ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 好き好きK−POP♪ > トピック一覧 > プロデュース101シーズン2 ...

好き好きK−POP♪コミュのプロデュース101シーズン2 出身

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

※プロデュース101シーズン2 出身グループです。

Wanna One
カン・ダニエル、ファン・ミニョン、オン・ソンウ、キム・ジェファン、ライ・クァンリン
ユン・チソン、パク・ジフン、パク・ウジン、ぺ・ジニョン、イ・デフィ、ハ・ソンウン

チョン・ソミ
※プロデュース101 出身に移動しました

チョン・セウン
生年月日:1997年5月31日
PRODUCE101 最終順位 12位

gugudan
※プロデュース101 出身に移動しました

SAMUEL
生年月日:2002年1月17日
PRODUCE101 最終順位 18位

RAINZ
キム・ソンリ、イ・ギウォン、チャン・デヒョン、ホン・ウンギ
ピョン・ヒョンミン、ソ・ソンヒョク、チュ・ウォンタク

JBJ
ノ・テヒョン、キム・テドン、、高田健太、キム・ドンハン
キム・ヨングク、キム・サンギュン、クウォン・ヒョンビン

コメント(365)

Wanna Oneのイ・デフィが「PRODUCE48」のコンセプト評価ミッションで作曲家として参加した。

28日、Mnet「PRODUCE48」の関係者は「Wanna Oneのイ・デフィがコンセプト評価の作曲家として参加するという話は合っている。前回放送の予告編に少しだけ登場し、そのような事実を予め知らせた」と明かした。

27日に韓国で放送された「PRODUCE48」では、ベネフィット10万点をかけたポジション評価の最終結果が公開され、ハン・チョウォンと村瀬紗英が優勝を獲得した。
続いて翌週の予告編が公開され、「PRODUCE48」の参加者たちが見ていた大きなスクリーンにイ・デフィが登場し、歓声を浴びた。
イ・デフィがスクリーンを通じて登場した理由は、コンセプト評価のミッションを説明するためで今回のコンセプト評価には、イ・デフィが作った曲が含まれている。

昨年「PRODUCE101」シーズン2に練習生として出演したイ・デフィは、トップ11人に選ばれ、Wanna Oneのメンバーとしてデビューした。
当時、歌やダンスだけでなく、作詞、作曲分野でも優れた実力を見せつけた。
正式デビュー1年で「PRODUCE48」のコンセプト評価ミッションの作曲家として参加することになったのだ。

さらに、昨年のコンセプト評価ミッションには「NEVER」「Open Up」「Oh Little Girl」など、今でも愛されている人気曲が多く作られたため、今回はイ・デフィをはじめとする作曲家たちがどんな曲を披露するかに注目が集まっている。
グループWanna One側が、ワールドツアー中に同じ飛行機とホテルを利用するファンのプライバシー侵害が深刻だと訴えた。

Wanna Oneの所属事務所SWINGエンターテインメントは29日、公式SNSを通じて「ワールドツアー中にアーティストと同じフライト、ホテルを利用しWanna Oneのメンバーの休息やプライバシーを侵害するファンにより、Wanna Oneのメンバーはもちろん、全く関係のない一般市民にも被害を与えている」と述べた。

ツアーが進むにつれてその程度は深刻化され、アーティストが感じる精神的なストレスも高まっているという。

SWINGエンターテインメント側は「ロビー、フィットネス、プール、ホテルのレストラン、エレベーター、駐車場など、随所に24時間常駐する行為、写真や動画などを撮影する行為を控えていただきたい」とし、「空港内でアーティスト移動時に、周囲を気にせず無分別に近づき撮影する方たちによって、事故が発生したり、法的に撮影が禁止された場所(出入国審査区域、セキュリティ検査など)で撮影するなどの行為によって、アーティストのイメージが失墜するので、そのような行為は謹んでほしい」と述べた。
また、「ネット上で、アーティストの客室と推定され、議論になっている写真は100%虚偽であり、そのようなことは発生し得ないことを申し上げる」とし「Wanna Oneが滞在する階は、関連スタッフのほか、部外者が出入りすることはできず、ホテルにはもちろん、アーティストが使用するすべての場所に24時間警護チームが一緒に同行している」と付け加えた。

一方、Wanna Oneは「Wanna One World Tour<ONE:THE WORLD>」を開催中だ。
Wanna One イ・デフィのファンサイト「Delight」は30日、ソウル大病院の子ども病院に1000万ウォン(約100万円)を寄付したと伝えた。

Wanna Oneが8月7日にデビュー1周年を迎えることを記念して実施したという。

Delightの会員は21日にもWanna Oneのデビュー1周年を記念し、発達障害のある子どものための福祉施設でボランティア活動を行った。

同ファンサイトは、昨年の夏に豪雨により被災した人たちを助けるために慈善団体に寄付を行ったほか、地震の被災者のために300万ウォン(約30万円)、子どものためのリハビリ病院に780万ウォン(約78万円)を寄付するなど、これまでの寄付金の総額が約2300ウォン(約230万円)に達した。
Wanna Oneのカン・ダニエルが、サングラスのモデルに抜擢された。

アイウェアブランドのKissing Heartは本日「2018年の旬のスター『男性広告モデルブランド評判1位』に輝くカン・ダニエルが、単独モデルに抜擢された」と明らかにした。
ブランドはアイウェア製品と一緒に、多様なカン・ダニエルグッズを披露する予定だ。

いわゆるカン・ダニエルサングラスは、ほのかな色感のレンズに洗練されたデザインで、既存のミラーサングラスのように派手だったり負担にならないスタイルだ。
エレガントな色と洗練された雰囲気が際立って見える。

ブランド関係者は「カン・ダニエルサングラスは流行に惑わされないうえに、行き過ぎてなく、トレンディーだ」とし「感性的で実験的なデザインと独特の雰囲気で、複合的なスタイル演出が可能だ」と伝えた。
歌手チョン・セウンが、新曲のミュージックビデオを通じて、繊細な感情を表した。

チョン・セウンは2ndミニアルバム「ANOTHER」をリリースして、タイトル曲「20 SOMETHING」のミュージックビデオを公開した。

ホン・ソンジュン監督の撮影で、ロシア・ウラジオストクにてオールロケで撮影された今回のミュージックビデオは、美しく壮大な風景とエキゾチックな列車を背景に曲の暖かく感性的な雰囲気を生かした。
LUCKYチケットと一緒に小劇場に招待されたチョン・セウンが、劇場で自分の夢のために映画を見ることになる額縁式の構成をとって、神秘的な雰囲気で没入感も高めた。
一本の青春ロードムービーを見るようなミュージックビデオは、チョン・セウンがギターを担いで旅行をしながら感じるいくつかの感情を溶かしこんだ。

特に「20 SOMETHING」に込められたメッセージと繋がるミュージックビデオが、チョン・セウンが聞かせてくれる話により耳を傾けるようにする。
ミュージックビデオで電車に乗って見知らぬ土地に到着したチョン・セウンは、迷いもあるが自転車に乗って景色を鑑賞し、旅行の準備をしていた時のときめきを考えて旅行を楽しむ。
夢を叶えるために努力していたときのときめきと緊張、幸運と一緒に夢に近づいていくが、幸せと同時に試練も経験するなど、様々なイメージを入れた。
ミュージックビデオのあちこちに考えにふけったような顔をしているチョン・セウンの姿で、曲に込められた深い感性も表わした。

また、広い草原でグランドピアノの演奏、都心の中の路上バスキングなどの夢をかなえるファンタジー的なシーンを加え夢に対する美しい幻想も表現した。
ここで怪我をしている指が写り「20 SOMETHING」という曲のタイトルのように、現時点で生きていく20代の夢のイメージとはまるでギターを弾く少年には怪我をしている指のようで、夢の幸せと同時に痛みも感じなければならないというアイロニーさを盛り込んだ。

チョン・セウンが直接作詞して完成させた「20 SOMETHING」は、ギターを弾く少年チョン・セウンの成長期であると同時に、チョン・セウンのような20代の若者に向けた応援を盛り込んだ曲だ。
2013年に歌手になるためにギターだけを持って釜山から上京したチョン・セウンの姿と、ギターを担いで旅行を去って夢を繰り広げるミュージックビデオの中の姿に通じるものがある。

また、ソロシンガーソングライターとして自身だけの領域を開拓しているチョン・セウンが、ミュージックビデオの中の「LUCKY」のチケットを使用して、幸運を強調する謙虚さも感じることができる。
これに加えて、夢が持つ幸せと痛みと希望まで表現し、ヒーリングをプレゼントした。
Wanna One イ・デフィが「PRODUCE48」のプロデューサーとして登場した。

3日、韓国で放送されたMnet「PRODUCE48」では、コンセプトの評価の曲が発表された。

この日、57人の練習生たちは2回目の順位発表式を前にコンセプト評価ミッションを受けとった。
これには「PRODUCE101」シーズン2を通じてWanna Oneとしてデビューしたイ・デフィが登場し、プロデューサーとしてコンセプト評価のミッションの曲の説明を行い、練習生たちを驚かせた。
彼は「PRODUCE101」シーズン2の当時、歌やダンスだけでなく、作詞や作曲分野でも優れた実力を認められていた。

イ・デフィは「Pop Danceジャンルの曲である『再会』は、練習生たちがお互いに初めて会った時のときめきと『いつかは別れるが再び会おう』という希望を歌った曲だ」と説明した。

これに練習生のイ・ハウンは「歌詞がとても悲しい」と述べた。
またソン・ウンチェは「歌詞も悲しいけど(イ・デフィ)すごくカッコいい」と話し、笑いを誘った。
Wanna Oneのカン・ダニエルが「アイドルチャート」評点ランキングで19週連続で最多得票を記録した。

今月2日まで集計された7月第4週目の「アイドルチャート」評点ランキングで、カン・ダニエルは計5661票で最多得票を記録した。
最近、カン・ダニエルはサングラスの単独モデルに抜擢され、2018年の大勢としての歩みを見せている。

続いて、防弾少年団のジミン(4184票)、防弾少年団のV(2496票)、防弾少年団のジョングク(1102票)、Wanna Oneのハ・ソンウン(515票)、防弾少年団のジン(366票)、Wanna Oneのパク・ジフン(330票)、Wanna Oneのファン・ミンヒョン(179票)、グループ防弾少年団(145票)、Wanna Oneのオン・ソンウ(139票)が上位圏内に入った。

この中でジミンは、先週よりも得票数が上昇し、最多得票の可能性が高まってきており、またWanna Oneのイ・デフィも90票を獲得し、上昇ムードである。

「アイドルチャート」評点ランキングは、利用者が直接、歌手の様々な項目に点数をつけることができる参加型ランキングサービスである。
Wanna Oneがデビュー1周年を迎え、ファンのためのイベントを準備中だ。

Wanna Oneの所属事務所SWINGエンターテインメントは6日、あるメディアの「Wanna Oneがソウル麻浦区の某所でゲリラファンミーティングを開催する」という報道に対し「ゲリラファンミーティングをするのではない」と立場を明らかにした。
しかし1周年を記念し、ファンのためのイベントを準備中だと明らかにした。

Wanna Oneのサプライズイベントはこの日、公式Twitterを通じてパスワードが掲載され、ファンの関心を集めた。
ファンは該当パスワードがファンイベントの会場だと推測している。

SWINGエンターテインメントの関係者は「1周年を記念して多様なイベントを準備中だ。8月7日当日、ファンの方々に感謝の気持ちを伝える予定であり、色々なプレゼントを準備しているので期待してほしい」と伝えた。
Wanna One ファン・ミンヒョンの誕生日を祝ってファンが地上波TVとラジオ、アメリカのニューヨーク・タイムズスクエア電光掲示板などに広告を出した。

9日、ファン・ミンヒョンのファン連合によると、ファンたちは今月の初めから地上波TV広告をはじめとし、アメリカのニューヨーク・タイムズスクエアの電光掲示板、KBSラジオの音声広告、ファン・ミンヒョンの名前と写真を刻んだ専用映画館、ソウルと釜山のビルの電光掲示板、地下鉄の駅のスクリーン、ラッピングバス、弘大と梨泰院などのソウル市内の街路灯バナーを通したファン・ミンヒョン通り、全国数十ヶ所のカフェのカップホルダーと振動ベル、YouTubeとSNS映像など、多様な広告でファン・ミンヒョンの誕生日を祝っている。

韓国国内だけでなくオーストラリア・シドニー、タイ・バンコク、マレーシア・クアラルンプール、日本・東京、台湾、アメリカなど海外のさまざまな都市でも誕生日を祝ったという。
SNSではファン・ミンヒョンの誕生日を祝うハッシュタグ「夏の奇跡_ファン・ミンヒョン_誕生日おめでとう」が、8日から誕生日当日である9日までリアルタイムのトレンド上位にランクインした。

ファン連合は「現在ワールドツアーにより誕生日を海外で過ごすことになるファン・ミンヒョンに、このようなファンの気持ちを込めた広告が最高のプレゼントになってほしい」と説明した。
GAONチャートがWanna OneがGAON認証アルバム部門でダブルプラチナムを受けると明らかにした。

ダブルプラチナムは、累積販売量50万枚以上になるアルバムに与えられる。
Wanna Oneは、2ndミニアルバム「0+1=1(I PROMISE YOU)」で、トリプルプラチナム(累積販売量75万枚突破)認証を受けたことに続き、再びGAON認証アルバムに名前を連ねることになった。

ストリーミング部門では、MOMOLANDの「BBoom BBoom」がプラチナム認証を受けることになった。
プラチナム認証は、1億件以上ストリーミングされた歌が受けることができる。

同日に公開されたGAONチャートの月刊順位と週間順位では、BLACKPINKとBlock Bのジコが頭角を表わした。

まずBLACKPINKは、7月の月刊デジタル総合およびストリーミング総合チャートにおいて、「DDU-DU DDU-DU」で1位を占め、2冠王の栄誉を得た。
月刊ダウンロードチャートでは、TWICEの「Dance The Night Away」が、アルバム総合チャートではSEVENTEENの5thミニアルバムが1位に上がった。

31週目週間チャートでは、ジコの「Soul Mate」が2冠王を手にした。
この曲は、デジタル総合チャートとダウンロード総合チャートで1位を占めた。
ネットユーザーたちが“語学力を奪いたい”外国語が上手な非留学派スターに、Wanna Oneのファン・ミンヒョンを選んだ。

コミュニティポータルサイト「DCインサイド」と検索企業「マイセレブス」が運営している「エキサイティングディッシュ」が、「語学能力を奪いたい外国語が上手な非留学派スターは?」というタイトルで投票を実施した結果、ファン・ミンヒョンが1位にランクインした。
この投票は、7月15日から21日までの7日間にわたり行われた。

合計6765票中2146票(31.7%)を獲得し1位になったファン・ミンヒョンは、NU'ESTでの日本活動時、日本語の教材を肌身離さず熱心に勉強し、現在は日本語で番組を進行したり、演技もできるほどの能力者だ。
Wanna Oneの日本活動の際にも、メンバーたちの言葉を通訳している姿がキャッチされた。

2位は1574票(23.3%)を獲得した防弾少年団のRMが選ばれた。
アメリカ在住経験はなく、ドラマ「フレンズ」を見て英語を独学したというRMは、防弾少年団のアメリカ活動時に現地番組の進行と流暢な英会話で、メンバーたちのために通訳の役割を引き受け、大きな話題を集めた。
3位には837票(12.4%)を獲得した俳優カン・ドンウォンが選ばれた。
海外進出のために休まずに英語を勉強してきたカン・ドンウォンは、初めてのハリウッド進出作「Tsunami LA」でセリフをすべて英語でこなしたと伝えられた。

このほか、歌手ソン・シギョン、BIGBANGのV.I、お笑い芸人キム・ヨンチョルなどが続いた。
コスメブランド「APRILSKIN」が9月10日に、同ブランドのヘアモデルとして活動しているWanna Oneのパク・ジフンのファンサイン会を開催すると発表した。

今回のファンサイン会は、Wanna Oneのパク・ジフンをヘアモデルとして抜擢して以来、熱い愛情と関心を送ってくれたファンたちに恩返しするために企画した。
77人のファンたちを招待する計画の今回のファンサイン会では、パク・ジフンに会えるチャンスはもちろん、多彩なイベントを一緒に行う予定だ。

パク・ジフンのファンサイン会の応募イベントは今月28日まで行われ、APRILSKINの自社モールの公式会員なら誰でも応募することができる。

APRILSKINの関係者は「Wanna Oneのパク・ジフンは、APRILSKINの製品を活用した破格的なヘアカラーを披露するなど、モデルとして活躍しながら顧客たちに愛された。このような顧客の声援に恩返しする気持ちで今回のファンサイン会を企画した。パク・ジフンとファンたちにとって幸せで大事な時間になってほしい」と伝えた。
人気オーディション番組「プロデュース101」シーズン2から誕生、昨年10月に韓国デビューを果たした7人組ボーイズグループRAINZがLINE LIVEに初登場。
JAPAN1st SINGLE「好きなんて」で待望の日本デビューを果たした彼らが、デビューの喜びをファンと分かち合った。

番組の冒頭からすでに、ファンからの「デビューおめでとう!」というコメントが殺到する中、前半ではJAPAN1st SINGLEに関するトークを展開。
日本デビュー曲となった「好きなんて」を「伝えたくても伝えられない、切ないラブソング」と説明し、レコーディングで苦労したことやメンバーそれぞれの好きなパートなどを明かした。
日本語を勉強中である彼らは「アニメ『ワンピース』や『サザエさん』を見て日本語を勉強しています」「平仮名とカタカナがあって混乱することもありましたが、ファンの皆さんの名前をカタカナで書いて今は全部覚えました」と話した。
その熱心さが表れているように、以前よりもさらに上達した日本語で番組を盛り上げた。

メンバーたちの魅力に迫る「RAINZのPICK ME」のコーナーでは、「メンバーの中で一番のいたずらっ子は誰?」「一番の甘えん坊は誰?」というテーマでメンバーの暴露が続いた。
ほぼメンバー全員一致で指名されたウンギは、普段見せているという甘えん坊な姿を実演してみせ、ファンから大反響を得た。

続いてお兄さんチームと末っ子チームに分かれ、チーム対抗で行われたゲームでは、末っ子チームが大活躍。
特に「照れたら負けよ、相合傘胸キュンバトル」では、各チームから一人ずつ出てきて相合傘をしながら、相手が照れるようなセリフを言い、照れてしまった方が負けというゲームに挑戦。
「好きだった」「僕の方がもっと好きだよ」などファンも思わずドキっとしてしまうような甘いやりとりが続く中、なんと相手の耳にキスをするメンバーも。
そしてキスをされたメンバーはキレる!?という謎の展開で笑いを誘った。

てるてる坊主のイラストを描くコーナーでは、LINEのキャラクターを交えながら描かれたものや、不思議な顔つきのてるてる坊主も登場し、スタジオは爆笑。
ここまでの総合点で負けてしまったお兄さんチームは罰ゲームとして、日本のアニメキャラのものまねを披露。
RAINZのお茶目で可愛らしい一面が見れた時間となった。

なお同日、9月に東京、大阪でコンサートが開催されることも発表となったRAINZ。
メンバーたちは最後に「コンサートに来てください、待っています」「新曲『好きなんて』をたくさん聞いてください」「皆さんのおかげでデビューシングルがオリコンデイリーチャートで8位を記録することができました」など、ファンに感謝のメッセージを伝えた。
記念すべき日をファンと共に祝い、早速日本コンサートも決定と、今後の活発な活動に益々期待がかかるRAINZ。
LINE LIVEを見逃した方はアーカイブ配信でチェック!
Wanna Oneのカン・ダニエルがもう一度、自身がモデルを務める商品を完売させた。

21日、アイウェアブランドKissing Heartは「8月10日から10日間行われたカン・ダニエルエディションのサングラスの事前予約が、全品目完売となった」と明らかにした。

事前予約の終了と同時に、超高速完売を知らせたカン・ダニエルは圧倒的な人気を証明した。
モデル抜擢と同時に彼に注がれた関心は、このような人気を予告したほどだ。

事前予約製品であるレイナドと、Kissing Heartのブランドカラーを最もよく活かしているドローイングは、モデルのカン・ダニエルからインスピレーションを得て誕生されたもので、彼がブランド評判1位の存在感を完売を持って証明したのだ。

特にピンク大乱と呼ばれるほどレイナドピンクとドローイングピンクは、ネットで1分も経たないうちに品切れとなり店頭でも入庫と同時に完売となった。

Kissing Heartは「爆発的な関心の中で、全品目完売により事前予約が終わったが、早い期間内に最大限多くの数量を確保して、一般販売を始める予定だ」と伝えた。
Wanna Oneのオン・ソンウとハ・ソンウンが釣りに続き、網釣りでも頭角を現しながら活躍した。

24日に放送されたSBS「ジャングルの法則 in サバ島」では、海の生存地に到着したビョンマン族が海狩りに出撃する姿が描かれた。

亀の島を通って海の生存地、リバラン島に到着したメンバーたちは、17時間以上の空腹状態にますます疲れていった。
さらに、水が引いて水深が低いため船が入っていけずメンバーたちは船から降りて海を足で渡らなければならなかった。

紆余曲折の末、島に到着したメンバーたちは別れて食糧を探すことにし、ハ・ソンウンとオン・ソンウは水泳選手の出身であるソンフンの指導の下、本格的な海狩りに乗り出した。
撮影の前、水中トレーニングを通じて水に完全に適応した2人は熱情を燃やした。

ハ・ソンウンは「僕が釣りをよくできていたから、今回も腕を見せなければならないという欲が出た」と明らかにし、オン・ソンウも「汗を流す情熱的な姿を見せてあげたい」という覚悟を伝えた。しかし、潮合いが変わる時だったため、水も濁って潮流も激しく、到底釣りができない状況に至った。

ハ・ソンウンは「波がとても強くて下は見えず、ぼけているから、息もできないし怖かった」と当時を回想し、オン・ソンウも「水は簡単なものではない。甘く見るものではなかった」と打ち明けた。
手ぶらで戻ってきた彼らは再び心機一転し、H.O.T.出身のトニー・アンと共にイカ釣りに挑戦した。

先日の放送で、初心者らしくない釣りの実力を披露しながらハ・ソンウンと釣り対決を繰り広げたオン・ソンウが、今回は特別な秘法でイカ釣りに成功し、注目を集めた。
運良く船の中に飛んで入ってきたトビウオを皮切りにオン・ソンウは網釣りに目覚め、網を利用してサヨリからコウイカまで多様な魚を捕獲した。

このようにハ・ソンウンとオン・ソンウは「ジャングルの法則」初出演で飢えや蒸し暑さに疲れてもおかしくないが、若さと強いエネルギーを見せながら猛活躍した。
釣りから海泳ぎ、モクバン(食べる放送)まで、ユニークな魅力で視聴者たちを魅了したWanna Oneのメンバーたちの今後のバラエティーでの活躍にも期待が集まる。
韓国・日本のみならず世界中で一大ムーブメントを巻き起こした、韓国Mnetにて2017年4月から6月に放送された国民的人気を誇るオーディション番組「プロデュース101」から誕生した7人組の超大型新人RAINZ。

RAINZは2017年10月12日に韓国デビューを果たし、デビュー前に早くもドラマのOST決定や、デビュー当日開催のミニライブのチケットが発売数分で完売するなど、話題沸騰中の大型新人である。
1月に韓国2ndミニアルバム「SHAKE YOU UP」でカムバックを果たし、より一層パワーアップした姿を見せた。

8月1日には日本1stシングル「好きなんて」で日本デビューを果たし、オリコンデイリーチャート8位と鮮烈なデビューを遂げた。

そんなRAINZが、熱狂冷めやらぬまま、早くも10月17日に待望の日本2ndシングル「虹」のリリースが決定。
「虹」は、心に響くメロディーで、好きな人へ送る僕には素直に心を開いてほしいという願いを込めた、雨上がりの虹を感じさせるRAINZらしい爽やか&ピュアLOVEソングとなっている。
RAINZへのさらなる飛躍に期待が高まる。

さらにRAINZ JAPAN 2nd SINGLE「虹」リリースイベントが9月12日大阪のイオンモール堺北花田 を皮切りに、13日大阪くずはモール、14日東京、15日北海道ラソラ札幌、16日北海道11th KMF 2018@Zepp Sapporo、17日神奈川クイーンズスクエア横浜、18日東京/JOL*fes2018@豊洲PITで開催される。
毎年9月に東京と札幌で開催されている日本で最も伝統ある秋のK-POP音楽祭「11thKMF2018」まで1ヶ月を切る中、ファンタジックな秋の音楽祭のイメージにピッタリな公式ポスターが初公開され、注目を集めている。

秋の葉をまとったチョン・セウン、MXM、THE BOYZ、RAINZは、それぞれの音楽カラーで新人登竜門「KMF2018」から飛翔するファンタジックで華麗なステージを予感させると共に、憂いを帯びた瞳、柔らかな笑顔、シックな眼差しで本公演への期待度をより一層高めている。

過去、新人登竜門「KMF」に出演した世界的に注目を浴びている防弾少年団、大きく飛躍中のNCTをはじめとする先輩スター達のように、本公演をきっかけに成長を遂げる飛翔ステージに期待がかかる。

「11thKMF2018」は、9月14日Zepp DiverCity TOKYO、9月16日Zepp Sapporoにて開催。
最大の見どころは、全出演チームが新曲発表後、初日本公演!
カムバックタイトル新曲日本初披露!
全出演者が日本のファンのために、本公演だけの最高のスペシャルステージ、全出演者とファンが一緒に楽しむことができる楽しく感動いっぱいのフィナーレ曲を用意。

さらに、恒例となったスペシャルMCは、東京1部はTHE BOYZのイケメンメンバー3名が。
ファンからのリクエストが最も高かったチョン・セウン&MXMのYDPが東京2部&札幌1部のスペシャルMCを。
また、GFSC(Good Friends Save the Children)活動を応援サポートする、アーティストとファンの愛の分かち合い、今最も輝く新人アーティストたちと間近で一気に出会える「GFSCチャリティーMeet&Greetスペシャルハイタッチ会」も行われる。
「スターロード」Wanna One編、一緒だともっと楽しい会食だ。

Wanna Oneがメンバー揃っての会食を楽しんだ。
全員が集まってこそ、もっと楽しくて和やかな雰囲気のおしゃべりと癒しの時間だった。
モクバン(食べながら行う放送)に集中するメンバーたちを見ることができる、特別な時間となった。

NAVERのOSEN「V LIVE」チャンネルを通じて「スターロード」Wanna One編、第19話と20話が公開された。
Wanna Oneの会食編が公開されたこの日の放送は、公開直後にファンたちから熱い反響を得た。

会食を通じて、久しぶりにWanna One全員が集まって食事をした。
ユン・ジソンとメンバーたちは久しぶりに全員揃っての食事に、とても喜んでいる様子だった。
何より事前にWanna Oneメンバーたちからそれぞれ好きな料理の注文を受けて用意し、さらに楽しい会食になった。

Wanna Oneは会食の始まりと同時に豪快な食べっぷりを見せた。
ハ・ソンウンとキム・ジェファンは自身たちが注文したオマール海老を食べながら、メンバーたちからの注目を浴びた。
パク・ジフンもチキンを一生懸命食べて、ユン・ジソンを中心に料理と会食に対するトークも続いた。宿舎生活についても言及して関心を集めた。

また、Wanna Oneメンバーたちが注文した料理が追加で配達されると、メンバーたちは再びモクバンに夢中になった。
ファン・ミンヒョンは待っていたジャージャー麺をもらって喜びながら食べることに集中した。
自身の料理を食べ終えたファン・ミンヒョンはすぐにMCモードに入り、Wanna Oneの質問タイムを予告して期待を高めた。
特に、ファンたちが気になるWanna Oneの細やかな日常に対する疑問に答える予定であり、次回の放送に対する関心がさらに高まっている。

「スターロード」Wanna One編は、毎週月水金の午後9時に、OSEN「V LIVE」チャンネルを通じて公開される。
Wanna Oneが歌手チョー・ヨンピルのデビュー50周年を祝い、一緒にステージに立ちたいという希望を伝えた。

チョー・ヨンピル50周年推進委員会は29日午前、チョー・ヨンピル50周年記念祝福映像「50&50人-Wanna One編」をチョー・ヨンピルの公式ホームページやSNSチャンネルを通じて公開した。

Wanna Oneはチョー・ヨンピルがデビュー50周年になるということに「僕たちには想像もできないことだ」とし、拍手で祝福した。
また「チョー・ヨンピル先生は親世代には共感と交流を、僕たちには聴きやすいながらもトレンドを反映した音楽を伝えている」とし、チョー・ヨンピルが全世代を網羅するミュージシャンであることを称えた。

また、彼らは「そのため、チョー・ヨンピル先生は50年間という長い間、国民に愛されている。僕たちもチョー・ヨンピル先生のようにいつまでも愛されたい」という目標を明かした。

華やかなパフォーマンスはもちろんイケメンぶりで人気を博しているWanna Oneは「チョー・ヨンピル先生こそ、元祖お兄ちゃん部隊の始まりだ。先生の過去の写真を見たことがあるが、本当に貴公子スタイルのルックスだった」と驚きを表した。

Wanna Oneはチョー・ヨンピルとの共通点に対して、「国民」というキーワードを選んだ。
メンバーたちは「チョー・ヨンピル先生は国民歌手だ。僕たちは国民プロデューサーの選択、国民ピック(Pick)のおかげで活動することができた。それが共通点だ」と伝えた。
また、Wanna Oneはチョー・ヨンピルと一緒にステージに立つ夢のような瞬間をイメージし、「(実現すれば)本当に光栄なことだ。歌を一緒に歌うことができれば、『Energetic』のステージを披露したい」と伝えた。

最後にWanna Oneは「先生は僕たちのワナビーであり、ロールモデルだ。50周年おめでとうございます。ご健康を祈ります」と付け加えた。

今年でデビュー50周年を迎えたチョー・ヨンピルは、9月1日水原公演と9月8日大田公演を皮切りに、「チョー・ヨンピル 50周年記念コンサート Thanks to you」の下半期ツアーを行う予定だ。
その後のツアー日程と場所は順を追って公開される予定であり、チケットはINTERPARK TICKETを通じて購入することができる。

チョー・ヨンピルの「50&50人」映像は、50周年プロジェクトの公式FacebookとInstagram、チョー・ヨンピルのYouTubeチャンネルと公式ホームページで確認することができる。
Wanna One カン・ダニエルが、秋を呼び寄せる処暑男スターの1位に選ばれた。

小・中・高のインターネットの数学教育を手がける企業SEVEN EDUが597人を対象にアンケート調査を行った結果、秋を呼び寄せる魅力的な処暑男スターの1位にカン・ダニエル(300人、50%)が選ばれた。

カン・ダニエルに続いて、イ・ミンホ(127人、21%)が2位にランクインし、3位にはパク・ボゴム(48人、8%)、4位にはパク・ソジュン(30人、5%)、5位には防弾少年団のV(27人、4%)が続いてランクインした。

カン・ダニエルは昨年放送された、Mnet「プロデュース101」シーズン2が輩出したプロジェクトグループWanna Oneのメンバーであり、ボーイズグループの個人ブランドの評判で1位を獲得し、その人気を証明している。
Wanna Oneのカン・ダニエルがアイドルチャート評点ランキングで最多得票を記録し、1位をキープした。

先月24日から30日まで集計された8月第3週目のアイドルチャート評点ランキングによると、Wanna Oneのカン・ダニエルが5669票を獲得し、23週連続の1位を守り抜いた。
また、累積票数でも最も先に10万票を突破し、計106,655票を記録した。

カン・ダニエルはファンサービス、パフォーマンス、歌唱力などを踏まえて歌手を評価する多重評価部門でも満点の10.00点を獲得し、国民Pickとしての存在感を見せつけた。

カン・ダニエルに続いて防弾少年団のジミン(3042票)、防弾少年団のV(2257票)、防弾少年団のジョングク(1220票)、Wanna Oneのハ・ソンウン(1122票)、Wanna Oneのパク・ジフン(841票)、防弾少年団のジン(425票)、Wanna Oneのパク・ウジン(341票)、Wanna Oneのファン・ミンヒョン(228票)、Wanna Oneのイ・デフィ(180票)なども高い得票を記録してアイドルチャート評点ランキングの上位にランクインした。
特にWanna Oneのメンバーのうち6人も上位に入り、高い人気を証明した。

アイドルチャート評点ランキングは、ファンが自ら歌手の様々な項目に点数を与えることができる参加型ランキングサービスだ。
ライフスタイルマガジン「1st Look」が、グローバルファッションブランドCe&、Wanna Oneと撮影したスペシャルエディションのグラビアを公開した。

今最もホットなアイドルグループWanna Oneが「1st Look」を通じて一足先に秋と冬のシーズンスタイルを披露した。

「2018 Summer Beat&Wave」コレクションに続き、ブランドCe&、そしてCe&のクリエイティブディレクターであるコ・テヨンデザイナーと2度目のコラボをしたWanna Oneが公開する今シーズンのテーマは「2018 F/W No Music, Nomantic」だ。

Wanna Oneはこれまで見せたことのない特別な姿を見せることに集中した。
Wanna OneのバックステージとWanna Oneの趣味生活を見せる2つのコンセプトで行われたのだ。
バックステージでの自然な姿と共に、ゲーム、掃除、スキー、ギター、バスケットボールなどそれぞれの趣味生活を公開したWanna Oneのメンバーたちは、撮影を楽しむ姿を見せた。

じっとしていても汗が出る真夏に行われた撮影だったにもかかわらず、Wanna Oneのメンバーたちは明るくクールな姿で現場の雰囲気を盛り上げた。また、完成度の高い結果のために撮影を通して細かくチェックしながら、撮影に情熱的に臨んだ。

純粋でキュートで、さらに若々しい魅力はもちろん、成熟した男らしさまで、それぞれ異なる魅力と感度の高いスタイルでいっぱいのWanna OneとCe&がコラボしたグラビアとカバーは、9月6日に発行される「1st Look」マガジン第162号を通じて確認することができる。
Samuelがデビュー以来、初の単独コンサートを開催する。

Samuelは9月15日と16日の2日間、ソウル広津区YES24ライブホールで初単独コンサート「I'm Ready」を開催する。

昨年8月、1stミニアルバム「SIXTEEN」で音楽界に正式デビューしたSamuelは、デビュー1年で自身の名前を掲げた単独コンサートの開催を控えている。

Samuelは今回のコンサートでデビュー曲「SIXTEEN」を皮切りに「Candy」「ONE」「TEENAGER」など、今までの活動曲をさらにアップグレードしたパフォーマンス、ステージと共に披露する予定だ。

ここに放送では一度も公開したことがなかった収録曲のステージと、Samuelの心をこめた声をありのまま感じることができる感性的なライブステージまで、ファンに楽しんでもらうために多様なセットリストを準備している。
I.O.I出身のキム・チョンハとSamuelが「2018 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS」に出演する。

韓国・ソウルで今月の30日に開催される「2018 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS、以下“2018 SOBA”」に、スーパールーキーキム・チョンハとSamuelが出演する。

毎回アルバムごとに多様なコンセプトでミュージシャンとして成長の可能性を見せているSamuelも「2018 SOBA」に出演する。
Samuel独自のパワフルで情熱いっぱいのステージを広げることを予告し、夏の夜をさらに熱い雰囲気にする計画だ。

最高の韓流アーティストの総出動を予告し、期待感を増している「2018 SOBA」は放送家のハン・ソクジュンと歌手のソン・ダムビが授賞式のMCとして出演し、お笑いタレントのキム・ウォンヒョ、シム・ジンファがブルーカーペットのMCとして出演する。
Wanna One パク・ジフンのファンサイン会が、成功裏に終了となった。

韓国で10日APRILSKINは、ヘアモデルであるWanna Oneのパク・ジフンと彼を愛する消費者77人が参加するファンサイン会を開催した。

この日、現場ではサイン会だけではなく、ファンによる写真撮影時間をはじめとして、クイズイベント、パク・ジフンに気になることを質問するQ&Aイベント、ラッキードローやパク・ジフンのミニトークなど、多彩な企画が行われた。

現場に訪れた消費者たちには、特別に制作されたパク・ジフンのブロマイドをはじめ、フォトはがき30種セット、APRILSKINのヘアエッセンス及びヘアパフューム3種などのプレゼントが贈られ、好評を得た。

APRの関係者は「パク・ジフンをヘアモデルとして起用して以降、多くの声援を送ってくれたファンたちに特別なプレゼントを贈りたい気持ちで今回のイベントを準備した。今後もパク・ジフンがモデルとして活動しながら披露する多様な活動に、多くの関心を持ってほしい」と呼びかけた。
Wanna Oneのワールドツアー「ONE: THE WORLD IN SEOUL」のDVD/Blu-rayが数量限定で発売されることが決定した。

今回特別に数量限定でリリースされる日本限定版では、日本語字幕がつくのはもちろん、韓国版に付いてくる特典に加え、日本限定版DVD購入者特典として「Wanna One フラットポーチ」、日本限定版Blu-ray購入者特典として「Wanna One 折りたたみミラー」付きとなる。

予約は9月13日14時より各販売サイトにて開始される。

さらに、4月に幕張で行われ入手困難を極めたWanna One JAPAN 1stファンイベント「0+1=1(I PROMISE YOU)」の映像を収録したプレイパス特典付き商品の販売を開始した。

Wanna One「0+1=1(I PROMISE YOU)」「1÷χ=1(UNDIVIDED)」のいずれかをポニーキャニオンショッピングクラブにて購入すると、既存のオリジナル特典に加え、プレイパスが付与されるとのことなので、特設サイトをチェックして欲しい。

JBJ95の高田健太とキム・サンギュンがエンターテイメント雑誌「10Star」の10月号の表紙を飾った。

10asiaが発行する「10Star」は21日、JBJ95と一緒に撮影した10月号のグラビアを公開した。

今回のグラビアは少年から男性になり、どんどん成長するJBJ95の姿を見せるというコンセプトで撮影した。
JBJ95はいたずらっ子のような姿から成熟した雰囲気のファッションも着こなし、撮影現場のスタッフまでもが称賛した。

JBJ95はMnet「プロデュース101」シーズン2から生まれたグループであるJBJ出身の高田健太とキム・サンギュンで構成されたユニットである。
JBJの解散後にも高田健太とキム・サンギュンはファンミーティングを通じてファンとコミュニケーションを図った。
また、SBSミニドラマ「裸足のディーバ」に出演し、演技にも挑戦した。
特にキム・サンギュンはデビュー後初めてドラマの主人公を演じて、多くの話題を集めた。
キム・サンギュンは「ドラマ撮影現場はこれまで歌手として経験してきた現場とは違って不思議だった。演技は面白い。いつか医療ドラマに挑戦してみたい。ドラマ『ライフ』のチョ・スンウ先輩がカッコいい」と明かした。

ユニットの活動となるだけに、高田健太とキム・サンギュンは自己発展を目指している。
高田健太は最近、ステージで力強いパフォーマンスを見せるため、生まれて初めてパーソナルトレーニングを受けて、運動を始めたという。
高田健太は「JBJ95として活動を始めたら『ラジオスター』『知ってるお兄さん』『バトルトリップ』などに出演したい」と話し、キム・サンギュンは「『ドゥニア〜初めて出会った世界』に出演したい」と話した。

共に宿舎で生活することになった高田健太とキム・サンギュンは前より仲が良くなったという。
高田健太は「サンギュンともっと自然な仲になったと思う。以前、僕が大変だったとき部屋に来て明るく笑わせてくれた。何も言わなくてもお互いのことを配慮できる仲になった。サンギュンがとても助けてくれる」と打ち明けた。
キム・サンギュンは「もう同じ船に乗った」と言い、JBJ95への愛情を表した。

新人グループとしてデビューするJBJ95の目標は、これからもっと多くの人々にグループと自分たちの名前を知らせることだ。
特に高田健太は「JBJとして音楽番組で1位もとって、授賞式で賞をもらうこともできた。その経験がどれほど貴重で難しいことなのか知っているので、JBJ95としてもう一度チャレンジしてみたい」と話した。
続けて「二人でコンサートも開催し、ヨーロッパツアーにも行きたい」と付け加えた。
JBJ95の高田健太とキム・サンギュンが、韓服姿でファンに秋夕(チュソク:日本のお盆に当たる韓国の祭日)の挨拶を伝えた。

JBJ95は22日午後、公式YouTubeチャンネルとSNSを通じて秋夕の挨拶を収めた映像を公開した。

完璧なビジュアルで韓服を着飾った高田健太とキム・サンギュンは、秋夕が来たことを喜んだ。
2人は「久しぶりに家族、親戚の方々と集まっておいしい食べ物やソンピョン(松葉餅)をたくさん召し上がり、楽しい秋夕をお過ごしください! 」と明るい姿で挨拶を伝えた。

特に高田健太は、今回の秋夕の挨拶映像の撮影のために初めて韓服を着たという。
日本人であるにも関わらず完璧に韓服を着こなした高田健太は、彼ならではの魅力を誇っており、目を引く。
またキム・サンギュンは、映像の合間にファンに向けて手でハートを作って飛ばすなどして、ファンへの愛情をアピールした。

先月17日に公式デビューチーム名を発表したJBJ95は現在、10月に予定されているデビューに向けて準備に拍車をかけている。
Wanna Oneのオン・ソンウが22日の放送を最後にMBC「ショー!音楽中心」のMCを降板した。

これは2月にgugudanのミナ、NCTのマークと共にMCに合流してから約8ヶ月目のことだ。

最初の放送当時オン・ソンウはミナ、マークと共に、特別パフォーマンスで好スタートを切った。
それ以降、3人のMCの兄としてミナとマークを自然にリードし、気の利いた話術まで披露した。

オン・ソンウは「今まで下手な僕のMCを見守って応援してくれた、すべての人たちにとても感謝している。『ショー!音楽中心』のMCという位置に立つことができて、本当に幸せだった。残念なことにこんな風に最後を締めくくることになったけれど、どこに行ってもよい姿、もっと成長した姿をお見せできるオン・ソンウになる。改めて心から感謝したい」と明らかにした。
MBC秋夕(チュソク:日本のお盆に当たる韓国の祭日)特集「2018 アイドル陸上大会」に新しい種目が新設され、注目を集めている。

長い間愛されている陸上、アーチェリー、新体操はそのまま維持され、前回の旧正月特集から初めて採用されて多くの関心を受けたボウリングが再びラインナップされた。
さらに、人気男性種目として行われていたエアロビクスの代わりに、足球(ジョック:韓国発祥のスポーツ)が新設された。

ボウリングの男性部門には、VIXX、SEVENTEEN、Wanna Oneの他にも、SUPER JUNIORのシンドンとヤン・セヒョンが選手として出場し、一味違うケミストリーを通じて史上最大級の笑いを届ける予定だ。

ボウリングに初出場したWanna Oneのハ・ソンウンは、見事な実力で現場にいた専門家たちを驚かせた。
また、女性競技ではボウリングのエースチームとして評判のあるNine MusesとApink、Red Velvet、GFRIENDが名を挙げ、いい競技を繰り広げた。

足球は「2018 アイドル陸上大会」で初めて披露されるだけに、華やかな選手のラインナップを誇る。
今まで「アイドル陸上大会」の球技で強さを見せていたキム・ドンジュンとVIXXが再出場し、NU'EST W、SEVENTEEN、ASTRO、NCT、MXM、THE BOYZなど、さまざまなメンバーたちが、スポーツグラビアを彷彿させる競技を繰り広げ、期待を高めている。
Wanna Oneのメンバーライ・グァンリンが中国の会社と契約したという噂が中国のSNSを通じて広がった。

27日、台湾のET Todayは、Wanna Oneの活動期間が3ヶ月ほど残っている中、台湾出身のメンバーライ・グァンリンが中国の有名制作者である马国庆とマネジメント契約を締結したというキャプチャーが広がっていると報道し、注目を集めた。

マスコミによると、易烊千玺や刘昊然などのスターのマネジメントを担当した马国庆が知人に送ったメッセージの内容がキャプチャーされ、中国のSNSを通じて広がっているという。
しかしこれは事実ではないことが分かった。

ライ・グァンリンが所属しているCUBEエンターテインメントの関係者は「現在CUBEはPENTAGONのイェンアン、(G)I-DLE シュファ、ウギの中国マネジメントを担当している。しかしライ・グァンリンの中国マネジメントに対する内容はWanna One活動終了後に議論することであり、まだ何も決まってない」と否定した。
まだ中華圏でのマネジメントを担当する会社や担当者は決まっていないという説明だ。

ライ・グァンリンは台湾出身であるため、Wanna One活動終了後の彼の歩みに対して特に中華圏ファンの関心が高まっている。
グループWanna One側が、話題となっているマネージャーのファン暴行議論について公式に謝罪した。

Wanna Oneの所属事務所Swingエンターテインメントは29日、Wanna Oneの公式SNSにネット上で議論になっている動画に関するコメントを発表した。

これに先立って28日、ネット上にはWanna Oneがタイ・バンコクで開催されるMnet「KCON 2018 THAILAND」の公演に参加するために仁川国際空港に到着した中、マネージャーがWanna Oneを見るために駆け寄ってきた女性ファンを強く押し倒す動画が公開され、広く拡散された。

これを受け、マネージャーの過剰な対応に対する批判が続き、Swingエンターテインメントは「該当人物は会社所属のマネージャーだ」とし「過剰に対応した部分について深く反省しており、これによる懲戒処分も受けることになる」と伝えた。
続いて「いかなる状況でも発生してはならないことが発生し、映像の中のファンの方に誠に申し訳なく、このような良くないことでご心配をおかけしたことについて、すべてのファンの方に深くお詫び申し上げる」と重ねて謝罪した。
Wanna Oneが11月19日に最後のアルバムを発売する。

Wanna Oneの関係者は3日、「Wanna Oneが11月19日のカムバックを目標にアルバムを準備している。予定された活動期間中の最後のアルバムとなる」と公式にコメントした。

Wanna Oneは現在、活動延長を検討している。
しかし、延長が実現しない場合、11月19日に発売されるこのアルバムが最後のアルバムとなる。

Wanna Oneは最近タイトル曲を決定し、本格的にアルバム制作の仕上げに取り掛かっている。
秋にピッタリのミディアムテンポの楽曲が選ばれたという。

デビュー曲「Energetic」を皮切りに「Beautiful」「BOOMERANG」「Light」など、発売する楽曲ごとに好成績を上げているWanna Oneが、最後のアルバムで有終の美を飾ることができるかにも関心が高まっている。
Wanna Oneのハ・ソンウン、イ・デフィ、キム・ジェファン、ユン・ジソンが「ザ・コンデ・ライブ」のゲストとして出演する。

Mnet「ザ・コンデ・ライブ」側は3日、公式SNSを通じてWanna One出演のニュースを伝えた。
取材の結果、11人全員の出演ではなく、ハ・ソンウン、イ・デフィ、キム・ジェファン、ユン・ジソン4人の出演だという。

すでに様々なバラエティ番組を通じて愉快なトークを披露してきた4人のメンバーは「ザ・コンデ・ライブ」を通じてイ・ギョンギュとタッグを組む予定だ。

「ザ・コンデ・ライブ」は、日常生活のVCRを観ながら「コンデ(年をとった人で、保守的で説教くさい人)DNA」を発見する番組だ。
しかし、特にWanna OneのVCR撮影はなく、単純なゲスト出演になる見込みだ。

「ザ・コンデ・ライブ」側は、SNSにアンケートを掲載し、視聴者の参加を誘導した。
しかし、これはWanna One側と協議なしに掲載されたものであることが取材で確認された。

「ザ・コンデ・ライブ」はイ・ギョンギュのMnetデビュー番組であり、年齢に関係なく誰でもコンデになることがあるというメッセージを込め、日常生活によくあるようなコンデ文化について話し合う番組だ。
韓国で毎週金曜日午後8時30分に放送される。
Wanna One カン・ダニエルが「アイドルチャート」評点ランキングで28週連続で最多得票を記録した。

今月4日までに集計された9月第4週目の「アイドルチャート」評点ランキングによると、カン・ダニエルは6874票を獲得してまたもや最多得票を獲得したという。
これで彼は28週連続の評価ランキングでの最多得票を記録した。

カン・ダニエルに続いて防弾少年団のジミン(4440票)、防弾少年団のV(3386票)、Wanna Oneのパク・ジフン(2722票)、Wanna Oneのハ・ソンウン(1953票)、防弾少年団のジョングク(1855票)、Wanna One ライ・グァンリン(1105票)、Wanna Oneのパク・ウジン(1088票)、WannaOneのファン・ミンヒョン(1003票)、防弾少年団のジン(598票)などが高い得票を記録してアイドルチャート評点ランキングの上位にランクインした。

今週の評価ランキングでは、Wanna One カン・ダニエルと防弾少年団のジミンの得票数が、9月第3週目より1000票以上も上昇して話題になった。

一方で「アイドルチャート」は10月5日に、ベータサービスを終え正式サービスを開始した。
正式サービスでは、レベリングやポイントシステムの導入、評価サイクル方式の変更、名誉の殿堂及びPOLLの投票など、利用者に様々な新しいサービスを提供する。
JBJ95のキム・サンギュンと高田健太が初主演を務めて話題になった「裸足のディーバ」のデジタル版が公開される。

SBS Mobidicはミニ恋愛シリーズドラマ「裸足のディーバ」のデジタル版第1話と第2話を同時に公開すると伝えた。
「裸足のディーバ」はMobidicのドラマチャンネルであるstudio ORCAを通じて毎週水曜日と金曜日の午後6時30分に公開される予定だ。

「裸足のディーバ」はミュージシャンを夢見る二十歳の男と、録音室を離れることができない120歳の女の幽霊が偶然に同居することになることから繰り広げられる、爽快な青春ロマンスドラマだ。

「裸足のディーバ」デジタル版は計12部作で、デジタルドラマとしては珍しく4Kで提供されて特別な映像美を感じることができる。
また毎話、主演俳優たちのスペシャルコメンタリーを盛り込むだけではなく、テレビ版やPOOQ版とは完全に違うオリジナルエンディング、そしてジュンギョン、ヨンジの二人の主人公それぞれの目線で完全に再編集したスペシャル映像も公開する予定だ。

「裸足のディーバ」が公開されるstudio ORCAチャンネルは、SBS Mobidicが新たにオープンするドラマブランドだ。
ORCAはシャチを意味し、シャチのようにすばやくトレンドを探索し、スマートな制作を通じてキラーコンテンツを作り出すという意志を盛り込んでいる。

「裸足のディーバ」を皮切りに「農夫士官学校」「お酒春期」「突然現れた看護師」「別れの品格」などMobidicが準備しているプレミアムドラマたちがstudio ORCAチャンネルを通じて公開される予定だ。

「裸足のディーバ」デジタル版の予告編がすでに公開された中、studio ORCAチャンネルを通じて登録者のために多様なイベントも毎週行う。
いいね、登録、アラーム設定をした視聴者たちの中から抽選で主演俳優キム・サンギュン、高田健太のサインポスター、サインポラロイド、サインCDなどをプレゼントする予定だ。

毎週水曜日と金曜日の午後6時30分に公開される「裸足のディーバ」デジタル版はYouTube、Facebook、NAVER TV、studio ORCAチャンネルを通じて確認することができる。
Wanna Oneのファン・ミンヒョンがグリーンコンサートでの腹筋露出事件を明らかにした。

11日韓国で放送されたKBS 2TV「ハッピートゥゲザー4」で、スペシャルMCのWanna One ファン・ミンヒョンがファン・ミンヒョン腹筋大乱について語った。

ファン・ミンヒョン腹筋大乱は、グリーンコンサートでファン・ミンヒョンのすばらしい腹筋がサプライズ公開され、ファンに思いがけない贈り物になった事件で、ネット上で大騒ぎになるほど熱い反応が起こった。

しかし、ファン・ミンヒョンは「グリーンコンサートで腹筋が露出してしまったのは、予期せぬ事故だった」と切り出し、その後釈明を展開して関心を集めた。
ファン・ミンヒョンは「腹筋公開の日が別にあった。その前まで安全ピンで腹筋をしっかりと隠していたが、その安全ピンをうっかり忘れてしまった」と、安全ピンのおかげで世に公開された腹筋エピソードを公開し、笑いを誘った。

ファン・ミンヒョンは「ここまで話題になるとは思わなかった」と熱い反応について感謝の言葉を伝えたりもした。
また、ファン・ミンヒョンは現在の腹筋の行方まで公開したと伝えられ、注目が一層高まっている。

同日ファン・ミンヒョンはゲストで出演した女優ハン・ジミンが理想のタイプだと明らかにして、注目を集めた。
さらに、ハン・ジミンが登場すると、ファン・ミンヒョンは、精一杯はにかむような笑みで握手を求めたり、ハン・ジミンの目をまともに見ることができず、純粋な魅力を見せた。
それだけでなく、彼はハン・ジミンに向けた甘いセレナーデまで公開し、現場を熱く盛り上げた。
Mnet「プロデュース101」シーズン2から誕生したプロジェクトグループRAINZが、すべての活動終了を目前に控えている。

15日、プロジェクト RAINZ側は「今月28日の日本活動を最後に、2017年10月の1stアルバム以降、約1年間の活動を締めくくり、無期限の活動休止に入る予定だ」と伝えた。

RAINZは昨年10月のデビュー以来、ファンたちの応援に支えられ、韓国と日本で計4枚のミニアルバムを発表するなど精力的な活動を続けてきた。

これに対し、プロジェクト RAINZ側は「ファンの皆さんが作ってくださった大切な機会により、メンバーたちは切実だった夢を叶えることができた。送ってくださった応援と激励のおかげでこれまで一生懸命活動ができた」と話し、「10月28日の活動を最後に、各所属事務所に戻り、ソロ活動を行う」と説明した。

今後各自の活動に邁進するメンバーたちに対し、プロジェクト RAINZ側は「今後もメンバーたちが切り開いていく新しく多様な活動に変わらぬ声援と関心をお願いしたい」と強調した。
活動を再開したJBJ出身キム・ドンハンが、ここ1年の活動を振り返った。

17日、ソウル龍山区ブルースクエアアイマーケットホールにて、キム・ドンハンの2ndアルバム「D-NIGHT」のショーケースが開催された。

キム・ドンハンは昨年10月18日、JBJとして音楽界に正式デビューした。
デビュー1周年を翌日に控えたキム・ドンハンはここ1年を振り返った。

キム・ドンハンは「1年間一生懸命に生きてきて気分が良い。1番良かった時はJBJの初めてのコンサートで、悲しかった時は解散コンサートだった。今までを振り返ると、忙しくて幸せに過ごして気分が良い」と話した。
新人ボーイズグループJBJ95が30日、音楽界のデビューを決め、デビューアルバムのプロモーションスケジュールを公開した。

JBJ95は公式SNSチャンネルを通じてデビューアルバムの発売日はもちろん、様々なコンテンツのタイムテーブルを公開し、本格的なデビューカウントダウンに入った。

公開されたイメージにはデビューを控えたJBJ95が順次公開するプロモーションの日程が盛り込まれている。
2つのバージョンのコンセプトフォトの公開を皮切りにアルバムのトラックリスト、ハイライトメドレー、2本のミュージックビデオの予告映像、そして30日にはデビューアルバムの発売とともにショーケースまで行われるなど充実した日程で期待を高めている。

また、タイムテーブルのイメージと共に掲載されたデビューアルバム名は「HOME」で家をテーマにした今回のアルバムの内容への関心も高まっている。
イメージの中には家の中の背景が登場しており、今回のデビューアルバムでキム・サンギュンと高田健太がどんなコンセプトと姿で人々に初めてあいさつするだろうか、これからが注目される。

JBJ95はJBJ出身のキム・サンギュンと高田健太の公式デビューグループ名でいつもファンを思い、初心を忘れないという95年生まれの希望と抱負を込めた。

ログインすると、残り325件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

好き好きK−POP♪ 更新情報

好き好きK−POP♪のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。