ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 盆踊り > トピック一覧 > 2018年 アフターレポート♪...

盆踊りコミュの2018年 アフターレポート♪

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

2020東京五輪まであと2年!
なんとなくエンジンもかかってきたかな!? (笑)
今年も悔いなく踊り過ごしましょ〜う♪p(≧▽≦)/

例年通り事前情報と事後報告を分けたいと思います。
開催中、或いは終了した報告はこちらへご投稿下さい。


フォーマットは従来に従って、

*踊り場所名 または駅
*日・時
*曲目
*感想、その他

一言コメントや各種交流にも有意義にお使い下さいね♪ (*^.^*)


●事前情報は「 2018年!情報交換トピ!」へお願いします。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=55746&id=84985597

●緊急告知は「 【緊急!】変更/連絡事項 2018トピ!」へお願いします。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=85693526&comm_id=55746

コメント(102)

8/17、善徳寺です。

『善徳寺境内・盆踊り』

・日時:8月17日(金)〜18日(土)、18:00〜21:00
・場所:善徳寺
・最寄駅:都営三田線「本蓮沼」下車徒歩約15分or国際興業バス「赤羽郷」徒歩1分

【曲目】

 ☆東京音頭
 ☆炭坑節
 ☆八木節
 ♪桐ヶ丘音頭
 ♪北区音頭
 ♪きよしのズンドコ節 ※北区orここver.
 ♪津軽の花
 ♪オバQ音頭
 ♪ドラえもん音頭 ※間奏手拍子前進ではない方のフリ
 ♪ズンパ音頭 ※常に反時計方向へ前進
 ☆東京五輪音頭2020 ※ゆうゆう
 〇ゆかた音頭 ※団扇をめくりながら6回で回る部分は4回で回る
 〇相馬盆唄
 〇花笠音頭 ※赤坂日枝神社などとは異なるフリ
 〇1円玉の旅がらす
 〇好きになった人 ※踊りの輪全員で手つなぎ
 〇ひろしのさくら音頭

 前半から後半出だしにかけては☆と♪が2回ずつ、その後は〇1回ずつの後☆1回ずつで〆。


初参加の会場。
8/15の靖国神社(参拝や盆踊りではない)→十思公園の後一日休んで考え、港区内外情報の「お竹如来奉賛会」というタイトルに釣られてみました。
到着してビックリしたのは、会場となる広い境内に、櫓など踊りの輪の中心になるものが何も無く、太鼓は本堂の出入り口に配置されていたということです。
(似たような雰囲気は昨年の小村井香取神社がそうだったが、こちらは太鼓が配置されていたし、一見目印が無いように見える中野サンプラザ前は、コーンに若干装飾が施された紐が張られていた)
しかし、この太鼓の配置は意外と効果的で、本堂内部で反響した太鼓の音はまるで増幅されたかのように広い境内にまんべんなく響き渡っている感じでした。
初めは揃いの浴衣の地元婦人団体10数名+自分含め数人でスタートした踊りの輪は、時間とともに地元の人々など観衆から次々と加わり更に都内の主要会場でおなじみの顔ぶれも若干加わって広い境内でもあまり切れ目のない輪となり揃いの浴衣の大半が内側に新たな輪を形成、一時縮まるもすぐに回復、久しぶりに日本全国猛暑日が無かった涼しい気候のおかげで入れ替わりもあまり目立たず、最終的には二重で内側の輪もかなり大きいものでした。
こちらは本日も予定されています。
8/18、祖師谷団地です。

『祖師谷団地夏まつり』

・日時:8月18日(土)、19:00〜21:00
・場所:公社・祖師谷住宅中央公園
・最寄駅:小田急小田原線「祖師ヶ谷大蔵」下車徒歩約10分

【曲目】

 ♪炭坑節
 ♪東京音頭
 ♪チャンチキおけさ ※世田谷版
 ♪花の日本総踊り
 ♪相馬盆唄
 ♪祖師谷音頭
 ♪鹿児島おはら節 ※中野サンプラザ前とは異なるフリ、こちらの方が東京音頭の面影が濃い
 ♪大東京音頭
 ♪新世田谷音頭
 ♪ドラえもん音頭 ※世田谷版、「間奏手拍子のみ」ではない方のフリ
 ♪ウルトラマン音頭
 ♪ダンシングヒーロー ※2017
 ♪バハマママ ※炭坑節


初参加の会場、2年程前から参加しようとしたものの、悪天候やネット上の開催日の情報が情報源によって異なるという状態だった為参加出来ず、今年ようやく参加。
多くの会場で「平成最後」というアナウンスが聞かれるが、今もなお昭和のたたずまいが残る団地に囲まれた公園での盆踊り。
かなり広い公園の中心に太鼓専用の櫓を建て、踊り手はそれを囲んで踊るもので、屋台は公園周辺路上にあるので屋台のみ目当ての人たちが踊りの輪にかからないよう配慮されており、踊りの輪に入る子供たちは踊(ろうとす)る子の方が多くただ駆け抜けるというのはわずかでした。
団地という場所柄か、周辺住民の集まりは非常に良く、踊りの輪は地元婦人団体を中心にその地元の人々が大勢集まってくるので開始直後及び太鼓の演奏を挟んだ休憩後でもすぐに二重くらいになり最終的にはかなり大きな三重くらいに膨れ、こちらでも今年追加されたダンシングヒーローでは大いに盛り上がりましたが、夜になると秋の気配すら感じられる涼しい気候のおかげでせっかく出来た大きな輪があからさまに崩れるという残念な事態は発生せず、夏祭りらしい雰囲気を保ったまま進行していきました。
8/19、根津神社です。

『根津弥生音頭会 盆おどり』

・日時:8月18日(土)〜19日(火)、19:00〜21:00
・場所:根津神社
・最寄駅:東京メトロ千代田線「千駄木」or「根津」、都営バス上58系統「根津神社入口」

曲目は、写真一枚目の通り。
 チャンチキおけさ:回る部分で回らない以外は中央区などと同じ
 ドラえもん音頭:ソラマチなどと同じ、ヒゲバージョン
 福よ来い:ところどころ作り変えられたフリでチョチョンガチョンが追加されている
 (板橋区の講習会の時、「一般的な盆踊り曲と違って出だし以外手拍子が無いことに注意」という話があったが、こちらでは手拍子無しではやりにくいとでも思ったのだろうか?)

根津音頭を知ってから毎回参加している会場、目当てはもちろん根津音頭。
境内には櫓と太鼓と町会のテントと提灯以外には盆踊り関係のモノは一切無く、またこういう会場にありがちな「子供たちへのお菓子配布」のような客寄せイベントも一切無い(休憩時のアイス配布のみ)にもかかわらず大勢の人が集まり、踊りの輪は最大三重くらいまで膨れ、観賞のみの人も踊りの輪の周囲にまんべんなく集まり大盛況という例年通りの展開でした。
8/23、芳林公園です。

『外神田文化体育会 65周年記念納涼大会』

・日時:8月23日(木)〜24日(金)、19:00〜20:30
・場所:芳林公園
・最寄駅:JR線・東京メトロ日比谷線「秋葉原」、東京メトロ銀座線「末広町」

【曲目】

 ☆大東京音頭
 ☆東京音頭
 ♪千代田おどり
 ♪東京五輪音頭2020 ※ゆうゆう
 ♪ドンパン節
 ♪ゆかた音頭
 ♪花笠音頭
 ♪水戸黄門おどり
 ♪オバQ音頭
 ♪新二十一世紀音頭
 ☆ダンシングヒーロー ※2017
 ♪ニッポンワッショイ
 ♪憧れのハワイ航路
 ☆銭形平次
 ♪恋するフォーチュンクッキー ※正調=公式PVと同じ
 ♪炭坑節

 ほぼこの順序で恋チュンまで☆2回ずつと♪1回ずつの後、オバQ・炭坑節・大東京音頭で〆


昨年も参加した会場だが、曲目が大きく変化。
ダブル台風の接近に伴い心配された天候は崩れることなく昨年同様、帰宅の時間帯と人通りの多い電気街の近くという条件が重なって、開始前から地元町会の模擬店の盛況ぶりがしきりにアナウンスされるほど大勢の人が詰めかけ、またその人の多さに会場から主に模擬店の行列に対し踊りの輪に近づきすぎないよう注意喚起される中開始、たちまち三重の輪となりました。
前半の曲目から、半ば赤坂日枝神社の復習と錯覚したような気分の中、踊りの輪の密度は徐々に濃くなり四重になっている部分もありましたが、やはりダンシングヒーローで盛り上がった後、残念という程ではないものの踊りの輪から人がポロポロと抜けて輪の密度が薄くなり、私自身も汗だくになりながら「今日こんなに暑かったっけ?」・・・7月下旬のダブル高気圧による暑さにやられて抵抗力がついたのかはたまた麻痺したのか・・・。
と、冗談はそのくらいにして、抜けた人は徐々に戻り終了までには踊りの輪の密度はほぼ回復していました。
今年から新たに追加された銭形平次と恋チュンがご当地音頭とアナウンスされ、一瞬、
「あーあ、ご当地音頭にしちまいやんの」
と思ったが、AKB48はここが発祥の地なんだから、その真っ只中にある公園の盆踊りで今まで彼らの楽曲が使用されなかった方が不思議なくらいなんですよね、恋チュン発表前に「次のAKB48の新曲は盆踊り曲?」とまで言われていた程だし。
こちらは本日も予定されています。
8/24、あらかわ遊園です。

『西尾久十町会連合会 納涼おどり』

・日時:8月24日(金)〜26日(日)、18:30〜21:00
・場所:あらかわ遊園運動場
・最寄駅:都電荒川線「荒川遊園地前」

【曲目】

 ♪オバQ音頭
 ♪炭坑節
 ♪相馬盆唄 ※大正大学など、巣鴨方面と同じ
 ♪東京音頭
 ♪ねぶた祭り
 ♪八木節
 ♪大東京音頭
 ♪荒川音頭 ※両腕クロスの後、広げつつ時計回りに一回転する「真・荒川音頭」
 ♪東京五輪音頭2020 ※ゆうゆう

 2020追加のためか尾久長寿音頭はカット、各曲ほぼ二回ずつかけられました。


2015年以降、毎年参加している会場。
どこへ行くか少々迷ったが、今年荒川音頭はまだ踊っていなかったのでこちらへ。
しかし、ここ2年はYシャツに作業ズボンで仕事帰り直行でしたが、甚平と違い通気性に劣る為汗だくになったりへばったりで最後まで完走出来てないので、開始時間に多少遅れても一度帰って和装に着替えてからにしました(今年平日はそれで19時までに各方面どこまで行けるか模索中)。
その為開始時間には遅れたが、到着時太鼓と踊り手兼用の櫓の周囲には地元婦人団体の揃いの浴衣を中心に一重半くらいの輪が出来、時間を追うごとに二重〜三重近くまで膨れましたが、数曲ごとに櫓で踊る団体が交代するので、その流れの切れ目で人の入れ替わりが発生し、とても広い運動場にレジャーシートを敷いて観賞する家族連れなどの人々も非常に多い中、平均二重くらいの大きな輪で進行していきました。
台風通過後というのもあって涼しい風が吹きつけ時折砂ぼこりに悩まされるほどではありましたが、おかげでへばることなく無事完走出来ました。
こちらは26日までです。
8/25、北与野駅前です。

『第45回、さいたまの盆おどり』

・日時:8月23日(木)〜25日(土)、18:30〜21:00
 最終日はセレモニーと抽選会の為、21:30終了でした
・場所:JR北与野駅南側イベント広場(東口ロータリー)
・最寄駅:JR埼京線「北与野」

【曲目】

 ♪きよしのズンドコ節 ※ここ独自のフリ?
 ♪東京音頭
 ♪与野ふるさと音頭
 ♪炭坑節
 ♪ドラえもん音頭 ※埼玉版?子供向けにしては珍しく殆ど通常の盆踊りで使われるフリの組み合わせ
 ♪相馬盆唄
 ♪新二十一世紀音頭 ※ここ独自のフリ?
 ♪花笠音頭
 ♪秩父音頭
 ♪河内音頭
 ☆東京五輪音頭2020 ※ゆうゆう
 ☆バハマママ ※墨田区と同じ
 ☆ダンシングヒーロー ※2017

 ☆は開始前や休憩時のBGMとしてかけられたが、自分含め一部の参加者はそれぞれ※のフリで踊り出し、終盤に近付くにつれその数も増加。
 また、ハーフタイムのよさこいでは、東京五輪音頭2020は「参加出来る人はご一緒に」とアナウンスされたので参加(フリがオリジナルだったので多少面食らったが)


初参加の会場。
本当は7/28に八潮に行くつもりだったが台風の為断念、一応首都圏一都三県達成。
開始前のBGMで既に数人踊り出していたので自分も参加、太鼓櫓がかなり広めの(大太鼓2基にスタンバイ含め叩き手の大人が4〜5人載っていた)舞台兼用の櫓を囲む輪は開始早々から広々とした二重の輪、前述の通り休憩時もBGMとして曲がかかり踊る人も多かったので再開後も輪が保たれ、概ね二重半〜三重強といったところでした。
また、子供も大勢輪に加わり、突っ切る子もいたにはいたが殆どは踊りに参加し、盆踊り的な意味では前途有望でしょう。
両腕で「よの」と大きく描くフリが特徴の与野ふるさと音頭、昨年さいたまスーパーアリーナで踊って以来印象に残っており、五輪音頭2020の出だしを見た時には、「ああ、あれだな」と思ったものでした。
8/26、駒込です。

『第38回、駒込二丁目親和会盆踊り大会』

・日時:8月24日(金)〜26日(日)、18:30〜21:00
 最終日は20:30終了でした
・場所:染井吉野桜記念公園
・最寄駅:JR山手・東京メトロ南北線「駒込」

【曲目】

 ♪東京音頭
 ♪八木節
 ♪さわやか音頭
 ♪平成音頭 ※北島三郎
 ♪炭坑節
 〇駒込音頭
 ♪日の本音頭
 ♪花の盆踊り
 ♪ニッポン総踊り ※花のにっぽん総踊りとは異なる曲、歌詞の一部に♪にっぽん●●(何かのかけ声)総踊り
 〇恋するフォーチュンクッキー ※盆踊り用のフリ
 〇アンパンマン音頭 ※都内一般のものとは異なるフリ、子供タイムのみ
 ♪大東京音頭
 〇郡上踊り「かわさき」
 ♪きよしのドドンパ

 各曲♪2回ずつ、〇1回ずつかけられました。


初参加の会場。
公園の広さから考えるとやや大きいのではと思えるサイズの兼用櫓で、舞台には地元婦人団体の揃いの浴衣が2曲くらいごとに交代で踊る手はずだったようなんですが、序盤4曲×2回くらいは交代がかからず続けられ、その為暑さで全員降りてしまい、その後数分間は櫓に上がる人が誰一人いないという一幕も。
確かに当日の暑さは半端なく、公園の空いたスペースは観客でほぼ埋まり踊りの輪も開始早々から二重弱くらいでしたが、三重くらいいくかと思ったら曲の変わり目になるとポロポロと抜けて穴だらけになり曲がかかると回復する繰り返しで、基本踊らないのはもったいないと考える自分も給水で何度も抜けたが、やはりW高気圧の日々を思えば時折吹いてくるわずかな風も涼しく感じるだけまだマシなようで、へばりそうになりながらもどうにか終了まで続けられました。
8/30、京華スクエアです。

『京橋七の部連合町会、納涼大会』

・日時:8月30日(木)〜31日(金)、18:30〜21:00
 会場到着は19:15頃
・場所:京華スクエア
・最寄駅:JR京葉線・東京メトロ日比谷線「八丁堀」

【曲目】

 ♪八木節
 ♪2000年音頭
 ♪きよしのかぞえ唄
 ♪ホームラン音頭
 ♪バハマママ ※炭坑節
 ♪斎太郎節
 ♪大江戸八丁堀音頭
 ♪これがお江戸の盆ダンス
 ♪燃えろ日本の夏祭り
 ♪優子の平成音頭
 ♪ゆかた音頭
 ♪つばき音頭
 ♪八木節(宇崎竜童)
 ♪バサラ
 ♪東京音頭
 ♪大江戸東京音頭
 ♪チャンチキおけさ
 ♪宇宙太鼓
 ♪東京五輪音頭2020 ※キビキビ
 ♪お江戸チョイチョイ節

 ※いつからだか覚えていないし今まで言い忘れていましたが、このところ曲目の並び順は開始前の音出しを含め会場で最初に耳に入った順です


初参加の会場。
元々小学校だった建物を改修して複合施設として使用している建物の中庭となっている部分を利用している会場。
Googleマップ見ただけでかかる時間を確認せずに東京駅から歩いてしまった上、会場そばまで来て太鼓と音楽は聞こえているのに会場が発見出来ず迷いかけて少々遅参してしまいました(四方を完全に囲まれパッと見ただけでは外部から見えない、いわゆる中庭での盆踊り会場は初なもので・・・)。
到着した時には既に5〜6重の輪が出来ていましたが、中庭というある意味閉鎖された空間にも関わらず、元々校庭だったゆえにそれなりの広さがあるおかげで両手を広げたら頻繁に隣りとぶつかってしまうほど窮屈ではなく、気を付けないとかすめる程度でした。
また、会場の特殊性から「空気の抜けが悪いから暑い」という声も耳にしましたが、さすがにW高気圧の頃ほどの暑さには届かないのと、何台も配置された工業用の大型の扇風機が効果あったのか、踊りの輪は部分的にあちこち離合集散しつつも8重くらいまで増え、自分もそんなに汗だくになることもへばることもなく終了までたどり着きました。
こちらは本日も予定されています。
8/31、荒木公園です。

『荒木町青年会 恒例荒木町盆踊り』

・日時:8月31日(金)〜9月1日(土)、18:30〜21:30
 会場到着は19:00頃
・場所:荒木公園
・最寄駅:東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」

【曲目】

 ♪炭坑節
 ♪松の木小唄
 ♪荒木町小唄
 ♪おこさ節
 ♪チャンチキおけさ
 ♪東北音頭
 ♪河内おとこ節
 ♪花火音頭
 ♪秋田さくら音頭
 ♪常磐炭坑節
 ♪オバQ音頭 ※ここ独自のフリ?
 ♪花笠音頭
 ♪北海盆唄
 ♪八木節
 ♪ドンパン節
 ♪大東京音頭
 ♪ズンパ音頭
 ♪きよしのズンドコ節 ※青葉公園と同じ
 ♪ダンシングヒーロー ※2017
 ♪いもがらぼくと
 ♪東京五輪音頭2020 ※ゆうゆう

 ※これも言い忘れていましたが、到着が開始時間に間に合ってない場合、曲目の一部に抜けがあると思います<m(_ _)m>


初参加の会場。
Googleマップに従って歩いたら2ヶ所ほど裏通りの、人がやっとすれ違える程度の細道(昭和時代を思わせる呑み屋のような小さな店が多数並んでいる)を抜け辿り着いた会場はそんなに広くない公園で、既に三重の輪でびっしり、町会のテントや模擬店といった盆踊り関連全てそこに詰め込まれているという状況なので模擬店や観賞のみが目当ての人も殆ど踊りの輪の周りに集まらざるを得ず、どうにか輪に加わったが赤坂日枝同様両手をひらく部分はバンザイ気味にしないと隣りとぶつかるといった具合で、輪は最大四重になったがここではこれが限界といった感じでした。
途中抽選会の為30分程度の休憩を挟んだ後は、ダンシングヒーローと八木節の頻度が増え、さすがにダンシングヒーロー2回連続の後は踊りの輪の密度は薄くなりはしましたが、昼間暑くても夜になればそれなりに気温が下がる状況もあってか三重くらいの輪は保たれつつ徐々に回復しながら大盛況のうちに終了しました。
こちらは本日も予定されています。
9/2、白山上向丘商店街です。

『第55回愛のチャリティー2018白山まつり 盆おどり』

・日時:9月1日(土)〜2日(日)、18:45〜21:00
・場所:白山上向丘商店街 歩行者天国(路上)
・最寄駅:都営三田線「白山」

【曲目】

 写真一枚目の通り

  ゆかた音頭は、時計回りに進む部分は反時計回りに進む
  河内おとこ節は、ここ独自のフリで、都内の他のフリに比べ手数が多く難しい
  東京五輪音頭2020は、ゆうゆうver.(昨年は、ここ独自の簡略ver.)

  各曲1回ずつ、2周目とラストの炭坑節は、フリはそのままで曲のみ「心の空」に変えられた。


2014年以降、毎年参加している会場。
歩行者天国として封鎖した通りに5人くらいが乗れる踊り手用の櫓と両端に太鼓を配置(太鼓と太鼓の間は約50m)、それを囲んで開始早々から二重弱の輪が出来、例年と同じく大勢の観衆に見守られながら踊り手は徐々に増え一時は三重くらいまで増えたが、やはりここでしか聴けない「東京鳴子おどり」「ことわざブギ」、手数の多い「河内おとこ節」、更に東京音頭が「大江戸東京音頭」に変わった影響か、難易度の高い曲で抜けや入れ替わりが頻繁に生じたものの、月が替わってから涼しくなったおかげか平均二重くらいを保った状態のまま終了まで推移していきました。
おわら風の盆旅行記(誤字修正しました。)


東京から新幹線にのって0泊2日で富山市のおわら風の盆を踊れるかを確認した体験記です。

<踊り会場までの行き方、踊り方>
東京駅8時12分発金沢行かがやきに乗車。
この新幹線に乗らなければならない理由は、富山駅午前中発のJR高山線の越中八尾行の電車に乗り継ぎをしたいからです。風の盆の期間中、JR富山駅午後発のJR高山線の乗車には整理券が必要です。整理券は電車の出発時刻のだいたい1時間前に富山駅の改札外で配布されて、乗車25分前にJR高山線の改札口に並ぶことになります。ちなにみ、上記かがやき号は富山駅10時27分着でJR高山線10時32分発に乗り継ぎできます。ただし、ゆっくりと乗り換えはできません。
今回は、何とJR高山線が運休、夕方まで復旧しないハプニングに合いました。そのような時は、駅前のバスターミナル6番線の富山地方鉄道バスに乗車し、約30分〜40分で八尾の地鉄バス営業所に到着します。乗車料金740円。バスは常時満員状態ですので、時刻表を予め調べておくと便利です。午後には15分おきに八尾営業所行のバスがでますが、これらのバスでは曳山会館で行われる14時スタート約2時間の『踊り方教室』のスタート時間に間に合わなくなります。地鉄バス営業所到着後、JR越中八尾駅まで徒歩10分程度の徒歩で移動します。

JR越中八尾駅に到着したら、不定期に発車する曳山会館行の臨時バスに乗車します。駅から曳山会館までは徒歩50分とパンフレットに記載があります。50分の上り坂道歩きはつらいと思いますので、このバスの乗車も必須です。乗車料金200円。

曳山会館に到着すると再入場可能な入場券500円を買って14時からの『踊り教室』の開始を待ちます。14時前になると館内放送で踊り教室の案内が始まりますので会館内にあるホールの座席に着席して『踊り教室』に参加します。教えていただくのは『豊年踊り』の平踊り、宙返り(上の句)、稲刈り(下の句)。上の句、下の句は事前に調べておくと理解が早いと思います。踊り教室は30分単位の3部制。最初は平踊り、2回目は宙返り、稲刈りを教えてくれます。3回目は参加しませんでしたので内容がわかりません。なお、曳山会館の入場券は、是非、購入することをお勧めします。雨宿り、トイレ、お土産、屋台での食事のためにたびたび会館を利用することになります。ロッカーを含めた荷物の預かり、休憩所はありません。なお、1500円の舞台鑑賞券つき入場券を購入すると17時より、1時間ごとにはじまる踊り公演20分を1回だけ鑑賞することができます。人気のある町会の公演券はすぐに売り切れてしまいます。

夜22時〜23時30分の間は曳山会館前で上新町町会の輪踊りが始まり、だれでも参加できます。『踊り方教室』で教えていただいた実力を発揮する場です。

深夜0時を過ぎると、風の盆とは関係なく11町会の判断で深夜の踊り(街流し、輪踊り)が始まります。11町会の地方と踊り子、踊り子OBOGが街にでて踊ります。輪踊りですので『豊年踊り』で一緒に踊ることができますが、観客も沢山いて踊りをみてもらえるように踊りますので、一緒に踊ってよいのか各町会の方とご相談の上、踊られることがマナーです。また、深夜の踊りは各町会の判断で行われますので行われない日もあるようです。時間も町会の判断で決まります。

帰りは、下り坂なので、JR越中八尾駅まで徒歩で帰ることができます。所要時間40ぐらいです。最終のJR富山駅行は0時51分ですが、券売機が1台しかないので早めに駅に到着する必要があります。0時台にJR富山駅行の電車が3本ありますので、早い時間の電車に乗る方がいますので最終電車に乗れない方はあまりにいないようです。越中八尾駅のホームではJR職員数十名が手を振って見送ってくれます。最終電車に乗り遅れた場合は、5時20分の始発電車を待ちます。始発電車は、長蛇の列ができるようです。お見送りのおわらを駅前で踊って頂けるようです。

<風の盆での観光客の位置づけ>
越中八尾は観光地ではありません。宿泊所、飲食店等観光客がお金を落としていく仕組みがありません。この地での観光客はおわらを愛して観に来てくれる人々です。これを逸脱する観光客は歓迎されない外者です。これを理解した上でこの地を訪れないと、日本文化の一つが失われることにつながりますので、地域への心遣いが必要な場所です。
9/7、小村井香取神社です。

『小村井香取神社祭礼 民謡踊り大会』

・日時:9月7日(金)、19:00〜21:00
・場所:小村井香取神社
・最寄駅:東武亀戸線「小村井」

【曲目】

 写真一枚目の通り

  東京スカイツリー音頭は、カヴァーとおぼしき音源
  東京五輪音頭2020は、ゆうゆうver.

  各曲1回ずつ1セット、10分程度の休憩を挟んで3セットでした。


昨年も参加した会場。
近代的な都市の中にある神社の典型のようなたたずまいの境内の中心に太鼓(大小2基ずつ)を配置し、踊り手はそれを囲んで踊るというもので、開始時刻から15分ほど経過したくらいに到着した時は、しっかり二重の輪が出来上がっていました。
昨年は雨の影響もあって「寒い」という声もありましたが今年は天候に恵まれ、しかし9月上旬らしくほどほどの気候のおかげで踊りの輪は多少密度が薄まることはあったものの大崩れすることなくほぼ二重を保ったまま無事終了まで進行していきました。
太鼓には疎い私ですが、ここの八木節の時の、太鼓に背を向けた状態で叩く姿がカッコイイので、八木節を踊る時だけは太鼓を観ながらでした。
9/8、その1です。

『戸越八幡神社、例大祭』
※全会場とも初参加です
 (桜新道以外の品川区自体が初参加)

・日時:9月8日(土)、18:00〜20:00
・場所:京陽公園(東京都品川区平塚2-12-3)
・最寄駅:東急池上線「戸越銀座」

【曲目】

 ♪東京音頭
 ♪炭坑節
 ♪品川音頭
 ♪品川甚句

 各曲2回ずつかけられました。
 他に開始前の音出しで戸越銀座音頭が頻繁にかかっていたが、4曲かかった後再び品川音頭、その時点で次の会場へ向かった為本番では確認出来ず

ここ数年、各情報サイトでこの方面の情報があって気になっており、いずれハシゴ(一ヶ所30分は滞在)をと考えていたので実行しました。

まず最初は、最寄り駅からほど近く開始時間が最も早い京陽公園。
普通に広い公園の時計を櫓で隠し、太鼓は横づけした山車に積まれたものをそのまま使用という、私は見たことも無いパターンでした。
踊り手はその櫓と山車を囲んで踊るんですが、公園内のやや離れた場所にある模擬店数件と観賞目当ての人で公園は賑わっていましたが踊りの輪は揃いの浴衣数人ずつと地元の人たちでようやく一重という状態で推移、上記4曲かかり終わったところでようやく二重目が出来はじめました。
18:36、次の会場へ。
9/8、その2です。

・日時:9月8日(土)、18:30〜19:30
・場所:平塚中央公園(東京都品川区平塚2-2-8)
・最寄駅:東急池上線「戸越銀座」

【曲目】

 ♪東京音頭
 ♪河内おとこ節 ※
 ♪炭坑節
 ♪品川音頭

 ※一回目は炭坑節のフリ、二回目以降は都内でおなじみのフリのうちの1つ

18:45に到着した時点では、ハーフタイムでハワイアンとおぼしき踊りの最中でしたが、程なくして盆踊り再開。
京陽公園に比べると狭く模擬店なども少ないからか一般の来場者はまばらでした。
広場に太鼓を積んだ山車を配置しそれを囲んで踊るが、踊りの輪は10数人くらいで、観衆も半分くらいは町会関係とおぼしき人たちでした。
ただ、踊りの輪の中に、都内でおなじみの主力メンバーの人が1人おり、二周目の河内おとこ節は都内でおなじみのフリのうちの一つ(私はあまり遭遇しない)のレクチャーとなり、それを2回ほどやったところで踊りの輪は散開し19:20、次の会場へ。
9/8、その3です。

・日時:9月8日(土)、18:30〜21:00
・場所:わくわく広場(東京都品川区荏原1-4-13)
・最寄駅:東急池上線「戸越銀座」

【曲目】

 ♪炭坑節
 ♪品川音頭
 ♪大東京音頭
 ♪河内おとこ節 ※炭坑節
 ♪お江戸チョイチョイ節
 ♪TOKYOスカイツリー音頭
 ♪東京音頭

19:31到着。
ひとつの地区レベルの祭礼における集合場所といった感じの広場に太鼓用の櫓を組み、それを囲んで踊るスタイル。
櫓と町会のテント以外は、神輿や山車の置き場や打ち上げなどの宴会用の座敷といった祭礼関係のスペースばかりでこの場所には一般の人々が大勢集まる模擬店などは一切無く、当然町会関係者以外の観衆はまばらで踊りの輪も集まるのは最大で10数人くらいで曲目によっては5人くらいになってしまうことも。
更に、自分以外は男性は一人もいないという状況だった為、いささか肩身が狭かったかも知れません。
20:08、次の会場へ。
9/8、その4です。

・日時:9月8日(土)、19:00〜21:00
・場所:中延一丁目神酒所前路上(東京都品川区中延1-4-16)
・最寄駅:東急池上線「荏原中延」

【曲目】

 ♪大東京音頭
 ♪品川音頭
 ♪品川甚句
 ♪東京音頭
 ♪炭坑節

20:30到着。
商店街の路上に太鼓用の櫓と大太鼓3基を路上に連ね、それを囲んで踊るもので、到着時には一重ながらキレイに踊りの輪が形成され、観衆も多く4ヶ所中ここがもっとも大盛況と言える雰囲気でした。
ただ、残念ながら予定時刻より早く20:49終了でした。

しかし、過去に何度かハシゴしたものの、「会場に到着したそばから終了」なんていう事態がたびたびあったので、今回はそれを避けるべく「当日の会場と開始終了予定時刻を地図にリストアップして道順を把握しておく」というおおよその計画を立てたおかげで、その事態だけは回避出来たので、まあよしとしましょう(画像二枚目、★が会場で赤線が実際に辿った道順)。
9/9、板橋駅前公園です。

『板橋一丁目町会 氷川神社例大祭 民謡おどり』

・日時:9月8日(土)〜9日(日)、18:30〜21:00
・場所:板橋駅前公園、バーリントン広場
・最寄駅:JR埼京線「板橋」

【曲目】

 写真一枚目右の通り

 ※きよしのズンドコ節:板橋ver.
  バハマママ:墨田区と同じフリだが、常に反時計方向へ前進
  スカイツリー音頭:TOKYOスカイツリー音頭の方
  前半この通りに一巡した後、炭坑節が追加
  
2013年以降毎年参加してきましたが、昨年は別の場所へ行ったので不参加でした。
しかし、どうやら不参加のバチが当たったようで、散々でした(今年は大丈夫だろうか、中野坂上・・・)。
話を戻して、相当昔に作られたと思われるがとても頑丈で大きな兼用櫓の前に太鼓3基を配し、踊り手はそれを囲んで踊るもので、開始直後は輪の周囲にロープが張られ子供たちの駆け込みを防いでいたが、開始2曲終わったところで神輿帰還の為30分ほど休憩となった時にいつの間にか撤去されてしまい、そのまま再開されやっぱり子供の突っ切りがたびたび発生していました。
多数ある模擬店のおかげで観衆は多く、踊りの輪は中盤までは二重くらいで推移、20時過ぎたあたりから他会場からも駆け付け最終的には三重の輪となりました。
9/12、北谷端公園です。

『谷端親交会 瀧野川八幡神社御祭礼音頭会』

・日時:9月12日(水)〜14日(金)、18:30〜21:00
・場所:北谷端公園
・最寄駅:JR埼京線「板橋」

【曲目】

 ♪大東京音頭
 ♪炭坑節
 ♪チャンチキおけさ ※中央区と同じ(昨年までは、手拍子が「チョチョンがチョン」のみ)
 ♪東京音頭
 ♪ゆかた音頭 ※一連の動作の最初の2つは、反時計方向へ進みながら、団扇(右手)をかざす時は体ごと輪の外へ、左手をかざす時は内へ向く
 ♪谷端さくら音頭
 ♪開運招福音頭
 ♪ふるさと北区
 ★ヤングマン ※谷原氷川神社と同じ
 ★アンパンマン音頭 ※子供タイム
 ♪八木節

 ★のみ一回ずつ、♪は殆ど二回ずつかけられました。
 
  
2015年以降毎年参加している会場。
こちらの初日は、ネットの各情報を漁った限りでは、赤坂日枝神社やあさがお祭り同様「その日はそこ以外の他会場はまず無い」というものですが、とても広い公園で模擬店や町会のテントをロープで仕切ってもなお充分な広さが確保出来るので、9月に入って週末以外殆ど盆踊りが無く飢え気味な人たちが大勢集まってもそんなに窮屈なことにはならない有難い会場です。
開始前の音出しの途中、地元婦人団体の人を先頭に踊り手・太鼓の順に練習が始まり会場のアナウンスで櫓に婦人団体の人が上って正式に始まり、都内主要会場の常連や地元の人たちが多数参加する踊りの輪は最大三重くらいでしたが、会場の広さのおかげで高密度にはならずまたロープで仕切られているおかげで子供の突っ切りも無く小さい子が入ってきてもそれは踊る為、踊りの輪の密度が薄くなってきたのも終了が近くなってきてからなので、全体的には盛況のうちに初日終了でした。
こちらは14日までです。
9/13、城山公園です。

『城山まつり 夜店・城山踊り』

・日時:9月13日(水)〜14日(金)、19:00〜21:00
・場所:城山公園
・最寄駅:JR線・東西線「中野」

【曲目】

 ○炭坑節
 ○秋田さくら音頭
 ○東京音頭
 ○八木節 ※ここ独自のフリ
 ○ダンシングヒーロー ※2017
 ♪大東京音頭
 ♪中野音頭
 ♪チャンチキおけさ
 ♪にっぽん花咲か音頭
 ♪河内おとこ節 ※ここ独自のフリ
 ♪平成音頭 ※北島三郎

 開始から20時までは子供タイムとして子供たちを櫓に上げ○を2回ずつ、それ以降は大人タイムとして地元婦人部が櫓に上がり♪が追加され、だいたい2回ずつかけられました。
 
  
2016年以降毎年参加している会場。
とても広い公園の中心に太鼓と踊り手兼用の櫓が建てられ、やや離れた場所にある町会の模擬店や踊りの観衆が大勢集まり、踊りの輪は早い段階で二重になる盛況ぶりでした。
今年からこちらでもダンシングヒーローが追加され、御多分に漏れず老若男女盛り上がりましたが、やはり激しく動くからか一時的に抜ける人がちらほら・・・。
更に、ぽつりぽつりと降り出した雨(自分にとっては降ったり止んだり程度の感じだったが、櫓の上の濡れ具合と終了後の帰路の様子からして、それなりに降っていたもよう)と模擬店の完売続出のためか、終了15分くらい前には「あれだけいた人が殆ど帰ってしまった」という言葉がふさわしいくらいに観衆は減り、一時は三重まで増えた踊りの輪もだいぶ減ってはいましたが、それでも終了時は二重弱くらいは残っていました。
こちらは本日も予定されています。
9/14、あおい公園です。

『平成30年南新宿まつり 踊り』

・日時:9月14日(金)〜16日(日)、19:00〜
 初日は20:40踊り終了でした
・場所:あおい公園(代々木第三児童遊園地)
・最寄駅:JR・小田急・京王・東京メトロ・都営「新宿」

【曲目】

 ♪東京音頭
 ♪炭坑節
 ♪八木節
 ♪花笠音頭 ※正調(これに近い動き、https://www.youtube.com/watch?v=6qy_HuWjxT8)、花笠使用

 ☆いずれも踊り出しは歌が始まってから
  前半3回ずつ、後半2回ずつかけられました
 

昨年も参加した会場。
一日当たりの乗降客数日本一の新宿駅のそばにありタイトルも南新宿まつりですが、所在地と公園に掲げられた各種注意書きの横断幕は渋谷区という、やや紛らわしい児童遊園に太鼓専用の櫓と町会や模擬店のテントが半々といった感じですが、来場者は多いもののその殆どは模擬店の方に集まり、序盤は踊りの輪は自分含め最大でも10人程度で観衆は模擬店側からちらほら、他は模擬店とは反対側の喫煙所に集まった喫煙者たちの肴といった感じでした。
それでも、花笠が貸し出され正調で踊る花笠音頭の時は、踊りの輪も20人くらいに増え模擬店側からの観衆も増えそれなりの盛り上がりは見せていた感じでした。
こちらは16日までです。
9/15、その1です。

『牛嶋神社、祭礼』
※全会場とも初参加です

・日時:9月15(土)、18:00〜20:00
・場所:石原二丁目(石原2-9付近路上)
・最寄駅:都営大江戸線「両国」

【曲目】

 写真二枚目の通りですが、時間の都合上自分が踊ったのは青枠内のみ。
 ダンシングヒーローは、本所一丁目版。
 各曲2回ずつかけられました。
 

毎年恒例、両国・吾妻橋・押上界隈で開催される牛嶋神社例大祭の奉納踊り。
今回、私が毎年参加している森林公園のお化け櫓は4年に一度の選挙でお休みの為、こちらの特に土曜のみ開催の会場をハシゴ(一ヶ所30分は滞在)することにしました。
押上方面から行こうと思いましたが19時開始の会場ばかりなので、18時開始の石原二丁目から。
開始前から大勢の人が集まっていましたが、殆どは町会の模擬店の方で、踊りの輪は地元婦人団体を中心に15人前後で推移、ダンシングヒーローは2017より前からあるフリなので「回る部分は8呼間」で余裕がある為これで疲れて抜ける人は殆どいませんでした。
ただ、2回がけはどうしても時間がかかるので、4曲終わったところで18:34、次の会場へ。
9/15、その2です。

・日時:9月15(土)、18:00〜
・場所:石一会館前路上(墨田区石原1-7-3)
・最寄駅:都営大江戸線「両国」

【曲目】

 ♪ドラえもん音頭 ※ヒゲver.
 ♪東京スカイツリー踊り
 この他、退去時に「すみだ音頭」のアナウンスあり。
 各曲2回ずつかけられた模様。
 

18:39に到着した時点で、ドラえもん音頭一回目の途中でしたが、二回目が終わったところで休憩に。
休憩中、ダンシングヒーローがかけられましたが、どのフリ(2017・中央区・本一)にするかが不明確だった為、終わりのあたりで2017っぽくなるまではグダグダでした。
こちらも町会の模擬店に集まる人の方が圧倒的に多かったものの、踊りの輪自体は婦人団体と太鼓団体を中心に10数人で太鼓を囲み一応一重で推移してはいました。
ただ、ハシゴにあたって最も恐れていた「2回がけに休憩が挟まる」という展開の為再開後1曲踊ったところで19:16、次の会場へ。
9/15、その3です。

・日時:9月15(土)、19:00〜
・場所:押上一丁目(墨田区押上1-24-4付近路上)
・最寄駅:都営浅草線・京成押上線・東京メトロ半蔵門線・東武スカイツリーライン「押上」

【曲目】

 ♪河内おとこ節
 ♪炭坑節
 ♪きよしのドドンパ
 ♪二十一世紀音頭
 ♪東京五輪音頭2020 ※ゆうゆう
 ♪八木節

 
石原一丁目からバスで移動し19:38に到着した時点で、太鼓を囲む踊りの輪は二重目が出来始めており、自分が加わってからもほぼその状態だったが、二十一世紀音頭が終わったところで休憩。
休憩中に東京五輪音頭2020がかけられ、私含め数人が練習の為踊り再開後の一曲目もそれだったが、やはり「難しい」という声がちらほらと上がりました。
尚、こちらの会場の提灯のうち3〜4割程度がたびたび消灯、詳細は確認していないが演出とかではない模様(8/31の荒木公園で書き忘れたが、終盤の八木節で会場全ての提灯を意図的にOFF/ONするという演出があった)。
意外なことに、松嶋みどり議員のお膝元である墨田区ながら、五輪モードが入っているのはこの日回った4ヶ所ではここだけでした。
20:14、次の会場へ。
9/15、その4です。

・日時:9月14日(金)〜15日(土)、19:00〜21:00
・場所:業平四丁目(墨田区業平4-11付近路上)
・最寄駅:都営浅草線・京成押上線・東京メトロ半蔵門線・東武スカイツリーライン「押上」

【曲目】

 ♪東京音頭
 ♪炭坑節
 ♪八木節
 ♪バハマママ ※常に反時計方向へ前進
 ♪東京スカイツリー音頭
 ♪河内おとこ節
 ♪すみだ音頭

 
本当は次は小梅児童遊園あたりを考えたんですが、終了予定時刻がなく直線距離も遠めだったので、「到着したそばから終了」を避けるべく予定変更、両国と違って地の利が無い為業平三丁目(提灯ばかりで踊り関係のモノは皆無)に行ってしまうなど少々迷いましたが、20:23に到着。
交差点に太鼓櫓を配置し両端30mくらいずつにチャンチキを持った人を目印とし、踊りの輪はそれらを囲んで長いものになり、また模擬店は無く町会のテントのみなので参加者の大半は踊り手か観衆という、他の3ヶ所とは異なるスタイル。
踊りの輪は一重で長い為ところどころにすき間がありましたが、最後のすみだ音頭では法被姿の子供や若い衆が大勢加わり合いの手の掛け声も入って大いに盛り上がりました。
9/16、藍染大通りです。

『根津神社例大祭 御祭礼行事 町内音頭会』

・日時:9月15日(土)〜16日(日)、19:00〜21:00
・場所:藍染大通り(文京区根津2-34付近路上)
・最寄駅:東京メトロ千代田線「千駄木」or「根津」、都営バス上58系統「根津神社入口」

【曲目】

 ♪根津音頭
 ♪今日も笑顔で
 ♪東京音頭
 ♪文京音頭
 ♪炭坑節
 ♪チャンチキおけさ ※常に反時計方向へ前進、左右払いの部分では後退
 ♪水戸黄門踊り
 ♪大東京音頭
 ♪ゆかた音頭
 ♪ドラえもん音頭 ※ヒゲver.
 ♪八木節
 ♪オバQ音頭

 
初参加の会場。
必ず踊りたい曲の一つである根津音頭が踊れる会場は、夏の根津神社の他にはその近くであるここくらいしかないのは以前から知っていたが、白山神社と被ったり天候に恵まれなかったりで、今回ようやく参加出来ました。
不忍通りから見てちょうど根津神社の反対にあるこちらの通りに太鼓櫓を設け、踊りの輪は通りの両端に置かれた目印(ビール瓶1ダース用のケースやパイプ椅子)を折り返し点として櫓を囲んで一重の輪で推移しますが、最初は両端50m程度だった目印は踊りが進行し輪の人数が増えていくうちに目印の両端も広げられ最終的には限界と思える100mくらいになり、更に踊りの輪の内側にも櫓の片側に10人前後の弧(輪の形をしてはいたが輪になるには人数が足りない状態)まで出来ました。
また、町会の模擬店や抽選会などのイベントすらないにも関わらず踊り手だけでなく見るだけの観衆も非常に多い根津神社のそばなだけあって、模擬店が無いにしてはかなりの観衆がおり、一部は素人の私が見ても「ただ眺めて楽しむだけでなく、踊りをきちんと見ているな」というのがわかる顔つきでした。
9/22、六本木天祖神社です。

『龍土町会 天祖神社例大祭 盆おどり』

・日時:9月22日(土)、18:00〜20:00
・場所:六本木天祖神社(龍土神明宮)
・最寄駅:東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」

【曲目】

 ♪東京音頭
 ♪炭坑節
 ♪会津磐梯山
 ♪六本木音頭
 ♪365日の紙飛行機
 ♪おみこし音頭
 ♪六本木小唄
 ♪大東京音頭
 ♪東北音頭 ※一連の動作の最後にジャンケン
 ♪相馬盆唄
 ♪霞町音頭
 ♪東京みなと音頭
 ♪東京五輪音頭2020 ※ゆうゆう
 ♪チャンチキおけさ
 ♪ハワイ音頭
 ♪花火音頭 ※一連の動作の後半がおなじみのフリとは異なる

 
初参加の会場。
3年くらい前から行ってみようと思っていたが、悪天候などで断念、今回ようやく参加出来ました。
その間、非常に狭い場所という情報も得ていたのである程度覚悟していたが、実際はイメージしていたほどではなく地面もキレイに舗装され(2年くらい前に改修されたとのこと)、盆踊りには充分な広さでした。
とは言うものの、有力な他会場が殆ど無いこの時期なので、踊り手の数は半端無く、広さを取る為目印は太鼓一基だけですがそれを囲む踊りの輪は開始早々から三重で進行、ダンシングヒーローのような年配者泣かせの激しい動きの曲が無いこともあって目立つほどの人の抜けも発生せず休憩→再開後は四重でスタート、その後も踊り手は増え続けこれ以上増えたら渋滞だぞ、というほどの大盛況で終了まで推移していきました。
9/23、水久保公園です。

『常盤台三丁目町会 天祖神社秋季例祭祭典 盆踊り』

・日時:9月23日(日)、18:30〜20:30
・場所:水久保公園
・最寄駅:東武東上線「ときわ台」

【曲目】

 ☆横濱(ハマ)の踊り子
 ♪バハマママ ※墨田区
 〇踊る十二月
 ♪ホームラン音頭
 ♪炭坑節
 ♪日光和楽踊り
 ♪東京音頭
 ♪板橋音頭 ※流し踊り
 ♪郡上踊り「かわさき」
 ♪ダンシングヒーロー ※中央区
 ♪音頭「福よ来い!」
 ♪東京五輪音頭2020 ※ゆうゆう
 ☆八木節
 〇TOKYOスカイツリー音頭

 20時までは♪を2回ずつ、その後は☆2回ずつと〇1回ずつでした。
 他に開始前の音出しで「オバQ音頭」「きよしのズンドコ節」。

 
2013年以来の会場。
公園の中心に太鼓と踊り手兼用の櫓を建てそれを囲んで踊るスタイルですが、こちらも他会場が殆ど無い時期に開催されるので大勢の踊り手が駆け付け、開始早々から三重の輪が出来進行するにつれどんどん増え四重まで増える盛況ぶりでしたが、広い公園なのでまだ若干の余裕は感じられました。
ただ、やはりダンシングヒーローの後踊りの輪の密度が薄まってしまい、それまで無かった子供の駆け抜けが頻発するようになりましたが、それでも大勢いるおかげで三重の輪はキープされ、そんな子供たちの中からも輪に残って踊る子もいました。
開会前のアナウンスで、「常盤台天祖神社のお祭りの奉納踊りは、この水久保公園でしか実施されていない」ということで、その話しぶりから、これほどの広さを確保出来る場所が周辺地域ではここ以外には無いという意味にも取れる感じでした。
この会場に限らず、9月に入ってからの東京五輪音頭2020は、「基本ゆうゆう出来る人はキビキビ」という傾向のようです(自分はゆうゆうが一応身に付いたので転換中といったところ)。
9/29、竹芝客船ターミナルです。

『小笠原諸島返還50周年記念事業実行委員会 Bon-Odori Festa -竹芝で!50周年だヨ!全員集合!!-』

・日時:9月29日(土)、17:30〜20:30(盆踊りの時間)
 ※17:30〜18:00はご当地音頭の練習会
・場所:竹芝桟橋公園(竹芝客船ターミナル前)、竹芝マスト広場
・最寄駅:JR線「浜松町」、都営浅草線・大江戸線「大門」、ゆりかもめ「竹芝」

【曲目】

 〇小笠原音頭
 〇母島音頭
 〇マッコウ音頭
 ♪炭坑節
 ♪東京音頭 ※柳橋中央通りと同じ
 ♪どうぶつ音頭
 ♪1+1の音頭

 20分の休憩を挟み三部構成。
 第一部は♪、第二部は〇、第三部は炭坑節以外の全曲、それぞれ2回ずつかけられました。

 
今年は小笠原諸島がアメリカから返還されて50周年を迎え、記念行事の一貫として開催された盆踊り。
台風接近に伴い生憎の雨模様でしたが、当日朝の時点で開催決定、昼の時点で本降りだったので半信半疑でしたが、会場に向かう頃には弱まり到着時には小雨が降ったり止んだりという程度で、私が到着した頃には既に練習会が始まっていました。
そして、タイトルの通り昔大流行りした怪物番組(時間は18時だヨ!だったが)を真似たオープニングの後盆踊り開始、天に雨乞いと解釈されずに済んだか雨は殆ど止み、極端に難しいフリの曲は無いからか踊り手の数はどんどん増え、輪にすれば五重〜六重くらいにはなりそうな感じで、大盛況のまま終了まで進行していきました。
ただ、島国のイベントを本土で開催しているのでお手本となる揃いの浴衣の婦人団体の人数は全員舞台に上がっても全然足りないくらいで、都内主要会場でおなじみの顔ぶれの人も数えるほどしかおらず(本番中だけでなく2回の休憩の際にもざっと見渡してみた)、そのせいか踊りの輪自体はまとまりを欠き(服装も和装より普段着の方が多かったもよう)、非常に広い会場で櫓の周囲だけでも充分な余裕があったにも関わらず結構な頻度で手が隣りと接触するケースがありました。
東京音頭が一般とは異なり柳橋と同じフリ(今のフリに統一される前のもののうちの一つ、とのこと)でしたが、小笠原諸島が東京都であることを再認識すると同時に島国ゆえにこういうのもあるものだと思いました。
10/7、秋津氷川神社です。

『秋津町の氷川神社秋の例大祭、輪踊りとお囃子演奏』

・日時:10月7日(日)、18:00〜21:00
・場所:秋津氷川神社
・最寄駅:西武池袋線「秋津」から徒歩約20分orJR武蔵野線「新秋津」から徒歩約15分


【曲目】

 ♪炭坑節
 ♪大東京音頭
 ♪東村山音頭
 ♪多摩湖小唄
 ♪八木節 ※手拭い踊り
 ♪東京音頭

 ☆前半は二回ずつ、ハーフタイム後は一回ずつかけられました。
  なお、炭坑節と大東京音頭の音源が変更されていました。
  (これまでは東村山音頭と多摩湖小唄の音源とのからみかいずれも三橋美智也版だったが、それぞれ歌詞に「天に窓から・・・」を含むものと野路由紀絵版?)

毎年10月第一日曜日に行われる秋津氷川神社の例大祭の奉納踊りで、2012年初参加、2015年以降毎年参加。
広過ぎず狭過ぎずの境内に太鼓用の小さな櫓を建てそれを囲んで踊るわけですが、昨年と違い他会場が無い上前日夜半過ぎから強風が予想されていた為みなと区民祭りも中止になっていたこともあって、都内の主だった会場の主力な顔ぶれも大勢駆け付け開始から三重の輪となり、その後も増え続け四重の輪となりました。
また、ハーフタイムのお囃子と二回に渡るお菓子のばら撒きで少々童心に帰った後の後半は更に増え一時は五重の輪となり、多少の入れ替わりはあったものの平均四重くらいで終了まで推移、観衆との仕切りが無い割には子供の乱入もさほどでもなく、観衆も終了まで激減することなく大盛況で、終了時の主催者のアナウンスも「踊り手と観衆を含めた来場者が例年に比べ多かった事」を喜び感謝するものでした。
10/8、恵比寿です(トピがあるうちにこちらにも投下しておきます)。

『みんなで踊ろう、広めよう、おどりの輪 渋谷民踊同好会の盆踊りマラソン大会??』

・日時:10月8日(月)、13:00〜21:00
 ※片付け等の都合上、20:40終了でした
・場所:長谷戸社会教育館、学習室
・最寄駅:JR線or東京メトロ日比谷線「恵比寿」から徒歩約5分


【曲目】

 画像の通りで、枚数は用意されたCDの数です。
 (トピのテキストをBMP化→JPG化したものです)
 ☆1枚目の「相馬盆唄」のみ、音響不具合で中断
  6枚目の「まったり音頭」が炭坑節になってしまったのは、精鋭ぞろいの面子にも関わらず誰もフリを知らなかった為やむなく・・・
  8枚目は時間の都合上、「にっぽんチャチャチャ」「品川甚句」「平成ロマン音頭」「佐渡おけさ」「千代田踊り」のみ


「渋谷民踊同好会」さん開催の盆踊りイベントで、今回は盆踊りマラソンということで、CD8枚用意してお昼過ぎから夜までぶっ通しです。
普段から定期的に練習会が開催されているとのことで、主催者も「今回も10数人くらい来ればと思っていた」とのことでしたが開始直前の時点で20人くらいはいたので、最初から大盛況といった感じで二重の輪で推移、内側は特に上手な人達基本でしたが自分含め得意な曲の時は外側からも一部入るという動きにしないと外の輪がキツくなるほどでした。
CD1枚ごとに10分程度の休憩を挟み、自分にとっても今年だけでなく数年前の復習ともいうべき曲目が多数あった一方、自分も良く知ってるがかからなかった(今回の8枚のリストには無かった)曲も多数あるので、第二弾以降も期待です。
ともあれ、8時間近くの長丁場とあって人の入れ替わりも大きかったですが、全体的に大盛況で走り切れたので大成功、この日会場にいた皆様、お疲れ様でした。
10/13、有明西学園です。

『有明まつり2018』

・日時:10月13日(土)、12:00〜20:00
 ※踊りは17:15〜19:30でした
・場所:江東区立有明西学園
・最寄駅:ゆりかもめ「有明テニスの森」から徒歩約5分


【曲目】

 写真一枚目参照。
 ☆「ドンパン節」は「盆踊り」に変更。
  後半の「東京スカイツリー音頭」「東京音頭」の間に「大東京音頭」追加
  ダンシングヒーローは、2017の「ヘイヘイヘイヘイ」の部分の4呼間が8呼間になり、動きも異なる
  ドラえもん音頭は、ヒゲver.とほぼ同じ
  恋するフォーチュンクッキーは、盆踊り用のフリ
  秋田さくら音頭は、亀有ver.
 ※櫓のリードは厚澄会と松原会で数曲ごとに交代だが、松原会は亀有の団体なので亀有公園でかかる曲が多い
  プログラム全て完了後、「東京五輪音頭2020」「恋するフォーチュンクッキー」「ダンシングヒーロー」で〆


盆踊り遠征を始めて以来江東区は殆ど行っておらず、2015年の扇橋公園以来で、かつて行った中央区の会場のうち江東区に隣接していると言える場所が多かった為、無意識のうちにごっちゃになっていたようで・・・。
有明西学園は、今年4月に開校したばかりの小中一貫の義務教育学校で、今回の盆踊りは有明まつりの一環としてこちらの校庭で開催されたもの。
踊り手用の櫓の横に大太鼓一基で踊り手はそれを囲んで踊るが、学校の校庭という広い場所での開催なので櫓を中心に模擬店で囲んでも相当広いスペースが確保出来、都内の主要会場の精鋭多数を中心に出来た二重の輪はかなり大きく間隔も広めになり、うっかり手を広げ過ぎても隣りに接触することもなくのびのびと踊れました。
10月半ばで肌寒さも感じられる気候の中での踊りなので、ダンシングヒーローでも目立つほどの人の抜けは発生せず、二重の輪は一定以上の密度は保たれたまま無事終了までこぎつけました。
10/20、べったら祭りです。

『宝田恵比寿べったら音頭保存会 第7回べったら盆踊り大会』

・日時:10月20日(土)、17:00〜20:00
 ※急な降雨の為、18:00打ち切り
・場所:三井住友銀行人形町支店前路上
・最寄駅:東京メトロ日比谷線「小伝馬町」


【曲目】

 〇小伝馬町音頭
 〇べったら音頭
 ♪これがお江戸の盆ダンス
 〇日本橋音頭
 ♪きよしのズンドコ節
 ♪優子の平成音頭
 ♪ダンシングヒーロー ※中央区
 ☆東京音頭
 ☆炭坑節
 ☆チャンチキおけさ
 
 ☆は民謡歌手による生唄
 他に、東京五輪音頭2020が予定されている旨アナウンスあり
 この順序で、〇と東京音頭が2回、他は1回ずつかけられました。


毎年10月19日〜20日に開催される、日本橋恵比寿講べったら市のお祭り「べったら祭り」の奉納踊り。
祭り自体の歴史は江戸時代まで400年以上さかのぼるが、奉納踊りは2012年から始まり今年で7回目、自分は2015年以来の参加。
毎年都内では正真正銘これが最後の盆踊りとなる為、踊り好きが大勢駆け付け、今回は開始早々から二重の輪でギッシリで渋滞気味でした。
内側は基本的に地元婦人団体とべったら祭りの法被(返却時にクリーニング代500円、購入の場合は4000円)を羽織った踊り手で彼ら以外は外側ですが、内側の輪にすき間があったら外側からも入らないと流れの悪さが緩和されないほどの盛況ぶり。
しかし、生唄の前あたりからぽつりぽつりと雨が降り出し生唄が終わった頃普通くらいまで強まってきた為、無念ながら18:00少し前に打ち切り、自分としても色々あった今年の盆踊りは最後の最後で消化不良の尻切れトンボになってしまいました。

ログインすると、残り70件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

盆踊り 更新情報

盆踊りのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済