ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 速記の学習 > トピック一覧 > 2018年03月24日の銀銅

速記の学習コミュの2018年03月24日の銀銅

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

【2018年03月24日の銀銅】

新葉 会心演技で2位、
宮原3位で
ダブル表彰台
優勝はオズモンド

2018年03月24日(土)6:26配信 スポニチアネックス

世界フィギュア女子フリー
会心の演技を披露した樋口

 フィギュアスケートの世界選手権は
2018年03月23日、
イタリア・ミラノで女子フリーが行われ、
ショートプログラム(SP)
8位の樋口新葉(17=東京・日本橋女学館高)
が追い上げ2位に食い込んだ。
SP3位の宮原知子(19=関大)は3位だった。
優勝はケイトリン・オズモンド(22=カナダ)。
平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(15=ロシア)はジャンプ失敗が響き5位に終わった。

表彰式でメダルを掲げる(左から)
2位の樋口、
優勝のオズモンド、
3位の宮原

 最終グループの3番目に登場した宮原は
冒頭の3回転ループに成功、
この後もジャンプを次々と決めたが、
演技終盤のジャンプで転倒があり、
フリー135・72点、
合計210・08点だった。

 樋口は、
第3グループの最後に登場。
冒頭の3回転サルコー、
連続3回転を決めると勢いに乗り、
後半の3回転フリップやステップでも
ほぼミスなく演技し
フリー145・01点、
合計210・90点だった。

演技後は会心の表情を見せ、
得点が出ると歓喜の涙を見せた。

 宮原、樋口の合計順位が「5」となったため、
来年の世界選手権で日本女子は
出場枠「3」を確保した。

樋口の話

 実感は湧かないけれどうれしい。
すべて出し切る気持ちで臨んだ
ショートプログラムでミスをして、
フリーでは完璧な演技が目標だった。
できて良かった。
去年悔しい思いしたが、
いいシーズンの締めくくりとなった。

大鵬の孫、納谷が序ノ口V
7戦全勝に「して当たり前」

2018年03月23日(金)11:39配信 デイリースポーツ

納谷(左)は朝日凰を破り序の口優勝を決めた
=エディオンアリーナ大阪

「大相撲春場所・13日目」
(2018年03月23日 エディオンアリーナ大阪)

昭和の大横綱大鵬の孫で
元関脇貴闘力の三男・納谷(18)=大嶽=が
7戦全勝で序ノ口優勝を果たした。
朝日凰を立ち合いで吹き飛ばすと
4発の押しで瞬殺した。

納谷、圧巻のデビュー

「とりあえず、うれしいです」
と安どした。
超サラブレッドの高校王者として注目される中、
重圧をものともしない強心臓だった。

「優勝は最初からずっと意識していた。
すると思ってやっていた。
意識しないことはなかった。
負けちゃいけないとかはないけど、
しっかり自分の相撲を取れば負けないと思った」
と胸を張った。

全勝の7番を振り返り
「全体的に前に出られていた。
内容的にはいい」
と納得顔だった。

序ノ口では祖父も父もできなかった優勝。
「入る前から(優勝)して当たり前と言われていた。
して当たり前。
通過点?
そうです」
と力を込めた。

出世ロードは満点スタートを切った。
「全勝とは言わないけど全部勝ち越して十両までいきたい」と、目標を掲げた。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

速記の学習 更新情報

速記の学習のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済