ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > アート > 言葉の見る夢 worqream  > トピック一覧 > 喫茶去 impressione...

言葉の見る夢 worqream コミュの喫茶去 impressiones impresoj 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

 
「まあ、お茶を召し上がれ」

非常に魅力的なトピックを多く含んでいるこのコミュですが、感想や意見、質問などを述べたくても、そのような場所が用意されていませんでした。

そこで、気軽に雑談ベースで話のできる場をここに作らせていただければと思います。

タイトルは禅語から取りました。
「まあ、お茶を召し上がれ」というほどの意味です。

【趙州録】
師問新到、曾到此間麼。曰、曾到。師曰、喫茶去。
又問僧。僧曰、不曾到。師曰、喫茶去。
後院主問曰、爲甚麼曾到也云喫茶去、不曾到也云喫茶去。
師召院主。主応諾。師曰、喫茶去。

♪ https://youtube.com/results?q=tea+for+two

コメント(101)

広辞苑 第六版をもっています。存在感なくひっそりと置いてあります。(っω<`。)
二字熟語、ありそうでなかなか見つからないんですよね。漢字から想像できてしまうものが多くて。出会えたら投稿したいと思います。
同じく広辞苑、僕は第三版を中古で手に入れました。(´∀`)
『二字熟語の世界』向けには字典?がいいかもしれませんよ。
ortensiaさん、warMart*さん、ありがとうございます。

やっぱり広辞苑は人気が高いですよね。
ただ、言葉の成り立ちにこだわるあまり、意味が古い順に載っている(と聞いている)ので、少し使いづらいのかな、と思っています。

字典のこと、ありがとうございます。
そういえば、昔「大字典」という漢字字典を持っていたことを思い出しました。

今調べてみると、「新大字典」というものが刊行されていたみたいで、中古で1000円くらいで入手できそうです。

国語辞典も欲しいですが、字典も購入を検討してみます。
【七五調】

[102] ortensiaさんの
「戯れに」
ですが、この週末、別のコミュにて私が短歌の最初の五文字として考えていたものなんです。
ユングの言う、「シンクロニシティ」でしょうか。

続きとして考えていた「君のTシャツ」で続けさせていただきました。

結局その続きがうまく整わず、私は断念してしまいましたが、どのように完成(感性)するのか楽しみです。 うれしい顔
>>[65] えー、そうなんですか…それは偶然の一致ですね!ひとつ、ひとつことばを置き世界が広がっていく感覚が好きです。続きが楽しみですね。
【勘ぐり連想リレー】

warMart*さんへ。

「バックパッカー」 → 「モーセ」 に対し、「バベルの塔」、は、どういう勘ぐりだったのでしょうか。
ずっと気になって仕方ないです。 あせあせ
バックパッカーまでは、“言葉が通じない”がキーワードの1つだったと思ってたんです。
ところがモーセとあったので、たぶん“さすらい人”だなと思って。
でも“言葉が通じない”を知らせたいと思って、モーセが聖書の人物・物語だから、それに絡ませながら、再び“言葉が通じない”につなぎなおしたんです。 :-)
>>[68]

なるほど、そうだったんですね。
「知らせたいので戻した」という発想が全くありませんでした。

そういうつなぎ方もできるんですね。おもしろい!
【七五調】

戯れに君のTシャツ裏返し
  自由を奪って攫われる心


「裏返し」たのはどのような状態だったのでしょうか
君が着ている状態で? 脱ぎ捨ててある状態で?
いろいろ解釈できそうですが、私は「君が着ているTシャツを裏返す」と読みたいです。

「自由を奪って」もいろいろ解釈できそうです。
Tシャツを裏返すことで自由を奪ったのか? Tシャツを裏返すことで自由を奪われたのか?
また、「自由を奪って」というセリフ、という解釈もあると思います。

私はセリフ説を採りたいですが、そうすると、誰セリフなんでしょうね。
「わたし」かもしれないし、「君」かもしれない。
私は「君」のセリフとしたいです。

最後の「攫われる心」は誰の心でしょうか。
「自由を奪って」が「君」のセリフなら、「心を攫われていく君が言っている」という解釈も成り立ちますが、そうすると「裏返し」という言葉のかかる先がなくなっていまいます。
裏返したのは「わたし」でいいと思うので、「攫われる心」は私の心としたいです。

私の解釈を採れば、
----------
ちょっとしたイタズラで、君が着ているTシャツを裏返してみた。
「自由を奪って……」と君が囁く。
その言葉に私の心は攫われる。
----------
という意味かな、と思います。

いろいろ解釈の余地はあると思いますが、この採り方でも十分おもしろくできた作品だと思いました。


先に書いたように、「戯れに君のTシャツ」までは私が別の場所で考えていたものです。
偶然 ortensia さんが「戯れに」で始めていただき、シンクロニシティを感じながら続けさせていただきました。

このような作品に仕上がって、何だか嬉しい気持ちがします。 ほっとした顔
『一秒の言葉』

敢えて漢字を使用せず、意味を広範囲にボヤかしたのですが、IKUNOさんがそれを拾ってくださったのかな。

思わずニヤリとしてしまいました。
きっと私の「いきましょう」をIKUNOさんなりに感じとって頂き、それとはまた別の意味を乗せて「いきましょう」と被せて頂いたと思いました。
それを私はまた想像して、きっと他にも目にした方が想像してくださると思うと、なんて面白いのでしょうねるんるん
違っているかもしれないけど楽しかったです。ありがとうぴかぴか(新しい)
【A&Q&A】
[241] *Maco*さん

月曜日の朝になりました。
「寂しい気持ち」でした。
>>[74]

IKUNOさん、ありがとうございます。
私も同じでした。
『寂しい気持ち』になりました。
>>[73]

この週末いろいろありまして、「これでいけるかも」という気分になっていました。
そこへ「いきましょう」と言っていただいたので私も「いきましょう」と。 うれしい顔

「いきましょう」、改めていい言葉だと思いました。
>>[76]

とても前向きに捉えて頂いたのですね(^^)
ふと、顔を上げた瞬間に同じ一歩を進めたみたいですね。
お互いに、さぁ「いきましょう」
【引用を楽しむ】
[360] サイベルさん

ジェイムズ・タレル、という方は初めて知りました。
この言葉はこの方の発言ということでしょうか。

光と空間を題材としたアーティストなんですね。
すごく興味を惹かれます。

世田谷美術館の常設展にも作品があるそうですね。
何度も行ったことがありますが、全く気づきませんでした。
次に行くときはぜひ気にしたいと思います。

ジェイムズ・タレル、覚えておきます。
ありがとうございました。
【A&Q&A】
[251] 蛹さん

「覗かれること」そのものには何の恐怖も感じない、というのは私も同様です。

なぜ「覗かれること」に恐怖が生まれるのか、というと、そこに「覗いているモノ」の存在があるからだ、と思っていました。
なぜその「モノ」は覗いているのか。 それが分からないから怖い、という気持ちです。
日本的な「怖さ」って、そういうところなのかな、と感じていました。

蛹さんは「覗かれること」に対して「覗き返すこと」が発生し(そこでようやく同時に「覗かれること」も発生する)、「覗き返すこと=覗くこと」から、「覗くこと」ということが内包している「暗い興味」「罪悪感」が怖い、ってことなんですね。
とても面白い感じ方だと思いました。

蛹さんは明示的に使われていない言葉ですが、「暗い興味」というのはちょっと興味深いです。
>>[78]

コメントありがとうございます。

このアーティストの言葉は一切、知らないのです。
ただ、みました。
ただ、そこにいました。
それだけです。

それがすべてでした。
今もそれがすべてです。

「おれたちは、口先だけを使って話しあうのだと思うかね?いったい、ことばってものが、どのくらいのことを語れるね?ことばは、日なたをぐるぐる飛んでまわる鳥のように、真(まこと)のまわりをまわるだけだ。飛ぶ鳥は、光をあびてる。だが、鳥たちは、その光から何百万マイルもはなれているんだ。おれたちは、相手のことばに耳をすます。しかし、おれたちが見つめるのは、相手の目だ」。

帰ってからベッドで読んだ童話の中の一文。

ことばとは。
>>[79]

私もこの質問が面白いと思いました。
「覗く」この一言がどれ程罪悪感を掻き立てることでしょう!
仰るとおり、覗くことで自分の暗闇を覗かねばならないのが一番怖いのです。そしてそれが一番止められない。

それにしても…
私の感覚的な拙い文章をそこまで解析して読み取って頂けたこと、さすがとしか申し上げられません( 〃▽〃)
自分の考えなのに、そういうことが言いたかったのかと新鮮に納得できました(笑)
>>[80]

とすると、あの「引用」は実はサイベルさんの「言葉」ということでしょうか。
それならそれで面白いです。 ほっとした顔

言葉、は道具だと思いますが、日本人ならでは(と言っちゃっていいのかな?)の道具愛のようなものを感じます。
道具そのものが目的化する、というような。

茶碗や刀を愛でるのに似た感じ、でしょうか。
>>[81]

覗く怖さ、ということで思っていたのは、犯罪(特に殺人や虐待)が行われたアパートの、カーテンを閉められた部屋を放送しているシーンです。

あれは、私にとってとても怖いです。

カーテンの中にあるモノ。(あったもの、ではなく、あるモノ)

それが罪悪感であり、暗い興味なのかな、と思いました。

やはり、覗くのであれば、その先は「暗い」ですよね。 うれしい顔
>>[82]

自分の言葉は自分の日々の息吹から生まれますが、さてどうやってそれらは来るのか。詳しく解明されていません。シナプスの複雑ないたずらでしょうか。それとも、魂の古い記憶と新しい経験とのぶつかりの間に生まれる火花なのか。


道具愛、というのにはっとしました。
最近テレビで、曜変天目茶碗を見て動けなくなりました。


あれは宇宙。作者にこめられた想い、愛でた人々の手と眼にこめられた想い、伝えられた人々の心に映る奇跡の銀河。
あの茶碗は言葉を持たなくても、周囲の人間たちは言葉を「想う」。感嘆の表現をせずにはいられなくて。そして言葉を「失う」。あのおもてを見、手におさめ。言葉。そして言葉以上の何か。
「こんなもんで茶飲んでいいのかよ」とか、
「あ、外の光が入ると変わる。外の光。ああ、今は午後なのか」とか。
そしてまっさらになって、居住まいを正し、体の中に茶を入れる。時間。語らい。窓の外の自然。自然をうつした茶室。静寂。呼吸。肉体。そして、掌の中で銀河を擁した茶碗。


そうして想ったり失ったり。
言葉は生きもの、まことそう思います。得体が知れず、とほうもなく美しい。
三つ、新しいトピックの提案をしたいと思います。
ご意見をいただけるとありがたいです。

一つ目。
【一行小説】(仮)

今日新聞で、「一行怪談」という本が紹介されていました。
句点は一つだけ使う(すなわち、一文で表現する)、という制限で怪談を作るという試みです。

これを広げて、句点を一つだけ使う、すなわち、一文だけの小説、というものが書けないだろうか、とう発想です。

「一行怪談」のサイトを見ると、意味のよく取れない、必ずしも成功しているとは思えない作品が多いようです。
しかし、ヘミングウェイが書いたという「最短の小説」
----------
赤ちゃんの靴、売ります。(未使用)
----------
のように、うまく表現することもできるかな、と思っています。

難しいとは思いますが、それだけおもしろいとも思っています。
いかがでしょうか。
二つ目。
【“I love you”を訳してください】(仮)

別のコミュニティで少し話題になった課題です。

夏目漱石が「月がきれいですね」と訳したのは有名な話ですが、あなたならどう訳すか。
それぞれに「love」の度合いが計れておもしろいんじゃないかと思います。
三つ目
【外国語にない日本語】(仮)

何がきっかけだったか覚えていませんが、少し前に「“木漏れ日”という言葉は外国語にはない」というのが話題になりました。

きっと、他にもいろいろ例があるんじゃないかと思います。
正確に調査して提示しろ、というのでは全然なくて、「こんな言葉は日本語にしかないんじゃないか」という感じのものを挙げてほしいな、と思います。

もちろん、「いやいや、それは外国語にもある」という突っ込みも大歓迎です。
>>[86]
これすごく面白そう!!!
一行小説、読みたいしやりたい!
あと、小説の書き出だし一行、っていうのもありましたよね。
「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」
みたいに、その本が読みたくなるような最初の書き出し。
でもやっぱり、IKUNOさんの出した一行小説、いいですね!




あと「I LOVE YOUを訳してください」
これもすごく興味あります!
I LOVE YOUだけじゃなく、別な言葉もあった方がコメント続くのかなぁって思いました。
う〜ん。
どれも素晴らしい。
興味深い。
特に、夏目漱石の言葉、知りませんでした。
誰かがその語りかけを話題にしてたことを思い出して、はっとしました。
>>[89]

ありがとうございます。

私の感覚だと
----------
国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。
----------
は立派な小説です。 ほっとした顔
(余談になりますが、川端康成の作品は掌編を集めたようなもので構成されていることが多かったらしく、全体として楽しむよりもこのように一文を楽しむ積み重ねなのかな、と思っています)


「I love you」については、「素晴らしい問いかけだ!」と思ったのですが、「こりゃ多分、すぐに回答がつくな」と思い、その時その場で浮かんだ言葉を投稿しました。
もっと時間があればもっといろいろ挙げられたかな、と少し心残りに思い、そういう場が欲しいな、と思って提案してみました。

【言葉とその翻訳】のようなものでもいいのですが、【二字熟語の世界】のときもそうだったように、お題を絞るのが私の好みなので……。 あせあせ
(お題を絞ると、集中していろんな感性が得られるイメージがします)
「いろんな言葉を挙げることができた方がいい」というご意見が多ければ、そちらでいいかと思います。
>>[91]
なるほど。I LOVE YOUとお題を絞ると確かに!
これ読んでIKUNOさんの案に変えます。
>>[90]

ありがとうございます。

原典まで辿れたわけではないのですが、漱石が英語教師をしていたとき、学生が「我そなたを愛す」と訳したところ、「日本人はそんなこと言わない。『月がきれいですね』とでも訳しておきなさい」と言ったそうです。
>>[93]

》》「日本人はそんな事言わない」
かぁ
すごくいいなぁ
感激ぴかぴか(新しい)しましたわ
教えて頂きありがとうございます。

最近はみんな変わっちゃったのかな?

京都に来られる観光客さんを見てて思いますね。
わびさび を 愛でられる日本人が少なくなった気がします。
昔はふつーに生活のの中に有ったものかと
身近なもの

なのに、特別なものとして
何にでも、理由をつけたがる。。。

1つの言葉をその方の感性で訳すというのは
奥深いですね。

言葉の奥の感情が見えそうです。
>>[94]

ありがとうございます。

たとえば竜安寺の石庭についても「○○を表している」のような解説がついたりしますが、そのままを感じられたらいいですよね。

“I love you”という言葉の意味は誰でも知っているけど、その気持ちを抱きながらいざ自分がそれを口にしたいときどう言うか。
「告白」とかではなく、日常の中の「I love you」をどう表現するのか、ということかな、と思っています。
【七五調】 [128]

待ちわびて
 滲む街路樹綴じ込めて
  細雨の夜を
   映す潦

クリスマスのイルミネーションも始まっている大通りで、道行く人はみな急ぎ足で通り過ぎていく。
寒い夜の雨の中、コートを着て傘をさし、待ち人を待ち続けている。
とっくに約束の時刻は過ぎたけど、連絡もない。

そんな情景でしょうか。

「綴じ込めて」という表現がユニークかつ難しいと思いましたが、街路樹を縫うように降る雨、と解釈し、糸のように細い雨を取り合わせてみました。

「潦」という言葉がうまく嵌っていると思います。
雨によってできた水たまり、という現象ではなく、「夜を映している潦」という表現が趣き深いと思いました。
三つの提案について、ご意見ありがとうございます。
できれば今夜作成しようと思っていたのですが、バタバタしてしまってて対応できませんでした。

次の週末には何かしら対応したいので、それまでご意見いただけるとありがたいです。
どうぞよろしくお願いします。
>>[96]
いつも、素敵なぴかぴか(新しい)句に仕上がって
楽しませて頂いてますm(__)m
はい、「閉じ込めて」ではなく
「綴じ込めて」にした意図を汲んで頂き感激でした。
以前ご提案していた三つのトピックを作成しました。

■ 木漏れ日のような
  日本語にしかない言葉を紹介してください。
■ 「I love you」を言ってみて
  あなたの言葉で「I love you」を翻訳してください。
■ 一行小説
  小説を書いてみましょう。ただし、使える句点は一つだけ。

どうぞよろしくお願いします。
【引用を楽しむ】でwarMart*さんが紹介されていましたが、みなさんはNHKドラマ「この声を君に」をご覧になっていましたでしょうか。

朗読を通して主人公が変わっていく、というストーリーですが、ストーリーそのものよりも、朗読のすばらしさに感動しました。

特に第五話、主人公が女性講師の部屋で本を読むシーンには鳥肌が立ちました。
本当に素晴らしい世界でした。

再放送があるかどうかわかりませんが、もしご興味があればぜひご覧ください。

ちなみに、私は録画で第六話まで観ました。
ドラマ自体は金曜日に終わりましたが、ゆっくり録画で楽しみます。ほっとした顔
>>[100]

こんばんは。
観てたんですね。
そう来なくっちゃ。

ログインすると、残り64件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

言葉の見る夢 worqream  更新情報

言葉の見る夢 worqream のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済