ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 好き好きK−POP♪ > トピック一覧 > その他のアーティスト 2

好き好きK−POP♪コミュのその他のアーティスト 2

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

日本デビューをしていて、トピックスがないアーティストはこちらにまとめます。

U-KISS
イライ、スヒョン、キソプ、フン、ジュン

FTIsland
チェ・ジョンフン、イ・ホンギ、イ・ジェジン
チェ・ミンファン、ソン・スンヒョン

CODE-V
サンウ、ルイ、ナロ、ソル、ウシク、テフン

BOYFRIEND
ヨンミン、クァンミン、ミンウ 、ドンヒョン、ヒョンソン、ジョンミン

CRAYON POP
グンミ、エリン、チョア、ウェイ、ソユル

コメント(133)

FTISLANDのチェ・ミンファンが、息子と妻の写真を公開した。

チェ・ミンファンは28日、自身のInstagramに「5月18日、うちの家族の長男が生まれました! 出産当日、お互いに抱きしめてたくさん泣いて……TT とても幸せです! これから幸せに生きていきます! 祝福してくれた多くの方々に感謝します!!!」と書き込み、写真をアップした。

これに先立ち、チェ・ミンファンの所属事務所FNCエンターテインメントは28日「最近男の子が産まれ、母子ともに健康だ。良い父親になるため、より責任感を持って頑張るという感想も伝えた」と、公式に発表した。

チェ・ミンファンは今月、LABOUM出身のユルヒの妊娠のニュースと共に、10月19日に結婚する予定だと伝えた。
当時、チェ・ミンファンは「胎名はチャンだ。結婚式は妻が十分に回復してから行う予定だ」と伝えた。
婚姻届けはすでに提出しているため、二人はすでに法的に夫婦だ。
FTISLANDのチェ・ミンファンと元LABOUMのユルヒが、自分たちにそっくりなイケメンの息子を公開した。

チェ・ミンファンとユルヒは最近、息子の名前である「チェユル」というアカウント名でInstagramを始め、写真を掲載している。

1日午後にも「チャンくん元気でありますように」という書き込みとともに、息子の写真を公開した。
またそのInstagramには2人が息子のそばで仲睦まじく撮った写真なども公開され、注目を浴びている。
生まれて15日しか経っていないが、整った目鼻立ちが美男美女の両親のDNAを受け継いでいるように見える。

また、別の写真ではユルヒが布団にくるまって眠っている様子が公開された。
ユルヒは「お母さんは大変」というコメントとともに新米ママとして奮闘している心境を打ち明けた。

チェ・ミンファンは先月、ユルヒの妊娠のニュースと共に、10月19日に結婚する予定だと発表した。
当時、チェ・ミンファンは「胎名はチャンだ。結婚式は妻が十分に回復してから行う予定だ」と伝えた。
婚姻届はすでに提出しているため、2人はすでに法的に夫婦だ。
ユルヒは昨年11月、LABOUMから脱退した。
FTISLANDのイ・ホンギが家族と一緒に投票した。

イ・ホンギは13日、自身のSNSに「より良い韓国のために、家族皆で投票カモン。イ・ジャヨン(妹の名前)なぜあなたは写真をいつもそのように撮るの」という文章と共に写真を掲載した。

写真の中でイ・ホンギは、妹と手の甲に押された投票の印であるはんこを見せ、カメラに向かって手を伸ばしている。

13日、「第7回 全国同時地方選挙」の投票日をむかえ、キム・ソヒョン、ハン・ジミン、TWICE、B1A4のゴンチャン、LOVELYZなど多くのスターが投票に参加した認証ショットを公開している。
「PRODUCE48」に出演するFTISLANDのイ・ホンギが期待感を見せた。

Mnet「PRODUCE48」の制作発表会が11日午後、ソウル江南インペリアル・パレスで開かれた中、キム・ヨンボムチーフプロデューサー、アン・ジュニョンプロデューサー、イ・スンギ、Cheetah、ペ・ユンジョン、チェ・ヨンジュン、May J Leeなどが出席した。

この日、イ・ホンギが「参加者として出演したかったけれど、トレーナーになった。『PRODUCE48』の全てが素直に伝わってほしい。夢に向かった情熱とエネルギーを物凄く感じた。それが多くの国民プロデューサーの皆さんにも伝わってほしい」と強調した。

Cheetahは「シーズン1、2に続いて3まで出演することになった。適応する過程で、新しく多様なものを発見する。今シーズンも楽しみにしている。私たちが知らなかった練習生たちの物語が気になったりもする」と明かした。

ペ・ユンジョンも「なるべく毒舌にはならないようにと思ったけど、その性格は直らないようだ。厳しく教えた。シーズン1に比べてダンスの実力がある参加者たちが多い。期待してほしい」と伝えた。

「PRODUCE48」は「プロデュース101」のシーズン3だ。
秋元康の卓越したプロデュース能力の結果であるAKB48と、Mnetの代表的なアイドル選抜番組である「プロデュース101」のシステムを組み合わせた、超大型プロジェクトである。
超新星が、所属事務所との専属契約が満了した。

21日、超新星が所属していたMAROO企画は「超新星と最近契約が満了した」と短いコメントを伝えた。
再契約は締結されないとみられる。

2007年にデビューした超新星は「クリウンナレ‐キミに会いたくて‐」などの曲で活動してきた。
日本を中心に活動を展開し、熱い人気を博しているグループだ。

超新星はリーダーのユナクが2011年10月に入隊し、その後もメンバーが相次いで入隊した。
2016年5月にソンジェが除隊、そしてゴニルが今年1月、グァンス&ジヒョクが3月、ソンモが4月に除隊したことでメンバー全員が兵役を終え、グループの完全体での活動に期待が高まっていた。
CODE-Vが東京ドームシティラクーアガーデンステージにてデビュー7周年記念イベントを開催した。

「Addiction〜君なしでは、いられない〜」「世界中が敵になってもきっと君を守りぬくから」と出だしからアッパーなダンスナンバーを披露し会場は一気にヒートアップ。
続いて「道〜I Trust Me〜」、この日発売となったニューシングルのカップリング曲「部屋の中で」、表題曲でもある「大好きで大嫌い」をCODE-Vらしいパフォーマンスで披露。

「大人っぽい曲をたくさんやってきました。『大好きで大嫌い』はちょっと大人っぽいかな(笑)」とみんなの笑いを誘う。
続けて「今日は雨で寒いのでみんなで温まる曲を歌います」と話すとCODE-Vで初めてオリジナルのアカペラ曲として制作された「Song for you」を歌唱、「Song for you」はいつもどんな時も歌を通してみんなの元にいるよというCODE-Vの神髄を歌った曲。
デビュー初期に制作されたこの楽曲はMiracle(ファンの総称)の間でも強く心の中にまで根付いており、マイクを向けると会場では大合唱が起こった。

そんなお祝いムード一色の中、7周年にかけた7つの発表が順にモニターに映し出された。
1.7ヶ月連続、新曲発表決定!
2.5枚目のオリジナルアルバム12月19日発売!
3. 「大好きで大嫌い」ファンクラブ限定盤発売決定
4.オリジナルムービー冷たいキス超先行試写会開催決定!
5.CODE-V SUMMER LIVE 2018開催決定!
6.全国ミニライブツアー2018〜超初心〜開催決定!
と大歓声の中、6個の重大発表が行われた。

そして、7つ目の最後の発表は、メンバーを代表してリーダーのサンウが直接伝えるとの事で、モニターが消えると、「僕たちCODE-Vは、今年12月23日のTOKYO DOME CITY HALLのライブをもって、解散する道を選びました。これはメンバー全員で話し合った結論です。解散については、何度も何度もメンバーで話し合いました。話し合いの結果、それぞれの音楽を追求していきたいとなりました」と集まったファンに優しくもしっかりと語りかける。

会場中にはどよめきが起こり、涙が止まらなくなるファンや言葉に詰まるファンの姿も見られる中で「最後に、12月23日がCODE-Vのラストライブになります。いろいろな気持ちがたくさんあると思います。でも出来る事なら、みんなには笑顔でいてもらいたいと思っています。だから少しでもみんなの気持ちに応える事が出来るように、これからも、精一杯歌を届けたいと思います。そして出来るなら、満員のTOKYO DOME CITY HALLでみんなにはちゃんと見届けてもらいたい、これが僕たちCODE-Vの願いです」と締めくくった。

解散、そしてこれからの彼らの道を示すかのように、7年前のメジャーデビュー曲である「君がくれたもの」を涙ながらに歌唱。
会場に集まったファンへの決意を話し、イベントは終了した。

ラストライブまでの6ヶ月間、CODE-Vは全国各地を精力的に訪れる活動が発表されている。
彼らの覚悟と決断を見届けてほしい。
バンド結成10周年を経て、今まで以上に表現の幅を広げたFTISLANDの18枚目のシングル「Pretty Girl」の発売が8月22日に決定した。

ボーカル、イ・ホンギの作詞作曲によるエンド・オブ・サマーな楽曲で、一夏の恋の物語をトロピカルなリズムに乗せた心地よい風と海を感じさせる、FTISLANDの大人な魅力に溢れた夏の終わりを彩るラブソングだ。
同時公開された最新アーティスト写真、アートワークもエンド・オブ・サマーをイメージしている。

初回限定盤AのDVDには、「Pretty Girl」のミュージックビデオとメイキング映像、初回限定盤BのDVDには、「FTISLAND Arena Tour 2018 –PLANET BONDS- at NIPPON BUDOKAN」から「Golden」「GAME」「Hold the moon」「Skyway」の4曲のMulti Angle映像を収録。

オフィシャルファンクラブ会員限定のPrimadonna盤には、メンバーの生写真入りスペシャルフォトアルバムが特典として付く。
購入者特典として、シングルに封入のシリアルコードで、プレミアムサイン会やメンバー全員と一緒に写れる6ショット撮影会などの特典会へのご招待や、プレミアムなオリジナルグッズが当たる特典に加え、メンバー全員とハイタッチができるTREASURE TICKETの封入も決定。

また、LIVE DVD&Blu-ray「FTISLAND Arena Tour 2018 -PLANET BONDS- at NIPPON BUDOKAN」の同時発売も決定!
大阪城ホール、日本ガイシホール、武道館2Daysの4公演で30,000人を動員したツアーのファイナル公演を映像化。
オープニングからアンコールまで余すことなく全曲収録し、音楽で結ばれたファンとの絆を感じさせるライブ映像となっている。
全身全霊のプレイを見せるステージ上の彼らとは違う和やかな一面も垣間見える特典映像も収録。

シングル「Pretty Girl」とLIVE DVD&Blu-ray「FTISLAND Arena Tour 2018 –PLANET BONDS- at NIPPON BUDOKAN」との購入者連動特典で、「記念撮影とお土産付Meet&Greet」が当たるチャンスも。
さらにシングル「Pretty Girl」を引っ提げたツアーの開催も決定!
全国8会場11公演行われ、ファイナルは日本武道館で行われる。
浅草ゆめまち劇場にて上演のミュージカル「VOICE」の制作発表が行われ、ボス役のルイ(CODE-V)、ワンチョル(Apeace)とネイム役のミンス(Apeace)、ヨンソク(CROSS GENE)、そして演出の中野智行(PaniCrew)が登壇し、作品の魅力を語り、ミュージカルナンバーも披露した。

今回の作品は、震災直後の劇場が舞台となっていて、会見に先立ってMCから、先日の大阪の震災の件にも触れ「今だからこそ、ここから皆さんに勇気と希望のメッセージを送りたい」というスタッフ、キャストのこの作品への想いも紹介された。

制作発表は、日本人キャストと韓国人キャストそろってのミュージカルナンバー披露からスタート。
歌のみならず、ダンスパフォーマンスもあり、華やかな幕開けとなった。

質疑応答で、演出の中野智行は「僕自身も東日本大震災をこの劇場で経験し、また大阪出身で、先日の地震でも実家が被災地で心配しながら連絡を取り合ったりしたので、震災をテーマに勇気を与える作品を作りたいと思いました」とこの作品を作るきっかけも話した。

ミュージカル初挑戦のルイが「この作品は感動的で、歌もダンスも魅せられる作品です。ボス役は大変な時期に劇団員を引っ張って行く役ですが、演じながら僕も『皆を引っ張っていきたい』と、本当にボスのような気持になっています。最後まで全力で頑張ります」と言うと、同じボス役のワンチョルは「日本人キャストの方と共演するのは今回が初めてですが、本当に皆さんがまだまだ足りない自分に気遣ってくれるのがありがたくて、ますます日本が好きになりました」と話して笑いを誘った。

ネイム役のヨンソクは「ネイム役は魅力ある役だと思って、韓国でグループでの活動をしながら歌詞とかを覚えて、セリフは2日間で覚えました。本当に面白いし、歌詞の意味もすごくいいし、いい作品だと思いました。今、幸せな時間です」と頑張っている様子も伝えた。

また、もし自分が窮地に陥った時、一番最初に聞きたい「VOICE」は?という質問に、ネイム役ミンスは、「やっぱりお母さんです。今の僕を作ってくれた一番大事な人なので、お母さんの声が聞きたいです」と家族への想いも話した。
キーワードとなる「嘘」についてはみんな口々に、この作品を通じて、「いい嘘」もあるんだと思ったと話し、この作品への興味を誘った。

さらにキャスト皆でミュージカルナンバー2曲を披露し、作品の魅力と期待を魅せた。
制作発表会は、キャストも衣装を着用し、舞台も本番の仕様でのパフィーマンス披露で魅了し、質疑応答では楽しいトークやキャスト同士のやり取りも見られ、和やかな雰囲気で進みミュージカル「VOICE」への期待が高まる会見となった。
18枚目のシングル「Pretty Girl」の予告映像が公開された。

8月22日発売の「Pretty Girl」は、イ・ホンギ作詞作曲による、FTISLANDの大人な魅力に溢れた、夏の終わりにぴったりのラブソングになっている。

公開された「Pretty Girl」の予告映像は、トロピカルなリズムのイントロと、海の鮮やかなブルー、夏を感じさせるカラフルな色彩の映像が印象的だが、メンバーの演技力も見所となっていそうな気配の「Pretty Girl」のミュージックビデオ、本編公開に期待が高まっている。

また、LIVE DVD&Blu-ray「FTISLAND Arena Tour 2018 -PLANET BONDS- at NIPPON BUDOKAN」の同時発売も決定!
大阪城ホール、日本ガイシホール、武道館2Daysの4公演で30,000人を動員したツアーのファイナル公演を映像化。
オープニングからアンコールまで余すことなく全曲収録し、音楽で結ばれたファンとの絆を感じさせるライブ映像となっている。
FTISLANDが韓国での単独コンサートでファンに会う。

FTISLANDは8月11〜12日にソウル市龍山区の梨泰院BLUESQUREアイマーケットホールで、単独コンサート「FTISLAND LIVE[+]IN SEOUL」を開催する。

今回の公演は、昨年のデビュー10周年記念公演「FTISLAND LIVE[X]IN SEOUL」以来、約1年ぶりの単独公演だ。

7月中のカムバックを予告したFTISLANDは、今回の公演で新曲を含む多様なジャンルのセットリストを準備した。
今回の公演の主となる新曲がベールに包まれているだけに公演ポスターの公開に先立ち、火花が輝くポスターを先行公開し公演に対する期待を高めた。

FTISLANDの単独コンサートのチケットは、16日正午にINTERPARKチケットでファンクラブ「Primadonna」を対象にコンサートチケットの先行前売りを始める。
19日正午からは、INTERPARKチケットとAuctionチケットを通じて一般前売りの販売を始める。
バンドFTISLANDが26日、13ヶ月ぶりにカムバックする。

FTISLANDの所属事務所FNCエンターテインメントは12日、公式SNSにカムバックを予告するイメージを掲載した。

今年でデビュー12年目であるFTISLANDは、今回のアルバムを通じてノリノリのバンドの明るいエネルギーを届け、これまで見せたことのない新しい魅力を披露する予定だ。

一方、FTISLANDは8月11〜12日にソウル市龍山区のBLUESQUREアイマーケットホールで単独コンサート「FTISLAND LIVE[+]IN SEOUL」を開催する。
今回の公演では新曲を含む多様なジャンルのセットリストを準備したという。
FTISLANDが真夏の甘いセレナーデを届ける。

FTISLANDは26日、6thミニアルバム「WHAT IF」を発売し、活動を開始する。
今年でデビュー12年目であるFTISLANDは、今回のアルバムを通じてノリノリのバンドの明るいエネルギーを届け、これまで見せたことのない新しい魅力を披露する予定だ。

カムバックのニュースとともに、FTISLANDの所属事務所であるFNCエンターテインメントは15日、公式SNSで6thミニアルバム「WHAT IF」のタイトルポスターを公開した。

公開されたポスターでFTISLANDは、夕暮れの夏の野外で花火を楽しむ和気あいあいとした雰囲気を演出し視線を集中させた。
特に6thミニアルバムのタイトルである「夏の夜の夢」が書かれており、夏の夜の雰囲気にぴったりのFTISLANDの新しい音楽への期待を高めた。

新曲「夏の夜の夢」は、一目惚れした相手に切実に会いたいと歌うFTISLAND色のラブソングであり、イ・ホンギの清涼で涼しいボーカルにノリノリなバンドのエネルギーが加わる予定だ。

26日のカムバックを予告したFTISLANDのティーザーコンテンツは、公式SNSで確認できる。
FTISLANDがカムバックする。

FTISLANDが所属するFNCエンターテインメントは16日、公式SNSを通じて6thミニアルバム「WHAT IF」の団体コンセプトフォトを公開した。

公開されたイメージでは、FTISLANDがほのかな明かりに照らされる中、夏の雰囲気漂うスタイルを披露し目を引く。
カメラを見つめているメンバーはそれぞれ様々なポーズで自由な雰囲気を披露し、新曲への関心を高めた。

FTISLANDの新曲「夏の夜の夢」は、イ・ホンギ特有の爽やかなボーカルと清涼感あるリズムが調和し、蒸し暑い夏に涼しげなエネルギーを与える。
FTISLANDは、今回の新曲を通じてこれまで見せたことのない新たな魅力を見せる予定だ。

FTISLANDのニューアルバム「WHAT IF」の全曲の音源は26日午後6時、各音楽配信サイトを通じて公開される。
26日に活動を再開するFTISLANDが、新しいアルバムのトラックリストを公開し、カムバックへの期待を高めた。

FTISLANDが所属するFNCエンターテインメントは18日、公式SNSを通じて6thミニアルバム「WHAT IF」のトラックリストを公開した。

「FT EPILOGUE SCHEDULE」という名で公開されたトラックリストは、映画の上映リストのように曲名と再生時間が表示されていて視線を奪った。
また、星空を背景にアルバムの全般的な雰囲気が伝わってくる写真にトラックリストが書かれており、夏の夜に夢を見るような感じを伝えた。

FTISLANDの新曲「夏の夜の夢」は、一目惚れした相手に切実に会いたいと歌う、FTISLAND流のラブソングであり、イ・ホンギの清涼感あふれるクールなボーカルにノリノリなバンドのエネルギーが盛り込まれている。
この他にもチェ・ジョンフンが作詞に参加した「Dance With U」、イ・ホンギが作詞・作曲に参加した「Fade Out」「Who I AM」「Paradise」、イ・ジェジンが作詞・作曲に参加した「Nowhere」など、メンバーたちがアルバム制作に積極的に参加し、期待を高めた。

FTISLANDのニューアルバム「WHAT IF」の全曲の音源は26日午後6時、各音楽配信サイトを通じて公開される。
FTISLANDが、ニューアルバム「WHAT IF」のレコーディング現場を公開した。

FTISLANDの所属事務所であるFNCエンターテインメントは20日、公式SNSを通じて6thミニアルバム「WHAT IF」のハイライトメドレー映像を公開した。

ハイライトメドレー映像には、FTISLANDがボーカルと楽器のレコーディングをする様子がフィルム形式で制作されている。
特に、レンズに収められたメンバーたちがニューアルバムのために真摯でありながらも楽しんでいる様子を見せており、期待を高めている。

FTISLANDの軽快なエネルギーが感じられるタイトル曲「夏の夜の夢」は、清涼感がある爽やかなエレキギターのサウンドと、パワフルなリズムのハーモニーがとれた曲で、ある女性に一目ぼれして切なく恋しがって会いたがる男性の気持ちを歌詞に込めた。

他にも、FTISLANDの多様な色彩が見られるダンサブルな「Dance With U」、カントリーロックジャンルをもとにした「Nowhere」、吹きすさぶバンドサウンドにAOAのユナのフィーチャリングが加わって、別れを控えている男女の混乱さを表現した「Fade Out」、後半にいくほど高まる感情と壮大なオーケストラの演奏が目立つ「Who I Am」、日本17thシングル「Paradise」の韓国語バージョンに、幸せがあふれる歌詞とイ・ホンギの爽やかなボーカルを感じられる「Paradise(Korean ver.)」など、多様なジャンルの6曲が収録されている。

FTISLANDは、7月24日までハッシュタグイベント「夏の夜の夢 MINI EXHIBITION」を開催しており、「夏の夜の夢」に一番合う写真を撮った3人にFTISLANDのサイン入りCDをプレゼントする予定だ。
韓国MBCで5月からスタートし、現在も放送中の感動作「別れが去った」が、早くも9月からCS衛星劇場で日本初放送されることが決定した。

「別れが去った」は、韓国で爆発的な人気を誇ったWEB小説を「女王の花」などを手掛けたキム・ミンシク監督演出でドラマ化した作品。
母という立場が危うくなった女性と、母になる準備ができていない状態で妊娠した大学生ママが主人公の物語で、ただの愛憎劇ではない、リアリティ溢れるストーリーが視聴者の共感を呼んでいる話題作だ。

主人公をベテラン女優のチェ・シラと、「愛の温度」のチョ・ボアが演じ、俳優としても活動中のU-KISSのジュンことイ・ジュニョンも出演。
チェ・シラ演じるヨンヒの息子であり、チョ・ボラ演じるヒョの恋人、ミンス役を演じる。

韓国では8月4日に最終回を迎える予定だが、どんな結末になるのか注目が集まっている。
FTISLANDが華麗なパフォーマンスを予告した。

所属事務所FNCエンターテインメントは23日、公式SNSにFTISLANDの6thミニアルバム「WHAT IF」のタイトル曲「夏の夜の夢」のミュージックビデオの予告映像を公開した。

公開された映像には、深い眠りに落ちて夢を見るようなFTISLANDの姿が込められていて視線を引く。
FTISLANDは色とりどりの花や照明に囲まれており、ミュージックビデオの雰囲気を推察させた。
特にステージの上でチェ・ジョンフンとイ・ジェジンが披露する華麗なデュオパフォーマンスは、視線と耳の両方をひきつけて、本編への期待を引き上げる。

新曲「夏の夜の夢」は、一目惚れした相手に切実に会いたいと歌うFTISLAND流のラブソングだ。
イ・ホンギの清涼感のあるボーカルに、リズム感のあるバンドのエネルギーが調和を成し、蒸し暑い夏の夜に夢を見るような甘いセレナーデを完成させた。

FTISLANDの6thミニアルバム「WHAT IF」の全曲の音源は26日午後6時、各音楽配信サイトを通じて公開される。
CJ E&M Japan株式会社と、韓国を代表する調味料「ダシダ」でお馴染みのCJ Japan株式会社が、昨年に引き続き、イオンモールと連動して8月31日から9月2日イオンモール土浦で、9月7日から9月9日イオンレイクタウンmoriで、韓国の食とエンタメが楽しめる「bibigoフェア 2018」を開催する。

料理研究家の寺田真二郎が、Mnetオリジナル料理番組「おしえて! おいしいキッチン」の人気メニューの中から、残暑厳しい時期でも食欲をそそる「絶品!彩りビビンバ」をご紹介。
9月2日は、寺田真二郎と絶妙なコンビでお馴染みの、CODE-V ナロとソルが出演する。
さらに9月2日のイオンモール土浦ではCODE-Vがミニライブを披露する。

またフェア開催中は、ダシダ、コチュジャン、カップクッパ、韓国海苔など、bibigoの人気商品が購入できるブースを展開。
さらに各会場、Mnet Presents エンタメステージ開催日は、bibigoブースの商品500円以上ご購入者を対象に、先着で出演アーティストからオリジナルポストカードがもらえる「ポストカードお渡しハイタッチ会」を実施する。

韓国の食とエンタメが1日中楽しめる「bibigoフェア 2018」に足を運んでみよう。
アメリカのビルボードがFTISLANDのニューアルバムに積極的な関心を見せた。

ビルボードはFTISLANDのニューアルバムが発売された後、「FTISLANDの新曲『夏の夜の夢』のミュージックビデオに注目」というタイトルの記事を掲載し、新曲「夏の夜の夢」を集中的に紹介した。

ビルボードはFTISLANDの6thミニアルバム「WHAT IF」のタイトル曲「夏の夜の夢」をレゲーの影響を受けた典型的なポップロックジャンルと紹介した。
またデビュー10周年記念アルバムのタイトル曲「Wind」、6thフルアルバムのタイトル曲「Take Me Now」とは違って、FTISLANDの明るい魅力と軽いメロディーが盛り込まれていると説明した。

一方、FTISLANDは26日に放送されたMBC「ショー!音楽中心 2018蔚山サマーフェスティバル特集」に出演した。
FTISLANDのイ・ホンギが、5月に元LABOUM出身ユルヒとの間に息子が誕生したメンバーチェ・ミンファンの近況を公開した。

最近韓国で放送されたKBS 2TV「国民トークショー アンニョンハセヨ」で、Cultwoのキム・テギュンは、臨月の妻よりもスクリーンゴルフ(シミュレーションゴルフ)にハマった夫に関するエピソードを紹介した。

これに対しイ・ホンギは「僕らのドラマーに少し前に赤ちゃんが産まれたが、とても不思議で一日中赤ちゃんを見ている」と伝えた。
続いてスクリーンゴルフにハマった夫に対し、「お腹の中の子供は気にならないのか?」と尋ねたイ・ホンギ。

すると夫は、「気になります。だから一緒に寝る時に胎教し、多くはありませんが妊娠線予防のクリームも塗ってあげている」と答えたが妻は鼻で笑い、スタジオを大爆笑させた。
FTISLANDのチェ・ジョンフンが、BIGBANGのV.Iが代表を務めるラーメン店の加盟店主であることを明らかにした。

3日午後、韓国で放送された総合編成チャンネルMBN「美食クラブ」でKARAのヨンジは、ゲストとして出演したチェ・ジョンフンを「飲食業界のCEOである」と紹介した。

これにキム・グラは「ああ! そう? 」と誰よりも速く反応をし、チェ・ジョンフンは「僕がV.Iのラーメン屋さんの加盟店主だ」と明らかにした。

これを聞いたキム・グラは「こんな話をするのも変だけど……芸能人同士で事業を始めると最初は上手くいくけれども、後に良くない形で終わってしまう場合がある。くれぐれも、そのようなことがないようにして欲しい」とリアルなアドバイスをして、現場を盛り上げた。
待望のゴニルの1stソロ写真集「Egoist」が、8月24日に発売されることが決定した。

約2年間の軍服務を終え、ますますゴニルらしさに磨きをかけ戻ってきた。
そんなゴニルが撮影地に選んだのは、幼少時代を過ごしたヨーロッパ。
自分の中の影の一部が形成されたというその場所で、ゴニルは自分探しの旅に出る。

自身の現在を表現した写真集には絵について、撮影地ベルリンについて、過去・未来について、そして超新星のメンバーとして……ゴニルから溢れ出た、率直でよどみない心境も綴られている。
さらに、写真集撮影に密着したメイキングDVDも封入。
現場で見せる真剣な姿から、おちゃめな姿まで、これまでに見たことのない様々な表情は必見だ。

現在のゴニルのすべてがこの一冊に。
ゴニルをもっと知ることができる、ファン必見の一冊となっている。
ユン・ドヒョンがFTISLANDのイ・ホンギ、GUCKKASTENのハ・ヒョヌ、お笑い芸人のキム・ジュンヒョンとの友情を見せた。

ユン・ドヒョンは自身のInstagramに「今日も視聴ありがとうございます。『イタカに行く道』」という書き込みとともにイ・ホンギ、ハ・ヒョヌ、キム・ジュンヒョンと撮影した写真を公開した。

公開された写真でユン・ドヒョン、ハ・ヒョヌ、イ・ホンギ、キム・ジュンヒョンは花を背景に明るく笑っている。
ポーズはそれぞれだが、4人の深い友情が感じられる。

ユン・ドヒョンとハ・ヒョヌは人気を博しているtvNバラエティ番組「イタカに行く道」に出演している。
「イタカに行く道」は、SNSに掲載した映像の再生回数で得た数の分だけが経費となり、トルコからギリシャ・イタカ島まで行く旅程を描く番組だ。

FTISLANDのイ・ホンギとお笑い芸人のキム・ジュンヒョンが合流し、「イタカに行く道」をさらに豊かにしている。
4人のブロマンス(男同士の友情)は言葉通り名品だ。
今後どのような共演を見せてくれるか関心が集まっている。

「イタカに行く道」は韓国で毎週日曜午後6時10分に放送されている。
FTISLANDのイ・ホンギが日本のラーメンだけを食べ、1週間で8kg体重が増えたと明らかにした。

18日に放送されたJTBCのバラエティ番組「チームシェフ」では麺(noodle)をテーマに、韓国とタイのシェフが火花散る勝負を展開した。

この日のスペシャル味評価団には、FTISLANDのイ・ホンギとSF9のチャニが出演した。
イ・ホンギは「一時期、日本のラーメンにハマって毎日3食それだけ食べたことがある」とし「そしたら一週間で8kg太った」と麺に対する格別な愛情を告白した。

本格的な料理対決が始まるとすぐにイ・ホンギは麺マニアらしく、好奇心を押さえきれず両チームの台所に乱入して笑いを誘った。
シェフらが差し出した料理を味わった彼はひっきりなしに「これ本当にすごい」「本当に美味しい」などと叫んで興奮したという。

その後、最終的に完成された両国の料理を食べたイ・ホンギは「料理が本当に美味しい。『チームシェフ』にまた出たい」という再出演の意向を伝えた。
共に出演したチャニもまた「とても美味しくて魂が抜けたように食べた」と絶賛を惜しまなかった。
超新星のゴニルが、ファイブラザーズ・コリアと専属契約を締結した。

ファイブラザーズ・コリアは「ゴニルがファイアブラザーズ・コリアの新しい家族になった」とし、「演技への情熱を持っているだけに、体系的なシステムの中で俳優人生の2幕を開くだろう」と、専属契約のニュースを発表した。

また、「ゴニルが歌手として長い間、韓国内外のファンから多くの愛を受けてきただけに、グループ活動も継続していくことができるよう全面的なサポートを惜しまない」と強調した。

ゴニルは韓国ドラマ「紅の魂〜私の中のあなた〜」「海雲台の恋人たち」「私はチャン・ボリ!」、日本の作品である「恋するメゾン。〜Rainbow Rose〜」「君にラヴソングを」「僕たちのアフタースクール」に出演し、国内だけでなく日本でも着実に演技活動を続けていった。

ゴニルは所属事務所を通じて「2018年は僕にとって特別な年です。今後慎重な姿勢で、演技活動に取り組む俳優になるように努力する。様々な作品でファンを会いたい」と伝えた。
超新星がグループ名を「SUPERNOVA」に変更、新しいスタートを知らせた。

超新星のメンバーユナク、ソンジェ、グァンス、ジヒョク、ゴニルは日本・東京にある武蔵野の森総合スポーツプラザでファンミーティングを開催した。
彼らはそこでSUPERNOVAという新しいグループ名を発表した。

サンケイスポーツなど日本メディアによると、超新星が元所属事務所であるMAROO企画との契約が満了となり、名前が使えなくなり変更したという。
英語と日本語の違いはあるが、意味はそのままだという。
メンバーは「一番違和感が感じられないグループ名だ」と伝えた。
また公式ファンクラブ名も従来の「Milkyway」から「Milky」に変更した。

SUPERNOVAの日本マネジメントを担当するメンバーによる新事務所「SV ENT」も設立、活発な日本活動を予告した。
またもう一人のメンバーソンモはMAROO企画との契約期間が残っており、SUPERNOVAへの合流は未定となっている。

なお、最近メンバーのゴニルを迎え入れた韓国の事務所ファイブラザーズは20日の午後「ゴニルが所属した超新星がSUPERNOVAへグループ名を変更したのは事実だ。SUPERNOVAの日本活動はSV ENTが担当し、今後もグループ活動を続けていく計画だ」と伝えた。
FTISLANDの日本ニューシングル「Pretty Girl」が発売となった。

この曲は、ひと夏の恋の物語をトロピカルなリズムに乗せ、チルアウトした大人の魅力に溢れたラブソング。

シングルの発売を記念して「Pretty Girl」というタイトルにちなみ、ファンから思い思いのPrettyな写真を募集し、投稿された写真で構成されたPrettyポスターが公開された。
FTISLANDのメンバーも企画に参加しており、ファンとメンバーで作り上げたデザインとなっている。

また同時発売で、圧巻のライブパフォーマンスを収録したLIVE DVD/Blu-ray「FTISLAND Arena Tour 2018-PLANET BONDS-at NIPPON BUDOKAN」もリリース。

9月5日から行われる全国ツアー「FTISLAND AUTUMN TOUR 2018 -Pretty Girl-」が控えており、9月28日の日本武道館公演まで、全国8ヶ所11公演を走り抜ける。
勢いが止まらないFTISLANDから目が離せない!
結成10周年を迎えたU-KISSの新ビジュアルが公開された。

10月10日にニューシングル「SCANDAL」のリリースが決定しているU-KISSの新たなビジュアルは、オトナの色気とクールで少し危険な香りが漂うような表情が印象的だ。

約1年ぶりとなる今作のタイトル曲「SCANDAL」はそのネーミング通り、駆け引きし合う男女のスリリングな恋愛を描いたもの。
カップリング曲「Chair」は、メンバーのキソプが作詞・作曲に参加した曲となり、オトナのセクシーな魅力が感じられる曲になっているようで、楽曲の公開が楽しみである。

一方、U-KISSがは約2年ぶりとなる夏ツアー「U-KISS JAPAN LIVE TOUR 2018 〜Burn the SUMMER〜」のツアーファイナルを東京・豊洲PITで迎えた。
元U-KISSのドンホが、結婚3年目で別れを迎えた。

20日YTN starは、最近ドンホが裁判所に離婚の書類を提出して、妻との決別を準備していると報道した。
ドンホは現在、息子とも離れて暮らしていることが伝えられた。

また、ドンホも直接離婚についての心境を明らかにした。

ドンホは20日、自身のFacebookを通じて「心配をおかけして申し訳ありません」とコメントした後、「性格の違いによって妻と離婚を決めることになりました。合意のもと離婚書類の処理が終わった状態です」と伝えた。
続いて「悩んだ末に下した決定であり、妻と悪い関係になって別れたのではない」とし「夫婦としての関係は終わるが、子どもの親としての責任は、最後まで果たす」と述べた。

ドンホは2015年11月に1歳年上の一般人女性と結婚し、翌年5月に息子アセルくんが誕生した。
ドンホは22歳という若さで結婚し、大きな話題を集めた。

ドンホが若くして結婚することに対し、当時心配の声が相次いだ中「僕たち同士でたくさん話し合い計画して準備したものであり、年齢が若くてもそうでなくても、幸せな結婚生活をするためには、お互いたくさん努力しなければならないと思うので、年齢が若くても、お互いに十分に努力すれば幸せな結婚生活をすることができると思う」とファンを安心させた。

またバラエティ番組に出演した際には「粉ミルクとおむつ代が思ったよりも高い」と吐露し、父親としての責任感をうかがわせた。
元U-KISS ドンホの元妻が心境を告白した。

ドンホの元妻Aさんは21日、自身のInstagramに息子の写真をアップロードし「君は私にとって存在自体が祝福であり、いくら辛くても君を産んだと誓います。一度も後悔したことも、恥ずかしいと思ったこともありません」と述べた。
特に「何も知らない人に、大切な○○(息子の名前)君がかわいそうだと勝手に噂をさせてごめんね。大切な君の名前を、そのような人々の口に出させてごめんなさい」と、心境も吐露した。

それとともにAさんは「何があっても、私がこの世で君を一番幸せにしてあげる。私の息子に触れたら絶対ただではおきません。君は私のすべて。愛しているよ」と付け加えた。

AさんはInstagramのストーリー機能でも「私の息子の何がかわいそうなのですか? 私の息子は、私がこの世で一番幸せにしてあげるのに、何を知っていてうちの子がかわいそうだとささやくんですか? 他のことは全部我慢しますが、私の息子の話を勝手にする人たちは、自分にその言葉が文字通り跳ね返るといいですね」と、離婚の事実が公開された後、一部の悪質なコメントを書き込んだネットユーザーたちに対する不快な心境を表わした。

先立って20日、ドンホの離婚の事実が明らかになった。
ドンホはU-KISSを脱退して2015年に結婚し、翌年6月に息子が誕生した。
韓国の番組にも数回登場して、結婚生活を公開した。
結婚3年で離婚となった。
FTISLANDのイ・ホンギが、ソロでのカムバックを決定した。

所属事務所FNCエンターテインメントによると、イ・ホンギは10月18日にソロアルバムをリリースして活動する。
2015年にリリースした初のソロアルバム「FM302」以来、約3年ぶりだ。

所属事務所は「イ・ホンギが、今回のソロアルバムではこれまで披露してきたものとは違う新しい音楽を披露する予定だ」と伝え、期待感を高めた。

イ・ホンギは自分のSNSを通じてスポイラー(ネタばれ)映像をアップロードして、新しいアルバムのヒントを公開した。
約1分の短い映像でイ・ホンギは、新しいアルバムについて「トレンディな歌、チャレンジする部分もある。暖かかったり、愉快だったり」と紹介した。

また、イ・ホンギは「仲間がたくさん助けてくれた」と豪華なフィーチャリング陣を予告した。
新しいアルバムのタイトル曲については「最近人気のある友達が助けてくれた」と伝え、好奇心を刺激した。「(他の)ある曲は、最初からその友達だけ考えて、一緒にやろうと思って書いた歌」と言及して、豊かな参加陣を期待させた。

それだけでなく「誰かの強要とかではなく、今回のタイトル曲は体で動かなければならないと考えて、熱心に学んでいる」と明らかにし、なかなか見られなかったステージ上での振り付けについても電撃予告した。
2018年8月に事務所独立を期にグループ名を超新星から改名したSUPERNOVAが、オフィシャルファンクラブ設立セレモニーを開催。
日本のファンMilkyに見守られながら記者会見を行なった。

全員黒いスーツでステージ上に登場し、まずはおなじみの挨拶をしようとするも、ファンもメンバーも名称を言い間違える人が続出。
グループ名も、ファンクラブの名称もまだ変わって1ヶ月あまり。
「挨拶すると余計緊張するのは僕だけですか?」とユナクが言うと、「まだ慣れてないから!」とジヒョクがなだめる一幕も。

この日、ファンの前で発表したのは、SUPERNOVAの今後の日本での活動について。
まず、韓国でメンバーが立ち上げた新事務所SV ENT所属のSUPERNOVAが、ユニバーサル・ミュージックとパートナーシップ契約を結び、自主レーベル「SV RECORDS」を設立。
11月6日にはそのレーベルから、SUPERNOVAとして初のシングル「Chapter II」のリリースも決定していることを発表した。
さらに、シングル予約購入特典として、9月17日から行われるツアーのリハーサル見学会が開催されることもあわせて知らされた。

そして、毎年恒例のファンイベントを、今年からは名前を「★博」とあらため、11月9日・10日の2日間にわたって両国国技館で「★博9」として行うことを宣言。
さらに、ファン投票を募っていたオフィシャルファンクラブ「Milky」のロゴも、この場で公表された。
応募自体はすでにインターネットを通じて行われており、どちらが選ばれるかは、この場になるまでメンバーも知らなかったそう。

会場のMilkyからは、クルーズ船を貸し切ってのパーティや、自分の学校に来てほしい、さらには期間限定でもいいからLINEで直接メンバーとやりとりしたいという斬新なアイディアが。
最後にお誕生日のある月にメンバーからお祝いのメッセージが欲しい、という言葉にはユナクも「誕生日はスペシャルなので、いいんじゃないですかね」と前向きに受け止めていた。

11月6日にリリースされるファースト・シングル「Chapter II」について聞かれると、「今までで一番激しい!」とジヒョク。
ゴニルは「『Chapter II』は中毒性があって、耳に残る強いメロディラインがカッコいい曲。それに歌詞も素晴らしい!タイトルはそのまま僕たちの第二幕ということ。もちろんSUPERNOVAとしては初めてのシングルですけど、とにかくすごくカッコいい曲で、パフォーマンスもすごいんです!」とコメント。

もしこの「Chapter II」がオリコンで1位を獲ったら、コスプレをして秋葉原を歩くという公約を結んだそう。
公約が実現する日は来るのか、見守りたい。
FTISLANDのイ・ホンギが新曲のミュージックビデオのトレーラーを公開し、カムバックへの期待を高めた。

イ・ホンギが所属するFNCエンターテインメントは15日、FTISLANDの公式SNSを通じて2ndミニアルバム「DO n DO」のタイトル曲「COOKIES(Feat.イルフン of BTOB)」のミュージックビデオのトレーラーを公開した。

公開された映像は、まるで映画に登場するエンドロール後の特典映像を見るような雰囲気を与える。
イ・ホンギは荒涼とした野原を歩いて登場し、風の音とともに口笛の音が背景に流れ、タイトル曲への好奇心を刺激した。

フューチャーポップスタイルの爽やかな新曲「COOKIES」は、柔らかいイ・ホンギのボーカルとBTOBイルフンのしっかりとしたラップが調和をなす。
映画に登場する特典映像を見ながら次のシリーズを期待するように、私たちの人生にもまだたくさん残っている次の物語に期待してほしいという意味が込められている。
FTISLANDのチェ・ミンファンと元LABOUM ユルヒが、友人たちの祝福の中で幸せな結婚式を挙げた。

19日、チェ・ミンファンの所属事務所であるFNCエンターテインメントは「チェ・ミンファンの結婚を祝ってくださった皆様に、心より感謝申し上げる」と伝えた。

続けて「19日、ソウル某所で行われた結婚式は、両家親族や友人をはじめ、親しい知人たちの心からの祝福の中、終了しました。本式の司会は、チェ・ミンファンが所属するバンドFTISLANDのソン・スンヒョンが引き受け、祝歌はFTISLANDのイ・ジェジンとN.Flyingのイ・スンヒョプ、ユ・フェスンが歌い、2人の未来を祝福しました」と伝えた。

チェ・ミンファンは「参加してくださったゲストだけでなく、多くの方々がお祝いしてくださり、感謝申し上げます。送ってくださった祝福と愛を忘れずに、幸せに生きていきます」と結婚の感想を伝えた。
超新星のソンモが、年内はSUPERNOVAに合流せず、ソロプロジェクトで活動することを発表した。

元所属事務所であるMAROO企画との契約が満了となり、グループ名をSUPERNOVAに改名し、新しいスタートを知らせたユナク、ソンジェ、グァンス、ジヒョク、ゴニルの5人。
しかし、MAROO企画との契約期間が残っていたソンモは、SUPERNOVAへの合流が未定となっていた。

ソンモは「合流にあたっての時期的な問題などの調整が解決できず、今年中での合流は現実的に不可能になりました。しばらくはソロプロジェクトを中心に活動することになります」と明かした。

また「自分とメンバーとの問題で、早い時期に今の状況や正直な気持ちを自分の言葉でお伝えすることができず、多くの皆さんに不安や混乱を招いてしまったことを改めてお詫び致します」とファンに謝罪し、今後の活動に対する応援をお願いした。
23日に全羅南道の木浦市にある小学校で暴行事件が発生し、被害を被った学生はまだ意識不明の状態だ。
そんな中、この小学生がアイドルグループU-KISS フンの家族だということが公開された。

フンは24日、自身のInstagramに次のような文章を掲載した。
彼は全羅南道木浦市の西海小学校である学生が同級生に殴られ脳死状態となり、意識不明だと明かしながらその子は自身の家族だとつけ加えた。

フンは「もし意識が戻っても3〜4歳くらいの精神年齢になると言われたが、加害者側の両親が集中治療室の前で笑いながらおしゃべりしているという話を聞いて本当に腹が立ち、悔しい気持ちだ」と心境を吐露した。
彼は「本当に悔しい……僕の家族にはこれ以上傷つかないでほしい」と伝えた。

これに先立って24日、木浦警察と消防当局によると、23日の午前9時48分頃、ある小学校の廊下に5年生のA君が意識を失って倒れているとの通報が入った。
A君は救急隊によって心肺蘇生術を受けながら近くの病院の集中治療室に運ばれたが、意識不明の状態だ。

この事件はA君の従兄弟がネット上の掲示板に掲載したことで知られた。
U-KISSのフンに対する応援が熱い。

フンは全羅南道の木浦暴行事件の被害者児童が自分のいとこであると打ち明けた。

フンは、木浦のソヘ小学校である子どもが同級生の友達に無差別的な暴行を受け、脳死状態で意識不明だと明かした。
そしてその子どもが自分のいとこだと明かした。

フンは「この子はもし意識が戻っても、3〜4歳ほどの精神年齢になるそうです。加害者の両親が集中治療室の前で笑って騒いでいるという話を聞いて、とても怒りが込みあがり、心が痛いです」と吐露した。
そして「小学生の暴行も暴行であり、状態が深刻なのに何の処罰もなく、学校では生徒たちが不安がるといって、これといった措置を取っていません」と付け加えた。

これを聞いたネットユーザーはもちろん、同僚芸能人たちが憤慨した。
U-KISSのメンバー ジュンは「フン兄さんの家族に不幸なことが起きました。とても苦しんでいる家族とフンさんに、慰労を伝えます。まず、元気に回復することと、その後、事件の真相が明かされることを願うばかりです。皆さんのたくさんの祈りと応援をお願いします」と話した。

キソプも「この書き込みの内容は、僕たちのメンバー フンの家族の話です。子どもが暴行され、脳死状態で意識不明なのに何の措置もないということに唖然とし、心を痛めます。この文章を広く知らせるように拡散してください。お願いします。このような事がどうか……どうか無いことを願います。とても心が痛いです」と声を高くした。

イライは英語でこの文章を掲載し、世界のファンにこの事を知らせた。
彼は状況を説明しながら「私たちの子どもたちが安全かどうか分からないというのは、最も恐ろしい。学校は友達を作り、学ぶ場所だ。変わる必要がある」と訴えた。
韓国ロックバンドFTISLANDのボーカル、イ・ホンギの約3年ぶりとなるソロアルバム「Cheers」が12月5日に発売となる。

2ndアルバム「Cheers」からのリードトラック「Pathfinders」のミュージックビデオが公開となった。
今いる場所に留まらず新しいことにチャレンジしていこうという、イ・ホンギらしい前向きでポジティブなメッセージを体現するかのように、イ・ホンギ自身もキャリア初となるダンスをミュージック・ビデオで初披露!

ミュージックビデオでホンギと一緒に踊っているのは、YouTube公式チャンネル登録者数1100万人超えの世界中から注目を集めるダンススタジオ、1MILLION DANCE STUDIO所属のダンサー8名。
また、ホンギとメインで踊っている女性ダンサーは、韓国でホンギがボーカルトレーナーを務め、AKB48グル−プの参加でも話題となったオーディション番組「PRODUCE48」でダンストレーナーを務めた、May J Lee。
TWICEの「KNOCK KNOCK」などの振付を手掛けるK-POP界の人気振付師だ。
今回の「Pathfinders」の振付も彼女と、同じく1MILLION DANCE STUDIO所属のジヌ・ユンが共同で手掛けている。

ホンギ自身も今回のMV撮影に向け、1MILLON DANCE STUDIOに通って苦手なダンスを猛特訓。
撮影は、特訓の成果もあり息もぴったりと合ったダンサー達と踊りのチェックをしながら終始笑顔の絶えない、和気藹々とした雰囲気の中で行われた。
また、今回撮影が行われた場所は、偶然にも、ホンギが主演した韓国ドラマ「100年の花嫁」のロケ地だったというサプライズも。
4年振りに訪れたロケ地を懐かしんでいたホンギ。

「Pathfinders」が収録される「Cheers」は初回限定盤・通常盤・Primadonna盤の3形態にて発売。
CD購入者特典として、質問&撮影タイム付きサイン会や、乾杯タイム&集合写真撮影付きMeet&Greetへのご招待、プレミアムグッズが当たる抽選特典も行われる。
FTISLANDのボーカル、イ・ホンギのセカンド・ソロアルバム「Cheers」が12月5日に発売となる。
発売に先駆けて、リードトラック「Pathfinders」の先行配信がスタートした。

公開になったばかりの「Pathfinders」のミュージックビデオでは、イ・ホンギ自身もキャリア初となるダンスを初披露。

YouTube公式チャンネル登録者数1100万人超えの世界中から注目を集めるダンススタジオ、1MILLION DANCE STUDIO所属のMay J Leeを始めとするダンサーが出演し、話題を呼んでいる。

今いる場所に留まらず新しいことにチャレンジしていこうという、イ・ホンギらしい前向きでポジティブなメッセージが含まれている「Pathfinders」をじっくり堪能してほしい。
CRAYON POPのエリンがずば抜けたスタイルを披露した。

エリンは最近、自身のInstagramで「写真とっても多い。期待して」「もう1年間、ビキニは着られないみたい」などの文章と共に写真を掲載した。

公開された写真には、ビキニを着てカメラに向かってポーズを取るエリンの姿が写っている。
エリンの清純な美貌と、ずば抜けたスタイルに注目が集まった。

エリンは最近、個人放送プラットフォームのAfreeca TVでBJ(Broadcasting Jockey:放送司会者)として活躍している。

ログインすると、残り93件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

好き好きK−POP♪ 更新情報

好き好きK−POP♪のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。