ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > DRAGON GATEドラゴンゲート速報 > トピック一覧 > 20周年ビッグマッチ〜3月20...

DRAGON GATEドラゴンゲート速報コミュの20周年ビッグマッチ〜3月20日(月・祝)DDT@さいたまスーパーアリーナ 他団体プロレス総合トピック其ノ弍

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

コメント(402)

★1月4日(水)新日本プロレス@東京ドーム〜WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム

【第7試合】
◎IWGPジュニアヘビー級選手権試合◎
〈王者〉
KUSHIDA
VS
高橋ヒロム
〈挑戦者〉
▼KUSHIDAがコーナーでアピールしているとヒロムがドロップキックで場外へ落とす。KUSHIDAも応戦してヒロムを落とすとコーナートップから場外のヒロムにアトミコを投下
リングに戻るとじっくりと腕を狙いにいくKUSHIDA。ヒロムはロープワークの攻防から場外へのカナディアンデストロイを狙うがKUSHIDAが堪える

5分経過
ヒロムが徐々にペースを握っていったが、KUSHIDAもハンドスプリングからの低空ドロップキック
さらにハンドスプリングエルボーで腕を攻撃、しかしヒロムはすぐさまジャーマン、もう一発クラッチを外さず強引にジャーマン
コーナーに上がったヒロムはハサミワザを敢行したがKUSHIDAが耐える
場外エスケープしたKUSHIDAに対してはコーナートップからダイビングセントーン
リングに戻ってもダイビングダブルニーアタック、KUSHIDAもカウンターのオーバーヘッドキック
エプロンに移動したKUSHIDAに対しては再びヒロムがカナディアンデストロイ狙いで絡みにいくも、KUSHIDAが宙返りでかわす
ヒロムがエプロンから飛んでのアタックはKUSHIDAがしたからドロップキック→腕十字に捕らえ苦しめる
リングに戻って腕へのミドルキック3連発、ホバーボードロックを極めにいくがヒロムは耐える
エスケープは出来なかったヒロムがKUSHIDAを担ぐがKUSHIDAも切り返し前方回転エビ固め
KUSHIDAはミスティカ式で絡みついて腕を極める。ヒロムのグーパンチにKUSHIDAも殴り返す

15分経過
向かってきたKUSHIDAをフロントスープレックスで投げたヒロムはKUSHIDAをコーナーへ座らせる
抵抗するKUSHIDAに雪崩式カサドーラを決めた。さらにKUSHIDAを抱えTIME BOMBでフィニッシュ


○高橋ヒロム
(16分16秒 TIME BOMB)
×KUSHIDA





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【第8試合】
◎NEVER無差別級選手権試合◎
〈王者〉
柴田勝頼
VS
後藤洋央紀
〈挑戦者〉
▼クリーンブレイクかと思わせた柴田が強烈なチョップでブレイク
フライングメイヤーからスリーパーを仕掛けた柴田、グラウンドで腕の取り合いは柴田が上になり腕を蹴る
エプロンでの攻防も制した柴田は、場外戦を経てリングに戻るとサッカーボールキックからキーロック〜三角絞めに移行

5分経過
柴田が執拗に蹴りで攻めるが後藤は特攻ラリアットで反撃、村正も決めるとバックドロップ→ダイビングエルボーを投下して腕へのローキック
膝立ちの柴田にローキック連打する後藤、気合いで全て受けた柴田は逆にミドルキック連打
コーナー際で倒れる後藤には低空ドロップキック、先ほどの仕返しのバックドロップ
後藤も同じくバックドロップを決めたが柴田はジャーマンで返す。後藤はショートレンジ牛殺しからリバース牛殺し、柴田が蹴ってくると後藤も返すが柴田はSTO

膝立ちの両者がエルボー合戦、起き上がって柴田はエルボースマッシュ。バックに廻ってスリーパー、一旦離れかけたがスリーパーで絞め直す
エスケープ狙いを引き戻して三度スリーパーで絞めると胴絞め式に。
意地で起き上がった後藤が頭突きをかますが柴田もヘッドバット、柴田はPK
先に立った柴田が走ると後藤はカウンターで牛殺し。昇天・改も決めた後藤がミドルキック
起きた柴田も頭突きを見舞うが後藤が強烈な頭突きから裏GTR。最後は正調GTRでフィニッシュ


○後藤洋央紀
(16分18秒 GTR)
×柴田勝頼
★1月4日(水)新日本プロレス@東京ドーム〜WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム


【セミファイナル】
◎IWGPインターコンチネンタル選手権試合◎
〈王者〉
内藤哲也
VS
棚橋弘至
〈挑戦者〉
▼ゴングから約1分半は互いに見合ってからロックアップ、棚橋がコーナー際に追い込むと太陽ブローでまさに先制パンチ
これに対して内藤は棚橋をロープに振ると棚橋は場外へ、だが内藤は寝転んで内藤ポーズ
リングに戻った棚橋、ロックアップから内藤がロープ際まで棚橋を追い込むが内藤は何もせず、棚橋がアームドラッグ

5分経過
内藤もロープに棚橋を絡ませ蹴りを見舞えば、ニークラッシャーを連発
棚橋を立たせてのニークラッシャーから低空ドロップキック→足四の字。
棚橋が起き上がりエルボーを放つが内藤は冷静に膝に蹴りを入れる。棚橋は執拗にエルボーやエルボースマッシュ、内藤は膝に蹴り。
棚橋は内藤をロープに振ってフォアアーム、コーナー際でエルボー連発からダウンした内藤にアトミコ

10分経過
棚橋は太陽ブロー連発→ニークラッシャー→低空ドロップキック。
テキサスクローバー狙いを堪える内藤、スイングDDTを狙うが棚橋が耐えて内藤をエプロンに移動させロープを挟んでドラゴンスクリュー
棚橋はさらにエプロンを走りスリングブレイド、場外に落ちた内藤目掛けてコーナートップからハイフライアタック。痛がる内藤をエプロンで寝転び挑発した棚橋
内藤をリングに戻しエルボーを決めた棚橋はコーナーへ上がる。しかし内藤はロープを揺らし棚橋をコーナーに座らせる、そして雪崩式フランケン→ジャーマンスープレックス

15分経過
内藤は延髄斬り→フライングフォアアームからグロリア!
デスティーノ狙いは棚橋が堪えるとスイングDDTに切り返すが棚橋はこれも読んだ為に内藤は低空ドロップキック、だが棚橋も低空ドロップキック
走った棚橋だが内藤は飛びつき式膝十字固め。棚橋はこれを一旦クロスヒールホールドで切り返してテキサスクローバーホールド
エスケープされた棚橋はスリングブレイド2連発、コーナーに上がり内藤が起きたところへハイフライフローアタック

20分経過
そして2発目のハイフライフローは内藤がかわすとデスティーノ!
もう一発デスティーノ狙いは棚橋がツイスト&シャウト
起き上がった両者、棚橋がエルボーを放てば内藤もエルボー、徐々に手数が多くなりエルボー合戦
内藤が膝を蹴り始めれば棚橋も膝を蹴り膝蹴り合戦、内藤が低空ドロップキック
だが棚橋が張り手→ドラゴンスープレックス。すかさずハイフライフローを決めた棚橋が2発目のハイフライフローは内藤が膝を立てブロック、だが内藤もダメージ

25分経過
起きた棚橋はドラゴンスクリューを狙うが切り返した内藤がリバーススイングDDT、間髪入れずにデスティーノで3カウント


○内藤哲也
(25分38秒 デスティーノ)
×棚橋弘至



内藤は大の字の棚橋の胸に自らの拳を当て健闘を?称えた?
★1月4日(水)新日本プロレス@東京ドーム〜WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム

【メインイベント】
◎IWGPヘビー級戦◎
オカダ・カズチカ
VS
ケニー・オメガ

▼互いに手を絡めようとしたが一旦離れロックアップ。グラウンドになるとオカダが上になってヘッドロック、これにケニーも対応
ケニーはオカダの髪を掴みポストにぶつけると、改めてヘッドロックで固めていく。オカダは固められながらバックドロップで投げたがケニーは外さない
オカダはならばとボディブロー、ケニーは髪を掴みトーキック
ケニーは逆さ押さえ込みでフォールもアームドラッグで返すオカダ

5分経過
オカダはフロントハイキックを決めレインメーカーポーズ、ケニーをコーナーに座らせドロップキックを狙うオカダ、ケニーはこれを察知して着地するとオカダを抱え片翼の体勢
オカダが嫌がり着地するとケニーは場外でひと呼吸。リングに戻ったケニーにオカダは低空ドロップキックで再び場外へ
場外鉄柵を巡る攻防、ケニーがブレーンバスターでオカダを鉄柵にぶつけようとしたが耐えたオカダはケニーの足を鉄柵に絡ませDDT
オカダはリング下から長机を取り出すも未遂。ならばとケニーを鉄柵の外に放ると、自ら走って鉄柵越えのフライングボディアタック

10分経過
リングに戻った両者、オカダはケニーにチンロック。そこからネックブリーカーに移行
ケニーもエルボーを見舞い高速移動から低空ドロップキック→コタローフェイスクラッシャー
ケニーはオカダを起こしてチョップ連発、ボディスラムで叩きつけるがエルボードロップはオカダがかわす。しかしオカダのセントーンもかわしたケニーがエルボードロップ
オカダがエルボー連打から走ったがケニーはキチンシンク。蒼い衝動狙いは読まれるとオカダを走らせフランケンで場外に追いやる

15分経過
ターミネーターのテーマをリズムで叩きながら煽ってノータッチトペコン!
場外でオカダをマットに叩きつけリングに戻すとコーナートップから後頭部へミサイルキック。
ケニーはキャメルクラッチを狙うがオカダはエスケープ、ケニーが抱えんとするもオカダは堪える
ケニーはエルボー、膝、エルボーからニーリフトにいくもオカダが蹴り足を掴みヘビーレイン
ケニーを走らせバックエルボーを決めたオカダはDDT、跪くケニーに低空のエルボースマッシュ

20分経過
走ったケニーだがオカダがフラップジャックで叩きつけるとレッドインク。ケニーはエスケープ
オカダはコーナーに上がるもミサイルキックはケニーが読んでかわすもオカダも冷静に着地
オカダはケニーを抱えリバースネックブリーカー。そしてダイビングエルボーはケニーが膝を立てブロック
ケニーはオカダを強引にバックブリーカーで叩きつけると、後頭部へ低空ドロップキック
場外鉄柵外のオカダに対してバミューダトライアングル気味のケブラータ

25分経過
起きようとしたオカダだが足がふらつく。ケニーがオカダの上に長机を乗せ、エプロンを走ってのフットスタンプwithロングテーブル
リングにオカダを上げたケニーはパワーボム、さらにドクターボムもカウントは2
セコンドのヤングバックスが場外に長机を設置、ケニーはオカダをエプロンに移動させるがリングに戻し膝蹴りやパンチ
無理矢理オカダを立たせ対角線コーナーにぶつけたケニー。起きたオカダにケニーが向かうもオカダはフロントハイキック連発
さらにエルボーを打つがケニーはカミカゼ→セカンドからのムーンサルト
ドラゴンスープレックス狙いはオカダが振りほどき、ケニーをコーナーに座らせるとドロップキックでケニーを場外へ落とす

30分経過
エプロンでオカダがケニーを抱えたがケニーは着地して片翼を狙うがオカダはリング内に着地
リングでケニーは逆水平連発、そしてVトリガー狙いで走るもオカダがショルダースルー、ケニーは場外のテーブルに落下してしまった
オカダはケニーをリングに上げるとコーナートップからコーナーtoコーナー。続けてダイビングエルボードロップ
ポーズからレインメーカー狙いはケニーが堪える。ハンマーパンチでダメージを与えてレインメーカーにいくもケニーはクリンチで絡み防ぐ

35分経過
ケニーがオカダをコーナーに座らせたがオカダが振りほどく。再度コーナーに上がると雪崩式ドラゴンスープレックス
返されるやフィッシャーマン式牛殺し、Vトリガーはオカダがかわしてジャーマン!
クラッチを外さずレインメーカー狙いはケニーがVトリガー、だがオカダはドロップキック
そしてレインメーカー狙いはケニーが膝蹴り!さらにリバースフランケン
オカダの頭部にVトリガーから片翼はオカダが着地、ツームストン!そしてレインメーカーもカウント2
★1月4日(水)新日本プロレス@東京ドーム〜WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム

【メインイベント】
◎IWGPヘビー級選手権試合◎
≪王者≫
オカダ・カズチカ
vs
ケニー・オメガ
≪挑戦者≫


◎続き◎

40分経過
ケニーがパンチ、オカダが起こす。オカダは強烈過ぎるジョン・ウー
そしてツームストン狙いはケニーが逆に体勢を変えて叩きつける
膝立ちでエルボー合戦、起きてのエルボー合戦は激しくなりケニーがドラゴンスープレックス→Vトリガー、カウント2
後頭部へVトリガーから片翼はオカダが着地してレインメーカー発射も両者ダウン
起こしたオカダだがケニーも蹴りで抵抗、それでも強引にラリアット。そしてバックエルボーもケニーは膝蹴り
レインメーカー式Vトリガーを決めたケニーが片翼で決めにいくもオカダがツームストン、そしてレインメーカーでフィニッシュ


○オカダ・カズチカ
(46分45秒 レインメーカー)
×ケニー・オメガ



外道『ケニーオメガ、お前には散々やられたけどよ
お前は尊敬に値するレスラーだよ
でもな、これでレインメーカーには敵わねえ
何でか分かるか?
レ〜ヴェルゥが違うんだよぉぉ
最後はこの完全無欠のこの男・レインメーカーに締めてもらうぞ』


オカダ『3つ言わせてください
1つ。ケニー、俺が認めてやる。お前は新日本の中でも今までで一番強い外国人選手だ
2つ。去年とメンバー変わってもこれだけ沢山のお客さんが来てくれる。今年も俺から目を離すなよ

3つ。特にありません……
と言いたいところだが
俺は新日本を背負ってる。かなり重いけど新日本プロレスを背負ってる
俺が新日本を背負ってるからにはもっともっと大きくしてやる
俺が新日本を背負ってる限りカネの雨が降るぞぉ』

★児ーポ&鶴瓶自主興行@両国KFCホール



【第1試合】
おジャマッチョどれみ
太くて固いの星ぃ野勘九郎
vs
コップのフチ正信さん
スペルマ・カナリデルヨ
▼おジャマッチョ組はM2Kのテーマで入場。星ぃ野はKzyを意したコスチューム?
その星ぃ野が先発するがスペルマも低空ドロップキック
替わったおジャマッチョはコップのフチを捕まえノーザンライトスープレックス
カットしたスペルマは星ぃ野を場外に出すとノータッチトペコン。
リングに戻ってもXファクターからカサノヴァ!星ぃ野のブレーンバスター狙いをファルコンアローで切り返す
さらにコーナーtoセイムコーナーを決めたスペルマは蒼魔刀
星ぃ野もジョン・ウーを決めると、スタガリンブローからジョン・ウーと叫びつつキャンディマジックならぬ勘九郎マジック
替わったおジャマッチョはコップのフチを捕らえると合体技であるマジックキラーでフィニッシュ



○おジャマッチョどれみ
(9分32秒 マジックキラー)
×コップのフチ正信さん





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第2試合】
◎ハンディキャップマッチ〜究極の肉体vsジャンクフーズ◎
オナホ・ハズシタ
vs
TENGA鉄道69
with 千's利休
▼TENGA組の奇襲でゴング。二人掛かりで攻めていくが次第にオナホがペースを握っていく
それでもTENGAがカウンターの無双を決めると千's利休が自転車をリングに上げる。そして運転するもTENGAに誤爆
オナホのハイフライフローはかわされるとTENGAがショルダータックル。そして千s利休がオナホの頭にパイロン(三角コーン)を被せ竹刀でスイング。3カウントが入った


○TENGA鉄道69
(3分43秒 千s利休がオナホの頭を竹刀で殴打)
×オナホ・ハズシタ





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【第3試合】
◎九州vs本州◎
マラデカイ
挿入アスカ乱プレー
vs
抹茶どらごん
オカルト大魔王
▼先発は挿入アスカと抹茶。静かなレスリングの攻防
替わったオカルトは激しいエルボードロップ連発する。そしてマラデカイを場外に連れ乱闘!
オカルトが挿入アスカが絡んでいると、コーナーから抹茶がプランチャ。続いてマラデカイがノータッチトペコンで飛んでくる

リングに戻ってもマラデカイがクリスト、挿入アスカもオカルトを攻撃するとマラデカイと連携
マラデカイのカサドーラ狙いをデッドリフトジャーマンに持ち込んだオカルト、滞空ブレーンバスターで自軍へ
替わった抹茶がスリングブレイド、復活したオカルトはツイスターで叩きつけ逆片エビ固め
抹茶はコーナーで串刺し攻撃からファイナルカット
マラデカイもカウンターのセカンドからのコルバタ

10分経過
替わった挿入アスカが時間を止め相手の誤爆を生む
挿入アスカが合体先フェイスクラッシャー
挿入アスカと抹茶は膝立ちでのエルボー合戦からダメージを与える
続いてオカルトがハリケーンドライバーを決めると抹茶がファイヤーバードスプラッシュ。オカルトがクロスアーム式ラストライド
オカルトの2発目も返したマラデカイがパワープラント!
挿入アスカのフロッグスプラッシュとその場飛びシューティングが同時に決まり3カウント



○マラデカイ
(14分49秒 その場飛びシューティングスタープレス)
×オカルト大魔王





【第4試合】
◎マラ塾vs復活ヒールユニット軍◎
グレート・マラ
きしだくん
カメシャブD
vs
ハミチツ次郎
アレクサインダー大塚
潮噴亭鶴瓶
▼マラ塾組の奇襲でゴング。三番手で入場したきしだくんとアレクサインダー大塚が対峙するも大塚が後輩たちの力を借りて攻撃
大塚はマラに強烈なサッカーボールキック。なぞのハイテンションからきしだくんが大塚に攻撃
マラはストレッチプラムで苦しめるが大塚もスピコリドライバーで逆襲
替わったハミチツは串刺しラリアット→ランサルセ。バックにまわるが切り返したマラがネックブリーカードロップ。
きしだくんはジャンピング二ーアタックを決め、逆水平。ハミチツも返し逆水平合戦
きしだくんがハミチツを走らせパワースラム、鶴瓶はミスティカ式裏DDT
カメシャブは場外に持ち込むと長机を引き出すが
各々ラリアットが決まり混沌とする中、エプロンで攻防

カメシャブのエルボーも決まるも最後は鶴瓶がノーザンライトボムで3カウント



○潮噴亭鶴瓶
(20分31秒 ノーザンライトボム)
×カメシャブD
★児ーポ監督&潮噴亭鶴瓶自主興行@東京・両国KFCホール

【セミファイナル】
◎パワー・スピード・テクニック全てのぶつかり合い◎
ダスティ・ソーローデス
チンポール・ロンドン
vs
徳川yeah!ass!
お尻TAJIRI蟲
▼序盤から連携を見せるソーローデス&チンポール。一方の徳川とTAJIRI蟲も華麗な連携
TAJIRI蟲はTAJIRIよろしくタランチュラも決まると、替わった徳川もチンポールに対して連続攻撃
力の込もったエルボーからTAJIRI蟲にも追撃を喰らってしまうチンポール
それでもチンポールはオーバーヘッドキックで反撃
ソーローデスが入りアシストするとチンポールはその場飛びムーンサルト
ソーローデスと徳川が場外でやり合うとリング上のTAJIRI蟲がチンポールにフェイントをかけるようにトペ!残ったチンポールはサスケスペシャル!
リングに戻ってもチンポールが徳川に十三不塔。しかし徳川もラリアットを敢行
フロムジャングルは不完全だったがソーローデスのアシストからチンポールはフェニックススプラッシュ!
これはカウント2だったがソーローデスが徳川にカレリンズリフト。徳川もカレリンズリフト。互いにダメージが深い中、ソーローデスがシャイニングウィザード
替わったTAJIRI蟲はチンポールにドロップキック。チンポールもタイガードライバーを決めるがTAJIRI蟲がフロントハイキック。
チンポールはスクリューキックを決めるとブファドーラ→ブファドーラ式アトミコ
そして丸め込み合戦を互いに返すとTAJIRI蟲がDOI555→バカタレスライディングキック
徳川とソーローデスも入り入り乱れる中、徳川がチンポールにトルネードボム。TAJIRI蟲の串刺しスライディングキックから徳川はチンポールにキングコング二ードロップ
ソーローデスがカットすると、ソーローデスは二人まとめてカレリンズリフト。チンポールとのサンドイッチ式膝蹴り
そしてソーローデスが徳川に卍固めをかけると、チンポールが高角度シューティングスター
返したTAJIRI蟲にもう一発を狙うが復活したTAJIRI蟲が雪崩式みちのくドライバー
そしてマスキュラーボムが決まるもソーローデスがカット。
ソーローデスと徳川がやり合う中、TAJIRI蟲がチンポールにエルボー、チンポールはスクリューキックで応戦
チンポールが渾身のトーチャーラックボムが決まるがカウント2で返されると2発目のシューティングで熱戦に幕



○チンポール・ロンドン
(22分42秒 超高角度シューティングスタープレス)
×お尻TAJIRI蟲
★児ーポ監督&鶴瓶自主興行@両国KFCホール〜児ーCLIMAX


【第5試合】
◎実現!超豪華4way◎
道端センズリカ
vs
ラブドール小林
vs
ブルマ中野
vs
ランジェリーナ・ジョリー
▼4者互いにロックアップから始まると道端が中野&ジョリーに攻められだす
中野とジョリーのエルボー合戦が繰り広げられるがラブ小がカット、道端との連携を披露
4者入り乱れると場外に落ちた道端とジョリーに対してラブ小とブルマ中野が同時にプランチャ
リングに戻りラブ小がコンプリートショット、ブルマがライトニングスパイラルを決めればラブ小は蒼魔刀。ジョリーは真・最強ハイキック!道端は払い腰
道端はさらにブルマに払い腰を決めるがジョリーがカット。
ジョリーは3人に張り手を見舞うが決め手にはならず。それでもインプラントも成功
首固めを同時に決めたジョリーと道端は、同時にフィッシャーマンズスープレックスで3カウント



○道端センズリカ
○ランジェリーナ・ジョリー
(10分14秒 フィッシャーマンズスープレックス・ホールド)
×ラブドール小林
×ブルマ中野





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【メインイベント】
◎月面水爆、両国直撃◎
児ーポ監督
vs
冨永真一郎
▼冨永が身体能力を生かして翻弄しようとするが児ーポも対応
冨永が児ーポにコブラクラッチを仕掛けるが、児ーポも同じくコブラクラッチ。
児ーポは冨永をコーナーに振って串刺しタックル!だが冨永もアームドラッグからアームロックへ
児ーポが強引に抱えんとするが冨永は外さず苦しめる。それでも児ーポは飛行機投げを連発
冨永に向かってタックルはキーロックに捕らえた冨永、児ーポもヘッドロック
冨永はこれをレフェリーを利用して宙返りで切り抜けるとアームバーでダメージ

10分経過
児ーポを場外に出した冨永はコーナー付近で座って呼吸を整える
戻った児ーポに執拗なリストロック。児ーポは逆水平で切り抜けたが、続く突進は冨永はレフェリーを盾にする
冨永はそのレフェリーを馬跳び式に越えて三角絞め。しかし児ーポは冨永を抱えコーナーポストにパワーボム式でぶつけていくと連続ヒップアタック
さらにドロップキックを決めバーミヤンスタンプ、場外の冨永にトペスイシーダ

15分経過
リングに戻った冨永は児ーポの腕を取ってハンマーロック。児ーポをロープに振ってドロップキックを連発。『ハリケーンミキサー』と叫んでのニーリフトから場外に落とす
余裕綽々の冨永に対して児ーポは戻って投げ捨てジャーマン!それでも冨永はムーンサルト狙いを追いつき場外に落とす

20分経過
場外で児ーポをいたぶった冨永、リングに戻ってもジャブを連打。
しかし続く膝蹴りを児ーポが蹴り足を掴むと一気に投げ捨てラストライド
児ーポから仕掛けた逆水平、冨永も返すが児ーポは強烈な逆水平
冨永は延髄斬り連発から垂直落下式ブレーンバスターを決めその場飛びカーフブランティング
児ーポも冨永をロープに振ったが冨永はミスティカ式脇固め。腕固めにも移行したが児ーポはカレリンズリフト
さらに投げ捨てラストライドから児ーポハンマーを決めた児ーポはムーンサルト
児ーポがフィニッシュを狙うが冨永が飛び膝蹴り、もう一発決めて3カウント


○冨永真一郎
(27分30秒 顔面へ飛び膝蹴り)
×児ーポ監督



児ーポ『あぁくそぉ
やっぱり冨永さん、ネゲロさん強いす
大事な興行で負けてしまいました。
ネゲロさん、今日は出てくれてありがとうございました』


冨永『今日、大事な興行に呼んでくれてありがとう
俺はお前より3つ先輩だ
だけど俺の方が体力あるみたいだな、もっと練習した方がいいな
お互い仕事しながら週に一回も練習出来ない厳しい状況だけど、またやりたかったらいつでも言ってくれ』



児ーポ『重い話になりますが、昨年9月に父親が亡くなりました
芸達者で面白くて大好きでした

母親は健在なんで頑張って仕送りしていこうと思います』
★1月11日(水)男盛自主興行@東京・新宿FACE〜男盛の新春!さかり祭2017


試合前、今大会の会長(褌姿)が男盛を呼び込み男盛の意思確認



【第1試合】
◎ナイトキングプレゼンツCOMBO提供試合〜極黒惨VSAGGREGATION◎
クレーン・ユウ
サンダーG
X=ブラック3
VS
choco
MIHOンダ☆ラウジー
マッハ井原
▼先発のブラック3が会場にアピールしているとMIHOがパンチ、正面を向かせてパンチ
替わったサンダーが逆水平を打ち込みダメージを与えたが、MIHOは串刺しボディアタックに続きフィッシャーマンズスープレックス
替わった井原が華麗にコルバタを披露すると三番手のChokoはクレーンと対峙。クレーンはタックルでなぎ倒す

5分経過
クレーンは井原に対してショルダータックル、ブラックの攻撃に続きサンダーはボディスラム
さらにロープに振ってショルダースルー、ブラックがボディプレスで続き連続串刺し攻撃
だが井原はカウンターのフロントハイキックからドロップキック
Chokoがフィッシャーマンで続くがクレーンが一斗缶攻撃をしたがサンダーに誤爆
井原のフランケンに続きChokoがフライングクロスチョップ→スピアでフィニッシュ


○choco
(9分18秒 スピア)
×サンダーG



試合後、収まりつかないクレーンが再戦をアピールしつつ2月5日の興行宣伝をしていた





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第2試合】
◎伝説のレスラー、オマージュ時間差バトルロイヤル=6人参加◎
ザ・オバサン(ブルーザ・デブロディ)
小橋太っ太(ダスキン・ローデス)
KID(タイガーKID)
よしえつねお(アニマル浜栗)
X=リッキー・フジ(リッキー・フジムボード)
XX=アレクサンダー大塚(グッドニュース・アレク)

▼最初に入場はよしえつねお扮するアニマル浜栗。続いてKID扮するタイガーKID
ロックアップからタイガーがタイガースピン。そしてタイガーが優勢に進めるがそこに小橋太っ太扮するダスティローデス。
さらにオバサン扮するブルーザ・デブロディ。リング内は入り乱れる
リッキーフジ扮するリッキー・フジムボードとアレクサンダー大塚扮するグッドニュース・アレク

全員揃ったところでアレクが標的に。連続串刺し攻撃を浴びると全員に押さえられ退場
続いてフジムボードを場外退場に追い込んだ西口プロレス陣
デブロディのキングコングニーがローデスに決まるが何故か膝を打ち付け自爆
浜栗がアピールから攻撃を狙うがかわしたタイガーがデブロディをフォールしてデブロディ退場

ローデスがカツラを取って小橋になるとタイガーにマシンガン逆水平
ムーンサルトを狙ってセカンドコーナーまでは上がったが、浜栗が逆さ押さえ込みで3カウント

浜栗は勢いのままタイガーにネックブリーカードロップ。だがタイガーはこれを返してタイガーアタック
そしてタカタニックを決めてワキ固めでギブアップを奪った



○タイガーKID(KID)
(11分44秒 ワキ固め)
×アニマル浜栗
★1月11日(水)男盛自主興行@東京・新宿FACE〜男盛の新春!さかり祭2017

【ダブルメインイベント1】
◎男盛11周年記念試合〜メビウス認定金のふんどし選手権試合◎
<王者>
男盛
VS
折原昌夫
<挑戦者>
▼折原の奇襲でゴング。タックル合戦になると折原はガットショット、ローブロー気味に一撃いれると腕を絞っていく
男盛もヘッドシザースホイップを狙うが折原が堪え男盛を場外へ。場外では椅子攻撃でダメージを与えるとリングに戻っても逆水平
男盛は悶えるが折原は構わずコーナー際でサミング。ローキックも打ち込みダメージを与えていった。
それでも男盛はヘッドシザースで折原の頭部を挟み、自身はコーナーを掴み折原をケツに沈めた
折原も逆水平からスパイダーを狙ったが、男盛は着地してその場ブロンコバスター、リバーススプラッシュ式ブロンコバスター
グロッキーかと思われた折原だが狂鬼なファイトを展開、褌に手をかけレフェリーに注意を受けたが気にせずフンドシを剥いでご開帳させると、レフェリーが止めた



○男盛
(8分31秒 褌剥ぎによる反則勝ち)
×折原昌夫


折原『男盛、後悔してんだよ。
ディズニーなんて汚い手を使いやがって!俺がディズニー好きなの知ってるだろっ!
今日は俺が作った金の褌だから出てやったけど、次はメビウスで待ってるぞ』
★1月11日(水)男盛自主興行@東京・新宿FACE〜男盛の新春!さかり祭2017


【ダブルメインイベント2】
◎ふんどし軍 vs セクシーブラジャー軍(時間無制限3本勝負)◎
<男盛率いるふんどし軍>
男盛
松田慶三
原学
藤原ライオン
唯我
VS
藤田峰雄
ベアー福田
柴田正人
那須晃太郎
山本SAN
<ランジェリー武藤率いるセクシーランジェリー軍>


≪一本目≫
ベアーとライオンの先発。ロープワークの攻防でブラジャーがずれてポロリしてしまったベアー。構わずライオンは逆水平、ベアーもギロチンドロップを見舞うがライオンはかわす
原と那須はU系よろしく打撃戦。互いに蹴り合うも互角
柴田と対峙した松田はタックル、松田も挑発するが柴田のタックルに吹っ飛ばされた
唯我が登場すると山本SANが迎え撃つ。山本のローキックに『痛い』と本人的には色気を出した唯我、連発されるとキレた唯我がヘアを掴み振り回す
男盛と峰雄はロックアップからクリーンブレイク、峰雄が男盛をロープに振ると男盛はロープにケツが嵌まって身動き取れない状態。そこへ峰雄がタックルで場外へ
場外から戻った男盛は那須にヘッドシザースから股間に頭を埋めさせる
そしてムーンサルトを狙った男盛だが、ベアーがロープを揺すると男盛が那須の上に落下して3カウント


○男盛
(11分55秒 ロープを揺すられ落下→体固め)
×那須晃太郎




≪2本目≫
柴田が原を捕まえ体当たり等でダメージを与えたが原はハイキック一閃
唯我は柴田に突っ掛けるがラリアットで倒し唯我は逆さにされるが原がカット
今度は原が逆さにされて倒される。カット狙いの唯我を那須がカニ挟みで倒すと原の股間に唯我の頭部が収まってしまう
嫌がった原がギブアップしてしまった


○那須晃太郎
(3分38秒 股間に唯我の頭を埋めギブアップ)
×原学




≪3本目≫
いきなりの場外乱闘ではベアーのブラジャーが鉄柱に引っ掛かり混乱
そんな中、峰雄のノータッチトペコンも披露されたがここで男盛がマイク

『争いは止めましょう。ブラジャーも褌もセクシーです
ベアー選手のブラジャーを直す姿はとてもセクシーでした
だから戦いは止めましょう』


引き分け裁定に。


△男盛
(2分38秒 和平案の合意)
△その他選手



最後は男盛が来年の興行を宣伝して締めた
★1月15日(日)スターダム@東京・後楽園ホール〜スターダム5周年記念日

〜風香の挨拶に続き全選手入場式、代表して宝城がテンション高めに挨拶〜




【第1試合】
七星アリス
あずみ
VS
刀羅ナツコ
ルアカ
▼アリスとルアカに続きあずみが刀羅相手に先輩の貫禄、コルバタも見せた
何とかドロップキック連発で切り抜けた刀羅はルアカにチェンジ
アリスに攻められる刀羅だったがジャックナイフ式エビ固めで逆転勝ち



○刀羅ナツコ
(7分35秒 ジャックナイフ式エビ固め)
×七星アリス



あずみ『お疲れっ
今日は6周年だから、ルアカ、アリス、後でスノーで
(その後中学生にしか分からない単語を頻発
刀羅に振るが………???)

ナツコ、ここはフレッシュファイトなの
はっきり言って25歳?場違いだよね』


刀羅『でも…』



あずみ『違うの、ナツコにはもっと上でやって欲しいてこと。』





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第2試合】
◎3WAYマッチ◎
HZK
VS
小波
VS
クリス・ウルフ
▼クリスを場外に排除したHZKが小波に顔面ウォッシュ、復活したクリスもHZKに顔面ウォッシュ
小波がカットしてクリスに首四の字。これはエスケープされると、クリスが小波をエビ固めで丸める。そこへHZKがダイビングフットスタンプでカット
HZKはそのままクリスを捕獲すると変形の回転揺り椅子固めでフォール



○HZK
(7分20秒 変形回転揺り椅子固め)
×クリス・ウルフ





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第3試合】
美邑弘海
VS
安納サオリ
▼エルボー合戦から美邑がスープレックス、スイングDDT。
ラマヒストラルで追い込んだが、安納が雪崩式ブロックバスターで投げクラッチを外さずフィッシャーマン連発
美邑もバックスライドやスクールボーイを敢行したが、安納がバックスライドからブリッジして丸め込むマヒカ・デ・マユで3カウント


○安納サオリ
(7分2秒 マヒカ・デ・マユ)
×美邑弘海





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第4試合】
ジャングル叫女
VS
シャイナ・バズラー
VS
渡辺桃
▼バズラーが怪力を生かし二人を翻弄、だが叫女もバズラーを対角線コーナーに振ると桃を続けて振って桃が串刺しドロップキック
叫女が続くが桃が叫女にドロップキックで叫女の攻撃を邪魔
バズラーにローキック連発した桃だがバズラーも力で振り払う
復活した叫女が桃を捕獲、旋回式デスバレーで痛めつけるとバズラーをコーナー際に追いやり桃を投げつける

5分経過
これをキャッチしたバズラーが桃を叩きつけると、叫女にはバックドロップ
バズラーを排除した叫女と桃が対峙したが、叫女が桃を場外に出した隙を縫って背後からバズラーが攻撃
バズラーは二人を二つのコーナーに追いやると交互に串刺しジャンピングニー
桃もローキック連打するがバズラーが弾き返す。そこへ叫女がダイビングボディプレス
これをバズラーが叫女にカレリンズリフトでカット、クラッチを外さずもう一発カレリンズリフト
起き上がった叫女とのパワーファイトを制したバズラーが押さえたが桃が蒼魔刀でカット
起きたバズラーは桃を排除、叫女にはスリーパーから変形エアレイドクラッシュで3カウント


○シャイナ・バズラー
(10分33秒 変形エアレイドクラッシュ)
×ジャングル叫女
★1月15日(日)スターダム@東京・後楽園ホール〜スターダム5周年記念日



【セミファイナル】
◎ゴッデス・オブ・スターダム選手権試合◎
<王者組>
美闘陽子
宝城カイリ
VS
ケイ・リー・レイ
ニクソン・ニューウェル
<挑戦者組>
▼開始から5分経過までは挑戦者組が場外でいたぶる等優位に展開。
リングに戦場を戻すと何とか宝城が切り抜け美闘にタッチ。美闘はバイシクルキックでニューウェルを排除、ケイリーには滞空ブレーンバスター
復活したニューウェルにミサイルキックを決めた美闘、ケイリーにはハイキックからスピンキック

10分経過
替わった宝城にはニューウェルがクロスボディアタック。宝城も負けじとロープの反動を利用したクロスボディを見舞えば、美闘が抑えたニューウェル目掛けフットスタンプ
それでもケイリーのカットからニューウェルが熨斗紙!
場内のコールで復活した宝城が渾身のスライディングD!美闘がBドライバーを決めダイビングエルボードロップで3カウント



○宝城カイリ
(14分33秒 ダイビングエルボードロップ)
×ニクソン・ニューウェル



宝城『BY宝、勝ちました、ほぅ
そこ、ヨーロッパナンバーワン?
確かに強かったよ
お前らも何か言ってみろ』



ケイリー『カイリ。
(英語で)たしかにタッグでは私たちが負けたわ
でも私が負けた訳じゃない、アナタの白いベルトに挑戦させて』



(宝城が受諾、挑戦者組が帰ると同時にHZK&渡辺桃が登場)


HZK『ウチラの挑戦、受けてくれん?』


桃『おいオバサン達、こっちはな、タイトルマッチ流れてイライラしてんだよ
返事』


(場内はオバサンコール)



宝城『いつ何時、誰の挑戦でもって誰かが言ってたけどな
アタシだってそうだよ

(中邑真輔風に)
どうしよっかなぁ

答えはこうだ、ほぅ』
★1月15日(日)スターダム@東京・後楽園ホール〜スターダム5周年記念日


【メインイベント】
◎ワールド・オブ・スターダム選手権試合◎
<王者>
紫雷イオ
VS
バイパー
<挑戦者>
▼100kg超のバイパーがベイダーアタックで吹き飛ばす。イオは飛び乗ってパロスペシャル
イオはさらに対角線に振ろうとするが重くて動かない。バイパーが巨体を生かしてダメージを与えていく。イオのエルボーには頭突きで反撃

5分経過
イオを振ってショルダースルーを狙ったバイパー、イオは耐えて屈んでいたバイパーの頭を蹴りあげる。
さらに正面跳びドロップキックで場外排除すると、椅子を絡ませドロップキックwith椅子
バイパーはエプロンでデスバレーを決めて優位に
リングに戻っても力で投げ、ブレーンバスターも狙うがイオが膝蹴りで逃れ着地
しかしながらバイパーはイオをうつ伏せに寝かせると走り込んでセントーン
イオも対角線に振られたのを利用してコーナーからミサイルキック
バイパーをロープに絡ませ首筋へニーアタック、続いて619→ミサイルキック
串刺しボディアタックを決めたイオはムーンサルトを投下したが、バイパーは膝を立て迎撃
さらにイオの蒼魔刀をかわしたバイパーは串刺し浴びせ蹴り→リバーススプラツシュ
ダイビングボディプレスはイオが寸ででかわす。両者膝立ちでエルボー合戦へ
互いに起き上がりエルボーを放つと、バイパーはショートレンジラリアットを狙ったがイオが低空ドロップキック
それでも強烈過ぎるラリアットでイオを吹っ飛ばすと変形みちのくドライバー
さらにコーナーに上がったバイパーだったがイオが追いつき雪崩式フランケン!
続いてムーンサルトプレス投下もカウントは2。ならばと強引にジャーマン、そのままもう一発ジャーマンで3カウント



○紫雷イオ
(20分00秒 ロコモーション式ジャーマンスープレックス・ホールド)
×バイパー



イオ『100キロ超級のバイパーを2度ぶん投げました。
そして2度目のジャーマンで勝ちました
こないだから思いましたが、前回(のバイパー戦)はムーンサルト2回、今回はジャーマン2回、図体のデカイやつには同じ技を2度やらないと勝てないんだと

これで10度目の防衛に成功だ
だけど私は11度目の防衛戦の相手を欲してる
次の餌食はどいつだ!』



(シェイナ・バズラーが乱入して『Crash you』とイオに挑発&挑戦表明、エルボーを見舞う。

そこへバイパーが現れイオを助ける形でバズラーと対峙、リング上は混沌

イオはバイパーに『お前、強い上に優しいな。(ユニット旗を立て)(クイーンズクエストに)入りたい?』

バイパーはビミョーなリアクションで大江戸隊に連れられ退場した)



イオ『取り敢えず次の後楽園ではシャイナ?を相手にしてやります』


(桃にはハイスピード&ゴッデスの2冠戴冠の奮起を促し、最後はQQ式に
『今を信じて?明日に輝け?
信じるのは自分次第だ!(中指立てる)』
で締めた)
★1月22日(日)東京・上野公園みずどりのステージ〜BJウィンターバケーション2017」Day6・第2部


〜登坂社長の挨拶。380人余りが観戦している模様。浜ちゃんこ行列の為に開始10分押し




【第1試合】
神谷英慶
VS
青木優也
▼リストロックの攻防で何とか優勢になった青木だが神谷はすぐに取り返す
ヘッドロックを仕掛けたが青木はシザースで脱出。グラウンドでは神谷がフロントチョークの体勢になるが青木も堪え逆にフロントチョークへ。だが神谷は首投げで切り返す
すると神谷はヘッドロック。青木にロープに振られてもタックル
さらにボディスラムで叩きつける。立ち上がった青木がエルボー連打しても重い一撃で返り討ち
続いてキチンシンク2発からボディスラム→エルボードロップ3連続投下

5分経過
神谷は後ろからスリーパーで苦しめたが青木はロープエスケープ
エルボーを打ち込む青木に対し神谷は一発でなぎ倒し、コーナー際でチョップ
しかし青木も神谷をコーナーに振って串刺しドロップキック!
神谷に押し倒されてもドロップキックで倒した青木は逆エビ固め
神谷はこれを返しボディスラムから逆エビ固め。だが青木は苦しみながらもロープエスケープ

10分経過
神谷はタックルでなぎ倒すと串刺しドロップキックからストレッチプラムで絞りあげギブアップ勝ち


○神谷英慶
(10分59秒 ストレッチプラム)
×青木優也





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第2試合】
◎有刺鉄線ボードデスマッチ◎
塚本拓海
VS
佐久田俊行
▼ロックアップから佐久田がクルックヘッドシザース。佐久田は絡んでくる塚本をバク転&側転でかわしていくとアームホイップ
塚本はちょこまか動く佐久田を捕獲して有刺鉄線ボードへボディスラム、割れた鉄線ボードでの殴打からイスでの殴打
佐久田をボディスラムで倒し、その上に鉄線ボードを敷いてイスで殴打!
さらに鉄線ボードへのボディスラムを狙った塚本に対して、佐久田はドロップキックで切り抜けるとコーナーからミサイルキック。さらにコーナー際に追い込むと鉄線ボードを塚本の前に立て掛けイスを踏み台にしたドロップキック

5分経過
続くブファドーラをかわした塚本はドロップキック。佐久田の上に鉄線がない方を敷いた塚本はセントーン(自爆)
佐久田はジョン・ウーからブファドーラを成功させると、割れたボードをイスに立て掛ける
しかし塚本はトラースキックで制止、どどんを強引にボード上に叩きつけ3カウント



○塚本拓海
(8分53秒 どどんon the有刺鉄線ボード)
×佐久田俊行





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第3試合】
吉野達彦
中之上靖文
VS
橋本和樹
野村卓矢
▼試合前に吉野組が『東京のやつ死ね』等、関西弁で客弄り
さらにカップルを見つけるや“ディープキス”コール。さらにマック竹田レフェリーに千円ずつ差し出すと、相手チームには入念なボディチェック。野村はデカイらしい

試合が始まってもブレーンバスターの掛け合いで味方になったり、高速カウントを数えたりと賄賂の効果が見られる
吉野が野村に仕掛けた変形四の字ではレフェリーがロープの前に位置取りして邪魔
さらに場外ではゴムハッチンをレフェリー自ら発射させていく
和樹のソバットからのフォールは自ら和樹を押し退ける。
串刺し攻撃にも参加したレフェリーは吉野が野村に決めた逆エビ固めにもエスケープを阻止しようとする
だが野村がちつかせた福沢諭吉にすんなり豹変した竹田レフェリーは吉野を蹴り倒すと野村のフォールを高速でカウントしたのだった

○野村卓矢
(8分59秒 スクールボーイ)
×吉野達彦





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第4試合】
関本大介
菊田一美
VS
宇藤純久
河上隆一
▼先発の関本に続いて登場した菊田が捕まる展開。河上のコブラツイストや宇藤の逆水平で苦しめる
関本が出るやラリアットの連続で二人をなぎ倒すと関本がいきなりマイク


『おい、ここはな、音楽とプロレスの聖地だぞ
前哨戦もいいけどな、みんながプロレスするなら俺は歌う

マッスルモンスター、関本大輔選手で
オラ東京さ行くだ』


と突然歌いだしたが、河上が攻撃して阻止


河上『インディカラオケ大賞、2連覇の河上隆一さんで
HYの365日!』


これを前奏途中で菊田がドロップキック!


菊田『30歳、菊田一美さんでタッキー&翼の夢物語』

宇藤が丸め込むと3カウント



○宇藤純久
(9分58秒 スクールボーイ)
×菊田一美
★1月22日(日)東京・上野公園みずどりのステージ〜BJウィンターバケーション2017」Day6・第2部


【セミファイナル】
◎シベリアデスマッチ◎
沼澤邪鬼
VS
竹田誠志
▼試合前にリング前の池に多数の氷が入氷され水温が下がる
開始するやいきなり池の前で睨み合う両者、客席まで雪崩れ込み攻防を繰り広げる
客席行脚が終わり池の前に戻ると、最初に仕掛けたのは竹田。河津落としを仕掛けると二人同時に“ジャポン”!!余りの冷たさに二人とも走り回る

客席中通路で邪鬼が竹田をファイヤーマンズキャリー。そのまま池へ落とそうとしたが竹田が着地してジャーマン狙い
堪えた邪鬼が客席階段から走り込んだが竹田がかわし邪鬼だけがドボンっ!
竹田はラダーを投げ込み更なるダメージを与えると、池中でのエクスプロイダー
もう互いに我を忘れて氷点下の池中で攻防。邪鬼が竹田の顔面を水に付ければ、スタンディングで頭突き合戦から殴り合う
両者ダウンから9で立ち上がると、邪鬼がスクールボーイin the水。
竹田もロッキンポin the池を決めると氷塊で殴打!そして逆エビ固めでレフェリーストップ


○竹田誠志
(12分13秒 逆エビ固めin the氷の入った池)
ד黒天使”沼澤邪鬼



邪鬼『途中、死んだ親父が出てきたよ。
俺らでまだまだバカなことしようぜ』
★1月22日(日)東京・上野公園みずどりのステージ〜BJウィンターバケーション2017」Day6・第2部



【メインイベント】
◎ポセイドン上野番外地〜プロレス南極物語!!馬鹿が水槽(タンク)でやって来る◎
岡林裕二
アブドーラ・小林
伊東竜二
木高イサミ
VS
バラモンシュウ
バラモンケイ
植木嵩行
高橋匡哉
▼どちらからともなく始まった試合、植木が次々と巻き投げでちぎっては投げる。
すると一発ギャグを披露したが、スベったためフランク篤も一発ギャグ
共に滑るが連続で一発ギャグを繰り広げるが、最後は岡林が突っ込む

すると舞台は客席を巻き込む水かけ合戦へ

イサミが自身プロデュースの牛乳をアブ小に飲ませ宣伝
その間に客席は阿鼻叫喚を絵にかいたような地獄絵図

バラモン兄弟のボウリングも披露され、誰一人として無傷…いや、無濡の人はいない

アブ小の指示で岡林が高橋を池に入れようとしたが岡林が落ちたのをキッカケに次々入水

リングではバラモンが野村を捕まえバケツの水をぶっかける
すると野村が次々と蹴り倒し、野村がマイク

『みんな好き勝手やりやがって
そんな好き勝手するなら俺は歌う

インディ大賞ニューカマー賞、野村卓矢で尾崎豊の“シェリー”』

フランク篤がカット

フランク『ニューカマー賞?ニューカマーてことは新人か?
ここはな、お前みたいな新人が歌う場所じゃないんだよ
俺はこのリングで11年やってんだよ、大ベテランなんだよ

フランク篤で矢沢永吉の“アリよさらば”』


野村がカット


『大ベテランだ?正直な、お前の試合なんか見たことないんだよ
お待たせしました、野村卓矢で尾崎豊のシェリー』


シェリーを歌い尽くした野村はポセイドンを呼び込む


シールドみたいなやつをつけ頭にトイレスッポンを付けたいつもの姿のポセイドン登場


ポージングをするポセイドンに、ダース・ベイダーのテーマが流れ宇宙人に扮した高橋星人が登場
ポセイドンと対峙した星人、互いに指をつきだすとETのテーマが
しかしポセイドンは普通にラリアットで倒す


バラモン『高橋星人がやられちまった、やっぱり宇宙人は地球の環境に適応出来なかったんだぁ
冷たくなって力が出ないんだぁ』



そこへ“遠山の金さん”のテーマが流れると
『高橋星人よ、冷たくて力が出ない?では暖かいモノを授けよう』
奉行に扮した植木が登場
『我こそは鍋奉行だ』

と寸胴を持って登場


鍋奉行は寸胴の中に大根、長ネギを入れる。そして自ら食べかけたバナナを投入して蓋を締める(当然、火はない)

『ポセイドン、お主も食べたいか?』

とポセイドンに振る舞う鍋奉行


ポセイドンは大根を口にすると、当然生だったためにキレ出す
『誰だ、こんなところに生の野菜を入れたのは?』
とゴーレムスプラッシュを投下して3カウント



○岡林裕二(ポセイドン)
(32分5秒 ゴーレムスプラッシュ)
×植木嵩行(鍋奉行)



岡林『3つ言いたいことがある
一つ、クラゲには気を付けろ!

俺がポセイドンじゃあ』
★1月29日(日)DDT@東京・後楽園ホール〜Sweet Dreams!2017

【ダークマッチ】
◎キング・オブ・ダーク選手権試合◎
≪王者≫
島谷常寛
vs
伊橋剛太
≪挑戦者≫
▼伊橋が観客席に“いはし”コールを促すが、その隙に島谷がガットショット
だがロープに振ると逆に伊橋がタックルで倒す。そして側転を披露してアピール
起き上がった島谷がエルボーを打ち込むが伊橋が重いエルボーで打ち負かす
さらにハイキックを見舞うが島谷がかわして空を切ると、島谷がドロップキックを連発
コーナーに上がった島谷はダイビングボディアタック!続けてエルボー連打したが、伊橋が走ってレッグラリアット
コーナーに座った伊橋だが島谷が追いつき雪崩式アームドラッグ
そしてロープに走ったが伊橋がカウンターのラリアット。それでも島谷はラマヒストラル!
2で返した伊橋がカウンターでボディアタックで3カウント



○伊橋剛太
(4分55秒 フライングボディアタック)
×島谷常寛



島谷『伊橋さんごときに負けてしまって悔しいです』

と悔しさを露にした島谷だが、2月から新体制になるDNAまでにはベルトを手渡すと意気込んだ





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・鶴見亜門GMによる前説・

◎ホームセンタープロレスのDVD、ハンカチを紹介。
“プ女子日和”の宣伝

◎2月の大阪大会に越前屋俵太氏の来場が決定

◎6月の日程発表


◎昨年の総選挙ユニット部門1位になったダムネーションのプロデュース興行が4月14日(金)新宿faceで決定


◎DDT universeの生中継のリアル前説。拍手の練習





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第1試合】
高木三四郎
大鷲透
平田一喜
赤井沙希
vs
アントーニオ本多
ワンチューロ
勝俣瞬馬
MAO

▼先ずはNωAが新曲“Going Myway”を歌う。そしてワンチューロ&アントンがリングイン続いて三四郎組がリングイン

選手の希望により
所定の位置からスタートしてサングラスを取り合う
“スクランブルバンクハウス・ルチャ・メガネマッチ”に


★リングインしたアントンは赤井を捕まえると、最近話題のセクハラ技である女性へのロメロスペシャル
一斉にストンピングを浴びたアントンは戦意喪失したが
徹夜で考えたという“赤ずきんちゃん”を披露。DDTuniverseによる世界発信のためワンチューロの英語通訳付き
『どうしてそんなにお口が大きいの?』
『それはお前の恵方巻きを鍬えるためだよ』
と放送コードギリギリの内容

5分経過
いつもの騙し討ちから大鷲との同時ケブラータを同時に失敗したアントン
混沌した中、三四郎はスピコリドライバー狙い。平田が出場を直訴するがワンチューロにやられてしまう
しかしサングラスがないためフォールは無効。平田が復活して手刀でワンチューロを倒す
味方の赤井や三四郎まで倒すが背後からMAOが襲う。だが寸でで気功砲をを見舞った平田が踊り出す
終盤で勝俣が背後からサングラスを剥ぎ取るとスクールボーイで3カウント


○勝俣瞬馬
(9分10秒 横入り式エビ固め)
×平田一喜





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第2試合】
◎3WAYタッグマッチ◎
坂口征夫
高梨将弘
vs
彰人
松永智充
vs
樋口和貞
岩崎孝樹
▼3WAYらしく混沌と攻守が入れ替わる。坂口が岩崎に神の右ヒザ→高梨がタカタニックの体勢
これを松永がラリアットでカットしてバックドロップ!だが坂口がランニングミドル
彰人のキン肉大移動も決まるが岩崎がレッグラリアットでカット
しかし高梨が入りトラースキック!そしてバッカスで丸め込み3カウント



○高梨将弘
(6分00秒 バッカス)
×岩崎孝樹


★1月29日(日)DDT@東京・後楽園ホール〜Sweet Dreams!2017


【第3試合】
高尾蒼馬
渡瀬瑞基
vs
遠藤哲哉
マッド・ポーリー
▼高尾と遠藤の先発からポーリーが渡瀬を捕まえ羽根折り固め
遠藤が続いて攻撃、ブレーンバスター狙いを堪えられるやエルボースマッシュから再び狙ったが渡瀬が逆にブレーンバスター
リングインした高尾がスイングDDT!さらにコーナーからフットスタンプ式ミサイルキック
ジントニック狙いは遠藤が回転エビ固め、返した高尾に遠藤がその場飛びムーンサルトこそ読まれたがハンドスプリング式オーバーヘッドキック
ポーリーが出るが高尾はカニ挟みでダウンさせ低空ドロップキック
二人掛かりでブレーンバスター狙いはポーリーが逆に二人を投げきる
そしてベイダーアタックも決めると遠藤が場外の渡瀬にノータッチトペコン!
するとポーリーはラリアットからポーリーバスターで3カウント



○マッド・ポーリー
(9分5秒 ポーリーバスター)
×渡瀬瑞基



亜門GMが最近結果の出てない高尾にユニット加入を提言


高尾『正直、世界Jr.のベルト落として目標がなかったのは事実です。
まだ悩んでるてのが本音です、一歩踏み出すために歩いていきます。』





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第4試合】
◎健全かつDDT UNIVERSE生中継向きなスペシャルタッグマッチ◎
高山善廣
ディック東郷
vs
男色ディーノ
大石真翔
▼奇襲を仕掛けたディーノが高山を追い掛け回す。高山を追う途中、男性客を襲うディーノ
リングに戻っても東郷を捕まえバックから性的に襲う
大石が東郷をカンパーナで捕らえ揺りかごの要領でディーノの股間に東郷の顔面を(>_<)

5分経過
大石は東郷にリバースパロスペシャル、続いてナイトメアを決めたディーノ
それでもカウンターのパワースラムで切り抜けた東郷。替わった高山がダブルアームスープレックス
そしてエベレストジャーマン狙いはディーノが高山のバックへ、高山は東郷にタッチ
東郷は大石に横十字固めから流れるようにクロスフェイスに移行
高山のカットをディーノが唇を突きだし威嚇、ディーノは東郷の顔面に近づきグロッキーにさせるとコーナーでケツを出して待ち構える
東郷は何とか大石にペディグリーを狙うも大石が堪え東郷の顔面がディーノのケツへ

10分経過
これで高山を孤立させると、閂にきたところを利用してディーノはリップロック
コーナーで倒れ込む高山に男色地獄車でさらなるダメージを与える
万事休すの高山に、男色タイツを履いた東郷がリングイン
東郷はディーノの男色クローを堪えグーパンチで排除
大石にはファイト一発から男色ペディグリー、ダイビングセントーンで3カウント



○ディック東郷
(12分57秒 ダイビングセントーン)
×大石真翔



ディーノ『ご覧の通りプロレスラーの8割がゲイです。
今日は高山のヨッチャン(善廣)は照れてたけど。
大阪で組まれてるシングルマッチ、もうヨッチャンはゲスト扱いしなくていいわよね?
何故ならワタシはDDTがDDTであるために司る男色ディーノだから』


(亜門GMからさいたまスーパーアリーナで対戦する男色ディーノの相手を伺う)



ディーノ『さらっと対戦相手言いますが、ジョーイ・ライアンと“世界一ヤバいマッチ”やります』

(ササダンゴマシンを呼び込み英語・北京語・スペイン語を配信するインターナショナルパワポをやると発表
さらにヤバいシーンでは“お見苦しいシーンの為しばらくお待ちください”の映像つき)



★1月29日(日)DDT@東京・後楽園ホール〜Sweet Dreams!2017


【第5試合】
◎世界ジュニアヘビー級選手権試合◎
<王者>
石井慧介
vs
ヤス・ウラノ
<挑戦者>
▼腕を取った石井がハンマーロック。そのままコーナー際へ
ヤスの反撃を切り抜けた石井はサーフボードストレッチ。さらにアームドラッグから腕固め
ヤスが切り返しても石井はクルックヘッドシザースから首四の字、ヤスが倒立で抜け出そうとするとパイルドライバーの要領で叩きつけた
エスケープしたヤスはリングに戻るとグラウンドで再三の横十字固めでスタミナを奪いにいく。返した石井の頭をロープに擦りつける

5分経過
ヤスはグーパンチから首四の字。石井は何とかロープエスケープ
ヤスは逆水平から対角線コーナーに石井を振ったが石井はミサイルキックで追い掛けてきたヤスを迎撃
しかしヤスはすぐに石井を捕らえ逆エビ固め。エスケープされるや走り込んでエルボーを狙ったが、石井がジャンプしてヘッドシザース、場外へホイップした
ヤスをリングに上げ低空ドロップキックを決めた石井はランニングエルボー、さらには変形裏DDT
石井はヤスを起こしエルボー。ヤスも打ち返すが石井はエルボー連打からニーアッパー!ヤスもフランケンで切り返しシャイニング弾

10分経過
グラウンドから石井がダブルアームの体勢もヤスが切り返しフォール。カウント2
ヤスは石井をヘッドロックで捕らえロープに振ったが石井が止まる。それでもヤスが首固め
返した石井は投げ捨てタイガースープレックス!これも返したヤスに対してフライングニールキックで3カウントを奪った



○石井慧介
(11分43秒 フライング・ニールキック)
×ヤス・ウラノ


★1月29日(日)DDT@東京・後楽園ホール〜Sweet Dreams!2017

【セミファイナル】
◎KO-D無差別級王座挑戦者決定戦◎
竹下幸之介
vs
KUDO
▼静かにシザース合戦からKUDOがヒザ蹴りで先制、場外の竹下にトペスイシーダ。場外でミドルキック2連発
リングに竹下を戻したKUDOはサッカーボールキックやミドルキック。竹下も隙をつき投げ捨てジャーマン

5分経過
竹下は串刺し逆水平!ロープにKUDOの足を固定してDDT!さらにエルボースタンプを落としていった
起き上がったKUDOのエルボーにはカウンターのゼロ戦キックを決めた竹下が胴絞めスリーパー
エスケープから起きたKUDOはエルボーを確実に打ち込んだが竹下はパンチ気味のエルボー。しかしKUDOはエプロンに飛びうつりロープ越えのエルボー
さらに8×4を決めたKUDOはダイビングダブルニーアタック

10分経過
竹下も意地で起きてブルーサンダー。だがKUDOは走ってきた竹下にカニ挟み、ロープに絡ませたパロスペシャル
コーナーに竹下をセットしてダイビングダブルニーアタックは竹下がかわす。すると串刺しフロントハイキック→垂直落下式ブレーンバスター
さらにKUDOの蹴りにラリアットを合わせた竹下。ジャーマン狙いを堪えられた竹下、もう一発ラリアット狙いはKUDOが腕を逆上がりの要領で切り返しバズソーキック
コーナーに上がったKUDOを竹下が追走、だがKUDOが竹下をコーナー宙吊りにしてダブルニー!別のコーナーからのダイビングダブルニーアタックは竹下がヒザを立て迎撃
ダブルダウンから起き上がるとエルボー合戦、激しい打ち合いから竹下が袈裟斬り→ローリング袈裟斬り→投げ捨てドラゴンスープレックス

15分経過
コーナーに上がった竹下に蹴りで宙吊りにさせるとダイビングダブルニーアタックでエプロンに頭を打ち付けさせる
場外の竹下にロープ越しダブルニーアタック
リングに戻りスピンキックは竹下がラリアット、KUDOがスピンキックを決めても竹下はラリアット
さらにオレンジクラッシュで突き刺すとジャーマンでがっちり固め3カウント


○竹下幸之介
(18分41秒 ジャーマンスープレックス・ホールド)
×KUDO
★1月29日(日)DDT@東京・後楽園ホール〜Sweet Dreams!2017



【メインイベント】
◎KO-D無差別級選手権試合◎
<王者>
HARASHIMA
vs
佐々木大輔
<挑戦者>
▼佐々木の奇襲でゴング。序盤はダムネーションがペースを握り惑わしていく
知らずにコーナーポストの紐をほどいた遠藤。松井レフェリーの注意を無視してポストを取ってしまった

大輔はHARASHIMAの足を狙い裏四の字等で苦しめる。HARASHIMAが放つ蹴りにも威力半減
それでもHARASHIMAは大輔をコーナーに座らせ雪崩式ブレーンバスター、クラッチを外さずにロコモーション式ファルコンアロー
HARASHIMAはミドルキック2連発を決めて山折りを見舞おうとしたが大輔が膝十字固め
何とか切り抜けたHARASHIMAがスワンダイブ式ボディプレスは大輔がかわしてDDT!
コーナーに上がった大輔だが、HARASHIMAはバイシクルキックでダメージを与えコーナーへ
だがエルボーでダメージを与えた大輔は場外へ断崖式ブレーンバスター

10分経過
HARASHIMAを最前列に座らせた大輔がコーナーからHARASHIMAへダイビングニードロップ
リングに戻ったHARASHIMAがトラースキックからリバースフランケン。蒼魔刀を発射したが大輔がかわしてコーナーにHARASHIMAをぶつけさせフォール
大輔の足がロープにかかっていた為に無効、その隙にHARASHIMAがミドルを放つが松井レフェリーに誤爆
大輔が急所打ちからフォールも松井はダウン。大輔が無理矢理松井レフェリーを起こし、HARASHIMAに急所打ちからフォール

15分経過
返したHARASHIMAはハイキック。起きた大輔にミドルキックで追撃するとリバースフランケン
しかし大輔はミスティカ式クロスフェイスで苦しめる。HARASHIMAは失神寸前
何とかエスケープしたHARASHIMA。大輔は倒れるHARASHIMAを起こしトラースキック
HARASHIMAに対してダウンカウントが数えられたが、9で起きたHARASHIMAに大輔がボディスラム
さらにベトナムドライバー狙いは着地したHARASHIMAがドロップキック
起き上がってエルボーを打つHARASHIMAに大輔はローキック。HARASHIMAは足を出して挑発。ローキックを受けきると張り手を連打、大輔はドラゴンスープレックス

20分経過
走ってきた大輔にHARASHIMAはジャンピングハイキック→ハイキック→つるべ落とし
大輔の顔面へローキック、バズソーキック!蒼魔刀発射は佐々木式ウラカンラナ!
返したHARASHIMAは背後へ蒼魔刀→正調蒼魔刀で3カウント



○HARASHIMA
(21分53秒 蒼魔刀)
×佐々木大輔

・HARASHIMAが3/20さいたまスーパーアリーナ大会メインで竹下幸之介とKO-D無差別級タイトルマッチ



HARASHIMA『皆さんの応援のお陰で勝つことが出来ました
前哨戦からペース握られて、きょうも足を蹴られたり本当にキツかったけど
身も心も引き締まった気がするよ
佐々木、ありがとー』



竹下『誰も望んでないかもしれないけど、遠藤、KUDO、DDTの全選手、その全てを背負って挑戦したいと思います
何よりもHARASHIMAさん、アンタに勝ちたい』



HARASHIMA『その心意気、嬉しいよね(笑顔)
全力でぶつかっていくからヨロシク』


(握手→にらみ合い)



HARASHIMA『DDT全選手でさいたまスーパーアリーナまで突き進んでいきます

スーパーアリーナ全員で突き進んでやるさぁ

(なんでぇ?)

メインイベントも勝って防衛してやるさぁ

(なんでぇ?)

そしてDDT20周年…21年目も突っ走ってやるさぁ

(なんでぇ?)

なんでかって?

それは鍛えてるからだぁ』




◎DNA提供試合

◎東京女子提供試合


◎アイアンマン
GENTARO、バンビ、MIKAMI他


◎ハードコアマッチ(カード未定)


◎入江vsマイク・ベイリー


◎ジャガー横田&ゆに&X&X
の8人タッグ


◎大山峻護プロレスデビュー戦
大山峻護&X
vs
高山善廣&ディック東郷


他は既報カードのタイトルマッチ等
★2月19日(日)DDT@東京・後楽園ホール〜#ddtpro〜Into The Fight 2017


【ダークマッチ】
◎キング・オブ・ダーク選手権試合◎
<王者>
島谷常寛
vs
伊橋剛太
<挑戦者>
▼伊橋が“イェイカモン”で煽るが島谷がハンドスプリングエルボーで食いつく
だが伊橋はアームホイップで投げ捨て場外に追いやるとハンドスプリング、島谷はその瞬間にリングに入り攻撃
さらにドロップキックでチャンスを作った島谷はコーナーへ。伊橋が向かってきても払いのけフライングボディアタック。
返されても強引にラマヒストル、2で返した伊橋はベイダーアタック!さらにレッグラリアットを決めるとブレーンバスター
続けてムーンサルトを放ったが、島谷がかわして伊橋の背中へその場飛びシューティング2連発
返された島谷だがエルボー連打から飛びついて前方回転エビ固めで3カウント



○島谷常寛
(5分1秒 前方回転エビ固め)
×伊橋剛太



亜門GM『島谷、おめでとう。ようやくこれでベルトも戻るところに戻ったし、新生DNAに出られるな』


島谷『新生DNAで対戦するワンチューロとレッカ、仲がいいかもしれないけど
俺と組む下村とは同じ日にデビューしたんだぞ。それだけだけど………
お前らに言う。俺はもう最弱じゃないから覚悟しとけよ』





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・前説・

今後の興行スケジュール、今月からの新グッズの発表

FC特典の工場見学(坂井精機株式会社)を発表

新生DNAで対戦する吉村直巳と樋口和貞が舌戦





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第1試合】
◎3WAY6人タッグマッチ◎
岩崎孝樹
渡瀬瑞基
ワンチューロ
vs
高尾蒼馬
彰人
ヤス・ウラノ
vs
大石真翔
勝俣瞬馬
MAO
▼彰人がワンチューロにアームホイップ、3軍入り乱れNωAが相手を場外に放ると三人同時のトペ&トペコン&プランチャ
リングに戻ってもMAOの側転エルボー→勝俣のアトミコに続いて大石が勝俣を踏み台にしてからの着地〜ボディスラム
スマスカとDNAも反撃、渡瀬がバックドロップで彰人を孤立させたが彰人は渡瀬をトライアングルスコーピオン
これはNωAがトリプルスワンダイブ式ミサイルキックでカット
それでも高尾がカットに入りシュバインを彰人のカレリンズリフトと同時発射
最後は彰人が渡瀬にハナマサ(ギャラリアと同型)で3カウントを奪った



○彰人
(8分7秒 ハナマサ)
×渡瀬瑞樹
★2月19日(日)DDT@東京・後楽園ホール〜#ddtpro〜Into The Fight 2017

【第2試合】
◎高木軍vsマイケル軍敗者国外追放マッチ◎
※3カウントフォール、またはギブアップを取られた選手1名が国外追放となる特別ルール

<高木軍>
高木三四郎
大鷲透
平田一喜
赤井沙希
vs
中澤マイケル
高梨将弘
松永智充
チェリー
<マイケル軍>

▼平田『中澤さんよぉ、一年ぶりだか何だか知らないけど、お陰でよ、国外追放マッチとかとんでもない試合に巻き込みやがってよ
お客さんの大半は平田が負けると思ってるんだ』


と本人の予想通りの観客の反応に驚いている平田の背後から松永がスクールボーイ。何とか返した平田にチェリーがコルバタ、高梨も丸め込むが何とか返す
替わった三四郎が高梨とチェリーをまとめてスピコリドライバーで逆転すると、平田が連続手刀
だがマイケルには効かず。平田はそんなマイケルに対してエルボーを連打して『熱くならないんですか?』
平田は一瞬ニーパットに手をやりベノムワームを取ろうとするが取らず

すると島谷がパンツ姿になり『僕は中澤さんに憧れてDDTに入ったんです。熱くなって下さい』
効果がないと見るや木曽レフェリーもパンツになり『アナタをレフェリングしたくて待ってた』
サムライのカメラマンが『アナタを撮る為にサムライに入った』
亜門『お前に憧れてGMになったんだ』
と次々とパンツ姿に
ドラゴンボ●ルの“CHA・RA HECHARA”を歌い元気玉形式でマイケルにパンツを渡すと、奥さんまで手渡す
装着したマイケルが平田に元気玉式ベノムワームを発射したがかわされ奥さんに誤爆
平田が首固めで逆転勝ちした


○平田一喜
(10分8秒 奇跡を呼ぶ一発逆転首固め)
×中澤マイケル




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第3試合】
◎アイアンマンヘビーメタル級選手権3WAYマッチ◎
<王者>
こたつ
vs
石井慧介
<挑戦者>
vs
アントーニオ本多
<挑戦者>
▼三者でのロックアップから王者の術中に嵌まったアントンと石井。中に入り眠りに落ちそうになった挑戦者達だったが何とか返す
アントンがロメロスペシャルでこたつを固めたが石井がカット
石井とアントンは二人掛かりでのブレーンバスターでこたつを投げる
アントンは石井をサイドスープレックスで投げると、こたつを背負って石井と対峙。石井の延髄斬りが決まるがアントンは背中のこたつを石井にぶつけダメージを与える
石井自体もダメージが深く、アントンがダイビングフィストドロップをこたつに落下させたが自身のダメージが深い
隙をついた石井がレッグラリアットからエメラルドフロウジョン
カットにきたアントンはボディスラムでこたつを叩きつけると、ロープ際の石井目掛けこたつを降り下ろす。
だが石井にはかわされロープの反動で帰ってきたこたつに自爆したアントンがフォール負け



○こたつ
(9分1秒 アントンの自爆)
×アントーニオ本多



※試合後には平田が乱入してストンピング、そこへ中澤マイケルも入ってきてベルトを狙う
邪魔者のマイケルに平田が手刀を放ったがマイケルのベノムワームと相討ちになり両者ダウン
こたつはチャンピオンのまま退場した
★2月19日(日)DDT@東京・後楽園ホール〜#ddtpro〜Into The Fight 2017


【第4試合】
高山善廣
樋口和貞
vs
佐々木大輔
マッド・ポーリー
▼ダムネーションの奇襲で始まるが高山がすぐに逆転する
替わった樋口は佐々木に対してヘッドバット、佐々木が走ってもダブルチョップ
替わった高山はダブルアームスープレックス、コーナーに佐々木をセットしたが佐々木は抵抗。逆に場外へのブレーンバスター狙いの佐々木だが重く上がらずリングに着地

5分経過
替わった樋口は串刺しラリアットからアバランシュホールド。佐々木を走らせキャッチするとワンハンドチョークスラム
それでもパワーボム狙いを着地した佐々木が樋口をレフェリーにぶつけようと振る。かわした樋口だが佐々木はドロップキック
替わったポーリーは樋口と肉弾戦。ラリアットを決めたポーリーだが樋口はタックル!!
続いて高山がダブルアームスープレックスからバックドロップ。ロープに走った高山だったが佐々木がカット
佐々木はトペで樋口を分断。リング上のポーリーは高山にラリアット。続くリバーススプラッシュはかわされ高山&樋口がダブルチョークスラム
ダブルバックドロップで佐々木を排除すると高山がニーリフトからジャーマンで3カウント



○高山善廣
(10分4秒 エベレスト・ジャーマンスープレックス・ホールド)
×マッド・ポーリー



高山『今日は大事なお客さんが来てるんだ
大山(峻護)くん、久しぶりだな。ちょっと来いよ』


大山が礼儀正しくお辞儀しようとしたが高山はビッグブーツ。
かわした大山が後ろに廻ってスリーパーで絞め落とす
止めに入った若手レスラー達だが払い腰の連続で投げ捨てた





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第5試合】
◎DDT UNIVERSE加入者促進ワールドワイド・スペシャルシングルマッチ◎
コルト“Boom Boom”カバナ
vs
男色“Bin Bin”ディーノ
▼カバナの“ブンブン”に対してディーノはタイツに拳を入れたまま突き立て“ビンビン”と観客を煽る

★カバナは気にせずに仕掛けていくがディーノはエルボーの合間を縫ってチュッ!
放心状態のカバナだったが再度エルボー!ディーノはチュッ
逆にディーノから仕掛けていくがカバナは逆にチュッ!
これで恋心を抱いた?ディーノは攻撃が弱々しくなってしまう
何とかナイトメアを決めたディーノ、カバナが真面目にハンマーロックをとると『カモン』
ファイト一発も決めたディーノ、しかし串刺しキスは松井レフェリーに誤爆。続くカバナの串刺しエルボーもレフェリーへ
失神するレフェリーの中、ディーノがフォールもレフェリー不在
カバナも攻撃するが木曽レフェリーが入る
返したディーノがカバナとやり合ってると松井レフェリーと木曽レフェリーにディーノのキスが再び木曽レフェリーに誤爆、カバナの追撃もぶつかるとレフェリー二人は失神
松井、木曽、カバナが四つん這い状態。ディーノは木曽を襲ってからカバナを木曽の上にシ●クスナインの体勢にさせる
そして『ユニバース?関係ない』と脱ぎ出した為にノーコンテストに


×コルト“Boom Boom”カバナ
(9分23秒 ノーコンテスト)
×男色“Bin Bin”ディーノ



試合後も『さいたまでは見せるべきモノを見せてあげるわ』と意気込むディーノ
今日で一旦帰国するカバナにもエールを送り、カバナも『アイシテマス、DDTユニバース』で返した


★2月19日(日)DDT@東京・後楽園ホール〜#ddtpro〜Into The Fight 2017


【セミファイナル】
◎ROAD TO SSA COUNTDOWNスペシャルシングルマッチ◎
坂口征夫
vs
遠藤哲哉
▼いきなり仕掛けた遠藤は坂口を場外に出すとブエロデアギラでダイブ
リングに戻ってもスライディングキック、ストンピング、エルボードロップ。コブラツイスト
坂口も逆転すると遠藤を場外に出してエプロンを走ってのランニングキック
さらに払い腰、スリーパーで絞めてエスケープされても払い腰→ランニングローキック→スリーパー
神の右膝も見舞った坂口に対して、遠藤も膝蹴りで逆転して山折り。スワンダイブ式ファイヤーバードを放ったがかわした坂口が掌打からスリーパーで絡みつく
ロープワークの攻防から遠藤のハンドスプリングを打ち落とした坂口がスリーパー。遠藤はエスケープ
復活した遠藤は坂口を松井レフェリーに誤爆させるとハンドスプリングオーバーヘッドキック
さらにトーチャーラック式フェイスバスター。そしてスカイツイスターでフィニッシュ



○遠藤哲哉
(12分44秒 スカイツイスタープレス)
×坂口征夫
★2月19日(日)DDT@東京・後楽園ホール〜#ddtpro〜Into The Fight 2017


【メインイベント】
◎DDTプレ20周年記念スペシャルタッグマッチ◎
HARASHIMA
KUDO
vs
竹下幸之介
ディック東郷
▼先発はHARASHIMAと東郷。グラウンドの攻防は互角
KUDOと竹下、KUDOが走ってきた竹下にスピンキック!
替わったHARASHIMAもストンピング!さらにKUDOが竹下をロープに振ったがカウンターのゼロ戦キック

5分経過
替わった東郷はドロップキックを浴びせると、グラウンドに引き込みアームロック
竹下は腕固めからKUDOを起こしてショルダーアームブリーカー。東郷はシルバーブレッドを投下
その後もKUDOが攻められてる中、HARASHIMAがライダーキックでカットへ

10分経過
竹下に対してアキレス腱固めを決めるHARASHIMA。スタンディングでの殴りあいも隙をついてローキックを決めたHARASHIMA
コーナー際の竹下にはKUDOが8×4→ダイビングダブルニードロップ
カットに入った東郷はエルボー合戦からヘッドバット!場外にKUDOを出してトペスイシーダ
リングに戻ってきたKUDOにはラリアットをかました東郷、ペディグリーからコーナーへ
これはHARASHIMAがカットに入り雪崩式ブレーンバスター。だが竹下がHARASHIMAにカット、ブレーンバスターの掛け合いから垂直落下式ブレーンバスター。KUDOがカットに入るが竹下がラリアット

15分経過
コーナーに上がったKUDO、食らいつく東郷を降り下ろすとカットにきた竹下もエルボーで打ち落としダブルニードロップ
HARASHIMAとKUDOのサンドイッチ式ミドル→KUDOのスピンキック→HARASHIMAがスワンダイブ式ボディプレス
HARASHIMAが東郷に山折り、蒼魔刀を発射したがかわした東郷がクロスフェイスロック
竹下が入りHARASHIMAに串刺しフロントハイキック→ブルーサンダー
返したHARASHIMAがミドルキック。受ける竹下、HARASHIMAが渾身のミドルを打ち込んだが竹下は強烈なエルボー
倒れたHARASHIMAを肩車すると東郷がダブルインパクト
トドメのジャーマン狙いをウラカンラナで返したHARASHIMAは背中へ蒼魔刀!!
ファルコンアローを決めたが東郷がカット。これはKUDOも入り東郷を排除するとトペスイシーダ
竹下がドラゴンスープレックスを決めればHARASHIMAもミドル
HARASHIMAはリバースフランケンを決めると一気に蒼魔刀でフィニッシュ



○HARASHIMA
(20分54秒 蒼魔刀)
×竹下幸之介



三四郎『皆さん、今日はなんの日か知ってますか?
はい、プロレスの日です
力道山先生がシャープ兄弟と戦ったからです

でもそんなことはどうでも良くて今から20年前、DDTのプレ旗揚げ戦の1ヶ月前でプレデビューで試合をしました
本当はDDTはプロレスの歴史から無かったかもしれません
続けて来れたのは皆さんの支えあってこそです。
本当にありがとうございます』




HARASHIMA『これから先ももっと突っ走っていくぞ

20周年から先もみんなついてくるさぁ

さいたまスーパーアリーナ、成功させてやるさぁ


30周年、40周年、どんどんやってやるさぁ

なんでかって?

それは、きたえてるからだぁ』




◎3月20日(月・祝)のさいたまスーパーアリーナ大会の全カードが発表◎
★3月5日(日)大日本プロレス@東京・後楽園ホール一騎当千〜DeathMatch Survivor〜開幕戦

登坂『昼間の興行は今年はここだけなんでね、変な感じです
今日はね、静止画はいいんですが、動画はダメ。英語で言うムービーですね
僕は高校時代ずっと英語は3だったんですね
まぁどうでもいいですけど』


〜と、出世には通知票の成績は関係ないことを明らかにしたところで一騎当千の選手入場式〜





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第1試合】
丸山敦
吉野達彦
青木優也
VS
ツトム・オースギ
ヘラクレス千賀

▼先発は千賀と青木。グラウンドになるも青木は回転体で逃げる
リストロックの攻防から千賀はシザース
替わったオースギと吉野。オースギは吉野を場外に追いやると、千賀&忍が入り他の二人をドロップキックで追いやり、S.O.Sが同時プランチャ。忍はケブラータ
リングに戻り青木が忍相手に奮闘、ニールキックを決めれば逆さ押さえ込みでカウント2まで追い込む
しかし忍はカウンターのSEXボンバーが炸裂、続いてミサイルキックでフィニッシュ



○忍
(4分43秒 ミサイルキック)
×青木優也





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第2試合】
橋本大地
神谷英慶
VS
橋本和樹
菊田一美
▼先発は大地と和樹。リング中央でエルボー合戦は互いに鎬を削りあう
替わった菊田も大地相手にローキック、だが神谷はヘッドロックで苦しめる
菊田も渾身のローキックで対抗したが大地の重い一発に悶絶

5分経過
和樹が神谷にコブラツイスト、これは大地がエルボーでカット
替わった菊田に対して神谷がボディスラム、続いて大地がミドルキック連打→串刺しニーアタック
菊田のエルボー連打に大地はソバット→DDTでダウンさせる
神谷も入り連続串刺し攻撃からダブルのブレーンバスター。和樹がカット
和樹を排除した二人は一気にカリウドでフィニッシュ



○橋本大地
(9分27秒 刈龍怒)
×菊田一美





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第3試合】
アブドーラ・小林
植木嵩行
高橋匡哉
VS
バラモンシュウ
バラモンケイ
佐久田俊行
▼のっけから阿鼻叫喚となったリングとその周辺。
落ち着きを取り戻しリングに戻るとバラモンが高橋にトラースキック
替わった佐久田が追撃していると、場外からバラモンが紙パックを投げつけ佐久田はブファドーラ
これはアブ小がカットに入ったがバラモンはアブ小をコーナーにセットして股間にボウリング狙い。高橋が佐久田を捕獲して拳銃を突き付けて脅迫まがいで止めるがバラモンは無視して敢行

5分経過
バラモンは高橋も攻撃してコーナー際にセットしたが、植木がカット。植木はマヨネーズを取りだし自身の体に塗りたくる
だがケイはトラースキックで植木を追い込む。そしてロープに高橋を走らせたケイが追走したがシュウの交通標識殴打が誤爆
アブ小がすかさず墨汁噴射→植木がマヨネーズだらけの体を塗りたくり高橋がジャックハマーでフィニッシュ



○高橋匡哉
(7分35秒 ジャックハマー)
×バラモン・ケイ


シュウ『今日は最低な1日だな
お前ら、マヨネーズと墨汁は一緒に浴びちゃダメだぞ
お、覚えとけよ』







〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第4試合】
◎ハードコアタッグマッチ◎
伊東竜二
宮本裕向
VS
沼澤邪鬼
塚本拓海
▼邪鬼組の奇襲で始まるが次第に形勢が逆転。裕向&伊東のサンドイッチエルボーから伊東がサッカーボールキック
裕向もボディスラムから椅子殴打!伊東はボディスラムからムーンサルト
替わった裕向に邪鬼はジョン・ウーを放ったがかわされ不発、それでも走ってきた裕向を捕まえDDT

5分経過
ようやく登場の塚本、裕向&伊東をまとめてトラースキックを喰らわすと生月スプラッシュで追撃
しかし抱えようとした裕向に逆にリング中央の椅子へのボディスラムを決められる
さらに伊東にもブレーンバスターon the椅子を見舞われる。裕向が邪鬼をトペで分断してる間に伊東がドラゴンキッカー
コーナーへ上がった伊東だが邪鬼がカット、塚本との連携
だが裕向が邪鬼をハンドスプリングオーバーヘッドで排除
伊東がトラースキックからロープに走ったが塚本がカウンターで丸め込んで3カウント



○塚本拓海
(8分16秒 電光石火)
×伊東竜二
★3月5日(日)大日本プロレス@東京・後楽園ホール一騎当千〜DeathMatch Survivor〜開幕戦


【第5試合】
岡林裕二
中之上靖文
野村卓矢
VS
佐藤耕平
浜亮太
宇藤純久
▼中之上と宇藤のマッチアップから耕平に対したのは新人の野村
野村は耕平に対しても臆することなく蹴りを打ち合い喝采を浴びる
岡林と浜。岡林のタックル連打に耐えた浜。岡林の回転エビ狙いをバーミヤンスタンプで押し潰そうとしたがかわされる。岡林が逆水平連発で悶絶させた
替わった野村は耕平のエルボーにも倒れず、逆に気合いを入れる

5分経過
替わった浜(225キロ)は野村(70キロ台)を踏み潰し観客からは『人でなし』
耕平の重いエルボー一撃でダウンしてしまった野村だったが立ち上がる
それでも耕平が頭突き→ファルコンアローもカウント2
替わった中之上のエルボー連打に苦しんだ耕平だったが、走ってきたところをニーリフト!
替わった浜はコーナーに中之上をセットして浜ケツを押しつける、そしてブレーンバスター
バーミヤンスタンプをかわした中之上が岡林にタッチ
岡林は浜をボディスラムで持ち上げんとしたが持ち上がらず押し潰されてしまう
耕平の蹴り→宇藤のエルボーから浜のベイダーアタック。何とかカットが間に合う
宇藤が間髪入れずにスライディングラリアットもカウントは2
替わった野村は宇藤にミドルキック連発。岡林らのアシストで攻勢
宇藤と岡林が対峙、宇藤がグラウンドコブラ。岡林はパワースラム
そしてキャメルクラッチに移行してギブアップ勝ち



○岡林裕二
(12分45秒 キャメルクラッチ)
×宇藤純久



★3月5日(日)大日本プロレス@東京・後楽園ホール一騎当千〜DeathMatch Survivor〜開幕戦

登坂社長が中説、観客からの野次?にも大人の対応。トイレ帰りの観客が集まり始めたところで後半戦へ



【第6試合】
◎Aブロック公式リーグ戦〜凶器持ち込みデスマッチ◎
木高イサミ
VS
吹本賢児
▼イサミの入場を吹本が襲う形でゴング。しかし場外に移行するとイサミが吹本を捕まえ練り歩く。おろし金で額を傷つけるが、吹本も同じくオロシ金で対抗
リングに戻った吹本はイサミの腕をオロシ金でおろす。そしてバックドロップ
吹本はさらに追撃していくがイサミはロープに振ってドロップキック!ロープ際ではイサミがオロシ金?で腕を攻撃

5分経過
中央で椅子を盛ったイサミは河津落としで自身共々ダメージ、椅子の上にラダーを置いたイサミはその上に河津落とし
さらにラダーを排除して板の上に差し込んだ切った空き缶への河津落としも狙う
これは吹本が堪えパワーボムon the切れた空き缶!
リバースタイガー狙いはイサミが切り返し勇脚。そしてきょだいラダーに上がったイサミはトップからダイビングボディアタック
2で返した吹本に追撃を狙ったが逆にリバースタイガーon the空き缶を見舞われストンピングでダメージ
イサミも飛び膝からブレーンバスターon theベニア板。続いてファルコンアロー→ダイビングボディプレスwith空き缶差し込んだベニア板。
最後はラダートップからのダイビングダブルニーwith板で3カウント


○木高イサミ
(11分18秒 ギガラダーブレイクwith空き缶を差し込んだベニア板)
×吹本賢児





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【セミファイナル】
◎Bブロック公式リーグ戦〜〜2016ジャパンシリーズ・リバイバルデスマッチ◎
星野勘九郎
VS
竹田誠志
▼互いに有刺鉄線バットで一発ずつ殴りあう。場外からエプロンに移行するとエプロン上でのエルボー合戦から竹田が場外マットへのロックボトム
竹田は星野をリングに戻すと椅子での殴打に続き、鳥居に見立てて作ったブロック塀を取りだし殴打。さらにお好み焼きのヘラで額を攻撃
星野も立ち上がりチョップを打つが、竹田が星野をコーナー際にセットして野球ボールを投げつける。一発目は外して場外の和樹に誤爆したが二発目を星野に当てて『ストライク』とご満悦
やられっ放しの星野も勘九郎カッターに続きネックブリーカードロップ
竹田の上にブロック塀を乗せてセントーンwithブロック塀
星野は巨大鉄板を中央に移動させてブロックバスターon the鉄板
さらにブロック塀を敷いて竹田を抱えようとしたが竹田が切り返し星野をブロック塀の上に叩きつけた
竹田は星野をコーナー宙吊り状態にして椅子→椅子→椅子→ブロック塀→星野の顔面にしてのスライディングキック

10分経過
星野にエルボーを浴びせロッキンポを放ったが、かわした星野がブレーンバスター
鉄板を移動させたが竹田が逆にブレーンバスターon the巨大鉄板。
竹田は鉄板の上に牡蠣の殻を撒き散らすと、雪崩式ブレーンバスターon the牡蠣鉄板。
さらに国体一回戦スラム。カウント2で返した星野は勘九郎カッターから外道クラッチ
返した竹田には垂直落下式ブレーンバスターon theブロック塀から勘九郎カッター→ダイビングセントーンで一気に勝利をかっさらった



○星野勘九郎
(13分45秒 ダイビングセントーン)
×竹田誠志
★3月5日(日)大日本プロレス@東京・後楽園ホール一騎当千〜DeathMatch Survivor〜開幕戦


【メインイベント】
◎BJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合◎
<王者>
関本大介
VS
鈴木秀樹
<挑戦者>
▼ロックアップからの力比べ。再度の組み合いから関本がヘッドロックで絞めあげれば、鈴木は切り返してクルックヘッドシザースで絞りあげる。関本はこれを強引にフォールに持ち込み外す
鈴木は払い腰からグラウンドで上になるも関本はエスケープ

5分経過
鈴木が強烈なエルボースマッシュ、さらにエクスプロイダー
関本はチョップ連打で鈴木をロープ際に追い込むが鈴木はダブルアームスープレックスで投げ捨てる
さらにスライディングキックで追い討ちをかけると、自身も場外に降りてエルボー
鈴木は関本をリングに連行、エルボーの連発を見舞ったかと思えばモンキーフリップで投げ捨てる
関本も何とかフロントスープレックスで投げつけると逆エビ固めに移行、リング中央で苦しめる

10分経過
鈴木は這ってロープに何とか辿り着く。起き上がった関本は逆水平、コーナー際に追いやりボディへパンチ。対角線に振って串刺しスピア
さらに鈴木を挑発するようなダブルアームスープレックスで投げると、アルゼンチンバックブリーカー
着地した鈴木がヘッドロック、しかし関本はアトミックドロップ
関本のラリアットをかわした鈴木が関本を投げたが、関本は再度のラリアットでダウンを奪う

15分経過
両者起き上がってエルボー合戦。互いに退かず鈴木は膝蹴り!
関本はエルボーを打ち込むが鈴木はエルボースマッシュ、関本は袈裟斬りからジャンピングハイキック
関本がバックに廻るも鈴木が廻り返しスープレックスを放つが関本は翻す
鈴木が関本を捕まえスタナー。ダブルアームスープレックスは関本が切り返し逆にフォール
起きた鈴木がエルボーからツームストンパイルドライバー。さらに膝立ちの関本にエルボーを叩き込む
ダブルアームを狙うが関本が延髄斬りで切り返す。だが鈴木がアームロックで固めていくも関本は固められながらボディスラム
気合いを入れた関本のラリアットは一発目はかわされ二発目は相討ち、間髪入れずに3発目を決めた関本だがカウント2

20分経過
ならばとボディスラムからダイビングボディプレスは鈴木が膝で迎撃
鈴木が虚をつく逆さ押さえ込みもカウント2。コブラツイストを決めた鈴木、嫌がる関本がエスケープするとドラゴンスープレックス、カウント2
鈴木はDDT→フロントネックロック。絞めあげるてフォールするも関本は肩をあげる
スタンディングでのエルボー合戦から関本がゼロ距離ラリアット、さらにライガーボム
返した鈴木に関本はエルボー連発。鈴木も打ち返すが両者力ない。それでも鈴木はスモールパッケージ
関本が返してもスリーパーで絞めあげ胴絞め式に移行。関本はロープエスケープ
関本は垂直落下式ブレーンバスターで叩きつけるが返した鈴木は外道クラッチ
エルボー合戦は鈴木が膝を組み込みながら放つが関本もラリアット
関本は鈴木のバックに廻るがジャーマンはロープに逃げられる
鈴木がエルボー連打、フライングメイヤーからエルボーをうちおろすがカウント2

残り1分
膝立ちでエルボー合戦から立ち上がってエルボー合戦

残り30秒
ダブルアームかと見せかけ丸め込む、返した関本は強引にジャーマンで投げたが鈴木の足がロープにかかっている
ここで時間切れのゴングが鳴った


△関本大介
(30分0秒 時間切れ引き分け)
△鈴木秀樹



関本『後楽園に、来てくれた皆さん、すいませんでした
勝てませんでした

鈴木秀樹、もう一回やりましょう。』



鈴木『本当に、またやってくれますか?もう一回?

じゃああの、よくある誰か(挑戦者)出る来るかと思ったけど誰も出て来ないんで
3月(月末)の後楽園、またやりましょう』



関本『皆さん今日はありがとうございました
3月の31日、また後楽園あります、皆さん来て下さい
今日は応援ありがとうございました』
★3月9日(木)大鷲透自主興行@東京・新宿FACE〜ルチャンコ・フィエスタ


【第1試合】
◎オープニングルチャンコフィエスタ!◎
ヤス・ウラノ
チェリー
VS
CHANGO
さくらえみ
▼さくらはロープワークで準備運動するが息が切れてしまう
先発はCHANGOとチェリー。クリーンな展開でパートナーにタッチ
さくらとヤス、さくらの攻撃が乗ってくるがCHANGOが邪魔する形に
さくらはCHANGOに文句を言いながらもヤスにロメロスペシャル、さらに抑えてるところにCHANGOがセントーン

ヤスもカウンターのアームドラッグ、チェリーはミサイルキックでリングインするとコルバタでCHANGOを排除
さくらには正面跳びドロップキックを決めてブロックバスターホールド
だが、さくらはこれを返すとタイガードライバーからの腕十字。
CHANGOが追撃してチェリーを捕獲すると、ヤスがボディプレスでカットを狙うがかわされ誤爆
さくらがヤスにダブルアーム式バックブリーカー、さくらはCHANGOをコーナーに上げて雪崩式フランケンをヤスの上に叩きつける
そしてCHANGOが抑える中、さくらが殴りかかるがCHANGOに誤爆。するとヤスが丸め込んで3カウント


○ヤス・ウラノ
(9分38秒 変形マヒストラル)
×CHANGO





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第2試合】
◎バラエティー百番勝負第4戦◎
TARU
VS
DJニラ
※特別レフェリー・パンチョ本多
▼レフェリーの『月に1回ぐらいはお母さんに連絡しろよ』の注意を受けた両者

★案の定、TARUの優勢に進むがレフェリーがニラを応援
TARUは場外にニラを連れて少しだけ暴れる
帰ってくるや水をレフェリーに、パウダーも噴射すると、ニラにミドルキックでダウン
レフェリーがカウントは目にパウダーが入り遅いカウント。しまいには靴ひもを直す
さらにチョークスラムを決めたTARUだがレフェリーは『フォール』と叫んで、ゆっくりとカウント
キレたTARUがイチャモンはニラが背後からスクールボーイ。レフェリーは高速カウント、文句を言うTARUに再びニラが丸め込み高速カウント
返したTARUに対して、ニラは『俺が昔、プロレス学校に行ってなければこんなことになってなかった。
実は神戸にある団体に履歴書を…送ったことが…』


『ない!』
とロケットパンチが炸裂する。
仁王立ちのTARUには急にニラが歌い出す。曲はウルティモドラゴンの入場曲であるセパラドス!
レフェリーやセコンドまで合唱して人間ピラミッドを作るとニラが上からロケットパンチ
かわされ自爆するとフォール負け


○TARU
(8分7秒 ロケットパンチ自爆を押さえる)
×DJニラ



TARU『大鷲の遊びも手を込んできたな
でも、これでしまいやぞ』





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第3試合】
◎ルチャドールVSルチャドーラVSルチャンコドール・スペシャル3WAYマッチ◎
ken45°
高梨将弘
VS
志田光
朱里
VS
星誕期
樋口和貞
▼相撲甚句でマワシ姿で入場してきたルチャンコドールはルチャドールと結託してルチャドーラを痛めつける
しかし朱里もコルバタで窮地を脱すると志田が竹刀!朱里も竹刀を樋口に殴打したが、続くハイキックは誤爆
すると樋口は志田をドロップキックで場外に排除すると、背後からきたkenと高梨にはクロスボディ
誕期との合体攻撃が誤爆すると、志田組が竹刀+ハイキック!
これをカットした高梨組、復活した誕期が体当たりをぶちかますが誤爆。高梨が誕期を丸め込んで3カウント



○高梨将弘
(9分10秒 横入り式エビ固め)
×星誕期
★3月9日(木)大鷲透自主興行@東京・新宿FACE〜ルチャンコ・フィエスタ

【第4試合】
◎ビバメヒコ!おかまつり2017◎
マスカラ・ゲイ・レーラJr
ゴールデン・パイン
おかまやし
おかまさむね
VS
高木三四郎
平田一喜
大石真翔
アブティコwithミキティコ

▼アブティコだけが単独入場。踊れなかった平田がTOKYO GOを踊り出し全員がカット
入り乱れる中、ゲイレーラがミキティコを捕まえロメロスペシャル
しかしアブティコがカット。アブティコはコーナーに上がるとダイビング式アームドラッグ
オカマ軍団は平田を捕まえ次から次へと掘りまくる。

5分経過
平田もカウンターでコルバタ、三四郎&アブティコが合体攻撃
しかし、おかまやしがカットに入り二人まとめて吹っ飛ばす。大石も軽々と投げる
そして平田に連続串刺し攻撃を決めたが、平田は手刀で反撃。次々と手刀で敵味方関係なくなぎ倒す
強敵だったおかまやしをも手刀で倒した平田。ミキティコが『味方でしょ?』と注意したが平田はミキティコをも手刀
踊ろうとした平田に背後からパインが急所攻撃→キス、平田も同時に手刀
相討ちで倒れたリング上、起き上がったミキティコがサングラスを見つけ装着。平田にも装着を促し二人でTOKYO GOをダンシング
気持ちいい踊りの終盤に、復活したパインが襲いかかったが平田が首固めで逆転勝ち



○平田一喜
(10分33秒 奇跡を呼ぶ一発逆転首固め)
×ゴールデン・パイン


★3月9日(木)大鷲透自主興行@東京・新宿FACE〜ルチャンコ・フィエスタ

【セミファイナル】
◎スペシャルタッグマッチ◎
ツトム・オースギ
ヘラクレス千賀
VS
佐々木大輔
佐藤悠己
▼序盤からスピード感溢れる攻防。S.O.Sが別々のロープ際から同時にプランチャ
リングに戻るとスーパークルーの二人が反則スレスレのダーティファイト

佐藤が千賀を対角線に振ったが千賀はダイビングボディアタックで切り抜ける
替わったオースギは上手く相手を分断すると、千賀を呼び込み同時にコーナートップからプランチャ
さらにオースギが佐々木をリングに戻してスワンダイブ式ボディプレスを決めたが佐々木がケブラドーラコンヒーロで逆転
佐々木はクロスフェイスも決めたがオースギは佐々木を押さえ丸め込む
千賀が佐々木をロープに振ったが佐々木は勢いを利用してトペ
替わった千賀は佐藤を攻撃、オースギとの連携が決まるが走ったところは足を引っ張られてしまう
佐藤がそのままオースギを攻撃してコーナーに上がったが千賀に追いつかれS.O.Sの合体ブレーンバスターを喰らってしまう
千賀は佐々木を分断、オースギが優勢になるが佐藤は棒を持って攻撃を狙う
レフェリーに気付かれるが佐々木が背後からアシスト。しかし佐藤の棒は佐々木に誤爆してしまう
すると、S.O.Sが佐藤に対してトラースキックから千賀がカンクーントルネードで3カウント


○ヘラクレス千賀
(11分49秒 カンクーントルネード)
×佐藤悠己
★3月9日(木)大鷲透自主興行@東京・新宿FACE〜ルチャンコ・フィエスタ


【メインイベント】
◎大鷲透日本逆上陸15周年記念試合◎
大鷲透
近藤修司
菅原拓也
VS
ウルティモ・ドラゴン
バラモンシュウ
バラモンケイ

▼バラモン兄弟に続いて“悪冠一色”のテーマ曲で菅原&近藤が入場、さらにウルティモ校長→大鷲の順

★先発で出ようとした大鷲が『校長、ルチャリブレやりましょうよ』と言うも、『お前、ルチャしょっぱかったよな?』と返されてしまう
さらにバラモン兄弟には『落第生』と言われてしまう。

結局は“優等生”の菅原が出たあと、やっと大鷲がリングイン。シュウとの攻防は上手く対応
さらにケイがお告げルを出し、近藤の手を借りて大鷲に塗りたくる
大鷲は『お前らやりたい放題やりやがって、9期生、9期生、7期生、8月期生といるけど、こんなかで一番偉いのは誰だと思ってる?』

バラモン『校長!』


5分経過
バラモンが『校長やってくれるんすか?さすが校長すね』と見事なスネ夫ぶりを発揮
場外戦を展開した後、大鷲をコーナーに設置すると股間にキャリーケースをセットしてボウリング攻撃
さらに近藤や菅原を大鷲に重ねてキャリーケースをセット、校長にボウリングを促した
『ボウリングなんて教えてねえよ』
『確かにやりました、メキシコ時代に』
と説得して校長がボウリング攻撃

10分経過
その後も校長をコントロールしながらバラモンが優勢。しかし大鷲が二人をコルバタで吹っ飛ばすと校長と一騎討ち
ウルティモがソバットからマヒストラルを狙うが、こらえた大鷲がマヒストラル!
バラモンがカットに入りケイにはパイロンで殴打される。続いて菅原が手助けに投げたキャリーケースも誤爆
校長の横十字は近藤がカットすると龍原砲も炸裂したがバラモンはパウダー!
バラモンは校長を促し連携を狙うが案の定、校長に誤爆。
しかし校長はケイを攻撃して大鷲のパワーボムで3カウント


○大鷲透
(17分10秒 パワーボム)
×バラモンケイ



(カラーボール投げのあと)

大鷲『2015年、格闘生活20周年興行。2016年デビュー15周年興行。2017年、逆上陸15周年興行を迎えることが出来ました』



菅原『去年ぐらいから気になるんだが、周年興行、毎年やってるだろ?詐欺じゃないのか?
だいたい最近、弛んでねえか。相撲やってたからか?』


誕期『いやいや、相撲時代はメチャクチャ真面目でしたよ
DDTのせいじゃないの?』


平田『たしかに控え室ではグータラして僕をパシりに使ってますが、元をたどればウルティモ校長のせいじゃないですか?』



校長『確かに俺も少しは原因あるかもしれない
けどな、俺と同じぐらい責任ある人がいると思う』


“校長は大鷲のお母さんを呼び込む
母親のスピーチの後に、大鷲は校長に対して『いま、こうやってルチャマスターとして存在できるのはアナタのお陰です』
と感謝”



校長『まぁ彼はルチャとしては不器用ですけどね
でもね彼は、実は自分がWARにいる頃に興行で(長野県)佐久で巡業ある時にお父さんにお世話になってたんですね
でもね、彼はコネを使わずにやってきた
そんな彼に感謝の言葉を言われて嬉しいですね』


大鷲『校長ありがとうございます
自分はですね、相撲から闘龍門に入ってDRAGON GATEに移って○×して、宿無しの私を13年間所属かのように使ってくれた高木社長!あなたにもお礼を言わなければいけません
高木さん、高木さん?』


(埼玉の営業に出た高木三四郎
それでも今月20日のDDTさいたまスーパーアリーナ大会を告知して“T2P”のテーマ曲が流れフィナーレ

ビジョンでは2018年の“大鷲透小学校卒業30周年興行・ルチャンコマニア”を告知)
★3月20日(月=祝)埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ〜Judgement2017〜DDT旗揚げ20周年記念大会〜



【第1アンダーマッチ】
◎DNA提供試合◎
レッカ
下村大樹
上野勇希
VS
島谷常寛
吉村直巳
鈴木大
▼鈴木と上野の先発に続き島谷と下村、さらにレッカと吉村がぶつかり合う
替わった鈴木は下村にネックブリーカードロップ。吉村が登場するや両腕を突きだし吹き飛ばす
コーナーに上がった島谷を吉村がデッドリードライブで投げ下村にぶつけていく

5分経過
上野が出てくるが吉村がタックル!串刺しスピアも見舞ったが上野がカウンターでフランケン→ドロップキック!
吉村は逆水平の連発でダメージを与えるとラリアットで上野を1回転させる
返された吉村は投げっ放しパワーボムで3カウント


○吉村直己
(8分6秒 投げ捨てパワーボム)
×上野勇希






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第2アンダーマッチ】
◎東京女子プロレス提供試合◎
優宇
ミル・クラウン
伊藤麻希
VS
才木玲佳
辰巳リカ
滝川あずさ
▼先発は優宇と滝川。優宇がグラウンドで上になる。替わったクラウンもスピードで翻弄
伊藤は同じアイドルの才木を指名したが才木は冷静にミドルキックでダウンを奪う

5分経過
優宇が滝川を捕まえオクラホマスタンピート!カットにきた才木がミドルキック!
さらにロープに振ってドロップキックでダウンを奪う
クラウンがミサイルキックで介入するが滝川がウェディング用ベールを被りコーナー
これをクラウンがかわし逆にミサイルキック!だが滝川が抵抗するとマスクが取れてしまう
それでも復活したクラウンがリングに戻り、リバーストーチャーラックボムから変形ラマヒストラルで3カウント


○ミル・クラウン
(10分23秒 ミルクラッチ)
×滝川あずさ





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【ダークマッチ】
◎アイアンマンヘビーメタル級&キング・オブ・ダーク両選手権時間差入場バトルロイヤル「祝・DDTプロレス旗揚げ20周年記念ドラマティック・ランボー」◎

こたつ<アイアンマン王者>
vs
伊橋剛太<KING・OF・DARK王者>
vs
<以下・挑戦者>
松永智充
vs
マッド・ポーリー
vs
ワンチューロ
vs
星誕期
vs
ゴージャス松野
vs
トランザム★ヒロシ
vs
大家健
vs
MIKAMI
vs
GENTARO
vs
橋本友彦
vs
美月凛音
vs
バンビ
vs
ヨシヒコ
vs
ポイズン澤田JULIE
▼最初のMIKAMIに続いてGENTAROが入場。スーサイドvs赤レンジャーズが攻防。
そこへ3番手の美月が入りミサイルキック!さらに四番手の大地、五番手の橋本友彦、六番手のバンビが入る
バンビの鞭にリング上がおののくと、七番手のポイズン澤田が入り呪文を唱える
これで動きを止めてる間にゴージャス松野、さらに後ろからDJニラが入るとゴージャスを傘で突きフォール
トランザム→松永→誕期が入場。さらにワンチューロも入りリング内は松永vs誕期vs松野
そこへヨシヒコが入場してくるとコルバタで二人を退場に追い込むと、続く伊橋が入る
伊橋がいきなりのムーンサルトを放ったがかわされてしまう。その隙にヒロシがライガーボムでヨシヒコを退場させた
続いてマッドポーリーが入場。ポーリーは伊橋をリバーススプラッシュで踏み潰しフォール、伊橋は負けた為に退場
チャンピオンのこたつが登場、ポーリーからフォールを奪うが、続く澤宗紀がリングイン
澤の伊良部パンチがワンチューロにヒット、ワンチューロがこたつに寄りかかるように倒れた為にこたつがフォール負け。ワンチューロが新アイアンマンチャンピオンに
さらに大家健が入場、ワンチューロ&澤がテーマ曲に乗って大家と共にロープ際でポーズを決める
しかし、その瞬間にワンチューロが二人を場外に落とし(Over The topRope)防衛


○ワンチューロ
(17分7秒 OTR)
×大家健
×澤宗紀



ワンチューロが退場したが、突如ヨシヒコが飛び付いてフランケンシュタイナーで3カウント、新チャンピオン


◎アイアンマンヘビー選手権試合◎
○ヨシヒコ
(13時43分 フランケンシュタイナー)
×ワンチューロ
★3月20日(月=祝)埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ〜Judgement2017〜DDT旗揚げ20周年記念大会〜



対戦カード前フリでは三四郎がスーパーアリーナの屋上から中継、“裸一貫”で旗揚げした20年前を思い起こしフンドシでの挨拶、メインの竹下&HARASHIMAもステージに現れフンドシ姿





【第1試合】
◎KO-D6人タッグ選手権3WAYマッチ◎
樋口和貞
岩崎孝樹
渡瀬瑞基
VS
高尾蒼馬
彰人
ヤス・ウラノ
VS
大石真翔
勝俣瞬馬
MAO
▼先ずはNωAが3人同時のトペコン、だが樋口が下で大石をキャッチしてリング内に投げ捨てる
スマスカも介入してカーフブランディング、彰人は樋口にトライアングルスコーピオン
さらにヤスが岩崎にDDTを決めるとスマスカは3人同時のブレーンバスター、高尾&彰人が同時に膝蹴りも見舞うがMAOがカット
ヤスに対してトラースキックを決めると、勝俣がファイヤーバード。これはかわしたヤスだったがMAOも続いてファイヤーバードを炸裂させ3カウント



○MAO
(8分12秒 ファイヤーバードスプラッシュ)
×ヤス・ウラノ





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第2試合】
◎スペシャル8人タッグマッチ◎大鷲透
平田一喜
アントーニオ本多
レディビアード
VS
ジャガー横田
石井慧介
高梨将弘
ゆに
▼最後に入場した平田が踊ろうとするも躊躇することなく戦い出す
入り乱れジャガーに攻撃されたアントンは、ダメージが深く二つに割れたお尻を気遣いギブアップを宣言
敗北前にゴンギツネを語り出すが、“♪つかっもうぜ、いなり寿司♪、世界で一番アゲが入ったお寿司ぃ♪”と歌いドラゴンレーダーで探しだした“7つ揃うと願い事が叶うという五つの玉”
下ネタを予感されたところで乱戦へ。平田が手刀の連発でなぎ倒し満を持して踊ろうとしたが、ゆにが起き上がる
平田は手刀で仕留めにかかったがゆにがウラカンラナで3カウント


○ゆに
(10分8秒 ウラカンラナ)
×平田一喜



映し出されたビジョン。こたつが倒れヨシヒコの上に被さる
松井レフェリーが発見して3カウント。
さらにやって来たジョーイライアン。股間の力でこたつを持ち上げるや押さえ込み3カウント



○こたつ
(14時41分 押さえ込む)
×ヨシヒコ


○ジョーイライアン
(14時42分 押さえ込む)
×こたつ





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第3試合】
◎入江茂弘凱旋スペシャルシングルマッチ◎
入江茂弘
VS
マイク・ベイリー
▼ベイリーが得意の蹴りの連射を見せれば、入江もブラックホールスラムやテディベアで応戦
ベイリーのその場飛びムーンサルトダブルニーからのバズソーは返した入江も
入江が起き上がり強烈なエルボー。さらに強引にベイリーを場外に落として見せた
しかし場外に戦場を移すとベイリーがステージ上からダイビングダブルニーアタック
リングに戻ると入江がDDTからコブラクラッチ。悶えるベイリーを絞めたまま起こした入江が変形キャメルクラッチで絞めあげギブアップ勝ち


○入江茂弘
(8分44秒 変形キャメルクラッチ)
×マイク・ベイリー





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◎DDTニュース◎
DDTニュースなるかつて日テレで放送していたプロレスニュースに似た内容のニュース

新しく提携された会社により大型バス×2台が寄贈された
★3月20日(月=祝)埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ〜Judgement2017〜DDT旗揚げ20周年記念大会〜



【第5試合】
◎大山峻護プロレスチャレンジマッチ◎
高山善廣
ディック東郷
VS
KUDO
大山峻護
▼大山と東郷による静かなマッチアップ。総合出身の大山のグラウンドに東郷はレスリングマスターたる所以の動きで対応
高山対KUDOを挟み東郷相手にKUDOがミドルキック!
替わった大山も追撃したが高山がハンマーパンチでカット。東郷との合体攻撃も

大山もカウンターのロックボトムで切り抜ければ、替わったKUDOが東郷に8×4からダイビングダブルニーアタック
中央で打撃戦を繰り広げた東郷は横十字〜クロスフェイスに流れるような移行

カットした大山が大外刈りからスリーパー。これを高山がカット、マットに叩きつける
大山も反撃すれば東郷もカット、東郷は高山とのダブルインパクトも決めたが大山が起き上がり高山との殴りあい
制した高山がエベレストジャーマンで3カウント



○高山善廣
(13分15秒 エベレストジャーマンスープレックス)
×大山峻護




※8月20日の両国駅大会に丸藤正道参戦が発表






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【第6試合】
◎「DDTがDDTであるために」20年のエンタメ集大成!ワールドワイド世界一ヤバいヤツ決定戦◎
男色ディーノ
VS
ジョーイ・ライアン

▼試合前にドナルドトランプによるパワポ
自身が次期DDTオーナーであることを宣言すると、DDTで一番強いのは誰かを説明
高木三四郎でもHARASHIMAでもなく松井レフェリーであると。
松井氏は下ネタが嫌いで、下ネタをすると解雇されると説明
しかし、今から登場する二人のレスラーは下ネタを売りにしているので……



★200レベルから登場したディーノは子供を中心に襲っていた。
一方のライアンは先ほど戴冠したアイアンマン王座を持ってきて『オレはベルトを賭ける、お前も大事なモノを賭けろ』
ライアンが事前に仕込んでいたのはディーノの親友である山里亮太のア●ル。爆弾が仕掛けられ20分間しか時間がないらしい


ライアンはさっそくスイッチを押してしまう。
爆弾カウントダウンが始まり焦るディーノだが、試合前に互いの国家斉唱が始まる


★ライアンがディーノの手を取り自身の股間に当てつける
ディーノがライアンにファイト一発!ライアンは『イッツ、スモール。ベリースモール』と余裕の構え
逆にファイト一発でディーノにダメージを与えたライアン。
ディーノは起死回生のナイトメアを狙うが、松井レフェリーのチェックを恐れたトランプが控え室を映し出させたが松井はセーフ
ライアンが花道を走って股間で攻撃。股間でのドラゴンスクリュー
カットにきたワンチューロ、レッカ、誕期にもまとめて股間スクリュー
復活したディーノはライアンの股間スクリューを『大和魂』で耐えたディーノ
大石、ワンチューロ、誕期、レッカを4つのコーナーにセットさせケツを出させる
松井チェックはセーフ。ディーノはライアンにリップロック、普段の光景だったが松井は怒りだす
控え室まで止めに向かうトランプ。
松井が控え室を飛び出しリングへ向かう。若手レスラーと握手、チェリーの着替えを見てしまい嗚咽。
何とか間に合ったトランプと壮絶な殴りあいの末に松井&トランプはキス

リングではキスでライアンを倒したディーノがライアンの手を4つのお尻に突っ込ませ最後は男色ドライバーで3カウント


○男色ディーノ
(12分5秒 男色ドライバー)
×ジョーイ・ライアン



試合を終え仲良くなった両者は肩を組んで退場。無情にも山里の爆弾は時間を過ぎ爆破されたのだった
★3月20日(月=祝)埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ〜Judgement2017

【第7試合】
◎ウチコミ!presents KO-Dタッグ選手権試合◎
<王者組>
船木誠勝
坂口征夫
VS
石川修司
遠藤哲哉
<挑戦者組>
▼ダムネーションの奇襲でゴング。坂口を捕まえ主導権を握る
石川のエルボー、遠藤のボディスラムからキャメルクラッチ
起き上がった坂口もミドルキックで倒してみせたが遠藤はカニ挟みからセントーン。石川とのダブルタックルで船木を分断してから坂口にギロチンドロップ

5分経過
坂口もローキックやミドルキックで切り抜け、替わった船木は巨体の石川をミドルキックでグラつかせてみせた
しかし遠藤もドロップキックで場外に相手を追いやると、ブエロデアギラ
リングに戻ると遠藤のエルボーと船木の掌打の打ち合い、船木は咄嗟に浴びせ蹴りを喰らわせる
カットにきた石川は坂口にタックル!コーナーに振ろうとしたが坂口が飛びついてスリーパー。船木も遠藤を分断させる
坂口が石川を胴締めスリーパーで捕らえてるとこに、遠藤がスワンダイブ式450゜でカット、場外に出た坂口にはケブラータ
リングに戻された坂口に石川がニーリフト、坂口も飛び膝蹴りを見舞うが石川は頭突きで応戦
しかしコーナーに上がった坂口が後頭部への神の右ヒザで一気に勝利をかっさらった


○坂口征夫
(12分16秒 後頭部への神の右ヒザ)
×石川修司



(表彰式をディーノ&高山が襲い挑戦表明)


ディーノ『船木ちゃん、アンタの長いキャリアの中で、色んな相手いたわよね?
でも生憎、このハイブリッドボディには出会ったことはないわよね?
GM、次の相手、決まってるの??
じゃあ決まりね』



征夫『おい、舐めてんじゃねえぞ
アンタ(高山)もいつから落ちぶれたんだよ』


ディーノ『征夫ちゃん、勘違いしないで
アタシはね、正々堂々正面から舐めるわよ
アンタの言葉借りるけどね、ヤってやるわ』


高山『征夫、差別は良くないぞ
俺たちが次の後楽園でそのベルト、取りにいくぞ
いくぞ、ノーフィアー』



坂口『何がノーフィアーだ。いい年こいて
船木さん、殺ってやりましょう』


船木『ちょっと待て、正直苦手なタイプだよ
でも、皆さんの前で言ってしまったんでやりましょう』






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第8試合】
◎信長の野望〜戦国武将マッチ◎
高木三四郎<豊臣秀吉>
武藤敬司<武田信玄>
木高イサミ<真田幸村>
VS
飯伏幸太<織田信長>
秋山準<上杉謙信>
関本大介<柴田勝家>
▼リング上には椅子で築城。
先発は三四郎と関本。体当たり合戦から三四郎がボディスラムも椅子城は崩れない。だが走った三四郎をかわした関本、椅子へぶつけて落城させた
武藤と飯伏のマッチアップ、ローキック連打で倒してその場飛びムーンサルト。武藤も蹴り足を掴んでドラゴンスクリュー
飯伏が蹴りで応戦したがイサミがスワンダイブ式エルボーでカットに入る
だが飯伏もイサミを場外に追いやりバミューダトライアングルを披露

リングに戻されてもイサミの防戦が続いたが、イサミが勇脚で切り抜け武藤にタッチ
武藤は秋山に対しドラゴンスクリューから足四の字。シャイニングウィザードも決めた
ドラゴンリングインで入った三四郎だが関本が捕まえアトミックドロップ。さらに逆エビ固め
イサミのカットにも関本は動じない。
三四郎が飯伏をブレーンバスターで投げると、武藤のシャイニングとイサミのレッグラリアットがサンドイッチで炸裂
さらに三四郎がSHBを狙うが飯伏が着地、逆にジャーマンを狙うが三四郎は動じない。ならばと関本も入り眉山!
武藤と秋山は川中島以来の対峙、秋山がエクスプロイダー
飯伏と三四郎が対峙、ハイキックでダウンを奪うとシットダウン式ラストライド。さらにフェニックススプラッシュで3カウント



○飯伏幸太<>
(14分57秒 フェニックススプラッシュ)
×高木三四郎<>



三四郎『昔、ここで戦国武将マッチやってて


こんだけ集まった皆さんに見送って貰いたいと思います
今日をもって引退します!

もう思い残すことはありません。DDTはオレが居なくても大丈夫だろ!
思い残すこと………
あるとすれば、5年前に日本武道館であることを誓いました
ある場所で、ある選手と戦う約束をしました。
でも、ある場所から連絡が来ないんです…
新藤、躊躇うな!ゴング鳴らせ』

(10カウントゴングが鳴らされ8つまで鳴った時に亜門がストップ)


亜門『ちょっと待ってください
ある場所から連絡きたんですよ、たった今』


三四郎『どこだ?ある場所て』



亜門『だから、あそこですよ(とビジョンを指す)』



“路上プロレスin東京ドーム開催決定”
の文字が映し出され
三四郎の引退は撤回されたのであった
★3月20日(月=祝)埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ〜Judgement2017〜DDT旗揚げ20周年記念大会〜

【セミファイナル】
◎セキチューpresents DDT EXTREME級選手権ハードコアマッチ◎
<王者>
葛西純
VS
佐々木大輔
<挑戦者>
※テーブルやイスといった使用するアイテムはセキチューから提供
▼いきなりの椅子チャンバラ。場外に逃げた葛西目掛けて佐々木がトペを見舞うが葛西はラダーで受け止め佐々木にダメージ
さらに机の上に佐々木を寝かせた葛西はコーナーからダイビングボディプレスon the長テーブル
続いてポリバケツ等を持ち込んだ葛西、佐々木をエルボーで倒して巨大熊手で引っかく

5分経過
佐々木も葛西にボディスラムon the爪を向いた熊手。さらにフライングフォアアーム!スライディングキックwith椅子
ポリバケツ殴打から葛西の頭にそれを被せ椅子をフルスイング!続いてコーナーtoコーナーwithポリバケツ
一方の葛西もデスバレーon theポリバケツに続きダイビングボディプレスon theラダー
返されるや、ラダーを設置した葛西は佐々木を寝かせコーナーにあがる
これを追いついた佐々木が雪崩式ブレーンバスターも葛西は起き上がってバックドロップ!
佐々木はトラースキックを決めたが葛西は即座にバックドロップでやり返す
それでも葛西を場外に追いやった佐々木は場外に工事中看板をセット、エプロンから河津落としで道連れ落下
起きた佐々木がラダーをリング内に持ち込み、もう1つのラダーを自身の首にかけ回転するも、葛西が隙をつきバックドロップ
さらにラリアットを決めた葛西だがカウント2
ならばとパールハーバーはかわされ自爆。佐々木は葛西の上にラダーを寝かせたうえで自身は別の立て掛けられたラダーに上がる
しかし葛西が追いつくも佐々木は強引に落とすとダイビングエルボーon the看板。
返す葛西を長机に寝かせ、ラダーからダイビングエルボーon the机で3カウント


○佐々木大輔
(19分8秒 ラダーからのダイビングエルボーon the机)
×葛西純


佐々木『エクストリーム、取ったぞぉ
でもこんなベルト今は要らない
葛西、葛西純よぉ。葛西さんよぉ、アンタ、生放送では言えない。最高に狂ってたぜ

(葛西コールを促すが自ら遮断)


うるせぇ!
エクストリームのベルトはここにあるんだ。ダムネーションの反撃のきっかけだ
俺たちがダムネーション、群れない、媚びない、結婚しない
以上だ』
★3月20日(月=祝)埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ〜Judgement2017


【メインイベント】
◎グッドコムアセットpresents KO-D無差別級選手権試合◎
<王者>
HARASHIMA
VS
竹下幸之介
<挑戦者>
※勝者には賞金200万円が贈呈される
▼ゆっくりとしたグラウンドの攻防。互いに読みあいエプロンへ
竹下がエプロンでのDDTで先手を取る。さらに場外でのブレーンバスター
リングに戻ってもSTFで絞りあげるが、HARASHIMAも花道での攻撃でペースを握り、ヒールホールド気味に絞っていく
竹下が蹴ろうとしても膝十字やアキレス腱固めで苦しめていくHARASHIMA
竹下は何とかエスケープして難を逃れた。
HARASHIMAが走ってくるとカウンターのキチンシンクを決めた竹下、トラースキックもぶち込み追撃すると裏投げも敢行


15分経過
これで場外にエスケープしたHARASHIMA目掛けて竹下はノータッチプランチャ
先にリングに戻ったHARASHIMAは竹下がエプロンに上がるとエルボー合戦、水面蹴りを決めたHARASHIMAは場外の竹下にプランチャ
リングに竹下を戻して雪崩式ブレーンバスターを決める。さらにミドルキック連発して、竹下の蹴り足を掴み膝十字
エスケープした竹下にはファルコンアローを決めたが、山折り狙いは竹下が着地

20分経過
竹下のブルーサンダーはHARASHIMAが着地、しかし竹下はパントキックから再度のブルーサンダーで叩きつけた
ジャーマン狙いを回避したHARASHIMAはカウンターの延髄斬り、さらにフランケン狙いを回転エビに切り返したHARASHIMAが後頭部への蒼魔刀!だが竹下もラリアット
ダブルダウンから起きた竹下がブルーサンダー。カウント2
ならばとラリアットもカウント2で返されると、膝立ちのHARASHIMAに逆水平を連発
竹下のジャーマン狙いを堪えたHARASHIMAがハイキック→リバースフランケン
しかし蒼魔刀狙いは読んだ竹下が追走式バイシクルキック、コーナーにHARASHIMAをあげる
しかし一旦着地して体勢を変えたHARASHIMAが雪崩式リバースフランケン→蒼魔刀。カウント2

25分経過
スワンダイブ式蒼魔刀狙いを竹下が起きてキャッチにいくと、そのまま強引にジャーマン
返されてもう一発狙いをHARASHIMAが着地して顔面蹴り2連発
変形直下式パワーボムで叩きつけたHARASHIMAが改めてスワンダイブ式蒼魔刀!だが竹下が膝を立てガード
HARASHIMAはミドルキックを3連発、しかし4発目をキャッチした竹下が山折り
掟やぶりの蒼魔刀をHARASHIMAはドロップキックで迎撃。倒れた竹下の顔面を踏みつける
竹下のエルボーにHARASHIMAも応戦、続いて張り手合戦になるとHARASHIMAがワンツー張り手。竹下はバイオニックエルボー
リバースインプラント→ジャーマンを決めたが、HARASHIMAが粘る。ならばとクロスアーム式ジャーマンで3カウント


○竹下幸之介
(31分28秒 クロスアーム式ジャーマンスープレックス・ホールド)
×HARASHIMA



竹下『戦っていただいたHARASHIMA選手、ありがとーございました
DDT、20周年。
僕はDDTが大好きです。
DDTを見てプロレスラーになりたいと思い、20周年のリングに立てました
DDTの選手、スタッフ、プロレスを愛してます。命懸けで愛してます
僕はデビューした時からザ・フューチャー、DDTの未来、プロレス界の未来て言っていただきました
でも僕はそんなんじゃなくて、21年目からはDDTみんなで未来を見せていきたいと思います


今日はホントにありがとーございました
今、全て、出しきりました
これ以上、何も言うことはありません。試合で全部伝えたつもりです』



(佐々木大輔&遠藤哲哉がリングへ)


佐々木『おい竹下、今日はお前が勝つと思ってたよ
お前こそDDTの未来、いや、プロレス界の未来

なんて言うと思ったか!?
お客さんや神様が許してもこのオレが許さん
次の挑戦者は哲哉だ』


遠藤『竹下、いや、竹ちゃん。感動のマイクのとこ申し訳ないね
竹ちゃんさ、未来て何?
俺には正直分かんないんだよね。
竹ちゃん、俺のこと目障りだと思ってるだろ?
俺も竹ちゃんのこと目障りだと思ってんだよね
だからさ、潰しあいしようよ』


(竹下は『お客さんが決めて下さい』と委ね満場一致で賛成
次回後楽園大会で決定)


竹下『さっそく決まったんで明日からもゴールドジムでトレーニング頑張りたいと思います
DDT20周年、さいたまスーパーアリーナ、本当にありがとうございました』



(出場したほぼ全選手がリングイン)


三四郎『皆さん今日はありがとうございました
DDTの未来だけではなく、プロレス界の未来も見せていきたいと思います
竹下、この場を締めてくれ』



竹下『DDT、21年目以降も宜しくお願いします
よ〜はい(一本締め)』

ログインすると、残り362件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

DRAGON GATEドラゴンゲート速報 更新情報

DRAGON GATEドラゴンゲート速報のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

フリマ情報

チケット

GATE(ゲート)のチケット

チケット出品&リクエスト受付中

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済