ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 好き好きK−POP♪ > トピック一覧 > NU'EST

好き好きK−POP♪コミュのNU'EST

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

アロン
生年月日:1993年5月21日
身長:176cm
体重:57kg
血液型:A型

JR
生年月日:1995年6月8日
身長:176cm
体重:60kg
血液型:O型

ベクホ
生年月日:1995年7月21日
身長:175cm
体重:75kg
血液型:AB型

ミンヒョン
生年月日:1995年8月9日
身長:181cm
体重:67kg
血液型:O型

レン
生年月日:1995年11月3日
身長:178cm
体重:60kg
血液型:O型

コメント(87)

NU'EST WのJRが自転車にまつわるエピソードを打ち明けた。

3日午後、韓国で放送されたJTBC「夜鬼」では、お笑い芸人イ・スグンの故郷である楊坪を訪れたメンバーの様子が描かれた。

この日の放送でメンバーは、楊坪の名所であるトゥムルモリに向かってサイクリングを楽しんだ。
他のメンバーは1人用の自転車に乗ったが、JRは自転車に乗ることができない関係でイ・スグンと一緒にカップル自転車に乗った。

JRが自転車を乗ることができないのには、理由があった。
彼は移動中にイ・スグンに向かって「自転車の練習をしているとき、停まっていた高級車に傷をつけたことがある」と告白した。

これに対し、イ・スグンは「お金をたくさん支払ったか?」と尋ね、JRは「いいえ。学生だから5万ウォン(約5000円)だけちょうだいと言われた」と、当時の記憶を思い起こした。
NU'EST Wがファンに心のこもったアドバイスをした。

NU'EST Wは11日午後、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通じて「期待を持って臨めばよい結果があるだろう」と話し「試験がすべてじゃない」と励ました。

この日の放送でNU'EST Wは、ファンたちの事情を受けて悩みにアドバイスする時間を持った。
その中で、試験を控えて恐れを感じるというファンの悩みを読んだNU'EST Wは、自身の経験を土台にアドバイスをし始めた。

JRは「僕たちもステージに立つ度、怖くて緊張する。それでももっと大きな期待を持って臨んだ」と話し「試験を前にして、怖くて緊張するのはしょうがないけれど、期待を持って頑張ればよい結果を得るだろう」と話した。
続いて、メンバーたちは「試験がすべてじゃない」とファンたちを励まし、アロンは「試験の前日には睡眠をよくとらなければいけない」と現実的なアドバイスを付け加えた。
NU'EST Wが愛の写真展に参加した。

所属事務所のPledisエンターテインメントは「NU'EST Wが愛の写真展『天使たちの手紙』に参加した」と明かした。

「天使たちの手紙」は写真家チョ・セヒョンと大韓社会福祉会が毎年年末、養子縁組の対象となる児童とシングルマザーのために行うキャンペーンだ。
今年15周年を迎えた。NU'EST Wは韓国の養子縁組の認識改善のために「一つになった情熱」というテーマで今回のキャンペーンに参加した。

撮影の裏話も公開された。関係者によると、NU'EST WのリーダーであるJRは、カメラの前で緊張した赤ちゃんにおしっこをされたが、困惑せずに赤ちゃんをなだめた。
優しい姿で撮影を続けていくなど、和気藹々とした雰囲気を演出したという。

写真家チョ・セヒョンは「誰よりも疎外され、権利を主張できない幼児たちの人権について、この展示を通じて改めて考えてほしい。素敵なアイドルグループと韓国を代表する選手たちから分かち合いの種をもらって芽生えさせてくれることを期待している」と伝えた。

NU'EST Wが参加した15回目の「天使たちの手紙」は20日から25日までソウル仁寺洞の仁寺アートセンターで開かれる。
21日に発売予定の「@star1」の1月号で公開される。
最近「Mnet Asian Music Awards in Japan(MAMA)」でディスカバリー・オブ・ザ・イヤーを受賞したNU'EST W。
デビュー後6年で築いてきた彼らの時間と努力がついに実を結んだ。

マガジン「1st Look」も2017年最後に発売される12月号の表紙のモデルとしてNU'EST Wを選んだ。
NU'EST Wは初めてJR、ベクホ、アロン、レンのモノクロ写真4枚とメンバー全員が一緒に撮った1枚を含め、計5つのバージョンのカバーを披露した。

NU'EST Wは公演や海外活動の準備をしながら忙しい時間の中、「1st Look」とグラビア撮影をすることになった。
撮影当日、急に降り始めた雨と寒波でコンディションが完璧でない状況でも、メンバーらは長い撮影の間、誰も疲れた気配を見せず、1枚、1枚ベストを尽くし、互いに励まし合いながら最善を尽くす姿を見せ、スタッフを感動させたという。

そしてメンバーらはインタビューでも一言、一言に自身の考えを慎重におさめ、今年自分たちにやって来た嬉しいチャンスをつかめるようサポートしてくれたありがたい人々への感謝の気持ちも忘れず表現する姿を見せ、もう一度感動を与えたという。
チョン・ヒョンドンとNU'ESTのJRの腰のサイズには、ものすごい差があった。

韓国で放送されたJTBC「夜鬼」でメンバーたちは、ホットプレイスとして仁川にある食パン屋を訪れた。
第20回を迎え、祝賀使節団としてチョ・ウジョンが出演した。
チョ・ウジョンは第20回を迎え、メンバーたちの友情をテストする時間を設けると言った。

最初はチョン・ヒョンドンの体重とウエストのサイズに対する質問があった。
チョン・ヒョンドンが直接体重計に上がった。チョン・ヒョンドンは93.4kgでウエストは35インチ(約89センチ)だった。
体重を正確に当てたのはチョン・ヒョンドン本人だった。

これとは正反対な結果となったのは末っ子のJRだった。
JRは「昔から腰が細くてコンプレックスだった」と話した。
測定の結果、JRのウエストは28インチ(約71センチ)と明らかになった。
これにイ・スグンは「28インチならコンプレックスではない」と慰めた。
NU'ESTのJRが釣りの神に浮上した。

6日、韓国ではSBS「マスターキー」平昌特集編が放送された。
イ・スグン、チョン・ヒョンム、キム・ドンジュン、NU'ESTのJR、レン、SEVENTEENのミンギュ、女優コ・ソンヒが最終ミッションの場所に向かうために必要な鍵獲得のゲームを始めた。

決まった時間にソウルに出発するバスに乗るためには、ミッションを完遂する必要があった。
最初のミッションは、マスを3匹釣ることだった。

氷上で釣りに挑戦したメンバーたち。JRはレンに釣りのコツを教え、達人のオーラを放った。
JRは釣りに集中し、結局最初に大きなマスを釣った。
メンバーたちは「さすが江原道の息子だ」と話し、JRの活躍に感嘆した。

なお、「マスターキー」はこの日が最後の放送となった。
NU'EST Wのアロンがウイルス性の眼病で活動を最小限にとどめる。

18日、Pledisエンターテインメントはファンコミュニティを通じて「アロンは1月16日、専門の医療陣からウイルス性の眼病であるという診断を受けた」と明らかにした。

NU'EST W側は、アロンがウイルス性の眼病の診断を受け、最小限の活動だけ続けていく方針だ。

所属事務所は「専門医の診断に沿ったこの病気の特性上、他人との接触は被害を及ぼしかねないと判断される。これによって21日に行われるファンサイン会にアロンは舞台挨拶にだけ参加することを決定した」と明らかにした。
A型インフルエンザで体調を崩したNU'EST WのJRと腰を負傷したMAMAMOOのソラが「ソウル歌謡大賞」に予定通り出演するとみられる。

JRとソラは25日、ソウル市九老区の高尺スカイドームで開催される「 第27回ソウル歌謡大賞」に出演する。

21日午前、高熱で救急室を訪れたJRはA型インフルエンザという専門医の診断でスケジュールをキャンセルし、休息を取ってきた。
幸いに体調は順調に回復しているという。

25日に予定された「ソウル歌謡大賞」には異常がない限り出演するとみられ、体調回復後初のスケジュールになるとみられる。
ただ、24日に予定された「ソウル歌謡大賞」のリハーサルには参加しない。
休息を取り、体調回復に集中するためだ。

ソラも同じだ。
ソラはマレーシアで開かれた「K-WAVE MUSICフェスティバル」のリハーサル途中、腰を負傷した。
それから16日に行われた「2018平昌冬季五輪」聖火リレーの走者に参加せず、負傷の回復に集中してきた。
ソラは「ソウル歌謡大賞」のステージには上がる予定だ。
ただ、パフォーマンスを100%こなすことはできないとみられる。
これは負傷の悪化を防ぐためで、上半期のカムバックに無理はないと知られた。

「ソウル歌謡大賞」は1月25日午後7時からKBS DramaとKBS Joy、KBS Wなどを通じて生中継される。
インターネットやモバイルを通じて世界中に中継される。
NAVERライブ映像配信アプリ「V LIVE」を通じて韓国および世界に生放送され、中国ではneteaseを通じてモバイルおよびVODなどで放送される。
NU'EST Wが3月に単独ライブを開催する。

1日、所属事務所のPledisエンターテインメントはNU'EST Wの公式ファンコミュニティとSNSを通じて「NU'EST W CONCERT IN SEOUL」のポスターとチケット販売開始をサプライズ公開、単独ライブの開催を知らせた。

公開されたポスターには直線を利用してアルファベットのWを表現し、直線を中心に光と影が入りDOUBLEという単語を強調した。
感覚的で落ち着きのある雰囲気を際立ててた。

また3月に開催されるNU'EST Wのコンサート「DOUBLE YOU」は夢のような現実が始まったNU'EST Wの新しい時間を盛り込んで彼らのストーリーと音楽で新しい姿を披露することを予告した。
ライブバンド、ソロステージなどを通じて二倍に成長した彼らの姿を見せる予定だ。

ファンクラブの先行予約は13日午後8時からチケット予約サイトINTERPARKを通じて行い、一般予約は19日午後8時より行われる。
これに先立ってNU'EST Wは、8月に「2017 NU'EST W FANMEETING L.O.Λ.E & DREAM」のチケット予約開始と同時にサーバーがダウンし、3分で全席完売を記録するなど、チケットパワーを誇示した。

「NU'EST W CONCERT IN SEOUL」は3月16日から18日までの3日間、ソウルオリンピック公園のSKハンドボール競技場で開かれる。
NU'EST WのJRが韓国で初放送される、SBS「ジャングルの法則」in パタゴニアに合流した感想を話した。

SBS「ジャングルの法則」の制作陣は31日、NU'EST WのJRの自撮りカメラを公開した。
レンと共に登場したJRは「このようにNU'ESTのメンバーたちと長い間離れているのは初めて」だと話した。
レンは「10年を共にした仲なので(JRが)旅立つというので、寂しいけれどよくやってくれると信じている」と話し、「健康が一番」だと強調した。
続いて「ジャングルは適応することが大事だ」と先輩たちに活用した愛嬌を披露し、目を引いた。

ジャングルの先輩SEVENTEENのミンギュは、JRに実質的なアドバイスをしてあげた。
ミンギュは「すごくありふれたものを持って行ってこそ助けになる」と話し、「日焼け止めクリームよりサンスティックを持って行った方がいい」とお役立ちTIPを提供した。
ジャングルに行けば、手が汚れることも多いためいつでも塗りやすいサンスティックがいいと話した。
管理が必要なアイドルの特別な対話が笑いを誘った。

JRは様々なアドバイスをもとに、水かき、固体燃料、コンパス、ラッシュガード、山岳用の服などを次々と準備し「もうジャングルは怖くない」とつけ加え、ジャングルへの挑戦に対する期待を持たせた。

JRが合流した「ジャングルの法則」は、女優キム・ソンリョン、キム・スンス、歌手ホン・ジニョン、DIA チェヨン、キム・ドンジュン、チョ・ジェユン、MONSTA X ミニョク、キム・ジョンミン、SF9 ロウン、キム・ジンギョン、俳優チョ・ユヌが参加する。
NU'ESTのJRが、キム・ビョンマンからプレゼントされた運動器具を自慢し、SBS「ジャングルの法則」チームの友情を見せた。

JRは自身のSNSに「#ビョンマン兄さん #族長がプレゼントをくれました! これはなんと #アイロニー 兄さん本当にありがとうございます。運動を一生懸命頑張ります」というコメントと共に動画を掲載した。

JRとキム・ビョンマンは2日から韓国で放送されるSBS「ジャングルの法則」パタゴニア編を共に撮影し、縁を持った。

映像の中でJRは「僕たちの族長がプレゼントをくださいました」と話し、運動器具を使用している。
続いて「今日の運動はここまで。ビョンマン兄さん、ありがとうございます」とつけ加えた。
NU'EST Wがファンに特別な愛情を見せた。

NU'EST Wは、8日午後7時からポータルサイトNAVERのLIVE映像配信アプリ「V LIVE」の「2018 GLOBAL V LIVE TOP10」を進行した。
特にNU'ESTはファンに感謝の気持ちを伝え、注目を集めた。

この日ベクホは「非常に感謝している。僕たちはここに初めて来たが、思ったより初めであることが多い。この頃は楽しいし、特別な気分だ。良い場にお招きいただき、感謝している」と明かした。
またアロンは「2017年は忘れられない1年だった」とファンに感謝の気持ちを伝えた。

NU'EST Wは特にコンサートも予告し、注目を浴びた。
メンバーらは「コンサートを計画している。3月に蚕室でコンサートをする。3回行う」と予告し、期待を高めた。
メンバーらは「コンサートを準備しており、授賞式も一つ残っていてそのステージを準備している」と近況を伝えた。

NU'EST Wは同日、昨年1年間にあったたくさんの出来事について言及した。
音楽番組で初めて1位を獲得したことやファンの熱い愛に感謝の気持ちが大きかった。
NU'EST Wは「全体的にあまりにもよかったと言うしかない。一つを挙げることが難しい。デビューした頃から夢見てきた音楽番組1位。初めて1位になった時の気持ちは忘れられない」と話した。

特にNU'EST Wは「ファンにしてあげたいことがたくさんある」とし、GLOBAL V LIVE TOP10にランクインしたことに対し「本当に感謝している。賞を受けただけに一生懸命に努力し、これからも頑張るNU'EST Wになる。たくさん愛してほしい」と感想を語った。

この日NU'EST Wの放送は30分でハート2億個を突破した。
メンバーも驚き「番組の途中でハートが2億個を突破したことは初めてだと思う。感謝する」と挨拶した。
さらにNU'EST Wはこれからやっていきたい『V LIVE』のコンセプトなどについて話すなど、ファンと特別な思い出を作った。

最後にNU'EST Wは「今年も僕たちの歌が遠くまで響くよう一生懸命に活動する」と覚悟を語った。
NU'EST Wが単独コンサート「DOUBLE YOU」のメインポスターを公開した。

NU'EST Wは3月16日から18日までの三日間、ソウルオリンピック公園のSKハンドボール競技場で「NU'EST W CONCERT DOUBLE YOU IN SEOUL」を開催する予定で、12日の午後、公式SNS及びファンコミュニティを通じて単独コンサート「DOUBLE YOU」のメインポスターとチケット予約に関する詳しい内容を掲載した。

公開したメインポスターイメージでNU'EST Wのメンバーたちは、ブラックスーツを着て壁に寄りかかり、完璧なビジュアルを誇示して視線を引く。

チケット予約の告知によると、NU'EST Wの単独コンサート「DOUBLE YOU」は13日の午後8時、公式ファンクラブ「L.O.Λ.E(ラブ)」の会員の事前予約を行い、19日の午後8時からは一般予約を行う予定だ。

これに先立ってNU'EST Wは、8月に開催した「2017 NU'EST W FANMEETING L.O.Λ.E & DREAM」のチケット予約開始で、同時アクセス数が25万件を突破してサーバーがダウンしただけではなく、3分で完売を記録するなど爆発的な人気を証明したことがある。

NU'EST Wの今回の単独コンサート「DOUBLE YOU」は、夢のような現実が始まったNU'EST Wの新しい時間を盛り込み、彼らのストーリーと音楽を通じてまた違う色を見せると予告している。

NU'EST Wの単独コンサート「DOUBLE YOU」は3月16日から18日の三日間開催され、13日の午後8時にチケット予約サイトINTERPARKを通じてファンクラブの事前予約が行われる。
グループNU’EST Wの単独コンサート「NU'EST W CONCERT DOUBLE YOU IN SEOUL」の前売りチケットが、オープンと同時に全席完売した。

3月16日〜18日の3日間、オリンピック公園SKハンドボール競技場での単独コンサートを控えているNU’EST Wが、前売りオープンに続き、19日にインターパークチケットを通して行われた一般前売りでもオープン直後に全公演の全席完売を記録、同時アクセス数22万を突破する人気の高さを示した。

NU’EST Wは、13日に公式ファンクラブの会員を対象にした前売りで、オープンと同時に全公演の全席完売を記録し、20万人以上のアクセスがあるなど、ファンらの爆発的な関心を集めていた。
続いて、一般前売りでチケットを購入しようとするファンらの熱を帯びた関心の中、チケットオープン当日の前売りサイトであるインターパークチケットが、ポータルサイトリアルタイム検索語の上位圏に上がるなど、チケット争いを予告した。 

3月の開催を控えたNU’EST Wの単独コンサート「NU'EST W CONCERT DOUBLE YOU IN SEOUL」は、夢のような現実が始まったNU’EST Wの新しい時間を込め、彼らの物語と音楽で満たす。
NU’EST Wは、このコンサートでライブバンド、ソロ舞台など、異色舞台を披露すると発表し、異なるカラーを見せると同時に成長した姿を予告して、開催前からファンらの期待を高めている。

「NU'EST W CONCERT DOUBLE YOU IN SEOUL」は、3月16日から18日までの3日間オリンピック公園SKハンドボール競技場で華やかに展開される。
NU’EST Wベクホが、9年前の性暴行犯罪の被疑者として召喚される予定だと話題になっている。

1日、昨年10月に当時中学生だったベクホから塾帰りのバス内で性的な嫌がらせを受けたとする女性が被害届を提出し、現在も捜査中の事件について、近く警察はベクホを被疑者として召喚する予定であることを明らかにした。

ベクホの所属事務所側Pledisエンターテインメントは、性暴行犯罪容疑について女性側の虚偽告訴であるとして無罪を主張しているが、警察は当時の様子を知る関係者や、被害女性の母親が事件後に塾長に問題提起していたことが証言として得られていること、また実際に被害者家族からの抗議を受けベクホが謝罪したことを性暴行の裏付けとして現在も捜査を続けている。
特に2011年に被害女性が事件の影響により3ヵ月間青少年相談センターでカウンセリングを受けていたことが記録に残っていることで、警察はこの記録も重要な証拠として「被害者が事件当時の状況を非常に詳細に記憶しており、事実かどうかを判断する上で関係者の供述やカウンセリング資料など、総合的に判断して起訴意見での送致を決定した」と説明した。

また、警察側は、被害者が処罰を強く望んでいることを重視しており、今回の事件において被害者はベクホおよび、NU’EST Wの所属事務所Pledisエンターテインメントとの和解はおろか、示談金すら要求しておらず、告訴取り下げについては強く反対しているとして「被害者は調査過程で告訴を取り下げる意思も、示談金を受け取る意思も無く、虚偽告訴する理由が無いものと見ている」と主張した。

ソウル中央地検は今後、ベクホを被疑者として召喚予定であることを明らかにしており、このような性犯罪事件の被疑者の立場であるベクホが、現在も活発な芸能活動を行っていることに批判の声が集まっている。
NU'EST Wがデビュー後最も大きな単独ステージを披露した。
6年ぶりに生み出した成果の一つだ。
メンバーたちはファンの前で感激の涙を見せた。

16日午後、ソウルオリンピック公園内のSKハンドボール競技場でNU'EST Wの初めての単独コンサート「DOUBLE YOU IN SEOUL」が行われた。
NU'EST Wは2時間を超える公演時間の間、25曲のステージを披露した。

メンバーたちはステージごとに続くファンの歓呼に感謝の挨拶を忘れなかった。
2017年にMnet「プロデュース101」シーズン2に出演したおかげでユニットNU'EST Wが結成された。
2013年に発表された「ヨボセヨ」がチャートを逆走行し、NU'EST Wに対する関心は高まった。

いよいよ2018年3月、NU'EST Wは1万6千人の観客に会えるようになった。
メンバーたちはステージごとに感激する姿を見せた。
特にソロステージとファンに感謝の挨拶を伝えるたびに涙をおさえようとした。
しかしNU'EST Wはアンコールステージで感情を爆発させた。
泣きながらもファンに感謝する気持ちを繰り返し表現した。

ベクホは「このような大きなコンサートを開くのが夢だった。その夢が叶ったから、他の夢も見れると思う」と涙を流した。
アロンは「こんなに多くの客席がいっぱいになるのか心配だった。僕たちを愛してくれただけに、一生懸命にして報いたい」、レンは「ここまで6年がかかった。これからも皆さんの力になれる歌を聴かせる」と約束した。
リーダーのJRは「様々な道を歩んで、皆さんに会った。とても気分がいい。コンサートを通じて僕たちの気持ちがよく伝わったのかは分からない。これからも真心を込めて音楽をやっていくと約束する」と涙を見せた。
NU’EST Wが韓国アーティスト週間ランキング「Click! StarWars」の歌手ランキングで8週連続1位を獲得した。

NU’EST Wは4月2日〜9日まで行われたClick! StarWarsの4月第1週目の歌手ランキングで、総得票数186,515票を獲得し、1位となった。

Click! StarWarsでは、推しアーティストが歌手ランキング、または個人ランキングで5週連続1位を達成した場合、ソウルの弘大と東京の新大久保にある電光掲示板の2箇所を通じて、これを記念にする動画ニュースを上映する。

なお、10週連続1位を達成したアーティストには、本人にClick! StarWarsからの記念トロフィーが贈呈され、さらに、ソウルと東京の新大久保にある電光掲示板のほか、ソウルの地下鉄2号線の43駅のホーム内にある広告モニーターなど通じて受賞と関連した動画ニュースを上映し、最高の栄誉となる「名誉の殿堂」に名前が掲載されるなどの豪華特典が与えられる。
セクハラ疑惑に巻き込まれたグループNU'ESTのメンバーベクホが嫌疑なし処分を受けた。

16日、所属事務所Pledisエンターテインメントによると、ソウル中央地検女性児童犯罪調査部は最近、ベクホのセクハラ疑惑に対して嫌疑なし処分を下した。

Pledisの関係者は「もともと事実ではなかっただけに、潔白が証明されたのだと思う」と伝えた。

先立って昨年6月、インターネット掲示板にはかつてベクホからセクハラをされたと主張するA氏の書き込みが掲載された。
A氏は中学生時代だった2009年、帰宅中に塾の車でベクホからセクハラを受けたと主張した。

警察は昨年事件を済州地方検察庁に送致し、検察はベクホの実居住地がソウルであることを考慮し、ソウル中央地検に事件を渡して捜査を行ってきた。

Pledisは関連疑惑が嘘だと反論し、A氏を情報通信網利用法違反の疑いで告訴した。
NU'ESTのメンバーレンが温かい善行を実践した。

レンは(財)韓国小児がん財団を訪問し、小児がんと白血病を患う子供たちを応援するキャンペーン「私だけの天使作りコンテスト」の一環である天使貯金箱「希望」と「所望」を渡して美しい善行を実践した。

特に今回のキャンペーンを通じてレンが渡した貯金箱「所望」は、ファンが名前をつけたもので、さらに特別な意味を与えた。
レンのキャンペーン参加が伝わると、すぐに数多くのファンが相次いでキャンペーンに参加した。

これにレンは「昨年ファンの皆様が小児がん、白血病を患っている子供たちのために直接寄付をするなど善行を実践する姿を見て感動し、少ないものの、役に立ちたくてキャンペーンに参加することになった」とし「闘病中の子供たちの回復を願っている。これからも着実にサポートできるように努力する」と明かした。

それだけでなくレンは、普段ボランティアに対し継続的な関心を持っているのはもちろん、才能寄付と慈善フリーマーケットに参加するなど、様々な方式を通じて有意義な歩みを続けている。
韓国国内外のファンもレンに学んで小児がん患者後援、練炭の後援、米花輪の後援など多くの寄付を実践し、素晴らしいファン文化をアピールした。

一方、レンはNU'EST Wの活動と共にドラマ「四子」のヨフン役として出演を確定し、精力的な活動を予告している。
NU'EST Wが6月にカムバックする。

NU'EST Wの所属事務所Pledisエンターテインメントは1日「NU'EST Wが6月中のカムバックを決定した。仕上げの段階であり、たくさんの期待をお願いしたい」とコメントした。

これでNU'EST Wは昨年10月に発売した「W, HERE」以降、約8ヶ月ぶりにニューアルバムを発売してファンに会う。

NU'EST Wは現在タイトル曲を決定して、アルバム制作の仕上げに取り組んでいるという。
前回のアルバムよりもさらなる成果を見せるために努力を続けているというのが関係者の説明だ。

NU'EST WはJR、アロン、ベクホ、レンで構成されたNU'ESTのユニットで、昨年Mnet「プロデュース101」シーズン2出演以来話題を呼び、全盛期を迎えている。
昨年発売した「W, HERE」のタイトル曲「WHERE YOU AT」は、音楽配信チャート1位、音楽番組1位などの好成績をあげた。
NU'EST Wが8ヶ月ぶりのカムバックでどんな活動を見せるのか、関心が高まっている。

NU'EST Wのニューアルバムは6月中に発売される。
グループNU'EST Wが6月25日にカムバックする。

NU'EST Wは7日0時、公式ファンカフェを通してカムバックのニュースと共に、新しいアルバム発売の感想を直筆の手紙で伝えた。

NU'EST Wは各メンバー別に、約8ヶ月ぶりに発売するニューアルバムに対する感想を直筆の手紙で心を込めて伝え、長い間待ってくれたファンに真心を伝えた。

JRは直筆の手紙を通して「最近知られたように、僕たちのカムバックアルバムが6月25日に発売されます!」とし、「誰よりもL.O.ㅅ.E(NU'ESTのファン)に僕たちが一番に知らせたかったのに、残念です」と新しいアルバムに対するニュースを伝えた。
合わせて「最善を尽くして素敵な音楽とステージでL.O.ㅅ.Eの愛に答えられるよう、努力します」と覚悟を語った。

アロンは「一日でも早く走り出したい僕たちの気持ちを考えると、少し長くかかったアルバムだったと思います。代わりにそれだけ努力したし、今もカムバックを待ちながら頑張って練習しています。早く会いましょう、僕たち!」とファンへの格別な愛情をあらわにした。

また、メンバーのベクホは心のこもった直筆手紙を通して「プレゼントのようなアルバムになればいいと思い、準備しました」とし「今は、僕がその愛に応える時だと思います。すべてを尽くして最高のプレゼントを作るようにします。幸せいっぱいな時間を作りましょう」と今月25日に発売されるアルバムと共に展開されるNU'EST Wの活動に対し、期待を高めたりもした。

レンは最後に「ステージでL.O.ㅅ.Eたちに会いたかったです。カムバックステージで会えるL.O.ㅅ.Eのことを考えると、本当に眠れません!」というメッセージと共に、今回のアルバムに対するトキメキを表した。

これに先立ち、NU'EST Wは昨年10月に「W, HERE」を発売、各配信チャートで1位を獲得し広く愛されただけでなくレコードチャート1位まで席巻、音楽番組でデビュー以来初めて1位を獲得するなど、爆発的な人気を証明した。

このように、確かな人気グループとなったNU'EST Wが今月25日のカムバックを宣言しただけに、新しいアルバムでどのような音楽とパフォーマンスを見せるか、関心と期待が高まっている。
NU'EST Wが今月25日のカムバックを控えてプロローグクリップを公開した。

所属事務所のPledisエンターテインメントは、NU'EST Wの公式YouTubeチャンネルとNAVERのライブ放送配信アプリ「V」チャンネルなどを通じて、プロローグクリップと共にニューアルバムのタイトル「WHO, YOU」を公開し、ファンの好反応を得た。

公開された映像には、舞い散る雪の中、アンティークな雰囲気の鏡、そして鏡を見つめる子供が突然登場し、幻想的ながらも独特な雰囲気をかもし出している。
ここに映像の背景に流れる冷たい吹雪の音と一緒に鳴る鐘の音が、神秘的な雰囲気を一層加えている。

これに先立ってNU'EST Wは、長い間待ってくれたファンに心からの気持ちを込めた直筆の手紙を通じて、ニューアルバムでのカムバックをファンに先に発表し、話題を集めた。

NU'EST Wは25日午後6時に各種音楽配信サイトを通じて、新しいアルバム「WHO, YOU」を発表する。
NU'SET Wがセクシーな魅力をアピールした。

NU'EST Wが所属しているPledisエンターテインメントは、ニューアルバム「WHO, YOU」の団体写真第2弾を公開し、カムバックに対する期待を高めた。
メンバーたちは、それぞれの感性を生かして、ナチュラルながらもビンテージな雰囲気を表現した。

所属事務所の関係者は「NU'EST Wは、カリスマ性と節制されたセクシーさをアピールした。先立って、オールブラックスーツを着こなしたメンバーたちは、今回は色感が際立つ感覚的な雰囲気をアピールした」と説明した。

NU'EST Wは、25日午後6時にニューアルバム「WHO, YOU」を発売する。
NU'EST Wが25日のカムバックを控え、新しいアルバム「WHO, YOU」のPRE-LISTENING映像を公開した。

所属事務所であるPledisエンターテインメントは19日午前0時、NU'EST Wの公式YouTubeチャンネルに新しいアルバム「WHO, YOU」のPRE-LISTENING映像を公開し、ニューアルバムがまもなく発売される予定であることを知らせた。

公開されたPRE-LISTENING映像にはタイトル曲「Dejavu」をはじめ、収録曲「Signal」「Polaris」「ylenoL」「Gravity&Moon」「Shadow」など全6曲のハイライトが盛り込まれており、全曲への好奇心と期待を高めた。

最初に公開された「Signal」では、ポップの要素が際立つEDMジャンルの楽曲ですぐに聴く人を魅了した。
そしてタイトル曲「Dejavu」は4人4色の洗練された感性的な歌声とリズム感あふれるビートが完璧に調和したラテンポップジャンルの楽曲で、NU'EST Wは今回の新曲でラテンポップに初めて挑戦し、これまで見せてきたものは異なるカラーを見せるために努力した。

3番目のトラック「Polaris」は、切ない歌詞にメンバーの真心のこもった声が加わり、NU'EST Wだけの感性を感じることができる。
軽快なリズムの爽やかなトロピカルサウンドが際立つ「ylenoL」はアルバムの中間に収録され、リスナーを強く魅了するとみられる。
また、アルバムの最後にはR&Bジャンルをベースにした「Gravity&Moon」とユニークな比喩と夢幻的な歌詞を盛り込んだ「Shadow」が収録された。

カムバックを控えたNU'EST Wは、ニューアルバム「WHO, YOU」の全収録曲のハイライトメドレーの公開だけでファンから大反響を呼んでいることはもちろん、音楽的能力を集約させたアルバムで、音楽界でも大反響を呼ぶと期待される。

一方、NU'EST Wは25日に各音楽配信サイトを通じてニューアルバム「WHO, YOU」の発売を控えており、同じ日にソウルオリンピック公園オリンピックホールにてアルバム発売を記念するメディア及びファンのためのショーケースを開催する予定だ。
NU'EST Wがタイトル曲「Dejavu」のミュージックビデオ予告映像第1弾レン、第2弾であるベクホのバージョンを公開した。

所属事務所PledisエンターテインメントはNU'EST Wの公式YouTubeチャンネルを通じてレンとベクホのタイトル曲「Dejavu」MV個人予告映像を公開し、25日のカムバックに対する期待を高めた。

公開された予告映像は、夢幻的なBGMと共に悲しみに包まれたようなレンのおぼろげな眼差しが目を引く。そして全体的に紫色がかったカラーが神秘的な雰囲気を演出し、感覚的な映像美で魅了した。
特に、新曲「Dejavu」のMV予告映像のスタートを飾ったレンは、映像の終盤でカメラを見つめ、成熟したルックスや圧倒的なオーラを見せ、爆発的な反響を得た。
またレンは謎のオブジェを大切に手に握る姿で、ファンのさまざまな推測を呼び、タイトル曲「Dejavu」全曲とMV本編に対する好奇心を倍増させた。

また、ドアを開けて登場したベクホは、ダークな雰囲気を漂わせており防犯カメラが何台も置かれている場所を見てまわる姿で好奇心をくすぐり、ファンのさまざまな推測を呼び起こし、話題を呼んでいる。
ベクホは強い眼差しと完璧なビジュアルで目を引き、黒く透け感のある衣装でセクシーな魅力をアピールするなど、より一層グレードアップした成熟した魅力を披露した。
このようにNU'EST Wは初めての主人公として公開したレンの予告映像と共に、ベクホの予告映像も爆発的な反響を得て、タイトル曲「Dejavu」の全曲とMV本編に対する好奇心を倍増させた。

このようにNU'EST Wはオフィシャルフォト、トラックリスト、PRE-LISTENINGなど、高クオリティのさまざまなコンテンツを披露し、ニューアルバム「WHO, YOU」に対するファンの期待を高めたことはもちろん、メンバーたちの個人予告映像はまたどんな雰囲気を醸し出すのか、関心が高まっている。

NU'EST Wは25日午後6時、韓国の各音楽配信サイトを通じてニューアルバム「WHO, YOU」を発売する。
NU'EST Wが、ニューヨーク・タイムズスクエアの電光掲示板広告を飾り、話題になっている。

23日、所属事務所であるPledisエンターテイメントはNU'EST W公式SNSチャンネルに、ニューヨーク・タイムズスクエアの電光掲示板広告をサプライズ公開し爆発的な反応を得た。

公開された電光掲示板は、25日発売されるNU'EST Wのニューアルバム「WHO, YOU」の広告映像及び写真で飾っており注目を集めた。
一度も公開されていなかった未公開写真を載せ、一層注目を浴びている。

これに先立ってNU'EST Wは公式ファンコミュニティ及びSNSチャンネルに「L.O.Λ.E MEMORIES」イベントを行い、ファンにNU'EST Wとの思い出が写っている写真を公募し、ファンから送られた大切な数枚の写真が集まって仕上げられたNU'EST Wの写真で、電光掲示板をいっぱいに埋めたことで一層意味深い。

特に、公式SNSには電光掲示板の様子とともに「今からニューヨーク・タイムズスクエアのトムソン・ロイター電光掲示板に、私たちの思い出が集まったカムバック広告が流れます」という書き込みを掲載し、ファンに一層特別な感動を与えた。
それだけでなくNU'EST Wは16日、オフラインイベント「WHO BOX TOUR」を行い、NU'EST Wとファンが共にした幸せな思い出を共有する場所で特別な逆朝貢(ヨクチョゴン:貢ぎもの)を行い、NU'EST Wのメンバーたちがイベント会場をサプライズ訪問し、オンラインとオフラインを熱狂させた。
このようにNU'EST Wは格別なスケールのサプライズイベントを通じて、ファンへの愛情を今まで以上に表し、各種オンラインコミュニティやSNSで爆発的な反応を得た。

さらに、25日のカムバックにも一層注目が集まるなど、ニューアルバム「WHO, YOU」への好奇心と期待を高めている。
NU'EST Wは25日午後6時、韓国の各種音楽配信サイトにおいてニューアルバム「WHO, YOU」の発売を控えている。
同日、ソウルオリンピック公園オリンピックホールで発売記念メディアおよびファンショーケースを開催する予定だ。
ラテンポップに挑戦した。

NU'EST Wがニューアルバム「WHO, YOU」をリリースした。
タイトル曲は「Dejavu」だ。
従来の音楽スタイルを維持しながら、新しい試みを見せることができて選択した曲だとJRは説明した。

所属事務所であるPledisエンターテインメントも「典型性を脱した構成と、メンバーたちのボーカルが与えるユニークな雰囲気のメロディーが、聞く人々の耳を捕らえるだろう」と中毒性を誇示した。

「Dejavu」は初めて経験することにも関わらず、慣れた状況のように感じられる現象を示す既視感をテーマにした。
NU'EST Wが初めて挑戦するラテンポップ特有の色彩がメンバーたちの感性と調和をなした。

「記憶を歩くここで/ いっそ僕を閉じ込めてくれ Dejavu/ 時間を僕も気づかないうちに騙し/ 引き続き止まっていてくれ Dejavu」など切ない雰囲気の歌詞が印象的だ。

メンバーのJRは「ラテンポップは初めて挑戦するジャンルだったので『どうなんだろう』と心配しましたが、『どんな反応が来るかな』という期待のほうが大きかったです。負担を感じたというより、幸せでした」と、8ヶ月間の準備を振り返った。
NU'EST Wのレンがアルバムを準備しながら、減量のために食事を調整したと明かした。

25日午後、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」を通じて「NU'EST Wのニューアルバムショーケース」現場が公開された。

NU'EST Wは同日午後6時、韓国の各音楽配信サイトを通じてニューアルバム「WHO, YOU」を発売し、タイトル曲はベクホが作詞・作曲に参加した「Dejavu」だ。

レンは「僕は元々顔がよく太る。体に肉をつけたいけれど、ご飯を食べると、顔に肉がつく。だから食事制限をした」と話した。

NU'EST Wの今回のニューアルバム「WHO, YOU」は、初めての経験で感じる慣れた気分や記憶の中の懐かしさというテーマで、彼らが披露できる多彩な音楽的カラーを詰め込んだアルバムだ。
NU'EST Wのベクホが新アルバムのタイトル曲「Dejavu」をサイパンで作ったと話した。

NU'EST Wは25日午後、ソウル松坡区の芳夷洞オリンピック公園オリンピックホールで開催された新しいアルバム「WHO, YOU」発売記念ショーケースでアルバム制作秘話を伝えた。
「Dejavu」の作曲に参加したベクホは「Dejavu」を『作曲家たちとサイパンで作り続けた曲』と説明した。
彼は「遊びに行って、自由な雰囲気で曲を作りたかった」として「ひとまず旅行に行くには許可を得なければならないから、行って曲を書いてくると言った。ついでに行ってきたんだよ」と冗談を言った。

「Dejavu」だけでなく収録曲「Polaris」のアイディアもサイパンで得たという。
ベクホは「サイパンでインスピレーションを受け、こんな曲を作ろうと思ったあとに国内で作業した」と付け加えた。
JRは「ベクホが良い曲を作ってくれた」と称賛した。

「WHO, YOU」は初めての経験の中で感じる馴染みと記憶の中の懐かしさという主題で作られた。
ラテンポップジャンルのタイトル曲「Dejavu」を含み、全6曲が収録されている。
メンバーJRとベクホがすべての曲の作詞に参加した。

NU'EST Wはこの日の午後6時、アルバムを発売して「Dejavu」で活動をスタートした。
「週刊アイドル」でNU'EST Wが新曲「Dejavu」のダンスを初公開した。

27日に放送されたMBC every1「週刊アイドル」には新曲「Dejavu」で活動を再開したNU'EST Wが出演した。

同日、NU'EST Wは新曲「Dejavu」のダンスを初めて公開した。
彼らはカッコよくダンスを披露し、新曲「Dejavu」を初めて聴いたMCたちは「大ヒットすると思う」と絶賛した。

メンバーたちは「昨日、1節の振り付けを完成させた。今日初めて公開する」と話した。
早い収録で出来立ての振り付けを公開することになったNU'EST Wに対し、MCたちは大いに満足した。

メンバーたちは新曲の2倍速ダンスにも挑戦した。
NU'EST Wは「今日初めてする」と言い、首をかしげた。
しかし、すぐに2倍速ダンスを完璧にこなし素敵なステージを披露して拍手を受けた。

NU'EST Wは「週刊アイドル」の新しいヒットコーナーである「ランダムロルコダンス曲の区切り別に高速と低速のランダムな速度に合わせてダンスを踊るミッション)」にも挑戦した。
彼らはうまく踊るように見えたが、すぐにミスが出てしまった。
しかし、皆でもっともらしい言い訳を並べ、笑いを誘った。
MCたちは結局、再チャンスを与えたが、NU'EST Wは5秒で再び危機を迎え、キム・シニョンは爆笑した。
やっと危機を乗り越え、ランダムロルコダンスをこなしたNU'EST WはMCたちの前で堂々と「動くな」など作戦会議をして爆笑した。

最後の瞬間、要注意人物と言われたレンのミスで、失敗の判定を受けてしまった。
レンは行くかのように見えたが、バックステップで自分の立ち位置に戻り、MCたちにバレてしまった。
レンは汗を流しながら「本当に難しい」と告白した。
NU'EST Wのアロンが、メンバーレンの私生活について暴露した。

27日に韓国で放送されたケーブルチャンネルMBC every1「週刊アイドル」でレンは「よくテンションが上がるのが僕の長所だ」と伝えた。

続いてレンは「僕は性格が後ろ向きで、恥ずかしがり屋だと思っているが、一度盛り上がると僕も理性を失ってしまう。CELEB FIVEのステージも見てテンションが上がって、ダンスを踊ったりした」と告白し、MOMOLANDの「BBoom BBoom」、EXIDの「UP&DOWN」のダンスも披露した。

これにイ・サンミンは「家で一人でたくさん踊った実力だ」と話し、キム・シニョンは「リアルだ。家で練習した実力だ。才能がたくさんあるね」と感心した。

するとレンは「一人でそのように遊んでいたが、アロン兄さんがドアを開けた。僕が当時…」と話し、アロンは「当時、僕がテレビを見ていたが、レンの部屋が騒がしかった。それで『テレビ見てるんだから、ちょっと静かにしてもらえる?』と頼んだが、反応がなかった。『あ、何かしているんだ』と思って、一応携帯電話で動画撮影を準備して部屋に入った」と伝えた。

アロンは続いて「話してもいいの?」と聞き、レンは「いいよ、大丈夫」とクールな反応を見せた。
これにアロンは「レンが裸でサングラスをかけて鏡の前でダンスを踊っていた。そして僕を見たとたん追い出して、ドアを閉めた」と暴露した。
そうするとレンは「とてもびっくりした。服を着てダンスを踊ったら暑くなるから脱いで踊っていた。サングラスはステージのように感じたくてかけていた」と当時の状況について説明し、スタジオの人々を爆笑させた。
お笑いコンビCultwoのキム・テギュンが、NU'EST Wのレンと顔の大きさを比べた。

28日、韓国で放送されたSBSパワーFM「2時脱出 Cultwo Show」にはNU'EST W、イ・ジナがゲストとして出演した。

この日、あるリスナーが「顔がすごく小さいと聞いたけど」と聞いた。
即座で顔の大きさを比べてみようという提案が出て、レンがキム・テギュンに近づいて行った。
顔の大きさを比較されたキム・テギュンは「もう満足だろ!?」と叫び、レンに「顔が小さくて肌が白いと、どんな気分なの?」と聞き、皆を爆笑させた。

これにスペシャルDJのMuzieは「頭が大きい人は、遠くからもよく見える」とキム・テギュンを慰めた。
NU'EST Wのレンが「IDOLCHAMP」で実施したファン投票で1位を獲得した。

参加型モバイルアイドルアプリ「IDOLCHAMP」は、6月11日から25日まで約2週間「急成長してファンたちを満足させたアイドル」というテーマで投票を実施した。

投票参加数は13万831票で、NU'EST Wのレンが全体投票中5万1104票(39.06%)を獲得し、1位の栄光に輝いた。

レンは公開された卒業写真で若い年齢であるにも関わらずシャープな顎のラインと目鼻立ちの整った顔が現在と変わらず、幼い頃からすでに完成されたルックスだったことを証明した。
2012年デビュー当時18歳だったレンは、美少年コンセプトで長いヘアスタイルを主にしてきたが、最近公開した新曲「Dejavu」のコンセプトフォトではスーツ姿でカリスマ性溢れる姿を見せ、ファンたちの間で話題になった。

2位は防弾少年団のジョングクで、4万8208票(36.05%)を獲得した。
グループの末っ子であるジョングクは、デビューした2013年当時17歳の高校生だった。
グループ最年長のジンとは5歳差で、当時学生らしくて可愛い魅力をアピールした。

続いて16歳でデビューしてからソロ曲「MOVE」で活動するまで、素敵に成長したデビュー10年目のSHINeeの末っ子テミンが8.46%を獲得し、3位にランクインした。
「覆面歌王」のベッカムの正体はNU'EST Wのベクホだった。

1日に韓国で放送されたMBC「覆面歌王」では、ベッカムとサンゴ少女の第3ラウンドの対決が描かれた。

第3ラウンドでサンゴ少女が歌王決定戦に進出した中、ベッカムの正体が公開された。
ベッカムはNU'EST Wのベクホだった。

判定団たちは「こんなに若い人だったの?」と驚き、切なげなボイスとは異なるアイドルのメンバーだったという事実に衝撃を受けた。
NU'EST WがGAONチャートで3冠に輝いた。

NU'EST Wはニューアルバム「WHO, YOU」でGAONチャートの2018年26週目の3部門で1位にランクインした。

アルバム総合チャートで1位を獲得し、タイトル曲「Dejavu」はダウンロード総合とBGM総合チャートで1位を獲得した。

GAONチャートで3冠王を達成したNU'EST Wは、この他にもタイトル曲「Dejavu」がデジタル総合及びモバイルチャートの上位にランクインしたことはもちろん、今回のアルバムの収録曲の全曲がデジタルチャート、ダウンロードチャート、BGMチャートのTOP100以内にランクインし、良い成績を記録した。

また「WHO, YOU」は音楽配信チャートと共にアルバムチャートでも勢いを見せている。
HANTEOチャートのアルバム週間部門チャートで1位にランクイン、NU'EST Wの今後の記録に関心が寄せられている。
NU'EST Wが高まった人気ほど特別なチームワークをアピールした。

ファッション誌「Singles」が8ヶ月ぶりに新しいアルバム「WHO、YOU」で活動を再開したNU'EST Wの4人4色のグラビアを公開した。

今回のグラビアでNU'EST Wはブラック、ホワイトのダンディなファッションはもちろん、華やかなパターンの衣装まで完璧に着こなし、撮影現場のスタッフの心を掴み、魅力的なグラビアを完成させたという。

25日に発売されたNU'EST Wのニューアルバム「WHO, YOU」は、ベクホとJRが全曲の作詞に参加し、NU'EST Wの個性がより一層強くなった。
今回のアルバムで最も気をつけた部分についてベクホは「できるだけ新しい姿を見せなければならないということに集中した。それと共にその中で僕たちの本来の色を失わないことが一番重要だと思ったし、その中間になるところはどこなのか、すごくたくさん悩んだ」と伝えた。

NU'EST Wのアロンは「カムバックして早くファンに会いたいと思った。最近、台湾でコンサートをしたが、これほど愛されることそのものがとても忘れられない感動だったし、良い思い出だった」と8ヶ月ぶりのカムバックへの期待を明かした。

グラビア撮影中、仲の良い姿を見せたNU'EST Wはあまりにも長く若い頃から一緒に住んできたため、メンバーたちは非常に仲が良いと義理堅いチームワークをアピールした。
特にJRは「練習生時代はたくさん喧嘩をした。でも大人になってからは、喧嘩の原因を作らない。もっと多くの人から愛され、多くの人に魅力をお見せしたいという同じ目標に向かって走っているため、それほど喧嘩することはない」とチームワークの秘訣を伝えた。

音楽番組で1位を取ることが夢だと伝えたNU'EST Wは昨年その夢を叶えた。
彼らの次の夢についてレンは「ファンに僕たちの変わらぬ愛を与えるグループになりたい。愛されることも重要だが、僕たちが愛をあげることも重要だから。ファンとたくさんコミュニケーションしようと努力する」とファンへの愛情を伝えた。
NU'EST Wがファンサービスとしてダンス映像を公開した。

NU'EST Wは10日、公式SNS及びYouTubeチャンネルを通じてニューアルバム「WHO, YOU」のタイトル曲「Dejavu」のダンス映像をサプライズ公開した。

これに先立ってNU'EST Wは公式SNSチャンネルを通じてミュージックビデオの再生回数公約イベントを実施し、300万件、500万件、700万件を突破するたびによりスペシャルな映像の公開を予告し期待感を高めた。

これにタイトル曲「Dejavu」のミュージックビデオが熱い関心と共に早いスピードで再生回数300万件を突破し、再生回数を達成した記念にダンス映像をサプライズ公開した。
公開した映像でNU'EST Wはステージ衣装ではなく私服を着て登場しており注目が集まっている。

またNU'EST Wは、練習映像であるにも関わらず、実際のステージを連想させる強烈なカリスマ性とカル群舞(体を曲げる角度から指先まで完璧に合わせ、刃物のようにキレのあるダンス)を披露するなど、一風変わった魅力をアピールしたことはもちろん完璧なビジュアルが調和して視線を奪った。
NU'EST Wが互いの第一印象について暴露した。

NU'EST Wは13日に韓国で放送されたSBSパワーFM「チェ・ファジョンのパワータイム」でメンバーたちの第一印象について話した。

練習生時代から苦楽を共にしてきたメンバーたちは、それぞれの第一印象はどうかという質問を受けた。
レンはアロンについて「アロン兄さんはアメリカから来た。アメリカの文化とは違うから心配していた。気をつけなければならない部分があった。僕たちの宿舎で交替で掃除担当をしていたが、アロン兄さんが言葉が分からないふりをした」と暴露し、笑いを誘った。

ニューヨーク大学のジャーナリズム学科に合格したが、歌手になるために諦めて韓国に来たアロンは「本当に運命だと思う」「最初に来た時は韓国語が全然できなかった。分からないふりをしたのではなく、本当に分からなかった」と説明した。

JRはベクホについて「ベクホに初めて会った時が16歳だったが、その時も体が大きかった。だからその雰囲気が怖かった。でも、ベクホが毎回済州島に行ってくる度に、迎えに来てと言った。そうやって一緒に行ったり来たりするうちに親しくなった」と明らかにした。
NU'EST Wがスペシャルイベントを通じてファンと特別な時間を過ごした。

15日午後、NU'EST Wはソウル・KT&Gサンサンマダン大峙アートホールでスペシャルイベント「ロマンチック・サンデー」を開催し、ファンに忘れられない一日をプレゼントした。

先月25日に発売したニューアルバム「WHO, YOU」のタイトル曲「Dejavu」で熱く愛されているNU'EST Wが、約3週間にわたる放送活動を終了し、ファンにもらった応援と声援に応えるため、スペシャルイベントを設けた。
これまで見たことのない充実したプログラムを用意し、約120分間ファンと楽しい時間を過ごした。

この日NU'EST Wはジャケット写真撮影のビハインド、ミュージックビデオなど、今作の活動映像について特別なコメンタリータイムを行い、巧みな話術を披露して現場を笑いの渦に巻き込んだ。
他にも「メンバー探求 Yes or No」「ピコピコハンマーゲーム」「ミッション・カラオケ」など、多様なゲームを通じて友達のようなケミストリー(相手との相性)を披露し、キュートな魅力をアピールした。

特にNU'EST Wはゲームのミッションに成功し、ファンにプレゼントをあげるチャンスが与えられ、前もって用意したフォトカードとシールをプレゼント。
さらに「フラワー・イベント」を行い、ピンク色の花と共に心のこもったメモを自ら渡してロマンチックな姿を見せ、爆発的な反応を得た。

またスペシャルイベントであるだけに、「WHO, YOU」の収録曲「ylenoL」のライブステージを初めて披露し、現場の雰囲気をさらに熱く盛り上げ、メンバーはファンにさらに近づき挨拶をして目を合わせるなど特別な思い出をプレゼントした。

約120分間ファンと触れ合い、意味のある時間を過ごしたNU'EST Wは「今日は本当に楽しかったです。『Dejavu』の活動を終わる日なんですが、L.O.Λ.E(公式ファンクラブ)の皆さんと一緒に楽しく遊べて嬉しかったし、一生忘れられないと思います。たくさん幸せを感じさせてくれてありがとう」と感想を伝えた。

位峰、NU'EST Wは音楽活動及びバラエティ番組への出演など、活発な活動を続けていく予定だ。
SBS funE「スクールアタック2018」の3番目のゲストとしてNU'EST Wが出演する。

23日に韓国で放送される「スクールアタック2018」では、MONSTA Xの二番目のストーリーが続く中、3番目のゲストとしてNU'EST Wが出演する姿が公開され、注目を集めている。

写真のNU'EST Wは訪問する学校の制服を着用し、4人4色の魅力を披露して学校潜入ミッションを準備している。
また黒い衣装でゲリラ公演を開く姿も写っている。

特にNU'EST Wは「スクールアタック2018」で最高のステージを飾ったという。
最近リリースした「WHO, YOU」のタイトル曲「Dejavu」はもちろん、「ヨボセヨ」「Polaris」などダンス曲とバラード曲のステージを披露し、生徒たちを胸キュンさせたという。

NU'EST Wが出演する「スクールアタック2018」は30日に韓国で放送される。

ログインすると、残り47件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

好き好きK−POP♪ 更新情報

好き好きK−POP♪のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。