ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 車、バイク > Mercedes-Benz  ベンツワゴン > トピック一覧 > アイドリングが不安定

Mercedes-Benz  ベンツワゴンコミュのアイドリングが不安定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

こんにちは、
E124 300TE乗りです。
この連休より、信号待ちでのアイドリングが暴れています。
対処された経験のある方、症状が分かる方、アドレスを頂けると幸いです。
よろしくお願いいたします。

コメント(6)

同じく 300TE乗ってます。 アイドリング不安定は持病のようですね。一つ一つ原因潰していかないと分かりませんよ〜。 まずはプラグチェックしてみたらどうでしょうか?プラグがきれいに焼けていれば別に原因があると思いますので、燃料系・点火系ごとに分けて探っていくのがよいと思います。 
以前、私が乗っていた時は、デスビ交換しましたね。接点が減っていると
だめですね。また、プラグコード劣化で漏電したときも症状でました。
参考になればいいですが。
「KEジェトロ
の場合、周期的に僅かにハンチングするのは、O2センサー異常によるもの。アイドリングが異常に高くなり、しばらく落ちてこない現象、これはエア・フローセンサーによるもの。エアフローセンサーには、ポテンショメータ・プレートと呼ばれる横に黒いセンサーがあり、ここでプレートの開度、つまり吸入空気量を測り燃料の噴射量を決めているのですが、このプレートのセンサーにはフィルム抵抗が張ってあるのですが、ここが、度重なるピックアップ・ブラシの摩擦により磨耗し、禿げてくるのです。KEジェトロには,もう一つ重要なコントロールがあります、それは減速時フュ―エルカットオフという機能てす。およそ1200rpm以上のときにアクセルからアシを離すとEHAアクチュエータの電流が逆流し瞬時に閉鎖され燃料がカットされる。そして約1000rpmで解除され燃料が再び噴射される。このフュ―エルカットオフとおおいに関係があるのです。その原因のひとつが、スロットル・バルブ・スイッチです。このスイッチでアクセルのON・OFFをみています。それから回転数を計っているスピードセンサー、などが考えられます。」と某ブログからの情報です。わたしの300TEの場合、これらをひとつひとつ潰していきましたが、ここには問題無しでした。
激しいハンチングの原因は、水温センサーがECUにつながっているのですが、センサーのコネクターの根本が接触不良で、水温情報が行ったり、止まったりすることでした。おそらくこれが、コールド・スタートバルブやアイドル・エア・バルブの動作に影響していたと考えています。
320TEでしたが、私の場合3度ほど経験し、それぞれハーネスの劣化、スロットルアクチュエーターの基盤劣化、プラグとサプレッサーおよびイグニッションコイルの劣化が原因でした。要因はさまざまなようで、まずはディーラーなどにてテスターをかけられることをおすすめします。
皆様、
アドバイスありがとうごさいます。
一つずつ確認してみます。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

Mercedes-Benz  ベンツワゴン 更新情報

Mercedes-Benz  ベンツワゴンのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済