ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > ことばのくすり〜お悩み相談室〜 > トピック一覧 > 家族が癌になった時の生活

ことばのくすり〜お悩み相談室〜コミュの家族が癌になった時の生活

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

私の父親が癌になりました。
一緒には暮らしてません。
はっきり書けませんが深刻な状況です。

もちろん、日々心配しているのですが、冷静な自分もいます。
家族が癌になるのは初めてです。

本人への接し方がわかりません。
普通にしてればとよく言いますが日頃はほとんど連絡もとらず、年に一度会うかどうか。いつも通りにすると会わず、会話もしないわけです。これで良いのか?わざわざ会いに行くと気を使わせるかな?とか…、考えてしまいます。

あと、日頃の私の生活で、何かを楽しむ場面ってあるじゃないですか?今、私は、好きなことや楽しんだりしてていいのかな?と迷ってしまいます。かといって、まったく楽しむ生活を続けるわけにもいかないだろうし。

私と同じ経験者の方いますか?
また、こういう気持ちの持ち方が良いのでは?など…、ありますでしょうか?

コメント(4)

かけがえのないお父さんでしょ
四の五の言わず 会いに行けばいいんです
あなたは謹慎する必要なんてありません

あなたがどんなことをして 楽しかったか
そういう話をすればいいんですよ

自分の娘が楽しく暮らしてることを 本人の口から聞く
父親にとってこんなに嬉しいことはありません

親心ってのは そういもんです。
突然会いに行って「どうした?」と言われたら素直に「体調悪いって聞いたもんだから心配になって.....」と言えばイイんです、普通に。

私の父は66歳の時に末期の胃がんになり、主治医から家族だけが伝えられました。
本人にははっきり言いませんでしたが、薄々気づいていたと思います。
6時間の手術で転移している内臓の一部、今後転移の可能性がある内臓を切り落とし、お腹の中はほぼ空っぽの状態になりました。
末期だと宣告を受けながらも奇跡的に克服し、それから20年間も元気に生きてくれました。
最期は肺を患い倒れてから3週間で逝きました。
享年86歳。
大病を患いながらも平均寿命以上に生きてくれた父に感謝です。
その7年前にすでに母は他界していましたから、ただただ子供の務めを果たしたという安堵感と、これからしっかり大人として生きていかなきゃいけない覚悟しかありませんでしたね。

奇跡は起こるものです。
目を閉じて動かなくなるその瞬間まで諦めずに笑顔を絶やさないで接してください。
>>[1]

お返事遅くなりました。
この前、正式に何の癌かも告知されました。
現在いろいろ、検査などしている最中です。
病院に付き添うことも考えましたが、父親の方から母親がいるから平気だと言われました。
それでも、行くつもりでしたが母親からも来なく良いと言われたので行ってません。
どんなことをしたかなど報告はしてもらってはいます。
>>[2]

お返事遅くなりました。
お父様、末期から20年間も生きられたんですね。びっくりです。
そうですよね…。平均寿命まで生きられたのが嬉しいですよね。
お母様は、お父様が亡くなる7年前に亡くなったということですかね。
お父様が亡くなられたのは最近のことなんですか?

なんか、父親が、来なくていいよ。という気持ちもわかるんですよね…。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ことばのくすり〜お悩み相談室〜 更新情報

ことばのくすり〜お悩み相談室〜のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済