ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > バーチャル・ゴルフ教室 > トピック一覧 > 松山選手、おめでとう!

バーチャル・ゴルフ教室コミュの松山選手、おめでとう!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体


今年の全米オープンは史上最長のコースで行われました。
そして、世界ランキング上位の3人がなんと予選落ちする
という、これも史上初の事だそうです。

これは他の選手にとっては幸運なことで、二度とない
かもしれないチャンスとなったのです。

通常、4日間の試合では運の良い日、悪い日が1日づつあり
あとの2日はまあまあの日というのが良くしられたパターンです。

ところが、時には4日間の中で2日とも幸運な日が来る
という事もまれにあるのです。

松山選手は今回、その個人としての運の良い試合でした。
また、優勝したケプカも同様でした。

この二つの幸運が重なり、しかも体調や腕の調子も良い物だけが
優勝を争えることになっているのです。
したがって、今回はこの二人の実力の差を
しっかりと見せつけられる試合となったのです。

しかし、松山選手はこの最高の舞台で、4打差はありましたが2位タイとなり
青木さんの記録には及びませんでしたが、素晴らしい成績を残しました。

やはりケプカは別世界のゴルフをします。
怪物と言わざるを得ないでしょう。

世界にはこのような怪物が大勢います。
今後の日本の成長に期待しています。

コメント(10)

アキラさんの上げた動画を昨晩見ましたが、

667yを2オン・・・

ケプカ、J・トーマスは我々と同じ人間なのかと思いました(-_-;)

>>[1] ノリッチさん

規格外というか怪獣ですね。
やはり心技体運が揃っているということでしょう。

ここは怪獣を目指しているところです。
みなさんも本気で取り組みましょう!

>>[2]

そうですね!怪獣目指します!

・・・と帰宅しまして、
お、アキラさん早速upしてるなと
題名見たらば

「3Wとアイアンで681y2オン」

・・・

かかか、怪獣目指します!

>>[3] ノリッチさん

はい、この日はかなりの追い風でしたので
普段よりは相当飛んでいました。

ただ、ローズは330Yパー4で届いていました。
風はむしろアゲインストですが、落下地点がかなり硬く
キャリーは277Yでしたが、随分転がってピンハイです。

スイング速度はゆったりですが、効率が良いので
彼のスイングはお手本になるかと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=aTMBGvGGTVc



>>[4]

ありがとうございます(^^)
ローズのスイングは素晴らしいですよね・・・

強い追い風と、カチカチのFWにより、
飛距離が伸びたのですね。
総全長が長い分、飛距離の出やすい
コース設定になっているのでしょうか?

J・ローズのスイングは素晴らしいですよね・・・

>>[5] ノリッチさん

恐らく全ては計算済みだと思います。
681Y のパー5を作るって、追い風も計算して
でなければ、ちょっと行き過ぎかもしれませんからね。

コースは草原だったところを、あまり手を加えずに
作ったと言っていました。

ゴルフ場を作る時にも経費が少なく、維持するにも
ラフをきれいに仕上げる必要がないので
水の費用だけでもかなりの節約ができます。

アメリカも夏によっては水不足で制限される事があります。
水代もバカになりません。

また、FWが硬いのは、もともとあの辺の土壌が
手では穴が掘れないくらい硬いので、軟らかくするには
FWの表面を掘り返して砂を半分くらい混ぜないと
できない事なので、それも自然のままなのだと思います。

距離は全米オープンなのでどの試合よりも長く難しく
という考え方から最長で作られ、費用は掛けずに
できるだけ自然のままで、という二つの考え方から
このような状態のコースができたのだと思います。

また、FWが硬いのはランが多くでるので、
全英のようにFWのポットバンカーに吸い込まれるような
危険性を高めているという、一つの設定科目にもなることです。

したがって、高く上げて止めるというDRが打てないと
余計に叩くというコースを目指しているのかと思います。

FWも場所によって軟らかいところと硬いところが
あったようです。
これも自然なのか、意図的なのかは分りませんが
飛ばし屋が有利な設定となった事は事実です。

その中で、平均飛距離が288Yの小柄な選手が
トップ争いにいたことは驚きで、物凄い腕を持っている
選手なのだと思いました。

ミスターさんの書き込みにもありましたように、
日本人にとっては良い啓発になったと思います。

ちなみに、藤田選手が言っていましたが
288Yは日本では飛ばし屋な方だそうです。
確かにランも入れて300Yは飛んでいました。

ローズはリズムやテンポが無理なく、ゆったりとしており
飛距離もかなり出る方です。

ぜひ、真似をしたい選手の一つですね。

>>[6]

丁寧な解説、考察を頂きありがとうございました!

間違って2度J・ローズを讃えたのは無視してください(^-^;

硬いFWのお陰でランが稼げる
ということですが、
ランが出るようスピンを掛けて打っているので、
飛距離も出る、ということはありますでしょうか?

>>[7] ノリッチさん

ロフトを立てて低く打つ、ロフトを立てて打ち上げる
ロフトを寝かせて低く打つ、ロフトを寝かせて打ち上げる
という4種類のパターンで考えてみてください。

ロフトを立てて低く打つと弾道はライナーに近く
スピンもあまり掛からないのでキャリーはあまり出ないのですが
ランがかなりでます。

ロフトを立てて打ち上げ軌道で打つと、弾道は低めですが
スピン量が減ってキャリーとランの両方が出ます。

ロフトを寝かせてスピン量を多くすると、キャリーは少なく
高さによってはランも少ないでしょう。

また、ロフトを寝かせて打ち上げ軌道でスピン量を減らすと
キャリーはその分出ますが、高さによっては逆にランも
キャリーも出ないことになりそうです。

ロフトを立てるとは打ち方もありますし、ヘッドのロフト角
という両方を意味します。

両極端を考えてみるとお分かりのように、
これらの中間のどこかで設定すると自分にとっての最高の
飛距離が出ることになりますので、いろいろなクラブで
試されると良いと思います。

この4種類が使い分けられたら凄いレベルのゴルフに
なるかと思います。

FWバンカーを超えてすぐに止めるとか、落下地点を
下り傾斜の位置にしてランを稼ぐとか、いろいろな楽しみや
攻略法が増えるでしょうね。

でも、基本はワンスイングで、風の向きによって
高さすら変えなかったジャックニクラウスのように、
一つをマスターした方が早くスコアが良くなり
早く安定して、ミスが少ないゲームができるかと思います。

コースによって違うクラブを持って行くのは
このような事が理由の場合もあります。
どこまで追求するかは、みなさんの能力や体力、好みや価値観
で決めていただければと思います。

>>[8]

アキラさん、おはようございます(^^)

今週はアルコール摂取の機会が多く、
イイネ!は押せていましたが、
お礼を投稿できずすみませんでしたm(_ _)m

詳しい解説、ありがとうございます!
Drで気になっている事がありますので、
別トピックでご質問させていただきますm(_ _)m

>>[9] ノリッチさん

了解です。
お待ちしています。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

バーチャル・ゴルフ教室 更新情報

バーチャル・ゴルフ教室のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済