ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > ピアニスト 辻井伸行 > トピック一覧 > 最新テレビ等出演情報

ピアニスト 辻井伸行コミュの最新テレビ等出演情報

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

題名のない音楽会

4人のスターピアニストを知る休日
テレ朝:2017年8月20日(日) 9〜9:30
BS朝日:2017年8月27日(日)23〜23:30

コメント(131)

ららら♪クラシック

NHK Eテレ
11月18日日曜日
21時
年末年始TV出演

▼12月24日月曜日
15:55〜16:53
TBS
【番組内容】
「1万人の第九」は今年で30回目を迎えます。会場となった大阪城ホールには初参加のピアニスト・辻井伸行さん、二度目の参加・森山良子さん、そして去年に引き続き、今年も「サントリー1万人の第九with東北」として平原綾香さんがゲスト出演。大阪と中継で繋ぎ、東北合唱団が1万人の第九合唱団とともに第九を歌います。シークレットゲストには槇原敬之さんが登場。30年目の1万人の歌声、熱気を余すところなく伝えます。

▼12月28日金曜日
18:00〜19:55
BSフジ(再放送)
辻井伸行 x トルコ行進曲 〜トルコ・アンタルヤに奇跡の音色が響く〜
天才ピアニスト、辻井伸行がトルコ・イスタンブールで「トルコ行進曲」を披露! オスマン帝国ゆかりの地で、名曲誕生の背景にも迫る。

▼12月29日土曜日
19:00〜20:54
BS朝日(再放送)
出張!小倉・住吉のおスミつきSP
過去の豪華ゲストのパフォーマンスを交えながら今年1年を振り返る特別編!

▼12月31日月曜日
19:15〜23:45
第63回NHK紅白歌合戦(復興支援ソング「花は咲く」)

▼12月31日月曜日
21:00〜22:54
BS朝日(再放送)
奇跡のピアニスト 辻井伸行 夢のカーネギー・デビューまで


▼1月1日火曜日
21〜22:54
BS朝日
奇跡のピアニスト辻井伸行〜魂の旋律〜指揮者佐渡裕との10年
【番組内容】
辻井氏と佐渡裕との出会いは彼が14歳の時、佐渡裕が毎年行っている「佐渡裕ヤング・ピープルズ・コンサート」でガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」を演奏。 当時のリハーサル風景や本番の秘蔵映像を含めて紹介。その後、ふたりは共演を重ね、2008年共同でCDを出す。
佐渡裕は辻井伸行を幼き頃より最も理解している音楽家の1人だ。
本番組では、「富士山河口湖音楽祭」で3000人を収容する河口湖ステラシアターでの辻井氏の演奏を始めとして、佐渡氏との音楽家同士としての深く長い関 わり、また、近年彼が精力的に取り組んでいる作曲活動、また12月に行われた「1万人の第九」でのゲスト演奏など、演奏や作曲活動を通じて、プロデビュー から5年、あくなき挑戦を続ける辻井伸行の“今”を描く。

▼1月13日(日)
13時〜14時55分
BSフジ(再放送)
辻井伸行xチャイコフスキー
〜白夜音楽祭&サンクトペテルブルク紀行〜
『SONGS』
EXILE ATSUSHI & 辻井伸行「それでも、生きてゆく」

NHK総合テレビ
3月9日(土)23時〜
3月15日(金)午前1:25〜1:54
※14日(木)深夜
※普段の再放送時間より10分遅れ

http://exile.jp/news/20130307.html
http://www.nhk.or.jp/songs/index.html
「旅のチカラ」
NHK BSプレミアム
8月28日水曜 午後9時〜10時
9月 5日木曜 午前8時〜9時(再)

世界を舞台に華々しい演奏活動を続けるピアニスト・辻井伸行(24)。辻井は全盲だが子供の頃から美しい自然に出会うと泉のように曲が湧いてきた。なかでも“水”は、辻井にとって特別なモチーフ。自分にしか出せない水の音楽を作曲したいと、敬愛するラベルやドビュッシーの水の名曲が生まれたフランス、セーヌ川へ向かう。源流の泉から荒々しい海へと下るなかで、さまざまな水の表情を感じ取り、その場で水の即興曲を演奏する。
辻井伸行x東南アジア紀行
BSフジ
10月5日(土)
20:00〜21:55

番組内容
辻井伸行が、強い思いを抱く曲とともに異国を訪ね、音楽を通じて人々との交流を深めるBSフジオリジナル企画第3弾。  トルコ・アンタルヤ音楽祭での「トルコ行進曲」(モーツァルト)、ロシアの巨匠ワレリー・ゲルギエフとの「ピアノ協奏曲第1番」(チャイコフスキー)に続き、今回は東南アジアツアーを行った辻井に密着する。  台湾では、占いに初挑戦。一番気になるのは「恋愛のこと」と、25歳の若者の素顔も垣間見せる。「好きな人はいるけど…」とはにかむ辻井に、占いはどう出る!? シンガポールではエレファントライドのほか、水と炎のショーを満喫。「色々な映像が見えてきた」と顔をほころばせた。  辻井がベトナムでどうしても会いたかった相手は、ベトナムを代表するオーケストラ、ベトナム国立交響楽団の音楽監督を務める本名徹次。辻井が10歳でオーケストラ・デビューした時の指揮者であり、「初共演が先生とで本当に良かった」と強く感じられた恩師でもある。  2001年から、この地にクラシック音楽を広めようと心血を注いでいる本名。クラシックが根付いていないベトナムだからこそ描ける、音楽を継承することの情熱。ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番で、本名と15年ぶりの共演をはたした辻井は、本名とその音楽に何を感じるのか。また、ベトナムで最も歴史のある音楽専門学校、ベトナム国家音楽学院では、ベトナムならではのさまざまな民族音楽にも触れる。震災をきっかけに自身が作曲した「それでも、生きてゆく」を披露する辻井に、そっと音楽で寄り添っていくベトナム民族楽器。その合奏に、生徒たちだけでなく辻井の目にも涙が…。番組では、オペラハウス、交響楽団の稽古場、音楽学院の教室と、行く先々で人々と触れ合う度に奏でられる音楽もたっぷりとお届けする。
音楽の神様に導かれて(仮)
BS朝日
2014年01月01日 (水)
21:00 〜 22:54

ピアニストとして大きく成長した辻井伸行の2013年を振り返るドキュメンタリー。

4月、新しくなった大阪・フェスティバルホールで、佐渡裕指揮、BBCフィル演奏、辻井伸行ピアノ演奏というメンバーにより、こけら落とし公演が開かれた。曲目は、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番。この曲は中学生時代に読売日本交響楽団と演奏して以来、12年ぶりの演奏だった。

9月、フェスティバルで巨匠・アシュケナージと共演する。その際は、グリーグの代表作、ピアノ協奏曲イ短調作品16を日本で初めて披露。ピアニストでもある指揮者のアシュケナージは辻井の演奏を絶賛した。

そして11月、クラシックのお膝元、ベルリン・フィルハーモニーホールで初のリサイタルを開催。耳の肥えた聴衆に新曲を披露した。10曲中6曲が新作という驚くべきものだった。
 
大曲であるピアノコンチェルトやショパン、リストの新曲をマスターし、ついにピアノコンチェルトは10曲、ピアノ曲は100曲を超える。辻井が目覚ましい成長を遂げる中、辻井を「奇跡のピアニスト」と呼んだ伝説のピアニスト、バン・クライバーンが78歳で2月に逝去する。

バン・クライバーンは、冷戦時代に開かれた第1回チャイコフスキー国際コンクールで優勝し、その功績をたたえて、バン・クライバーン国際ピアノコンクールが設立された。そのコンクールで日本人初のゴールドメダリストに輝いたのが辻井だった。

2011年、バン・クライバーンは、ニューヨークで行われたカネーギーのリサイタルに、ダラスから駆けつけて辻井の演奏を聴く。演奏後、我々の単独インタビューで、「音楽の神様が彼を導き、彼に降臨した」と表現している。

新しくなったフェステバルホールのミュージアムには、バン・クライバーンが演奏したピアノが保存・展示してある。辻井は、そのピアノに触れ、周囲にはばかることなくショパンのノクターン第8番を弾いた。

辻井はヨーロッパツアー中だったことで、バン・クライバーンの葬儀に参列することは叶わなかった。しかし、亡くなる2カ月前、ダラスの演奏会終了後、車椅子で楽屋に訪ねて来たバン・クライバーンは辻井に、「クラシックファンだけでなく、そうでない人々もノブの演奏を聴いてクラシックのファンになるよう、これからも精進しなさい」という最期の言葉を残す。

ベルリン・フィルホールでの演奏は、辻井にとって試金石となる。ここでどう評価されるかで、今後のヨーロッパ演奏ツアーへの影響が生じる。だが、辻井はこれまで何度も演奏してきた“おはこ”とする曲を並べず、あえて、今まで演奏したことのない曲を選ぶ。

辻井はベルリンに着くなり、ホテルにも向かわずに 「ベルリンで挑戦したい!」と、練習場に足を運ぶ。そしてリサイタルの当日も、開場ギリギリの時間までピアノを弾き続ける。満身創痍で挑んだベルリン・フィルハーモニーホールでのリサイタル。聴衆は固唾をのんで、辻井の演奏に耳を傾ける。
 
演奏は、佐渡やアシュケナージとのピアノコンチェルト、そして、ベルリンでのピアノソロを紹介する。
2013年
BS朝日
12月31日(火)19:00
「奇跡のピアニスト辻井伸行〜魂の旋律〜指揮者佐渡裕との10年」再放送

2014年
BS朝日
1月1日(水)21:00〜22:54
「奇跡のピアニスト辻井伸行 音楽の神様に導かれて」

BSフジ
1月4日(土)19:00〜20:55
「辻井伸行×東南アジア紀行」〜心を繋ぐメロディー〜 再放送
3月14日21時
金曜ロードSHOW
4ch日本テレビ(地上デジタル放送)
神様のカルテ1

辻井君がテーマ曲を作曲してます。3/21には、神様のカルテ2がロードショー。作者が作詞、歌がサラ・ブライトマンだそうです。

http://www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20140314/index.html
NHK総合テレビ
7月5日(土)16:00〜16:59
「オリンピックコンサート 2014」

【番組内容】
感動的なオリンピック映像と壮大なオーケストラとの共演の模様をダイジェストでお届けする。平野歩夢、渡部暁斗らソチで行われた冬季オリンピック・パラリンピックのメダリストが会場に集結。またミュージカル界のスター、井上芳雄、浦井健治、山崎育三郎によるユニットStarS、クラシック界のスター辻井伸行とオーケストラの競演も聴きどころ。司会は藤本隆宏。演奏は下野竜也指揮、東京交響楽団。

【プログラム】
■ポール・デュカス:舞踏劇「ラ・ペリ」から ファンファーレ
■グリーグ:組曲「ホルベアの時代から」前奏曲
■チャイコフスキー:バレエ組曲「くるみ割り人形」から花のワルツ
■渡辺俊幸:NHK連続テレビ小説「おひさま」メインテーマ
■ラフマニノフ:「ピアノ協奏曲 第2番」から 第3楽章 (ソリスト:辻井伸行)
■吉俣良:NHK大河ドラマ「篤姫」メインテーマ
■ヨハン・セバスティアン・バッハ:「管弦楽組曲第3番」からG線上のアリア
■ワーグナー:歌劇「ローエングリン」から 第3幕への前奏曲
■スピロ・サマラ:オリンピック讃歌
■StarSスペシャル・ステージ
2014年11月15日(土)
19:00〜20:55
BSフジ

辻井伸行×加古隆×レ・フレール THE PIANIST〜作曲家たちの心音〜

【番組内容】
今、最も聴きたい人気ピアニストたちの心揺さぶる演奏!そして、貴重な音楽対談は必見!

 2014年9月、東京・サントリーホールで開催された『"THE PIANIST"コンポーザーピアニストフェスティバル★2014』の模様を収録。このコンサートは、ジャンルもスタイルも、使うピアノも異なる3組4人のピアニスト=作曲家が順番に出演して、オリジナル曲を演奏するステージ。三者三様の個性を持った音楽を聴けるため、音楽ファンには至福の時間を過ごせる大人気のコンサートである。 今年は、全国9公演が即日完売した。  この"THE PIANIST"の感動と興奮のステージに加え、番組では、それぞれの演奏の間に「4人の演奏家による対談」を挿入する。普段、それぞれ独自の演奏で活躍しているために、一緒にステージに乗ることもなければ、ともにツアーすることもなかったピアニストたち。彼らが全国を共にツアーした中で感じていたこととは?  最終公演の行われた東京で彼らは何を語り合ったのか!? そして、サントリーホールが総立ちとなった驚愕のアンコールとは!? 最初から最後まで目が耳が離せない2時間をお届けする。 
BSフジ
12月26日(金)
19:00〜21:55
「辻井伸行×スイス紀行」〜ラフマニノフが愛した国を訪ねて〜 <3時間Ver.>

ワーグナー、ラフマニノフのピアノで彼らの曲を弾き、偉大な作曲家に向き合う辻井伸行。
この地で感じたものを音に変え、辻井はバーゼル交響楽団とラフマニノフを熱演!
(2014年放送、3時間版は初放送)
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

・2015年1月1日(木)
21:00〜22:54
BS朝日
奇跡のピアニスト 辻井伸行 ビートルズの街で弾く至高の旋律

・2015年1月2日(金)
23:00〜23:30
日本テレビ
アナザースカイ

・2015年1月7日(水)
22:45〜23:00
WOWOWシネマ(BS)
徹底解剖!映画「マエストロ!」これまでにない「音楽映画」誕生!篇


今日の読売新聞朝刊(別紙・別冊の方?)に辻井くんが載っていまーす(^_^)
徹子の部屋
2015年1月16日(金)
12:00〜12:30

〜世界で大人気のピアニスト!父との愛と葛藤…26歳(秘)演奏も〜

◇番組内容
思春期の頃は父から「ピアノ以外もちゃんと勉強を」と言われることが疎ましく、ぶつかることも度々だったが、26歳になった今は父の言葉がよく解るようになり、時々は一緒に呑んで話すこともあるという。今日は父から息子への愛があふれるメッセージが届く。 ピアノが大好きで、皆を喜ばす事が大好きな辻井さん。スタジオではラフマニノフの美しい曲を生演奏♪ほか、世界各地に行っている暮らしならではの趣味も披露する。

☆番組HP http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/
辻井伸行&フレンズ
NAGASAKI浦上天主堂コンサート2015

9月7日(月)
19:00 〜 20:00
NBC長崎放送

【第1部】
辻井伸行/ 祈り 〜8月9日、長崎〜
ショパン/ ノクターン第20番「遺作」
ラフマニノフ/ パガニーニの主題による狂詩曲 第18変奏
辻井伸行/ 今日の風なに色?
辻井伸行/ 川のささやき
朗読/ 谷川俊太郎「くり返す」
朗読+ピアノ即興/ 「原子雲の下に生きて」より
[ピアノ:辻井伸行 朗読:塚田恵子]

【第2部】
リスト/ 愛の夢 第3番
リスト/ ラ・カンパネラ
辻井伸行作曲、山下康介編曲/ それでも、生きてゆく
ショパン/ ピアノ協奏曲第1番より第2楽章「ロマンツェ」
辻井伸行作曲、小山薫堂作詞/ 「たんぽぽの歌」(ジョニーへのオマージュ)
ホルスト作曲、山下康介編曲、吉元由美作詞/ 「ジュピター」
渡辺俊幸作曲、岡田惠和作詞/ 「おひさま〜大切なあなたへ」
[ピアノ:辻井伸行 歌:平原綾香 指揮:山下康介 オーケストラ:長崎交響楽団]

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=941913872539134&id=297236420340219
<BSフジ サタデースペシャル>
『辻井伸行×オーストリア』
〜音楽の都ウィーンの心を震わせた瞬間〜
10月24日(土)19:00〜20:55

http://www.bsfuji.tv/top/pub/tsujii5.html
【番組内容】
2015年5月、辻井伸行はついに"音楽家"として初めてウィーンを訪れた。オーストリアの首都ウィーンは、音楽家にとって特別な街、クラシック音楽が盛んで音楽の都とも呼ばれている。
 辻井は後世の音楽家に影響を与えたベートーヴェン・モーツァルト・シューベルトが眠る中央墓地を訪れ、献花を行い偉大な音楽家たちと心を通わせる。ベートーヴェンが安らぎを求め、足しげく通った公園や彼が遺書を書いたと言われる家にも訪れる。ベートーヴェンが晩年苦悩して暮らしていたその場で静かに、美しくピアノを弾く。
 辻井は、「トーンキュンストラー管弦楽団」と共演するために、クラシック音楽の聖地『ムジークフェライン』へ向かう。ムジークフェラインは『黄金のホール』と呼ばれ、かつてはブラームスなど数々の有名音楽家が演奏をしてきた憧れの舞台。この舞台が、辻井伸行のウィーン・デビューとなった。 
 指揮者は、辻井が幼い頃から固い絆で結ばれている佐渡裕。9月からトーンキュンストラー管弦楽団の音楽監督に就任が決まり、就任前の定期演奏会の舞台にソリストとして辻井を招いたのだ。2人は、それぞれの特別な想いを胸に音楽を奏でる。「プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番」、音楽に厳しいウィーンの人々の拍手が鳴り止まなかった。それは、本当に奇蹟的であり、心が震えるほどの音楽だったからだ。
 その演奏に心打たれたある男から「是非、私の村に招待したい」と言われた。ウィーンを取り囲むニーダーエースターライヒ州にあるピッテン村の村長だった。日本のテレビが初めて入るピッテン村。小さいながらも音楽を本当に愛する村は、村をあげて辻井を歓迎する。吹奏楽団が出迎え、辻井は村人たちと手をとりダンスを踊る。そして、旅の最後に訪れた美しい教会では、村人たちからの思いがけないサプライズが・・・。感動の奇跡のドキュメンタリーをお届けする。
1月1日 元日
21:00〜22:54
BS朝日
開局15周年記念番組
奇跡のピアニスト 辻井伸行 震災から5年・・・
「それでも、生きてゆく」

【番組概要】
アンコールでしばしば演奏する、東日本大震災の被災者への思いを込めた「それでも、生きてゆく」。奇跡のピアニスト、辻井伸行は今も被災者に寄り添っている。人々と音楽の感動を分かち合えるピアニストであり続けたいと願う、辻井のドキュメンタリー。


【抽選で計6名に番組からプレゼント】
〜辻井伸行さんのCD〜
・『マエストロ!〜辻井伸行 with オーケストラ自作集 』....3名
・『《皇帝》&《戴冠式》 / 辻井伸行&オルフェウス室内管弦楽団』...3名

ハガキに下記を明記(2016年1月8日消印有効)
〕絞愴峭
⊇蚕
L樵
と崛箸悗里幹響
〒106-6116 東京都港区六本木6-10-1
「BS朝日 奇跡のピアニスト辻井伸行プレゼント係」

【詳細】
http://www.bs-asahi.co.jp/tsujii2016/
題名のない音楽会
http://www.tv-asahi.co.jp/daimei/

[テレビ朝日]2016.02.14 日曜あさ9時
or
[ BS朝日 ]2016.02.21 日曜よる11時

【番組概要】
内容世界を舞台に活躍を続ける人気ピアニストの辻井伸行さんが現在取り組んでいるのが「3大ピアノ協奏曲」の1曲であるベートーヴェン「ピアノ協奏曲第5番<皇帝>」。辻井さんの演奏を交えながら、彼のベートーヴェンへの想いを語ります。さらに五嶋龍とベートーヴェン作品の魅力や人間像について熱く語り合います。

♪辻井伸行、太田雅音、東京フィルハーモニー交響楽団 他
さんまのまんま【ゲスト:辻井伸行】

関西テレビ:9月3日(土)13:56
フジテレビ:9月3日(土)14:00


【内容詳細】
「盲目のピアニスト辻井伸行が緊急(秘)彼女を大募集」

『さんまのまんま』初出演となるピアニストで作曲家の辻井伸行。
生後8カ月でCDに反応、日本が誇るピアニストの天才伝説!
「彼女ができなくて困っています」という切実な悩みに、さんまが一肌脱ぐ!?
【徹子の部屋】
テレビ朝日
2016年9月20日(火)
12:00〜12:30

【放送内容】
「天才ピアニストが結婚願望を告白」
先日28歳になった辻井伸行さんと母親のいつ子さんが登場。奇跡の天才ピアニストとして世界的に活躍する辻井伸行さんは、生後間もない頃から音楽に触れさせてくれた母親に支えられ二人三脚で現在に至った。しかし数年前から母は子離れをして、息子も親離れをするようになり、コンサート活動で一緒にいることは少なくなった。最近伸行さんが想うことは「恋人が欲しい」ということで、好きなタイプを告白する。スタジオでは伸行さんが好きなショパンの曲、そして母親のために作った新曲を披露する。
スタジオパークからこんにちは

2016年9月28日(水)
13:05〜13:55
NHK総合1

【放送内容】
「真田丸紀行」テーマ曲を演奏。
「ラ・カンパネラ」も!

あと先日の徹子の部屋の再放送がBSであります。
2016年10月1日(土)
12:00〜13:00
BS朝日
BSフジ・181
<BSフジサンデースペシャル> 辻井伸行×ニューヨーク〜解き放たれた天使の翼
2016年10月9日(日)
21:00〜22:55

【放送内容】
辻井伸行、世界音楽紀行シリーズ第6弾!感動を呼んだニューヨーク、セントラルパークで初の野外フリー・コンサート!さらにエンタテインメントの本場でNYで!?  

2016年夏、辻井伸行はアメリカ・ニューヨークを訪れた。ニューヨーク・マンハッタンの中心に位置する「セントラルパーク」で開かれる夏のイベントに招待されたのだ。100年以上続く伝統ある野外コンサートに、日本人で初めてメインを務めることとなった辻井。野外でのフリー・コンサートは、辻井にとって初めての試み。さらにニューヨークは、辻井にとって特別な場所だという。12歳の時、「カーネギーホール」の小ホールで演奏した辻井は、いつか大ホールでの演奏を夢見ていた。それから夢を実現させるため、努力に努力を重ね、17歳史上最年少でショパンコンクールに挑戦、2009年ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで日本人初優勝。2011年には念願の大ホールでNYデビューリサイタルを果たす。“世界の辻井"へと成長を遂げる原点となった場所でもあるのだ。今回、このステージで共演するのは「オルフェウス室内管弦楽団」。この楽団は、通常いる指揮者の指示がなく、それぞれが意見を出し合い、作り上げるという独創的な演奏スタイルをもつ。その革新性と高い芸術性は他の追随を許さない世界トップレベルのオーケストラ。実は辻井とは2年ぶりのタッグである。ここで演奏するのは、ベートーベンの「ピアノ協奏曲第5番」。ベートーベンは王家の間で親しまれたクラシックを民衆に広めることに努めたという。このコンサートには、エンタテインメントを求めて多くの人が集う。もちろん、クラシックを知らない人たちもいるのだ。辻井は、「クラシックを知ってもらうきっかけになれば」という思いを胸にしながら演奏に臨む。目の肥えたニューヨーカーを前にどんな音色を響かせるのだろうか?セントラルパークに、辻井の演奏が響き、訪れた観客の心を魅了していく。また、今回のニューヨークの旅は辻井伸行にとって刺激に満ち溢れていた・・・。アメリカの音楽文化に触れるため、辻井は様々な体験をする。本場ジャズクラブでの飛び入り演奏、そしてまさに必見なのは、世界を舞台に活躍する一流タップダンサーとの即興共演、魂の音と音を感じ合いぶつけあう2人が織りなす音楽の迫力は、他では絶対に観られない圧巻のシーンであった。エンターテイメントが根付くこの街で大きな刺激となる出会いに、きっと辻井伸行は“音楽の持つチカラと可能性"を改めて実感したにちがいない。そして最後に、このシリーズならではのシーンを少しだけお知らせすると・・・、辻井伸行は人生で初めて宙を舞ったのだ!他の番組では絶対に観られない辻井伸行の魅力を是非今回もお楽しみに!
2016年12月31日(土)
21:00〜22:54
BS朝日

「奇跡のピアニスト辻井伸行 震災から5年・・・それでも、生きてゆく」(2016年元日の再放送)
奇跡のピアニスト辻井伸行 世界遺産で弾く日豪友好の調べ

2017年1月1日(日)
21:00〜22:54

【放送内容】
ピアニスト・辻井伸行が、2016年10月、オーストラリアを訪問した。海外でのコンサートはほとんどが欧米で、南半球は初めて。辻井は、日豪友好協力基本条約調印40周年の記念レセプションに招かれ、キャンベラの連邦議事堂でピアノ独奏する。そして、世界遺産のオペラハウスで、巨匠アシュケナージ指揮のもと、オーストラリアの名門、シドニー交響楽団でベートーベンのピアノ協奏曲第3番を初公演するのだ。第3番は、ベートーベンの5曲ある協奏曲のなかで、第5番「皇帝」と並んで有名な曲。これらの大舞台で辻井は何を思い、どのような演奏を披露したのか? ほか、シドニーの日本人学校では、日豪友好の演奏会をボランティアで引き受けた。即興で演奏するオーストラリアの代表曲に子どもたちは自然と口ずさみ、やがて大合唱に…。公演までの道のり、そして当日の演奏を軸に、辻井伸行の南半球での公演をドキュメントする。
BSフジ・181
『辻井伸行×ニューヨーク 〜解き放たれた天使の翼〜』【完全版】
2017年1月2日(月)
16:30〜18:55
--------------------------------------------------------
2016年10月の再放送&完全版
人生が変わる1分間の深イイ話

2017年2月20日(月)
21:00〜21:54
出演:辻井いつ子さん

【放送内容】
波瀾万丈な女性は本当に幸せなのか?

(1)62歳独身・吉川美代子…愛猫ゲンとの死別、テレビ初告白…何があったのか?

(2)ピアニスト辻井伸行の母に密着!視覚障がいの息子を天才ピアニストに…元アナウンサー母はバブリー&女子力高すぎ美人ママ

(3)ダウン症書家・金澤翔子&ズバズバ母に密着!笑いあり!涙あり!超パワフル親子!▼大島美幸&藤本美貴&子育て論とは?▼波瀾万丈の人生から見えた「幸せ」とは?今夜は本当に深イイです
辻井伸行×加古隆×レ・フレール
THE PIANIST
2017年3月3日(金)
22:00〜23:25
BSフジ

【番組内容】
2016年7月、東京・Bunkamura(文化村)オーチャードホールに今を時めくピアニスト達が集結した。辻井伸行、加古隆、レ・フレールだ。その前の年にも開催された『"THE PIANIST"コンポーザーピアニストフェスティバル★2014(2015年 BSフジで放映)』が好評につき、多くのファンの切望により実現した至極のコンサートである。ジャンルもスタイルも、使うピアノも異なる3組4人のピアニスト=作曲家が順番に出演して、オリジナル曲を演奏するステージ。三者三様の個性を持った音楽を聴けるため、音楽ファンには至福の時間を過ごせる大人気のコンサートである。2016年度は、全国9カ所11公演が即日完売した。 今回の"THE PIANIST"は、各ピアニスト演奏中の背景に印象的な写真や絵画が投影された。そのことで音楽がより味わい深く観客の心に響いた・・・そのユニークな感動をダイレクトに視聴者に届ける為に番組でも演奏に合わせて写真画像などをコラージュする。会場で溢れていた心震える感動を臨場感をもってダイレクトに届けたい。  

<曲目>
辻井伸行:「美の巨人たち(オープニング・エンディング)」テーマ・「ロックフェラーの天使の羽」・「ジェニーへのオマージュ」
加古隆:「ララバイ・オブ・エヴェレスト」・「映像の世紀 組曲」
レ・フレール:「琉球頌歌」・「スペイン舞曲」・「For Kid's」
題名のない音楽会
「2500回記念(4)歴史を彩る音楽会」
2017年3月5日(日)
23:00〜23:30BS朝日

【放送内容 】
放送2500回記念第4弾は、世界を舞台に活躍する若き日本のスター奏者による特別アンサンブルを結成。注目の若手奏者が一堂に会するまさに「夢のアンサンブル」!

出演者: 南紫音・小林美樹・成田達輝・山根一仁(ヴァイオリン)、田原綾子・有田朋央(ヴィオラ)、宮田大・横坂源(チェロ)、加藤雄太(コントラバス)、辻井伸行(ピアノ)、川瀬賢太郎(指揮)
成功の遺伝史4
日本が世界の誇る有名人30人各界スターが最も尊敬するのは誰?

2017年3月6日(月)
19:56〜22:54
日テレ

【放送内容】
いつの世も時代を作ってきた成功者たちは人生に大きな影響を与えられた人物が必ずいる…引き継がれた熱きDNA=遺伝史と名づけ、各界のスター30人を徹底取材!!▼羽生結弦、大谷翔平、五郎丸歩、miwa、三浦知良、内村航平、ピアニスト辻井伸行、五輪エンブレムデザイナー野老朝雄、漫画家・秋本治、渡辺直美、伊調馨ほか▼ロシア・プーチン大統領が尊敬する日本人Kとは?▼たけしが生死さまよった事故について初めて語る
2017年7月6日
毎週(?)木曜日
21:54〜22:00
BS朝日

【番組概要】
コンサート、スポーツの試合、演劇、テーマパーク…
観る者に“感動”をもたらす華やかな舞台。
そのバックヤード(裏側)には、人知れず、誇りを持って、
舞台を支え続ける人たちがいます。

番組では、そんな“舞台裏の作り人(裏方さん)”に密着。
『知られざるプロの世界』『支える力の素晴らしさ』を、
ピアニスト・辻井伸行氏のメロディにのせてご紹介。

7月6日  #1 ピアノ調律師:執行直
7月13日 #2 ライブラリアン:松岡豊
7月20日 #3 ステージマネージャー:藤原真
7月27日 #4 レセプションマネージャー:小野敬子
題名のない音楽会

4人のスターピアニストを知る休日
テレ朝:2017年8月20日(日) 9〜9:30
BS朝日:2017年8月27日(日)23〜23:30

♪1:「恋は魔術師」より「火祭の踊り」
作曲: M.d.ファリャ
ピアノ: ラン・ラン

♪2:「スケルツォ」
作曲: F.ショパン
ピアノ: ユンディ・リ

♪3:「トルコ行進曲“JAZZ”」
作曲: W.A.モーツァルト
編曲: ファジル・サイ
ピアノ: ファジル・サイ

♪4:ピアノソナタ 第8番 「悲愴」 第2楽章
作曲: L.v.ベートーヴェン
ピアノ: 辻井伸行

ログインすると、残り101件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ピアニスト 辻井伸行 更新情報

ピアニスト 辻井伸行のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

フリマ情報

チケット

辻井伸行のチケット

339枚のチケット出品 : ¥1800

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済