ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 名作を読みませんか > トピック一覧 > 次郎物語  183

名作を読みませんかコミュの次郎物語  183

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

 朝倉先生は、この話を語りおわると、しばらく沈黙した。
 塾生たちは、かるくとじたまぶたをとおして、窓のすりガラスに刻々に明るくなって行く朝の光を感じながら、つぎの言葉を待った。

 軒端《のきば》には、雀がちゅんちゅんと、間をおいて鳴きかわしている。
 やがて先生は言葉をついだ。
 「私はけさ、君らの中のだれかが打った板木の音を聞きながら、ふと、この話を思い出したが、  それはおそらく、けさの板木が、
  ここの生活にふさわしい心をもって打たれていたからだと思う。

  君らの耳にあの音がどう響《ひび》いたかは知らない。
  しかし、私は、あの音から、この塾はじまって以来のゆたかな感じをうけたのだ。
  じっくりと落ちついて、すこしも軽はずみなところのない、
  また、すこしも力《りき》んだところのない、おだやかな、
  そして辛抱《しんぼう》づよい努力、
  心の底に深い愛情をたたえた人だけに期待しうるような努力を、私はあの音から感じとり、
  これこそここの生活を象徴《しょうちょう》する響きだと思ったのである。

  私は、しかし、奕堂和尚のように、だれが、どんな気持ちで、今朝の板木を打ったかを、
  しいて知りたいとは思わない。
  それは、もともとここの生活では、だれがどんな働きをして、
  どんな名誉《めいよ》を担《にな》うかということは、
  あまりたいせつなことではないからだ。

  ここの生活でたいせつなのは、名でなくて実である。
  心である。
  その心がむだにならないで、共同生活全体の中に生かされていけば、個々の人の名などは、
  しいて問題にする必要はない。
  そういう意味で、私は、今朝のような板木の打ちかたをする心をもった人が、君らの中に、
  少なくとも一人だけはいる、ということを知っただけで満足したいと思う。

  そして、その一人の心が、おたがいの生活の中に、
  すこしもむだにならないで生かされていくことを、心から期待したい。
  つまり、愛情に出発した、おだやかな、しかも辛抱づよい努力、そういう努力を、
  単に板木を打つ場合だけでなく、すべての場合に払《はら》ってもらいたいのである。

  名を求めず、ひたすらに実を捧《ささ》げるという気持ちに徹《てっ》して、
  そういう努力を、みんなで払ってもらいたいのである。」

 朝倉先生は、そこでまた口をつぐんだ。
 塾生たちの中には、話がそれで終わったのかと思い、そっと眼をひらいて、先生の顔をのぞいて見たものもあった。

 次郎は、しかし、それどころではなかった。
 かれは、もう、先生のつぎの言葉が、槍《やり》の穂先《ほさき》のような鋭さで、自分の胸にせまっているのを感じ、かたく観念の眼をとじていたのだった。

 「ところで――」
 と、先生は、かなり間をおいてから、つづけた。
 「私は、率直《そっちょく》に言うと、
  君らが私の期待を裏切らないだろうということについて、
  残念ながらまだ十分の自信を持つことができない。

  というのは、今朝の板木が、あまりにもながく鳴りつづけたからだ。
  あれほど辛抱づよく、しかも、あれほどおだやかに鳴りつづけたということは、一方では、
  あれを打っていた一人の塾生の心の深さを物語るが、また、一方では、
  その一人をのぞいた多数の塾生の心の浅さを物語ることにもなったのだ。

  君らの大多数は、板木を打った一人の塾生があれほどの誠意を示したにもかかわらず、
  容易にそれにこたえようとはしなかった。
  君らにとっては、その誠意よりも、寝床《ねどこ》の中のぬくもりのほうが、
  はるかにたいせつだったのだ。

  あたたかい寝床の中で、うつらうつらと、できるだけ眠《ねむ》りを引きのばすことを、
  人間の誠意以上に、たいせつにする心、これは決して深い心だとはいえまい。
  もっとも、君らの中には、内心それをいくらか恥じていたものも、
  おそらく幾人《いくにん》かはあったであろう。

  気がとがめるといった程度なら、あるいは君らのすべてがそうであったのかもしれない。
  しかし、それも結局は何の役にもたたなかったのだ。
  では、なぜ役にたたなかったのか。
  今、君らに真剣《しんけん》に考えてもらいたいのはこの一点だ。」

 静かな空気の中を、えぐるような沈黙の数秒が流れたあと、朝倉先生の言葉が沈痛《ちんつう》につづけられた。
 「私に言わせると、それは、君らに、
  ほんとうの意味で自分をたいせつにする心がないからなのだ。
  言いかえると、君らには、自分で自分をたいせつにする自主性というものがまるでない。
  さらに言いかえると、君らは多数をたのみ、多数のかげにかくれて、
  何よりもたいせつな自分の良心を眠らせることに平気な人間なのだ。

  私は、現在の日本人の大多数がもっている最大の弱点を、
  君らの今朝の起床の様子でまざまざと見せつけられたような気がして、
  全く、暗然《あんぜん》とならざるを得なかったのだ。」

 次郎は、朝倉先生が、開塾最初の朝の訓話《くんわ》で、これほど激《はげ》しい言葉をつかって、真正面から塾生たちに非難をあびせかけたのを、これまでにきいた覚えがなかった。
 かれは、まだあとに残されている自分への非難が、どんな言葉で表現されるかを、身がちぢまる思いで待っていた。

 「君らのそうした非良心的な態度は、君ら自身をますます非良心的にするばかりではない。
  それがある限度をこすと、ついには、愛情と忍耐《にんたい》とをもって、
  君らの良心を力づけようと努力している人の心までをきずつけ、その愛情と忍耐とを、
  憎《にく》しみと怒《いか》りとに代えてしまうものだ。

  現に君らは、今朝の板木の音の調子が途中《とちゅう》から変わったことで、
  それがわかっただろうと思う。
  あの、おだやかで辛抱づよかった板木の音が、おしまいになって、
  急に怒りだしたとしか思えないような乱調子になったが、
  あれは、君らのあまりにも非良心的な態度が、
  板木をうつ人の心をきずつけた証拠《しょうこ》なのだ。

  むろん、私は、愛情も忍耐心も失った、ああした乱暴な打ちかたを、
  是認《ぜにん》はしていない。
  また、それをやむを得ないことだとして弁護しようとも思っていない。
  怒りや短気は、友愛塾の精神とは根本的に相いれないものなのだから、

  どんな事情のもとでも、ああした打ちかたは、二度とくりかえされてはならないことなのだ。
  もし今朝の板木当番が、ついに業《ごう》をにやしてあんな打ちかたをしたとすると、
  私はその人のために、まことに残念なことだと思っている。

  しかし、いっそうわるいのは、ああした打ちかたを余儀《よぎ》なくさせた君らの態度だ。
  君らさえもう少し良心的であってくれたら、板木を打った人も、
  ああしたあやまちを犯《おか》さないですんだのだろうと思うと、
  それが私はくやしくてならない。

  だが、それはまあいい、それは百歩をゆずってあきらめるとしても、
  ここにどうしても私にあきらめのつかないことが一つある。
  それは、愛情で打たれた板木の音では寝床をはなれようとしなかった君らが、
  怒りで打たれた板木の音では、わけなくはね起きたということだ。

  その点で、君らは精神的にはまだ奴隷《どれい》の域を、
  一歩も脱《だっ》していないということを証明している。
  いや、それどころか、君らはよりいっそうみじめな奴隷になることを希望している、
  とさえ私には思える。

  これはほんとうになさけないことだ。
  私は、むろん、こう言ったからといって、怒りに対しては怒りをもって立ち向かえ、
  と君らにすすめているのではない。
  ただ私は、愛情に対しては、つけあがり、怒りに対しては、
  ただちに膝《ひざ》を屈《くっ》するような君らの奴隷根性《こんじょう》が、
  なさけなくて、じっとしてはいられない気持ちがするのだ」

 次郎は、先生の言葉がますます激しくなっていくのにおどろいた。
 先生は、あるいは、昨日の入塾式における平木中佐の影響《えいきょう》から、できるだけ早く塾生たちを救い出そうとしていられるのかもしれない。

 しかし、それにしても入塾したばかりの青年たちに話す言葉としては、あまりにも激しすぎる。これではかえって逆効果を生むのではあるまいか。
 しかし、かれにとっていっそう不安に感じられたのは、今朝の板木の打ちかたについて、大河無門がぬれぎぬを着せられていることであった。

 おしまいの、あの乱暴な打ちかたをやったのが、自分だということは、すでに先生に言っておいたのに、先生はどうしてそのことをはっきり言われないのだろう。
 もしそれが助手としての自分の立場をまもってくださるためだとしたら、自分はむしろ心外だ。
 大河もむろん心外に思っているにちがいない。
 かれは、そう思って、われ知らず眼をひらき、塾生たちの中に大河の顔をさがした。

 かれは塾生たちの静坐の姿勢を直したあと、朝倉先生の横に斜《なな》め向《む》きにすわっていたので、よく全体が見渡《みわた》せたのである。
 大河は第五室の列の一番うしろにすわっていた。
 しかし、ただ静かに瞑目《めいもく》しているだけで、その顔からは、かれの気持ちがどう動いているかは、すこしもうかがえなかった。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

名作を読みませんか 更新情報

名作を読みませんかのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。