ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 短歌点 > トピック一覧 > 短歌点△693お題「闇」

短歌点コミュの短歌点△693お題「闇」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

お題「枯」よりバトンを受け取りました。

次のお題は「闇」でお願いします!
中2っぽくしてみました。どんな歌ができるか楽しみです。


【注意】たぶん今回、講評無理そうです。それでもよければ是非〜


1:出題者が、お題を出します。
2:お題は、何でもありで面白そうなもの。
  50題以前に出されたものであれば、既出のお題でもOKです。
3:出題者じゃない人はお題を詠み込んだ短歌を書き込みます。(1人1首のみ)
4:一週間以後、出題者が(独断で)もっとも素晴らしいと思った短歌を1つ選
び、その選出理由を書きこみます。
5:次のお題は、最優秀短歌をつくった人が出すことになります。
 (新トピックの番号は「自分が選ばれたトピック番号+5」)
6:その後は、みんなでワイワイ感想をかわします。

コメント(40)

真の闇阻む家電のそれぞれの赤い小さな瞳眠らず
はだら闇 紋白の闇 真菰闇 皮膜に闇の分け入る時ゆ
パソコンのバックライトが延々とあなたを照らす機嫌良き闇
たましいがのぼったのだろうわが母の四十九日の暁闇のなか
戸隠の脈打つ闇の底白め二百の少女テントに眠る
さよならと言えないでいる新月の闇の底には分かれ目はなく
今月までにしましょうかね
12月になったら〆でお願いします!
ゲソ丼を喰らう二人の傍らでテレビが闇を流しはじめる
一人のが幾分かマシ朝五時の味噌汁椀の底にある闇
闇纏う廃寺の墓地で揺れている白く綺麗で足のないひと
追憶が鳴り出す時間 闇に立つ風鈴屋から風は生まれて
花野へは独りでゆくが宜しくて無闇の是非に尾を振る狐


去りがたき闇いだきつつ銀鼠のうるむそらより霜月の雪
「世が世なら」「あいつが悪い」「どうせ」とか唱える俺の属性は闇
予告通りすいません講評は
気になったお歌の寸評だけにさせてください
気になったお歌こちらになります


■はだら闇 紋白の闇 真菰闇 皮膜に闇の分け入る時ゆ
┗気になる度はものすごかったのですが、意味が取れず挫折しました
 ふるさととその時代の闇が入り込んでくる感覚でしょうか?

■下闇をずっと照らしていてくれた僕のチェリーを食べたんですね?
┗低いモノローグで好きな音質でした。童貞の歌と読んだのですが、
 その分、寺山修司などを思い出し、新鮮度が少し足りなく感じました。

■戸隠の脈打つ闇の底白め二百の少女テントに眠る ★
┗ものすごく気になり、絵も好きです。こういうエピソードがあるんでしょうか?
 教養なく受け取れない部分多いと思います。すいません

■一人のが幾分かマシ朝五時の味噌汁椀の底にある闇
┗ 一人のが幾分マシの理由は歌には無い気がしました。
 だとすると強がっているのか? 歌全体を通して闇を感じました

■何もかも脱いで行きます花さえも十一月の闇のしじまに
┗音が流麗で好ましいと思いました。
 ただ、意味から見るとちょっと軽さがある気がします

■追憶が鳴り出す時間 闇に立つ風鈴屋から風は生まれて
┗こちらも音が流麗で好ましいと思いました。
 描いている絵がちょっとアニメっぽくて軽く感じます。昔の押井 守風。

■花野へは独りでゆくが宜しくて無闇の是非に尾を振る狐 ☆
┗字面と音が噛み合っていて気持ち良いです。影絵童話のような感覚。

■去りがたき闇いだきつつ銀鼠のうるむそらより霜月の雪
┗音の流麗さが極まってます。特に三句以降が素晴らしいと思いました。
 ただ「去りがたき闇」が身体感覚として最後まで理解できませんでした。
一番はきくさんのこちらです

■花野へは独りでゆくが宜しくて無闇の是非に尾を振る狐

文字列から自然に物語に移行してすばらしかったです


次点はきゃろさんのこちらです

■戸隠の脈打つ闇の底白め二百の少女テントに眠る

絵面がとても好みでした

ぼくからは以上となります。
いつもお世話になっているのに時間取れずすいません
他の歌も良い歌ばかりだったと思うので皆さまワイワイで盛り上げて頂けたら
存外の喜びです

よろしくお願いいたしますmm
>>[036]

おつかれさまでした。
投稿受け付けを締め切られて即寸評、そして選歌次へ繋げられる鮮やかさ!

お忙しいこともあるのは重々承知の上ですがそのお手並みお見事、と思いました。

で、ですね、拙歌を最優秀にお選びくださってありがとうございます。

頂いた評文、全てがまさしく、そ、それなのです、って。通じたことがとても嬉しかったです。

ありがとうございました。


今回いいな、と思ったお歌は


とみいえ ひろこさん
はだら闇 紋白の闇 真菰闇 皮膜に闇の分け入る時ゆ

私もカニパンさんと同じで、読み解けてはいないのですが、下句「皮膜に闇の分け入る時ゆ」のくだり、皮膜、分け入る、この言葉選びの厳密さにに唸らされました。

ではなるたけ早く新しいトピックを立てるようにいたします。


カニパンさん

講評と選歌、お忙しい中ご尽力くださりありがとうございました。

拙歌を次点に選んで頂きありがとうございます。
教養??それ要るのでしたら、私など参加できません。(笑)
彼処にガールスカウトのキャンプ場があるんです。大人のリーダーとして昔、後にも先にも初めて参加した時の、緊張感と闇の実景が今も心に残っています。
「闇」のお題のお蔭でどうにか歌にすることができ、次点まで頂いて、ものすごく嬉しいです。

気になる「闇」が沢山ありました。
中でも良いと思いましたのは、こちらです。

■さよならと言えないでいる新月の闇の底には分かれ目はなく
一花さん

■花野へは独りでゆくが宜しくて無闇の是非に尾を振る狐
きくさん

きくさん、最優秀おめでとうございます!!

>>[39] ありがとうございます。「闇」深いですね。詠めるかな〜と思って考えている時間が楽しかったです。
素敵な歌がたくさんぴかぴか(新しい)

ログインすると、残り18件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

短歌点 更新情報

短歌点のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済