ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 言論の自由を尊重する政治コミュ > トピック一覧 > 単なる入管のミスではないだろう

ログインして参加する

このコミュニティに参加するにはログインが必要です。

単なる入管のミスではないだろう

単なる入管のミスではないだろう 2016年11月19日 10:16
mixiユーザーmixiユーザー
国際手配の男、入管のミスで出国

関西空港で9月下旬、警察が国際指名手配していた外国人の男について、大阪入管関西支局の入国審査官がミスで出国させていたことが、同支局への取材でわかった。

同支局などによると、出国審査場ブースで、審査官が男のパスポートを読み取り機でチェックした際、端末の自動表示で手配を受けていることが判明。審査場脇の事務室に男を移し、別の審査官が対応したが、警察に連絡しないまま出国を許した。この審査官は「詳しい経緯は覚えていない」と話しているという。


DVDで私がよく観るアメリカの映画に、これと同じような話が出てくる。映画の中だけの話かと思っていたら現実にもあるのか。

映画では、審査官が弱みをにぎられていて、脅されて出国を認めるケースが多い。あるいは買収されたかだ。

外国人のやることは日本人の常識で判断できない。映画の中だけと思っていた犯罪が現実に起こる。

今回の場合、審査官は「詳しい経緯は覚えていない」と話しているそうだが、詳しく話せない事情があるのだろう。その弱みに付け込まれたのではないのか?

単なるミスで済ますべきではない。事件は奥が深い。

コメント(0件)

コメントを書く (*の項目は入力必須)

言論の自由を尊重する政治コミュのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

メンバーが参加している他のコミュニティを自動的に算出して表示しています。星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

言論の自由を尊重する政治コミュ