ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > バーチャル・ゴルフ教室 > トピック一覧 > ● 引き落とし(落とし押し)

バーチャル・ゴルフ教室コミュの● 引き落とし(落とし押し)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体


ここでいう引き落としとは切り替えし直後に
右手でクラブを引っ張って落とす動作をいいます。

切り替えしでバンプの動作をする時に手の位置は
その高さを保って左のお尻を突き出す準備をするのですが、その直後に
バンプ、ダンプ、ターンと言われたダウンスイングの3分割の
ダンプがこの引き落としにな当たります。

ダンプとは投げ捨てるとか、叩き付ける意味があり
右の肩上にあるバスケットボールを左足前の床に投げつけるような
縦の動きを意味します。

この際に年配の方達のような体の硬い場合は右肘がお臍まできませんので
右腰の位置まで落としてから右腕でクラブを球方向に押して
左手でグリップエンドを引き上げる動作によって勢いのあるリリースができるのですが
モダン打法では、できるだけ右腕のスナップを使うために
右肘はダンプ時にお臍の位置まで落としてからリリースを開始します。
この時にトップの位置からクラブを引き落としてダンプの動作を行います。

バンプ時にはできるだけ腕を下ろさず、肩を開かずに
むしろ後ろ(飛球線上後方)を向いたまま体重移動をするのですが
肩を開かない代わりに胴体を弓にしながら右肩を落とします。
したがってバンプとダンク、ダンクとターンの間には時間差が生じます。
これがラグです。


従来の引き落としはヘッドはオンプレインで降りて来るのですが
最近の打法ではヘッドはオンプレインではなく、しの字を書いて
降りてきます。(飛球線上後方から見た場合)
これはプレイン自体がダウスイング中に変わるからです。

なぜ、このような複雑なテクニックを使うかというと
それはトップで作った三軌道一面上に、インパクトまでには
球を乗せる必要があるからです。

トップでは三軌道は一面でも、まだ球がその面上にはなく
球の外側を指し(向い)ています。
これをダウンスイング中に調整し、球を含んだ軌道に修正する必要があるのです。

したがって、ヘッドは引き落とし時には従来のプレイン上を降りず
新しい修正した軌道を降りることになるためにしの字になるのです。
また、この動きがうねりという歪になり、さらにHSを上げるのです。

ここまで難易度の高い技で世界のトップツアープロ達は戦っています。
高度なテクニックを要求されているのが現状で、世界の厳しさがうかがい知れます。

コメント(29)

質問させていただきます。グリップについてですがバックスイングからダウンスイングまでゆるゆるのグリップでいいでしょうか。その間に引き落としがあると理解しますが、引き落としの間もグリップ全体としてはゆるゆるで、右手というのは右の第3,4指で下方に引っ張るだけでやはりゆるゆるは維持してインパクトに向かうということでよろしいでしょうか。ご教示いただけましたら幸いです。

>>[1] ミスターさん

はい、その通りです。
クラブの軌道を邪魔しない程度に軽く握り
インパクトの瞬間だけ全力で握ります。

ありがとうございます。ゴルフスイングって意外と力が入っていないものなのですね。というか入れるところと入れないところ、その程度がいろいろスイング中に変わると。ああ難し。ほとんどのアマチュアは初めから終わりまでずっと力を込めっぱなしなのでしょうね。

>>[3] ミスターさん

グリップの握力は他の部位にも影響します。
終始握っていると体全体がガチガチになってしまいます。

スイングは力を入れる部位と時期を覚えるのが難しいので、
動画で形は見えても、筋肉の使い方や力量は見えません。

これがゴルフの難しいところですね。

質問させていただきます。
右肘はダンプ時にお臍の位置まで落とすということですが、
クラブの長さによらず全て同じ位置に右肘を持ってきて良いのでしょうか?

たとえばPWで浅いトップから引き落とすと自分には難しく安定しないように思えましたので
クラブの長さによって引き落としの度合いを変えて良いでしょうか?





>>[5] yuuさん

はい、基本的に全ての番手で同じに振るという
ワンスイング方式にします。
ただ、スタンス幅が違ったり、前傾角が違っていますので
同じように大きくすることは自然にできません。
できる範囲で同じ事という意味です。

また、PWは遠くから引き寄せるように落とし、
DRは首の裏から体に巻きつくように最短で球に向けて落とします。
トップの位置はこのように長さによって違うのですが
右肘の入れ具合は同じです。

最初は力で落とすのではなく、自然落下の速度で
力を抜いて落ちてくる程度にしてください。
それでもできるだけリリースを遅くすれば
十分にレイトヒティングはできます。

>>[6]
ありがとうございます。あまり意識せずやってみようと思います。
質問お願いします。しの字に降りてくる動画を貼っていただけないでしょうか?

>>[8] ゴルフ好きさん

ちょっとアングルが悪いのですが、
もう少し左にカメラがあったら「しの字」に
見えるかと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=M6pqXftLAos



>>[9]
ありがとうございます。今後とも質問よろしくお願いします。


スロー動画がありました。
テイクバックのヘッドの軌道を覚えながら見てください。
ダウンスイングはその軌道から下(地面方向)を通って
最終的には同じ位置に戻ります。
これがしの字です。


https://www.youtube.com/watch?v=Zz5M1iDEsFw



>>[11]

よこやり失礼します。

非常に大ざっぱな描き方で申し訳ありません。

ヘッドがテイクバック軌道よりも平行落としでシャローに降りてくるために”し”の字の軌道を通ると説明するのも正解でしょうか。

右斜めに横倒しになっているような”し”でしょうか。ご意見いただけましたら幸です。


>>[12] ミスターさん

はい、まさにその通りです。
直線は手やグリップエンドの軌道なのですが
ヘッドは点線を降りてきます。

本来はどちらも直線で降りて来るのが物理的には
ブレがなく安定性が高いのですが、このように
軌道から外れてでもローテーションを遅らせて
レイトヒティング効果を上げようとしたのがこの打法です。

初心者はオンプレインでまず練習してください。
基本動作はシンプルな動作ですので、完成できてから
しの字を入れるように指導してください。

タイガー打法はとにかく課題が多く複雑な動きですので
まずは、基本の動きができるまでは飛ばす技は二の次です。

最初から全部を入れて習得しようとしたら、とんでもなく
複雑な作業となって、ほとんどの人は諦めて
辞めてしまうでしょう。

ミクシーの情報は頭で理解するための物ですので
分解ドリルや矯正ドリル、調整や修正法、診断法や
軌道修正などを体に覚えさせながら一歩ずつ慎重に進まないと
ほぼ間違いなく砂上の楼閣になるかと思います。

まずはオンプレインでヘッドが落ちてくる、手と同じ軌道で
おろして来るところから入り、飛距離の技を組み込む段階になったら
少しずつ色々な技を取り入れるという、段階を経た習得法が
このような難易度の高い高等技術の場合には要求されます。

その段階になった方には詳細情報が必要ですので、
その時にはご自身の体験も踏まえて、解説指導するときに
このような画像も大変役に立つと思います。

ただ、この選手は中期の打法とモダンとのどちらでもない
中途半端な打ち方ですので、もっと理想的な打法の人の
画像がありましたら、それに線を引いて保存しておいてください。

ご丁寧にありがとうございます。横槍すみません。
一つ質問をさせていただきたいのですが、左肩を下げて右肩を釣り上げるモダン打法と左肩と右肩を水平に回すのはどう違うのでしょうか?モダン打法のテイクバックについて少し教えていただけませんか?


>>[14] ゴルフ好きさん

どこに上げても打てるのですが、中期と現在の違いは
飛距離にあります。

飛距離を出すと言う事はHSが速く、中期の打法で振ると
ヘッドが浮いてヒールトップし易くなります。

そこでモダン打法では、トップの位置では左肩を下げて
ショルダープレインをできるだけ縦にして、
手の軌道とヘッドの軌道に近い角度にして振ります。

これによって、超高速に振っても肩の延長上にヘッドが
行こうとして軌道が修正され、そこに球があるというのが
三軌道一面化のスイング理論です。

したがって、インパクトではアームシャフト角も伸ばし
肩を縦に回転させる事で、速く振れば振るほど当たる
という理想を求めているのです。

ただ、人体には限界があり、なかなか三軌道を一面化するのは
体が柔らかい20代までかも知れませんが、要は
左肩の動きをオンプレインにする事として考えると良い事です。
左肩がヘッドの軌道面上を回転すると言う事です。

>>[15]

続けて質問させてください。マキロイ選手を観察していて思ったのですが、アイアンでは左肩を下げてテイクバックをしていますがドライバーではそのようにあまり見えません。これは正しい分析でしょうか?
左肩を下げて上げるには体とアイアンのグリップの先端との距離が近いかもしたのですが、どうでしょうか?

>>[16] ゴルフ好きさん

仰っている意味が良く分かりませんので
どの動画とどの動画を見比べたかを教えていただけますか?



どちらも同じ角度になっているのですが、
これらの画像で宜しいでしょうか?

アドレスの時のグリップとお臍とのきょりのことをいっていたつもりです。すみません。

>>[20] ゴルフ好きさん

確かにアドレス時のグリップエンドと体との距離は
彼の場合には違いますね。

彼は前傾角度がアドレス時にはアイアンが浅く、DRは深く
構えているからです。
しかし、インパクト時にはスパインシャフト角は
ほぼ同じ角度になっていますのでとても複雑です。

と言う事は途中で調整していると言う事ですので
この複雑怪奇な調整方法はとんでもなく難解で、
一度崩れたら戻すのはとても大変だと思います。

師匠のタイガーも時代によって前傾角度が4種類だと
というズレをアメリカの解説者が指摘しましたが、
マキロイも同じように、アドレス時の前傾角度は
ワンスイングになっていません。

これはとても器用な天才だということだと思います。
ここまで複雑な調整ができる人は数えるほどしかいないでしょう。

>>[21]
なるほどです、、、改めてその天才さを痛感させられました。ありがとうございます。自分はワンスイングにできるようにしたいと思います。ちなみになのですが、前傾角度を浅くした方が左肩を下げやすい気がしたのですがどうでしょうか?

>>[22] ゴルフ好きさん

前傾角を浅くすると、腰への負担は少なくなります。
しかし、ズレのチェックには簡単な角度が判り易いので
直線、直角、45度、30度の順で、できるだけ
見てすぐに判断できるようにしてください。

スパインシャフト角を90度にするのはちょっとキツイ
と言う人は仕方がないのですが、将来的な事を考えると
判り易い方がお薦めです。

左肩を下げるのは前傾角にはあまり影響されないのですが
前傾角を深くすると三軌道を一面化し易いのもメリットです。

ただ、浅くすると落下力が多く使えて飛ぶ人がいるのですが
深くして体のしなりと捻りの両方によってかなりのタメと張りが
作れますので、体の使い方をマスターするのであれば
90度がお薦めです。

>>[13]

https://youtu.be/xe-j3ERvrvc

18秒あたりで、なぞっているのが、平行落としのなぞり、であっていますでしょうか。
遼くんも一時期トライしてた気がします。

>>[24] こたけさん

はい、そうだと思います。
遼君も一時期だけやっていましたね。

この平行落としは大きくするとミートさせる調整が難しくなり
どの程度入れるかによって難易度がかなり変わります。

タイガー打法にはこの動きが入っていますがタイガーもマキロイ
も2〜3割程度です。

ほとんどマックスに組み込んでいるのがラームやガルシアです。
脚力などはあまり使わずにあれだけの飛距離が出ているところを
見るとキャメロン同様に引き下ろしの引っ張りでヘッドを落として
いるかと思われます。

トップでヘッドが暴れる人は左の手首をトップでさらに山にして
降ろして来るような平行落としの方法を取ると治る事があります。

また、右肩を切り返しで先に落としてからダウンスイングに入ると
同じように多少ですが平行落としのクラブの動ごきになります。

ローズの動きは肩を回さないように先に手を落とす時にも
同じようななぞりをやりますので、一石二鳥かも知れませんね。

>>[25]

ありがとうございます。
4:20あたりも同じなぞりでしょうか。どうも、4:20あたりのなぞりは、ちょっと違うなぞりのようにも見え。。
ご見解をお教えくださると幸いです。

>>[26] こたけさん

このなぞりは体と腕がバラバラにならないように、一体で
インパクトゾーンからフォローまでを作る時に良くやります。

インパクトでは重量が必要です。
ヘッドの重さはそれ自体の重量ですが、グリップをしっかりと
握っていると飛びます。

これは手の重量もクラブに加算されて球を潰しているからで
この手、腕、そして体全体の重量がインパクトで掛かれば、
もっと球が潰れて飛ぶと言う理屈です。

インパクトでグリップを緩めたら出ない事は良く分かるように
体と腕がバラバラになっていると飛距離が落ちる事が分かります。
また、体ごと打つという形的にも緩みをなくしてブレを軽減する
効果もあります。

人によっては軌道を変えて曲げ球を打つ人がいて、打つ前になぞり
をする人がいるねすが、ローズは確かワンスイングでスタンスを
変える方法だったと思います。

フォローがやけにインサイドなので意図的フェイドの練習に入る
寸前にこのなぞりをしたのかと思ったのですが、彼はもともと
アームシャフト角を伸ばさずに、アドレス時の角度で打つ方法を
S&T時代に固めていますので、恐らくインサイドイン打法のクラブ
の動きをそのままなぞっているだけかと思います。

>>[27]
ありがとうございます!
インサイドインに見えたので、番手で変えているのかとも思ったのですが、元々インサイドインに近い打法なんですね?

>>[28] こたけさん

はい、ショーンフォーリー氏がタイガーにA&Tを教えている時も
かなりのインサイドインで振らしていました。

その後多少はアームシャフト角を伸ばすようにはなったのですが
ローズはアドレス時の角度に戻そうとしているようです。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

バーチャル・ゴルフ教室 更新情報

バーチャル・ゴルフ教室のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済