ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > ゴッドハンド(整体・手当て) > トピック一覧 > シオカワカイロプラクティックス...

ゴッドハンド(整体・手当て)コミュのシオカワカイロプラクティックスクール

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

http://www.zenki-seitai.com/school/lesson/index.html

本格ストレートカイロを教えてくれるガンステッドメインの老舗カイロスクールでパルペーションやストレッチはセミナーで教えてくれるようですが基本的に揉みほぐしはやらないようです。
スラスト、技の習得、バイオメカニックや医学知識を学ぶことで皆さん一生懸命で、授業30分前には多くの学生が練習していて、他のカイロや整体、国家資格の医療系学校を卒業した人が多いので熱気があります。

授業は、症状や問題を質問され生徒が考え答えます。
まず立ち方と位置、ティシュプルの方向やトルク、コンタクトハンドの場所と方向を確認してスラストを実演してから練習に入ります。
常にテスト形式なので基本を理解するまで難解です、緊張感もあり学習スピードはかなり早いです。

腰椎と骨盤の授業では腸骨や仙骨のプルムーヴ矯正、,ダッシュなどの初めて聞くガンステッド系矯正は方向や押す場所は細かく分析し、センシティブにスラストするのが大切です。

塩川先生の双子の息子さん先生と助手のボディドロップは、身体の使い方、加減やスピード、力の抜き加減もかなり上手くてコンタクトもソフトタッチで自然です。

自主練習では椅子に座って頚椎を矯正する練習にみなさんは熱が入ってました。

アトラスC1の矯正は方向を確認し、腕の力を抜き軽く手首を捻りながらトルクを調整することでスピードが増すので強く押す必要も力もいりません。

ボクシングのボディフックを打つ要領でスタンスを取り、足腰を固めてむ上半身の腕の動きを指に伝えてスラストするのがコツです。
側湾している腰椎の変異は方向や方法を考え、手首のスナップを調整しながらスラストします。
変異した関節の上部を矯正するのが基本ですが、脊柱が柔らかくてしなる人やテンションが大きな人は変異関節の下部をメインに矯正します。

分離症や滑り症の仙骨を矯正するには腰椎の棘突起に触れないよう、体重を掛けたりしますが深くは押しません(腰椎のポンプ作用を出すだけで、押すのは仙骨だと思います)

ギックリ腰は冷やして軽いポンピングを10回3セット程し、椎間板の水分量を散らし、数日かけて痛みを落ち着かせたら変異を検査し、リスティングして矯正します。

他のカイロ学校ではスラストが出来ず落ちこぼれますが出来るまで頑張らないとなりません。
技術やガンスデットのレベルが高いので、医学知識がある国家資格者や本格的にカイロをやりたい方、整体師やトレーナーの方など人体解剖や運動生理学を学んだ方に向いてます。

入学金 15万、設備・教材費 50万、二年 120万
その他セミナーは一回 5000円〜
ガンステッドクラス 入学金 10万、一年 24万

☆☆☆☆☆

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ゴッドハンド(整体・手当て) 更新情報

ゴッドハンド(整体・手当て)のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済