ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > アイヌ語勉強会「銀の滴講読会」 > トピック一覧 > サハリン先住民の過去と現在 @...

アイヌ語勉強会「銀の滴講読会」コミュのサハリン先住民の過去と現在 @ ワタリウム美術館 3月13日(金) 19:00 - 21:00

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

ワタリウム美術館での写真展 「ここより北へ」石川直樹+ 奈良美智 の関連イベントです。
先日のキロロアンは丹菊さんのレクチャーでしたが、こちらは実際にサハリンを訪れた写真家が聞き手ですのでまた違った観点の話が出ることを期待します。 

要予約。 
この催し自体は無料ですが、「ここより北へ」石川直樹+ 奈良美智 への入場チケットが必要です。

http://www.watarium.co.jp/exhibition/1501ishikawa_nara/event_15_3.pdf

3月13日(金) 19:00 - 21:00
サハリン先住民の過去と現在
講 師 :丹菊逸治  (北海道大学アイヌ・先住民研究センター准教授)
聞き手:石川直樹(写真家)

北海道の北にあるもう一つの島サハリン(樺太)。
その北部に暮らしてきた先住民族ニヴフ、ウイルタ。
彼らはロシア連邦の領域内で独自の言語と文化を保ってきました。
その文化は日本ともアイヌとも似ているようで似ていない、
不思議な印象を与えてくれます。
ニヴフ民族の間でフィールドワーク調査を続けてきた研究者が、
彼らの言語や伝統文化、過去の歴史や現在の状況について解説します。

参加費無 料・ 要予約
本展入場チケット(会期中何度でも使えるパスポート制)、
又は メンバー会員証にてご参加いただけます。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

アイヌ語勉強会「銀の滴講読会」 更新情報

アイヌ語勉強会「銀の滴講読会」のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。