ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 実践!心理歴史学的自己啓発 > トピック一覧 > 6.ゼロ秒思考

実践!心理歴史学的自己啓発コミュの6.ゼロ秒思考

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

赤羽雄二さんの 「ゼロ秒思考」
メモ書きによるメソッド
とにかく実践的。机上の方法論としてとらえてはいけない。
実践のための素材として、習うより慣れろ。
2014年からアプローチ開始 して、成果大きかったので紹介します。
2015年は、「ゼロ秒思考の仕事術」では
さらに単語登録、ホワイトボード会議術、アウトプットイメージ
とスピードアップのノウハウが深堀りされています。

ダイヤモンド社の純正ページで一部公開されています。
▼ゼロ秒思考
http://diamond.jp/articles/-/46254
▼速さは全てを解決する----ゼロ秒思考の仕事術
http://diamond.jp/category/s-hayasawasubete
▼ゼロ秒思考「行動編」 即断即決、即実行を妨げる心理的ブロックと解決法
http://diamond.jp/articles/-/84686

mixiレビュー
▼ゼロ秒思考
http://mixi.jp/view_item.pl?id=2853985
http://mixi.jp/view_item.pl?id=2885931
▼ゼロ思考の仕事術
http://mixi.jp/view_item.pl?id=3417993
http://mixi.jp/view_item.pl?id=3457098
▼頭を前向きにする習慣
http://mixi.jp/view_item.pl?id=3380183
▼ゼロ秒思考「行動編」 即断即決、即実行を妨げる心理的ブロックと解決法
http://mixi.jp/view_item.pl?id=3819051
http://mixi.jp/view_item.pl?id=3830000

【索引】
■初期情報、読者のサマリー、講演、インタビュー、ブレークスルーパートナーズ
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=2
■赤羽さんのFaceBook、Twitter、schoo
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=3
■経営改革を進める七つの鍵
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=6
■古波鮫 大己さん/働きながらBBT-MBAで学んでいる男のブログ
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=7
■新・BBT大学宮川裕司のブログ
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=8
■ 郡 裕一さんのブログ
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=9
■ばじじさんのブログ
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=10
■『ゼロ秒思考』一週間やってみたら、一生ものの習慣にすべきと実感!
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=11
■「ゼロ秒思考」メモ書きエバンジェリスト
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=13
■赤羽雄二さん 「世界基準の上司」 プレビュー
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=15
■美女読書の書評  「速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術」
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=18
■ローソン社長 玉塚元一さんと赤羽さん
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=19
■Lifehacker「A4メモ」でシンプルに可視化すれば、心のモヤモヤがスッキリする
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=20
■水を本として・・・(ブログから)
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=21
■『ゼロ秒思考』&『速さは全てを解決する』のエッセンス 「メモ書き」徹底トレーニング講座
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=22
■大企業経営者の悩みが新人課長の悩みと同じになっている理由
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=23
■知的生活ネットワーク のブログから
■大企業経営者の悩みが新人課長の悩みと同じになっている理由
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=24
■StudyHacker 考える時は手書きメモ! 記憶力と発想力と「ゼロ秒思考」を生む
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=30
■一日一吉 『速さは全てを解決する』で改善をつづける
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=32
■AERA「世界一シンプルなこころの整理法」紹介
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=33
■リーダーシップに必要な決断と情報収集
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=34
■TEDx Talks「若きエンジニアが世界を変える」赤羽雄二(約22分、2012年6月)
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=35
■ほしのまきさんのブログ/「ゼロ秒思考」(赤羽雄二)の「メモ書き」は、気持ちいい。
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=36
■FMヨコハマ「ココロヒーリング」By 岡本マサヨシ、二瓶永莉
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=37
■コピーライター中村禎の場合 本は、読むだけじゃダメだ。
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=38
■ブログ Speed&Quality [015]書き続けることでわかるメモ書きの威力
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=39
■行政書士八角浩史事務所ブログ 新しい瞑想のかたち。瞑想のゴールから考えたらこうなりま
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=40
■自分改造ブログ 本に書いていることの0.2%だけ実践して成長しよう
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=41
■マッキンゼー式ゼロ秒で正しい経営判断をして、世界に通用する会社になる方法
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=42
■最速仕事術研究所の記事から
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=43
■速さは全てを解決する!オーディオブック・タイムズ Audiobook Times のレビュー
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=44
■速さは全てを解決する「ゼロ秒思考」の仕事術』(赤羽雄二著、ダイヤモンド社)に
 仕事のスピードアップ術を学ぶ
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=45
■Life, Fast and Slow/メモ書きとは何か
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=48
■Junpeihazama.com 狭間純平の個人的メディア的ななにか
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=50
■不思議と少し前向きになれる ビジネスマンが1年を効果的に振り返る方法
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=51
■実り多き人生/種を蒔いて収穫するまでのプロセスを味わう
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=53
■ゼロ秒思考「行動編」 即断即決、即実行を妨げる心理的ブロックと解決法
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=54
■能戸淳の読書記録2016/01/24 速さは全てを解決する---『ゼロ秒思考』の仕事術>
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=55
■単角子宮で二児の母(予定)
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=57
■...道程(とだけ書いておこう><)
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=58
■Yukihy Life ゆきひーによる日常生活をアウトプットするブログ
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=60
■赤羽 雄二さんの 「マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング (まんがでわかるシリーズ) 」
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=62
■A4の裏紙一枚で頭スッキリ! モヤモヤをなくし、即断即決できるようになる「ゼロ秒思考」
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=63
■Outward Matrix 2016-01-30毎日仕事めっちゃ忙しいわ!っていう状況がずっと続くと 何もできな
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=64
■忙しいワーママにこそおすすめ!「速さはすべてを解決する」感想
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=66
■Outward Matrix.2016-02-22 将来が不安過ぎて何も手につかない?いい方法があるよ
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=68
■慶應生のリアルな就活ブログ 自己PRを考える質とスピードが急上昇する本【ゼロ秒思考】
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=69
■NAGI-BLO.2016-03-04意識高い系と言われる大学生は黙ってゼロ秒思考を実践したほうがいい?
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=70
■信頼される話し方のルール:良書評:頭が真っ白になりそうな時、さらりと切り返す話し方
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=71
■Book cafe "Cool you" もうこれで英語に挫折しない―マッキンゼーで14年間活躍できた私は英語
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=72
■続・ノートを取るということ [Sobu研紹介]
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=73
■Outward Matrix 2016-03-19 ゼロ秒思考を2年間実践した結果をレポートしてみる
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=74
■ジセダイカイギ2016-03-25 なぜ「0秒思考」の実践でメンタルが強くなるのか?
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=76
■Outward Matrix 2016-03-27 ゼロ秒思考を2年間実践し続けるための、具体的な5つの使いどころ
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=77
■『マンガでわかる! マッキンゼー式リーダー論』
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=78
■Outward Matrix 2016-04-16 人間関係を即座に改善する、「アクティブリスニング」という裏ワザ
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=79
■ゼロ秒思考が実際の成果に繋がる理由を解説する
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=81
■moriya-blog 即断即決、即実行トレーニング ゼロ秒思考 赤羽雄二さんワークショップ2016/04/27
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=82
■Outward Matrix 2016-05-06 効率的な資料作成のために「アウトプットイメージ作成アプローチ」
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=83
■kdsn.xyz【書評】「ゼロ秒思考」の爽快感がハンパなかった 2016/05/10
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=84
■誰もがいつか越える坂道、その先には。。。 ゼロ秒思考 行動編 Mon, May 09, 2016
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=85
■シンプル時々断捨離 2016/05/17 ゼロ秒思考を作るために「1分メモ」を始めます。
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=86
■感謝の1000本ノック たどり着いたのはやっ2016-05-22漫画でわかる!マッキンゼー式リーダー論
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=87
■俺だってヒーローになりてえよ 周りばっ2016-05-23赤羽雄二0秒思考を1分間で理解した気になる
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=88
■何もないがある 音楽と本に書き日々考え2016-05-29 マンガでわかる! マッキンゼー式 リーダー論
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=90
■digital-health 2016-05-30 0秒思考のメモ書きで、悩みとモヤモヤを一瞬ですっきりできます
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=91
■燈月館 アクションリーディン/マンガでわかるマッキンゼー式ロジカルシンキング/ゼロ秒思考
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=92
■シンプルプルもっと自由にTake it easy2016-05-28ゼロ秒思考の赤羽雄二さんの読書術が学べる本
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=93
■未来思考で生きる中級者向けのシンプルかつアウトプット志向の読書法アクションリーディング
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=94
■読むときは1冊に集中する デキる人に変身するための攻め読書習慣2016年6月9日 21時0分
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=95
■Blog. Aqui.la 20160609ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング赤羽 雄二ダイヤ
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=96
■pekoriperoriのブログ 2016-06-12 アクションリーディング - 赤羽 雄二
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=97
■あしたしぬかもよ2016-06-16 0秒思考を実践しなんで最近ブログ更新が減ったのかを考えてみた
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=98
■シンプル時々断捨離3児の母 ゼロ秒思考1分メモは思春期男子の育児に最高理由2016.06.21
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=99
■アクションリーディング1日30分自分変える行動読書なぜ仕事できる人忙しくて2016年7月5日
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=101
■まりもライフ 文章力なくてブログがうまく書けない人のための「ゼロ秒思考」 20160705
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=102
■hangetuitaのブログ2016-07-06 アクションリーディング 1日30分でも自分を変える"行動読書"
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=103
■今、夢に生きる 頭を良くする1分トレーニング。書評『ゼロ秒思考』 2016/07/01 読書
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=105
■Neo Liberal Arts Blogアクションリーディングに学ぶ短い時間読んだ内容身につ2016年07月05日
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=106
■ゼロ秒思考をやってみる会 part2!! 2016.7.9 Roppongi Dance Lab.
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=107
■ノマド女史MINATO's cafe 元マッキンゼー、赤羽雄二さんから学ぶ”スピード”の大切さ
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=108
■一流の情報だけが集まる人の毎日ベストセラ本に飛びつく生活はやめよ赤羽雄二2016年07月22日
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=109
■toricago’s diary2016-07-23 成長思考 赤羽雄二さんから学ぶ心の壁を打ち破る7つのアクション
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=110
■2016/07/30「ゼロ秒思考」を実践している社内サークルのご紹介
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=111
■toricago’s diary ライフハックテク2016-07-30「ゼロ秒思考1.0」から「ゼロ秒思考2.0」の時代へ
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=112
■toricago’s diary ライフハック、テクノロジー 2016-06-261分以内にメールに返信する即レス手法
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=113
■Third-gig My Life's Stats2016-08-05頭が真っ白になりそうな時さらりと切 赤羽雄二2016年41冊目
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=114
■赤羽雄二さんが「成長思考」出版記念で梅田で講演されます。 2016.8.9
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=115
■縁心力2016-08-15仕事を速く済ませたい 遅いと感じる方必見 本速さは全てを解決する 赤羽雄二
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=116
■Cind site Hallo mein2016-08-21ツイ廃をこじらせすぎて0秒思考の「A4メモ書き」に挑戦した
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=117
縁心力2016-08-21 1分で心のモヤモヤを解決!書くだけで心と頭 A4メモ書き ゼロ秒思考 赤羽雄二
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=118
■赤羽雄二氏 『成長思考』刊行記念セミナー 「こうすれば、誰でも驚くほど成長する!」
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=119
■Raise your standard!「ゼロ秒思考」著者の赤羽さんに連絡したら、即レスが来た話。
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=120
■成長思考―心の壁を打ち破る7つのアクション― 赤羽雄二著 定価(本体1,400円 +税)
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=121
■Outward Matrix2016-07-31成長するための7つのアクションとは「成長思考」をレビューしてみる
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=122
■toricago’s blog 2016-08-28 Introducing Zero Thinking Memos
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=123
■僕の思考の質&量を感動的に向上させた「ゼロトレ」1ヶ月間の体験談 2016年9月10日
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=124
■燈月館より早く!より速く!『速さは全てを解決する『ゼロ秒思考』の仕事術』 2016/09/11
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=125
■違いはある、間違いはない。やりたいことはいっぱいある。2016-09-17 速さは正義
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=126
■toricago 2016-09-17 ゼロ秒思考マニアが紹介する、勉強しながらメモを書くコツ
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=127
■自分改造ブログ本に書いていることの0.2%だけ実践して成長しよ2016-09-24成長思考 赤羽雄二
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=128
■あとは頼みます。2016-09-25 【読書】速さは全てを解決する「ゼロ秒思考」の仕事術
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=129
■トップランナーからの教え“ビジネスパーソンは誰でも大きく成長できる”赤羽雄二氏が語る
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=130
■Outward Matrix 2016-10-04 仕事がつらいときのゼロ秒思考は、マジで効果絶大だった
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=131
■toricago ライフハックスピリ2016-08-27ゼロ秒思考メモを書きまくる!考えずに書き続けるコツ
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=132
■akkeyplusのブログ 2016-10-09 ゼロ秒思考 メモ書き24日目、累計497枚 3週間突破!
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=133
■STUDY HACKER【書評】『成長思考 心の壁を打ち破る7つのアクション』2016年10月15日
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=134
■地下階層言語化プロジェクト日々のたわごと 2016-10-16 10月17日(日)ゼロ秒思考実践中
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=135
■ミニマリズムと読書ときどき20161017 1分書くだけ 世界一シンプルなこころの整理法(赤羽雄二、
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=136
■BEST TIMES(ベストタイムズ)2016年10月18日頭が真っ白になりそうなときの対処法
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=137
■Life is colourful. 2016-10-21 考える力生産性UP!ゼロ秒思考が気になっているなら試してもいい
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=138
■Travewriter 2016-10-23《ゼロ秒思考》働く全ての人におすすめする究極の思考法
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=139
■2016/10/27 メモ書き, 読者の声 A4メモ書きで大飛躍!台湾の大学生の事例のご紹介
http://mixi.jp/view_bbs_comment.pl?community_id=4353024&bbs_id=77727365&comment_number=140

コメント(260)

Still Blank
you can't hire someone else to do push-ups for you!
http://www.namtyu.com/entry/zerothinking
2017-06-16
頭の回転を速くする方法=「ゼロ秒思考」が1つの手段・方法である


(抜粋)
継続することが一番の課題

赤羽さんは、このゼロ秒思考を1日10枚、数週間続けるだけで見違える程、頭が良くなると本の中で書いています。

確かに間違いなく頭が良くなることは私自身も実感しています。



しかし、問題はいかにこれを継続するか。

一日10枚は簡単に続けられるものではありません。

正直5枚でも苦しいです。

なので、もしこれからゼロ秒思考を続けていきたい方は、

習慣化させる仕組みを合わせて考えた方がいいと思います。



私で言うと、出社後の10分間は業務外時間として、

パソコンも起動させずゼロ秒思考を必ず3枚書く習慣をつけています。

周りからは何やってんだ、こいつ。

と確実に思われますが。笑

しかし、頭がさえてめちゃくちゃいい感じです。


ビジネス書籍ユーザーレビュー ビジネス関連書籍の紹介日記です
2017-06-19 マンガで分かる!マッキンゼー式ロジカルシンキング 赤羽雄二(著)他
http://book.user-re.com/entry/2017/06/19/102201

この本は1983年にスタンフォード大学に留学し、機械工学修士、修士上級課程を修了後、1986年に世界最高のコンサルティング会社、マッキンゼーに入社した赤羽雄二さんの文章と、大舞キリコさんの絵による漫画で構成されている、企画、営業、プレゼンなど仕事やプライベートに役立つ思考方法のノウハウが書かれています。そして星井博文さんがシナリオ制作をしています。

この本では、実際にマッキンゼーに勤めていた赤羽雄二さんの文章をもとに、マッキンゼー式のロジカルシンキングの方法とやり方について、分かりやすくロジカルシンキングについて説明してくれているストーリー漫画と一緒に、詳しく紹介されています。

ロジカルシンキング、それは仕事やプライベートで起きた問題を論理的に解決するための思考方法です。
suy0ng’s blog 2017-06-19
アクションリーディングを読んだ
http://suy0ng.hatenablog.com/entry/2017/06/19/230813

アクション リーディング 1日30分でも自分を変える“行動読書”
作者: 赤羽雄二
出版社/メーカー: SBクリエイティブ
発売日: 2016/05/26

マッキンゼー出身の人が書いた「攻めの読書」の話が満載。ただ読むだけではなく、いかにして行動に移し、自分の糧とするかが書かれている。

以下印象に残ったハイライト

ネットの情報は、新しい情報を追うには適していますが、その多くは、短い時間と浅い知識で書かれたものが大半です。それをどれだけ読んでいても、自分の見識はあまり深くならないと思います。
情報元も確認せずにヘッダーだけで全部読んだ気になって、「〇〇て〇〇らしい」とかいうパターンもそれに値すると思う。何十記事とまではいかなくても、数記事読み比べて、国際的な話題なら英語の記事も読まないと本質はつかめないと実感した。

読書のメリットは、何といっても知識がどんどん増えることです。自分の知らない世界を知り、国内外で今何が起きているかを知り、歴史や地理、科学を知り、優れた経営者や企業のユニークな経営のあり方を知ることができます。
自分の知らない世界を読書で体験できる。

要は、本を余暇とか趣味とか考えずに、自分の24時間のなかで割り振るべき重要な活動の一つと見て、自分にとって快適かつ生産的な時間のかけ方を習慣化することが非常に大切です。
これが攻めの読書てことですね。

本を読むこと自体を目的とせず、成長のきっかけにしたほうが、より自分を磨くことができるのです。
確かに読むことに満足してる時は内容が入ってきてない気がする。

本をわざわざ買ったのに積読になってしまうことへの対策は「本を買ったらすぐ読んでしまう」ことに尽きます。
この本すぐに読みました。

本を読んだらできるだけブログに書くのが、何といっても効果的です。理解が非常に深まりますし、そのブログを読んだ人からのフィードバックもあり、一人で読んだだけでは到底得られない刺激になります。ネットワークも広がり、想定を超えた好循環が始まります。
早速書いてます。

コンサルタントの人だけあって、話の前提が精進とか営業よりの話がところどころあった。 積読を回避するためにすぐ読む、更には本屋にいかないてのは少し衝撃的だったけど、こうしてアウトプットすることで少しは身になりそうな気がした。
http://no20170416.hatenablog.com/entry/2017/06/24/134522

はしる犀のつぶやき
2017-06-24
【3年後に結果を出すための最速成長】成長するためのヒント P24-P27 肉体労働がなくなる?
赤羽雄二さんの最新刊(2017年6月20日現在)が出ました。
Still Blank
2017-07-01
<ゼロ秒思考の実践>ちょっとした悩みもこれでスッキリ!
http://www.namtyu.com/entry/zerothinking2

you can't hire someone else to do push-ups for you!

もやもや駅伝 もやもや解決のバトンリレー
2017-07-02
赤羽さんの「3年後に結果を出すための最速成長」より、『成長しないと生きていけない』
http://kazuhiro-sakurai.hatenablog.com/entry/2017/07/02/060802

世の中はものすごいスピードで変化している。その変化の中心には、ブロックチェーンがあります。

ブロックチェーンを知らない、聞いたことはあってもよく知らない場合は、本書を読むことをおすすめします。

本書の98ページから、ブロックチェーンの説明と、社会にもたらすインパクトが分かりやすく書かれています。

ブロックチェーンは、産業革命、PC革命、インターネット革命と同じかそれ以上のインパクトをもたらします。今後3年間の過ごし方は、10年後に生き残れるかどうかを決めます。

私がこうしてブログを書くのも、自分の情報発信力だったり、思考力だったりといった生き残るための総合戦闘力を上げる目的があります。お付き合いいただきありがとうございます。



▼人生をシンプルにするサイト
愛車GOLFの燃費アップ、書評、ゲーム、
WPでのHP運営などの雑記ブログ

マッキンゼー式ロジカルシンキングで自分を見つめてみた 2017/7/28 書評
https://simple-k.com/blog/books/mckinsey-thinking

【第1回】経営者必見!3か月で残業ゼロを実現する9つのステップ – 前編 –
2017.7.27
https://b-t-partners.com/innovation/4012

日本の人口減少による労働力の低下や、相次ぐ過労死の問題によって、近年ようやく日本でも、国をあげて働き方が見直されるようになりました。週休3日制やリモートワークを導入する企業や、「残業ゼロ」を本気で目指す企業もでてきているなか、今の時代の経営者、リーダー、一般社員は、それぞれどのような姿勢で、仕事の取り組み方を変えていけば良いのでしょうか。

7月に出版された最新著『最少の時間で最大の成果を上げる最速のリーダー』では、ホワイトカラーの残業ゼロを実現するための日本初の具体的提案をご紹介しています。残業ゼロを本気で実現したい経営者が何をすべきなのか、役員・部長・一般社員がどうすべきか、社員の本音まで踏み込んで詳しく解説しました。

電通の例を出すまでもなく、日本企業から無駄な残量をなくし、本当に価値ある仕事だけに取り組んでいく必要があります。そうしなければ、ますます加速するグローバルかつ激しい技術競争下で生き残っていくことはできません。残業ゼロは人件費削減ではなく、付加価値を上げ、競争力を上げるための鍵となります。そして職場のしがらみや日本人の価値観などから、残業ゼロは経営者のコミットメントが大前提です。時流に乗り遅れず、会社を変革できるかどうかは、経営者にかかっているのです。

http://www.sbbit.jp/article/bitsp2/33805#continue_reading

マッキンゼー式の思考法とは? 「日本企業の『経営力不足』は致命的」 赤羽雄二氏に聞くホワイトカラーの生産性向上
日本企業の生産性向上、特にホワイトカラーの生産性向上は、いまや喫緊の課題となっている。近年注目を集める「残業の抑制」や「ワークスタイル変革」も、生産性向上の手段だ。では、生産性向上のため、経営者を含めたビジネスパーソン一人一人が今日から実践できる具体的な取り組みは何だろうか? ベストセラー『ゼロ秒思考』の著者である赤羽 雄二氏に、日本企業が抱える課題とともに、生産性向上のために今求められていること、その中でITが果たす役割などを聞いた。

日本企業の最大の課題は「経営力不足」

──昨今のビジネス環境では、企業の意思決定に、よりスピードが求められているように感じます。こうした変化について、赤羽さんはどのようにとらえていらっしゃいますか?

赤羽氏:インターネットの登場以降、ビジネスのスピードが加速しています。その結果、日本企業と米国企業では、生産性に大きな差がついてしまいました。さらに、企業の成長スピードも加速しています。フェイスブックが登場したのが2004年で、そこから一気に何十兆円もの価値を持つ企業に成長しました。アマゾン、アップル、グーグル、またテスラもそうです。1人の極めて卓越した起業家が登場し、すさまじいスピードで意思決定し、圧倒的な勝ち組になったのです。

 一方の日本企業は、みんなで議論して何もしない。もしくはようやく一歩進むといった状況です。結果として、マラソンにたとえるなら、すでに先頭集団は25〜30キロ付近を走っているのに、日本企業はまだスタート地点、といった状況です。ここから追いつくには、よほどのことをしなければ難しい。「即断即決、即実行」の重要性がますます高まりました。


東京大学工学部を1978年3月に卒業後、小松製作所で建設現場用の超大型ダンプトラックの設計・開発に携わる。1983年から1985年までスタンフォード大学 大学院に留学。1986年マッキンゼーに入社、マッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げる。2000年、シリコンバレーのベンチャーキャピタル、テックファームに入社。次いで2002年1月、2人のパートナーと独立し、ブレークスルーパートナーズを共同創業。「日本発の世界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すことを使命として多方面で活躍中。ベストセラーとなった『ゼロ秒思考』『速さは全てを解決する』を始め、『アクション リーディング』『最速成長』『最速のリーダー』など著書多数。

──高度成長期には、日本企業もうまくいっていたように思えますが……。

赤羽氏:高度成長期は、アメリカが何でも買ってくれました。しかも、中国や韓国、台湾、インドなどとの競合もほとんどない状況でした。したがって、ものづくりの伝統、高いすり合わせ技術を持っていた日本は、それを活かして製品を作り、品質を高めていけば売れる商品が作れたのです。

 しかし、今は違います。今は少数のスーパーエンジニアが開発したアプリケーションやサービスが、一気に世界を制する時代です。経営のスピードも製品やサービスの変化も、すさまじく加速しています。

 2000年以降、私は日本企業の「経営力のなさ」が致命的だと指摘してきました。意思決定が遅く、ここぞというときにアクセルが踏めず、勝負できないのです。

 高度成長期に比べて経営者の質が大きく落ちたとか、そういうことではないと考えています。高度成長期に経営者が特別優秀だったわけではなく、アメリカが商品を際限なく買ってくれて、競合があまり存在せず、日本にものづくりの技術があって、日本人に誠実、質へのこだわり、熱心さ、滅私奉公といった資質があったから爆発的に成長したと考えられます。残念ながら、真のグローバリゼーションが始まった途端、そういった競争環境が変わり、日本人の強みが通用しなくなったのです。
この記事の続き >>
・即断即決の意思決定を可能にする「ゼロ秒思考」とは
・「残業ゼロ、人件費アップによる生産性向上」こそ生き残る唯一の道
・ITから始めるな 資料を半分にする過程でワークフロー改善やペーパレス化がある

即断即決の意思決定を可能にする「ゼロ秒思考」とは

──「ゼロ秒思考」を提唱され、書籍も書かれています。ゼロ秒思考とは、具体的にどのようなものでしょうか。

赤羽氏:コマツの一エンジニアであった私がマッキンゼーに入って驚いたのは、仕事の量とスピードが何倍にもなったことです。それで、次から次に降ってくる仕事を整理するために、A4の紙に書き始めたのが最初です。

 その後、いろいろな変遷を経て、A4横置きの紙を用意し、左上にタイトル、右上に日付を書いて、心に浮かんだこと、疑問に思っていることなどを4〜6行、各20〜30文字、1分間で書くという方法を確立しました。これを1日に10〜20枚書くようにすると、どんな人でも始めてだいたい3週間で効果を実感できるようになります。早い人は書き始めてすぐです。具体的には、人の言うことが一度で頭に入るようになったり、問題解決力が上がってリーダーシップを発揮できるようになったりします。

──思考を整理するという意味では、マインドマップのような方法もありますが、そのような手法とは何が違うのでしょうか。

赤羽氏:そうですね。マインドマップは作業そのものが楽しいので、30分や1時間かけてじっくり作ることになりがちです。場合によってはもっと時間をかけたくなることも多いと思います。どんどん素晴らしい図ができあがっていく楽しみがありますから。問題は、実際は同じ時間にあと10〜20個の課題を整理したほうがよいときでも、その一つだけに多くの時間をかけてしまいがちだということです。しかも、一つひとつのバブルの中に書くのは単語か短文だけです。これだと言語化能力はあまり身につきません。

 私の方法は、1日に10〜20個の気になるテーマをそれぞれ1分で整理するので、悩みが多くもやもやしているほとんどの人にとっては、頭の整理が進みやすいと思います。上司から「あれ、やっといて」とあいまいな指示をされて困った経験がありますよね。大して悪意なくこういう粗雑な指示をしてしまうのは、言語化がうまくできないからです。伝えるべきメッセージを過不足なく伝える訓練をあまりしていないからです。さらに、人間の脳は自分に都合よく記憶を書き換える傾向があります。書き換えたことにも気づきません。曖昧なコミュニケーションにより「言った言わない」「話が違う」といったトラブルになるのはそういった理由もあります。

──A4の紙にメモを書くことで、もやもやしたものがはっきりしていくということですね。やはり、キーボードではなく手を使って書くことが重要なのでしょうか。

赤羽氏:手を動かした方が効果的であることは、いろいろな論文でも言及されています。しかし、それ以外にも、手を動かした方がいい理由があります。概念は、言葉ではなく絵で表現したほうがよい場合があるからです。キーボードだと絵を描くのが大変なので、本来言葉ではなく絵で表現すべきものも無理に言葉で表現しようとしてしまいます。A4メモ書きなら、そういう問題がありません。書いた文章の右側や下側に10秒程度で描けてしまいます。PCだとちょっとしたものでも10〜15分はかかってしまい、思考を止めてしまうか、絵やイメージを描く、という大切な部分を端折ってしまいがちです。

日本企業の生産性で足を引っ張るのはホワイトカラー

──即断即決が求められる一方で、「経営には慎重さが必要だ」という意見もあると思いますが。

赤羽氏:もちろん、慎重さを必要とする判断もあります。しかし、ものすごいスピードで考えていれば、判断する時間自体は短くてすみます。意思決定をだらだらと引き延ばすのではなく、必要な意思決定を最速で行い、実行自体は状況をよく把握しながら進める、ということもできます。A4の用紙のメモを何千枚も書くことで言語化能力と思考力を鍛えれば、必要に応じて最速で意思決定できる、それが「ゼロ秒思考」なのです。

 実際に、多くの国でワークショップをやっていますが、効果は世界共通です。まず、自分の考えが整理できるようになるので自信がつきます。生産性向上が目的なら、どこにムダがあって、どうすればムダをなくせるかを迷わずに整理できます。どうやって会議を短くするか。どういった資料を減らすか。どうやってサプライヤーをうまく活用するか。こういったことをA4の紙1枚に1分で書くことで、情報が整理され、生産性が向上します。

──日本は製造業、工場の生産性は高いのに、サービス業やホワイトカラーは低いといわれます。こうした状況も、ゼロ秒思考で改善できるでしょうか。

赤羽氏:製造業で生産性が高いのは現場です。しかし、バックオフィスのホワイトカラーの生産性は低いのが実態です。また、サービス業の生産性が低いのは、日本の場合、サービスへの要求水準がとても高いという面もあると思います。ですから、生産性を語るときは、製造業の現場、サービス業の現場、ホワイトカラーの3つを分けて考えた方がよいでしょう。ホワイトカラーの生産性向上にゼロ秒思考は大きな効果があります。もちろん、製造業・サービス業の現場改善にも効果的に使えます。ただし、ホワイトカラーの生産性向上に最も効果的な方法は、「残業ゼロを実現し、人件費をむしろ上げる」という全く新しいアプローチです。

「残業ゼロ、人件費アップによる生産性向上」こそ日本企業が生き残る唯一の道

──人件費を「上げる」ですか? 残業をゼロにすれば、人件費削減になるのではないでしょうか。

赤羽氏:まず、オフィスには8時間以上滞在しないように決め、それをトップダウンで徹底します。昼食が1時間なら9時間ですね。トップダウンで会議や書類を半減します。これまでのようなムダがあると、帰れないので、それ以外の無駄廃止も次々に始まります。これまでずぶずぶだったので相当の改善が見込めます。その延長線上に、ホワイトカラーの生産性向上が始まります。ただし、これは人件費を減らすのが目的ではありません。私も会社員の経験があるのでわかりますが、多くの社員は残業代込みで生活を組み立てています。したがって、残業を減らして残業代が減ったら、多くの社員の生活が成り立たなくなります。

──確かにそれは困ります。しかし、具体的にはどうすればよいのでしょうか。

赤羽氏:まず、社長が本気で取り組むことが出発点になります。その上で「残業を3か月後にゼロにする」と宣言します。そして、翌月に平均残業時間を半分に減らします。これはトップダウンで進め、意思決定を加速すれば全然できないことではありません。

 2か月目は、さらにその半分に減らします。そして、3か月目に残業ゼロにします。ただし、社員に求めるアウトプットは変えません。そして、その間は残業削減報奨金を出します。減らした時間に対して残業代を支払うのです。したがって、3か月間のトータルの人件費は変わらず、残業代をあてにしていた社員も困りません。

そして、次の月からは、社員のアウトプット量に応じて貢献度給を支払います。すると、仕事ができる人たちが急に目立ち、光りはじめます。皆さんの職場にも、とても仕事ができ余裕もあるのに、遅くまで残っている人がいませんか。彼らは、もっと早く帰れるのに、あまり早く帰ると周りからとやかく言われるので適当に流しています。しかし、残業をゼロにし、貢献度給を払うようにすれば、彼らが本気を出し始め、生産性を一気に上げてきます。

 結果として、アウトプットの質と量が向上し、売上も上がります。それによって人件費を増やすことができるようになります。このすべてのプロセスは、社長の断固たる決断と細部にいたるまでの具体的フォローアップなしでは実現しません。日本企業によくあるような部長発案で、社長が「よきにはからえ」程度のコミットメントでは、根本からの改革につながらないからです。

 さて、残業ゼロが実現したら、社員は平均で2〜3時間の時間が浮きますから、その半分を自らの成長に投資できます。管理職・役員もこれに習います。仕事に追われて自分の成長になる時間を全く割かないのではなく、むしろどんどん成長するための時間を投資する、という考え方です。AIの進化によって、これからは急激に仕事がなくなりますし、変わっていきます。それに備えて、毎日、1時間以上は自分の成長のために使うのです。これが、一人ひとりだけではなく、日本企業が生き残る唯一の方法だと思います。残業ゼロ実現の具体的な方法は、7月11日刊行の『最少の時間で最大の成果を上げる 最速のリーダー』に詳しく述べました。

ITから始めるな 資料を半分にする過程でワークフロー改善やペーパレス化がある

──ムダをなくし、生産性を向上させるうえで、ITが果たす役割についてもお聞かせください。

赤羽氏:ITから始めてはいけません。IT投資の話にすぐなります。まずは、先ほどご説明したように経営者が会議の数と時間を半分にする。すべての資料も半分にする。しかし、時間がたつとまた増えるので、3か月に1回はそれを繰り返す。そして、残業ゼロを徹底的にやる。その過程で、ワークフローシステムやペーパレス化など、必要なITがあれば導入すればよいのです。

──最後に、日本企業の経営者にメッセージをいただけますか。

赤羽氏:日本企業の競争力は、高度成長期以降、落ちる一方です。原因は経営力です。それが、高度成長期の終焉とともに露呈しました。そこにグローバリゼーション、IT、インターネット、さらにAI、IoT、ビッグデータなどの活用が始まってしまいました。スピードの遅い日本企業は、これらすべてが苦手です。

 経営力のなさは、今の経営者だけの問題ではなく、過去数十年の経営人材育成の不備であり、日本企業のDNAや体質にも依存する根本的な問題です。ただ、高度成長期だけはものすごい追い風・神風が吹いてくれていたのでよかった、というのが私の理解です。

 日本企業の経営力は決して高いとは言えない。一方、経営者の資質が一層重要な時代になった。したがって、今、日本企業の経営力強化に全力で取り組むことが喫緊の課題です。

 具体的には、最低5年、できれば10年後をにらんで次の次の社長の時代にはグローバル競争に勝てる経営力を持って行動できるよう、30〜40代のポテンシャルの高い社員を20人ほど選出し、適切なローテーションを通じて経営力を磨くことができるよう、取り組んでいくことが急務です。似たような仕組みはどの大企業にもありますが、大半は形骸化しています。年次で選んだり、上層部の受けのよい人材を選んだり、行き当たりばったりのローテーションをしたりするだけだからです。

 そうではなく、自社の競争力のなさを冷静に判断し、本気で最高の人材を育て上げる決意が必要です。そういった人材が育つまで何とか会社を持ちこたえさせるのが現経営者の責務です。そのためにも、ホワイトカラーの生産性向上に今すぐ取り組む必要がありますし、そのためには、残業ゼロの実現が出発点になります。仕事の生産性を上げても早く家に帰れるわけではなく、また収入が減るのでは、誰も本気で取り組まないからです。

──本日は、貴重なお話をありがとうございました。
えっこんなのでいいの?頭の回転を速くする簡単過ぎるトレーニングがすごい!
http://www.youbaokang.com/odai/2144301569055745901/

2017年8月2日 ニュースの概要
誰でも気軽に簡単に、今日からできるトレーニング。場所、時間を選ばず、お金もかからないので誰でも今日からスタートできます。開始して1ヶ月が経ち、効果を実感したのでまとめてみました。
『ゼロ秒思考』とは?


リクナビNEXTジャーナル 2017-08-03
「残業ゼロ」で成果を上げるための仕事術3つ――元マッキンゼー『ゼロ秒思考』著者が伝授
 かしこい仕事術
https://next.rikunabi.com/journal/entry/20170803_M2

長時間労働に対する是正の動きが強まる中、「残業ゼロ」運動というかたちで労働時間の削減に精力的な企業は多い。しかし、単に「労働時間を減らそう!」と呼びかけただけではなかなか減らないもの。組織として、個人として、効率的に仕事を進めることが何より求められる。

今回は「残業ゼロ」を実現するための効率的な仕事術について、『ゼロ秒思考』などの著者であるブレークスルーパートナーズ株式会社の赤羽雄二氏に紹介していただく。


世界的にも例がない日本の長時間労働と生産性の低さ

日本企業の長時間労働と生産性の低さは世界中に広く知られています。日本の労働生産性はOECD加盟35カ国の中で22位※、主要先進7カ国では、1970年から連続で最下位です。生産現場の生産性の高さは広く知られている通りですので、足を引っ張っているのは間接業務、すなわちホワイトカラーの労働生産性ということになります。

多くのビジネスパーソンが、会議の多さやその長さ、また膨大な書類の作成に問題意識を持っていることと思います。


ほとんどの仕事は数倍速くできる

私はコマツからマッキンゼーに転職したときの経験、マッキンゼーをやめて独立したときの経験、また長年にわたる大企業の経営改革やベンチャー支援の経験から、ほとんどの仕事はやり方次第で今より数倍速くできると考えています。

みんな、あまりにもムダが多いし、少しでもスピードアップしようという努力をほぼしていないからです。「早く家に帰りたいな」とか、「この仕事早く終わらないかな」と思うことは多々あっても、「じゃあ、今週この仕事を1割早く終えるようにしよう」といった努力をしないのです。

多くの人が「山積みの仕事を何とか片付けよう」とか「もう木曜日になっちゃった。あしたの夕方までに何とか終わらせなくちゃ」というところで止まっているようです。したがって、会議や書類削減という会社・部門レベルの解決策もさることながら、個人として一人ひとりのスピードアップが劇的にできると考えています。それには以下のようなチャレンジがあります。

【チャレンジ1】日々加速……仕事を日々加速する
1)単語登録
単語登録を200語ほどすると「自分はこんなに早くメールを書けたんだっけ?」と驚くほどになります。「グーグル日本語入力のほうが早い」という人がよくいますが、細かく単語登録したほうが的確に自分の思った通り、最小ストロークで書けるようになります。短文も、よく使うURLも、よく使うメールアドレスも、会社住所も全部単語登録できますので、メールを書いたり、書類を作成したりするのが楽しくなります。

2)書類テンプレート作成…
3)文例フォルダの作成、活用…
4)ショートカットキー利用…

【チャレンジ2】先手必勝…困難な仕事ほど、すぐに着手する
残業ゼロは簡単なことではありません。長年、仕事を続けていると困難な仕事が多くなります。どうしてもそういう仕事は後回しにしてしまいがちですが、後回しにすると必ず難しくなります。時間に追われ、人にも相談しづらく、プレッシャーも四方八方からかかってくるからです。

「先手必勝」と念仏のように唱え、一番難しい仕事に目をつぶって飛び込んでみるしかありません。何回かやっていると、だんだんと習慣となっていきます。そうなるまで、同期4〜5人で仲間をつくり、「先手必勝会」をやってはいかがでしょうか。週1回、始業前あるいは金曜18時などに集まって、「今週(来週)はこの残業削減について先手必勝するぞ!」と宣言し合うだけです。それだけでも大いに違います。

あとは、「こういう先手必勝をして残業削減の成果を上げました」というブログを書くことです。読書記録としてのブログを書いている人は多いと思います。その仲間ですね。人と言い合う、宣言する、というのが気持ちの弱さを補ってくれます。

【チャレンジ3】仕込み万端…普段から準備しておく、仕込んでおく
シェフや板前さんにとって仕込みが重要であるように、仕事の質もスピードも仕込みが鍵になります。仕事においての仕込みとは、次のようなものを指します。

 ・残業削減を始めるため、自分の過去2週間の時間の使い方を整理しておく
 ・スピードアップすべき業務を洗い出すため、仕事の速い先輩を観察しておく
 ・企画書をつくることがわかっていたら、関連情報を先に集め始めておく
 ・新しい業務につくときに、経験のある先輩、同僚、友人から話を聞いておく

■「ACTION READING」読書の先に行動がない読書には意味がないと思った 2017-09-03 Book
http://kentabi.com/book-action-reading

こんにちは。Ken(Ken_kentabi)です。
僕は本を読むのが好きなほうでよく本を読むのですが、後々考えてみるとその内容を覚えていないことが多々あります。
原因はシンプルで、読んだ後に何も行動を起こしていないからです。インプットだけしてアウトプットをしていないんですね。
とは言えもはやこれではインプットも出来ているか怪しいのですが。

さすがにこれではいくら本を読んでも身にならないので、少しでもアウトプットしようと思って始めたのがこのブログだったりします。
なので多少以前よりは読んだ本が頭に残っている気もしますが、まだまだ十分とは言えません。
どうしたらもっと読書を行動につなげられるのだろうか。そう考えていたときに巡り合ったのが、赤羽雄二さんという元マッキンゼーのコンサルタントの方が書いた「ACTION READING」という本です。
この本には、何故読書の時間が取れないのかといった問題から、その読書をいかす方法までが具体的に書かれています。
これこそまさに僕が求めていた本でした。
皆さんにも是非おすすめしたい本なので、少し内容を紹介しますね。
アクション リーディング 1日30分でも自分を変える”行動読書”
「ACTION READING」赤羽雄二
アクションリーディングとは
アクションリーディングとは、読んだ後の行動につなげるための読書という意味だと僕は理解しました。
赤羽さんの表現で言えば、受身の読書ではなく攻めの読書となります。
つまり、ただ本を読んで満足するのではなく、読んだ後にその内容を実践するところまでを含めた読書ということですね。
冒頭で僕が述べたように、本を読んでも内容を忘れてしまう、その後の行動につなげられないという方は多いのではないでしょうか。
そのような方は、受身の読書しかしていないわけですね。読んで満足してそれで終わっているわけです。
その一冊を読むべき理由がある
何故その本をあなたは読んでいるのでしょうか?読みたいと思ったのでしょうか?
そこには必ず理由があるはずです。
たまたま本屋で目に付いたから、気になったからといった理由で取ったという人は、何故それが気になったのかを自問してみてください。
きっと自分の潜在意識化に何かひっかかるものがあったからですよね。
そしてその理由は、本を読んでいる際にも常に意識しましょう。
そうすることで本を読むことに明確な目的意識が生まれ、集中して読むことが出来るはずです。
本は何冊も平行して読まない
気になる本があったときに、それらをまとめ買いして同時進行で読む方もいると思います。
僕も結構やりがちで、一気に買っては一緒に読むということをよくやっていました。
しかしこれだと、本当に短期間で読みきらないとそれぞれの冒頭部分などがすっかり抜け落ちてしまったりします。
そうなるとまた最初から読み返す羽目になり、時間の無駄でしかありません。
これを防ぐためにも、本は1冊ずつ集中して読むことを赤羽さんは推奨しています。
また、買ったら決して積読せずにすぐ読み始めることも大事だそうです。
後回しにすると、そのうち読む気が薄れてしまったりするものですからね。
ついつい本をひっきりなしに買ってしまう方は、その日に読みきると決めてから買うと良いそうです。
僕も特にkindleだとぽんぽん本を買ってしまい、読まずに放置なんてことがよくあるので今度からこれを強く意識するつもりです。

チャレンジシートを書く
本を読んでもそれを行動に移す前にまた次の本を読み始めてしまう。
それを繰り返してしまうため、せっかく読んだ本なのに何も活かされないなんてもったいないですよね。
そんな状況を打破するために、チャレンジシートを書きましょう。
1冊読むごとに、下記のフォーマットで書くと良いそうです。
シンプルですが、本を読んだ理由からその後の行動までしっかり自分の頭の中に落としこめた気がします。これはすごくいいですね。
今後は読書したらまずチャレンジシートを書き、その後ブログに書くというステップを踏んでみたいと思います。
終わりに
アウトプットなきインプットに意味はないなんて記事を書いたことがありますが、実際どれだけ出来ているかといったらだいぶ怪しいです。
せっかく今回ACTION READINGという本を読んで読書を行動に移す術を学んだので、これからはもっともっとアウトプットを大事にしていきます。
その先に行動がない読書をするのは、もう終わりにしましょう。
■仕事が遅くて悩んでいる方向け!「ゼロ秒思考の仕事術」読んでみた
2017/9/4

http://rikediary.com/recommend/book-review/zero-second-thinking/

どーも、暇な理系院生(@himanarikei)です。
今回僕が読んだ本は、「速さはすべて解決する「ゼロ秒思考の仕事術」です。
この本を読んだ理由は、世界最大の戦略コンサルで有名なマッキンゼーで働く人たちってどんな働き方をしているのだろうと気になったからです。
コンサル職というのは、自分のアイデア、仕事の速さが価値なのでそういう人たちとどれぐらい差があるのかといったことも確認してみたいと思いました。
そんな時に、この作品を手に取ってみて「おっ!これは面白そうだぞ!」と思って軽い気持ちで読んでみました。
そこで、本に書かれていた内容を少しづつ要約しながら、自分が特によかったと思った部分を紹介していきます。

目次 [hide]

1 要約&感想
2 まとめ

要約&感想
日本のホワイトカラーの生産性の低さの三大要因は、
「自分で決定し、推進しきれない多くの経営者や部門長」
「部門内外の調整につぐ調整」
「それにともなう膨大・過剰な書類作成」
だと考えている。

中略

まとめ
この本を読んで、自分の決断スピード、課題の実行スピードが恐ろしく上がりました。
具体的には、学会の予稿の提出1週間前には完成版が出来上がり、必要書類なども言われる日に出すようになりました。
その結果、周りの評価も「与えられた仕事が出来る人」だと信頼されるようになり、周りのメンバーに影響を与えることが出来ました。
また、研究室内での後輩に対してポジティブフィードバックを少しずつ意識した結果、成長スピードが著しく早くなったことを実感し、ゼロ秒志向の重要さを肌で感じました。
みなさんも何事も後回しにせずにスピード感をもってやってみませんか?
速さは全てを解決する―『ゼロ秒思考』の仕事術
▼39歳、初めての転職。それも給与下げずに異業種へ。
 「0秒思考」な赤羽雄二さんの講演に行ったらラオウがいた 2017年09月13日
http://www.pizza03.com/article/453448018.html

(中略)

■継続できない理由(言い訳)を考えてみた
・「1ページ1分で」がルールなのに1分で終わらない。
 色々考えてダラダラと数分掛かってしまう。
・紙を出して書くのが面倒
・自分の字が汚くて嫌い。
・手書きよりPCでのタイピングの方がスラスラ書ける。
・PCのメモ帳の方が書きなぐりやすい(気がする)
・効果があまり実感できない

(中略)

■ご本人登場。覇王色が見える
会場に入ると30人ほどの参加者が既に着座。
 スーツのサラリーマンが多そうだが主婦風の方もチラホラ。

 一番前のセンターが幸運にも空いていたので迷わず、そこへ。
 ※セミナーとか講演会って、小学校の頃から最前列・センターって空いてる。
  こういう著名人と間近で接することができる時こそ、ありがたい。

開始5分程前。赤羽さん入室。
演台に座られノートPCを開き、カタカタ。
隙間時間を惜しんで(いるように見えるだけか?)カタカタ。
カタカタ。普通の職場にいる、普通の上司に見える。普通。。。

開始時間。赤羽さん言葉を発する。

 カタカタやっていた普通の上司が、言葉を発したとたん、只者ならぬ気配に。
 ちょっとビクつく。
 鋭い眼光も相まって、何だか、いきなり上司に問い詰められている気分に・・・。
 なんだ、この感覚。。。。

実際は、上記の動画と同じくらいのスピーチスピード・雰囲気だったのかもしれない。
ただ、わずか1m足らずという間近での体感は1.25倍速ぐらいに感じ、
同時に背中から覇王色が浮かんで見えていた。 

内容は下記のとおり。
1、簡単な自己紹介
2、もやもやするのは?
3、もやもやをなくし、気分をすっきりさせるメモ書き
4、練習:A4メモ、アイデアメモ、ロールプレイング
5、人間関係での問題解決について
6、参考図書、セミナーなど

全体で90分という時間だったためもあるのか?
ライオンを目の前にした子羊に勝手になっていたからなのか?
自己紹介から最後まで、圧倒的な「圧」と「スピード」を感じながらの90分間だった。

(中略)

■感想
・基本的には書籍に書かれている内容
 ただし、読むのと聴くのとは大違い。直接、質疑応答にも対応いただけた。
・人は元々、瞬時に判断と行動をして生き延びてきた。
 それができないなら絶滅していた。一瞬で判断・行動はできる。
・1枚1分ですばやく書く。絶対に1分で書く。
 時間を区切ることで脳がトレーニングされる。
・自分が読めるギリギリの汚い字でいい。綺麗に書く必要は無い。
・文章で書く。なるべく1行20〜30字。
 例)有限実行できない【×】8文字
   ⇒ブログを毎日更新するとしたのに2〜3日に1回しか更新していない【○】31文字
・「1分間厳守」となると追い立てられ「必死」になる。フルパワーなる。
・守破離。完全に真似をする。そのとおりにやる。
 試行錯誤して辿り着いた型を安易に崩し「効果がでない」は当たり前。
 中途半端に真似しても効果はない。意味がない。
 例)1分だと書ききれないから3分で【×】 
   ⇒1分で書く。書く努力をする【○】
   A4だと余白がもったいないからA5にする【×】
   ⇒A4の意味がある。A4でやる。【○】

実際に「練習」として「A4メモ書き」を1分間で何度かやってみると、
最初は焦るばかりで中途半端にしか掛けない。
それでも数回「1分間限定」を繰り返すと徐々に「慣れ」が生じ、
最後の方は一通りなんとか(本当になんとか・・・)書き切ることができた。

ただし、脳味噌はぐったり、数回やっただけなのにグッタリ。
この感覚は筋トレと一緒。明らかに脳を使った。。。
たしかにトレーニングになっている。。。

わずか90分のセミナーにもかかわらず、
ものすごく気力を消耗する90分間だった。

(中略)

■まとめ
・何かを学ぶ時、まずは型(ルール)どおりにやる。
 完全に真似る。そのとおりにやる。守破離。
 中途半端にアレンジして「効果がでない」は当たり前。
・同じ曲でもCDで聞くのとライブで体感するのとでは、まったく感じ方が異なるように
 直接逢って話しを聴く効果を改めて実感。
・後半は赤羽さんがラオウにしか見えなかった
LIVE ホウドウキョク
https://www.houdoukyoku.jp/posts/18502

もう「残業すればなんとなかなる…」はナシ。無茶な仕事も定時内でこなして帰るための心得
特集「『やる気をコントロール』できたらいいのに…」第4回  Sep 21, 2017

・「無茶な仕事」と嘆くより、仕事のやり方を見直すべし
・頼まれた仕事は断れない。だからこそ、常に頭を冴えた状態に
・仕事の進め方は、自分次第。8時間を全力疾走することを心がけよう

毎日溜まっていく仕事に振り回されているアナタ。「残業、いや徹夜すればなんとかなる…」なんて考えて、延々と仕事をしてはいないだろうか? そのうち、仕事へのモチベーションは低空飛行…。やりがいを見失っている人もいることだろう。

そんな人に伝えたい“仕事と自分の管理術”がある。「まずは、所定内に仕事を終わらせるという意識改革が必要」と説くのは、ベストセラー書籍『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』(ダイヤモンド社)の著者である赤羽雄二氏だ。
赤羽雄二氏

「無茶な仕事」と嘆くより、仕事のやり方を見直すべし
次から次へと降りかかる仕事。組織に属している以上、どんなにスケジュールが厳しくても、簡単に拒否することはできない。本来は、個々のキャパシティに目配りしながら適切に采配すべきだが、残念ながら世の中にはマネジメント能力に難がある管理職も数多く存在する。結果、部下は「残業」での解決を選択してしまいがち。しかし、デキない上司を呪う前に、まずは自らの意識を変えてほしいと赤羽氏は言う。

「そもそも仕事で成果をあげるためには、“無理難題”が生じてしまうのです。それが一つだけではなく、二つ三つと同時進行で処理しないといけないこともあるでしょう。だからこそ、無茶なスケジュールを振られたときでも対応できるよう、日頃から準備をしておく必要があります」(赤羽氏、以下同)

その準備とは、簡単にいえば日頃から仕事の処理能力を上げておくこと。すでに限界以上に働いていると思っていても、必ずどこかに無駄がある。

「効率化のポイントはいくらでもあります。たとえば、メールや書類のテンプレートを作っておく、適切にフォルダを分けておく、日頃から情報収集しておき、都度の業務に合わせて瞬時に取り出す。それらを徹底的に行うことで、仕事がどんどん速くなっていきます。日々、“昨日よりも速く仕事をこなす”ことを心がけているうちに体感できるようになっていくのです」
A8649c45 7c02 453c ba82 d5f6f3f1bd15

頼まれた仕事は断れない。だからこそ、常に頭を冴えた状態に

無茶な仕事を振られるというのは、裏を返せば上司からの信頼の証であり、それを断るのは「悪手」であると赤羽氏。ただし、降りかかる仕事をただ漫然と受けとめ、残業時間がかさんでいくのはさらなる悪手。大切なのは「時間内に終わらせる方法」を見つけ出すことだ。

「上司に無茶な仕事を振られた場合でも、まずは『なんとかやってみます』と受けること。そのうえで、作業スピードを上げる方法を考えて、『こういうやり方をすればかなり速くできると思うのですが、そちらで進めてもいいでしょうか?』などと、上司に提案してみましょう」

また、プロジェクトで回り道をしないためには「案件の本質」をつかむことも重要。たとえば上司とクライアントの間で意思疎通や案件の交通整理ができていない場合、無駄な時間を費やしかねない。そのため、たとえ頼まれ仕事であっても、最終的な決定を下す人の意向を正確に汲み取っておく必要がある。

「クライアントは牛丼を求めているのに、上司はフレンチのフルコースを作れと命じてきた。これでは頑張って準備しても徒労に終わる可能性が高い。であれば、上司のプライドを配慮しつつも、牛丼が望ましいことを丁寧に説明する必要があります。常に“頭が冴えた”状態にして、適切な判断能力を発揮すれば、時間の浪費を回避できます」

赤羽氏のアドバイスは、いかにもデキるビジネスパーソンの方法論のように感じられるかもしれない。しかし、これらは少し意識を変えれば誰でも当たり前に実践できることだという。

「私は、人間は誰でも頭がいいと思っています。ただ、不安や恐怖、失敗体験を重ねてきたことで、うまく頭脳を機能させられなくなっているだけなのです。そこで、そんなときに使ってほしい方法をひとつお教えしましょう。もし上司から突然、無茶な依頼をされたら、そこで感じた正直な気持ちをメモに吐き出してみてください。


(後略)

2月30日 好きなもの、好きなだけ
20170926
http://2gatu30niti.hateblo.jp/entry/2017/09/26/220609

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング
作品感想

最近ずっと、考えたことを言葉にするにはどうしたらいいのか?ということを考えています。

そんな折、こちらの本を見つけました。



「ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング」(赤羽雄二:著)

考えたことを言葉にする訓練方法が書かれており、まさに今の悩みをクリアにしてくれる本でした。


人は皆、考える力がある



まず、人間は本来、皆、頭が良くて、考える力がある、と著者が断言してくれていることに

勇気づけられました。

それが出来なくなっているのは、学校教育で、点を取るためのテクニックや記憶力が重視され

その中で、自分は出来る、出来ない、褒められた、褒められなかった、といった経験を

積み重ねたことで、本来持って生まれた能力を活かすことが出来ていない、とのこと。



説明がわかりやすい人の特徴



説明がわかりやすい人は、言葉にぶれがない。

自分が言おうとしていること、どういう意味で言っているのかを的確に相手に伝える。

つまり、言葉に対する感覚が鋭い。言葉が適格であるからこそ、相手が混乱せず、好感も持たれやすい。

言いたいことが言えるからストレスもなく、自然体でコミュニケーションし、それによって

受け手もリラックスして会話ができる。

これはまさに、自分が考えていたことを的確に説明してくれている!と感じました。

そうだよ、私は相手と仲良くなりたいんだ。

そういったわかりやすい説明が出来るには、考えを深めることが重要で、

ではどうやって考えを深めていくか?という流れで本題に入っていきます。



メモ書きの方法



それには、メモ書きをする。

A4用紙を横置き
1件1ページ
1ページに4〜6行
各行20〜30字
1ページを1分以内
毎日10ページ

を、書いていく。毎日10ページということは、合計10分で良いということ。

本には具体的な書き方、タイミング、テーマ等も書かれているのですぐ取り掛かりやすいです。


なぜ、この訓練法が良いのか、ということについては科学的根拠が書かれておらず、

著者が経験の中で得たこと、という説明がされています。

まず実践してみないと効果がわからないと思い、さっそく10ページやってみました。

時間が足りなくてあせりますが、意外とすらすらと書くことが出来る自分に気づきます。

普段強く思っていることが、すっと出てきているんでしょうね。



私の書いたメモ書き



恥ずかしながら、私が書いたものを、ここに記してみますね。

文字数が足りなかったりするのはご容赦を……。



Aさんはなぜ仕事が出来るのか?

ー自分に自信を持っているため、聞く側が勢いや雰囲気でもっていかれる

ー相手の顔を見て、はっきり堂々と理論立てて話す

ー人とたくさんコミュニケーションを取って情報を得ている

ー自分の役割を理解し、どうやって役割を果たすかを常に考え意識している

自分が仕事が出来るために努力すること

ー理論立てて説明できるように考えを言葉にする訓練をする

ー相手とコミュニケーションを取って、相手の価値観を知る

ー知識を得て、多くの気づきを得る

ー自ら積極的に相談に行き、アドバイスを受ける

ー休む時は無理せず休み、オンオフをはっきりさせる!

仕事上でコミュニケーションを取るとは?

ー相手がどんな価値観を持っているのかを知ること

ー相手が困っていることを知ること

ー相手が私と話せてよかったと思えるものを提供すること

ーこちらの考えを知ってもらい、理解してもらうこと

ーリラックスして接してもらうことが出来る



リラックスして接してもらうには?

ー笑顔で、相手のことを受け入れようとする姿勢をもつ

ー自分に自信を持ち、余計なことを考えずに接する

ー否定されたり嫌われることを怖がったり考えないこと

ー自分を良くみせようと思わず、ダメなところを見せていく

ージョーク、お茶目、意味のないおふざけで笑わせる


(後略)
20代読書会を知る 2016.12.13
http://dokushokai.tokyo/archives/4735

「ゼロ秒思考」で、考える力の鍛え方がわかった!!

ゼロ秒思考は、こんな人にオススメ

1.考える力(地頭力)を身に付けたい人
2.日々の生産性を高めたい人
3.圧倒的に成長したい人
ゼロ秒思考の内容

1.考える力とは何か?
2.考える力を身につけるには、どうすればいいか?
ゼロ秒思考で、考える力の鍛え方がわかった!!

ああ、この本ともっと早く出会っておけば…

もっと早く出会っていれば、格段に成長することができたのに。

そして、自分はこんなにも何も考えずに日々を過ごしていたのか!?
本書を読んで2週間経った今、わたしはショックを受けるとともに後悔しています。

ゼロ秒思考では、考える力の身に付け方を教えてくれます。

そして、本書が推奨するワークを毎日10分継続すれば、考える力が身につきます!

それだけでなく、生産性の高い日々を送ることができ、圧倒的なスピードで成長することも可能です。
読書会
著者の赤羽雄二氏はマッキンゼーに入社後、この「考える力」に苦しんだと言います。

あまりにも基本的で当たり前すぎて、マッキンゼーでは「考える力」は教育されなかったそうです。

皆さんも、同じじゃないでしょうか?

考える力は大切な能力と認識されていますが、その鍛え方は教えられたことがありません。

そこで、赤羽雄二氏が独自で、考える力を鍛える方法を編み出したと言います。その方法が、こちらです。

具体的には、A4用紙を横置きにし、1件1ページで、1ページに4~6行、各行20~30、1ページを1分以内、毎日10ページ書く。したがって、毎日10分だけメモを書く。

このワークの実例が記載されていましたので、紹介します。

20代読書会_ゼロ秒思考

調子抜けしてしまうほど、簡単です。

でも、このワークの効果は絶大です!わたしは2週間しか実行していませんが、その威力に驚いています。

そして、いかに自分が「考える」ことなく日々を過ごしていたのかを痛感させられます。

ワークの簡単さに調子抜けしてしまった方も、侮らず、騙されたと思って試してみてください。

そして、このワークの結果、著者は考える力がめきめき鍛えられると説いています。

考えをどんどん深めていくこと、選択肢をあげ尽くし、それを評価して優先順位をつけることなどは、実はウェイトトレーニングと同じで、鍛えれば鍛えるほど力がつく。本書を読み終え、1日10ページのメモ書きを始められた人には、ウェイトトレーニング的な効果を数週間で実感してもらえる。
このトレーニングの結果、飛躍的に頭が整理され、的確な言葉使いができるようになる。トレーニング次第で誰でもだ。学歴、経験、立場などにはまったく関係しない。もちろん性別や国籍、年齢にも関係ない。そうやって強化できることであるのに、知らず知らずに空回りの思考をしている人がほとんどだ。

そして、考える力が鍛えられると、生産性が飛躍的に向上します。

ちなみに、生産性とは、アウトプット(成果)÷インプット(リソース)のことです。

リソースには、時間や労力、お金などが含まれます。考える力が鍛えられれば、同じ時間や労力でも、より大きな成果を上げられるようになるのです!
男女格差
赤羽雄二氏も、このように書いています。

考えた時間分の成果を出したいし、出してほしいところだが、残念ながら多くの人にとって、考える時間の長さとアウトプットの量・成果はほとんど比例しない。速い人はびっくりするほど速く、遅い人は許しがたいほど遅い。
一方で、経営者を見ると、多くの人(特に優れた人)が即断即決だ。もちろん、慎重に議論すべきことや相談相手。利害関係者が多い場合は、当然、手続き上慎重に進めるが、気持ちとしては早々に意思決定している。

考える力の鍛え方、これを学べる本はなかなかりません。ぜひ、手に取ってみてください。
DaRETOずむ(城石果純)の「3児の母小豆島で起業しました♪」ブログ★
https://ameblo.jp/tanemakibito-zum/entry-12320293531.html
(読書メモ)ゼロ秒思考

NEW!2017-10-17 14:09:07

読書メモ
■即断、即決、即実行すると
―先手を打てる、
―PDCAを速く何度も回せる、
―生産性が上がる、
―周囲から信頼される、
―部下もつられて速く動く、
―組織全体が活気づく

■即断、即決、即実行できないのは心理的ブロックが働くから。その理由は
―情報が集めきれない不安→情報を集める時間を区切って、決める
―すぐ頭がいっぱいになる→ゼロ秒思考A4訓練
―人に依頼すること、頼ることが面倒、不安
―選択肢を出し切らない不安、怖い
―失敗したらどうしようとやる前に悩む→何もやらなくて放置したらどうなるか考える
―拒否感、アレルギーがある(旧態依然の大企業病)→高速PDCAを回すほうが低リスク
―わかっていても動けない

■即断、即決、即実行を支える全体観
―根本的には、全体観が持てていれば自然とできるようになる
 →やるべきこと、やらなければならないことの正しい全体観を持つ
 →企業としては広い全体観を持つリーダーを育てることが最も重要な事項
―全体観を持てる人は、自分の自信がある人。
 →研鑽と努力を重ね、全体観に近づいた結果として自身がある人
 →根拠のない自信がある人
 余裕があれば包容力が出てきて、多くの人が集まってくる
―「仮説構築力」「情報収集力」「観察力」「洞察力」

■全体観を捉えるトレーニング
―オプション(選択肢)

 →大事な選択肢を紙やホワイトボードに書き出し抜け漏れを防ぐ
 →本当の目的と制限に従って絞り込む
 →オプション内での親子関係、兄弟関係に注意して見直す(縦と横の意識の展開)
 →各選択肢の違いを評価する上で最も妥当な4〜5個の評価基準を書き加える
 
※家族や組織など複数人に関わる事には
 〇臆端堊完が納得できる評価基準をリストアップする事、
 △修譴蕕隆霆爐破榲に評価し、決まったら文句を言わずに実行する事を明確に合意しておくこと、が必要

 ※◎(とてもよい)〇(よい)△(よくない)×(まったくだめ)
 →オプション評価の具体的ステップ
 ー分の判断での評価結果を説明する
 異論がある人は「〇じゃなくて△では?その理由は〜」という形で出してもらう。情報共有が不足していると、これが出がち。
 その意見を妥当だと思えば修正するし、情報共有の問題があると思えばそれを正す。
 ぅ瓮鵐弌爾飽貶的、感情的な態度でけんかを売るような発言しかできない人がいる場合には、特に意識して丁寧に説明し、本人の暴発を抑える。適切な部分は意見を採り入れながら考え違いや失礼な態度に対しては遠慮なくす
 コ読床噌猝椶良床舛魍猟蠅垢
 α躪臧床舛鮃圓

―フレームワーク(緊急度×重要度)

 →対象をもれなく、ダブりなく分類する(MECE)
 〆2燭鮴依しようとしているのか
 ∪依するものをどういう軸で分けると最も意味があるのか(独立した2軸)
 2×2に分けた時、縦軸・横軸それぞれの△弔糧△離薀戰襪賄切か
 ぃ瓦弔糧△修譴召譴謀切な内容を記入することができるか
 ゥ織ぅ肇襦⊆粥▲薀戰襦∧類した内容の間で齟齬がないか
 α澗里箸靴突用なのか

 →レベルアップ方法
 .侫譟璽爛錙璽をその場で何とか作れるようになる
 ▲侫譟璽爛錙璽が瞬時に浮かぶ
 フレームワークを使いこなす
 ※様々なフレームワークを活用していくP115 P117

■普段からできるだけ迷いを持たない
―そもそも迷う事が実は問題だ、直そうとする意識があるか
 ー分がどういうことで迷うのか、なぜ迷うのかを整理
 ⊆分がどういうことは迷わずにできるのか、を整理
 いつも迷わずに行動している同僚、先輩、友人がなぜそのようにできるのかを整理
 ぜ分としては今後どうやって迷わないようにするかを整理

■普段から質問に即答する
 〜蠎蠅亮遡筺¬簑螳媼韻鯤垢ながら理解する
 ∩蠎蠅話し終わる少し前から、答えを決めておく
 A蠎蠅話し終わったら、即答する
 ち蠎蠅さらに質問、問題の指摘をしたときもできるだけ即答する(頭の中にどれだけあるか)


(後略)
http://infotip.online/archives/1104
LIFE is Story
ビジネスマインド 0秒思考を実践してみた感想と効果
ビジネスマインド
2017.10.31
0秒思考を実践してみた感想と効果



ブログ書きたいけど何を書いて良いのかわかんないし、頭の中もやもやするしどうしよう。

自分が何をしたいのかわかんないし、今日という日をどう過ごすのがベストなのかわからん。

と悩んでいたところ、ふと1冊の本を思い出しました。

それは「0秒思考」です。

実はだいぶ前に買っておきながら、いざ実践しようと思ったところなんかめんどくさい!と思って何もせずに本棚に封印されていた本であります。


速さは全てを解決する―『ゼロ秒思考』の仕事術

posted with ヨメレバ
赤羽 雄二 ダイヤモンド社 2015-01-23
Amazon Kindle 楽天ブックス
何をして良いのかわからないし、このままダラダラしていてもしかたないので封印を解いてやってみることにしました。

アウトプットしたら少しはスッキリするのかなという軽い気持ちです。



で、読んでみるとやっぱりめんどくさそう。ルールとかあってちょっとやる気が失せるんですよね。笑

なのでルールは無視しました。とにかく書くことだけに集中。ルールとかはあとからじっくり読んで取り込んで行こうと思います。



やってみたら実際どうなのかというと、、、

これは凄い。

考えがどんどん出てきてクリアになっていくし、なにをやればいいのかがすべて目に見える形で出てきます。優先順位も明確になりました。

この本はオススメです。

そんなわけで今日やるべきことはこの本を世の中に伝えることだなと思って現在記事を作成しているわけであります。

この本を紹介しないのはむしろ罪なのではないかと思っています。

どんな人にオススメかというと
・何かしたいけど何をして良いのかわからない人
・人間関係で悩みがある人
・ストレスが溜まっている人
・生活がダラダラしている人
・悩みがある人

これらに当てはまる人は是非読んでください。
というか全員に読んで欲しいですね。

そして実践してほしいと思います。

さっき読んですぐに実践しただけで
細かいルールとか完全に無視しちゃってるので
参考にならないかもしれませんが
僕が書いたメモを紹介しましょう。

この本の素晴らしいところは?というテーマで書きました。

・ブログを書けるようになる
・自分の価値観が明確になる
・将来の夢がはっきりする
・近い目標がはっきりする
・優先順位がわかる
・何をして良いのかわからない人におすすめ
・考えがクリアになっていく
・その日なにをしたいのかがわかる
・アイディアがたくさん出てくる
・迷うことがなくなる
・気分が良くなる
・頭の回転が速くなっているのがわかる
・時間が大幅に短縮される
・頭を使う
・文章力が向上する
・価値観が明確になる
・伝えたいメッセージがはっきりしてくる
・懐かしい記憶が蘇ってくる
・やりたいことがわかるようになる
・不安がなくなる
・スッキリする
・充実感がある
・すぐに始められる
・アイディア同士が結びつく
・今までスルーしていた考えが文字としてでてくる
・勢いでアイディアが出てくる
・ペンが止まらなくなる
・思考が流れるようにスムーズになる
・いつも出てこないものが出てくる
・思考が連鎖する
・関連ワードが役に立つ
・時間を忘れる
・嫌なことを忘れる
・集中力が高まる
・眠気が取れる
・頭が回転し他の作業の効率も良くなる
・新しいアイディアが出てくる
・やりたいことがわかる
・やりたくないことがわかる
・優先順位をつけられる
・考えが形として残る
・後から見直すことができる
・人間関係が良くなる
・ストレス解消になる
・無限に使い道がある
・テーマを決めればそれに関して100個のアイディアが出てくるようになる
・質問の数だけ回答が出てくる
・完璧を求める必要がない
・テキトウならではのアイディアが出てくる
・大事なことは何回も出てくる
・それが本当の気持ちだとわかる
・記事にしたいなら削るだけで良くなる
・時間が凝縮される
・書くのが速くなる
・緊急性のおかげか素早い思考ができるようになる
・凝縮された時間の中の方が良い考えが出てくる
・だらだらしない
・小さなアイディアが大きくなる

めちゃくちゃな内容ですよね。
僕じゃないと意味がわからないところもあるかと思います。
同じことを何回も言っているし。

でもそれはわざとです。
流れるように出てくる思考をすべてかき出すためには
リズムが大切だということがわかりました。
(後略)
A4メモ書きをスポーツにも応用!インドで卓球チャンピオンになった少女が、9か国の国際大会で銀メダリストに。
2017.11.27
https://b-t-partners.com/memo/4308
http://baikichiz.hatenablog.com/entry/2017/12/20/082247
2017-12-20
『ゼロ秒思考』のA4メモで「だるいだるい」と書きまくると効果がある
ゼロ秒思考 知的生産
 『ゼロ秒思考』という本でA4の裏紙を使ったメモ書きが提唱されている。




ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

作者: 赤羽雄二
出版社/メーカー: ダイヤモンド社
発売日: 2013/12/20
メディア: 単行本(ソフトカバー)
この商品を含むブログ (14件) を見る





 書き方は、こうだ。

A4用紙の左上にタイトルを書き、下線を引く
右上に今日の日付を2017-12-13のように書く
タイトルに関して思い浮かんだことを、つらつらと自然体で箇条書きにする。4〜5個くらい。
上記のことを1分以内にすべて終わらせる。


 これを1枚として、毎日10枚くらい書くと、どんどん頭がキレるようになる、というのが、ものすごくおおざっぱに要約した『ゼロ秒思考』のエッセンスである。

 この本は、ビジネスの世界でしっかりとキャリアを築き、活躍していきたい人を対象としているので、メモ書きのテーマ例として挙げられているのが

どうすれば自分が急成長できるか?
最速の英語上達法として何が考えられるか?
どうして上司はあのような言い方をしたのか?


 というような、けっこう真剣な、切実なものである。

 しかし、しかしだ。

 だるい頭を抱えて、出社したばかりの朝に、こうした真剣なテーマでメモを書くのは、ちょっとしんどい。
 いつもこんな真剣なテーマで書くことができるほどに、僕はよくできた人間ではない。

 そこで、仕事への助走として、もっとゆるいテーマでとりあえずメモ書きをする。


だるいのはなぜだ?
まじだるいよね
特にだるいと感じることは?


 というような、けだるいテーマでメモ書きする。
 こうしたメモ書きも、iPhoneのストップウォッチ機能を使いながら、1枚1分で書き終えられるように、ささっとやっていくのがポイントだ。

 1分で書き終えられるようにするのは、手をしっかりと動かすため。
 手を動かしているうちに、頭もだんだん働き始める。
 だるいだるいと書き続けているうちに、少しずつ頭が回り始めてくる。

 すると自然に

今日やるべきことは何か
このタスクはどのように進めるとよいか

 というような、もう少し建設的なテーマでメモを書けるようになってくる。

 小学校や中学校の、寒い冬の1限目の体育の授業を思い出してもらうといい。
 朝っぱらから体を動かすなて、だるいことこの上ない。
 しかし、だらだらと準備運動をしているうちに、だんだん体が温まってくる。
 そうして、それなりに体を動かそうという気になって、マット運動やら、球技やらに取り組むことができるようになる。
 それと同じようなものである。

 つまり、僕が提案するのは

 『ゼロ秒思考』で赤羽さんが提唱するA4メモ書きのテーマは、もっとダウナーな、ゆるいテーマで良い。
ゆるいテーマでとにかく「1枚1分」を目指して手をガンガン動かして、助走するうちにバッチリ頭が働くようになる

 ということである。


 クオリティよりも量を優先してガンガン書き、書いているうちにどんどん質が上がる、という観点では、こちらの記事も参照していただきたい。
https://www.minnanokaigo.com/news/special/yujiakaba3/
「賢人論。」第55回(後編)赤羽雄二さん「仕事を辞めたくなったら、1日10分間メモを書きまくると良い」

「マッキンゼー」出身の経営支援スペシャリスト・赤羽雄二氏が2013年に出版した『ゼロ秒思考』(ダイヤモンド社)は大きな話題を呼んだ。「頭に浮かぶことを次々とメモに書くだけ」というシンプルなその方法がなぜ、多くの読者の支持を集めたのだろうか?そしてこの「メモ書き」法は介護現場にも活かすことができると言うが?

取材・文/ボブ内藤 撮影/公家勇人
ツイート
2017/12/25 17:00
なぜ私は『ゼロ秒思考』を書いたのか?

みんなの介護 赤羽さんの思考術を明かしたご著書『ゼロ秒思考』シリーズは累計28万部を数える大ヒットとなり、仕事や人生に悩む多くの人たちに読み継がれています。

赤羽 経営改革の仕事に携わる中で私が痛感したのは、日本の企業は国際競争力を失い、海外の企業との間に取り返しのつかないほどの差が生まれてしまっているという現状です。特にITやインターネットが発達した2000年以降、その差は凄まじく広がっていきました。

これは経営者や経営幹部だけの問題ではありません。部課長クラスや一般職に至るまで、「自分の頭で考えて積極的に行動する」という能力があまり伴わない人が多いのです。

みんなの介護 なぜ、そうなってしまったのでしょう?

赤羽 私は、普通に会話をしたり本を読んだりインターネットを利用できる人はみな、本来的には「頭が良い」のだと考えています。しかし残念なことに、日本では小学校から大学までどの教育過程でも「深く考え、発言し、行動する訓練」があまりきちんと行われていない。そのため、多くの人はどうやったら深く考えることができるのか、どう発言し、行動すれば良いのかわからずにいるのではないでしょうか。もちろん皆さん、考えているつもりにはなっているのですが。

『ゼロ秒思考』を書いたのは、そういう方々に「自分の頭で考えて積極的に行動する」能力を養ってほしかったからです。経営者や経営幹部だけでなく、すべての人がこういった考え方を身につけることで「ことなかれ主義」をなくし、きちんとした意思決定ができるようにし、日本がもっと良くなるようにしたかったのです。

みんなの介護 『ゼロ秒思考』を身につける最短、最良の方法が「メモ書き」だと言います。その具体的な方法を教えてください。

赤羽 A4用紙を横置きにし、頭に浮かぶことを一件一葉で書いていきます。左上にタイトル、右上に日付を書いて、タイトルの下に4〜6行、各20〜30字を書きます。

例えばこれは、ある大手流通業で1000人ほどの部下をもつ地域本部営業リーダーが、部下を指導する力について考えるために書いたメモの内容です。

このメモを書いた方は、非常に優秀で受け答えも素晴らしいのですが、部下に対しては我慢できずすぐに怒鳴りつけてしまうといった方でした。そこで「自分だったらどんな指導を受けたいか」と自問していただくことで、怒鳴りつけること以外のアプローチにも気づいていただきました。

このメモ書きは、習慣づけることがとても重要です。「1ページを1分で書く」「毎日10〜20ページ書く」ということを3週間くらい続けると、頭にどんどん言葉が浮かぶようになります。もやもやしていた考えが明確な言葉になり、アイデアが次々と出てくるようになるでしょう。不安に思っていることや悩みなども抱え込むことなく、常にすっきりとした気持ちで過ごせるようになります。

本書で提唱している「A4メモ書き」法は、年間60回ほどの講演で必ず実施します。これまで1万人以上が実践され、大きな変化を体験された方が多くいらっしゃいます。


http://www.polsk-blog.com/entry/zero-second-review
ブログによる前進
2018-01-25
「ゼロ秒思考」感想:A4メモ書きで天才になろうぜ!!

こんにちは、ポルスクです。
今回は赤羽雄二さんの「ゼロ秒思考」という本の紹介です。
本書では「ゼロ秒思考とは何か」、「ゼロ秒思考に至るための方法、A4メモとは何か」といったことについて書いてあります。
頭をよくしたい人は、ぜひ読んでみてください。
それでは詳しく書いていきます。

こんな人におすすめ
ゼロ秒思考って何?
ゼロ秒思考のトレーニングのやりかた:A4メモとは?
A4メモの効果・メリット
1週間やってみた感想
最初は何枚か書ける
1日10枚ってのが意外とキツイ
20〜30文字を4〜6行ってのも結構つらい
楽しい
イライラが抑えられる
A4コピー用紙の消費がはかどる
最後に:天才になろうぜ!!

こんな人におすすめ
頭の回転が遅いと悩む人
頭の中がごちゃごちゃしてる人
すぐにイライラしたり落ち込んじゃう人
自分の頭脳を覚醒させたい人

このような問題に対して、「A4メモ」という非常にシンプルで強力な解決法を教えてくれます。
著者によると、「普通に会話したり、本を読んだり、インターネットを利用できるような人は、本来的にみな頭がよい」らしく、それを発揮して「ゼロ秒思考」に到達するためのツールがA4メモです。
本来の力を100%発揮して天才になりたい人は読みましょう。
ゼロ秒思考って何?
ここまで読んでくれた人は「ゼロ秒思考ってなんだよ?」って思うかもしれません。

ゼロ秒思考とはこんな思考です。

ゼロ秒とは、すなわち、瞬時に現状を認識をし、瞬時に課題を整理し、瞬時に解決策を考え、瞬時にどう動くべきか意思決定できることだ。迷っている時間はゼロ、思い悩んでいる時間はゼロとなる。

引用:「ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルな思考トレーニング」

カッコよすぎだろwww

迷わず瞬時に意思決定できるとかやべえwww

つまり、「考える時間を極限まで短縮して、最高の選択が一瞬でできるようになる思考」ということです。
ゼロ秒思考のトレーニングのやりかた:A4メモとは?

で、そんな「ゼロ秒思考」を実現するための方法が「A4メモ」というものです。

一瞬で意思決定するゼロ秒思考を身に着けるには、尋常ではない努力が必要だと思うのですが、たったこれだけです。

具体的には、A4用紙を横置きにし、1件1ページで、1ページに4〜6行、各行20〜30字、1ページを1分以内、毎日10ページ書く。

引用:「ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルな思考トレーニング」

は!?

シンプル過ぎだろ!?

カップ麺作ってる間に3回もできるじゃん!!

って思うはずです。

実際に僕はそう思いました。

あまりにもシンプルで無駄がない。

そして、「何を書けばいいんだよ」って思う人もいるはずなので書いておきます。

タイトル(=メモに書くテーマ)は、何でもよい。頭に浮かんだまま躊躇せずに書く

引用:「ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルな思考トレーニング」

要するに、「とにかく思ったことを書け」ということです。

メチャクチャ簡単そうですね。

でも、自由にやれって言われると逆に困りませんか?

しかし、本書には具体的なタイトルの例がジャンル別に合計400個ほど書いてあります。

親切だね。

A4メモの要点をまとめておきます

A4用紙を横置きにする
1件1ページで書く
1ページ4〜6行
各行20〜30字
1ページ1分以内
毎日10ページ
思ったことを好きなようにテーマにする

A4メモの効果・メリット

メモを書くと、頭が整理される

メモを書くと、自信が出てポジティブになる

メモを書くと、腹が立たなくなる

メモを書くと、急成長できる

引用:「ゼロ秒思考」

本書には、具体的なメリットも書いてあります。

僕も実際にやってみて、「腹が立が立たなくなる」、「頭が整理される」ってのは実感しました。

ゲームで煽られたときにムカついたので書いてみたら、なんでムカつくのかはっきりして落ち着きましたw

あと、ゲームに負けた時とかにメモ書きして、なんで負けちゃったのかはっきりさせたりするのもよさそうですね。

http://yuujin.hatenablog.com/entry/businessbook002
悠人(ゆうじん)の徒然なる
ビジネス書の紹介や旅行の小話など徒然なるままに書いているブログです。
20180125
第2冊 頭の瞬発力を鍛えよう(ゼロ秒思考)

ゼロ秒思考で悩みから開放されよう

頭の瞬発力に自身はありますか?

前回の「仕事筋」で次々にアイデアを出すことが重要性に触れました。でも重要なのはわかったけど、多くアイデアってどう出すのかわからない。そう簡単にアイデアが出てきたら苦労しない。多くの方がそう感じると思いますし、私自身も同じ気持ちでした。

ところが1日たった10分を続けるだけで、頭がまとまる、悩みがなくなる、アイデアがあふれる。そんな魔法のような方法があるんです。実際、私も試して見ましたが、3週間ほど経過すると、当初と比べ思考速度が速くなり、本当に考える時間が「ゼロ秒」に近づいていると感じられ正直驚きます。

ビジネス書籍の2冊目として、ご紹介するのは、考える時間を「ゼロ秒」にするコツが満載の『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』です。
(中略)
さて、それでは早速、考える時間「ゼロ秒」を目指し、『ゼロ秒思考』の中身を見ていきましょう。
 .璽輊短弭佑鮨箸砲弔韻(メモ書きトレーニング)
「考えが浅い」「考えるために考える」「調べすぎて先延ばし」など、数々の問題を解決するのが、「ゼロ秒思考」を身につけるトレーニングです。どんなトレーニングなのでしょうか。
方法は簡単。1日10分ひたすらメモを書くだけです。「それだけ?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、本当にこれだけで自分の考えが驚くほどまとまります。
もう少し具体的には、A4の用紙を使用し、1テーマ1枚に思い浮かんだものを複数行記載します。1枚にかける時間は1分です。これを10ページ毎日続けるのです。
テーマは何でも構いません。「Aさんと仲良くなるには?」「仕事においてもっと評価されるためには?」など、自分が今、書きたい内容を書きます。コツとして、「正しいか」「文章がかっこいいか」「マイナスの言葉じゃないか」など、つい意識していますことをすべて捨てて「思いついたものをありのまま記載すること」です。
最初は、A4を埋めるのにも時間がかかっていたのが、2週間も続けると、あっという間に10枚書けるようになります。頭の瞬発力が鍛えられ「ゼロ秒思考」に近づいた証拠です。
是非「仕事筋」で捻出した1時間のうち、10分を「メモ書き」トレーニングに当ててみてください。

◆〇纏だけじゃない。「ゼロ秒思考」の効能
「ゼロ秒思考」を身につければ、次々にアイデアが思い浮かんだり、業務に取り組み始めるのに思い悩むことがなくなるなど、仕事上の効能は絶大です。実はこの「ゼロ秒思考」の効能、仕事上だけじゃないんです。
メモ書きトレーニングを続けていると分かってくるのですが、不思議なことにいらいらすることがあっても、メモを書いているうちに、自分の中のいらだち、腹立ちがスーっと消えていくんです。
どうせ誰も見ないメモなんです。嫌だったこと、嫌いな人の名前、人目も気にせず遠慮なくメモにして吐き出しましょう。A4を何ページも書いているうちに、なぜ自分がいらいらしているか見えてきます。
さらには、なぜ嫌なことが起きてしまったのか、嫌いな人は自分のことをどう考えているのかなど、多面的な視点、思考にシフトしていきます。嫌なことを起こさないための方法を考えたり、嫌な相手についても理解できるようになり、いつの間にか苛立ちが消えていくのです。

F々、思考を更新しよう
毎日A4を10枚も書いていると、書くタイトルが似たようなものになることが多々あると思います(「企画書を効率的に作成するには」と「企画書のスムーズな作成に向けて」など)。その際は、前に何を書いたかなど振り返らず、今考えていることを書きます。そうすることでそのテーマについて、さらに深く考えることができるのです。
きっと今回書いた内容は、前に書いたよりもさらに整理されたものになっているはずです。さらに何度も書いていくうちに、すっかり頭の中で整理され、タイトルに書き出そうとも思わなくなると思います。
また、タイトルに対し、複数のフレーズを書くと思いますが、そのフレーズをタイトルにし、メモを書くことで、更に思考の深化が図れます。是非メモ書きに慣れてきたら試してみてください。
本書で、赤沢さんが「アイデアとは一期一会」と表現されています。是非、折角出会ったアイデアを基に、日々、思考を更新していきましょう。

自己成長については全面的に賛同・リスペクトする赤羽さんなんですが
健康・医療・死生観についてのオピニオンは私と意見が異なるようです...
差異の根幹は、そも超高齢社会の課題とは何か?ということと拝承。

________________________________
https://www.minnanokaigo.com/news/special/yujiakaba1/
みんなの介護ニュース 賢人論。 「賢人論。」第55回赤羽雄二氏(前編)
「賢人論。」第55回(前編)赤羽雄二さん「「辻褄合わせ」で国民皆保険を延命してもいずれ限界は訪れる」

米国のコンサルティング・ファーム「マッキンゼー」で14年間、経営改革に携わり、2000年からはベンチャー企業の共同創業、経営支援に取り組んできた赤羽雄二氏。その目に、超高齢社会を突き進む日本はどのように映っているのだろうか?日本人が「思考停止」を脱し、先進国に先駆けて超高齢社会の良きモデルケースをつくるための方法について語ってもらった。
http://logmi.jp/260105
当時の日本はたまたま追い風だっただけ––元マッキンゼー赤羽雄二氏が説く「ジャパン・アズ・ナンバーワン」という幻想

コマツに入った後、留学制度を活かしてスタンフォード大学へ
赤羽雄二氏(以下、赤羽) ブレークスルーパートナーズの赤羽です。これから2時間半ほど、よろしくお願いします。 IMG_4236 copy 私は、年間60回ほど講演しています。毎回の講演で、20〜30回は質疑応答をさせていただいています。 「本当にそうか?」と思われたり、「じゃあこういうのはどうだ」と思われたら、どんどん途中で手を上げて、発言したり質問したりしていただけると大変ありがたいです。 日本人はこういう場ではほとんど質問せず、最後に事務局の方が「あと数分ありますから、一人ふたりご質問を受けたいと思います」と言い、誰もいないので、「じゃあ事務局から質問させていただきます」という感じになりがちですが、ここでは途中でもどんどん質問してください。 私は高校、大学とアメリカンフットボール部で、コマツに入り、8年間エンジニアでした。入社数年後、留学制度ができたので、スタンフォード大学に留学しました。 留学から戻って1年ほどしたところで、マッキンゼーのヘッドハンターから電話があり、それがまたまた私の上司の席でした。上司がランチに行っていなかったので、私が電話を取り、面接を受けることになり、今ここにいるということです。もしあの場に上司がいたら、そのままコマツのままだったかも知れません。
ベンチャーキャピタルではなく共同創業者

マッキンゼーでは14年、うち日本で4年、韓国で10年、経営改革に取り組んできました。ソウルでは「月曜日の朝に行って金曜日の夜に帰る」生活を10年続けました。「水曜日にソウルから香港に飛んで土曜日に帰ってくる」ことや、「木曜日にニューヨークに向かって日曜日に日本に戻り、月曜朝にはまたソウルに行く」ことも時々ありました。 マッキンゼー卒業後、シリコンバレーのベンチャーキャピタルのアジアでの活動に参加し「日本と韓国でのベンチャー育成・投資」に取り組みましたが、すぐスピンアウトし、2002年にブレークスルーパートナーズ株式会社を共同創業しました。 ブレークスルーパートナーズでは起業したい方にお会いし、数週間かけて事業構想を議論します。「これならいける」という事業構想を一緒に作ることができ、意気投合した場合は、共同創業します。通常、10パーセント出資させていただいて共同創業者となり、会社の急成長を支えます。 一方で、大企業の経営改革も支援してきました。大手のアパレル企業を4年、家電メーカーを4年、精密機器メーカーを2年、小売チェーンを2年などです。
今の日本と日本企業の危機について

本日は「日本と日本企業の危機」について、お話しいたします。10年後の未来にどうなるのかというお話も後ほどしたいと思います。 まずは日米企業の時価総額の比較です。この図は若干古いので傾向として見てください。説明は最新の数字でさせていただきます。 あ Alphabet(注:Googleの持株会社)や、Microsoft、Amazon等の米企業は時価総額が50〜80兆ほど、100兆に手が届く可能性もあります。 一方、日本企業はトヨタが25兆と突出していますが、日立、東芝、NEC、ソニー、パナソニックなどの企業は10社以上まとめても20兆円には届きません。 これが日本と米国の決定的なギャップです。Microsoftはビル・ゲイツがインターネットに気づくのが遅れ、出遅れましたがとっくに挽回し急成長しています。次はハードウェアを手に入れたいと考えるかも知れません。そうすると「Microsoftがハードウェアを手に入れるためにグラフ下位の日本企業を買収してしまう」ということが起こりえます。明日の朝刊に「Microsoftが日本企業を一挙買収」と載ってしまうかも知れないわけです。 日本の大手電機メーカーなど企業は数十の事業を保有していますが、その内訳は好調なものが2割、赤字が2割、そのほかはトントンなのではないでしょうか。それも状況が悪化すれば赤字ですから、結果として低い時価総額になります。本来、足を引っ張っている事業を大胆に整理すれば、時価総額がかなり上がります。 例えばMicrosoftなどが数社を買収し、大胆にメスをいれることでハードウェア事業の入手と増収を実現できると考えられます。つまり、時価総額だけで考えれば、「Microsoftソニー」や「Microsoft東芝」が生まれる可能性も十分あるわけで、これは明らかな危機だと認識しています。規制や組織体質、日本人気質があるため日本企業には大胆な経営改革はできないとよく聞きますが、(後略)
http://logmi.jp/260334
「10年後に今の仕事の半分はなくなる」 元マッキンゼー赤羽氏が予測する、人類史上初の“大きな波”とは何か?

ブロックチェーンという新しい仕組み
赤羽雄二氏(以下、赤羽) 「ブロックチェーン」という言葉があまりわからない人は手を挙げてください。 (会場挙手) ブロックチェーンというのは、インターネット上に台帳を置く技術です。普通のやり方だと改ざんされてしまいますが、ブロックチェーンであれば、改ざんがほぼ不可能となり、非常に信用できます。クレジットカード番号を入力しても漏洩する心配がなくなります。「人事情報や人事評価情報をインターネット上に置くとハッキングされるかもしれない」という問題も一切なくなります。 たとえば、ドナルド・トランプ氏が大統領に選ばれた後、数ヶ月してもミシガン州などでは投票数を再集計してるんですね。集計のしかたが信用できないから、改ざんされているからという理由ですが、ブロックチェーンという新しいインターネット上の仕組みを使うと、投票した瞬間に誰が何票獲得したかというのが出せて、しかもウソ・いつわりがありません。 仕事についても大きな変化が起きます。ここにいらっしゃる方は日本のピラミッドの上から10パーセントに入る上の方々だろうと思いますが、それでも10年後には仕事の半分はなくなると思っておいたほうがいいです。そして残りの半分もAIを補助的に使うようになる。 エクセルへの入力、資料作成などは大半がなくなっていく。自動車が発明されたために、御者、馬車、馬自体が必要なくなったようなことです。「電話交換手」という仕事がなくなったようなことです。 多くの仕事が置き換えられていきます。少し勉強された方は「いや、そういう状況でも、新しく導入される機械のオペレーションやメンテナンスなど、新しい仕事が増えるので心配いらないはず」と考えているかも知れません。確かにそういう面もありますが、今回はこれまでと同じようには増えないと思います。 たとえば産業革命では「肉体労働はなくなったが、機械のオペレーターになれた」ということもありましたが、おそらく今回はロボットに代わりますので、代わりの仕事がそこまで増えません。

今の仕事は10年後には半分なくなる
この変化は人類史上初めてくる「大きな波」と思っておいたほうが無難です。私は「10年後に今の仕事の半分はなくなる」と言っていますが、「いや赤羽さん、それは誇張でしょう。3割くらいではないでしょうか」という人もいます。そうかも知れません。もちろん3割なくなっても、1割なくなっても大変なことになります。 仕事が1割でもなくなるとなぜ大変かと言えば、みなさんよりも競争力の高い人たちが職を失って、みなさんが今されている仕事に乱入してくるからですね。その場合、高い確率で上の人に押し出されてしまうという問題だと考えています。 秘書という仕事は多分なくなりますよね、経理事務もなくなる、記帳はスマートコントラクトで終わっていますから監査業務の大半もなくなりそうです。そもそも東芝や昔のEnronでは、監査機能が正常に機能していなかったと思いますが。 (会場笑) 信用してはいけないものを信用させたという大問題を起こしました。この点は「改ざんされないデータベース」があれば、それで終わりです。これからはすべての入金・出金が自動的に記載されますので、ルールさえ適切に決めておけば現在の経理・会計・監査業務の大半は必要なくなってしまいます。 弁護士の仕事もかなりあぶないでしょう。弁護士の仕事の定型的な部分から置き換えられていきます。それに、判例を読むのはコンピューターの方がよっぽど得意ですからね。
医師の仕事もロボットやAIができる

医師はどうでしょうか。毎日「ガンの最新治療方法」に関して多数の論文が出ています。それを全て読みながら臨床することは到底できません。今、会社によってはインドで医学博士を多数雇い、その人たちに読んでもらって、サマリーをアメリカのガン専門医に提供していますが、これもAIでできますね。 また、具合が悪くなると治療のために病院に行きますが、病院は病気の巣窟とも言えるわけで結構危険です。院内感染で死ぬ人も多いです。子どもを小児科に連れて行かなければいけないが、他の病気をうつされるのではないかと心配されるお母さん方も多いと思います。 下着が、体温変化や排出する二酸化炭素量の変化などの情報を送って、風邪になりそうな兆候をウェアラブルのIoTで把握するようになれば、病院に行かずに診断し、病院に行かずに治療を受けられるというふうになります。医師の需要もこれまでとはかなり変わると思います。 (後略)
http://logmi.jp/260445
これからの時代は「新しい仕事は増えない、生まれない」 AI・ロボットの産業革命がこれまでとは決定的に違う理由

新しい仕事はあまり増えない、生まれない
(会場挙手) 赤羽雄二氏(以下、赤羽) はい、どうぞ。 質問者10 ありがとうございます。確かに、お仕事がなくなるというのはそうだなと思います。いろんな発見や発明があって、文明が進化していったと思いますが、例えば携帯電話が発明されたことによって、カメラや電卓などいろいろなものがなくなったと思います。赤羽さんは、AIによって仕事がなくなる代わりに、なにが新しい仕事として出てくると考えていらっしゃいますか。 赤羽 あまり増えないと思います。AIがやる、ロボットがやる、ブロックチェーンがやるというので、人ができる部分が減ります。長らく「AIの時代」ということが言われいました。第5世代コンピュータとかエキスパートシステムなど言われてきましたが、結局どれも使い物になりませんでした。今回は初めて使い物になる時代になったと思います。 さらに、技術の発展が速くなりました。インターネットが普及した結果、今やなにもかもが速い状態になりました。すべてが速くなったので、時間的なリスクが高まったということです。 質問者10 そうですね、なので古いものがなくなる時に新しいものが生まれると思うんですが、アカバネさんはどのように思いますか。 赤羽 あっ、私は「アカバ」です。 (会場笑) 質問者10 すみません(笑)。 赤羽 その「新しいものが生まれると思うのですが」という前提が間違っているということです。今回は「新しい仕事があまり生まれない」になる。人が労働して、お金をいただいて、充実感のある仕事というのが、今回はあまり生まれません。 質問者10 生まれない……。 赤羽 はい、生まれない。その「生まれる」と思っている気持ちを、まず横に置いてください。 質問者10 了解です。 赤羽 「でも今まで生まれていたでしょ?」と思いたくなりますが、今回は変曲点であり、不可逆過程が始まってしまったと思うほうが妥当ですし、安全だと思います。 質問者10 なるほど。

ベーシックインカムという考え方
赤羽 確かに今までは新しい仕事が生まれたんですよ。労働者が金槌で叩いてた作業は、機械でやったらよりうまくでき、産業革命でも機械のオペレーションやメンテナンスの仕事が生まれました。しかし今度は新しい仕事はそこまで生まれそうにありません。AI、ロボット、ブロックチェーン、IoTなどで自己完結してしまいそうだからです。 勉強されている方は、おそらく「ベーシックインカム」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。「AI、ロボットなどで仕事が減る」という見解は、ほぼ世界的に完全に一致しているんですね。その時に、生産性が落ちるわけではありません。なぜならロボットが小麦を作ってくれたり、機械を作ってくれたりするので、モノ自体は生まれます。でもそこに関わる人が少なくなるということです。 仕事がなくなったらその人は生きていけませんが、その代わり「子どもも大人も、お金持ちもお金のない人も全員一律、毎月ある程度払ってあげましょう」「そうしたらその仕事がなくなった人も生きていけるよね」というのがベーシックインカムの考え方です。税金を徴収するコストを下げ、生活保護などの運営コストが高い福祉政策も簡素化して、一律に払ってしまおうというやり方ですね。 この考え方は何十年も前からありますが、それが現実的な意味で言われ始めたのが最近です。ただ私は、ベーシックインカムが意味のある形で実現できるとはあまり思っていません。税金を徴収するコストを下げたり、福祉費用を下げるだけでは足りないので、富裕層への増税が必要になるからです。今でも50パーセント以上の税金を払っている人たちに「もっと払え」というのはもう受け入れがたいのではないでしょうか。 増税をすると、富裕層の国外脱出が増えるだけのことで、現実的ではありません。 私は正確に計算していませんが、調べてみるとベーシックインカムの支給は「できなくはないけど7万円前後」という試算もあります。そうすると、「東京には住めない、地方でルームシェアでもきついかも知れない、外食はできない、吉野家に行くのも贅沢」ということになります。ベーシックインカムにおける「最低生活を保障する」というわけにはいきません。計算が合わないんですね。「ベーシックインカムがあるから大丈夫」というのは、忘れていただいたほうがよいと思います。(後略)
http://logmi.jp/260743
「不倫報道ばかりしている場合ではない」 多くの日本人が気付いていない、この国の“深刻な問題”

ブロックチェーンはハッキングのリスクが非常に小さい
赤羽雄二氏 ブロックチェーンというのはインターネット上の台帳です。データを改ざんされるリスクが非常に小さく、ほぼ完全に安全で、なおかつ決済コストが安い。 スマートコンタクトというのは、たとえば、みなさんが乗っている車がガソリンスタンドに近づいていくと、車から「ガソリンを30リットル入れてください」と連絡します。ガソリンスタンドからは「1リットル120円ですが、それでよろしいでしょうか」と返信する。車は「了解、ではお願いします。」とやり取りをして、「じゃあどうぞ」と言われます。こういうやりとりが全部自動になります。 データベースは分散されているので、ヤフーがハッキングされた、ベネッセがハッキングされて何百万人のデータが漏れたというようなこともなくなります。「セントラルサーバーがない」ということが特徴です。
個人情報の漏えいの心配がなくなると、銀行がいらなくなる?

その結果、自動車会社とその子会社、子会社とその先の子会社の関係も変わります。保険も変わります。就職や採用、あらゆるものが変わり、企業が変わり、なくなるものがなくなり、生活も変わります。 クレジットカードをたくさん持つこともなくなります。IoTと重ね合わせて、目や指紋だけで個人の認証も済むのでクレジットカードのパスワードを覚える必要もありません。 これだけ大きな話なので、ブロックチェーンという言葉を初めて聞いたという人は、ちょっと感度が低い、あぶないのではと思います。 ただ聞いた瞬間に、何を考えたかが大事です。ブロックチェーンによって100パーセント他人を信用して行動できるようになるとなにが決定的に変わるのか、です。さらに言えば「個人情報の漏えいの心配がまったくなくなる」と何がどう変わるでしょうか。いちいち報告を受けたり、集計したり、監査したり、担保を受け取ったりしなくてもよくなると、なにが決定的に変わるでしょうか。 そもそも不正を行うことができない仕組みができると、なにが決定的に変わるのか。こういうことが考えられる柔軟性が要求される時代になってしまいました。

世界も変わっていく
技術の話ではありませんが、世界の状況も変わっていきます。
個人的な話ですが、私はずっとアメリカが大好きでした。スタンフォード大学に留学し、キャンパスの美しさにこの世の天国かと思いました。本当に綺麗なんですね。大学には全米トップ50に入ると言われる素晴らしいゴルフコースもありました。ディズニーの映画も大好きで、ずっとアメリカのファンでした。 ところが、米国の歴史や米国について勉強すればするほど、これはアメリカの一面であり、アメリカへのファンを生み出す策略であり、決して甘いものではないということが痛いほどよくわかりました。どう国土を広げ、カリフォルニア州をどうやって獲得したかに始まり、第二次大戦の開戦理由や不要な原爆投下、言いがかりでのイラク戦争やアルカイダ・イスラム国への支援などです。 また、歴史的に最も長いあいだ「世界一の大国」だったのは中国で、それに次ぐのはインドでした。それがイギリスが密輸販売で中国にアヘンを売りつけ、中国人を骨抜きにして莫大な富を奪いました。1840年のアヘン戦争以来、中国はつらい立場にあります。それを何とか挽回しようとしているのが、過去50年近くの中国の動きです。共産党以前の問題がすべての背景にあります。 1945年以降、アメリカとソ連の2極体制が始まりましたが、これは世界史的にも非常に珍しいことです。

それが、1989年のベルリンの壁の崩壊、1991年のソ連の解体で冷戦が解消され、アメリカ一極の覇権が始まりました。ここまで力のある一極覇権も珍しいことです。それ以来「世界の警察」を務めたアメリカがトランプ大統領のもと、「アメリカ・ファースト」に戻ろうとしているわけです。 ドナルド・トランプ大統領に関しては、ゲスな部分に関心が集まっていますが、これに惑わされてはいけません。実際に彼がやっているのがどういうことか、冷静・客観的な目で見続ける必要があります。ほぼすべてのメディアがトランプ大統領について極めてネガティブに、アンフェアに報道していますが、これにも影響されないよう、一つひとつ吟味する必要があります。

北朝鮮にあれだけの技術があれば、ピンポイントで狙うこともできる
考えていただきたいのは、自分がアメリカ大統領だったら日本をどう利用するかです。その時、日本はどういう態度をとるべきでしょうか。 北朝鮮のミサイルがグアムに向かって4発打たれるとなったときに(後略)
http://logmi.jp/260792
仕事がなくなる時代に備えて「14のスキル」を身につけるべき理由

ダメ上司はなんの価値も提供せず、パワハラ上司は威圧してくる
赤羽雄二氏 次に、ブラック企業についてお話します。残業をさせて給料を払わないとブラックと言われますね。電通のようにそれなりに給料を払っていたけれど、社員が追い詰められて自殺するということもあります。社員が裸踊りをさせられることもブラックと言いますが、世界的な基準からしてあまりにもおかしいこと、ひどいことをして、少なくない社員がうつ病になったり自殺したりするのは全部ブラック企業と見なすべきです。 今後、そういう会社は淘汰されると思います。そういう会社で我慢して働く人は減っていく。顧客・消費者からも淘汰されるので、居残ることもできません。日本人の権利意識はだんだん高まっていくので、これまでのようにはいかないでしょう。欧米では、日本人ほど我慢強くないのでブラック企業は人が集まりません。ソーシャルメディアの時代には評判がすぐに伝わるので、そういう会社は選ばれない。この淘汰は今までよりも激しくなると私は思っています。 ダメ上司というのは「なんの価値も提供してくれない」上司です。「あれやれ」「これやれ」と言いながらずれたことを指示している。なにか困ったことを相談しても「お前が考えろ」と突き放して、なんの価値も出さない上司です。 パワハラ上司は「自分の立場を使って部下を威圧する」上司ですね。罵倒する人、人間性を否定する人。今まで残っていましたが、これからは通用しません。そういう上司のもとで部下がやる気を出すことはありませんし、素晴らしい結果を出すこともありません。今後、多くの会社が潰れ、生き残る会社はグローバルスタンダードにのっとっていると思います。したがって、いいことが何もなく悪いことしかないパワハラというバカげたものはどんどん淘汰されます。 日本には女性上司が少ない。取締役や管理職の数など、先進国の中で一番女性が活躍できていないのは日本です。グラスシーリングや明確な障壁があります。なぜ日本では女性が活躍できないのでしょうか。もちろん男性が阻害してきたからです 。 女性を差別し、社会進出を遅らせてきたのは他の国でもありましたが、違いは、他国ではすでに数十年前から解決へのアクションを取ってきたのに対し、日本はまだその動きが弱く、なかなか形になりづらいことです。
仕事がなくなる時代が来る前に身につけておきたいこと

ダメ上司やパワハラ上司はなくなっていきます。ブラック企業も減っていきます。それはいいのですが、一方、仕事をしたくても仕事がなくなります。あるいは仕事はあっても、それが自分にはどうにもこうにも受け入れられないということも起きます。 そうならないためのスキルを14に分けて詳しく書きました。もっと減らしたかったのですが、起こりうる問題を真剣に考えた時に、生き残るためにはどれか捨てるわけにはいかないんです。それぞれ詳しく、どうやってそのスキルを身につけるか、気持ちの整理のしかたも含めて説明しました。 image8 第一は、「人生設計力・準備力」ですね。自分が取り得る、あるいは許容範囲であるオプションを持ち続けることが大事で、それを準備しておく力です。今、会社を辞めたら、会社が突然潰れたら、「あそこに行けるかも」「ここにいこう」という準備をしておくことです。それを増やしておくとよいと思います。選択肢をあげ、少しでも確実なものにしておきましょう。オプションを常に複数持っていれば、最悪の状況に追い込まれることが減ります。それがオプションを持ち続ける「人生設計力・準備力」です。このあと、A4メモに実際に書いて考えていただきます。 それから「成長力」。成長し続ける習慣を身につけることですし、それができるようになる力ですね。 それから「思考力」。自分の頭で考える楽しさを早く知っていただく必要があります。ダメな経営者・役員・部課長は、今ここでこういう経営をしないと会社がどうなっていくのか、真剣に考えないんですね。もちろん、目の前の仕事をどうこなすかは誰でも考えますが、それでは近視眼的になりますし、中期的に会社がよくなっていく保証や、欧米・アジアの競合企業に勝つための手段にはなりません。 次は「アンテナの立て方」「知識の収集方法」です。先を読む方法を早く身につけることが大切です。(後略)
http://logmi.jp/260889
1日10分メモ書きするだけ 『ゼロ秒思考』の著者が教える、頭が良くなる「アクティブ瞑想」のススメ 2017年9月14日

無我の境地でひたすら書く「アクティブ瞑想」
赤羽雄二氏 まだまだ質問はあると思いますが、ひとまずお手元の資料をご覧ください。今から「A4メモ書き」をしていただきます。多くの方が私の本を読まれているのでご存知かと思われますが、「メモ書き」というのはA4用紙を横置きにし、左上にタイトル、右上に日付、4〜6行、20〜30字を1分で書くというもので、毎日10~20ページ書くことをお勧めしています。 本をよく読まれていても、この「1分で書く」という点をあまり気にされない方が多いようですが、重要なポイントです。1分で必死に書くことによって、余計なことを考えずに頭の中のもやもやを外に出していくことができるからです。 頭に浮かぶイメージを、一瞬のうちに描くことができるようになります。時間制限をしないと、人の頭はそのようには動きません。だらだらとああでもない、こうでもないと無駄なことを考え始めます。 image10 『ゼロ秒思考』A4メモ書きのポイントは以上ですが、お勧め通りに実践されていない方が多いので今からやっていただきます。ポイントは3つ、「頭に浮かんだことを吟味せず、ともかくはき出すこと」「ギリギリ読める程度のきたない字で書くこと」「筆圧ゼロで書ける水性ボールペン」です。ペンはパイロットVーコーンをお勧めしています。シャープペンシルではこのレベルで早く書くことは不可能に近く、古いボールペンもほとんど無理でしょう。書くスピードが3〜5割遅くなります。

1分で80〜90字書くためには、筆圧がゼロで、ギリギリ読める程度のきたない字で書かないととても間に合いません。なぜそんなに急ぐかというと、誰でも、急げば書けるからです。また、急ぐと言わなければ大して書きもしないのに3〜5分もかけてしまうからです。最高速度で書けば、ダラダラせずに済みます。 このスピードでA4メモ書きをすれば、「早く終われ」「腹減った」といった余計なことを考える時間がなくなります。つまり、無我夢中で書けるようになるということです。 これを私は「アクティブ瞑想」と呼んでいます。ご存じのように、瞑想は大事ですが普段なかなかできません。お寺で座禅しても、いろいろ雑念が入るのでバチンと叩かれたりします。 瞑想というのは、あくまでも目を閉じて呼吸を整えますが、『ゼロ秒思考』のA4メモは目を開け、集中して書きます。やってみればわかりますが、心は結構、無我の境地になります。なので、「アクティブな」瞑想と呼ぶことにしました。 話すと繰り返しになったり冗長だったり、無駄があったりが多いです。書くと、はるかにまともで、整理されます。話し言葉と書き言葉はおそらく脳の違う部分で処理されているようですね。

1日10〜20ページ書くことが大事
赤羽 では、これを今よりA4メモ書きを始めます。1分で、できるだけ4〜6行、20〜30字書いてください。はい。 (参加者はA4メモ書き中) はい、これが1分ですね。では次のページへ。より速く、より考えずに感じたままを書き出してください。次のタイトルは「今日なにを学んで帰るか」です、はい。 (参加者はA4メモ書き中) 先ほどよりも長めに書けましたか。もし2行あるいは5字程度しか書けなくてもいったん気にしないでください。このスピードで書き続けていれば、必ず何ページか後にはできるようになります。1行に20字というのは、A4用紙の2/3、この辺までですね。「早起き」だと3字ですね。15〜20字だとこの辺まで書けます。 このように長く書けるようにならないと、物事を言語化して相手に伝えることがうまくできません。自分の頭を整理できません。アバウトなままでいると、先ほどのようにもやもやしたままで、「それって違うよね、なんというかその……」みたいなことになってしまいます。 これがパパッと書けるようになると、「これがよくなかった」「自分は今なんでこう思ってるのか」「日本はどうすべきか」「自分の今後の身の振り方をどうするのか」といったことをたちどころに整理できるようになるんですね。 ですので、この、1分間で4〜6行、20〜30字を1日10〜20ページ書くことが非常に大事です。日本やインドの支援先でのワークショップでは、300人ぐらい同時にA4メモ書きをやっています。台湾やベトナムでもA4メモ書きを取り入れています。 では、次は「将来に向けてどう準備していくのか、三日坊主にならないためには」について書きます。はい。 (参加者はA4メモ書き中)(つづく)

普段訓練していない人のほうが効果が大きい
赤羽 先ほどご紹介した本、『3年後に結果を出すための最速成長』には、AIやブロックチェーン、また世界の情勢変化について、それぞれどんなテーマでメモを書いて頭を整理したらいいか、頭を良くしたらいいかということがリストになってますので、それについて書いていただくのもよいかと思われます。

これは学歴や仕事、経験によりません。むしろ普段訓練していない人のほうが、効果が大きいです。3週間ぐらいすると、人の話がよくわかるようになります。「人の話」がよく理解できない、「聞くのが実は苦手」という人が実は多いかと思います。とくに話をすり替えられた時、言い逃れされた時、何だか変だと感じてもよくわからなくなることがあると思います。それがその瞬間にわかるようになります。 また、考えが整理されるので、発言に説得力が出て意見が通りやすくなります。あるいは、リーダーシップが発揮できるようになります。「なぜか今までよりも、自分の意見が通りやすくなる」というのはよく聞きます。それも、やはり3週間ですね。 こうように簡単にもやもやがなくなり、確実に頭がよくなる方法は、多分、世界中を探しても他にないと思います。そのようにうたっているものはいろいろあるでしょうが。お金はいっさいかかりませんし、時間も1日10分〜で済みます。朝起きてから寝るまでの間に、思いついたこと、気になったこと、いやなことを書くだけで、圧倒的な効果を誰でも実感されていますので、今日からの実践を強くお勧めしたいと思います。『ゼロ秒思考』には、普遍性があるんですね。シリーズで28万部ほど出版されました。

マインドマップをあまりお勧めしていない理由
赤羽 マインドマップを使う方もいらっしゃると思いますが、あれは1つのテーマを速い人でも20〜30分、遅い人だとたぶん1時間半ぐらいかけていないでしょうか。私もつい、そのくらい時間をかけてしまいます。 しかし、そういう深掘りも大切ですが、多くの人にとっては気になることが多すぎて、それを先に整理し、もやもやをなくし、行動しながらさらに深めていくほうが大切ではないかと考えています。あと20〜30個は考えるべきテーマがあるとすると、1つのテーマに時間を使うよりも、まず多くをメモで整理する方をお勧めしたいです。 マインドマップは1つひとつに20字書くようなスペースがあまりないため、単語で書いてしまいがちです。例えば、「早起きする」というとき、「3時までカラオケに行って、疲れていてもいつも通り7時に起きる」のように具体性と明確なイメージがないと、頭も整理されませんし、する行動することができません。 マインドマップだと、1つの課題・テーマに対して時間をかけがちで、それを完成するだけで仕事をやった気になってしまいますので、メモを数千ページで書いて、もやもやなどがあまりなくなったあとに行うことをお勧めしています。 次はアイデアメモについてお話しします。これは1年半ほど前に始めたもので、A4 1ページの中にメモが4つはいっています。 image6 これを3分で書きます。基本的にはメモを4ページ書くのと同じですが、そこでのストーリー性と深掘りがポイントです。 例えば、「TOEICの点数を900点にする」「転職する」「彼・彼女と別れる」「ここに住む」といった、これまでみなさんが決めても実行できなかったことについて、それは「何をやろうとしたのか」「どのくらい続けることができたのか」「どこで終わってしまったのか」「どうだったら続けられたかもしれないのか」というのを3分で書きます。 その後、2分間で隣りの人に説明していただきます。1人1分程度ですね。あまりに恥ずかしいことは遠慮してもいいですが、どうせ隣の人は知らない人でしょうから、まあいいかな、と思います。 (会場笑) アイデアメモを書いて他の人に説明するといろんな発見があります。書くのが3分、説明しあうのが2分ですから、わずか5分の間にですね。では、始めます。3分でこのページをできるだけ完成してください。 (参加者はアイデアメモ書き中)
(つづく)
「でもなんとかなったよね」という時代は終わった
赤羽 はい、終了です! 説明時間が少ないのはよくわかっています。 では次のページ。「これまで自分で決めて実行できたことはなにか?」に行きます。始めます。 (参加者はアイデアメモ書き中) はい、終了です! 次のページにいきます。これまで実行できなかった、実行できたをもとに、「今後自分で決めたことを確実に実行していくには?」です。 先ほども申し上ましたように「仕事がなくなる」「得られる仕事と自分ができる・やりたい・我慢できる仕事のミスマッチが起きる」「会社も変わる」なかで生き延びなければなりません。好むと好まざるに関係なく全員トライアスロンができなければいけないような状況で、「決めたことは実行できない、でもなんとかなったよね」という時代は終わったと考える必要があります。 実行すべきことが「できなかったとき」と「できたとき」に注目し、「どういうとき、どういうことだったら自分は確実に実行できるのか」という、勝ちパターンの整理が必要です。 次に、「途中の誘惑に勝つにはどうすべきか」という点に関しては、「眠さ」「友達からの誘い」など、常に誘惑があるので、それらへの対処法を書きます。それから「見習うべき人が身近にいないか」という点については、身近な人の中から自分で決めたことを確実に実行している人を思い浮かべ、なぜその人がよくできるのかを徹底的に観察するとよいと思います。最後は、「さらに一歩も二歩も進化するには?」で、確実に実行していくだけではなく、その方法論も含めて進化し続けるにはどうしたらいいかを書きます。 (参加者はアイデアメモ書き中)

アイデアメモのテンプレートを自分で作ると、理解が格段に深まる
赤羽 はい、終了です! このアイデアメモのテンプレートは「重要な案件がうまくいかなかったとき」「うまくいったとき」「今後うまく進めるには?」、「新入社員をうまく育てられなかったとき」「育てられたとき」「今後育てるには?」など、懸案事項を考えるときに大変有用です。 1ページ目の「うまくできなかった、いかなかったとき」を完成させたらそれをコピペして、「できなかった」を「できた」に変えて2ページ目の「うまくできた、いったとき」を作ります。すぐできます。それぞれ、メモタイトルに対してメモと同じ、4行書いてるだけです。「できなかったとき」「できたとき」をベースとして、「今後うまく進めるには」は、少し違う角度から、より高い見地から、大事な4つを書いてください。 このテンプレート作りは、慣れると15分くらいでできます。それを同僚または友達3人に頼んで一緒にやってもらうと、上司へ重要案件を説明する前や、むずかしい営業案件へ取り組む前など、さまざまな場面において大きな発見があります。シミュレーションなので、自信にもなります。 アイデアメモは1ページ書いてAさんと説明しあい、2ページ目を書いてBさんと説明しあい、3ページ目を書いてCさんと説明しあう、というふうに3ページとも別の人と説明しあうことをお勧めしています。 その理由は、自分が何かに引っかかってできないときに、相手は何も引っかかずにうまくできていたり、あるいは自分が当然のようにしている動作や活動の結果できているのに、それができなくて非常に困っている人がいることがわかるからです。そのような発見がわずか15分の間にあり、多くの刺激を受けます。ぜひこのアイデアメモを自分でやってくださいね。 今日の課題があと2ページあります。こちらは「3年後・5年後・10年後の目標設定・達成シート」です。 image9 先ほどの、『3年後に結果を出すための最速成長』という本の中にあります。今日のタイトル「10年後みなさんはどうなっていたいか」ということで、今33歳だったら43歳、25歳だったら35歳、43歳だったら53歳のとき、どうなっていたいですか。  そのためには、2027年にどうなっていないといけないか。置かれた環境やアクションや注意点がどうかですね。5年後にはどうなっていないといけないか。3年後にはどうなっていないといけないか。右側から書いていきます。10年後の目標から順次さかのぼって書いていくのは、そうしないと目先の話だけになるんですね。いいですか? では頑張って3分で書いてみてください。はい! (参加者は目標設定・達成シート作成中) まだぜんぜん書けていないのはよくわかってますがいったん終了です。先ほどと同じように2分間で説明しあってください。 (後略)
http://logmi.jp/261287
タバコの副流煙より深刻? 日本人の3人に1人が患う「愛着障害」とは何か 2017年9月14日
残業をゼロにするには、まず社長が「残業をゼロにする」と宣言する

赤羽雄二氏(以下、赤羽) 1つ大事なことは、将来に向けての情報収集ですね。これができないと、目をつぶって高速道路を渡るようなものです。そんなの無理ですよね。時間がないので要点を説明します。 「Googleアラート」です。指定したキーワードを含む過去24時間の最新記事をまとめて送ってくれます。もちろん無料です。情報収集上、これが一番使いやすいので、必ず使ってください。キュレーションアプリは余計な情報も送られて来ますし、だんだんずれていくのでよくありません。 Googleアラートは検索するとすぐ出てきますし、設定が簡単です。1つの言葉を登録するのに10秒くらいです。私は毎朝6時、過去24時間の記事がメールで届きます。どんな人でも30〜50は登録されるといいでしょう。私は仕事柄、日本語、英語あわせて300ほど登録しています。 さき 2度ある言葉は、1つは日本語の記事、もう1つは英語の記事を検索するためです。クリックするとこのようにページが表示されますが、全部を読むわけにはいかないので、目を引いたものを読みます。 あと おすすめは、毎朝毎晩、自宅でこういった記事を30分読むことです。会社では、落ち着いた気分でこういった記事を読むことはむずかしいと思います。そうすると、読み逃しが起きたり、せっかく見つけた素晴らしい記事を書いた人の関連記事を見ずにすませたりしてしまうので、本気で成長したい人には自宅で読むことをお勧めしています。 こういう努力をしなければ、目をつぶって高速道路を渡るという状況に近いのではと思います。

残業をゼロにするには、まず社長が「残業をゼロにする」と宣言する
最後にどうしてもおすすめしたいのが、この『最速のリーダー』、7月に上梓した本です。
この本では、1日24時間を3分割して考える「一日24時間3分法」をお勧めしています。 まず、会社は8時間、プラス昼休みを入れると9時間。これを下回ることはほぼ無理でしょう。 次に健康維持。平均で6時間から7時間くらい寝ないと体が保ちません。さらに運動、入浴など、健康維持に8時間必要です。 残りの時間は7〜8時間ですね。これを、家族・パートナーとの時間、自分の成長、趣味、食事・料理・家事、友人・仲間との時間、人との出会い、ペットとの時間、通勤、他の雑務に当てます。通勤や食事で、普通は毎日どうしても3時間以上、取られるかと思います。 今まで会社にいる時間が12時間だった人は、何としても9時間に減らしましょう。浮いた時間で毎日1時間から2時間、必ず自分が成長するために時間を使う、というところが最大のポイントです。経理部の方なら、経理がAIでどう変わるのか、ブロックチェーンでどう変わるのか、ブロックチェーンはどんなものかということです。 残業をダラダラするのではなくて、会社をできる限り早く出て、1日1〜2時間を自分の成長のために使います。そうすると、年間365〜700時間、1つの分野の専門家になれる時間ですよね。この時間を確保することによって、自分の総合戦闘力を上げることができ、今後の大変動を生き抜くことができます。もちろん、成果を減らすわけではありません。仕事のしかたを抜本的に見直して実現します。 この本を出版するにあたって、残業ゼロに関係のある本を取り寄せて、全部読みました。驚いたことに、どれ1つとして、まともに残業をゼロにする方法論を書いていないんですね。部門レベル、チームでどう努力するかにとどまっています。経営者が書いた本もあります。ただ、特別リーダーシップが強い人が多く、あまり参考になりません。 でもどうすべきかは明確です。社長が「残業をゼロにする」と宣言して、役員、部門長、部課長を直接動かし、会議や書類作成を抜本的に減らして無駄をなくし、生産性を上げていくしかありません。 それにより、宣言した翌月は半分に、翌々月は4分の1に、3ヶ月後にはゼロにしていきます。鍵は、その間、残業を減らしながら従来の残業手当と同額をフルに払い続けることです。 残業が減った分を「残業削減報奨金」という名目で補い、過去3ヶ月の残業代分と同額を払い続ける。残業が減っても成果は同等か、むしろ、増やす。3ヶ月後からはその人の真の貢献に合わせて、「貢献度給」というかたちで払う。 決して、人件費削減ではありません。人件費削減を説く本が多いですが、真の働き方改革は残業を減らしながらの生産性向上であり、利益率向上に見合った人件費増加でなければいけません。(後略)
http://logmi.jp/261787
本は受け身ではなく「行動」するために読もう! 元マッキンゼー赤羽氏が教える“攻めの読書”のススメ 2017年9月14日

文字を書き出す際の、ペンで書くのとパソコンで書くのとの違い
赤羽雄二氏(以下、赤羽) 今日はこれで終わります。懇親会もあります。今日の発見・感想を私にメールしてくださいね。すぐ返事をします。今後みなさんが「こんなことになっているんだけどどうなの?」ということも、メールをいただければすぐお返事します。反応は大変早いので、そういうルートを作っておくほうがいいと思います。それもあるので、ぜひ、できるだけ今日中に私にメールをください。 全体として、ご質問がある方いますか? (会場挙手) 質問者1 書き出すときに、ペンで書くのとパソコンとかを使って書くのに違いはありますか? 赤羽 4〜6行書くにはブラインドタッチのほうが早いということもあります。ただ慣れるとそこにピラミッドやフレームワークを書いてアイデアを整理することもよくあります。 パソコンだと数秒で図にすることはできないので、文字表現しようとしてしまいます。図で説明したほうがよいものを無理に文字表現するのは本末転倒なので、よほど生産性の高い手書きをお勧めしています。 はい、他にありますでしょうか? (会場挙手) 質問者2 人生設計力というのが大事だとおっしゃっていましたが、日本の中でここはうまくできている会社というのは。 赤羽 人生設計力は自分のスキルですから、ちゃんとやってる人はもちろんいますよ。 質問者2 会社として推奨しているところは。 赤羽 あまりないと思います。ほかにはいかがでしょうか? (会場挙手) 質問者3 10年後の世界で、リカバリーショットを打てるような環境というのはあるんでしょうか? 赤羽 ないと思います。それでは、遅すぎるからです。今から準備が必要です。 質問者3 お聞きしたいのは、例えばブロックチェーンのような環境の中で評判が非常に重要になってきますよね、ということです。1回のミステイクでリカバリー不能、といったことはありますか。 赤羽 はい、ブロックチェーンで改ざんできないということは、過去のデータが全部残るということです。ほかはいかがですか? (会場挙手)

メモ書きは基本見返さない
質問者4 メモ書きをしたときに溜まっていくと思うんですけど、どれくらいありますか? 赤羽 それは「ずっと取っておいたほうがいい」と思います。なぜかと言うと、がんばって書いたものなのでそれを捨てるのはもったいないと思うからです。 質問者4 見返すのは? 赤羽 見返さないでいいと思います。どうしても見返したければ、3ヶ月後くらいに1回ドサッと出してきて、日付順に変えて、サッサッと見るぐらいですね。そうすると、「結構いいことが書いてあるな」と思います。もう1回、6ヶ月後にそれを見ると「当たり前じゃないか」と思うでしょう。自分としてはすっかりマスターされているからです。自信につながりますので、どうしても見たければ、そうしてください。ただそれよりは、ともかくもっと多く書くほうがいいです。 はい、ほかにありますか? (会場挙手) 質問者5 先ほどの技術革新でアメリカはシリコンバレーを中心に起きていて、そこが最先端で起きていくという流れでよろしいんでしょうか? そこをウォッチして日本がどうなるか見ていくという。 赤羽 ブロックチェーン、暗号通貨に関してはイギリス・スイス・マン島などですね。今スイスに「クリプトバレー」ができていて関連企業が集積しています。一方アメリカはビットコインに対してけっこう曖昧な態度が続いています。前よりはシリコンバレーに一極集中ということではありません。 ほかにはありませんか? (会場挙手) 質問者6 今日のワークは『ゼロ秒思考』が主な内容でしたが、本を書くにあたって編集者からの直しとかで書けなかったことなどあれば。 赤羽 別にないです。今日の本は別に『ゼロ秒思考』とは関係していないです。頭を使うためにはメモを書かなければならないので、AIに関してはこういうメモを書いたらとか、ブロックチェーンに関してはこういうメモを書いたらとか、そういうエクササイズとしては書いてます。別に『ゼロ秒思考』を全面に出しているわけではありません。 質問者7 どんなときもやる気を維持するということですが、怠けてしまうことが自分にとっては一番快感なんですけれども(笑)。その快感を抜け出して、やる気を維持するためにはどうすればいいですか? 赤羽 自分よりがんばっている友達を目の前に置くことですね。それしかないです。ただ、そう言っていると本当に自分が下になります。 はい、ほかには?
(つづく)
メモを取らない代わりに、本に黄色い線を引いていく
質問者8 本を読みながらノートを取らないのはなぜですか。 赤羽 読むスピードが非常に遅くなってしまうからです。『アクションリーディング』をぜひ読んでください。
これだけあらゆるものが速く進んでいるなかでは、本をゆっくり読む暇はありません。また自己満足のために本を読むのも、考えればもったいないことです。あくまで「攻めの読書」「行動するための読書」をしていってください。 質問者9 私も最近記憶力が悪くなっているのですが、書くことでインプットできるかなというところがあります。 赤羽 よく何歳か以降の人の記憶力が悪くなっていると言う人がいます。言霊があるのでそれを言うのはやめましょう。そんなに記憶力は悪くならないです。そう思っているだけで実際そうでもないので、そういう不吉なことは言わない。 (会場笑) メモを取らない代わりに、黄色い線をどんどん引きましょう。引いたら耳を折りましょう。そのほうがよっぽど早く、それから再読ができる。そういうことを私の本にも書きました。 (会場挙手) はい、最後ですね。 質問者10 本屋や図書館に行くと、世の中には大量の本があります。ほとんど読まずに死んでいくんだなと思うと怖くなります。どうやって読む本を選んでいますか? 赤羽 『アクションリーディング』をまず読んでみてください。 (会場笑) 赤羽 私は本屋と図書館は行かないほうがいいと思っています。なぜかと言うと、その場で興味をひいてしまい、その本を買ったり借りたりしてしまいます。私ももちろんやりがちなんです。実際そういう本が積読になるんですよね。 『アクションリーディング』では「月4冊以上読むな」と言っていますが、仕事上、私自身はもっと読まなければいけません。なので、誰かが強く薦めている本を見た瞬間にAmazonで買っています。 誰かが薦めたものを買うほうが、本屋さんでは平積みされている本を買うより確かです。あれはいい本だから平積みしているのではなく、売れるものを出しているだけです。ただ、私の本はなるべく買ったほうがいい(笑)。 (会場笑)

電子より紙をおすすめするのは、読んだものが一覧にならないから
質問者11 すみません、それは電子書籍ですか? 赤羽 それはどちらでもいいんです。これは趣味の問題で、この本にもどちらでもいいと書いていますが、個人的には一覧性のある紙がお勧めですね。 それから何度か手に取ろうと思えるところです。電子書籍は索引・検索が前提なのと画面の小ささで自分が読んだものが一覧できませんから、1,000冊くらいあってもどこかに置いておける紙の本をおすすめします。 読んだら売るっていう人もいますが、その時間ももったいない。それから人の薦めた本であれば、自分が今回それほど理解できなくても本は悪くないので、売らずにまた読めるようにしておく。どちらと言えば、あまり電子書籍はおすすめしていません。 女性の質問が少なかったので、あと2、3人(笑)。 質問者12 たくさん買われた本はずっと置いてあるんですか? 赤羽 一応置いてますね。Amazonで10冊くらいは売ったことがありましたが、手間が大変なのともったいない感があるのでやめました。それに、私は本を読みながら線を引くので、売れなくなります。 大事なところへの線は絶対に引くほうがいいです。そういう意味では、図書館で借りるのは、線が引けないのでもったいないです。 ここに来られるような人は、本を月に4冊買うお金がないということはあまりないですよね。四六判だと1,300円とか1,400円、新書だと800円とか900円です。4冊だと3〜4,000円なので、私は投資として、月4冊くらいは本は買うべきだと思っています。もちろん、厳選した4冊で、読んだらきちんと活かすことが大前提です。 女性枠あと数名。いいですか? やっぱり女性の質問が少ないんですよね。 (会場挙手) 質問者13 赤羽さんは、すごく時間を有効に使われているじゃないですか。たまにはダラダラすることもあるんですか? (会場笑) 赤羽 まったくないです。ダラダラするんですか?(笑)。 質問者13 はい。 (会場笑) 赤羽 ダラダラするかどうか、これは重要な問題です。私は記憶のある限りダラダラすることはないです。ただ、小学校のころはラジコンをやっていました。今であれば、本を読むときに一生懸命です。ビットコインや暗号通貨、ブロックチェーンの発展を知るのが大変楽しいので、1日200ほど記事を読んでいます。そういうことはあります。
(つづき)
ダラダラすることは生産性が低く、後悔する時間になる
赤羽 それをダラダラと言うかもしれません。自分の好きなことに時間を使っているという意味ですからね。ただ、いわゆるダラダラとしていることはゼロですね。みなさんも同じようにできるはずですね。なんでダラダラするんですか。 これも知りたい、あれも知りたい、ここにも行きたい、これもやりたいというときに、ダラダラという生産性の低い「あとで後悔するような時間」を使う理由がないんですね。ディズニーランドに行って、ぶらぶらその辺で昼寝をしないですよね。そういう時間の使い方もないわけではありませんが。普通は、ディズニーランドに行ったらアトラクションに乗るじゃないですか。そういう感じで24時間動いてます。 私だけが特殊なのではなく、そういう楽しみ方がは誰にでもできると思います。「ダラダラするのも人間だよね」ということは考えないほうがいいと思います。個別にメールをください。「こういうときにダラダラするんですけど」と教えてもらえたら、「こうすればダラダラしないじゃないですか!」とお返事します。 (会場笑) 赤羽 はい、最後の1名! (会場挙手) 質問者14 先ほど、立川周辺の不動産価格が上がると思うとおっしゃっていたんですけど。 赤羽 いや、上がると言ったのではなく、立川駅などターミナル駅周辺の不動産価格は落ちると言ったんですね。 質問者14 あ、落ちる!? 赤羽 交通渋滞がなくなり、従来の便利さに基づいて不動産価格が決まっていたことが大きく変わります。これは自動運転が普及した未来なので、10年後ですね。3年ではないです。 質問者14 今は立川が便利だから不動産価格が高いけど、その後はその便利さ。 赤羽 駅周辺は今もちろん高いですよね。そこからバスで30分行ったところは安いです。でもバスで30分の代わりに自動運転で5分で行けるようになれば、別に駅周辺に凝縮している必要はないですよね。 質問者14 じゃあどの駅でも同じことが起こるということですか。 赤羽 はい、もちろんです。 質問者14 ありがとうございます。 赤羽 ぜひ今日の感想をメールしてください。これから懇親会です。遅くなったので、今から何分やれるのかわかりませんが(笑)。 ということで、将来は大変です。だけど自分だけ救われる、自分というのは自分の家族、パートナー、仲間ですが、救われる方法はあるはずです。さっきの「ダラダラしない」ということも含めて、充実した人生が十分送れるので、ぜひがんばってやりましょう。どうもありがとうございました。 (会場拍手)

ログインすると、残り220件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

実践!心理歴史学的自己啓発 更新情報

実践!心理歴史学的自己啓発のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。