ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 好き好きK−POP♪ > トピック一覧 > Apink

好き好きK−POP♪コミュのApink

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

パク・チョロン
生年月日:1991年3月3日生
身長:163cm
体重:47kg
趣味:音楽鑑賞、映画鑑賞、料理
担当:ラップ、ボーカル
A Pinkのリーダー

ユン・ボミ
生年月日:1993年8月13日生
身長:164cm
体重:47kg
特技:テコンドー、ダンス
担当:ボーカル、ラップ
学歴:永新女子高等学校→韓国芸術高等学校 卒業

チョン・ウンジ
生年月日:1993年8月18日生
身長:163cm
趣味:ピアノ
特技:歌
担当:メインボーカル
学歴:釜山恵化女子高等学校 卒業

ソン・ナウン
生年月日:1994年2月10日生
身長:167cm
趣味:音楽鑑賞
担当:ボーカル、ラップ
ウストサイズ20インチ(50.8cm)の蟻の腰で話題になった

キム・ナムジュ
生年月日:1995年4月15日生
身長:165cm
趣味:ジャズピアノ、歌、ダンス
特技:歌、ダンス
担当:ボーカル、ラップ

オ・ハヨン
生年月日:1996年7月19日生
身長:169cm
体重:47kg
趣味:スキル刺繍、リボンクラフト
特技:ダンス

コメント(391)

Apinkが歌った。
そして、より繊細になった「学校2017」だ。

Apinkのユン・ボミ、キム・ナムジュが参加したKBS 2TV月火ドラマ「学校2017」のOST第6弾「I Pray 4 You」が公開された。
同曲はいつも互いに力になってくれる友人、恋人を歌ったナンバーだ。

「学校2017」に、登場する人物たちの相関関係の中で生まれる友情と愛を象徴的に歌詞に盛り込んだという。
ボーカルを務めるユン・ボミとキム・ナムジュが繊細な楽想を表現し、パワフルな歌唱力を鑑賞することができる。

ドラマ「学校2017」は韓国で毎週月曜、火曜日の午後10時に放送されている。
Apinkのキム・ナムジュが「ユ・ソンホに似ているとよく言われる」と語った。

15日に放送されたNAVERのライブ映像配信アプリ「V」の「悪童探偵s 仲良し三銃士ハート撮影現場初公開!」でファンは、キム・ナムジュと「プロデュース101」出身アン・ヒョンソプ、ユ・ソンホの共通点について聞いた。
3人は肉が好きだと答えた。

特に、キム・ナムジュは「3人とも目が大きい。私とユ・ソンホは似ているという話をたくさん聞いた。以前、アン・ヒョンソプとモラジュギ(周りが変顔をして特定の人を際立たせる写真撮影の事)をしたとき、私とユ・ソンホが同じ表情を作ってびっくりした」と語り、注目を集めた。

さらにアン・ヒョンソプは「『悪童探偵s』では、文科チーム長クォン・オソン役を演じる」とし「台本リーディングを本当に一生懸命した」と話した。
またApinkのキム・ナムジュは「ポーランド公演に行ってきた翌日、監督と俳優が皆集まって10時間もの間、台本リーディングをした」と話し、注目を集めた。

3人はウェブドラマ「悪童探偵s」で息を合わせている。
Apinkの事務所Plan A エンターテインメントがソン・ナウンの「女哭声」出演についての立場を明らかにした。

Apinkの所属事務所であるPlan Aエンターテインメントは「まだ決まったわけではない」と「女哭声」の出演について正式な立場を伝えた。

ソン・ナウンは映画「女哭声」の出演を提案されたという。
ソン・ナウン側は「出演のオファーを受けたのは事実で、現在出演を前向きに検討している。でも、出演が決まったわけではない」と明らかにした。

「女哭声 」は1986年に公開された同名の映画をリメイクした作品で、娘の怨霊が登場するホラー映画だ。
ソン・ナウンは、「大風水」「限りない愛」「シンデレラと4人の騎士」などに出演し、女優としても精力的に活動した。
ソン・ナウンが「女哭声」に出演すれば「家門の栄光5」以来、約5年ぶりの映画復帰になる。

果たして、ソン・ナウンがホラー映画「女哭声」で演技アイドルとして地位を固めるか、これからが注目される。
Apink キム・ナムジュと「プロデュース101」シーズン2出身のアン・ヒョンソプ、ユ・ソンホが主演を演じたウェブドラマ「悪童探偵s」のポスターが公開された。

「悪童探偵s」の制作陣は新たな主人公の姿が写されたポスターを公開し、「ウェブドラマ『悪童探偵s』は幼い頃両親を亡くしたわがままな高校生探偵オソン(アン・ヒョンソプ)とハンウム(ユ・ソンホ)、二人の保護者である熱血刑事ジンギョン(キム・ナムジュ)が両親の失踪と関連した闇の財団を追跡しながら繰り広げられる事件を解決していく学園探偵ものだ」と紹介した。

キャラクターポスターからは、それぞれの魅力が伝わる。
熱心な刑事であるApink キム・ナムジュは、カリスマ性あふれる表情やポーズで目をひく。
初めての演技に挑戦した「プロデュース101」シーズン2出身のアン・ヒョンソプとユ・ソンホは、まるでシャーロック・ホームズを連想させる衣装や優しい魅力を見せている。
特にカップルショットから感じられる強いブロマンス(男同士の友情)と甘いケミ(ケミストリー、相手との相性)が、ドラマを待つファンと視聴者に、放送前から爆発的な期待感を高めている。

全9話として企画されたウェブドラマ「悪童探偵s」は9月中に制作発表会を持ち、NAVER TVで放映される予定だ。
「プロデュース101」出身のアン・ヒョンソプとユ・ソンホ、Apinkのキム・ナムジュが出演する「悪童探偵s」の撮影現場写真が公開された。

公開された写真の中でアン・ヒョンソプとユ・ソンホは、肩に手をかけて監督のモニターを聞いたり、明るい笑顔でVサインを作るなどブロマンス(男同士の友情)の姿を見せる。
一方、キム・ナムジュは意味深な雰囲気を漂わせ、ファンたちの興味を引かせる。

製作陣は「三人が初めての撮影であるのに、瞬間ごと情熱溢れる演技とピッタリとした呼吸を見せている」として、「特にアン・ヒョンソプとユ・ソンホは、初めての演技の挑戦であるが、真剣に撮影に臨んでいるので今後多くの期待と関心をお願いする」と伝えた。

「悪童探偵s」は、幼い頃に両親を失った2人の高校生探偵オソン(アン・ヒョンソプ)とハンウム(ユ・ソンホ)、二人を引き取り実質的な保護者の役割をしている女刑事ジンギョン(キム・ナムジュ)が両親の失踪と関連のある闇の財団を追跡しながら巻き起こる事件を解決していく。

「悪童探偵s」は9月中にNAVER TVを通して放送される予定だ。
Apinkのソン・ナウンが美しい腹筋を公開した。

1日、ソン・ナウンは自身のInstagramに「Day 16 #onebottleawayfrom #ニューヨークコレクション 間近の私のビッグモーメントのために着実な運動も必須!」という書き込みと共に写真を掲載した。

公開された写真でソン・ナウンは、熱心に運動をしている。
スリムでしなやかなボディラインと柔軟な動きも行う姿が視線を引く。

これを見たネットユーザーは「素晴らしい!」「本当に羨ましい」「誰よりも細いですね!スタイル抜群!」などのコメントを残した。

一方、ソン・ナウンはSK2のキャンペーンに参加している。
Apinkのチョン・ウンジがファッションマガジン「CeCi」と共に「超簡単セルフメイク」動画を公開した。

今年の夏、コスメブランド「GIVERNY」を通じて女性芸能人の夢とも言われるコスメブランドのモデルに抜擢され、明るく透明な美肌で女性美を誇示した彼女が、今回は自身のビューティーノウハウを収めた短い動画を公開した。

動画の中でチョン・ウンジは、つやつやで自然なトーンを維持してくれる「密着ファンデーション」を紹介し、一日ビューティークリエーターとしての一面を見せた。
特に「きれいになれる肌の表現の秘訣」についてチョン・ウンジは「密着ファンデーションを少し使っただけで十分ナチュラルなメイクを完成させることができる」とし、セルフメイクの過程を紹介した。

ナチュラルなメイクに合うリップカラーを勧めることはもちろん、クマで悩んでいる女性たちのために「顔の色を明るくする秘訣」も公開した。

メイクが得意でない人でもすぐにできる「チョン・ウンジの5 minutes make up」の動画は「CeCi」のFacebookを通じて見ることができる。
Apinkのユン・ボミとHELLOVENUSのライムが演劇「Sダイアリー」の認証ショットをアップロードし、視線を集めた。

3日、ライムは自身のInstagramを通じて「一週間分を笑っていきます。爆笑したわ。演劇『Sダイアリー』ファイト!」と書き込んで、1枚の写真を掲載した。

写真にはライムとユン・ボミが、演劇「Sダイアリー」で主演俳優として活躍しているビョンホン(元TEENTOPのL.JOE)と一緒にいる姿が写っている。

演劇「Sダイアリー」の舞台で俳優ビョンホンを中心に、左側にユン・ボミ、左側にライムが並んで座って、頬づえをついている姿が印象的だ。
ビョンホンもユン・ボミとライムの応援に、SNSを通じて「花なのか人間なのか? 人間のような友達、ありがとう」と応えた。

また8月29日、歌手JUNIELも演劇「Sダイアリー」を鑑賞し、認証ショットを掲載した。
JUNIELも自身のInstagramを通じて「ビョンホン最高、Sダイアリー最高」と書き込んで、ビョンホンと共に、舞台で頬づえをついた認証ショットをアップロードした。

演劇「Sダイアリー」は同名の映画を原作にした演劇で、2013年に初演して以来、着実に観客から愛されてきた作品だ。
愛の痛みを持っている29歳の女子主人公ナ・ジンヒの視線で描いていく、面白くて感動的な溌剌としたラブコメ作品だ。
2017年バージョンの演劇「Sダイアリー」は俳優ビョンホン、キム・サヒの合流でさらにグレードアップされたという評価を受けている。

今年7月28日からオープンラン公演を披露した演劇「Sダイアリー」は現在、ソウル大学路ハッピーシアターで上演されている。
Apinkのチョン・ウンジがもう一度、女性ソロ歌手としての真の姿を発揮する。

チョン・ウンジは明日午後6時、各種音楽配信サイトを通じてミュージッククリエイティブSpace Oddityとともに制作したニューシングル「MANITO」を発売する。

「MANITO」は愛を告白する純粋な少女の心を代弁するように、心温まるムードのアコースティックギターとベルの演奏が際立つ曲だ。
温かいラインにチョン・ウンジの魅力的な音色が交わり、物静かながらも深い感性を倍増させる。

「MANITO」は、二段横蹴りとテンジョとタスコがプロデュースを、EXOの「Growl」とRed Velvetの「Dumb Dumb」などを制作したソ・ジウムが作詞を手がけ完成度を高めた。

「MANITO」というタイトルには、イタリア語で「秘密の友達」と韓国語で「たくさん、また」という二つの意味が盛り込まれており、時にはユーモアに富んで、時には愛らしくリスナーの感性をノックする予定だ。

ミュージックビデオは元SISTAR ソユ&EXO ベクヒョンの「Rain」、Suranの「1+1=0」などを手がけた人気ミュージックビデオプロダクションチームMUSTACHE FILMSがメガホンを取った。
仕事の日々に疲れたヒロインが過去の思い出がつまった歌を聞き、純粋だった時期を思い出させる過程がリアルに描かれており、感動を倍増させる見通しだ。

チョン・ウンジはApinkのメインボーカルとして活躍し、昨年初のソロアルバムのタイトル曲「空マワリ(Hopefully Sky)」で各種音源配信チャートで1位を記録した。
今年2ndソロアルバムの「あなたという春」で人気を受け、女性ソロ歌手として頭角を現した。
Apinkのパク・チョロンが「第19回富川国際アニメーションフェスティバル(以下、BIAF 2017)」の広報大使に抜擢された。

「BIAF 2017」の広報大使になったパク・チョロンは8日午前、協会を通じて「演技活動をしながら自然にアニメにも興味を持っていた。アニメのテーマ曲を歌った後、いつかアニメの吹き替えにも挑戦してみたいと思ったが、このようにアニメ映画祭『BIAF 2017』の広報大使になれて光栄だ」と感想を明らかにした。

パク・チョロンは今月20日、韓国プレスセンター20階国際会議場で開かれる「BIAF 2017」公式記者会見への参加を皮切りに、さまざまなPR活動に参加し、有意義な時間を過ごす予定だ。

アジアNo.1アニメーション映画祭「BIAF 2017」は10月20日から24日までの5日間、富川市役所及びCGV富川店、韓国漫画博物館、MEGABOX COEX店などで開催される。

6thミニアルバム「Pink UP」を発売し、精力的な活動を続けてきたパク・チョロンは、Apinkのリーダーとして早くから歌とダンス、演技までこなし、多彩な万能アイドルとして愛されている。
最近は、ドラマ「All my Love」と「九厄少年」に続き「ロマンス特別法」の主演にキャスティングされ、幅広い女優活動を予告している。
JTBC新しい金土ドラマ「アンタッチャブル」の主演俳優ラインナップが確定した。

「アンタッチャブル」側は本日、「『アンタッチャブル』が『恋するパッケージツアー〜パリから始まる最高の恋〜』の後番組で11月24日に初放送されて、俳優チン・グ、キム・ソンギュン、コ・ジュニ、Apinkのチョン・ウンジが出演を最終確定した」と明らかにした。

「アンタッチャブル」は人生のすべてである妻を失って家族の醜悪な権力と対抗する次男チャン・ジュンソと、生きるために悪になった長男チャン・ギソ、二人の兄弟のすれ違う選択を描いたウェルメイドアクション追跡劇だ。

「アンタッチャブル」はドラマ「追跡者 THE CHASER」「黄金の帝国」で線の太い演出力を認められたチョ・ナムグク監督と、ドラマ「ビッグマン」などを通して密度の高い筆力を誇ったチェ・ジンウォン脚本家の出会いという点で、熱い関心を集めている。

彼らに加えて、しっかりとした演技力を持っているチン・グ、キム・ソンギュン、コ・ジュニ、チョン・ウンジが結集したのだ。
チン・グはチャン・ジュンソ役を務めた。
チャン・ジュンソは、一家の醜悪さと対抗するチャン氏一家の次男で、死んだ妻の真の心と事件の真実を最後まで追う人物だ。
狂ったように愛する妻の死後、妻の全てのものがニセ物だったことを知るようになって、苛酷な運命の渦に巻き込まれる。

キム・ソンギュンはチャン・ギソ役を演じる。
チャン・ギソは父親の闇に染まったチャン氏一家の長男で、弱くなることができず不道徳にならなければならなかった男。
彼は悪魔のような父親を恐れるが、生存のために父親のように悪辣な権力者に変貌していく立体的な人物だ。

コ・ジュニは前大統領の娘ク・ジャギョン役を務める。
ク・ジャギョンは野望で埋め尽くされたチャン氏一家の嫁であり、華麗な日常の裏でさえぎられた静かな怒りと憎しみを持った人物。
彼女は優れた頭脳と権力欲を持っているが、女性という理由で父親に認められることができず、胸の中に深い影と鋭いトゲを同時に抱いた女性だ。

最後にチョン・ウンジはソ・イラ役に扮する予定だ。
ソ・イラはチャン氏一家との縁が始まった新任検事で、夢見てきた権力が信じがたい現実になってしまった人物だ。
権力集団で生き残るために適当な妥協も拒まない人物だが、ジュンソとともにジョンヘの足跡を追って人生のターニングポイントを迎え、これと同時にジュンソにますますハマることになる。
Apinkのユン・ボミが、tvN新月火ドラマ「この人生は初めなので」に合流する。

ドラマ「この人生は初めなので」は、家を持つカタツムリが世界で一番羨ましい家なしのユン・ジホ(チョン・ソミン)と、玄関だけが自身の家(銀行ローンが多すぎて、名義者の分を換算すると玄関ほどの面積しかないという意味)であるハウスプアの大家ナム・セヒ(イ・ミンギ)が、一つ屋根の下に住みながら繰り広げるロマンスドラマだ。
職業、恋愛、結婚等、最近の青春真っ只中の若者たちの様々な悩みを「マイホーム購入」と「家の価格」などのキーワードを通して描き出す、新概念のドラマだ。

特に素っ気ない重低音な口調と、シックな表情を持っているユン・ボミの主な特技は、まさにありのままを話す、ストレートな話法だ。
よどみない「事実爆撃機」に変身した彼女の正直でストレートな言い方は、会社代表のパク・ビョンウンに対しても例外ではない。
二人の愉快な下克上とコミカルなケミ(ケミストリー、相手との相性)まで期待して見るだけのものがある。

ドラマの関係者は、「普段番組で見せてきた正直ではつらつとした話し方と目立つ姿が、ドラマの中でのユン・ボミの役にぴったりだと思った」と話し、キャスティングに至った理由を話した。
約2年ぶりに演技に挑戦するユン・ボミは、可愛い外見と素敵な魅力で、視聴者を完全に虜にしてしまうだろう。

「アルゴン」の後番組として、韓国で10月9日午後10時50分に初放送される、「この人生は初めなので」は、チョン・ソミン (ユン・ジホ役)とイ・ミンギ(ナム・セヒ役)、イ・ソム(ウ・スジ役)、キム・ガウン(ヤン・ホラン役)、パク・ビョンウン(マ・サング役)、キム・ミンソク(シム・ウォンソク役)などが共演することが伝えられ、話題を集めている。
Apinkが日本で初のバラードとなる9thシングル「Orion」を11月8日にリリースすることが決定した。
そして、2017年最後のリリースイベント開催も決定。

Apinkが、11月8日に「Bye Bye」「もっとGO!GO!」に続く2017年第3弾シングル「Orion」をリリースすることを発表した。
今作は、大切な人との出会いと別れ、そして今でも変わらない想いを描いたApink日本オリジナル楽曲で初のバラード曲となる。

商品形態は、DVDとグッズ(アロマキャンドルセット)が付属する「完全生産限定盤A」、DVDが付属する「初回限定盤B」、メンバー別の6種のピクチャーレーベル仕様となる「初回限定盤C」、「通常盤」がラインナップされる。

また、2017年最後となるリリースイベントの開催も決定。
詳細は後日発表される。
女優パク・ジニとApinkのソン・ナウンが映画「女哭声」への出演を検討中だ。

ソン・ナウンの所属事務所Plan Aエンターテインメント側は19日午前、「出演がほぼ確定している状態だ。最終的に詳細を調整している」と明らかにした。

パク・ジニの所属事務所Elefunエンターテインメント側は「シナリオを見ているのは事実だが、確定ではない」と伝えた。

映画「女哭声」は1986年韓国で公開された同名の映画をリメイクする作品で、処女の幽霊が登場するホラー映画だ。
Apinkが香港を熱く盛り上げた。

Apink側によると、今月23日に、香港アジアワールドエキスポホール10(Asia World Expo, Hall 10)で約3000人のファンを熱狂させながら、アジアツアーを始めた。
ファンの要請で行われた今回の公演は、今年2月以来約7ヶ月ぶりに香港で行われた。

この日、Apinkは「FIVE」「fairy」「EYES」「Always」「Mr.Chu」「NoNoNo」「MYMY」などで、多彩なステージを披露した。

香港でアジアツアー「Pink UP」を始めたApinkは10月8日に台湾、11月4日にバンコクでツアーを続けていく。
ApinkとMONSTA Xが第2回「2017 Asia Artist Awards」に合流し、さらに豪華なラインナップを完成させた。

韓国国内初の俳優、女優、歌手の授賞式「2017 Asia Artist Awards」(以下「AAA」) に、親しまれる魅力のあるApink、パワフルな魅力のMONSTA Xが出撃を予告し、世界中のファンの期待が高まっている。

Apinkは、今年でデビュー6周年を迎えた韓国を代表するガールズグループで、元祖清純ドルの底力を見せている。
「NoNoNo」「Mr.Chu」「LUV」「Rememeber」「FIVE」など、いつもラブリーな魅力で愛されており、シンガポール、上海、日本などアジアを超え、北米ツアーまで成功的に開催し、グローバルアイドルとして定着している。

ApinkとMONSTA Xはそれぞれ相反する魅力を見せながら、華やかでパワフルな舞台を披露するものと期待を高めている。

全世界を網羅するアジアのスターたちが集まる「AAA」は、韓国やアジアを輝かせた歌手20組と俳優、女優20人が参加して7千人あまりの観客と会うフェスティバルとなる予定だ。
アジア圏の韓国、日本、中国、台湾、香港、シンガポール、インドネシア、ベトナムと南米のアルゼンチン、北米のメキシコを含めた米州地域、欧州圏まで、世界中の韓流ファンを対象にしたビックデータを基に公正に授賞が行われる。
東国大学を卒業した芸能人たちが一堂に会する。

東国大は19日午後2時、東国大ソウルキャンパス本館のロタスホールで「東国愛111キャンペーン」1000講座突破記念、芸能人同門寄付約定式及び広報大使委嘱式を開催する。

「東国愛111キャンペーン」は、東国大が今年開校111周年を迎えて世界100位圏大学に跳躍するために始めた少額募金運動で、一人が一月一万ウォン(約1000円)ずつ学校発展のため寄付しようという意味が盛り込まれている。

この日の行事には、東国大演劇映画学科の同門会長イ・ギョンギュ(1979年度入学)をはじめ、キム・イングォン(1996年度入学)、チェ・ジョンアン(1997年度入学)、カン・ソラ(2008年度入学)、Apink ソン・ナウン(2014年度入学)が出席する。
それぞれ1000番目、1001番目、1002番目、1003番目、1004番目の後援者として寄付に参加すると同時に、「東国愛111キャンペーン」の広報大使に任命される。

今回の行事に参加する芸能人たちは、1万人動員の目標を達成するまで「東国愛111キャンペーン」の広報大使として活動する。
Apinkのユン・ボミが、俳優イ・グァンスはお酒を飲むとテレビ電話を掛けると暴露した。

15日、韓国で放送されたSBS「ランニングマン」では「積もってパス」編が放送された。

ゲストとして、ユン・ボミとシン・ソンロクが出演した。
ユン・ボミは以前番組に出演した当時、イ・グァンスとラブラインを見せた。

しかしユン・ボミが、共演した後「よく、日本からプレゼントを買って来てあげると言ってくれた」と話し、イ・グァンスを困惑させた。
また「お酒を飲んだら、テレビ電話をかけ続ける」と暴露し、皆を驚かせた。

イ・グァンスは「何言ってるの?」と困惑したが、他のメンバーは「またアプローチしたのか」「病気だから理解してほしい」と冗談を言った。

イ・グァンスは「親しい後輩だと思ったので、僕の携帯で僕が電話をかけた!」と堂々と話し、笑いを誘った。
しかし、イ・グァンスは「ユン・ボミがこんなに早く再出演するとは思わなかった」と静かに話し、皆を爆笑させた。
Apinkのソン・ナウンが再び脅迫を受けた。東国大学校のイベント会場に爆発物を仕掛けたという脅迫があり、警察が出動したという。

19日午後2時、ソウル奨忠洞の東国大学ソウルキャンパス本館ロータスホールでは「東国愛111キャンペーン」1000講座突破記念、芸能人同門寄付約定式及び広報大使委嘱式が行われる予定だったが、イベントは20分遅延した。
イベントに先立ち、脅迫犯が警察に爆発物を仕掛けたと通告してきたためだ。
警察が直ちに現場に駆けつけ、東国大学側も積極的に協力した。

東国大学広報室の関係者は「2時に予定されていたイベントだが、直前に警察署から連絡を受けて警察が会場の捜索を終えた。20分ほど後にイベントが始まり、現在は問題なくすべて終わった状況だ」と伝えた。

以前、ソン・ナウンが所属するグループApinkはカムバック前に殺害予告の電話を受けたことがあり、より一層衝撃を与えた。
これに対し、ソン・ナウン側の関係者は「常習的に脅迫罪を犯した犯人については、インターポールに赤色手配を要請した状態だ。司法協力を要請した。現在、身元は特定している」と明かした。
Apinkのキム・ナムジュが「Apinkの全員の活動を待ってほしい」とNAVERのライブ映像配信アプリ「V」で述べた。

キム・ナムジュは19日午後の放送で「今、ドラマ『悪童探偵s』の仲間と一緒に済州島にバケーションで来た」と済州島の風景を見せた。
そして「昨夏『悪童探偵s』を撮影し、早くも1000万回の視聴回数に達し、秋にバケーションに来れるとは思ってもいなかった」と述べた。

キム・ナムジュは、ドラマ「悪童探偵s」でオク・ジンギョン役を熱演した。
「悪童探偵s」は視聴回数1000万回を達成し、ウェブドラマ初の褒賞休暇をもらった。

Apink全員の活動に関して尋ねるとキム・ナムジュは「私だけでなく他のメンバーも一生懸命準備している。ファンのみなさまに1日でも早くお目にかかるため努力しているので、もうちょっとだけ待ってほしい」と述べた。
韓国ガールズグループApinkメンバーのチョロンが、爆発物を仕掛けたと脅迫され、警察が現場に出動する騒動があった。

チョロン側の関係者は20日、「チョロンが20日、富川国際アニメーションフェスティバルの広報大使としてイベントに出席した。ところが警察側に爆発物を設置したという脅迫電話があり、現在、警察が現場に出動している状態だ」と明らかにした。
続けて「他に伝達されていることはないが、今まで脅迫していた人物と同一人物だと推定している」と説明した。

19日には東国大学「東国サラン(愛)111キャンペーン」の広報大使委嘱式に出席したApinkメンバーのナウンが爆発物を仕掛けたという脅迫を受け、警察が出動する騒動が起きた。
幸いにも事故にならなかったが、度重なる脅迫によってApinkは困惑している状況だ。

所属事務所によると、脅迫犯は海外居住者で国際刑事警察機構(インターポール)に検挙を要請しているという。
第19回富川国際アニメーションフェスティバル(以下、BIAF 2017)側が、Apinnkの爆発物テロ防止のため開会式場所を変えた。

「BIAF2017」の開幕式会場に爆発物が設置されたと通報があり、警察が捜査をした。
午後6時に予定していた開幕式は場所を移して7時に行われた。

「BIAF2017」事務局は、建物が通行規制されるとすぐにフランス大使などを含めた主なゲストはカナベストタウン招待ホールに場所を移し、富川市及び富川警察署から出動した安全点検団員が爆発物の捜査に突入した。
開幕式とレセプションが予定通り行われたが、開幕作「The Big Bad Fox and Other Tales」の上映は取り消された。

爆発物設置を通報した人物はまだ把握できていないが、「BIAF2017」が国内の映画祭のうちで初のアカデミー認証映画祭になるなど、国際的地位を高めていることに対して話題性を狙ったものと推測される。

開幕式ではユン・ガプヨン組織委員長が「19回を迎えるBIAFがこのような目に遭うなんて」とコメントした。
急な状況だったが予定通りに開幕式のステージに上がったウォルト・ディズニー・カンパニーのバーニー・マッティンソンとエリック・ゴールドバーグ監督も「おかしな人によって大変なことになったこの状況に、開幕を祝うという言葉がてきせつではないような気もするが、それすら一つにするのがアニメーションではないかと思う」と笑みを浮かべた。

広報大使Apinkチョロンは「幼い頃からディズニーアニメの映画が好きだったが、この場にディズニーの伝説の方が来ていらっしゃるなんて胸がいっぱいだ」と感想を述べた。
チョロンは、歌や作曲など音楽的な実力が優れているだけでなく、急な状況でも落ち着きを失わずにコメントを続け、オ・ジョンヨンアナウンサーを驚かせた。

富川市のキム・マンス市長からはマスコットプムの人形がチョロンに贈呈された。
開幕作上映と開幕式のYouTube生配信は取り消されたが、変更場所にて開幕式とレセプションが無事に行われた。
「BIAF2017」事務局のスタッフは緊急な状況にも落ち着いて賢く対処し、国際イベントを行うのにふさわしい姿を見せた。
アジアNO.1のアニメーション映画祭「BIAF2017」は、今月24日まで富川市庁、CGV富川、韓国マンガ博物館、メガボックスCOEXなどで開催される。
ガールズグループApinkのソン・ナウンがニューヨークを魅了した。

最近、米ニューヨークファッションウィークに参加し、韓国を代表するファッショニスタに浮上したソン・ナウンが、ニューヨークで撮影した素敵なグラビアの主人公に選ばれ、注目を浴びた。

ファッションマガジン「BAZZAR」と共に撮影した今回のグラビアはニューヨーク・ハドソン川と摩天楼が一目で見渡せるチェルシーのルーフトップで撮影された。
ソン・ナウンは挑発的なポーズと多彩な表情でファッショニスタらしいカリスマ性を見せている。

普段からも20〜30代の女性が選ぶ代表的なファッショニスタと言われてきたソン・ナウンは今回のグラビアでおしゃれで洗練されたアウタースタイルを提案した。
韓国で11月24日から放送が始まる「アンタッチャブル」がいよいよベールを脱いだ。
チン・グ、キム・ソンギュン、コ・ジュニ、Apink チョン・ウンジのアンタッチャブルな存在感が盛り込まれた最初の予告映像が公開された。

JTBC新金土ドラマ「アンタッチャブル」は、人生のすべてだった妻を亡くし、家族の醜い権力に立ち向かう次男チャン・ジュンソ(チン・グ)と、生きるために悪になった長男チャン・ギソ(キム・ソンギュン)の、兄弟のすれ違う選択を描いたウェルメイドアクション追跡劇だ。
力のあるタッチで演出力が認められたチョ・ナムグク監督と、密度高い筆力を見せ付けたチェ・ジンウォン脚本家の出会いという点で、熱い関心を集めている期待作だ。

この中で「アンタッチャブル」の最初の予告映像が、公式ホームページならびにインターネットポータルサイトを通して、2つのバージョンで公開された。
チン・グ、キム・ソンギュン、コ・ジュニ(ク・ジャギョン役)、チョン・ウンジ(ソ・イラ役)の圧倒的な存在感が画面を掌握する。

チン・グとキム・ソンギュン中心の兄弟バージョン、コ・ジュニとチョン・ウンジ中心のガールクラッシュ(女性が女性に対して憧れの感情を抱くこと)バージョンは、それぞれ4人の俳優の強烈な眼差しで視線を捉える。
まず兄弟バージョンでは、傷だらけで嗚咽するチン・グが強いインパクトを与える。
同時に、何を考えているか分からないキム・ソンギュンの冷たい眼差しが、チン・グの姿と対比され脳裏に焼き付けられる。
そのため、ドラマで兄弟関係であるチン・グとキム・ソンギュンに何が起きたのか、関心を集める。
これと共にガールクラッシュバージョンでは、コ・ジュニの節制されたカリスマと検事に変身したチョン・ウンジの鋭い眼差しが緊張感を高め、4人の男女を巡る欲望と暗闘に対する関心を高めている。

「アンタッチャブル」は人生のすべてである妻を失い、家族の醜い権力に立ち向かう次男チャン・ジュンソと、生きるために悪になった長男チャン・ギソ、兄弟のすれ違う選択を描いたウェルメイドアクション追跡劇だ。
「ザ・パッケージ」の後番組として韓国で11月24日夜11時から放送される。
Apinkのユン・ボミがチョン・ソミンとイ・ミンギの結婚式で1人3役を務め、大きな活躍を見せた。

韓国で放送されたtvN月火ドラマ「この人生は初めなので」第5、6話では、いよいよユン・ジホ(チョン・ソミン)とナム・セヒ(イ・ミンギ)の結婚式が行われ、話題を集めた。
結婚式の時間は、値段が安い月曜日の夕方で、司会はセヒの職場のCEOであるマ・サング(パク・ビョンウン)が務め、写真の担当は同僚社員ユン・ボミ(ユン・ボミ)が務め、合理的な結婚式となった。

特にユン・ボミは同僚であるセヒのために、1日フォトグラファーに変身し、結婚式の風景を細かく撮影したり、団体写真撮影でもその能力を発揮した。
完璧な結婚写真を残すための、彼女のパワフルな情熱が状況をさらに面白くしたのだ。

出席者が特に少ない新郎新婦の友達を見たボミは、サングとウォンソク(キム・ミンソク)を指しながら「そこにいる代表と厚底靴を履いた方、新婦の方に移ってください」と得意のストレートな発言をし、再びスジ(イ・ソム)とウォンソクの位置を変えるなど、撮影を迅速に仕切り、笑いを誘った。
それだけでなく、ボミは新郎新婦の入場直前、控え室で号泣するジホを見てセヒに素早く駆けつけ、メッセンジャーの役割をし、セヒを式場に送り出した後も走り回りながら「新婦の化粧も直さなきゃ! ティッシュはどこ?!」と忙しく動き回った。

このように結婚式で写真撮影を位置調整、メッセンジャー、新婦の世話まで完璧にこなした彼女は、ドラマでもビタミンのような役割をしっかりと果たし、視聴者から愛されている。
カメラに触りながら、プロのような雰囲気を醸し出しながらも、アイコンタクトで明るい笑顔とピースサインをしているユン・ボミは「実際の撮影現場の雰囲気も、ずっと明るくてスタッフの皆さん一人一人が気を配ってくれてありがたく、楽しく撮影している」と感想を明かしたりもした。

ユン・ボミの愉快な活躍が繰り広げられているtvN新月火ドラマ「この人生は初めなので」は、韓国で毎週月・火曜日の夜9時30分に放送される。
Apinkのキム・ナムジュが、今度は演劇に挑戦する。

キム・ナムジュは、11月25日に開幕する劇団プレーボックス・シアターの演劇「ロミオとジュリエット」で主人公ジュリエット役を演じ、舞台にあがる。

演劇「ロミオとジュリエット」は、シェイクスピアの有名な同名原作「ロミオとジュリエット」を現代的に再解釈した作品だ。
アクロバティックと舞踊が複合的に組み合わせられたフィジカルドラマ形式の融合・複合公演で、自由に愛し、夢を育むべき若者たちが、どのように既成世代の問題によって傷つき犠牲になったかを語り、和解とコミュニケーション、変化の価値について描く。

ジュリエット役にはキム・ナムジュの他に女優ムン・ガヨンが、ロミオ役には俳優イ・へウとクォン・バンヒョクがそれぞれキャスティングされた。

これまでキム・ナムジュは着実に女優としての立地を固めてきた。
2015年ウェブドラマ「捜査官アリス」で演技を始めたキム・ナムジュは、ドラマのキャラクターを完璧に演じ、大きく愛されシーズン2まで出演する活躍を見せた。
その後、「悪童探偵s」を通して再び主演の座についたキム・ナムジュは、多彩な表情と自然な演技を披露した。

ガールズグループの活動を越え、演技でも大きな活躍を見せたキム・ナムジュが演劇舞台に登場し、女優キム・ナムジュとしてその才能を再び証明できるか、期待が集まっている。

「ロミオとジュリエット」は11月25日から12月3日まで、ソウル大学路芸術劇場の大劇場で上演される。
Apinkのソン・ナウンが、「世界でもっとも美しい別れ」に特別出演する。

Apinkの所属事務所Plan Aエンターテインメントは、公式報道資料を通じて「ソン・ナウンが21年ぶりのリメイクが決まって大きな話題となっているtvN新金土ドラマ『世界でもっとも美しい別れ』に特別出演する」と明かした。

ソン・ナウンは「世界でもっとも美しい別れ」で世間知らずの息子ジョンス(SHINee ミンホ)の恋人役として演技を披露する予定だ。
「世界でもっとも美しい別れ」にはソン・ナウンの他にウォン・ミギョン、キム・ヨンオクがそれぞれ嫁役と姑役にキャスティングされた。
女優チェ・ジウ、SHINeeのミンホも合流した。

2011年にApinkとしてデビューしたソン・ナウンは、「大風水」「限りない愛」「2度目の二十歳」「シンデレラと4人の騎士」などに出演し、活動の場を広げてきた。
最近では映画「女哭声」への出演も確定した。

「世界でもっとも美しい別れ」は家族のために一生を犠牲にした中年の女性がある日、末期がんの診断を受けて家族との別れを準備する内容を描くドラマだ。
「ピョン・ヒョクの愛」の後番組として韓国で放送される。
JTBC新金土ドラマ「アンタッチャブル」のチン・グ、キム・ソンギュン、コ・ジュニ、Apinkのチョン・ウンジのキャラクターポスターが公開された。

「アンタッチャブル」は、人生のすべてだった妻を亡くし、家族の醜い権力に立ち向かう次男チャン・ジュンソ(チン・グ)と、生きるために悪になった長男チャン・ギソ(キム・ソンギュン)の、兄弟のすれ違う選択を描いたウェルメイドアクション追跡劇だ。

「アンタッチャブル」側は2日、キャラクターたちの感情を感じることが出来るポスターを公開した。
特に鏡のフレームを利用した独特な形式を使い、現実の外面と隠された内面の衝突を表現している。

チャン氏一家の次男チャン・ジュンソ役のチン・グは憤怒に包まれた姿で、強烈に正面を凝視している。
「亡くなった妻の本心と事件の真実を最後まで追いかける」というコメントがチン・グの残酷な運命を暗示し、緊張感を高める。

続いてチャン氏一家の長男チャン・ギソ役のキム・ソンギュンは「弱くなることが出来なかったため、悪くならなければならなかった」というコメントで、生きるために悪役を選択するしかなかった彼の人生を表している。

チャン氏一家の嫁ク・ジャギョン役のコ・ジュニは、天下を制する一家の嫁らしい華やかなアクセサリーとスタイリッシュな姿が目をひく。
片手に鏡を持ち、鏡に映る自分自身を見つめるコ・ジュニの眼差しからは、内面に隠された憎悪と敵意が強く潜在しており、見る者の緊張感を高める。

最後にApinkのチョン・ウンジはブラックスーツに身を包んだ姿で、新人検事ソ・イラを演じる。
「夢見てきた権力が信じられない現実となってしまった」というコピーのように、彼女の眼差しからは混乱さが感じられる。
特に両側の鏡に分けて写し出されたチョン・ウンジの姿は、権力に立ち向かう夢と現実の間で葛藤するソ・イラの姿をありのままに表現している。

このように公開されたポスターがキャラクターの複雑な感情を表現する中で、彼らの間で繰り広げられる権力の渦の中で暗闘と真実がドラマを通してどのように繰り広げられるのか、成り行きが注目される。

「アンタッチャブル」は、「恋するパッケージツアー」の後番組として韓国で24日夜11時に初放送される。
Apinkがアジアツアー「Pink UP」の最後の日程であるバンコク公演を成功的に終え、すべてのアジアツアーの日程を終了した。

Apinkは4日午後、タイのバンコクにあるMUANG THATI GMM LIVE HOUSEでコンサートを開催し、現地のファンと濃い時間を過ごした。

今回のバンコク公演はApinkのアジアツアー「Pink UP」のフィナーレを飾る公演で、Apinkは香港、台湾に続きタイまで数多くの現地のファンたちを呼び集めた。
2015年のファンミーティング以降、約2年3ヶ月ぶりにバンコクで単独公演を開催したApinkは、タイのファンのためにタイ語で挨拶をし、嬉しさを表現した。

Apinkは6月に発表した6thミニアルバムのタイトル曲「FIVE」のステージを皮切りに、「チクチク」「Boom Pow Love」等の曲で現場の雰囲気を熱く盛り上げた。
続いてタイで初めて披露する「Fairy」と「Eyes」のステージを初めとし、「Always」「MY MY」「Mr. Chu」「LUV」等のヒット曲を次々と歌い、ファンの爆発的な歓声を受けた。

特にこの日、Apinkは現地のファンと接し、思い出を重ねる特別な時間も持った。
「Apinkに願う点」というテーマでタイのファンが直接与えたミッションを遂行するコーナーを設けたApinkは、特有の愉快さとポジティブなイメージで、ファンと楽しい時間を過ごした。

公演を終了し、Apinkは「前回のアジアツアーの時にはタイに来れなくて残念だったけど、今回は開催できてとても嬉しかったです」と話し、「ファンの皆さんのおかげで今年、アジアツアーを無事に終えることができました。ありがとうございます」と伝えた。

一方、Apinkは現在ドラマやバラエティ、映画などを通して、グループのみならずソロ活動も活発に続けている。
日本オリジナル楽曲で初のバラード曲となるシングル「Orion」をリリースしたばかりの韓国のガールズグループApinkのリリースイベント「Apink festival!」の会場詳細が発表された。

今回のイベントは、イベント参加・予備券3枚で確実に「Apink メッセージカード手渡し会」への参加か、「イベント参加・予備券」1枚でApink初の写真撮影会などの豪華商品が抽選で当たる「Apink THE CHALLENGE!」への挑戦か、参加するファンが自由に選べるイベントとして行なわれる予定だ。

一方、Apinkの日本ファンクラブPANDA JAPANは「Apinkとのファンクラブ運営の契約満了にともない、当ファンクラブは、2018年1月をもって解散させていただくことになりました」と解散を発表し、ファンクラブ及びファンクラブサイトの運営を2018年1月をもって終了することを知らせた。

韓国の所属事務所Plan A Entertainmentは日本ファンクラブ解散と関連して、「Apinkの日本ファンクラブが2018年1月に解散されることは間違いない。日本の所属事務所とも契約満了となる予定だ」とし、「現在、日本活動について多角的に議論中だ」とマスコミに伝えた。

PANDA JAPANの解散は、Apinkと日本所属事務所の専属契約が満了したことを意味するため、Apinkの今後の日本活動に懸念が広がる。
「アンタッチャブル」に出演するApink チョン・ウンジのキャラクターカットが公開された。
出世のために意欲満々な検事に完璧に変身したチョン・ウンジの姿が期待を倍増させる。

JTBC新金土ドラマ「アンタッチャブル」は、人生のすべてである妻を失い、家族の醜い権力に立ち向かう次男チャン・ジュンソ(チン・グ)と、生きるために悪者になった長男チャン・ギソ(キム・ソンギュン)、兄弟のすれ違う選択を描いたウェルメイドアクション追跡劇だ。
大胆な演出力で認められているチョ・ナムグク監督と、密度高い筆力を誇るチェ・ジンウォン脚本家の出会いとして熱い関心を受けている期待作だ。

チョン・ウンジは、チャン家との縁が始まった新米検事ソ・イラ役を務める。
ソ・イラは夢見ていた権力が信じがたい現実となってしまった人物であり、出世のためなら権力集団との妥協もある程度受け入れる新米検事だ。
しかし、チャン・ジュンソと絡んでから自身が信じていた現実の醜い裏側を知り、正義の味方になる。
そんな中、検事に変身したチョン・ウンジの現場でのスチールカットが初公開され、関心を集めている。

公開されたスチールカットでチョン・ウンジは、出世欲に満ちている新米検事ソ・イラに完璧に変身している。
チョン・ウンジの裏にかかっている法服と積み重なった書類、深夜まで仕事に集中している姿が、検事としての忙しい生活を伺わせている。
同時に、どこかを鋭い目で見つめる姿から検事としてのカリスマ性も感じられる。

他にチョン・ウンジが名刺を配る場面も公開され、関心を集めた。
高級官僚に見える中年男性に名刺を渡したチョン・ウンジは、両手を合わせて丁寧に挨拶し作り笑顔でアピールしているが、その手慣れた様子で彼女が追従の達人であることが分かる。
他の写真では、サングラスをかけたファッショナブルな姿で運転をしている。
華やかなライフスタイルを誇るチョン・ウンジの姿から出世志向の検事ソ・イラのキャラクターをそのまま感じることができ、今後チョン・ウンジが見せる検事役の演技への期待を高めた。

チョン・ウンジは「これまで生活感溢れる演技はたくさんしてきたが、検事役は初めてだ。検事役が出ている映像をたくさん見て、それを踏まえてキャラクターの研究に励んだ」とし「ソ・イラは私と似ているところが多い。求めるものがあればそれのために積極的に動く女性だ。熱心に演技に臨んだので、楽しみにしてほしい」と話し、期待を倍増させた。

「アンタッチャブル」は「恋するパッケージツアー」の後番組として、韓国で11月24日に第1話が放送される。
Apinkのチョン・ウンジが出演するドラマ「アンタッチャブル」の制作発表会が爆発物の通報で混乱した。

21日午後2時、JTBC新金土ドラマ「アンタッチャブル」の制作発表会が行われると知らされていた。
しかし、同日の制作発表会が開催されるホテルに爆発物を設置したとの脅迫電話がかかってきたため、警察が出動し、制作発表会の周辺の捜索を始めた。
イベント会場に出入りする人に対しては徹底的に身分確認を行った。

制作発表会は中止されず決行されたが、現場は一時混乱をきたした。

チョン・ウンジが所属しているApinkは、カムバックショーケース、テレビ出演など参加するイベントの度に爆発物を設置したとの脅迫に苦しめられている。
「2年ぶりのドラマ復帰だ。以前よりもっと慎重に作品を選択した」

Apinkのチョン・ウンジは21日、ソウル市江南区インペリアルパレスホテルで開かれたJTBC金土ドラマ「アンタッチャブル」制作発表会でこのように話した。

「アンタッチャブル」は、人生のすべてである妻を失い、家族の醜い権力に立ち向かう次男チャン・ジュンソ(チン・グ)と、生きるために悪者になった長男チャン・ギソ(キム・ソンギュン)、兄弟のすれ違う選択を描いたウェルメイドアクション追跡劇だ。

チョン・ウンジは、ドラマの中で出世のためなら権力集団との妥協もいとわない新任検事ソ・イラ役を演じる。
彼女は「2年ぶりにドラマに復帰した。そのため以前よりもっと慎重になった」と話し、「台本を見てからやってみたいと強く思った。今まで一度もやってみたことのない役柄だ。新しい姿をお見せできる良いキャラクターだと思った」と話し、作品を選択するようになった理由を明かした。

また、チョン・ウンジは初めて演じることになった検事の役について「どうやって準備したらいいのか最初は怖かった。今まで演技をしながら、実際の自分とキャラクターの接点を探そうと努力してきた。今回のソ・イラ役は能動的なキャラクターだ。新たな面をお見せできそうだという自信が若干ある」と率直に話した。
チョン・ウンジは「最近はインターネットが便利で、法廷ドラマや映画、YouTube等を参考にして検事のキャラクターを研究した」と付け加えた。

この日、制作発表会が開催されるホテルに爆発物を設置したとの脅迫電話がかかってきたため、警察が出動した。
チョン・ウンジは「本日、危険な状況にもかかわらず来て頂き、感謝している。ずっと気が休まらなかった。この言葉をいつ言えばいいか悩んでいた。警察関係者の方々にも本当に感謝している」と心境を語った。

チン・グ、キム・ソンギュン、コ・ジュニ、チョン・ウンジを初めとして、パク・グンヒョン、チェ・ジョンウォン、イェ・スジョン、シン・ジョングン、ソン・ジョンハク、パク・ウォンサン、チン・ギョン等、演技派俳優達が総出動する「アンタッチャブル」は24日11時に初放送される。
Apinkの日本で3作目となるアルバムのリリースが決定、あわせて新ビジュアルも公開した。

S.tiger作曲による新たな一歩を歩み始める決心を描いた切ないダンスチューン「Bye Bye」、テレビ東京系列6局ネット「リルリルフェアリル 〜魔法の鍵〜」主題歌「ぱぴぷぺPON!」、アナタの背中を押すキュートでダンサブルなナツウタ「もっとGO!GO!」、初めての恋を甘くも切なく描いた夏のミディアムナンバー「I'm in Love」、そして、大切な人との出会いと別れ、そして今でも変わらない想いを描いたApink日本オリジナル楽曲初のバラード曲「Orion」を含む全12曲を収録。

なお、完全生産限定盤Aには、メンバー別のラバーキーホルダーや豪華28Pブックレットといった豪華特典が付属、初回生産限定盤Bの特典DVDには、夏の来日公演「Apink 3rd Japan TOUR ~3years~ at Pacifico Yokohama」からいち早く「Mr.Chu」、「FIVE」、「もっとGO!GO!」を先行収録。
初回生産限定盤Cは、メンバー別ジャケット&ピクチャーレーベル仕様の全6種となる。

そして、11月22日から始まるプレミアム試写会、リリースイベント会場で、本アルバムの予約が開始されることが決定。
アルバム1枚の予約に対して「イベント参加・予備券」3枚が交換されることとなり、リリースイベントにも参加できる。
Apinkのユン・ボミが彼女と別れたキム・ミンソクを慰めた。

21日に韓国で放送されたtvN「この人生は初めてなので」で、ユン・ボミ(ユン・ボミ)はシム・ウォンソク(キム・ミンソク)が彼女と別れたことに気づいた。

シム・ウォンソクは会社でキーボードが壊れそうになるほど叩いたり、ぼーっとしていた。
これにユン・ボミは「彼女と別れることってよくあることだよ。データを全部消すつもり?」と聞いた。

シム・ウォンソクは「どうして分かった」と驚き、ユン・ボミは「顔に全部書かれてる」と答えた。

ユン・ボミは「恋愛を1度や2度しかしたことないわけじゃないはずだし」と慰めたが、シム・ウォンソクは「僕は1度だけだったけど」と話した。
Apinkのパク・チョロンがディズニーの巨匠エリック・ゴールドバーグ監督から特別なプレゼントをもらった。

所属事務所であるPLAN Aエンターテインメントは22日、ウォルト・ディズニーのアニメーターであるエリック・ゴールドバーグが直接描いた絵を持っているパク・チョロンの写真を公開した。

公開された写真の中でパク・チョロンはポカホンタスが描かれた額縁を持って明るい笑顔を見せている。
この絵には「TO CHORONG!」と書かれている。

写真の中のポカホンタスの絵は、ディズニーのアニメーターで世界的なキャラクターデザイナーのエリック・ゴールドバーグがパク・チョロンにプレゼントしたもので、2人は「第19回富川国際アニメーションフェスティバル」(以下「BIAF2017」)で出会った。

「BIAF2017」に出席し、マスタークラスプログラムに参加したエリック・ゴールドバーグが広報大使のパク・チョロンに特別なプレゼントをあげたもの。
特に今回のエリック・ゴールドバーグ監督のプレゼントは最近のCGとは異なり、直接手で描いたものでさらに意味がある。

1990年、ディズニーに入社し、現在28年目のアニメーターであるエリック・ゴールドバーグはアカデミー賞にて2部門受賞した「ポカホンタス」「ファンタジア2000」の演出と「アラジン」「プリンセスと魔法のキス」「プーさんの冒険」「モアナと伝説の海」などのキャラクターデザイナーとアニメーション・スーパーバイザーを務め、生きる伝説と呼ばれている。
Apinkの再契約秘話が「ジャングルの法則」を通して公開された。

韓国で放送されたSBS「ジャングルの法則」では、Apinkのパク・チョロンとユン・ボミの生存記が公開された。

この日パク・チョロンとユン・ボミは、お互いに頼れる存在になると言って友情を見せつけた。
ここには互いへの信頼があった。

特にユン・ボミはApinkの再契約にパク・チョロンが大きな役割をしたとし、「再契約は、正直メンバーの人生がかかった問題じゃないか。慎重に相談していたときチョロンが『私のことを信じて』と話してくれた」と打ち明けた。
「その言葉に再契約を決心した」というのがユン・ボミの説明だ。

これを受け、パク・チョロンはメンバーの力が大きかったと謙遜して話した。
Apinkのユン・ボミとキム・ナムジュが日本での近況を公開した。

Apinkのキム・ナムジュはInstagramに日本語で「今まで本当にありがとうございました。本当に感動しました。私たちといつも一緒に活動してくださった皆さんに、私の愛の心が伝わってほしいと思います。私たちはこれからも家族ですよ。また会いましょう」とコメントし、日本のファンに感謝の挨拶を伝えた。

ユン・ボミと色違いのマフラーで爽やかなビジュアルをアピールし、日本語で「ありがとうございます」という映像まで投稿した。

これを見た多くのファンは「日本まで来てくれてありがとう」「また会いましょう、日本語にも感謝します」「ずっとファンとして応援します」など、熱い反応を見せた。
Apinkのキム・ナムジュが演劇「ロミオとジュリエット」で観客を魅了した。

キム・ナムジュはソウル大学路芸術劇場大劇場で演劇「ロミオとジュリエット」でデビュー以来、初めて演劇舞台に立った。

演劇「ロミオとジュリエット」はシェイクスピアの有名な同名の原作を現代的に再解釈した作品だ。
ダイナミックなアクロバティックはもちろん、繊細な心理を身体で表現し、これまでの演劇とは違う姿を披露する。

キム・ナムジュは、運命によって繰り広げられる悲劇的な現実の中でも最後まで愛を諦めない主演ジュリエット役を務める。

これまでドラマを通じて着実に演技力をつけてきたキム・ナムジュは、多彩で深い感情演技で没入感を高めた。
特に、ロミオとジュリエットのラブシーンでは、感情を身体でさまざまな形で表現し、現代舞踊を見ているような美しさで観客を魅了した。

舞台を終えたキム・ナムジュは「感情の深みがすごい作品であるため、舞台上でどのように表現すれば観客にちゃんと伝わるかたくさん考えて勉強しました。良い作品を披露したい気持ちが大きかっただけに、発声やすべての行動一つ一つに気を使いながら一生懸命に習いました。たくさんの方々に応援していただいたおかげで、初めての後援を無事終えることができました」と感想を語った。

また「一緒に苦労しているスタッフの方々に心より感謝申し上げます。残った公演まで最善を尽くしてちゃんと終えることができるようにします」とし、感謝の気持ちと共に、残りの公演に対する意気込みを表した。

ログインすると、残り352件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

好き好きK−POP♪ 更新情報

好き好きK−POP♪のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。