ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > ギラヴァンツ北九州 > トピック一覧 > 2018明治安田生命J3リーグ

ギラヴァンツ北九州コミュの2018明治安田生命J3リーグ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

To the next stage
〜この 北九州(まち) とともに〜

第1節   試合なし
第2節 3/17 H 琉球 ● 1-2 39分前田
第3節 3/21 A 藤枝 ○ 2-1 4分安藤 81分浦田 (警告)安藤
第4節 3/25 H 沼津 ● 0-2 (警告)内藤
第5節 4/1 A 長野 △ 1-1 88分内藤
第6節 4/8 H 相模原 ● 0-4
第7節 4/14 A F東23 〇 1-0 74分ダヴィ
第8節 4/29 H 群馬 ● 0-1 (警告)本山
第9節 5/3 A 秋田 ● 0-1 (警告)小野寺 内藤 ダヴィ
第10節 5/6 A C大阪23 △ 1-1 83分フェホ
第11節 5/20 H G大阪23 ● 0-4 (警告)フェホ
第12節 6/3 A 富山 ● 0-3 (警告)ダヴィ
第13節 6/10 A 盛岡 ● 0-2 (警告)藤原 ぺ
第14節 6/16 H YS横浜 ● 2-3 37分ダヴィ 82分村松 (警告)有薗 ぺ 平井
第15節 6/24 A 福島 △ 2-2 40分,55分ダヴィ
第16節 6/30 H 鳥取 〇 3-0 34分,59分池元 90+5分佐藤
第18節 7/15 A YS横浜 △ 0-0
第19節  試合なし
第17節 8/18 H 鹿児島 △ 0-0 (警告)野口 ダヴィ
第20節 8/25 H 長野 〇 1-0 66分前田 (警告)井上 安藤
第21節 9/2 A 沼津 ● 0-1 (警告)安藤
第22節 9/8 H 富山 ○ 2-1 60分井上 77分川上 (警告)フェホ×2 野口 (退場)フェホ
第23節 9/15 A 鹿児島 ● 0-1 (警告)安藤
第24節 9/22 H C大阪23 ● 1-2 70分池元 (警告)フェホ 村松 池元
第25節 9/29 H 藤枝 △ 1-1 90分池元
第26節 A 10/6(土) 18:00 琉球 vs 北九州 沖縄県総
第27節 A 10/13(土) 17:00 相模原 vs 北九州 ギオンス
第28節 H 10/21(日) 14:00 北九州 vs F東23 ミクスタ
第29節 H 10/28(日) 14:00 北九州 vs 盛岡 ミクスタ
第30節 A 11/4(日) 13:00 鳥取 vs 北九州 チュスタ
第31節 H 11/11(日) 14:00 北九州 vs 秋田 ミクスタ
第32節 A 11/18(日) 19:00 群馬 vs 北九州 正田醤油
第33節 A 11/25(日) 14:00 G大阪23 vs 北九州 パナ吹田
第34節 H 12/2(日) 13:00 北九州 vs 福島 ミクスタ

コメント(93)

中止になっちゃった
https://www.giravanz.jp/news/p32982.html
2018明治安田生命J3リーグ 第18節

  Y.S.C.C.横浜 vs ギラヴァンツ北九州

2018年7月15日(日)17:00キックオフ  @ニッパツ三ツ沢球技場

<第17節終了時点>
北九州 15試合 勝点12 3勝 3分 9敗 得点13 失点27 得失点差-14 17位
YS横浜 16試合 勝点21 5勝 6分 5敗 得点25 失点21 得失点差+4 7位

<今節出場停止処分選手>
北九州 なし
YS横浜 なし

<過去の対戦成績>
'17J3第6節 2017年4月30日 ギラヴァンツ北九州 3-2 YS横浜
'17J3第26節 2017年10月8日 YS横浜 2-1 ギラヴァンツ北九州
'18J3第14節 2018年6月16日 ギラヴァンツ北九州 2-3 YS横浜
通算成績 3戦北九州1勝0分2敗 6得点7失点

<TV中継> DAZN

大雨の影響で中止になった鹿児島戦でしたが、北九州は今節のYS横浜戦から第2クールに入ります。
前回対戦はわずか1か月前北九州のホームミクスタで行われ、ダヴィ、村松の得点がありましたが、FW11北脇の2発とMF15奥田の得点で敗れた試合でした。
久しぶりの複数得点で負けながらも少し光が見えた試合でしたが、この直後森下前監督の解任が発表されたのでした。

あれから3試合しか戦ってないので戦力的にはお互い変わってはいませんが、YSは前回の北九州で勝って以来、中間の3試合では長野、鹿児島、沼津に対し、1分2敗と勝ちがありません。
一方北九州は監督交代して2試合を福島、鳥取に1勝1分と負けが無くチームの勢いとしては持っているようです。
YSの吉田、奥田、北脇のスピードある攻撃は相変わらず要注意ですが、前回出場していなかった高橋や川島(大)の活躍で「あの時の北九州とはちがう」というところを見せつけてやりたいですね。
鹿児島戦は水を差された格好になりましたが、今節が終わると約1か月半試合が開いてしまいます。
試合数としてはちょうど半分になる試合ぜひとも今季初の連勝で締めくくりましょう。
>>[056]
途中で鹿児島との試合ないのでしょうか
>>[57]

代替試合は8月18日に決まりました。
2018明治安田生命J3リーグ 第20節

  ギラヴァンツ北九州 vs AC長野パルセイロ

2018年8月25日(土)18:00キックオフ  @ミクニワールドスタジアム北九州

<第19節終了時点>
北九州 17試合 勝点14 3勝 5分 9敗 得点13 失点27 得失点差-14 16位
長 野 18試合 勝点22 5勝 7分 6敗 得点23 失点23 得失点差0 13位

<今節出場停止処分選手>
北九州 なし
長 野 なし

<過去の対戦成績>
'17J3第14節 2017年6月25日 ギラヴァンツ北九州 1-2 AC長野パルセイロ
'17J3第34節 2017年12月3日 AC長野パルセイロ 1-1 ギラヴァンツ北九州
'18J3第5節 2018年4月1日 AC長野パルセイロ 1-1 ギラヴァンツ北九州
通算成績 3戦北九州0勝2分1敗 3得点4失点

<TV中継> DAZN

ひと足早くリーグ戦を再開した北九州ですが、今週からは全チームが本格的に試合が組まれリーグ戦が本格的に再開します。

今節はギラフェス、試合前から隣の広場でもイベントが行われたくさんの来場で熱い試合が繰り広げられることは間違いありません。

連続ホーム開催でミクスタに迎えるのはAC長野パルセイロ。

今年こそ悲願の昇格を大目標として戦いましたが、中々思うように勝ち点が伸びず、第11節を終わった時点で2勝6分2敗と負けは少なくてもドローばかりでモヤモヤする成績でした。

その後、琉球、鳥取に連敗した時点でクラブは浅野哲也監督をあきらめ阪倉裕二監督が就任しました。

そこから中断前までの6試合は3勝1分2敗の成績です。

チームのトップスコアラーは横浜FCから今期加入したFW9津田の6得点ですが、最近4試合はベンチ入りもありません。

状態の詳細は不明なのですが、北九州にとっては天敵の津田ですからもし出てくれば最大の注意が必要です。

第17節富山戦、前々節群馬戦と連勝を記録した長野ですが、その立役者となったのがMF23堂安。

この2試合で3得点と近況絶好調です。

攻守の要はJ200試合出場を果たしたMF14東。

東から右サイドならDF19三上、堂安、左サイドならDF2松原、MF8河合と自在にサイドを活かしたパスを経て前線にボールが送られるのが長野の攻撃パターンです。

北九州はこの出どころとなる東にはしっかりマークして自由にボールを出させないようにしたいところです。

FWは前節スタメンはFW30萬代、FW28松村の2トップでしたが、FW13勝又、FW10宇野沢、FW7佐藤といったおなじみの顔ぶれも途中出場しました。

特に勝又は右サイドを突破し松原のゴールにつながるクロスを上げる活躍を見せていました。

チーム浮上のためには北九州は勝利することが必須ですが、それ以上にギラフェスで初めて試合を見る方も多いことでしょう、「また来たい」と思えるようないいゲームでの勝利を期待したいものです。


今日は、ユニのプレゼントデーにつき、スタジアムは立ち見まで出る大盛況です。試合は、ちょっと押され気味。
前半終了で、スコアレスドロー。勝負は、後半へ。
後半、前田が頭で合わせて、北九州が先制!
2018明治安田生命J3リーグ 第21節

  アスルクラロ沼津 vs ギラヴァンツ北九州

2018年9月2日(日)15:00キックオフ  @愛鷹広域公園多目的競技場

<第20節終了時点>
北九州 18試合 勝点17 4勝 5分 9敗 得点14 失点27 得失点差-13 16位
沼 津 18試合 勝点33 9勝 6分 3敗 得点21 失点11 得失点差+10 3位

<今節出場停止処分選手>
北九州 なし
沼 津 なし

<過去の対戦成績>
'17J3第11節 2017年6月4日 アスルクラロ沼津 1-0 ギラヴァンツ北九州
'17J3第33節 2017年11月26日 ギラヴァンツ北九州 0-0 アスルクラロ沼津
'18J3第33節 2018年3月25日 ギラヴァンツ北九州 0-2 アスルクラロ沼津
通算成績 3戦北九州0勝1分2敗 0得点3失点

<TV中継> DAZN

ギラヴァンツ北九州は5月6月の4連敗の後、6試合負け無しを継続中、しかもここ4試合は連続でクリーンシートとようやく遅ればせながらも好循環の波に乗ってきた感があります。
今節は中断前のYS戦以来となるアウェー戦、アスルクラロ沼津のホーム愛鷹に乗り込みます。

沼津もここ5試合は負け無し、今シーズンはまだ連敗がなく現在3位につけています。
特に守備の固さが目を引き、無失点試合はリーグ最多の11をマーク、GK16牲川はGKセーブ率リーグ1位、DF22徳武率いる最終ラインを突破するのはかなり困難です。
相模原から今期加入したボランチMF14普光院もインターセプト数リーグ1位とチャンスの芽を摘み、攻撃に転じれば広い視野と正確なパスで攻守にわたる要になっています。
昨年の中村、薗田の得点力はありませんが、エースFW10青木は早くも昨年の6得点に迫る5得点、そして今季大きく成長を遂げたのがFW29畑です。
前回対戦のミクスタでは2得点を挙げて沼津に勝利をもたらせたのは記憶に新しいでしょうが、その後も得点を重ね現在7得点は堂々のリーグ4位。
前節アウェー鳥取戦でも畑は開始早々自らドリブルで左サイドからエリアに侵入しあっさりと先制点を決めました。
先制すると強いのがまた沼津で、前節も一度は鳥取に逆転を許し前半を折り返しますが、後半投入された鳥取キラーMF50染矢がすぐに結果を出しゴール、押され気味の試合でしたがドローに持ち込みました。
これで今季先制点を挙げた12試合は9勝3分の負け無し。
北九州としては勝ち点3を持ち帰るためにはいつもそうですが、ぜひとも先制点が欲しいところであります。
たいへん強い沼津ではありますが、堅い守備を突破して先制点を挙げることが勝ち点3を持ち帰ることができるかのポイントになりそうです。

現地に行かれる方は声援よろしくお願いします。
DAZN観戦の方も沼津に向けて念を送りましょう。
試合のレビューばっかりで結果が無いので。
沼津1−0北九州
得点者ー沼津、冨田
ソ−スはスポナビから。
全く勝てない弱い北九州はもう見飽きましたねぇ。
試合見ていても気持ちが伝わって来ないと言うか。
来年の監督にはキャンプで鬼練習して鍛えて欲しいですねぇ。
2018明治安田生命J3リーグ 第22節

  ギラヴァンツ北九州 vs カターレ富山

2018年9月8日(土)18:00キックオフ  @ミクニワールドスタジアム北九州

<第21節終了時点>
北九州 19試合 勝点17 4勝 5分 10敗 得点14 失点28 得失点差-14 16位
富 山 20試合 勝点23 7勝 2分 11敗 得点24 失点34 得失点差-10 12位

<今節出場停止処分選手>
北九州 なし
富 山 ルーカス・ダウベルマン(警告の累積による)

<過去の対戦成績>
'14J2第12節 2014年5月6日  カターレ富山 0-2 ギラヴァンツ北九州
'14J2第35節 2014年10月4日 ギラヴァンツ北九州 2-2 カターレ富山
'17J3第15節 2017年7月1日 カターレ富山 2-1 ギラヴァンツ北九州
'17J3第24節 2017年9月23日 ギラヴァンツ北九州 0-2 カターレ富山
'18J3第12節 2018年6月3日  カターレ富山 3-0 ギラヴァンツ北九州
通算成績 13戦北九州5勝2分6敗 15得点18失点

<TV中継> DAZN

ホームミクスタに帰って第22節カターレ富山を迎えての一戦です。

富山は浮氣前監督が残した2勝8敗の成績から引き継いだ安達監督の率いた10試合は5勝2分3敗と白星先行で現在12位につけています。
ここまで得点24はまずまずなのですが、守備が安定せず、20試合中5試合が3点以上の失点で、ここまでの総失点34はリーグワースト2です。
その守備の中心3バックの一角ルーカス・ダウベルマンが今節出場停止になりDF4楠元の出番となりそうです。
ダウベルマンとは入れ替わりでチームトップスコアラーのFW11才藤が出停明けで戻ってきます。

北九州との前回対戦は安達監督就任2試合目、ホーム県総では初の試合となった6/3の第12節でした。
結果だけ見ると3-0の富山の圧勝のようにも見えますが、実際はもっと拮抗した試合でした。
MF6差波がCKを直接入れたゴールで先制、東京五輪出場も視野に入れるMF10新井のスーパーゴールで追加点、そしてFW7佐々木とチャンスを確実にものにした富山が勝利しました。
この試合ダヴィは2度ゴールネットを揺らしましたが、どちらもオフサイドの判定、おまけにイエローまでもらう散々な結果でした。

今回は柱谷監督の選手交代にも注目してみたいと思います。
お気づきでしょうか、今季森下監督のころはアウェー戦にサブメンバーを5〜6人しか入れてなかったのですが、柱谷監督になってからアウェーゲームが3試合行われましたが、YS戦を除いて福島戦、沼津戦の2試合はサブメンバーを7人連れて行っています。
昨年までなら当たり前のことで今季初のアウェー藤枝戦のスタメン見た時にサブ5人というのには唖然としたものでしたが。
選手交代にはそれなりに監督のメッセージが込められているものですが、柱谷監督の場合は茂、川島(大)、前田といった「走れる」選手を投入して足が止まりがちな時間帯にもう一度エネルギーを補充する場合が多いでしょうか。
鳥取戦では2得点を挙げた後の池元に代えた佐藤もゴールしてこの2人で3試合得点、長野戦では早めの64分に2枚替えした川島(大)、前田のそれぞれアシストとゴールを記録する采配。
沼津戦でも後半頭からボランチの藤原に代えて内藤が入ると、とたんにボールのつながりがよくなり、後半は北九州がペースをつかむことが多くなるなど采配が奏功しているのが随所に見られるようになりました。
やはり柱谷監督もアウェーであっても選択肢を多く持てるサブ7人は欲しいところなのでしょう。
今節はホームゲーム、間違いなくサブは7人入ります。
この試合は私の予感でしかありませんが、点が入る打ち合いの様相を呈するかもしれません。
選手交代にも注目してゲームを見てみたいと思います。
アウェーにサブ少ないってのはお金の関係でしょ。
お金の無いチームはアウェーのサブは少ない。
前監督はチームから言われてたんじゃないっすか?
柱谷監督は就任にする条件にしたとか。
まあ、分からないですけどね。
ソースはありません。個人的な考えっす。
明日の試合観に行きます、楽しみです、(*∩∀∩*)ワクワク♪指でOK
2018明治安田生命J3リーグ 第23節

  鹿児島ユナイテッドFC vs ギラヴァンツ北九州

2018年9月15日(土)19:00キックオフ  @白波スタジアム

<第22節終了時点>
北九州 20試合 勝点20 5勝 5分 10敗 得点16 失点29 得失点差-13 16位
鹿児島 21試合 勝点40 11勝 7分 3敗 得点34 失点19 得失点差+15 2位

<今節出場停止処分選手>
北九州 フェホ(前節の退場による)
鹿児島 萱沼優聖(警告の累積による)

<過去の対戦成績>
'17J3第5節 2017年4月16日 鹿児島ユナイテッド 2-1 ギラヴァンツ北九州
'17J3第27節 2017年10月15日 ギラヴァンツ北九州 0-4 鹿児島ユナイテッド
'18J3第17節 2018年8月18日 ギラヴァンツ北九州 0-0 鹿児島ユナイテッド
通算成績 3戦北九州0勝1分2敗 1得点6失点

<TV中継> DAZN

前回対戦で白熱のスコアレスドローを演じた九州ダービーを戦った両者が、戦いの場を鹿児島白波スタに替えて再び激突します。

本来7月7日に行われるはずだった第17節、北九州‐鹿児島の試合は大雨のため順延となり、8月18日に代替試合として、またお互いにとってリーグ戦再開初戦としてミクスタで行われました。
その都度7、8、9と毎月このカードのプレビューを書いていることになり、さすがに書くこともなくなり7月、8月のブログを見てください、で終わろうかと思いましたが(笑)また新たな情報も少し加えます。

鹿児島は現在2位と確実に優勝、昇格を狙える位置をキープしています。
前回対戦のミクスタは12試合負け無しが途切れた状況でしたが、これを引き分け、さらにその後は3連勝とし、現在新たにまた4試合は負け無しできています。
徳島から途中加入後、ミクスタが鹿児島デビューとなったFW29薗田は3、4試合目にして地元鹿児島の水が合ったか、2試合連続得点中です。
この薗田、波に乗れば短期間で試合数を上回るほどの得点を量産し、手が付けられなくなるのは昨年の沼津でもよくご存じの事と思います。
今節も最大限の注意が必要でしょう。
同じくこの2試合連続得点を挙げているのがMF38中原(秀)。
北九州サポには言うまでもありませんが、ボランチながら、得点の匂いがすれば大胆にエリアに侵入、絶妙の位置取りでこの2試合でゴールしています。
前節福島戦では69分に値千金の逆転の決勝点を決めました。
前にも書きましたが鹿児島は終盤での得点が多く、数えてみると今季これまでの34得点の時間帯は前半が10に対し後半は倍以上の24得点でした。
先制された試合で逆転勝ち、あるいは追い付いてドローの結果はなんと7試合もあります。
前回のプレビューでは5試合と書きましたが、その後第20節C大阪23、前節の福島にも見事な逆転勝ちを収めています。
北九州で見ると先制されると追いついたドローは2試合、逆転勝ちについては前節富山戦が唯一ですから差は明確です。
北九州はもちろん先制点は欲しいのですが、リードしたときこそ気を引き締めて臨まないといけないでしょう。
ダヴィ、フェホを欠き前線をどうするのか、前田の相棒は?
池元の復調なるか、あるいは佐藤、茂、はたまた本山の出番があるか?
不安もありますが、そのあたりも楽しみに期待しましょう。
近場のアウェー、現地観戦の方はお気をつけて、DAZN観戦でも北九州に声援をお願いします。
(>人<;) どうか、勝ちますように、せめて、ドローでも、クローバー
>>[74]
自走で4時間半ほどで行けるのでJ3のアウェーとしては近いですねえ
観に行かないけど、早く土曜日にならないかな(-人-)
楽しみです、(*∩∀∩*)ワクワク♪
2018明治安田生命J3リーグ 第24節

  ギラヴァンツ北九州 vs セレッソ大阪U-23

2018年9月22日(土)18:00キックオフ  @ミクニワールドスタジアム北九州

<第23節終了時点>
北九州 21試合 勝点20 5勝 5分 11敗 得点16 失点30 得失点差-14 16位
C大阪23 22試合 勝点27 7勝 6分 9敗 得点27 失点29 得失点差-2 9位

<今節出場停止処分選手>
北九州 安藤由翔(警告の累積による)
C大阪23 なし

<過去の対戦成績>
'17J3第3節 2017年3月26日 ギラヴァンツ北九州 1-0 セレッソ大阪U-23
'17J3第23節 2017年10月11日 セレッソ大阪U-23 2-2 ギラヴァンツ北九州
'18J3第10節 2018年5月6日 セレッソ大阪U-23 1-1 ギラヴァンツ北九州
通算成績 3戦北九州1勝2分0敗 4得点3失点

<TV中継> DAZN

この9月に5試合組まれていますが、ここまで3試合で1勝2敗、あと2つはホームミクスタの利を活かして連勝して今月を勝ち越しで締めくくりましょう。
ホーム2連戦まずはセレッソ大阪U-23を迎えての一戦です。

育成目的中心でありながら、今季3分の1を終わった第12節終了時点ではなんと2位の大躍進、開幕戦秋田に屈したもののその後の10試合を5勝5分の負け無しと言う強さを見せつけました。
その後は負け先行し、前節4連敗後藤枝に勝利した状況です。

チームトップスコアラーは6得点のFW33米澤ですが、ここ2試合は出場がありません。
コンディション不良なのか、故障なのか、温存なのか、ユースの大会なのか、情報量不足でわかりませんが、いきなり出てくるようなことも充分考えられ、そうなればそのスピードと好判断は脅威になります。

MF31山根もコンスタントに得点する決定力を見せ、前節藤枝戦でもクロス気味のボールが直接ネットを揺らし先制点を挙げています。
まあ、U-23のチームは出場メンバーが全く予想しづらくスカウティングが難しいのが困ります。

前回対戦は引き分けでしたが、フェホの加入後初ゴールで追いついてのものでした。
そのフェホ、前節は出場停止でしたが、その間の練習でもいいところを見せており、日曜日の練習試合ではハットトリックも記録、前節最も走っていた安藤がいない分も出停のうっ憤を晴らす働きを期待したいものです。

たくさんのホームの声援で力を与えてチームを勝利に導きましょう。
前回のU23戦、あれだけのお膳立てがあって、負けたら
軽率な勝利を期待したコメントを書く事ができなくなりました、ヽ(´Д`;)ノげっそり
2018明治安田生命J3リーグ 第25節

  ギラヴァンツ北九州 vs 藤枝MYFC

2018年9月29日(土)18:00キックオフ  @ミクニワールドスタジアム北九州

<第24節終了時点>
北九州 22試合 勝点20 5勝 5分 12敗 得点17 失点32 得失点差-15 16位
藤 枝 22試合 勝点21 6勝 3分 13敗 得点20 失点35 得失点差-15 15位

<今節出場停止処分選手>
北九州 なし
藤 枝 水野泰輔(前節の退場による)

<過去の対戦成績>
'17J3第9節 2017年5月21日 藤枝MYFC 2-0 ギラヴァンツ北九州
'17J3第19節 2017年8月19日 ギラヴァンツ北九州 0-1 藤枝MYFC
'18J3第3節 2018年3月21日 藤枝MYFC 2-1 ギラヴァンツ北九州
通算成績 3戦北九州1勝0分2敗 2得点4失点

<TV中継> DAZN

ミクスタでの2連戦、ホームのナイター開催は今年最後となる第25節藤枝MYFCを迎えての一戦です。
藤枝も北九州同様シーズン途中で監督が交代するという決断を行い、長く率いた大石監督から札幌、山形で北九州とも対戦した石信弘新監督が指揮を執っています。
中国杭州緑城U-18やJFLテゲバジャーロ宮崎なども率いましたが、藤枝就任前までにJリーグでは最多の608試合を監督として指揮しています。
しかしながらサマーブレイク後の第20節秋田戦で初の指揮を執って以来チームは現在5連敗、大石監督時代の中断前から通算8試合勝利がありません。
原因はこれも北九州と同じ決定力不足、得点20は北九州に次ぐワースト2の数字、直近無勝利の8試合の中で得点はわずか3のみ、その間には5試合連続無得点を含んでいます。
最近の試合を見ると、いい形までは持っていくのですが、これも北九州と同じく最後のところの精度に欠ける印象です。
しかしここ2試合は敗戦ながらも得点できており復調の兆しとも思えます。
昨季藤枝で12得点をマークしたFW9遠藤(敬)は今季富山に移籍したものの半年で藤枝に復帰、前々節C大阪23戦では復帰初のゴールもあげました。
バランスの取れたストライカーFW9谷口も今季すでに5ゴールと盛岡での昨年を上回るペース。
今節ここまで全試合出場していたMF7水野が出場停止、入れ替わりにボランチのMF15養父が出停明けで戻ってきました。
熊本や長崎で対戦した時のプレーのうまさを覚えている方も多いでしょう。
同じような状況の両チーム、勝てば順位は入れ替わります。
この後はアウェーが続きミクスタでの試合は10月21日まで空きますので、しっかり参戦して応援よろしくお願いします。

(;´・ω・)ウーン・・・弱音を吐いても事態は変わらない、勝機あるとすれば
当たって砕けろ!
で、琉球ホーム戦が土曜日にあるとすれば胸を借りるつもりで望んで欲しいです、(´・ω・`)(´-ω-`)) ペコリ
パンチ
to the next stage
JFLにでも行く気か?
2018明治安田生命J3リーグ 第26節

  FC琉球 vs ギラヴァンツ北九州

2018年10月6日(土)18:00キックオフ  @タピック県総ひやごんスタジアム

<第25節終了時点>
北九州 23試合 勝点21 5勝 6分 12敗 得点18 失点33 得失点差-15 16位
琉 球 24試合 勝点50 15勝 5分 4敗 得点52 失点27 得失点差+25 1位

<今節出場停止処分選手>
北九州 なし
琉 球 なし

<過去の対戦成績>
'09JFL前期第17節 2009年6月28日 FC琉球 0-2 ニューウェーブ北九州
'09JFL後期第15節 2009年11月15日 ニューウェーブ北九州 4-1 FC琉球
'17J3第17節 2017年7月15日 FC琉球 0-0 ギラヴァンツ北九州
'17J3第20節 2017年8月26日 ギラヴァンツ北九州 2-0 FC琉球
'18J3第2節 2018年3月17日 ギラヴァンツ北九州 1-2 FC琉球
通算成績 3戦北九州1勝1分1敗 3得点2失点(Jリーグでの対戦のみ)

<TV中継> DAZN

アウェー琉球戦を迎えます。
2014年J3リーグ創設以来9位、9位、8位、6位と中位で徐々に成績を上げていた琉球、金鐘成監督の3年目となる今季はそのサッカーが一気に開花しました。
第8節までは3勝2分3敗と五分の星ながら、そこから13試合負け無し、順位も上げていき第17節にはついに首位、未だ首位をキープして残り8試合、初優勝へのカウントダウンに入っています。

その強さの特徴は従来からの攻撃的なサッカー、得点52は鳥取の42以下を大きく引き離してリーグ1位。
ここまで24試合で無得点に終わった試合は2試合だけ、ここ2試合は連続で4得点を挙げて調子も上々です。

チームトップスコアラーはMF9富樫、その才能は評価されていたものの3年間で6得点に終わっていましたが、4年目の今季大ブレーク、現在14得点でリーグ2位。
これにスペイン仕込みの若きテクニシャンMF13中川が9得点、琉球の顔MF10富所が8得点、さらに藤枝から加入のMF16枝本が5得点、北九州藤原の阪南大同期の大卒ルーキーFW15和田もデビュー戦から3試合連続得点を含む5得点。
ここまでの5人だけでも北九州のトップスコアラー、ダヴィ、池元の4得点を上回っています。
中でも富所は直近2試合連続2得点の大活躍と波に乗っています。

台風25号の接近で開催自体もですが、移動日の金曜日に飛行機が飛ぶかどうかも心配です。
行われればもちろん勝利を期待しましょう。
富山戦、生で観てきたけど、確実に資金の無さを指摘するより、
点取り屋(ストライカー)が存在しない事が、連敗、引き分けに象徴されている気がします(;´・ω・)ウーン・・・
ご意見ある方、ご不満の方々主張してください、ませ、(´・ω・`)(´-ω-`)) ペコリ走る人
(;´・ω・)ウーン・・・現状に不満、
まあ、監督変わってからの善戦マンとかしている、成績は如何ですか?
試合を生で観ないで結果だけをみたらかなりの善戦マンですよ、(´・ω・`)(´-ω-`)) ペコリ
ペンギン
2018明治安田生命J3リーグ 第27節

  SC相模原 vs ギラヴァンツ北九州

2018年10月13日(土)17:00キックオフ  @相模原ギオンスタジアム

<第26節終了時点>
北九州 24試合 勝点21 5勝 6分 13敗 得点18 失点34 得失点差-16 17位
相模原 24試合 勝点26 7勝 5分 12敗 得点34 失点45 得失点差-11 14位

<今節出場停止処分選手>
北九州 ダヴィ(警告の累積による)
相模原 なし

<過去の対戦成績>
'17J3第4節 2017年4月1日 SC相模原 1-0 ギラヴァンツ北九州
'17J3第25節 2017年10月1日 ギラヴァンツ北九州 3-0 SC相模原
'18J3第6節 2018年4月8日 ギラヴァンツ北九州 0-4 SC相模原
通算成績 3戦北九州1勝0分2敗 3得点5失点

<TV中継> DAZN

再び最下位になった北九州、連続のアウェーで相模原と対戦します。
好不調の波が激しい相模原、現在は4連敗中です。
その間失点は9、序盤からそうでしたが、点はそこそこ取るのですが、それ以上に取られる事が多いです。
FW9ジョン・ガブリエルはリーグ2位の14得点をあげています。
スーパーサブ的な起用が多かった昨年に比べ、西ヶ谷監督はスタメンで使うようになり開花しました。
高さに目が行きがちですが、足元もとてもうまい選手です。
中断前までにゴールを量産しましたが、再開後は5試合得点がありませんでした。
前節富山戦で久々のゴールを決め再び火が付いたか。
高さと言えばDF4梅井も今季すでに4得点、相模原の高い壁は健在でセットプレーには注意が必要。
前回対戦ミクスタでは開幕から4試合未勝利のまま乗り込んできた相模原でしたが、攻撃力が爆発、ベテランMF8谷澤の2得点、梅井、ジョンも決めて4-0の圧勝でアウェーでの勝ち点3を持ち帰りました。
今季複数失点は12あり、そのうち3失点が2回、4失点、5失点、7失点が1回づつと大量失点するケースも多くあります。
北九州も先制したいのはもちろんですが、たたみかけて攻撃したいところです。
今節ダヴィが出場停止ですが、勝機は十分だと見ます。

遠征に行かれる方はお気をつけて、キックオフは17時ですが、13時からホームタウンを同じくするなでしこ1部、田中陽子や大野忍擁するノジマステラ神奈川相模原の試合も行われ1枚のチケットでダブルヘッターで観戦することもできます。
(;´・ω・)ウーン・・・この試合アウエー戦とは言え、
脱善戦マンの正念場かな?ドローは嫌だな、(´・ω・`)(´-ω-`)) ペコリ
スノボ
今日は久々に観戦してきました。
2年前のJ3降格なった山形戦以来の生ギラヴァンツ。
最後のフェホのヘディングは決めてほしかったな…。
ホントにお疲れ様でした、12番目の選手(´・ω・`)(´-ω-`)) ペコリ
指でOK
やはりネクストステージはJFLか…
2018明治安田生命J3リーグ 第28節

  ギラヴァンツ北九州 vs FC東京U-23

2018年10月21日(日)14:00キックオフ  @ミクニワールドスタジアム北九州

<第27節終了時点>
北九州 25試合 勝点21 5勝 6分 14敗 得点18 失点35 得失点差-17 17位
F東23 26試合 勝点26 7勝 5分 14敗 得点32 失点41 得失点差-9 16位

<今節出場停止処分選手>
北九州 なし
F東23 なし

<過去の対戦成績>
'17J3第10節 2017年5月28日 ギラヴァンツ北九州 1-0 FC東京U-23
'17J3第18節 2017年7月22日 FC東京U-23 1-2 ギラヴァンツ北九州
'18J3第7節 2018年4月14日 FC東京U-23 0-1 ギラヴァンツ北九州
通算成績 3戦北九州3勝0分0敗 4得点1失点

<TV中継> DAZN

アウェーの2試合を連敗してホームに戻ってきた北九州、迎えるのはその北九州と入れ替わってその間に連勝して最下位を脱出したFC東京U-23。
下位同士の直接対戦ではありますが、連勝と連敗で勝ち点差は5ついており、この試合で北九州が勝ったとしても順位の変動はありません。
ここ5試合の調子だけ見れば初の連勝で3勝1分1敗の勝ち点10を挙げているF東23に対し北九州は1分4敗の勝ち点1で勝利無しと明らかに下回ります。

その2連勝中の2試合で連続得点を挙げて絶好調なのがFW19平岡、今季6得点となりました。
スピードを生かしたドリブルとシュートの決定力が持ち味の有望株です。
さらにそれを上回る今季7得点を挙げているのがFW23矢島。
FC東京アカデミーから中央大に進みましたが、ケガで昨年は棒に振りましたが、今季ルーキーとして晴れて入団し、早速の活躍です。
186僂旅發気篭中戦の脅威。
もう一人、攻撃陣でFW17富樫、Fマリノスからの期限付きで今期加入。
ルーキーイヤーの16年にはJ1で5得点、今季はまだ3試合の出場ながら前々節福島戦で初ゴールをあげました。
この3人の中から安間監督は2トップをスタメンで起用するものと思われます。
ボランチにはボール奪取とキックの精度に長けたMF44品田、さらに天才肌の技巧派18歳MF40平川も控えています。

前回対戦の夢の島ではダヴィの加入後初ゴールで北九州が1-0と勝ちましたが、シュート数は8本ずつの互角、MF51ヴェローゾの強烈なシュートを高橋のスーパーセーブでしのいだシーンもあり、どちらに転んでも・・という試合でした。
今シーズンも残り7試合、ミクスタでは4試合です。
せめて面白い試合を見たい、得点シーンを見たいものです。
変わらぬ応援をお願いします。
(;´・ω・)ウーン・・・やるっきゃない、日曜日観に行って来ます、手(グー)
また・・・ドロー(´Д`)
哲さん限界圏に達したのかなぁ?チャペル

ログインすると、残り54件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ギラヴァンツ北九州 更新情報

ギラヴァンツ北九州のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。