ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 小室直樹 > トピック一覧 > 小室直樹 文献目録/著作復刊の...

小室直樹コミュの小室直樹 文献目録/著作復刊のお知らせ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

コメント(2)

小室直樹『国民のための戦争と平和』(ビジネス社 2018/01/25)
https://www.amazon.co.jp/dp/4828420045/
http://mixi.jp/view_item.pl?id=4408314


【内容紹介】
これが小室直樹による、念仏でもないお題目でもない平和論だ!
1981年刊行の名著、待望の復刊!
(旧題『新戦争論―“平和主義者”が戦争を起こす』光文社カッパ・ブックス)

本書のテーマは副題の通り、第一次大戦後、ヨーロッパには厭戦気分が蔓延し、いわゆるパシフィズム「平和運動」が盛んでした。そのような風潮の中、ヒトラーはフランスとの国境付近 ラインラントへ進駐します。
当時の英総理大臣チェンバレンは時代の流れに抗しきれず軍事行動へ踏み切れず、その後のヒトラーの野望を挫くことができませんでした。
戦後チャーチルは第二次大戦を評して「戦う必要のなかった大戦」と述べていますが、初期行動ができなかったことの反省でしょう。
国際法を学んだ人なら理解できると思いますが、「戦争」は国際紛争を解決する一手段です。
これは高度に組織化された文明の所産。ここを理解できないと「戦争」というものの判断を誤ります。
「紛争」ありきで戦争は始まります。何もないところから戦争が始まったことは文明史上ありません。
この「紛争」への対処の仕方で、その国の国民の命運が決せられるのです。

【本書の恐るべき提言】
●戦争は個人の心の内の問題ではない
●全会一致制で衰退したポーランド
●戦争決意ができずに崩壊したフランス
●非武装中立は白日夢である
●建前と実態の離れた国は破滅する
●日本は清帝国の二の舞にならないか

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

小室直樹 更新情報

小室直樹のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済