ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 沖縄と福島を根底から考える > トピック一覧 > 転載「悲劇の東海村     鎌...

沖縄と福島を根底から考えるコミュの転載「悲劇の東海村     鎌田 慧」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

   悲劇の東海村     鎌田 慧


 先週の土曜日。「東海村で『原発NO!』を叫ぼう 人間の鎖行動」に参加した。薄曇りだったからやや助かったが、それでも原発周辺だから木立のない炎天下、さすがに気分が悪くなった。

 東海第二原発は、来年で運転40年目、ボロ原発だ。あと20年間の操業をたくらんでいる。無謀というべき自殺行為、というか他殺行為だ。いまだ原発を「主力電源」と言い放つ内閣と取り巻き官僚たち、原子力規制委員会、日本原電は事故が起きたときどんな責任をとるつもりか。

 「ヒバクシャ」の悲惨を見捨てて「核兵器禁止条約」に背をむけた安倍内閣、「フクシマの悲劇」を繰り返さないと決意したドイツなど原発脱却諸国の叡智を迷惑顔に再稼働を進める政府。

 東海村は日本最初の原子炉が臨海に達した「原子力の村」であり、死者が出た最初の臨海事故が発生した村であり、最初に廃炉作業がはじまった村だ。最近では近くの大洗町の研究所で放射性物質が飛散、労働者が被ばくする事故が発生した。

 1950年代末、マスコミで喧伝された原子力栄光のトップランナーが真っ先に転倒した悲劇の村(その二番手が愎晃六ケ所村だ)である。

 茨城県知事選挙は、現職が*ようやく「再稼働反対」を主張したが、自公政権の執拗な「多選阻止」を掲げた攻撃によって敗退した。(東京新聞8月29日)


(管理人注*現職が「再稼働反対」を選挙戦中にうちだしたのは、反原発政策を体系的に告示から問題提起した共産党含め市民と政党・団体の6グループ推薦の鶴田まこみ候補が立候補していたことが大きい。)

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

沖縄と福島を根底から考える 更新情報

沖縄と福島を根底から考えるのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。