ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 短歌点 > トピック一覧 > 短歌点658△お題「YouTu...

短歌点コミュの短歌点658△お題「YouTube」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

「0」からバトンを受け継ぎました。

お題は動画投稿サイト「YouTube」でいきます。
私は暇さえあればYouTubeばかり観ています。
読みはユーチューブ、ようつべ両方OK、カナ表記OK。
またYouTuber(ユーチューバー)もOKです。
初出題ですがよろしくお願いします。


ようつべの君はいくどもほほえめど手紙はいまだよんでくれない (みやま)


※ルール
1; 出題者がお題を出します。
2: お題は何でもありそうで面白そうなもの。50題以前に出されたものであれば、既出のお題でもOKです。
3: 出題者じゃない人は、お題を詠み込んだ短歌を書き込みます。(一人一首)
4: 一週間以後、出題者が(独断で)もっとも素晴らしいと思った短歌を一つ選び、その選出理由を書き込みます。
5: 次のお題は最優秀短歌をつくった人が出すことになります。(新トピックの番号は「自分が選ばれたトピック番号+5」)
6: その後はみんなでわいわい観想をかわします。

コメント(59)

何度でも再生させてるYouTube 二度と再生しないものを思って
みたことがないにっぽんをみてしまう japan earthquake on YouTube
YouTubeみせて子供をねむらせたママには春の座席をゆずる
投稿ありがとうございました締め切ります
少しずつコメント書いてきます。読み違いあると思いますがご容赦ください。


YouTubeの繰り返しみるお笑いがだんだん哀しくなってくるなぜ?

お笑いの動画を繰り返し見る行為は、最初からある哀しみを紛らわすためのものでしょう。
そして再生数を繰り返すのと反比例して余計に哀しくなってくる。最後の?は疑問の?では
なくて混沌と迷いの?
人けのいない場所よりもにぎやかな場所にいたほうがより孤独を感じるのと同じ心理でしょうね。
このYouTubeは平仮名にしたほうがより効果的です。 さらに、お笑いを持ってくるのでしたら
具体的なギャグか芸人名にしてもよかったかも

かなしみが増してゆくだけようつべの繰り返しおる「履いてますよ」
ちょっと違うか…
youtube後の沈黙いや、まてよ微かに雨の音が聞こえる

雨の音はオンライン上のノイズか何かの比喩ともとれますが、素直に雨音と詠んでみます。
ヴァーチャルのYouTubeから自然の雨の音へと飛躍する構成ですが、「いや、まてよ」という
絶妙な表現で、この相反する二物をつなげています。体言止めが2つありますが気になりません。
むしろ時代劇のような独特のテンポを生んでいます。
YouTubeを小文字表記にしてアク抜きをしているのも効果的です。
読んでて楽しくなる歌ですね。
ズルなんてしてなくたって傷付いてYouTuberは幸せな人

上句が全部「て」で終えてるので、なんとなく女性の視点で詠んでるように見えます。
下句はいろんな読み方ができますね。別れた元彼をYouTuberという呼び方で軽蔑しているようにも
読めるし、逆に見ず知らずのYouTuberに徐々に惹かれてるようにも読めます。
YouTuberの人気ランキングを見てみたのですが、みんなひょうきんな人ばかりです。そんな人を
捕まえてわざわざ「幸せな人」と言っている。微妙な心の揺れを上手く表現してるといえます。
傷付いては別の言葉に置き換えてもよかったですね。
YouTube規制に触れて消されしを埋葬もせずそのままに置く

埋葬は比喩だと思うんですが良くわかりませんでした。そもそも消された時点で何も残らないはずなんですが、何を埋葬するのでしょうか。
もしかしたら、消された動画の内容かなんかを、頭の記憶に止めておくということかもしれません。
ちなみに削除しても増える動画もあるようなんですが、さすがにこの歌とは関係ないでしょう・・
上句が説明気味で動詞が4つあるのが推敲ポイントですね。
君という地下鉄歩き水流に溺れるところかとYouTube

俳句でいう一物仕立ての構造になってます。君という地下鉄はYouTubeの和訳。
動画鑑賞を水流に溺れると比喩して、YouTubeでしめる。
内容的には完成されてるので、あとは言葉の響きですね。
個人的にはYouTubeと地下鉄の並びが重たいように感じました。YouTubeを仮名にして
地下鉄を別の言葉に置き換えればイメージが変わります。

君というUNDERGROUND歩き溺れるところかとゆうちゅうぶ

蛇足だったらすいません
沐浴の胡粉のようにようつべを望まぬものも流れて来ます


沐浴の胡粉という表現は初めて見ました。沐浴=身を清める、胡粉=白い顔料でネイルの原料に使われる。澄んだお湯に体を浸かっているけど、ネイルだけなかなか落ちずに目立っている感じでしょうか。
おそらくいくら削除しても次々に湧いてくる違法動画のことを言ってると思われますが、正確には読みきれてません。なんとなく見ている動画も立場の違う者からすれば「望まぬもの」となりえます。着眼点の鋭さと社会的モラルをうまく詩に昇華させているといえます。
伝説は儚いものねyoutube今はこちらで歌っています

伝説と下句の対比がなんとも滑稽です。儚いものねと詠嘆を述べているのに間髪いれずに
今はこちらで歌っています、という切り替えの早さ。YouTubeも所詮はコンテンツなのです。
そう考えると10年続いているミクシイはもっとリスペクトすべきなのかもしれません。
現代的な感覚の歌ですね。
YouTubeの向こうをみつめいる母にいつもの肩をもたせかけおり

認知症の母親を日常的に介護している景と読みました。歌の意味だけを追えばYouTubeでなくテレビとかでも成立するんですが、YouTubeと母との対比が、認知症をより残酷に表現しているように感じます。
普通に解釈すれば母親がYouTubeを開くわけがないので、歌主がYouTubeを鑑賞していたところ、
後ろから母の存在を感じ得た。その母をいつものように肩をもたせかける。YouTubeと「いつもの」がすごく重く響き合っています。介護はまだ経験ないので下手なことはいえませんが、いい歌だと思います。
僕型に乾いた地面よそのこかねこかユーチューバーになりたい

なかなか難しい歌です。僕型に乾いた地面をどう読むかですが、なんとなく閉鎖的なものを感じます
よそのこ、ねこ、ゆーちゅーばーと全部仮名で選択肢を3つも挙げているのを考えると、主体まだ幼い
人なのかもしれません。理屈で考えるとわけがわからなくなるので、これは何かの物語の一部と
考えたほうがいでしょう。

僕型に乾いた地面に意思はあるけれど命はまだ宿っていない。毎日無数の人に踏み潰されていくだけの日々。よそのこはいつも自由に遊んで美味しいものを食べていてうらやましい、猫は好きなだけ寝て好きなだけ交尾してうらやましい、ユーチューバーはいつも元気で楽しくてみんなに人気があってうらやましい。
てな感じですかねぇ。。
何度でも再生させてるYouTube 二度と再生しないものを思って

「何度でも」に強い意思を感じます。
上句の再生と下句の再生は意味が違うんですね。上句はそのまんまですが
下句は絆とか大切なものとか色々なものが想像できます。変に詩的表現をせず
再生で押し切ったところがいいと思います。
最後の「思って」は違う表現にすればもっとよかったかな。
そのしーと そして こんにちはyoutube 赤い板かな紅い筒かな

すいませんこの歌はよくわかりませんでした。上句だけで見ると温故知新的なことを言ってるのかなぁと感じたのですが、赤い板紅い筒と続いてよくわからなくなってしまいました。
それぞれ英訳するとレッドプレート、レッドチューブとなり、ソノシートとYouTubeに呼応してるのはわかるんですが、それで結局何が言いたいのかまでは読み取れませんでした。
YouTubeを音源として扱ってる人は多いんですねぇ。
もうあふこともないのでせうねようつべにくりかへされる春の雨音

初句は七音ですがもうが効いてるのでさほど気になりません。YouTubeに繰り返される春の雨音。
雨ではなくて雨音なんです。つまりYouTubeを開いてるけど見ていないんです。
見ていないけどYouTubeに春を見出している。未練タラタラなんです。屈折した心情を上手く表しています。
春の雨音以外は平仮名です。よって春の雨音は比喩でありながら、情を突き放すような効果も生み出しています。YouTubeを綺麗に扱いすぎている感もありますが、巧くまとまった歌だと思います。
みたことがないにっぽんをみてしまう japan earthquake on YouTube

震災から丁度5年が経ちました。5年という年月を噛み締めてこの歌を読むと感慨深いものがあります。
上句は記憶、下句は記録といったところでしょうか。YouTubeがテレビ報道と決定的に違うのは、いつでも見ることができること。それを踏まえた上句に迷いや弱さがあるような気もするし、逆に強さを感じるような気もします。克明に覚えているつもりでも年月が経てば記憶は変わっていくものです。YouTubeはみたことのないにっぽんを常に内包しています。これが良いことなのか悪いことなのかは、よくわかりません。
YouTubeみせて子供をねむらせたママには春の座席をゆずる

言葉の流れに無駄を感じません。なんとなく童話のような趣を感じます。
YouTubeもなんらかの比喩なのかもしれませんね。眠る、ママの並びはちょっと怖さを感じます。
歌の意味は読み取れませんでしたが、惹かれるものをもっています。
こういう歌を作ってみたいなあと思わせました。


以上14首です
ノミネート5首

youtube後の沈黙いや、まてよ微かに雨の音が聞こえる(サワオさん)

沐浴の胡粉のようにようつべを望まぬものも流れて来ます(テキーラ@「鉄火巻」さん)

YouTubeの向こうをみつめいる母にいつもの肩をもたせかけおり(とみいえひろこさん)

みたことがないにっぽんをみてしまう japan earthquake on YouTube (ツトムさん)

YouTubeみせて子供をねむらせたママには春の座席をゆずる (きじまっちさん)
次点
YouTubeみせて子供をねむらせたママには春の座席をゆずる (きじまっちさん)指でOK

惹かれる歌です。なにか物語が眠ってそうです。


最優秀歌
みたことがないにっぽんをみてしまう japan earthquake on YouTube (ツトムさん) 手(チョキ)

これはYouTubeでこそ成立する歌です。下句にしびれました。検索ワードを入れるだけで充分でしたね。
あとはYouTubeが仕事をしてくれる、そういうこと。
バトンはツトムさんにお渡しします。


初の選歌は想像以上にプレッシャーを感じましたたらーっ(汗)
YouTubeは厄介なお題だったと思いますが、各人持ち味のある歌揃いで勉強になりましたぴかぴか(新しい)
ありがとうございました。
みやまくはがたさん、講評・選歌お疲れ様でした。拙歌を選んでいただきありがとうございます。久々のバトンですので、よく考えてお題を決めたいと思います。

>天魚さん  いや、あまり洗練はされてないかと(苦笑)  むしろ棒立ちになって出てきた言葉です。お褒めに預かり恐縮です。精進します。
>>[45]
あれ、哀しいわけではなかったんですねたらーっ(汗)
じゃあ飽きてきて虚しくなったってことなのかな。。
歌読みは難しいです。
>>[46]
最優秀おめでとうございます
ツトムさんの講評は読み応えがあるので楽しみにしています
>>[47]
YouTubeは難しかったですね
でもはしるさんを含めいい歌が多かったので講評のしがいがありました
とみいえさんの歌は僕が勝手に解釈したことなので、合ってるかどうかは分かりませんよたらーっ(汗)
>>[038]
講評と選歌、お疲れさまでした。
歯切れがよくて焦点が明確な講評、読みごたえがありました。
みやまさんには、俳句の方がお話されるような視点を感じましたが、俳句をされていたのでしょうか?
幅のある視点はいろいろ参考になりました!

私の短歌もありがとうございます。
最後の「思って」は自分でも気になっていたのですが、うまく推敲できなくて、そこを見透かされてスキッとしました(笑)

ツトムさん、最優秀おめでとうございます!
私もみやまさん同様、YouTubeというお題を一番うまく生かせていた短歌だと思いました。
難しいお題だったので、こういう詠み方を拝見すると、オー!!ってなりますw私もお気に入りでした。


他にお気に入りは、きじまっちさん、はしるさん、ナカノさんでした。

感想はまた別枠に書きます!
感想を少し。

*僕型に乾いた地面よそのこかねこかユーチューバーになりたい(ナカノさん)

これは実際に地面に寝転んでいるわけではなく、比喩ととらえました。
主体はいろいろ投げ出して地に足をつけるというより、もう死体のように寝転がりたい気持ちなのかもしれません。
そこの地面だけは雨が降っても自分の形に乾いていて、湿ることがない。
乾いた地面は、心や思考の乾きにも繋がっているのかもしれません。

もう自分じゃない何かになりたい。
今の自分というものに課せられた何もかもを放棄して、自分にも自分に関わるものすべてにも無責任になれる何か。
よそのこもねこもユーチューバーもそういう意味で、すべていい得た自分以外のものだと思いました。

よそのこもよその子と漢字にしなかったところが、ひどく人という存在そのものに今は寄り添えない感じを受けたので、羨ましいというよりは、わたしはもっと感情のない無機質な印象を受けました。

以前から、ナカノ短歌ファンでしたが、お帰りなさいからの投稿歌の中でも特に惹かれた短歌でした。

ちゃんと湿度を持てる人になれたらいいね、と、ふと思ってしまうような痛みがありました。
(私ったら、こんなのにヤられててはいけないわー)←これめちゃくちゃ誉めてます(笑)

はしるさんの短歌はとても素直なお歌で好きでした。
読みはみやまさんとほぼ同じでした。

こういう気持ちをあまり詩的に持ち上げないで詠むのは私の好みで、かといって、ありきたりすぎて、だから?と言いたくなるようなものには留まってないのが、はしるさんのお力だなーとしみじみ感じ入ってました。

はしるさんの短歌は最近とても素直な印象を受けてます。素敵です。

>>[51]
コメントありがとうございます。
蜜柑さんの歌は再生を二度使うことによって距離感を出し、情を振り払わんとする決意みたいなものを
感じたのですが、最後の「思って」であれっ?みたいな感じになりまして、そこが惜しかったですね。

俳句は今もかじってますよほっとした顔ミクシの俳句コミュにもちょこちょこ投稿してます。
まだ初めて1年も経たない初心者ですが。。
俳句は勉強して損はないと思いますよ。確実に視野が広がります。
>>[32]

講評・選歌ありがとうございました。
まったくその通りで、我ながらつまらない歌を詠んだものだと思ってるうちに時間がたってしまいました。

YouTube規制に触れて消されしを埋葬もせずそのままに置く

お気に入りに入れたものを再生しようとしたら「削除されました」とそのままタイトルは残っていることがあって、なきがらはそのままなんだなぁと思ったことを詠んで見ました。
アドバイスもありがとうございました。
>>[56]
ああそうか、タイトルが残っているということだったんですね。
こちらこそずっと引っかかっていたことを、教えていただきありがとうございました。
>>[58]
ああ、そうだったんですか。きらもんズさんにも是非とも参加していただきたかったです。
ツトムさんの歌は一目みて最優秀だと思いました。

ログインすると、残り28件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

短歌点 更新情報

短歌点のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済