ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 管理栄養士合格&知識維持100% > トピック一覧 > 面談レポート!2〜読んで書いて...

管理栄養士合格&知識維持100%コミュの面談レポート!2〜読んで書いてあなたも学ぶ!〜

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

ファンスタディにしか無い、Dotsコースをはじめとする、面談!
*Dotsコースをおススメしたい方は、こちら
http://eiyousi.net/?p=8168


面談が終わったら、私とmarcyさんで、伝えた学びをまとめ、
Dots子ちゃんたちをはじめとする面談を受けていただいた方側からの学びをまとめ合います。


たとえ面談を受けていなかったとしても、このトピを読むだけであなたの学びにもなります。
自分が苦手だったところの解決につながる、自分の勉強方法や勉強への姿勢の改善につながる。
いろんな部分につながる楽しみ、感じてください!

コメント(817)

うっちーさん

面談ありがとうございます!
日常生活から、応用栄養学、臨床栄養学、栄養教育論などを拾ってつなげていらっしゃること。
さすがの才能です!

例えば栄養教育論でも、
・試験用紙、教科書に書いてあることとして解くのか
・自分が管理栄養士として栄養教育をするという立場で解くのか
これにより大きな差が出ます。

もちろん、良いのは後者!
管理栄養士合格にあたり良いだけでなく、管理栄養士の資格を生かすという点でも正解です。

また、このタイミングで勉強方法を確認できたのも良かったです。
理解・整理・暗記の整理を足してあげてください^^

そして、marcyさんの名言。
「忘れていたことを発見できた時に、忘れていたという事自体に注目するのではなく、その忘れていたことを拾うのか、放置するのか。そちらの方が重要!」

前に進む=復習になる

忘れていたことを発見した

・ガーン忘れていた!で、終わる
・忘れていた知識を拾う
もちろん後者が正解です!

これは今後何においても言えると思います。
模試を解いた時などもそうです!
1年を通して意識していきましょう!
うっちーさん

面談ありがとうございました!
普段の生活・仕事の中の、知識や疑問を拾い、勉強に活かすスキルが素晴らしいと思います!
生活を丸ごと勉強時間にしていただいて、楽しみながら点数につなげていきましょう^ ^

勉強の進め方としては、理解・整理・暗記がポイントで、これを具体的に変換すると、
過去問解説・アニメ(理解)
テキスト(整理)
自分専用問題(暗記)
となります。
すでに、理解と暗記の大切さは認識していただいていると思いますので、ここに整理を追加してあげてください。
3つがバランスよく揃えば、思い出しやすく、応用が利く知識となります^ ^

午後問題で感じていただいた楽しさを、全体に広げて育てていきましょう!
(肺の葉と心臓の位置の関係のように^ ^)
次回もお待ちしております!
長井先生ぴかぴか(新しい)marcy先生ぴかぴか(新しい)
面談有難うございました。
ドッツで今年は
お世話になります。
どうぞ宜しくおねがいします顔(笑)

32回国家試験の筆跡から課題点を見ていただきました。
問題解いて正解してもより一歩踏み込んで
一問ずつ正文に直すことを意識して
勉強していきます。
昨年の自分を越えて合格する
前進あるのみ頑張ります手(グー)

エプロンさん

面談ありがとうございました!
すでに前を向いてスタートしているという切り替えの早さは、今後必ず活きてきます^ ^

現状の分析としては、基本問題は取れています。試験の点数もまぐれではなく、正確に表れていると思います。
言い換えると、試験200問の内の基礎問題はほぼOK(もちろんまだ伸びしろアリ)。でもそれ以上の考える問題には、さらに対応していく必要があると考えられます。

ベース部分の一段アップと、問題文を読み取って考える発展問題への対応、この2つを軸に伸ばしていきましょう^ ^

「問題を読み取る」において大切なのは、問題文(選択肢)のキーワードに着目することです。
32回18番選択肢3だと、「合成」がポイント。たんぱく質とプロテアソームのみで判断すると、マルにしてしまう危険があります。

32回81番選択肢4.5だと、「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」がキーワード。鉄だけで考えないように注意です。

毎日の過去問を進めるときも、同じようにどこに着目すべきか?という目線を持って取り組んでいただければと思います!^ ^
エプロンさん

面談ありがとうございました!
前を向くのが早かったからこその今があります。
既に問題用紙を分析でき、いろいろと発見できた上で今日の面談をすることができました。

・基礎知識の定着は上がっている
→自分での学びで習得できるところ。疑問点はなるべくメールにしていただく。

・考えて解く部分に間違えが多い
→自分での学びの習得がしにくいところ。面談で強化する。

今までの経験があるからこそ、面談も効率的に使えるようになります。

応援してもらえる人徳、これはすごいこと。
良い部分だから、維持していきましょう!
次回面談も5月に、お待ちしています!
かずりんさん

面談ありがとうございます!
疑問を疑問のままにしない。
なんとなくで、進まない。
能動的な学びが良いです!
その姿勢は、Dotsコースの活用に大きくつながります。

●メールで解決できる明確な質問は、メールで
●メールで解決できないざっくりとした質問は、面談で

1つ1つ解決しながら進んでいきましょう!

今日は、核酸のところを主に進めました。
核酸の材料の糖・リン酸・塩基も、口から入ってくるもの。
これらが材料になり核酸(DNAやRNA)ができている。
核酸は、細胞の中の核の中にある。
位置的なものをまずは把握!

そして目的!

●転写と翻訳
目的は、アミノ酸をたくさんつなげてたんぱく質をつくること。
そのために転写でDNAの情報をmRNAにコピーする
翻訳でmRNAの情報からアミノ酸をつなげてたんぱく質を完成させる。

●ポリメラーゼ連鎖反応
目的はDNAを増やすこと。
DNA鑑定の時に、少ないDNAを増やして調べる時に使う。


その上での細かい方法を学びます!
先に細かい方法に目が行きすぎていないか!?
そこを意識してみてください。
かずりんさん

面談ありがとうございました!
自己アセスメントと分析が素晴らしいです^ ^
そこで見えてきたご自身の特徴をうまく使い、どんどん勉強を進めてください!

・理解なのか暗記なのか
今回、糖質の部分でご質問頂いた通り、ここってそれ程考え込まなくていいのかも?というものに関しては聞いていただき、適宜ふるい分けをしていきたいと思います。
そして、この理解か暗記か?というふるい分けも、まずは自分の中に「疑問」がある事が大切です。
なぜ?どうして?どういうこと?と引っかかる。→探してみる→解決できればOK。できなければ、質問いただく→暗記と理解の割合を調整→次に進む。
という流れでいきましょう^ ^

これに関しても、まずは自分の疑問を見つけることが大切なので、「余計な部分に引っかかって…」とは考えず、どんどん疑問を作ってください!
次回もお待ちしてます。
長井先生、marcy先生
面談、ありがとうございまいした。

暗記でしか解けなかった問題が、理解して疑問を解決することができました。

テキストで、
「あ〜もう、ここは暗記でいいや〜」と思っていたテキストのページを今日は開きました。

以前は開いていなかったです。
そしてわからないところの説明をお二人の先生方でしていただき、新しい世界が見えた感じがしました。

私は第32回を受験し、基礎分野の点数が取れていなかったので、
つな1、2をじっくりと解いて、脳ミソにも溶かしていきたいと思います。
ここに時間をかけることが、つな3からがより楽しくなるな〜と思いました。

先生たちと面談は、とてもいいですね。
わからなかったことがスムーズにいく。こんな素晴らしいことはないな〜と思いました。
そして、今後のやる気につながりました。

私の昨年度の失敗は、「とにかくテキストを先に進もう、理解しなくとも進もう、テキストはいいや、解説を読んだらそれでいい!」でした。

が、今回は違います。
戻ってます。何度もタブレットを前に戻っています。
今回は苦手だった基礎にじっくりと時間をかけて、3からを進めていきたいと思います。

Dotsコースにしてよかったです。
勉強がとても楽しい。仕事もきつくなってきますが、これからもお付き合いください。

私のとんちんかんな質問の仕方にお答えいただき、心から感謝です。

今日の収穫
●暗記のところと理解のところをわける
●深く考えこまない。1年間は早い。時間を上手に使う。
●わからない単語などはネットで検索してみる。
●テキストをきちんと読み、疑問は放置しない。(わからないところは質問をする)

◇学習の質問内容
・DNAの転写と翻訳
・PRC法(ここを重点的に学習)
・アルドースとケトース
これらのところから様々なところへと広がり、つな1は本当に重要だな〜と実感。

今日もありがとうございました。来月もよろしくお願いいたします。



 


>>[783]
長井先生、
コメントまで素晴らしくて・・・

はい、私が今日学んだところはここです!


>その上での細かい方法を学びます!
先に細かい方法に目が行きすぎていないか!?
そこを意識してみてください。

まさにです。
実感しています。意識して取り組みます。
ここが私の一番ネックとなっているところですね。

ありがとうございました。


>>[784]

marcy先生、いつもメール、そして面談でありがとうございます。

理解か暗記か・・・の悩みはどのテキストでもついてまわっていました。


きちんと問題を解き、読み、その後のメールとします。
今日、テキストに書いてあることがありました。
反省しました。無駄な時間を使わせてしまってました。

疑問はどんどんメールします。宜しくお願いします。
ありがとうございました。
長井先生、marcy先生遅くなりましたが、面談ありがとうございました!

やっと、コメントすることができました。

初めての面談で、少々緊張しました。喉もやられていて声も聞き取りにくかったと思いますが、勉強の仕方など、細かく説明していただきありがとうございましたexclamation ×2

心臓と肺の説明、わかりやすくて、もう忘れませんぴかぴか(新しい)

これからテキストもきちんと活用しあせあせ(飛び散る汗)、理解、整理、暗記を確実にできるよう時間を確保していきます。

まずは、運転中の勉強方法と、机上での学習の見直しからやってみます!

また、来月もよろしくお願いいたしますぴかぴか(新しい)
きーこさん

面談ありがとうございます!
勉強を確保する時間がなかなか無いけど、必死で時間を作り勉強を進めていらっしゃる様子がよく分かりました。その気持ちは、とても大事です!

そして今年の課題は、過去問2000問解く今の段階での勉強の質のUPです!
○か×か分かるか!?だけでなく、正文になおすことができるのか?
正文になおすことができるか?だけでなく周辺知識を拾うこと。
面談でやった勉強法を参考にしてみてください^^


ジアシルグリセロールは、複合脂質である。答え:×、正しくは単純脂質

これを広げると
・他に単純脂質にはどんなものがあったか?
・他に複合脂質にはどんなものがあったか?
・単純脂質と複合脂質の違いってどんなところだっけ?
など、興味を持つイメージです。

そしてテキストをみて赤字になっていれば「そっか、これも国家試験に出てるのね」という発見にもなります。
合格後につながるような質の良い勉強をサポートしていきます!
また5月、お待ちしています^^
きーこさん

面談ありがとうございました!
すでに過去問を把握しているという部分は、大きなアドバンテージです!
学習段階として1つのステージをクリアされていますので、これからは更なるステップアップを目指したいと思います^ ^

そのための方法として、「1つの過去問から得られる知識を最大限に吸収する」という目線がポイントです。
正解か不正解かだけではなく、正文に直すとどうか?何と入れ替えで出たのか?どこの範囲の話か?など、拾える知識はたくさんあり、これを拾っていきましょう^ ^
(1問当たりのコスパを上げるイメージです!)

早くにスタートされていますので、現段階で焦る必要はありません。疑問や質問は、次回の面談前でもご連絡ください^ ^
長井先生、marcy先生、初面談ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)なんだか緊張していました。
主に勉強の進め方を確認しました。自分が問題を解くときに正解ばかりに注目していて、実際にどこがわからないのかというところまで掘り進めずに進めてしまっていたところがある事が発見できました。
・過去問1問から情報を増やすように解き進めること
・実際に自分がどれくらいかかっているかの把握
・抜けている知識を拾っていくことを意識する。
・どのように頭に残していくか。
時間がとれないときこそ時間をうまく活用できるように少しずつ修正します。
目標点を高くあげるという点にも意識して勉強を進めようと思います。

問題解くときに急いで立ち止まらない癖もあるのかなと面談をしていて思ったので、
落ち着いて、問題1問についてどう向き合うかというところも意識して進めていこうと思います。
次回もお願いします☆
みっしーさん

面談ありがとうございます^^!
初Dots面談でした♪
初受験、1発合格!十分狙えると思います。自分専用問題を登録しすぎていたという「長所すぎた点」のみ調整をしておきましょう。

質問について回答させていただいた後は、進め方のチェックをさせていただきました。
問題を解いて拾う点としては、○か×か分かるか?だけではない。
その1問当たりの質を今以上に上げることにより、もっと楽しくなると思います^^

問題
空腹時には、肝臓からのアラニンの放出が増大する。
答え
空腹時には、「筋肉」からのアラニンの放出が増大する。

・図のどこを言っているのかイメージする
・誤文で肝臓が出て来た意味としては?と考えてみる

問題
たんぱく質の摂取が不足すると、血中トランスフェリン値は上昇する。
答え
たんぱく質の摂取が不足すると、血中トランスフェリン値は低下する。

・トランスフェリンって何者だろう?
・なぜたんぱく質の摂取が不足すると、血中トランスフェリン値は低下するのだろう?

こんな感じです^^

定期的に面談を入れる、そしてセミナーにも行く!
これにより勉強の継続の点でも意識していきましょう。
まずは5月の面談予約、お待ちしています^^
みっしーさん

面談ありがとうございました!
勉強に対する能動さが素晴らしいです^ ^すでにつながっている部分を感じられているので、その感覚をどんどん広げていただければと思います!

過去問の取り組みに関しては、こだわるポイントが2つあります。
1つはすでに実行されている通り、「正解を選ぶ」という部分です。
5つの中から、持っている知識をフルに使って正しいものを選ぶ!という態度は、この段階から心がけていることで、試験本番の大きなスキルになります。

もう1つのポイントは、「誤文にこだわる」という部分です。誤文は見逃されがちですが、学べることがたくさんあります。
まずは、どうすれば正文に直せるのか?という目線。着目すべきキーワードが見えてきます。

そして、なぜその誤りキーワードが出たのか?という目線。誤文に持ってこられるキーワードは、適当な(全然関係ない)ものではなく、むしろ似た範囲に登場するものばかりです。
つまり、「この範囲ちゃんと整理できていますか?」という問いかけです^ ^
(整理できていないと、これが難しい。)

この辺りを意識していだければ、過去問1問から学べる知識がぐっと増え、勉強時間あたりのコスパも良くなります!
初受験という部分もカバーできますので、ぜひ意識してみてください^ ^
長井先生、marcy先生、初面談ありがとうございました(^^)すごい緊張しました。

初受験で何から手をつければいいのか分からず不安ばかりでしたが、面談を通してどのように進めていけばいいかイメージすることができました!

問題の説いている意味や自分の癖など早めに分かって本当によかったです。
少しですが自信にも繋がりましたぴかぴか(新しい)
毎週水曜の勉強会にも是非とも出席したいと思います。

これから1年間よろしくお願いしますm(_ _)m
ゆうちぃさん

面談ありがとうございます!
前年、いや、入会時から振り返り、ゆうちぃさんのフィードバックを今日、内部で進めていました^^(笑)
ゆうちぃさんから聞く言葉の変化も感じました。

今日は、勉強の質のアップについて、具体的に伝えました。
例えばこの選択肢。

空腹時には、血中の遊離脂肪酸が減少する。
答え:空腹時には、血中の遊離脂肪酸が増加する。

正文に直せた!で終わるのが、今までの方法だったとしたら、
なぜそうなのか?答えられるか?と考えてみましょう。
なぜ?の過程は、以下の通りです。

空腹時

ATPが足りない

ATPを作らなきゃ

体に蓄えているトリアシルグリセロールを分解し、血中に遊離脂肪酸を放出する

遊離脂肪酸はβ酸化され、ATPの産生に使われる

だから、空腹時には、血中の遊離脂肪酸が増加する。

暗記で解けている部分を、いかに理解で考えて解けるものにしていくか!?
意識しながら進めて行ってください^^
イメージ図も載せておきます!
ゆうちぃさん

面談ありがとうございました!
量から質へ。これが、今年1年を通しての、そして合格へ最も近づくテーマです^ ^

昨年までをフィードバックすると、量が足りていなかった、ということはありません。十分な量を計画的にこなすという部分はクリアされています!
ですので、このタイミングで量を増やす目標を作ってしまうと、圧迫されてしまいます。
同じ量をこなす中において、より質を意識する方へとシフトしていきましょう^ ^

今回みた問題の中では、
1.問題としては正解できた!
2.正文にも直せた!
3.その正文になる理由は分からなかった
という3つ目がポイントでした。

1.2で満足して進んでしまいがちですが、3を考えること・解決することが大切です。この1.2.3を漏れなく行うことが、質へとつながります。
反対に考えると、今までの勉強によって1.2はクリアしているという場合が多いですので、その点は有利と認識していただき、3の解決にこだわっていきましょう!^ ^

次回もお待ちしております!
長井先生、マーシー先生 今年初めての面談ありがとうございました(*^-^*)
まず、最初に昨年の勉強での”良かった点””悪かった点”を聞かれた際、”良かった点”をあまり考えていなく、”悪かった点”も試験直後の反省点では、”勉強量”の事が多かったですが、勉強を進めていくうちに、”どうすれば昨年よりも点数UPするのか?”を考えていくうちに、先生のアドバイスでもある”質のUP"の重要性を意識しながら、正解した(逆の不正解だった場合も)→本当に自信を持って正文に直す事が出来たのか?→分からなかった語句等の見直し強化(解説もしくは、テキストの該当箇所等)→理解・整理・暗記を意識しながら進めてきました。(それでも、まだまだ抜けがありますが…あせあせ(飛び散る汗)
その為か?なかなかテキストが進まず、去年よりも自分専用問題の登録数が増えましたが、その事に関しては、問題ないとの事でしたので、安心しました(*^^*)
量の事を考えすぎていて、少しストレス気味になっていましたが、面談ですぅ~と気持ちが楽になりました!量より質!!!
後、少しで、テキスト1が終わり、テキスト2に入ります。焦る気持ちを抑えて、抜けなく、理解・整理・暗記を進めていきたいと思います。(明日のWEB公式勉強会で、中間テスト1で分からなかった箇所等聞こうと思います。)
今年は、昨年以上に長井先生がWEB用の勉強の企画を盛り沢山に用意して下さっていますので、先生の気持ちに答えたいと思っています!
楽しみながら、来年8割(目標高く9割に変更しようかな!)で余裕をもっての合格を目指します!
また、5月、面談を楽しみに”成長したな”と思って頂けるように、勉強頑張ります!
面談でのイラスト、主人と照らし合わせておきます(*^^)v(笑)
まりこさん

面談ありがとうございます!
勉強を進めて出て来た質問10個に回答しました!
まずはこんなにも質問が出たという事が◎です^^
問題点は問題点が見つかることが無ければ解決されることは無い。
これからも良い点として継続してください♪

ご質問いただいたところで、「思い違い」もありました。
思い違いの例
●分岐鎖アミノ酸は筋肉でしか代謝されないから糖新生の材料にならないのでは?

正すと
●分岐鎖アミノ酸は筋肉で代謝されやすいけど、筋肉でしか代謝されないアミノ酸ではない。肝臓に入り糖新生の材料として使われる場合がある。

思い違いは、思い違いのまま進んでしまうと「やっかい者」になり、他の理解も止めてしまうことになるので、ここで排除できたのはとても良いことです!

また5月の面談予約もお待ちしていますね^^
問題の進捗も楽しみにしています♪
まりこさん

面談ありがとうございました!
勉強方法の形に正解はありませんので、どんな形であれ、ご自身に合ったリズムを作っていただければと思います^ ^
まとめて数時間机に向かうのが難しければ、1時間ごと、30分ごとでもOKです。毎日まったく同じリズムが難しければ、1週間単位でみてもらっても大丈夫です。
このタイミングでいろいろと試していただき、長い目でみて継続できる勉強リズムを作っていきましょう^ ^

また知識に関しては、これってこういう事だったのか!という発見や、勘違いしていたな、という気づきが何度も出てくると思いますが、分かっていなかった…と振り返るのではなく、その時点で頭をアップデートして進んでください^ ^
その繰り返しが、知識の底上げにつながります!

また次回も、質問お待ちしております!
ポッキーYuさん

面談ありがとうございます!
勉強の質を高める。
「理解・整理・暗記」の「理解」が大きなポイント!
そのためにはどうしたら良いのか?具体的にみていきました。

●理解を深める魔法の質問
・何者?
・なぜ?orどんな時に使う?

第32回-77の場合

脂質の体内代謝と臓器間輸送に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
1.ホルモン感受性リパーゼは、食後に活性化される。
ホルモン感受性リパーゼって何者?
なぜホルモン感受性リパーゼは、空腹時に活性化されるのか?

2.カイロミクロンは、門脈経由で肝臓に運ばれる。
カイロミクロンって何者?
門脈って何?(どこの血管?)
カイロミクロンは、リンパ管経由で肝臓に運ばれるのはなぜ?

3.リポたんぱく質は、粒子の外側に疎水成分をもつ。
リポたんぱく質って何者?
なぜリポたんぱく質は、粒子の外側に親水成分をもつの?

4.LDLの主なアポたんぱく質は、アポA1である。
LDLって何者?
アポたんぱく質って何者?

5.ケトン体は、脳でエネルギー源として利用される。
ケトン体って何者?
なぜケトン体は、脳でエネルギー源として利用されるのか?

解決すべき部分が見えているので、後は解決するだけです。
(ここが見えていないと解決しようが無い)
そして一番大事なのは、日々の自分での勉強の中での「理解を深める学び」
具体的にどうしたら良いのか分からなくなった時には、お気軽にご連絡ください!^^
また5月の予約をお待ちしています♪
ポッキーYuさん

面談ありがとうございました!
自己採点後、余裕をもって合格したと思える点数。すでに無意識のうちにこれを考えられていたので、この目標から逆算して進めていきましょう^ ^

今回のポイントは、インプットの際の理解の質アップでした!
試験問題というものに対しては、これまでの積み重ねがありますので、着目すべきキーワードや対比で考えるべき内容などのスキルが出来上がっています。「整理」ができているといえます。^ ^
ただ、整理のみで確実に問題を解くことは難しいですので、長所であるその整理を活かせるよう、いかにインプット(理解)の質を上げるかが大きなポイントです。

その方法として、
なぜ?を自分で自分に問いかけてみる
を意識してみてください。

ホルモン感受性リパーゼは、食後じゃなくて空腹時!食後はリポタンパク質リパーゼ!と直すことができるのは、整理ができているからですが、ではなぜホルモン感受性リパーゼは空腹時なのか?
何者なのか?どんな働きをしているのか?それを答えられるのか??を試してみる。
ここが大切です。
これができれば、問題の答え(結論)に確実にたどり着く事ができます。

はじめは少しもどかしいかもしれませんが、理解の質アップにつながりますので、セルフ質問勉強会、試してみてください^ ^
長井先生、marcy先生、面談ありがとうございました。(^^)

勉強の進め方で大切なポイント『理解の質を上げる』
今まで できているようでできていなかったので、今回は理解を深めて問題を解けるようにしていきたいと思います!

理解を深める魔法の質問を教えていただいたので、『何者?なぜ?』と自分に質問しながら進めていきます。
テキスト1をもう一度やり直したいと思います。

今日面談をする事が出来て良かったです。ありがとうございました顔(笑)

自分への質問など分からなくなったらメールで質問したいと思います。次回の面談もよろしくお願いします!
長井先生、marcy先生

面談ありがとうございました!!
レポート遅くなってしまい申し訳ありません顔(願)あせあせ(飛び散る汗)

今回の面談の目標
・勉強が進んでないこと、時間の取り方の相談
・質問を全て解決
・アニメだけを続けて見る方法
・この前参加できなかった暗記セミナーの内容を知る

自分の中でこの目標を決めていました。
最後の暗記セミナーまでたどり着くことはできませんでしたが、勉強時間の確立、質問事項が全てクリアできたので自分のモヤモヤがスッキリしましたるんるんぴかぴか(新しい)

自分の中で、「何時間かまとまって時間が取れない場合はテキスト進めても中途半端に終わっちゃうだろうから今は止めておこう」という考えがあって、ほんとに毎日勉強できてないし、勉強が進まないし、どうしよう…と悩んでいました。仕事を辞めようかとも考えていました。でも、辞めて、時間がたっぷり取れるようになると、「時間あるしー」とダラダラしてしまうと思うんです…。だから、今の生活の中で自分の勉強できる時間を探して30分ずつでもいいから、1日24時間の中で上手く時間を活用していきたいと思います。
こんなにも勉強したい!勉強時間が欲しい!と思ったのは初めてです。長井先生、marcy先生、ファンスタ講座のおかげです。ありがとうございます!

と言いつつも、面談から2日間勉強してません…連休で実家に帰省し、子供たちと
遊びに行ってきました。そこにあった自販機に売っていたスポーツ飲料。「アルギン酸、シトルリン配合」だったかな?アスパラギン酸だったかな?こういうのを見て、「体の中でこう代謝される」というのがすぐ頭に浮かんでくるように、勉強を進めていきたいです。

また面談お願いします!
エプロンさん

面談ありがとうございます!勉強方法もモチベーションもそうですが、「ダメ」はゼロ!
・モチベーションが維持できないなら、維持するための工夫を先に用意するだけ
・勉強方法として良い部分をもっと生かす、欠けていることを足すことはあっても「ダメなところ」は無い!
月1でこのあたり丸ごと気づきを得ていきましょう!

●気づき1.頭の整理を足す事
ドコサヘキサエン酸は、中鎖脂肪酸である。
→×。ドコサヘキサエン酸は、不飽和脂肪酸である。
この正文のなおし方の場合、〇か×かは合っていていも整理が足りていない状態です。
日常生活の会話に置き換えると
「ドコサヘキサエン酸って、炭素の鎖は中くらい?長い?」という質問に対して
「ドコサヘキサエン酸は、二重結合を持っています!」という返事をしているということになります。つまりそれは聞いていない、答えになっていないという瞬間です。
頭の整理をするためには、図表をなんどもみる、「中鎖の中ってどんな意味?」など、意味を知ることを意識するなどが大事です。

●気づき2.理解を足す
・以下の問題の中で消化管ホルモンは何ですか?
この問いにはこたえることができました。

消化管ホルモンに関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
1.ガストリンの分泌は、胃に食塊が入ると抑制される。
2.ガストリンの分泌は、セクレチンによって促進される。
3.セクレチンの分泌は、十二指腸内H⁺濃度の上昇によって抑制される。
4.コレシストキニンの分泌は、消化物中のペプチドによって促進される。
5.膵臓からのHCO₃⁻の分泌は、コレシストキニンによって促進される。

・では、口から食べ物が入って来てガストリンが出ると、体はどう変化しますか?
ここは不十分でした。

ガストリンはホルモンなので、ガストリン自身が食べ物を分解するのではなく、ガストリンは食べ物を分解する酵素の分泌を促す命令役です。また、ホルモンならどんなものでも、「何を命令するのか」という役割を持っているので、そこを明確にしていくことがポイントです!

コンスタントに面談を入れることが出来ている事も◎です!
また6月も待っています!
えぷろんさん

面談ありがとうございました!
今回見えた課題は、何度やっても間違えてしまう問題をなくす、です!
これを繰り返している場合は、暗記寄りになっていたり、何となく関連していたキーワードの印象に引っ張られてしまう、ということが多いです。
ですので、選択肢を正解に直したときの、「その通りだな」という理由、納得する理由を見逃さずに拾っていきましょう^ ^
今回の、「コレシストキニン分泌が消化物中のペプチドによって促進される」→消化の流れを追って考えると「その通りだな」という、この感覚です!

暗記だけだとコレシストキニンとペプチドというキーワードの関連付けで終わってしまいますが、消化全体を追って考えれば、(矛盾がないなという)納得の方が大きいと思います。ぜひ、これを他にも活かしていきましょう^ ^

また、1つのキーワードから、あれこれ関連ワードが出てくるという部分は長所です。これをさらに活かすために、今はどのテーマ(何の話)なのかを見極め、どのキーワードを使うのが適切か?を意識していただければと思います^ ^

次回もお待ちしております!
長井先生ぴかぴか(新しい)
marcy先生ぴかぴか(新しい)
面談有難うございましたm(._.)m

あっという間に1ヶ月すぎ
早いもので12回の面談、
あと10回しかないです(笑)

質問と32回国家試験からの問題から
苦手な大当たりの所問題の解き方
見ていただきました。

この問題は何をきいてるのか?
その単語に繋がるもの、あれやこれやだしても
問われてる所からずれてる。
テキストの図のイメージは、なんとなく〜こんな感じで
終わる段階ではなく、次なる進歩として
とことん何回もみて整理を固めていきます。

その場その場で答えが正解してスルーしても
それは私にとってプレ正解なので
今この時、毎月一問ずつ
軌道修正していただけるので、ドッツにして
ほんと良かったです。

この積み重ねが結果として必ず結びつける
頑張りまっせ〜炎

あと長井先生、お話頂いた関西勉強会の件ですが、
7月からセミナー始まり、セミナ後の勉強会に
変わっていき、なかなか時間もとれないことを
出てくるので
6月一度考えてみますね。
もし関西に33回受験生おられるのなら
絶対にきてほしいと願います。

わくわく頭ひねり楽しかったでするんるん
また来月宜しくお願いします手(グー)手(グー)手(グー)
有難うございましたバンザイ
みっしーさん

面談ありがとうございます!
今日も好奇心の塊!で、グイグイ学べて良い感じでした^^!
これから先のセミナーなども楽しみながら初受験1発合格!引き続き目指していきましょう!

暗記するしかない・・・と、あまり楽しめずにいた食べ物と健康も、日常生活につなげてみることで楽しめることが分かりました!

問題:羊腸は、フランクフルトソーセージのケーシングに使われる。
× 羊腸は、ウインナーソーセージのケーシング(ソーセージの皮膜部分)に使われる。

ポイント1.ケーシングの言葉の意味を知ること
ポイント2.ウインナーソーセージ(日ごろ食べる)、フランクフルトソーセージ(お祭りで買う)、ボロニアソーセージ(お中元でもらう) 
太さをイメージすること!
昔は何の腸を使うのか?によって名前が付いていましたが、現在は人工のプラスチックをケーシングとするため、太さでの区別になっています。
ポイント3.画像で見てみる!
ボロニアソーセージは、こちら
http://www.marudai.jp/CGI/products/item/detail.cgi?itm_cd=00068
ハムとソーセージのつくり方の違いはこちら
http://gifu-gero-nattokuton.up.n.seesaa.net/gifu-gero-nattokuton/image/suireizukai_-3e2ef.png?d=a0

これらの工夫は少しの時間の工夫でできることなので、ぜひこれからも取り入れてみてください^^
また6月の面談予約もお待ちしています!
長井先生、marcy先生面談ありがとうございました(^-^)

食品のところは暗記で苦手分野だと思い込んでいましたが、日常生活に当てはめることで楽しく進められそうでするんるん

予定通りに進んでいなかったので気持ちばかり焦ってしまい、理解が抜けた状態で進めてしまいました。
焦らず分からなかったところは調べ理解しながら進めていきますスマイル調べすぎなところだけ気をつけますあせあせ(飛び散る汗)

一発合格目指してこれからもよろしくお願い致しますm(_ _)m東京の会でお会いできるの楽しみにしてますexclamation
みっしーさん

面談ありがとうございました!
自分の体内のことを学ぶテキスト2前半に対して、後半は体外にある食べ物のことを学びます。目線としては大きく変わりますが、少し調べるだけで、体内同様におもしろがって学んでいただけると思います^ ^
ドライソーセージ、ハム、ワイン、フランクフルトなど、普段無意識に接しているものが勉強の対象になっているので、ちょっと意識するだけで、学びポイントがたくさん発見できます!軽く画像検索してみてください^ ^

また、たくさん調べてしまうという好奇心は、勉強に最も必要ですが、時間配分だけ注意です。
基準となるのは、この問題・選択肢を解くために、正文に直すためには、どんな知識が必要だったのか、という目線。
ここから先はプラスα部分ですので、1日の勉強時間・解く問題数と相談しながら調整していきましょう!
合格後、その好奇心が必ず活躍します^ ^
うっちーさん

面談ありがとうございます!
うっちーさんの最大の長所は、楽しく勉強できるところですね^^
これからも笑いながら学んでいきましょう!

今日は、なかなか覚えられない、つなげて学ぼう2の暗記をしていきました。
代謝マップの部分は、理解できているか?を自分専用問題で探りながら自分で進めるのは難しいので、ひとまず頭に材料を入れてセミナーで補強しましょう^^

食べ物と健康の暗記分野も、いろいろと工夫をすることができるのを伝えました。
例:野菜などの青臭いにおいは、(       )の働きにより生成される。
答え:リポキシゲナーゼ
野菜の青臭さは、α-リノレン酸がリポキシゲナーゼによって酸化されて生成される。

野菜と脂肪酸、なかなかイメージしにくいけど、野菜の青臭さは脂肪酸のα-リノレン酸からできるのね!と、感想を持つ。
まずはリポキシゲナーゼが脂質関連酵素であることを頭に入れる。
階段を作る方法です^^

4月5月と面談を入れることができました!
6月もお待ちしています^^
うっちーさん

面談ありがとうございました!
平日と休日をうまく使い分けて進めておられると思いますので、これからもそのペースでいきましょう^ ^

つなげて学ぼう2に出てくる栄養素の話は、
口・胃・小腸などの消化管の中での話と、
小腸から吸収された後の血液中の話とに分かれます。
ペプシンやアミラーゼ、膵リパーゼ、胃酸などは消化管の話、
門脈やリポたんぱく質リパーゼ、キロミクロンなどは、血液中の話です。
今考えているキーワードはどちらの話なのか?を意識してもらえれば、考えやすくなると思います^ ^

そして、今日のポイントは、
βカロテンとβカロテン当量の部分でした!
ビタミンAの換算式を考える場合、
レチノール+βカロテン当量は正解ですが、
レチノール+βカロテンでは誤りになります。(当量がないと、αカロテンやβクリプトキサンチンが考慮されていないため。)

回答としては単純に暗記して覚えているかどうかという問題なのですが、
全体の勉強の意識として、この「当量が付いているものと付いていないものがあるのはなぜか?なにが違うのか?」を拾えるかどうかが大きなポイントになってきます!
あまり気にしなければ、なぜ間違いかも納得しにくい内容になり、反対に疑問を抱いて拾うことができれば、より理解が広がります。^ ^
少し細かい部分ですが、この辺りをぜひとも拾っていってください!^ ^

次回もお待ちしております!
長井先生、marcy先生、面談ありがとうございましたるんるん

栄養素の話は、図を見せていただいたことで、今までピンときていなかったのがわかりやすくなり、消化管と血液中の違いを理解できたと思います。

中間テストのなかで、鍋の熱伝導率の並べ替えは、ゴロ合わせと、普段仕事でつかっているものを思い浮かべることで覚えることができました。

単なる暗記だけですすんでいいものと、プラスαの広げる知識があったほうがいいものの違いも教えていただいたので抜けていたところにまた戻って勉強の見直しをしたいと思います(*^^*)

面談後に、葉酸のCM、ネットで検索して見てみました!やはり、私は、初めて見ましたよ(笑)
葉酸や他のビタミンの名前も見直しして、次の面談までまた引き続き頑張ります!
あかさん

面談ありがとうございます!
〇か×かを答えられるのか?
正文に直すことができるのか?
だけでなく、その先をみることができて、すごく嬉しく感じました^^

具体的にいうと、例えば妊娠糖尿病。
・糖尿病の人が妊娠した
・妊娠した人が糖尿病になった
上記2つのパターンは、妊娠糖尿病とはいいません。

・妊娠してて糖尿病に近い状態になった
これが妊娠糖尿病。

だから、糖尿病と妊娠糖尿病の診断基準も違う。

もとになった問題は、この問題。
32-90 妊娠期の糖代謝異常に関する記述である。誤っているのはどれか。 1つ選べ。
(1) 妊娠糖尿病とは、妊娠中に発症した明らかな糖尿病のことをいう。
(2) 妊娠糖尿病の診断基準は、非妊娠時の糖尿病の診断基準とは異なる。
(3) 妊娠糖尿病では、巨大児を出産する可能性が高い。
(4) 肥満は、妊娠糖尿病発症のリスク因子である。
(5) 糖尿病合併妊娠では、インスリン療法を行う。

(1)と(2)につながる話でした。
(1)が分かっていれば(2)も分かるということです。

こんな感じで、芋づる式で考えて解ける問題を増やしていき、暗記量を減らしていきましょう!
また、勘違いや拾い忘れにも注意してみていこうと思います!
また6月も宜しくお願いします^^

あかさん

面談ありがとうございました!
勉強時間の確保は、少しずつしやすくなってきているとのことなので、計画を見つつ、ゴールまでの道筋を固めていきましょう^ ^

今年の目標は、シンプルに、120点の壁を超えることです!(もちろん目標点はもっと上で^ ^)
そして、そのための課題としては、
・解説の納得度を上げる
・問題の主語を読み飛ばさない
があげられます。

問題は解くだけではなく、正文に直せること、そして間違っている(または合っている)理由を納得できることが大切です!
解くこと・正文に直すことはすでにされていると思いますので、次のステップとして、これを意識してみてください^ ^
次に同じ問題で間違えないことや、別の聞かれ方をしても答えられることにつながるはずです。

また、問題を解くときの感覚としても、「1つの選択肢だけ」で考えてしまうより、「〜についての記述である」という部分を把握しているだけで、ミス防止になりますので、今のうちに読むクセをつける準備をしていただければと思います!^ ^
面談ありがとうございました
初面談、緊張しました
自分の勉強にくせがあるので、どんなところに注意して勉強をすすめていけばよいのかがわかり、それを意識しながらすすめていこうと思います
言葉にとびつかないように、正文になおせるようには守りつつ、今年は、ことばを理解してそのことばのまわりにあることばとをつねげながら勉強してみようと思います
納得できないことを質問できるようコツコツやってみます
来月の面談もよろしくお願いします



ログインすると、残り777件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

管理栄養士合格&知識維持100% 更新情報

管理栄養士合格&知識維持100%のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。