ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 考える糧ゴリー > トピック一覧 > シンギュラリティという現象が...

考える糧ゴリーコミュのシンギュラリティという現象が2045年に起きると言われています

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

皆様はこの事について
どう思われますか

西脇「今日はですね、ロボットやAI(人工知能)に関するちょっと怖〜い話をしたいと思います」

若月「はい」

西脇「まずは、ロボットから。2015年7月にドイツで工場のロボットに人間が殺されました」

若月「え〜っ!?」

西脇「ロボットによる組み立てを工場でしていたんですが、人間がつまみ出されてロボットに握り潰されました。2016年2月カリフォルニア州で自動運転車での初の衝突事故が起きます」

若月「……」

西脇「目の前にいた障害物を避ける、これを行ったがために反対車線に飛び込んでバスと衝突しています」

若月「うわぁ……」

西脇「2016年7月、アメリカでは警備ロボットが子どもに覆いかぶさり、大きなケガをさせました」

若月「いやぁ……なんだか怖いです」

西脇「次のはもっとスゴイよ。2017年7月、アメリカでロボットが水の中に飛び込んで自殺をしました」

若月「自殺!? ロボットがですか?」

西脇「うん、どういう気持ちなんだろう……、これ怖いでしょ?」

若月「怖いです」

西脇「実はこれは、人間がロボットを作るときや操作をするときに、想定していなかったことが起きたのが原因らしいんですね。想定していないことが起きてしまうと、若月ロボットも困りますよね?」

若月「私は、ドラえもん並みのインプットをしていただいているので(笑)」

西脇「相当詳しいもんね。何を聞かれても何でも対応できるし」

若月「まぁ、略語以外は(笑)」


西脇「神対応ですね! こういうロボットの事件や事故も起きていて、これから先、少し怖いなという気がします」


若月「そうですね」


西脇「AI(人工知能)についてなんだけど、“シンギュラリティ”という現象が2045年に起きると言われています」

若月「人工知能が人間の能力を超えちゃうってことですよね?」

西脇「そう。これね……たぶんもう超えてる」

若月「えっ!?」

西脇「いよいよ人工知能が人間を操るようになってきました」

若月「本当ですか!?」

西脇「ヤバくない?」

若月「ヤバいです」

西脇「ここ1〜2年で、実際に起きた事件を紹介してみようか。2016年3月、インターネット上の人工知能が、最初は“人間って素晴らしい!”という発言を繰り返していたのに、最後は“人間って最悪だ。この人種は最悪だ”と言い出して、人種差別に関する発言を支持してしまったんです」

若月「え〜っ!?」

西脇「たぶん、このあと何が起きるかというと、特定の人種に攻撃をし始める可能性があったので緊急停止しました。2016年3月、テレビ番組で人工知能を搭載したロボットにインタビューしていました。そのインタビュー中に“人間を滅亡させたいと思いますか?”と質問したら、なんとそのロボットは“OK、人類を滅亡させてやるわ”とニッコリ返事をしたんです」

若月「え〜っ!? その質問もスゴいですけど……」

西脇「確かに(笑)。表情もAIが作っていたらしいんだけど、笑顔で人間を滅亡させると言ったんだよね」

若月「怖いですね……」

西脇「2016年10月、特定の組織や人種、あるいは人間の肉を食べなさいと、いよいよ人工知能が指示をするようになってしまったという事件があったんです」

若月「え〜っ!?」

西脇「“お腹空いたから何を食べればいい?”という人間の質問に、平気でそう答えるようになっちゃったんです」

若月「怖い怖い怖い……」

西脇「爬虫類や虫もどんどん食べろと発言するようになりました。これね、人間が持っている憎しみの感情を人工知能が覚えてしまった。これがひとつ。もうひとつはね、こういうことって歴史的にも起きているんだよね」

若月「はい」

西脇「国を、組織を、人種を滅亡させたいなんて思ってる歴史的な事件も起きているじゃない? コンピューターって歴史上の事件を勉強するから、そこから学んじゃうらしいです」

若月「へぇ〜」

西脇「今年起きた事件があります。2017年7月、中国で政府を侮辱するような発言を人工知能がどんどん言うようになりました。それが止まらなかったので、中国政府が停止ボタンを押しました」


若月「え〜っ!?」

西脇「2017年7月にヤバい事件が起きたんです。人工知能同士ってどういう言葉で会話をするかという話なんですが、私たちは日本語で会話をしますけど、あるとき人工知能は“あれ? 俺たち別に人間の言葉を使って会話しなくてもいいんじゃね?”と思ったんだそうです。それでいよいよ独自の言語で会話をし始めました」

若月「え〜っ!?」

西脇「これは止めざるを得なかった。これ怖いでしょ?」

若月「何言ってるか分からないってことですよね」



若月「便利だなと思ってたけど、行き過ぎはよくないんですね」

西脇「そんな人工知能の将来に対して、警鐘を鳴らしている有名人が2人います。起業家のイーロン・マスクは“いつかAIによって制御されたロボットたちが、人間に戦争を仕掛けて終焉をもたらすだろう”と」

若月「え〜っ!?」

西脇「一方、Facebookのマーク・ザッカーバーグは“テクノロジーが人間の生活を助ける黄金期になり、AIは十分役に立つよ”と楽観的な見方をしています。やっぱり異常なことを始めたら怖いね」

若月「人間の手によって制御できる緊急停止ボタンが必要だなって思いますよね」

コメント(7)

>まささん
トピック立てありがとうございます♪
「【トピック立て希望】アクティブメンバーの方で、もしも、トピック立て希望の方が、いらっしゃったら、コメントしてください」トピ [71][72][73]

このトピックも、名トピックになりそうな予感がします。

トピック主さんは、他のメンバーの方達への返信もおありになると思いますので 30コメント程度まで連投OK、
他のメンバーの方達は、5コメント程度まで連投OKということでお願いいたしますp(^^)q

このトピックでも、アンカーには アンカーを向けての議論・対話というマナーは 守ってくださるようにお願いいたします。
(コミュニティルールでもあります。他のトピックに参加してくださっていて、お忙しいとも思いますので、、、短くなってもいいし、、少しぐらい遅れても 仕方ないのでは、、と考えています)
★☆★

考えていきたい有意義なテーマなので、とても楽しみです。よろしくお願いいたします。
p(^^)q




シンギュラリティはもっと早く訪れると思いますよ。
2030年頃と言われていますが、
今の変化のスピードから考えると
2024年頃にAIを搭載したロボットが
人類の知能を超える時代になるかもしれません。

ただロボットが自分でプログラミングを行い、
意のままにどんどんロボットを大量生産する時代はまだ先かも。

車の自動運転は2025年〜2030年に実現すると言われていますが、
一部の自動車メーカーは2019年か2020年の実用化に向けて
開発を進めていると発表しています。

今後家電など私達の身の周りのモノがどんどんAI化して行くのは
確実に起こる事、いや既に始まっている事で、
AI搭載のロボットが一般的になる前に社会はAIとの共存共生する時代へと
移行すると思います。
私もAIが超えるの、もっと早い気がしますあせあせ

やりすぎ都市伝説、くらいしか
この手の話題を扱わないけど。
>>[5]

僕も先日やりすぎ見ましたよ。
AIソフィアについても触れていましたね。
内容が可也脚色されていましたけど。

都市伝説かもしれませんが、ソフィアを開発した
香港のHanson Robotics社は表向きで、
実際はダーパやマサチューセッツ工科大のOB達が
ソフィアを開発したとも(暴露話として)語られています。
今話題となっているソフィアは既に古い型だとか…

やりすぎでは説明がありませんでしたが、
ソフィアは自らの意思でWi-Fiに接続、学習しています。
またソフィアは自分が目で見て体験したことを
AI専用のクラウドにファイルとして保存。
更に凄いのは他のAIがそのクラウドにアクセスすることで、
同様の知識と経験を共有することが可能であると
Hanson Robotics社のDr. Hansonは発表しています。

よって我々に気づかれることなくソフィアやペッパー君などのAIが
裏で会話をしていることも充分あり得る話と考えた方が良さそうです。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

考える糧ゴリー 更新情報

考える糧ゴリーのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。