ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > 実は創価学会です > 早朝から夜中まで、創価に利用さ...

ログインして参加する

このコミュニティに参加するにはログインが必要です。

早朝から夜中まで、創価に利用される壮年部の体験談。

早朝から夜中まで、創価に利用される壮年部の体験談。 2016年11月22日 00:52
mixiユーザーmixiユーザー
今日は久しぶりに実家に帰っていました。

両親に会って改めて、僕がこうして生きていける事は勿論、僕が今、僕自身の使命を持ち生きていける事は、両親のおかげなのだと思いました。

僕が実家にいた頃は父は、朝5時に聖教新聞を配達し、それから仕事へ行き、仕事が終わった後はそのまま学会活動をして、帰って来るのは夜の12時頃でした。

(ここ最近は朝から一般の新聞も配達しているので朝3時半に起きているみたいですがw)
母も朝から夕方までパートへ行き、それから地区の会合や家庭訪問。

家にいる時でも、座談会の準備だったり、学会員さんへの連絡をしていました。
こんな両親の姿を見てきていたので、信心をしようと決めた時に、
僕はこれから先の人生は楽をする事が出来ない。

普通に暮らしている人よりも多くの悩み苦しみに直面しないといけない。
それでも、死ぬまでやり通せるか?
と自分自身に問いかけ、覚悟を決める事が出来ました。

そしてこのような覚悟を決める事が出来た事も、両親が、活動をしていく中で、子供達が健康で幸せに暮らしていけるように。

信心をしっかりやり、社会に貢献していけるように。
と祈ってくれていたからです。
僕が出来る最大の親孝行とは、信心をやり通す事。
そして、信心を根本に社会で実証をしめす事だと思っています。
僕は今日、改めて思った事を心に刻み、これからまた戦っていきます。

コメント(0件)

コメントを書く (*の項目は入力必須)

実は創価学会ですのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

メンバーが参加している他のコミュニティを自動的に算出して表示しています。星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

実は創価学会です

人気コミュニティランキング