ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 映画 > 映画好き![ We Love Movie ] > トピック一覧 > 見て来ました報告5☆

映画好き![ We Love Movie ]コミュの見て来ました報告5☆

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

投稿したいので、5を作成します電球
皆様の鑑賞報告をお願いします☆

コメント(158)

「ハン・ソロ」

三文芝居とベタな展開とやたら真っ暗で酷い映画だったけど、そんなのケンケーネー手(グー)

ハンソロがスターウォーズの主役てだけで最高な映画だった!ソロの青春確かに見届けた泣き顔
ありがとう オリゴ糖!
《社会派サスペンス映画劇場》
「真昼の暗黒」1956年/現代ぷろ/モノクロ/124分
監督:今井正 製作:山田典吾 脚本:橋本忍 撮影:中尾駿一郎 音楽:伊福部昭
出演:草薙幸二郎、松山照夫、飯田蝶子、左幸子、加藤嘉、織田政雄、織本順吉、内藤武敏、菅原一郎、芦田伸介

冤罪は本当に怖いし不条理だなげっそり

京都文化博物館フィルムシアター
「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五章 煉獄篇」
ついにデスラー登場!
あの戦場を生き延びたデスラーの過去が明らかにexclamation手(パー)ほっとした顔

なんばパークスシネマ



「仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判」
子供の頃『仮面ライダーアマゾン』は見てたので観てみたけどこういうお話でしたっけ?うれしい顔

なんばパークスシネマ
こんにちは。試写室情報です。『グッバイ、ゴダール』★★★★★

憂いある知的美少女だった憧れのアンヌ・ビアゼムスキーに負けず劣らず可愛いくてキュートなステイシー・マーティンに目が釘付け!

監督のアザナビシウス(『アーティスト』)が、敢えて軽みを持ってゴダールを描き、出色の仕上がりに。映画人生に大いなる影響を与えてくれたゴダールだから、ついお点が甘くなりました(^^;;

60年代のパリも「五月革命」もポップに再現され、必見です♪

長文のため、宜しければ日記をご閲覧頂けると幸いです。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1967433796&owner_id=29763423
「おみおくり」2018年/エクセレントフィルムズ/カラー/
原案及び納棺師監修:永井結子 『今日のご遺体 女納棺師という仕事』 脚本・監督:伊藤秀裕 主題歌:2VOICE『YOU〜120歳のラブソング〜』
出演:高島礼子、文音、渡部秀、風谷南友、芳賀優里亜、井上奈々、藤田富、宮下順子、重盛さと美、加藤雅也
文音さんは志穂美悦子さんの娘さんなんで面影ありまするんるん
シネ・リーブル梅田、シネ・ヌーヴォで見逃した作品を高松で観れるなんて手(パー)うれしい顔

高松 ソレイユ2
「しあわせの絵の具 愛を描く人モード・ルイス」を劇場鑑賞電球
見たかった作品なので、1日限定でも地元で上映してくれて嬉しかったるんるん
ゆったりと良い意味で地味でシンプルでアートエンディングを見ると、本当にこんな感じのお二人やったんやなぁ〜と実感できたぴかぴか(新しい)
サリー・ホーキンスすっかりこういう役のイメージになってしまったあせあせ(飛び散る汗)今作の方が前なんだけど、私の見た順番では「シェイプ・オブ・ウォーター」に 引き続きって感じやったし☆
こんにちは。試写室情報です。『インサイド』★★★★

安直な恐怖ではなく、題名からして「家の中」と「身体の中」を表すダブルミーニングになっている、大人のための知的スリラー☆

『マルホランド・ドライブ』のローラ・ハリングが、怖さと気品、哀切を感じさせて絶品の演技!

スペインと米国製作陣の力量が分かる。ホラー苦手な女子にもお薦めしたいです。

長文のため、宜しければ日記をご閲覧頂けると幸いです。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1967421147&owner_id=29763423&full=1
《シネ・ヌーヴォ 名画発掘シリーズ リクエスト特集vol.1》
「地上」1957年/大映/カラー/98分
◎監督:吉村公三郎◎原作:島田清次郎◎脚本:新藤兼人◎撮影:中川芳久◎美術:間野重雄◎音楽:伊福部昭
◎出演:川口浩、野添ひとみ、田中絹代、香川京子、佐分利信、滝沢修

川口浩、野添ひとみは後に実生活では夫婦になることを思うとなかなか興味深いアベック
香川さんが薄幸の娘を好演カチンコ


「血とダイヤモンド」1964年/宝塚=東宝/白黒/96分
監督:福田純 脚本:小川英、間藤守之 撮影:宇野晋作 音楽:沢田駿吾
出演:宝田明、佐藤允、夏木陽介、水野久美、志村喬、石立鉄男

和製フィルムノワールの傑作でした銃
フィルムノワールはモノクロ画面が似合いますexclamation手(パー)ほっとした顔


「絶唱」1975年/東宝/カラー/96分
監督・脚本:西河克己 原作:大江賢次 撮影:萩原憲治 音楽:高田弘
出演:山口百恵、三浦友和、辰巳柳太郎、吉田義夫、菅井きん、大坂志郎、初井言栄、花沢徳衛、木内みどり

山口百恵+三浦友和のゴールデンコンビによる文芸作映画館懐かしく観ましたよわーい(嬉しい顔)


「喜劇 男の子守唄」1972年/松竹/カラー/88分
監督:前田陽一 脚本:田坂啓、満友敬司、前田陽一 撮影:竹村博 音楽:山本直純
出演:フランキー堺、倍賞美津子、生田悦子、ミヤコ蝶々、森川信、田端義夫

前田陽一監督による人情喜劇映画館

シネ・ヌーヴォ
「蚤とり侍」
監督:鶴橋康夫
出演:阿部寛、寺島しのぶ、斎藤工、三浦貴大、堀内正美

イオンシネマ高の原
「ごはん」
監督・脚本・撮影・編集:安田淳一
出演:沙倉ゆうの、源八、井上肇、福本清三、紅壱子、鈴木ただし、小野孝弘

米作りエンタテインメントムービー稲穂稲穂稲穂
米作りって大変ですあせあせ大切にごはんを食べたくなりますご飯

イオンシネマ久御山
「万引き家族」
後れ馳せながらやっと見て来ました電球
公開からかなり経ってるのにお客さんが多いexclamationそれも年配の女性が友達同士でって感じで。パルムドール受賞の宣伝効果かな。
予告編で流れていた映像の大部分は、ラスト約30分のシーンだった様に思う。それぐらい本編の3/4は、彼らの日常の風景がゆっくりと流れてた。終わった後にもあれこれ考えてしまう。
「ホースソルジャー」
こちらも公開からかなり経つのに見て来た☆
劇中でソルジャーか?ウォーリアーか?って話が出てくるのに。タイトルはソルジャーやんexclamationって思ってたら、原題では無かったのねあせあせ(飛び散る汗)原題は「12 Strong」でした。そんなに悲壮感は無く大味な感じ電球実話ベースなのですがマイケル・シャノンもう少し活躍して欲しかったなあせあせ(飛び散る汗)
「ジュラシックワールド 炎の王国」
前作がすっごくおもしろかったので、楽しみに見に行ってきましたーexclamation
……が、先に見たマイミクさんが「ちょっと違う」ってつぶやいていた訳が分かった( ̄□||||exclamationちょっとどころかかなり違うーexclamationそっちの意味で後半かなりビックリした(笑)意外な方向に話が進んでるけど、迷ってないあせあせ?(白)
あと1作目に似たシーンがあって懐かしかった☆
《文句なし! 厳選傑作二本立て》
「まむしの兄弟 お礼参り」1971年/東映/カラー/89分
監督:本田達男 脚本:高田宏治、鳥居元宏 音楽:菊池俊輔
出演:菅原文太、川地民夫、工藤明子、安藤昇、菅井きん

「二匹の牝犬」1964年/東映/白黒/91分
監督:渡辺祐介 脚本:下飯坂菊馬、渡辺祐介 撮影:西川庄衛 音楽:渡辺宙明
出演:小川真由美、緑魔子、杉浦直樹、沢村貞子、宮園純子、北村和夫、宮口精二

新世界東映
「羊と鋼の森」
初めはあまり興味無かったけどあせあせ(飛び散る汗)
最近会ったマイミクさん3人から好評を聞いて見てみたくなったので、レディースデイで見て来たるんるん暑さに疲れてたけど見て良かったーぴかぴか(新しい)台詞が無くても、映像とピアノで十分に伝わってくるシーンが多く印象的で。ジーンときた(>_<。)
原作を読んでみたくなった本
「50回目のファーストキス」
監督・脚本:福田雄一 原案:「50回目のファースト・キス」
出演:長澤まさみ、山田孝之、ムロツヨシ、佐藤二朗、太賀

ドリュー・バリモアとアダム・サンドラーの「50回目のファーストハイビスカスキス」のリメイクカチンコ
なぜ今頃、リメイクしたのかはよくわからなかったけど長澤まさみさん山田孝之くんもよくて太賀くんの快演に爆笑です、二朗さん(笑)ウッシッシ

イオンシネマ高の原



「恋は雨上がりのように」
監督:永井聡 原作:眉月じゅん
出演:小松菜奈、大泉洋、清野菜名

小松菜奈さんの走る姿がなかなか美しい走る人ダッシュ(走り出す様)後味爽やかな一品カチンコちなみにななさんふたりが親友を演じている顔(笑)

TOHOシネマズなんば
「少女ピカレスク」2018年/東北新社/カラー/79分
監督・脚本:井口昇 撮影:平見優子 音楽:福田裕彦 主題歌:椎名ぴかりん『確認事項:しあわせとかについて』 アクション監督:カラサワイサオ
出演:椎名ひかり、長澤茉里奈、神門実里、松永天馬、上埜すみれ、武田玲奈

ちょっと悪趣味かなあ冷や汗それこそ井口ワールドとも云える表情(びっくり)あせあせ冷や汗

「さらば青春、されど青春。」2018年/ジャンゴフィルム/カラー
監督:赤羽博 音楽:水澤有一 製作総指揮・原案:大川隆法
出演:大川宏洋、千眼美子(清水富美加)、石橋保、芦川よしみ、野久保直樹、ビートきよし、大浦龍宇一、高杉亘、木下ほうか

ほうかさんの名前を見つけて鑑賞したけどほんのちょっとしか出ていなかった冷や汗冷や汗

シネマート心斎橋
「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」

最近タイトルにインフィニティとかやたらと目につくけどその次はどうすんのかな冷や汗冷や汗冷や汗あせあせ(飛び散る汗)

なんばパークスシネマ

「BLEACH」

福士君が高校生って時点で既に無理あるけどあせあせ(飛び散る汗)ブリーチならではの殺陣のアクションは楽しめました☆
話もまぁ、2時間にまとめるならこんな感じかな電球
違和感はあるけど、これはこれで有りなんじゃないかと思いましたるんるん
「かぞくへ」2016年/カラー/117分
監督・脚本・編集:春本雄二郎 撮影:野口健司 音楽:高木聡 プロデューサー:深谷好隆、春本雄二郎、南陽
出演:松浦慎一郎、梅田誠弘、遠藤祐美、森本のぶ

リアルというか監督自身の体験からきた台詞がなかなか痛いふらふら衝撃
9月にはパルシネマにて上映もあるようだしまた観ようかなわーい(嬉しい顔)

シネ・ヌーヴォ
「聖なるもの」2017年/カラー/90分
監督・脚本・編集:岩切一空 劇中歌・主題歌:ボンジュール鈴木 音楽:有泉慧
出演:南美櫻、小川紗良、山元駿、佐保明梨、青山ひかる、松本まりか

シネ・ヌーヴォの劇場スタッフに薦められ鑑賞映画館
ある意味変な映画だけど劇場ならではかもあせあせ

シネ・ヌーヴォ
こんにちは。試写室情報です。『青夏 きみに恋した30日』★★★半

青春(しゅん)よりも青くて熱い「あおなつ」ハート(青) 、思春期の疾走感、迸る水、濃緑の薫り、かき氷、浴衣、花火といったモチーフを表す巧い題名だ。

自然豊かな南伊勢町でロケしたドローン撮影は圧巻!波クローバーひまわり花火

愛らしい葵わかなの魅力が全開な好感度高い夏休み映画カチンコ

長文のため、宜しければ日記をご閲覧頂ければ幸いです。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1967674394&owner_id=29763423&full=1
「未来のミライ」

1日なのに思っていたほど混んでなかったexclamation
細田作品の主人公って、やっぱり感情表現が豊かで笑ったり怒ったり見ていてとにかく忙しい☆
今作はオムニバスっぽいなぁと感じた電球予告編から想像していた感じとはかなり違ったし表情(嬉しい)そして意外と大人向きなんじゃないかと思ったクローバー
ひいじいじがカッコ良かったー☆
「ザ・バンド/ラスト・ワルツ」THE BAND/“THE LAST WALTZ” 1978年/アメリカ/カラー/117分
監督:マーティン・スコセッシ 製作:ロビー・ロバートソン
出演:ザ・バンド、ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ニール・ヤング、ニール・ダイヤモンド、ジョニ・ミッチェル、ヴァン・モリスン、リンゴ・スター、ロン・ウッド、ドクター・ジョン、マディ・ウォーターズ、ポール・バターフィールド、ロニー・ホーキンス

数年前に《ロックの学校》という特集で上映されたけど40周年デジタル・リマスターということで音も数段よかった気がするスピーカー(音量)CDもCD-BOXも持っているがやはりスクリーンで観たいよな(^o^)

出町座
こんにちは。試写室情報です。『バンクシーを盗んだ男』★★★★

作品は落書きか、21世紀の偉大なアートなのか。正体不明、神出鬼没。

セレブにファンが多く、一流オークションでは1億円以上で取引きされる。

世界中の壁や街の公共物にグラフィックアートを描く謎の男。

ラジカルな作風は論議を巻き起こす。アート界、人々の反応に迫ったドキュメントは、日本世界最速公開!必見の面白さです。

長文のため、宜しければ日記をご閲覧頂けると幸いです。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1967730139&owner_id=29763423
「万引き家族」2018年/GAGA/カラー/120分
監督・脚本・原案・編集:是枝裕和 撮影:近藤龍人 衣裳:黒澤和子 音楽:細野晴臣
出演:リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、城桧吏、佐々木みゆ、樹木希林、池松壮亮、緒形直人、山田裕喜、片山萌美、柄本明、高良健吾、池脇千鶴

ようやく観れましたexclamation手(パー)ほっとした顔
家族とは何なのか、絆とは何なのか、それを問う作品かな映画館リリーさん安藤サクラさんは相変わらずいいのだけど子役たちもいいカチンコ出番は少ないが山田裕喜くんと片山萌美さんはドラマ『Mother』で綾野剛、尾野真千子コンビの役回りあせあせ(飛び散る汗)

TOHOシネマズなんば
《ATG大全集 時代を挑発し続けた─ATG映画 一挙上映!》
「津軽じょんがら節」1973年/斉藤耕一プロ・ATG/カラー/102分
監督・脚本:斉藤耕一 脚本:中島丈博 撮影:坂本典隆 音楽:高橋竹山他
出演:江波杏子、織田あきら、中川三穂子、西村晃、寺田農

「変奏曲」1976年/中平プロ・ATG/カラー/110分
監督・脚本:中平康 原作:五木寛之 脚本:市古聖智 撮影:浅井慎平 音楽:遠藤瑶子
出演:麻生れい子、佐藤亜土、松橋登、パトレシア・ブールドレル



シネ・ヌーヴォ
《ATG大全集 時代を挑発し続けた─ATG映画 一挙上映!》
「正午なり(まひるなり)」1978年/プロダクション12・人間プロ・ATG/カラー/103分
監督:後藤幸一 原作:丸山健二 脚本:福地泡介 撮影:西浦清 作曲:レイ・ディビス 製作:長門裕之
出演:金田賢一、田村幸司、結城しのぶ、手塚さとみ、若杉愛、渡辺真由美、津山登志子、長門裕之、萩本欽一、垂水悟郎、草薙幸二郎、絵沢萠子、原田芳雄、南田洋子
鬱屈した青春、やり場のない閉塞感冷や汗今の時代とそこは変わらないのかあせあせ(飛び散る汗)
上映後後藤幸一監督のトークショーがありましたカラオケ


「星空のマリオネット」1978年/東京ビデオセンター・ATG/カラー/99分
監督・脚本:橋浦方人 原作:喜多唯志 脚本:大和屋竺 撮影:奥村祐治
出演:三浦洋一、亜湖、武井一仁、牟田悌三、馬渕晴子、山科ゆり、絵沢萠子
日本版「さらば青春の光」雷雷
若くして亡くなった三浦洋一さんが悔やまれる涙
どちらも毎日ホールの《映像のロマン》で学生時代に鑑賞済みexclamation手(パー)ほっとした顔

シネ・ヌーヴォ
「ミッション・インポシブル フォールアウト」

ついに見て来ましたー表情(嬉しい)グッド(上向き矢印)
見直ししといて良かった☆思っていた以上に続編やった(笑)exclamation
マイミクさん達の感想を読んでいたけど、本当にアクションがすごかったΣ(゜Д゜)exclamationこれホンマにスタント無しexclamation & questionスゴ過ぎるわあせあせ(飛び散る汗)あとイーサン性格もカッコ良過ぎぴかぴか(新しい)
口に出せないそれぞれの想いに、胸が締め付けられるような気持ちになりました(>_<。)☆
「ひろしま」─1945年8月6日、原子雲の下の真実─デジタルリマスター版(2017 リマスター)1953年/日教組プロ/モノクロ/104分
監督:関川秀雄 製作:伊藤武郎 原作:長田新 脚本:八木保太郎 音楽:伊福部昭 撮影:中尾駿一郎、浦島進 助監督:熊井啓
出演:月丘夢路、岡田英次、加藤嘉、山田五十鈴、原保美、利根はる恵、河原崎しず江、三島雅夫
2度とこのような悲劇を繰り返してはならないとあらためて思う。

シネ・ヌーヴォ
「ストリート オブ ファイヤー」[デジタル・リマスター版]1984年/アメリカ/カラー/94分
監督:ウォルター・ヒル 脚本:ウォルター・ヒル、ラリー・グロス 撮影:アンドリュー・ラズロ 音楽:ライ・クーダー
出演:マイケル・パレ、ダイアン・レイン、リック・モラニス、エイミー・マディガン、ウィレム・デフォー

何年か前に午前十時の映画祭でニュープリントで観たけど音はよくなっている気がしましたスピーカー(音量)

シネマート心斎橋


「オーシャンズ エイト」

やっぱり女優の無駄使いで(特にケイト…)つまんない映画だったけど、そんなのカンケーネー!パンチ
この豪華キャストに、確かに酔いしれた!
ありがとう オリゴ糖



「未来のミライ」

以外に?面白いけど、なんかな〜みたいな涙
このポスターのシーンと福山のトコは良かった。
「どうしようもない恋の唄」2018年/クロックワークス/カラー/96分
監督:西海謙一郎 原作:草凪優 脚本:龍一朗、石井均 撮影:工藤哲也 音楽:神尾憲一
出演:カトウシンスケ、藤崎里菜、間宮夕貴、高橋里恩、佐々木心音、石井均、大高洋子、榊英雄

シネマート心斎橋
こんにちは。試写室情報です。『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』★★★★

たった一人の手により、下描きもなく筆描きされた奇跡の80分アニメ!

息づく筆使い、スクリーンを駆け抜ける疾走感、印象派のように鮮やかな色彩、体温を感じる描線……。

美しい仏語の台詞が重なる時の心地好さ〜(^^) 苦さと暗喩的なモチーフが魅力☆

お薦めの傑作アートファンタジーです!

長文のため宜しければ日記をご閲覧頂けると幸いです。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1967950827&owner_id=29763423&full=1
《ATG大全集 時代を挑発し続けた─ATG映画 一挙上映!》
「肉弾」1968年/「肉弾」をつくる会・ATG/白黒/116分
監督・脚本:岡本喜八 撮影:村井博 音楽:佐藤勝
出演:寺田農、大谷直子、笠智衆、北林谷栄、春川ますみ、小沢昭一、田中邦衛



「吶喊 とっかん」1975年/喜八プロ・ATG/カラー/93分
監督・脚本:岡本喜八 撮影:木村大作 音楽:佐藤勝
出演:伊藤敏孝、岡田裕介、高橋悦史、伊佐山ひろ子、坂本九、仲代達矢、田中邦衛、岸田森

シネ・ヌーヴォ
《ATG大全集 時代を挑発し続けた─ATG映画 一挙上映!》
「君は裸足の神を見たか」1986年/日本映画学校・ATG/カラー/100分
監督:金秀吉 脚本:西村宣之 撮影:金徳哲 音楽:毛利蔵人
出演:石橋保、洞口依子、児玉玄、萩尾みどり、深水三章、会沢朋子

監督のトーク付きカラオケ

シネ・ヌーヴォ
《ATG大全集 時代を挑発し続けた─ATG映画 一挙上映!》
「地の群れ」1970年/えるふプロ・ATG/白黒/127分
監督・脚本:熊井啓
出演:鈴木瑞穂、紀比呂子、奈良岡朋子

シネ・ヌーヴォ
《ATG大全集 時代を挑発し続けた─ATG映画 一挙上映!》
「鴎よ、きらめく海を見たか めぐり逢い」1975年/綜映社・ATG/カラー/92分
監督:吉田憲二 原作・脚本:岩間芳樹 撮影:大津幸四郎
音楽:真鍋理一郎
出演:高橋洋子、田中健、根岸明美、萩原健一 、高岡健二

お話自体は何だかなあとも思うけど田中健さんの歌う主題歌が耳に残るexclamation手(パー)ほっとした顔ショーケンは特別出演ながら印象的カチンコそういや高岡健二さんてこの時代よく顔を見たけどどこ行っちゃったんだろう?

シネ・ヌーヴォX
《元町映画館8周年×南京町生誕150年 記念特別上映》
「最後のブルース・リー ドラゴンへの道」1975年日本公開英語版/1972年/香港/カラー/99分
監督・脚本・主演:ブルース・リー
出演:ノラ・ミャオ、チャック・ノリス

超満員でした表情(びっくり)あせあせ(飛び散る汗)

元町映画館

ログインすると、残り118件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

映画好き![ We Love Movie ] 更新情報

映画好き![ We Love Movie ]のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済