。不思議だね。幸せで元気に暮らして、君が言った通り音楽ももっと頑張ろう。兄貴たちを抑えて先に結婚して嬉しいか? 隣のジョンフンの表情をみろよ…僕の弟、本当におめでとう。幸せになろう。僕も結婚したい!!!!!」という書き込みで心から祝福した。

ソン・スンヒョンも「ミンファン! 僕はいつだって君の味方だ! 結婚を心からお祝いし、人生の先輩としてよろしく頼む。おめでとう」という文章とチェ・ミンファンと撮った写真を掲載するなど、義理堅さを見せた。

チェ・ミンファンは9日、自身のファンカフェを通じて「僕はもうすぐパパになります!! まだ幼く、父親になるには至らないことも多いですが… いいパパとなるため、そして恥ずかしくない父親になるために本当にたくさん努力しています!」とユルヒの妊娠の知らせを伝えた。

胎児名はチャンだという。
チェ・ミンファンは「胎児名はチャンです! 生まれたら皆さんにも僕たちのチャンをお見せしたいです!! 超音波写真を見てもとてもきれいです!」と愛情を表した。

結婚式はユルヒが産後十分な休養を取ってから、10月19日に結婚式を挙げる予定だ。
FTISLANDのチェ・ミンファンと元LABOUMのユルヒが、10月結婚と妊娠のニュースを同時に知らせた。
まだ幼い年齢での結婚、現役アイドルの結婚、デキ婚など、驚きの発表に、懸念よりは祝福が続いている。

チェ・ミンファンは9日、FTISLANDのファンコミュニティに長文の書き込みを掲載し、ユルヒが妊娠中であることを知らせ、10月19日結婚式を挙げると明らかにした。
昨年LABOUMを脱退して芸能界を引退したユルヒは、特にコメントを出していない。

チェ・ミンファンとユルヒの交際から結婚は文字通りスペクタクルだった。
昨年10月、ユルヒがSNSに間違って掲載した写真によりチェ・ミンファンとの熱愛説が浮上し、両方は直ちに交際を認めた。
その後、恋愛をオープンにしてから1ヶ月、ユルヒはLABOUMを脱退し、一般人としての人生を選択した。

その3ヶ月後の今年1月、2人は結婚を予定していると発表し、チェ・ミンファンが9日にユルヒの妊娠と結婚日程まで発表した。
熱愛説から結婚、妊娠発表まで8ヶ月しかかからなかった。

突然の熱愛&結婚発表だったため最初の世論は懸念の声のほうが多かった。
チェ・ミンファンは27歳、ユルヒは22歳だ。
アイドルとして働き盛りの中、突然結婚を発表した点がその大きな理由だった。
デキ婚であることが知られ、結婚の理由と背景を歪曲する声も出始めた。

しかし、このような懸念を払拭させたのはFTISLANDのメンバーたちだった。
イ・ホンギは1月、ラジオ番組で「多くの方々が『早すぎるんじゃないか』と言われるが、心配するようなことはない。2人の決定であり、2人とも本当に幸せに思っている」とし、不安を鎮めた。
メンバーたちも先を争って、チェ・ミンファンの結婚を祝福する書き込みをSNSに掲載した。

チェ・ミンファンも9日、ファンコミュニティの書き込みを通じて、誰よりも真剣に夫、そして父親になる準備をしていることを明らかにした。
彼は「結婚を決定して、父親になる準備をしていたら、ある瞬間今まで見てきた世の中とずいぶん違うように見える。一日一日がとても大切で感謝するだけだ。幸せに暮らす。たくさん応援してほしい」とし、より一層成熟した姿を表した。

これによって、世論も大きく変わった。
懸念の声よりは彼らの結婚を祝福する反応も増えている。
チェ・ミンファン&ユルヒの選択を全的に尊重しなければならないという声も続いている。
果たして彼らが、もう一組のアイドル夫婦として成功例を残すことができるか関心が高まっている。
FTISLAND チェ・ミンファンと元LABOUM ユルヒがすでに婚姻届を出したという。

チェ・ミンファンとユルヒは最近婚姻届けを提出し、公開恋愛するカップルではなく法律上でも正式な夫婦となった。
1月に結婚を発表した後、チェ・ミンファンとユルヒは着実に結婚の準備をしてきており、その過程で婚姻届も自然に提出したと知られた。

チェ・ミンファンはファンカフェを通じて結婚式の日程とユルヒの妊娠を知らせた。
チェ・ミンファンはユルヒを妻と呼び、婚姻届を出したことを遠まわしに表現した。
これまでチェ・ミンファンは、ユルヒを彼女と呼んできた。

若い頃にデビューし、10年間FTISLANDとして活動したチェ・ミンファンはユルヒと結婚し、夫であり父親として人生第2幕を開いた。
チェ・ミンファンは「一人の夫であり、一人の子供の父親になる今の僕も、僕の新たな人生の一部になりました」と語り、責任感のある成熟した大人の姿を見せた。

チェ・ミンファンとユルヒの赤ちゃんの胎児名はチャンである。
FTISLANDのメンバーたちもSNSを通じて「祝福、おじさんたちが待ってるよ」「#今日 #気分が #いい #チェ・ミナリングス #おめでとう #ベベ」など、お祝いの言葉を残した。

婚姻届を出したチェ・ミンファン&ユルヒ夫妻は、10月まで胎教と結婚式の準備を続ける予定だ。
パパになったFTISLAND チェ・ミンファンの近況が公開され、話題だ。

チェ・ミンファンは自身のInstagramに「天気いいね」という短い書き込みと共に1枚の写真を掲載した。

この写真は車の中で撮影されたもので、写真の中でチェ・ミンファンは憂いを帯びた表情でカメラを見つめている。
初々しい新郎の魅力がそのまま感じられる。

一方、チェ・ミンファンは元LABOUMのユルヒと最近婚姻届を提出し、夫婦となった。
ユルヒは現在妊娠中だ。
5月30日に「大好きで大嫌い」をリリースするCODE-Vがジャケット写真に続き、フィギュアスケーター村主章枝を起用したミュージックビデオを公開した。

本作のタイトルでテーマである「大好きで大嫌い」は、別れたかつての恋人をまだ引きずっている女々しい主人公の物語。
大嫌いは「こんな手に負えないような胸騒ぎを毎晩させるあなたなんて嫌いだわ」と言うことであり、結果として今でも忘れられずむしろまだ大好きということを意味している。

そんな曲の世界観を演出すべく、ドラマ仕立てのミュージックビデオが新宿2丁目のゲイバーを舞台に撮影された。
村主章枝は別れた元彼を忘れられず引きずっている主人公を熱演し、ミュージックビデオ初出演を果たした。
また、ゲイバーのママ役には日本テレビ系「月曜から夜ふかし」やBSスカパー!「徳井義実のチャックおろさせて〜や」の人気コーナー「ぽこ×たて」に出演するなど有名なコレステロールタクヤが配役されている。

なお、この「大好きで大嫌い」はメジャーデビュー7周年を迎えるCODE-Vにとって記念すべきシングルだ。
デビュー日の5月30日には12月23日に決定しているTOKYO DOME CITY HALLの目と鼻の先にあるラクーアガーデンステージにてフリーイベントを開催することが決定。
他にもリリースにともなった発売記念ミニライブの出演も決まっている。
ライブ観覧は無料。
CODE-Vのライブパフォーマンスに期待が高まる。

村主章枝は「7周年記念シングルのジャケット写真、ミュージックビデオに出演させていただき本当に感謝しております。フィギュアスケート以外での演技は初めてでしたが、カメラの距離感や撮影が、より細かい時間で区切られていたりと、氷上で演じるのとはまた違う楽しさがありました。美しさやユニークさも詰まった見どころ沢山のミュージックビデオとなっておりますので、ぜひご覧ください!」とコメントを残した。
今年デビュー10周年を迎える韓国アイドルグループU-KISSが、昨年末にリーダーのスヒョンが入隊し4人体制となって初となるライブ「U-KISS SPECIAL LIVE 2018〜Love IN Kissme〜」を東京・Zepp Tokyoにてスタートさせた。

ライブでは今年3月に発売された7thアルバム「LINK」に収録された最新曲の他、過去曲もスヒョンが不在中とは思えないほど4人のパワフルなパフォーマンスで観客を魅了した。

アンコールでは、7月4日にリリースされるキソプとフンの初ユニットシングル「Train/Milk Tea」の曲がサプライズで解禁されファンを喜ばせた。
「Train」はキソプが、「Milk Tea」はフンがそれぞれ作曲したもので、キソプは「僕もフンさんもユニットでの活動は初めてなので嬉しいです!」と2人ともユニット活動への意欲をみせた。
セルフプロデュースによりさらなるアーティストとして成長が期待できそうだ。

また、「Train」に関係しているのであろうか、京急蒲田駅でキソプとフンが写っている写真も公開された。公開前のミュージックビデオのオフショットとみられ、こちらも公開が楽しみである。

さらに、今回のライブはCSチャンネル衛星劇場での放送が決定したことも発表された。
初回は7月4日23時から放送される。
韓国男性バンドFTISLANDのチェ・ミンファンとガールズグループLABOUMの元メンバー ユルヒカップルに第一子となる男の子が誕生した。

チェ・ミンファンの所属事務所FNCエンターテインメント側は28日「先ごろ、2人の間に第一子が誕生した。母子共に健康で、チェ・ミンファンは良き父親になれるよう最善を尽くすと話している」と立場を明かした。

これを前に、2人は昨年10月に交際を認めて公式カップルとなっていた。
以降、ユルヒはLABOUMを脱退。
今年1月、チェ・ミンファンとの結婚を発表して話題を呼んでいた。

一方、2人は今年10月に挙式をあげる計画だ。
FTISLANDのチェ・ミンファンが、息子と妻の写真を公開した。

チェ・ミンファンは28日、自身のInstagramに「5月18日、うちの家族の長男が生まれました! 出産当日、お互いに抱きしめてたくさん泣いて……TT とても幸せです! これから幸せに生きていきます! 祝福してくれた多くの方々に感謝します!!!」と書き込み、写真をアップした。

これに先立ち、チェ・ミンファンの所属事務所FNCエンターテインメントは28日「最近男の子が産まれ、母子ともに健康だ。良い父親になるため、より責任感を持って頑張るという感想も伝えた」と、公式に発表した。

チェ・ミンファンは今月、LABOUM出身のユルヒの妊娠のニュースと共に、10月19日に結婚する予定だと伝えた。
当時、チェ・ミンファンは「胎名はチャンだ。結婚式は妻が十分に回復してから行う予定だ」と伝えた。
婚姻届けはすでに提出しているため、二人はすでに法的に夫婦だ。
FTISLANDのチェ・ミンファンと元LABOUMのユルヒが、自分たちにそっくりなイケメンの息子を公開した。

チェ・ミンファンとユルヒは最近、息子の名前である「チェユル」というアカウント名でInstagramを始め、写真を掲載している。

1日午後にも「チャンくん元気でありますように」という書き込みとともに、息子の写真を公開した。
またそのInstagramには2人が息子のそばで仲睦まじく撮った写真なども公開され、注目を浴びている。
生まれて15日しか経っていないが、整った目鼻立ちが美男美女の両親のDNAを受け継いでいるように見える。

また、別の写真ではユルヒが布団にくるまって眠っている様子が公開された。
ユルヒは「お母さんは大変」というコメントとともに新米ママとして奮闘している心境を打ち明けた。

チェ・ミンファンは先月、ユルヒの妊娠のニュースと共に、10月19日に結婚する予定だと発表した。
当時、チェ・ミンファンは「胎名はチャンだ。結婚式は妻が十分に回復してから行う予定だ」と伝えた。
婚姻届はすでに提出しているため、2人はすでに法的に夫婦だ。
ユルヒは昨年11月、LABOUMから脱退した。
FTISLANDのイ・ホンギが家族と一緒に投票した。

イ・ホンギは13日、自身のSNSに「より良い韓国のために、家族皆で投票カモン。イ・ジャヨン(妹の名前)なぜあなたは写真をいつもそのように撮るの」という文章と共に写真を掲載した。

写真の中でイ・ホンギは、妹と手の甲に押された投票の印であるはんこを見せ、カメラに向かって手を伸ばしている。

13日、「第7回 全国同時地方選挙」の投票日をむかえ、キム・ソヒョン、ハン・ジミン、TWICE、B1A4のゴンチャン、LOVELYZなど多くのスターが投票に参加した認証ショットを公開している。
「PRODUCE48」に出演するFTISLANDのイ・ホンギが期待感を見せた。

Mnet「PRODUCE48」の制作発表会が11日午後、ソウル江南インペリアル・パレスで開かれた中、キム・ヨンボムチーフプロデューサー、アン・ジュニョンプロデューサー、イ・スンギ、Cheetah、ペ・ユンジョン、チェ・ヨンジュン、May J Leeなどが出席した。

この日、イ・ホンギが「参加者として出演したかったけれど、トレーナーになった。『PRODUCE48』の全てが素直に伝わってほしい。夢に向かった情熱とエネルギーを物凄く感じた。それが多くの国民プロデューサーの皆さんにも伝わってほしい」と強調した。

Cheetahは「シーズン1、2に続いて3まで出演することになった。適応する過程で、新しく多様なものを発見する。今シーズンも楽しみにしている。私たちが知らなかった練習生たちの物語が気になったりもする」と明かした。

ペ・ユンジョンも「なるべく毒舌にはならないようにと思ったけど、その性格は直らないようだ。厳しく教えた。シーズン1に比べてダンスの実力がある参加者たちが多い。期待してほしい」と伝えた。

「PRODUCE48」は「プロデュース101」のシーズン3だ。
秋元康の卓越したプロデュース能力の結果であるAKB48と、Mnetの代表的なアイドル選抜番組である「プロデュース101」のシステムを組み合わせた、超大型プロジェクトである。

ログインすると、残り57件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

好き好きK−POP♪ 更新情報

好き好きK−POP♪のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。