ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 会社、団体 > 生命保険業界 > 医療保険について考える

ログインして参加する

このコミュニティに参加するにはログインが必要です。

医療保険について考える

医療保険について考える 2016年11月20日 21:23
mixiユーザーmixiユーザー
医療保険について考えてみたいと思います。
皆さま是非知恵をお貸しください。

コメント(5件)

[1]2016年11月20日 21:32
先ず 医療保険の本当のすがtについて考えてみます。
保険は3種類に分類されるといいます。
定期保険
養老保険
終身保険

で 医療保険もこのどれかに分類されますが..
大手生保の医療特約は 定期保険 に相当しますね。
それとは別に 新しい保険会社で販売をしてる 医療保険やがん保険は 終身保険に相当します。

これを理解していれば医療保険について的確なアドバイスや意見を述べる事が容易になります
[2]2016年11月21日 07:06
保険の本質
保険とは 貯蓄の補助にしか過ぎません
未来の不安要素に対応するためには原則 貯蓄で対応しなければなりません。そもそも 豊かになる事の目的の一つに 困った事に備える意味合いがありまづね、備えによる安心感は 心の贅沢をしているわけです。
[3]2016年11月21日 11:42
医療保険を考える時 誰のどの時期の保障なのかをハッキリさせる必要があります。
例えば 全労済とか県民共済などは 働き盛りの若い時期の保障に対応していますが、高齢の時期が手薄です。

働き盛りの頃に入院や手術などで治療に専念しなければならなくなると 先ず.. 収入が減ります。働けなくなるからですね。子供が入院したために奥様が仕事を辞めてしまうケースも珍しくありません。
働き盛りの頃も確かにそれなりの病気や怪我に備えるものを準備しておかなければなりませんが..実際に高額な治療費の可能性があるのが老後の後半です。若い頃の保障を厚くするのはいいですけれど、長生きした場合の事も考えておかなければなりません。 男女およそ10年 お亡くなりの前は健康じゃない状態が続いてますので 老後の資金の事も考えて医療保険を考えていかなければならないのです。
[4]2016年11月21日 20:03
老後が豊かになっていれば 医療保険なんて若い頃だけあれば充分だと思います。昨今の高齢者に医療保険が流行る背景に 充分な貯蓄が出来ていないって事が挙げられます。
保険は貯蓄の補助です 充分な貯蓄が無いから保険に頼るわけですが、お金の使い道としては保険に頼る前に貯蓄をする事なんです。貯蓄が出来ないなら保険は掛けなくて良いくらいと言えます(正確には最小限の保障のみ)
この辺りですね、家計が赤字なのに全額掛け捨ての高額な医療保険やがん保険に入ってしまう人に 手数料欲しさに コンサル無しで 希望通りの商品売っている保険屋さん 私はいけないなと思いますね。
[5]2016年11月22日 07:34
【ノーマルな医療保険は不要】

入院日額 1万とか5千円 入院日数が60日とか120日
手術で〇〇万円が出ます...と言うような シンプルな医療保険って結局のところ 不要です。何故不要かと言うと せいぜい貰っても100万以内 30万とか 5、60万円程度が受け取れるこの保険のために掛け金(保険料)を一体いくら納めているのか計算をしてみるといい.. って事。

例えが悪いのですが ノーマルな医療保険は
競馬や競輪で言うところの 「本命狙い」に相当します。
少額がチョコチョコ当たるのでそれなりに遊べますが トータルで得をする事はありません。
医療保険は高額な金額が出る特約が付加されてこそその価値があります つまり「大穴狙い」が含まれている必要があります。

ノーマルな医療保険が必要な方は 家計に余裕のお金が乏しい人のみです。終身保険に加入していないとか 加入していても少額だった場合だけですね。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

コメントを書く (*の項目は入力必須)

生命保険業界のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

メンバーが参加している他のコミュニティを自動的に算出して表示しています。星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

生命保険業界

人気コミュニティランキング