ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 短歌であそぼ > トピック一覧 > 2017年9月題詠の部屋「耳」

短歌であそぼコミュの2017年9月題詠の部屋「耳」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

優勝者 izumiさんより、お題を出していただきました。

お  題  : 「耳」
        耳という漢字を入れた短歌を詠んでください。
        熟語でもかまいません。
        
       
注  意  : 短歌の前に「★」を付けてください。

エントリー〆切り:9月20日(水)

    何首書き込みしてもかまいませんが、〆切りまでに一首あるいは二首エントリーするのをお忘れなく。

投票〆切り:9月25日(月)

コメント(85)

★耳元でささやくような甘い声内耳くすぐり満ちるメロディ
★風の音すすきの穂先ゆれる音わたしを誘う声音空耳
★落ち着いた心豊かな毎日は耳の垂れてる犬との暮らし
★かわいいな神の贔屓ね猫耳はにゃんともいえぬ黄金比だにゃ
>>[50]
ありがとうございます
かわいいんですよ
ベック、という名の女の子でーす猫
★Wi-Fiをつないでほしくない貴女 耳には雨のおとだけあつめ
★Wi-Fiの途切れし蘭の枯れてゆく耳には雨のおとだけあつめ
★その耳はきみがひかりであることをみとめてくれたから聞こえてる
54おかしい
★その耳は貴方が風であることをみとめてくれたから聞こえおり
そろそろ、エントリー歌、1首か2首、お願いします。
お手数ですが、管理人ユッコ宛のメッセージでお願いしますね。

エントリーするときは、「エントリー」「一首入魂」など、お書きくださいね。


投稿〆切り:9月20日(水)
★鏡には貴方を責めた幼さが
耳に残ったピアスのあとが
★耳元を秋風通過曼珠沙華刈り穂のにほい浅間は遠く
★靴を買う店員さんの講釈も耳には来ない意識は翔んで
★カフェオレに浸し味わうパンの耳 キミが教えてくれた朝飯
★夏過ぎてカボチャ大王迎えんと親子でドンキ猫耳を買う
★耳元掠めて通るそよ風をみたあれは誰のナンバーかしら
●● 投票開始 ●●

参加者のみなさま、今月も投稿ありがとうございました。
ご了承ください。
エントリーされていない方の歌は、管理人が勝手に選ばせていただきました。

では、投票にうつります。

・下記【エントリー歌一覧】より、好きな歌を3首選んでください。
・3首のうち、特によかった1首に「◎」を付けてください。
・一首入魂間に合わなかった方、投票だけでもお願いします。
・コメントがあると嬉しいですが、番号だけでも構いません。
・投票〆切り:9月25日(月)

投票・感想を私に直接メッセージください。
25日で締め切って、26日以降集計の上、皆さんがお書きになった感想をそのままコピペして、発表します。
コピペできるように、私宛の私信は文章に入れないでください。
変換ミスがあってもそのままコピペしますのでご了承ください。
【エントリー歌一覧】

〃遽討砲劼る貝殻耳にあてジャンコクトーの海のひろがり  
 
シャッターのすべて閉まった商店街 猫耳つけたJKの群れ 

9イなとこ耳の形と目の色と低めの声と少しの猫背 
 
どの音すすきの穂先ゆれる音わたしを誘う声音空耳 

Wi-Fiの途切れば蘭の枯れてゆく耳には雨のおとだけあつめ  

Υき貝のらせんのはてに飛ぶ鳥の声きいている耳かたむけて 

Ъ栓し日がな泳いだプールべり夏の残り香歓喜や聞こゆ     

┝元でささやくような甘い声内耳で震え満ちるメロディ 

三角の斜辺の先に十日月耳に虫の音景色は流れ    

目も耳も研ぎ澄まされて夜のラン冬の星座の現れし刻     

酔いしれて便器を抱いてえずく朝。社長の耳はロバの耳かよ   

耳障りのいい言葉の嫉妬心の衣包み(ミョウガをそえて)   

好きだよといまだ耳には届かないふたりの仲は両片想い  

耳たぶの固さに練れとレシピ本しろい指先少しためらう

こわばった耳はとろとろとけていく側でページーをめくる音へと    

斡世砲狼方を責めた幼さが耳に残ったピアスのあとが 

テレビからたまに流れる未婚率あて無き身には耳が痛くて  
   
乙鄒済み耳に欠けある地域猫 「じゃあステッチは子供できないの?」
●● 結果発表 ●●
参加者の皆さま、結果を発表いたします。


優勝は 7点で 兄やん。さんでした。
おめでとうございました。


来月のお題は 兄やん。さんに決めていただきますので少しお待ちください。

リストの番号と、ここの歌に投票された人の頭文字を書きます。
コピーミスなどあればお知らせください。
【7点】 優勝
好きだよといまだ耳には届かないふたりの仲は両片想い ( 兄やん。さん)ユみみかかササ 

【6点】
〃遽討砲劼る貝殻耳にあてジャンコクトーの海のひろがり (センチネルさん)ユユ兄iiこ

【4点】
9イなとこ耳の形と目の色と低めの声と少しの猫背  (薊さん)兄兄一サ
斡世砲狼方を責めた幼さが耳に残ったピアスのあとが (一花さん)みピセセ

【3点】
シャッターのすべて閉まった商店街 猫耳つけたJKの群れ (ユッコ)薊ピピ
Wi-Fiの途切れば蘭の枯れてゆく耳には雨のおとだけあつめ(みやま くはがたさん) 薊一i
目も耳も研ぎ澄まされて夜のラン冬の星座の現れし刻  ( サテパパくにゃんさん) ピここ
耳たぶの固さに練れとレシピ本しろい指先少しためらう( 兄やん。さん)か一一

【2点】
酔いしれて便器を抱いてえずく朝。社長の耳はロバの耳かよ  (こん竹showさん)薊薊 
耳障りのいい言葉の嫉妬心の衣包み(ミョウガをそえて) (こん竹showさん)ユみ 

【1点】
どの音すすきの穂先ゆれる音わたしを誘う声音空耳 (薊さん)サ
Υき貝のらせんのはてに飛ぶ鳥の声きいている耳かたむけて ( izumiさん)セ 
Ъ栓し日がな泳いだプールべり夏の残り香歓喜や聞こゆ (ピッピさん)兄    
三角の斜辺の先に十日月耳に虫の音景色は流れ  ( サテパパくにゃんさん) i 
こわばった耳はとろとろとけていく側でページーをめくる音へと (一花さん)セ
テレビからたまに流れる未婚率あて無き身には耳が痛くて ( るん ぷっちょICEさん)  か
乙鄒済み耳に欠けある地域猫 「じゃあステッチは子供できないの?」(コアランさん)こ 
 
【残念】
┝元でささやくような甘い声内耳で震え満ちるメロディ (ピッピさん)


コメント


・ユッコ

◎〃遽討砲劼る貝殻耳にあてジャンコクトーの海のひろがり 

耳障りのいい言葉の嫉妬心の衣包み(ミョウガをそえて)   

好きだよといまだ耳には届かないふたりの仲は両片想い 


・薊さん

投票いたします。
◎ 
○ ◆↓ァ ,任願いいたします。

酔いしれて便器を抱いてえずく朝。社長の耳はロバの耳かよ
ヤダァ。こんなのバッチィから選びたくなかった。
なのに、どうしても、読んじゃったら最後、この歌から逃れられない。
で、◎だなんてさ、とんだザマだよね。
こんな状況を特に詩的な流麗な言葉など使わずにギリギリセーフの許容範囲で詠ってのける力量に唖然。
後半に童話のフレーズをつなげられるフィールドの広さにやられた。
便器を抱えてえずく姿が、「王様の耳はロバの耳」の床屋が穴に向かって叫んでる図とピタリ重なる、同じポーズ。
想像したくないのに絵がまざまざと浮かぶ。
後半の単純な言葉で社長の人となりも的確に表されている。
にくったらしい。ほんと、こんなの好きじゃないんだよ、ほんとにほんとだってば。

シャッターのすべて閉まった商店街 猫耳つけたJKの群れ
静かに自分の感情を入れずに淡々と女子高生と現代を詠んでいるのが好ましい。
男性…特におじさんならば、女子高生にロマンや夢を感じる。
女性…特におばさんならば、女子高生に嫉妬交じりの嫌悪を感じる。
現代の街、シャッター通りと化した古い商店街。
時間は書かれていないけれど、これは真夜中と読みたい。
いつでも閉まっているシャッター街は真夜中だとそれが当然なのでカムフラージュできるんだ、ちょっと安心できるんだ。
こんな時間に女子高生ははしゃいでいるんだよ、世の中の大変さを人事のように、そして大人のふりをして。
でもさ、まだ子どもだから猫耳なんぞを付けて楽しんでいるんだよ。
世界の中心に自分たちがいると錯覚しちゃってね。
猫耳とったら魔法は解けるのかな? 早くお家へお帰りよ。

Wi-Fiの途切れば蘭の枯れてゆく耳には雨のおとだけあつめ
これはなんてったって「蘭」の勝利ですね。
言葉のチョイスや構成や詩的な流れ、もちろん素晴らしいけれど、でもそれもこれも全部飛び越して「蘭」がすごい。
誰でも知っている花なのに、ここに蘭は普通は登場しない。
好きな花は何ですか?の問いに、蘭と答える人がいるだろうか?
蘭を選んだ卓越したセンス。
アジアンティックでもあり、クラシカルでもあり、ちょっとエロティックでもある。蘭なのだ。
蘭だからこそWi-Fiが軽くなりすぎず、いい感じにおさまっている。
蘭だからこそ枯れてゆくのに美学が生じる。
蘭だからこそ雨が重たくない。
蘭です、蘭。素晴らしい。

次点と言うのじゃないのですが…次の歌がとても好きです。
耳障りのいい言葉の嫉妬心の衣包み(ミョウガをそえて)
ですが、どうにも選べませんでした。
「耳障りのいい」に疑問があるのです。
「耳障り」は普通良い意味には使わないので「耳障りのいい」が言葉として成立するのかな?と。
あえて、そういう言葉使いをされたのかも知れませんが、そこのところが…。私の頭が固いだけなのかも知れませんが。
「耳ざわり」あるいは「耳触り」、もうちょっと違う表現なら、間違いなく選んでいました。ミョウガは茗荷、冥加、どちらにも取れます。素敵な添え物。「ゴチになります!」って言いたくなるような料理名です。  


・みやま くはがたさん

◎13
○12,16


コメントの続き


・センチネル
Υき貝のらせんのはてに飛ぶ鳥の声きいている耳かたむけて 

 巻貝の螺旋、その形状はにんげんの手にはほどとおい、
まるで、神が造ったかのような美しさであるわけで、
そのカタチに作者は心頭し、そのむこうに飛ぶ鳥の声をきいている。
 じっさい、「らせんのはて」というのは、象徴詩的なのでしょう。
もともと、堀口大学の訳詩集『月下の一群』が
モチーフにあったのでしょうから、象徴詩になるのはとうぜんです。
 
 「飛ぶ鳥の声きいている」

 聴覚にうったえた作品です。聴覚というのは中世ヨーロッパの
もっとも崇高な五感であったわけで、ルターというひとが
「耳、耳だけが<キリスト教徒>の器官である」と
言ってのけたのも、信仰とは聴くことである、ということが
ベースにありました。「きいている」という行為から、
そういう意味では、プリミティブな行為であることを
この作品は、再度、確認させてくれることになっています。
 作者は、おそらく「海」を舞台にしているのでしょう、しかし、
それは語られていません。「巻き貝」「鳥」そこから、連想するようにと、言っているのでしょう。
 はたして、そのたくらみは成功しているか、どうか、
それは、わかりません。
 
 「海の響きを懐かしむ」

 『月下の一群』の詩の一部です。おそらく、作者は、巻き貝の
その完璧な形状の美しさを手に取って、海のむこうで鳴く
鳥の声を聴きながら、至福のときを過ごしたことでしょう。
 いい歌だとおもいます。

 ただ、「耳傾けて」は、蛇足のようにおもえました。
「耳」がテーマだからいたしかたいけれども。
「耳」にたいするおもいが、「巻き貝」にたいするおもいよりも、
なおざりにされているという感じがします。ほんとうは、「耳傾けて」は、作者本人の身体運用であるから、ここをもっとだいじに
詠うのがよろしかったのではないかと、わたしはおもいました。

 

こわばった耳はとろとろとけていく側でページをめくる音へと    

 下の句が、どこにつながるのか。倒置法なら、「めくる音へとろとろとけていく」となりますが、どうも違うようです。
 そういう意味では叙述がとおっていない面もあるでしょう。
じっさい、なんで「こわばった」のか、そこを語っていません。
この「とろとろ」もオノマトペとして成立しているのか、
どうか、それもわかりません。
 また、
 「こわばった耳はとろとろとけていく」と「ページをめくる」人とは同一人物なのかも、それもあいまいです。

 この歌のつくりは、叙述を壊しながら、なにを言っているか、
わからないけれども、なにかある、
という構成のしかたをしています。
 これは、計算づくというのではなく、おそらく、
この作者の、しぜんな作り方だったのではないでしょうか。

 ただし、好意的な読者ばかりが存在するわけではないので、
わかりやすい文体というのも、吸収されたらいかがでしょう。
 
 
 

◎斡世砲狼方を責めた幼さが耳に残ったピアスのあとが 


 これは挑発的な作品だとおもいました。

「鏡には」がどこと結びついているのか、さっぱりわかりません。
 叙述がとおっていないようにみえます。

「鏡には」「幼さが」と、続くのでしょうか。
また、「鏡には」が、「ピアスのあとが」に続くのでしょうか、
よくわかりません。
 けっきょく、どこと修飾機能を連携させても、
「写っている」が語られていないので、叙述がとおらないように
おもえるのは自然のことかとぞんじます。

 しかし、なんども読み返してみると、
「幼さが」に「写っている」をいれ、「ピアスのあとが」の下にも
「写っている」を代入することで、
この歌は完成するのではないか、
ということに落ち着くのです。

 つまり、
「鏡には貴方を責めた幼さが写り、
鏡には、耳に残ったピアスのあとが 写っている」
とすれば、すんなりと意味がとおります。

 しかし、こういう手法はめったにないので、
それを挑発的ともうしあげました。

 もし、その解釈がただしいとすれば、
作者は、ある少女か女性に、ピアスをあけたことを咎め、
その残されたピアスの跡が鏡に映っている、
というような作品になるのではないかと、
そう感じました。
 この解釈があっているのか、ちがうのか、
よくわかりませんが、よくこれほどまで、言葉を
省いたものだと感心する歌でありました。



コメントの続きの続き

・ピッピさん

ピッピです。
今月はほとんど全ての歌に投票をしたい程撰べませんでした。

以下にて投票させて頂きます。

◎▲轡礇奪拭爾里垢戮栃弔泙辰疹ε抗后’耳つけたJKの群れ
…夜の商店街の風景が風景が巧く表現されていてとても素敵なお歌です。

目も耳も研ぎ澄まされて夜のラン冬の星座の現れし刻
…この季節のこの時間帯の情景に共感です。

斡世砲狼方を責めた幼さが耳に残ったピアスのあとが
…「貴方を責めた幼さが」がとても効いています。情感溢れるお歌が素敵です。



・兄やん。さん

◎ 3

○ 1
7

よろしくお願いします。


・かんみ
技巧的なお歌もありましたが、私の心にすーっと入って来るお歌を選ばせていただきました。

◎。隠拡
好きだよといまだ耳には届かないふたりの仲は両片想い

「両片想い」であることは心で感じているふたり。あとは「耳」で聞く「好きだよ」という決定的な言葉がほしいふたり。せつないような、嬉しいような、ふたり一緒に歩む恋が始まる前の、どきどきするような楽しい時間がいいですね。
かんみより

■隠竿
耳たぶの固さに練れとレシピ本しろい指先少しためらう

人類70億人の「耳たぶの固さ」には個人差があり、一体誰の「耳たぶの固さ」に合わせてよいのやら‥と、作者が思われたかどうかわかりませんが、「少しためらう」間には、「しろい指先」で自分の「耳たぶの固さ」を確かめたかもしれません。
「しろい指先」は、粉を練っている動きと、細やかな心が表れていて、現場がよく見えて楽しいですね。

17番
テレビからたまに流れる未婚率あて無き身には耳が痛くて

「たまに流れる未婚率」を、しっかり聞きとってしまう「耳」、この設定がとてもユニークです。
「未婚率」「身」「耳」の、み・み・みと迫り来るリズムもよくて、結婚しなさいよと言われていそうですね。


・一花さん

投票です!
お願いします。

9イなとこ耳の形と目の色と低めの声と少しの猫背 

最後の猫背が耳の形を連想させます。気まぐれな性格さえも好きと言ってるみたいに聞こえました。 


Wi-Fiの途切れば蘭の枯れてゆく耳には雨のおとだけあつめ  

Wi-Fiにつながらない場所。面白いなと思いました。ふと気づく「本当」に出会ったようで。。

◎耳たぶの固さに練れとレシピ本しろい指先少しためらう

わかってる人は簡単に言うけど、わからない人はわからない。その温度差がレシピ本にはありますね。すぅっと入ってくる歌。共感です。


・izumi
投票します





不調なのでコメントできません。
よろしくおねがいします。


コメントの続きの続きの続き

・こん竹showさん

◎目も耳も研ぎ澄まされて夜のラン冬の星座の現れし刻   

夜道は気をつけてくださいね。
黒い犬を散歩させてる人(自転車に乗りながら)とか、ぜんぜん見えないですから。
土手にうずくまっている女の人を心配して近づけば、土筆を採ってただけだったり。

でもね、考えてみりゃ、外国と比べたら夜道を一人行ける日本の安全さって素晴らしい。
この平和はタダじゃないですよ。
先人たちが積み上げてきた土台があってのもの!

その汗と努力を思うと、感動しちゃいますね。おっと、両目から汗が…。

厳格さを売り物にしている中年オヤジの私ですから、これがバレたら沽券にかかわります。
だから涙がこぼれ落ちないように、ワタシャ上を向いて走ります。(ああ冬の夜空は星が綺麗だ)

これが本当のナイトラン(泣いとらん)。なんちゃって!



〃遽討砲劼る貝殻耳にあてジャンコクトーの海のひろがり 

「耳」 ジャン・コクトー詩 堀口大學 訳

私の耳は貝のから
海の響をなつかしむ

Mon oreille est un coquillage
Qui aime le bruit de la mer
( Jean Cocteau, Cannes V )

これが元ネタでしょうか。フランス文化の香りがいたします。コマンタレヴ〜!

良い気分なので今日はおフランス風に、
タコのことはアシハポン、イカはアシジュポ〜ンと呼ぶことにいたしましょう。

国際色豊かな海のひろがりですね。
セボン・セシボン・トレビアーン。

ちなみに、この度のお題は「耳」ですけれど、
ミミはフランス語で、かわいくてかわいくて、たまらない時に使われる「かわいい」度が最高値の単語。

使える対象者が限定されていて一般的には、乳幼児や恋人、子猫、子犬を対象に使います。結構頻繁に聞くのは、産院などで産まれたばかりの赤ちゃんに対して。

日本語の代表的な使用例としては、「ミミ萩原」でしょうか。(古いなぁ)



乙鄒済み耳に欠けある地域猫 「じゃあステッチは子供できないの?」

あの猫の理由を初めて知りました。(勉強になるなぁ)

スティッチについて、ヤフー知恵袋には、
「元は凶暴な宇宙生物という設定なので、その凶暴さゆえに体中に傷を負っているという設定なのです」とありました。

ドラえもんは、ネズミにかじられただけ。

柔道部の猛者は、
畳に耳が擦れたり、相手の頭がぶつかったりして耳に内出血を起こすのを繰り返し起こし、そのまま放っておくと血腫が固まって耳が餃子みたいに変形します。

耳には、その人の歴史が現れるのかもしれませんね。

キャンドル・ジュンはなんだろう?


・サテパパくにゃんさん

投票させていただきます。◎は好きだよといまだ耳には届かないふたりの仲は両片想い

もしかしたらあの日のあの娘は?なんて自分の切ない初恋を思いました。

次にどの音すすきの穂先ゆれる音わたしを誘う声音空耳

すすきの穂先は秋のはじまりで夏のおわりですね作者にはどんな空耳が聴こえたのかしら

3首目も恋の歌を(笑)

9イなとこ耳の形と目の色と低めの声と少しの猫背

この対象のかた。多分好い人なんだろな。
>> ユッコさん
今月もお忙しい中で素早い集計ありがとうございました。
こうやって一挙に並べていただくと圧巻ですね。あ、この方のお歌だったのね、楽しいです。講評を読ませていただくのも嬉しいです。
どんどんこのコミュの水準が上がってきていると感じます。管理人さんの誠実なお人柄、地道な積み重ねによる部分が大きいと感謝しています。

>>[71] 全くですー(長音記号1)ハートこのコミュニティ最高です。
ユッコさんいつも
ありがとうございます。

兄やんさんおめでとうございます。

今回は、動作がどこにでもかかるような〜とぼんやり詠みました。

センチネルさんが読んでくれていて、びっくりです!!
さっぱりわからない(笑)が、嬉しかったです。

「耳」は眠っていても開いてる。
終わってみて、そこを掘り下げればよかったかなとも思いつつ。

いろいろな「耳」、楽しかったです。
>>兄やん。さん
優勝おめでとうございます。
うふふ…とくすぐったいようなうぶな恋。
あぁ、青春しちゃってるな、と微笑ましく可愛らしいお歌ですね。
次回のお題、楽しみです。よろしくお願いいたします。

私の歌を選んでくださった方々、ありがとうございました。とっても励みになります。
>>[73] なんかほとんど一花さんの作品でした、作者知らずに選んでいるのに。
>>[75]
やった!
実は、いつもよりどきどきで。。

よかったです(^^)
好きな歌を選びました表情(嬉しい)一押しの作品が一番とれたのが嬉しいですexclamation
兄やんさんの作品は、最初からビビっと来ました(笑)(゜゜;)\(--;)聖子か
投票してくださった皆様のお陰で優勝できました。ありがとうございます。

プライベートが激務で気の利いたコメント出来ずに申し訳ないです。
ねぎらいの言葉を下さった皆様、ありがとうございました。

毎月、コピーミスや、抜け・落ちなどがないかと必死です。

エントリー歌をいただくときは至福のときです。
いち早く、皆様のすばらしい短歌を味わわせていただいて、もったいない気分です。
なのに、感想を書くことが少なく、申し訳ありません。

だいたい頂いた順にリストアップしていきますが、たまにはお一人の二首を離すこともあります。
リストアップしたら、真っ先に私が選歌します。
得票数に影響を与えたくないからです。

ミスをしないかという緊張はありますが、作業は大変楽しいです。
選歌してくださる方が多いのは、選ばれる歌にばらつきが出来て(一つに偏ることが少なく)私にとって、うれしいことです。

心をこめて感想を書いてくださる方、ありがたいです。
おかげさまで、このコミュの品格が上がっていってると感謝しています。

これからもよろしくお願いします。
ユッコさん、いつも集計、選歌とほんとうにありがとうございます。
お疲れさまです。

センチネルさん、拙歌に丁寧な講評、ありがとうございます。
「耳かたむけて」いまいちど推敲してみます。
むつかしいなぁー(/_\)
私の歌に票が3票入りました。
ありがとうございます。


薊さん

シャッターのすべて閉まった商店街 猫耳つけたJKの群れ
静かに自分の感情を入れずに淡々と女子高生と現代を詠んでいるのが好ましい。
男性…特におじさんならば、女子高生にロマンや夢を感じる。
女性…特におばさんならば、女子高生に嫉妬交じりの嫌悪を感じる。
現代の街、シャッター通りと化した古い商店街。
時間は書かれていないけれど、これは真夜中と読みたい。
いつでも閉まっているシャッター街は真夜中だとそれが当然なのでカムフラージュできるんだ、ちょっと安心できるんだ。
こんな時間に女子高生ははしゃいでいるんだよ、世の中の大変さを人事のように、そして大人のふりをして。
でもさ、まだ子どもだから猫耳なんぞを付けて楽しんでいるんだよ。
世界の中心に自分たちがいると錯覚しちゃってね。
猫耳とったら魔法は解けるのかな? 早くお家へお帰りよ。


ピッピさん

▲轡礇奪拭爾里垢戮栃弔泙辰疹ε抗后’耳つけたJKの群れ
…夜の商店街の風景が風景が巧く表現されていてとても素敵なお歌です。


いまや、寂れた商店街は多いですが、やはり真夜中ですよね。
真夜中と、私も意識していたのですが、その要素は「猫」ではないかなと思いました。

私は逆説的に「JKの年齢にあたる猫の群れ」と考えたのですが、もちろん実際のJKと解釈されてもかまいません。
何が間違いということもなく、読み手の解釈にゆだねたいと思います。

薊さんの
男性…特におじさんならば、女子高生にロマンや夢を感じる。
女性…特におばさんならば、女子高生に嫉妬交じりの嫌悪を感じる。
という意見、面白いと思いました。

改めて、私の脳は男性寄りだな、と実感いたしました(笑)
>>[82]

勝手な感想でごめんなさい。
ちゃんとした講評ならともかく、素人の妄想にも近い感想など不要であろと思いつつもいつもぐだぐだ書いてしまってすみません。
歌は詠み手を離れれば読書のもの、どのように解釈しても…とは言うものの、読者の力量が問われます。妙な感想は詠み手の方に不快な念を抱かせてしまったり、失笑をかうだけ…かも知れません。
勝手なことばかり書く私は皆さんに申し訳ないことをしているだけかも知れません。
みなさん、ごめんなさい。

さて、このお歌、詠み手を念頭には置いていませんでしたが、何となく男性の詠まれたものかな?と感じていました。
JKへの愛情が底辺に流れているのは好ましいものです。
詠み手がわかってちょっと驚きました。
ちなみに私もかなりの男脳らしいです。自分では無意識ですが…。
>>[083]

あらためて書くと、異議あり!と解釈されないかと危惧しつつ書いたのですが、たいへん説得力のある感想と受け取りました。

どうぞこれからも、のびのびと思うことを書いてください。
>>[84]

どうもありがとう^^

で、↑やっぱりやっちゃってます。すみません。

×歌は詠み手を離れれば読書のもの
○歌は詠み手を離れれば読者のもの

ログインすると、残り45件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

短歌であそぼ 更新情報

短歌であそぼのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済