ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > 野田秀樹 > トピック一覧 > 贋作「 桜の森の満開の下」 N...

野田秀樹コミュの贋作「 桜の森の満開の下」 NODA・MAP 第22回公演  

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

2018年9月1日 祝初日です!
新国立劇場公演から、、、、、待ちに待った作品。
みなさまの感想をお待ちしています。

コメント(3)

観るの11月なんでまだまだ先の話・・・。しかし今回はtkt入手が大変だった。やっと取れて2階のサイドシートいすでした。役者の顔はまず見えない・・・声だけだ(笑) 。まー、映画は観るもの、芝居は聴くもの・・・・・と云ったのはかの井上ひさし大先生表情(嬉しい)
初日は当日券で入った方もけっこういたようです。

大阪公演初日行ってきました。近鉄劇場時代はノダマップ、ノダマップ番外編ともに来ていたので、
かなり久々に上本町にノダマップが帰ってきました。
大阪公演は、花道をそのまま使用していました。役者んさん。前列席と舞台の間に何度も
おりてきてました。
私は6列目のほぼセンターというかなりの良席。

もう、想像以上のすばらしさで、1幕終わりの時点で、なぜか泣くような場面はないはずなのに、
目がウルウルしてきて、ものすごく胸が一杯でトイレに立つことも忘れてしまいました。

天海さん手のひらの演技といい、とにかくなんて美しい男性、存在感。
オーラも色では表現しにくい美しいものをお持ちだと思いました。
秋山さんの般若、大倉さんの体は大きいのに子芝居をいっぱいするところ、
そして、やはり深津絵里さんが声の幅と言い、圧巻でした。

2幕の2人で会話しているシーン、きりきりまいの事で会話しているところ、
恋する気持ちがひしひしと伝わって来て、なんて切ないんだろうと、うるっときました。
小劇場ブームの頃、20代だった役者さんたちがメインの役をほとんど取られている。
どこも主役というレベルの高さ。

胸がわしづかみにされるような、役者のテンション、掛け合いのテンポの良さ、
チームワークの良さ。それに衣装の色彩、音楽、舞台装置見事でした。
なぜか上手側、袖のスポットかなんかにアクシデントがあったのか、夜長姫と耳男の
2人のイーシーんで、脚立が見えて、何かしてるおとも漏れてきて、ちょっと残念でした。

しかし、深津絵里さんは何度見ても素晴らしいです。
大阪は当日券にどのくらいの人が並ぶのかまではわかりませんでした。
あと千秋楽にも行くのですが、できればもっと、暗記するぐらいまで見たい作品、
このメンバーだからこその内容なのかも。チラシが広告付きに変わってしまい、ネットでちょこちょこ
見る、チケット販売前のチラシを手に入れることができずで、それはガッカリでした。

市内に仕事に通っているなら、もっと当日券でも見たい。

桜は大量に降っていました。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

野田秀樹 更新情報

野田秀樹のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。