ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > アート > RepRap > トピック一覧 >  [2]エレクトロニクス

RepRapコミュの [2]エレクトロニクス

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

RepRapの電装系にはArduino Mega+RAMPSの他にGeneration x Electronics、Sanguinololuなどがあり、遂に国産のMomoinololu Rev.1.0も仲間入り。これらのハードウェアと、そのファームウェア(マイコン用の埋め込みソフト)がメイン・テーマのスレッドです。

[1]エレクトロニクスの続きです。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=5576921&id=63878074

(写真: http://reprap.org/wiki/RAMPS1.4)

コメント(14)

Arduino MEGAのフットプリントとほぼ同じで、32ビット・マイコン(LPC1768 100Mhz)を搭載するRE-ARMというボードがキックスターターに登場しています。既存のRAMPS 1.4を生かしてSmoothieにアップグレードできるというのが謳い文句です。

https://www.kickstarter.com/projects/1245051645/re-arm-for-ramps-simple-32-bit-upgrade

ファンドを募っているのは panucatt.com の中の人(royco)で、SmoothieコンパチブルなAzteeg X5シリーズをリリースして来ているので、『良質な』RAMPS 1.4と組み合わせる限り、その動作は保証されると思います。ちなみに、5V動作のMOS-FETを3.3V動作のマイコンで駆動するためにレベル・シフターを備えているとのこと。

※USBレセプタクルはプロトタイプのB型からミニBへ変更になる由。

UltiBotsのデルタ機による動画
https://www.youtube.com/watch?v=CK4G1rZ4vq4
描き初めしましたー! と、いってもオリジナルは dc42(David Crocker) の Mini Differential IR height sensing board で、同じ基板サイズ、同じ取り付け穴と位置です。現物を元にしたリバース・エンジニアリングにより、ほぼ同じ部品配置になっています。

https://miscsolutions.wordpress.com/mini-height-sensor-board/

※ファームウェアと回路図はCC-BY-NC 4.0と いう非商業向けライセンスで公開されていて、クローンをつくることについてdc42から許諾を得ています。

のんびりやってたら一カ月かかってしまいましたー!あせあせ

https://youtu.be/l5p0bD9UkL8
>>[4]
良いプローブですね。
応差はどれくらいかな?
>>[5]

作者のdc42は、デルタ機で平均±1μステップ、12.5umの繰り返し精度だと述べています。

http://forums.reprap.org/read.php?94,519697,527160#msg-527160

オリジナルはE3D BigBoxに採用されていて、現状ではZプローブとして最高の性能という評価がついています。が、UKから1〜2点購入しようとすると、とても高いものにつくため、非商用目的で国内でのみ少量頒布するという条件で許諾を得ています。もし興味があれば、個人メッセージをくださいね。
ガラスベッドで使えるか気になる。以前、近接センサ試したときは中心と外周で距離が変わって結局ボツにしたんよね。。
>>[7]

ガラスのトップ・プレートで使えます!その場合、下のヒーテッド・ベッドの表面は暗色であることが条件で、赤色や紫色のレジストなら問題ありません。

なお、現在のテスト参加者は4名、参加費は1口¥2,000です。(うち¥1,000は作者dc42へのドネーション。)

https://youtu.be/il9bNWn66BY

TomのZプローブ用各種センサーの比較動画。出力プレートによっても条件が変わります。センサーを選ぶ際の参考になるでしょうか。(プロセス/リファレンスのスレッドがふさわしいのですが、流れでこちらへ‥)
>>[8]

ベッドの歪み計測してしまわない?
>>[10]

IRセンサーの作者dc42は、透明なフィルムやガラスをトッププレートとして使って良い結果を得るには、裏側や下地を(スプレー塗料などによって)黒色にするように勧めています。こうするとフィルムやガラスを透過したLEDの赤外光が吸収されて上に反射しないため、より正しい距離が測れるというわけです。

最近はアルミ基板のヒーテッドベッドがありますが、もしアルミの光沢面をそのまま上に向けて透明なガラスを重ねた場合、赤外光はガラスの表面とアルミ基板の両方から反射されることになるので、距離を正しく測ることができません。
危険・警告MKS RobinというSTM32マイコン搭載の制御ボードについてのご注意

http://forums.reprap.org/read.php?13,716774

このボードについてのRepRap Forumでの評判は芳しくなく、クローズド・ソースであることからアップデート後の改善も見込めないということで、お勧めできません。対処に尽力しているとのMKS側(flyway97)の投稿がありますが、スレッドに目を通すと苦情の数が多い状況です。

また、搭載されているWiFiモジュールが日本の工事設計認証(技適)を取得していないため、国内ではWiFi機能の使用ができず、使用すれば違法ということになります。

https://www.aliexpress.com/store/product/MAKER-BASE-MKS-Robin-integrated-circuit-mainboard-Robin-controller-mother-board-with-TFT-display-closed-source/1047297_32757129463.html

LCD+接続ケーブルと本体基板にPololuクローンのモーター・ドライバー5pcsが付いてUS$53。バージョン違いをさらに安く出しているショップもありますが、この種の激安ボードには落とし穴があることに気を付けてください。現状ではエクストルーダーが1基しか動きません! 全く動かなかったりしても、誰も手助けできません!
最近、デルタ・ロボですがナニか?のスレッドで触れたServoluluについて、一通り調べてみたので記しておきます。

ServoluluとはPIC18F2331とA4953(DC8〜40V/2A、Max.6A)をPololu製モジュール・サイズの基板に載せたもので、エンコーダー付きのDCモーターを既存の制御ボードのDIR/STEP信号で駆動しようとするものです。

作者のLoboCNC(Jeffrey Kerr)は基板のデザインを公開しているものの、自らアセンブラーで書いたPIC-SERVO SC ( http://jrkerr.com/picsrvsc.pdf )の権利を他者に譲渡していて、そのままでは使えないという事情があり、解決策として機能を削ぎ落としたバージョンを新たにC言語で書き起こして公開することが検討されていました。

一方で、テストしたところServoluluが消費する電流のために制御ボードTeensyluの5Vレギュレーターが過熱したため、ムラタのスイッチング・レギュレーターと交換したとのことです。また、考えていたほどの需要も無さそうだということから、リリースは断念されました。

Servolulu: Polulu-compatible servo motor driver
http://forums.reprap.org/read.php?1,654278
>>[3] 〜で触れている、Mini Differential IR height sensing boardのクローンについて簡単にブログに記してみました。

Genie's Blog - IR近接センサー
http://etherpod.org/blog/?p=9010

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

RepRap 更新情報

RepRapのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。