ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 速記の学習 > トピック一覧 > 2016年11月17日の記事か...

速記の学習コミュの2016年11月17日の記事から

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

【2016年11月17日の記事から】

【速報】
錦織
王者マレーに逆転負け
1勝1敗で第3戦へ

<男子テニス>

tennis365.net 2016年11月17日(木)2:35配信

世界ランク1位の
アンディ・マレーに
逆転負けを喫した
同5位の
錦織圭
[写真/ゲッティイメージズ]

ATPワールドツアー・ファイナルズ

男子テニスの
ATPワールドツアー・ファイナルズ
(イギリス/ロンドン、室内ハード)は
16日、
グループ・ジョン マッケンローの
予選ラウンドロビンが行われ、
第5シードの錦織圭(日本)は
第1シードで
世界ランク1位の
A・マレー(英国)に
7-6 (11-9),
4-6,
4-6の
逆転で敗れ、
1勝1敗とした。

【ファイナルズ組み合わせ表】

この試合、
第1セット序盤から
錦織は
王者マレーと
互角に打ち合い、
タイブレークへ突入。
その後も
一進一退の
攻防が続き、
錦織が
5本目の
セットポイントを
ものにして、
このセットを先取。

第2セットは
マレーに
リードを許すも、
ゲームカウント
4−4へ追いつく。
しかし、
第9・第10ゲームを
連取されて
ファイナルセットへ突入。

ファイナルセットは
第3ゲームで
2本連続の
ダブルフォルトをすると
マレーに
勢いを与えてしまう。
その後も
錦織は
息を吹き返すことが出来ず、
惜敗した。

両者は
今年だけでも
4度目の対戦で、
全米オープン
(アメリカ/ニューヨーク、
ハード、
グランドスラム)
準々決勝では
錦織が
死闘の末に
勝利していた。
この日の敗戦で
マレーとの対戦成績は
2勝8敗。

14日の初戦では、
今年の全米オープンを制した
第3シードの
S・ワウリンカ
(スイス)に
ストレートで
勝利していた。
2年ぶり
2度目の
ベスト4進出へ向け、
18日の第3戦では
第7シードの
M・チリッチ
(クロアチア)と
対戦する。

ATPワールドツアー・ファイナルズに
3年連続で出場している錦織は、
初出場の2014年に
ベスト4進出。
昨年は
予選ラウンドロビンで敗れ、
決勝トーナメント進出とは
ならなかった。

一方、
勝利したマレーは
全米オープン準々決勝で
錦織に敗れて以降、
ツアー4大会連続で優勝。
さらに
11月7日付
ATP世界ランキングで
N・ジョコビッチ
(セルビア)を
抜いて
自身初の
世界ランク1位へ
上り詰めた。
これは
1974年に
30歳で
世界王者となった
J・ニューカム
(オーストラリア)
に次いで
歴代2番目の
年長選手。

予選ラウンドロビンの結果は以下の通り。

【グループ・ジョン マッケンロー】

(1)A・マレー 2勝0敗
(3)S・ワウリンカ 0勝1敗
(5)錦織圭 1勝1敗
(7)M・チリッチ 0勝1敗

【グループ・イバン レンドル】

(2)N・ジョコビッチ 2勝0敗
(4)M・ラオニチ(カナダ) 1勝1敗
(6)G・モンフィス(フランス) 0勝2敗
(8)D・ティエム(オーストリア) 1勝1敗

ATPワールドツアー・ファイナルズは
4選手が2グループに分かれて
総当り戦を行い、
各グループの
上位2名が
決勝トーナメントに進出。
1位通過者は
もう一方のグループの
2位通過者と
準決勝で対戦する。

獲得ポイントは
予選ラウンドロビン1勝あたり
200ポイント、
決勝進出で
400ポイント、
優勝すると
500ポイント、
最大で
1,500ポイントを
獲得する。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

速記の学習 更新情報

速記の学習のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済