ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > クリスチャンのマイミク歓迎!!! > トピック一覧 > みなさんに質問です。

クリスチャンのマイミク歓迎!!!コミュのみなさんに質問です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

こんにちは!先日、わたしのブログに、


パウロ書簡の半数はパウロを騙った偽手紙(第二パウロ書簡)ですし、聖書が完全な実話だとは牧師らも考えていないようです。


というコメントが書かれました。
使徒パウロの書簡は特に好きなみことばなんですが、偽の手紙だと言われてショックです。

聖書に対するいろんな意見があるのは知っていますが、
聖書の内容は事実じゃないといわれると、聖書の何を信じ、何を信じていけないのか基準が分からなくなります。


みなさんは、どのように思いますか?

コメント(21)

歴史は 都合の悪い事実を隠すから、 聖書も改ざんされていますよ? と僕も言われたことがあります。


しかし、そうすれば この世の成功者や、スポーツ選手や、政治家、有名人を信じればいいのですか?


心理学、哲学、新興宗教でしょうか?


いくら 偽物と言えど、 聖書に勝るものというか、


聖書ほどに、 神様のご意思を伝えている書物はないでしょう。


英語で、聖書は バイブルといいますね。 バイブルですよ!


自分自身の内側に、真理と信仰があれば、何も問題ありません。


「すなわち、イエス・キリストを信じることにより、信じる者すべてに与えられる神の義です。そこには何の差別もありません。人は皆、罪を犯して神の栄光を受けられなくなっていますが、ただキリスト・イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされるのです。神はこのキリストを立て、その血によって信じる者のために罪を償う供え物となさいました。それは、今まで人が犯した罪を見逃して、神の義をお示しになるためです。」
「終わりの日には困難な時代がやって来ることをよく承知しておきなさい。
 そのときに人々は、自分を愛する者、金を愛する者、大言壮語する者、不遜な者、神をけがす者、両親に従わない者、感謝することを知らない者、汚れた者になり、情け知らずの者、和解しない者、そしる者、節制のない者、粗暴な者、善を好まない者になり、裏切る者、向こう見ずな者、慢心する者、神よりも快楽を愛する者になり、見えるところは敬虔であっても、その実を否定する者になるからです。
 こういう人々を避けなさい。
 こういう人々の中には、家々に入り込み、愚かな女たちをたぶらかしている者がいます。その女たちは、さまざまの情欲に引き回されて罪に罪を重ね、いつも学んではいるが、いつになっても真理を知ることのできない者たちです。
 また、こういう人々は、ちょうどヤンネとヤンブレがモーセに逆らったように、真理に逆らうのです。彼らは知性の腐った、信仰の失格者です。
 でも、彼らはもうこれ以上に進むことはできません。彼らの愚かさは、あのふたりの場合のように、すべての人にはっきりわかるからです。
 しかし、あなたは、私の教え、行動、計画、信仰、寛容、愛、忍耐に、またアンテオケ、イコニオム、ルステラで私にふりかかった迫害や苦難にも、よくついて来てくれました。
 何というひどい迫害に私は耐えて来たことでしょう。
 しかし、主はいっさいのことから私を救い出してくださいました。
 確かに、キリスト・イエスにあって敬虔に生きようと願う者はみな、迫害を受けます。
 しかし、悪人や詐欺師たちは、だましたりだまされたりしながら、ますます悪に落ちて行くのです。
  けれどもあなたは、学んで確信したところにとどまっていなさい。
 あなたは自分が、どの人たちからそれを学んだかを知っており、また、幼いころから聖書に親しんで来たことを知っているからです。
 聖書はあなたに知恵を与えてキリスト・イエスに対する信仰による救いを受けさせることができるのです。
 聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。
 それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。
 神の御前で、また、生きている人と死んだ人とをさばかれるキリスト・イエスの御前で、その現われとその御国を思って、私はおごそかに命じます。
 みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。寛容を尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい。
 というのは、人々が健全な教えに耳を貸そうとせず、自分につごうの良いことを言ってもらうために、気ままな願いをもって、次々に教師たちを自分たちのために寄せ集め、真理から耳をそむけ、空想話にそれて行くような時代になるからです。(テモテへの手紙第二3章1節〜4章4節)」
 そう書いてあるじゃないですか(^w^)。

 それにこのようにも書いています。
「私は、この書の預言のことばを聞くすべての者にあかしする。もし、これにつけ加える者があれば、神はこの書に書いてある災害をその人に加えられる。
 また、この預言の書のことばを少しでも取り除く者があれば、神は、この書に書いてあるいのちの木と聖なる都から、その人の受ける分を取り除かれる。
 これらのことをあかしする方がこう言われる。
「しかり。わたしはすぐに来る。」
 アーメン。主イエスよ、来てください。
 主イエスの恵みがすべての者とともにあるように。アーメン。
(黙示録22章18〜21節)」
 要するに「足すな・引くな」と言ってるわけですよね?
 その人の場合、「引いて」いると思いますよ?
 それって果たしてどうなんでしょう?

 それから。
「聖書 編纂の歴史」に手を付け始めたり、神学に偏りすぎたりすると、そういうことをいい始めるんですよねえ(´・ω・`)。
 そしてそれをSNSなどに書き込んで、拡散する・・・・・・。
 私から見ると、「地獄への道連れを増やそうとする人」にみえますがどうでしょう?
>>[1] 都合の悪い事実を隠すのなら、聖書に何度も何度も出てくる神の民の失敗、王や祭司の罪の記録はどうなんだろう。全く説明つかない気がする。人間が作り上げる「神様」はなんでも願いを叶える都合のいいマシーンだけど、主は人の都合の良いようにする神じゃなくて、愛をもってムチを打つような神…
聖書は全く人間が自分の都合で作り上げたとは言えないと思う←
>>[2] 勉強になりました。僕はクリスチャンになって間もないですが それまで長い間 スピリチュアルというところに属していました。

そこは 淫らな人が多かったです。 家庭が崩壊していても、 自己を解放し、自己実現することに熱心でした。

聖書に書いてある通りですね。

誰かに何かを言われようとも、聖書と共に歩みましょう(。・_・。)ノ†
>>[1]

お返事ありがとうございます。

いくら 偽物と言えど、 聖書に勝るものというか、


聖書ほどに、 神様のご意思を伝えている書物はないでしょう。


この部分とても共感しました。アーメンです。
>>[2]

お返事ありがとうございます。たくさんの聖句もありがとうございます。
読んでいくうちに改めて聖書はすごいなと思いました。

やっぱり、聖書の疑問は、聖書の中で答えを見つけるなんですね。

「聖書 編纂の歴史」に手を付け始めたり、神学に偏りすぎたりすると、そういうことをいい始めるんですよねえ(´・ω・`)。

この部分知らなかった世界なので、勉強になりました。
>>[3]
コメントありがとうございます。アーメンです。

なるほど、

聖書は全く人間が自分の都合で作り上げたとは言えない。


確かに、人が改ざんしたものならば、もっと人間にとって都合のいい内容が書かれてあってもいいはずですよね。すっきりしました!
>>[5]  コメントありがとうございます。
アーメンです。だれが何と言おうが聖書のみことばを真理だと信じて進むのみですね。

>>[9]
そして、聖書に書いてないことも人は考えることがあります。でもそれを人間を気にする必要はありません。なぜなら主は人間に必要なことだけ聖書に書くように指示なさったのですから。
日本人クリスチャンは、聖書をお題目のように唱える(読む)事が目的になって居るようですよね〜(^_^)。

キリスト教は契約の宗教です。
ですから、聖書は教えの書では有りません。人としての目標が書いて有るのです。

その約束が、罪がある事で守れないのです。

その為に2000年前に、イエスキリストが十字架で死なれ、復活なさったのです。

その事をキチッと納得する為の書物が聖書なのです。

元々ヘブン語とギリシャ語で書かれたものです。
翻訳で一語一句がちゃんと継承出来る訳もなく(聖書には書いて有りますがね)、言葉の意味合い単語の用い方も時代ら生活環境によって変化します。(^_^)

明治の時代のラブレターをもらっても現代人には、思いがそのまま伝わらないのです。(^_^)

聖書は中心の目的のある書物です。枝葉の部分で、蹟かなければ良いのです。(^_^)
>>[11]
新約聖書の完成はイエス昇天後、数十年経てから成立しました。また旧約聖書も創世記の時代(およそ紀元前2000年〜紀元前4000年)から紀元までの間に書かれたという確証もありません。部分的には預言が史実の後に書かれたかもしれないといわれています。証明できていませんけど。

キリスト教の聖書は主から人間へのまんべんなく降り注ぐ愛(アガペー)の書物だと思っています。主の愛に答えられないのが人間の罪です。
>>[11]

聖書はアラム語、へブル語(ヘブライ語)、ギリシャ語で書かれています。ナザレのイエスはアラム語が母国語でした。
>>[13]

こんにちは(^_^)。今日は雨模様ですね〜(^_^)

そうですね〜、イエス誕生の時代は、ローマ帝国のユダヤ自治州でしたからね〜(^_^)
言葉もそれに伴いましたね〜(^_^)
今、存在する日本語翻訳の聖書に関しても、いくつかのアラム語、ヘブル語、ギリシャ語の底本からの翻訳です。というのはまだ出版技術が無かったので原本を手書きで写していくしかなく、そのうち原本が消失してしまい本来の聖書の記述がわからなくなってしまっているからです。

死海文書が発見され、聖書の一部が出てくると、時代考証からより正確な写本が確定していくこともあり、写本同士が組み合わされて今日の聖書となっています。従って「聖書は不完全」かもしれませんが「偽物」ではないと思います。
>>[15]

詳しい解説をありがとうございます(^_^)。

大丈夫ですよ。聖書が偽物だとは言ってません。(^_^)

翻訳の方のご苦労にも、頭が下がります。

私は、クリスチャンの聖書の捉え方を言って居たのです(^_^)。

聖書が伝えたいのは、内容であるという事です。(^_^)
>>[18]

こんばんは(^_^)。確か格闘技の観戦の質問でしたね〜(^_^)

すみません。(^_^)
見ても見なくても、影響は無いかと思ってしまったもので(^_^)
>>[8]

おはようございます。

貴女のプロフィールを閲覧させて戴きました。

柱書に表示された貴女のご質問に対して、今まで書き込まれたコメンターが適切な回答をしていなので、回答致します。

ご参考に供されれば幸いです。


Q1:パウロ書簡の半数はパウロを騙った偽手紙(第二パウロ書簡)ですし、聖書が完全な実話だとは牧師らも考えていないようです。というコメントが書かれました。
使徒パウロの書簡は特に好きなみことばなんですが、偽の手紙だと言われてショックです。

A1:貴女に限らず、聖職者(神父、司祭、牧師、伝道師、宣教師等々)のプロ達や信者(クリスチャン)の皆様方々は、大いにショックを受けていることも検証済です。

聖書の本質をご存知でしょうか。

私は高校1年生(1963年)時に、近所のチャペルへ通い始めました。

チェペルは東京・墨田区の「東駒形教会」と呼ばれ、超有名な賀川豊彦牧師が立ち上げた教会です。

KKS(高校生のための聖書研究会)に参加して、3年間聖書を学習しました。

学習して何が分かったのか、聖書(旧約聖書、新訳聖書)の奥付に、著作者名、発行年月日、発行者等々)の掲載がある書籍が一つもありませんでした。

誰が聖書を書いたのか、いつごろ書かれたのか、の疑問を呈したのです。

中学生時代に学習した5W1Hを覚えていますか。

What、When、Where、Who、Why、How です。

これらの書誌的事項が明確に表示されていれば、知的財産(遺産)記録として価値が得られるのです。

種々の聖書を半世紀(50年)余り閲覧して参りましたが、奥付に掲載してあるべき書誌的事項が表示されてあるものはありませんでした。

著作者が、パウロであることを表示されていれば、パウロが書作したと言うことを信じるか否かの問題になるわけです。

書作権者の表示がされていない以上、誰が書いたのか、特定することは困難です。

そこで、私はパウロ書簡をはじめ、聖書は、当時の聖職者のプロ達、哲学者、知識人、宗教に携わっている学者達がプロジェクトを組んで、色々なディスカッション(討議)を積み重ね、纏め上げた書籍(文献)として、聖書が編纂、形成、構成されたものと推察しているのです。

聖書の内容(中身)は、全て神話です。

聖書に限らず、世界中の全ての神話は、我々凡人に分かり易く理解できるように、物語風に描かれているのです。

全ての神話の内容(中身)は、我々が現在生きている物質次元の世界で起きた事件ではありません。

我々が小学生時代から大学まで学習した歴史(世界史、日本史)書に、恰もこの世の出来事(事件)のように描かれている、記述されていることに問題があるのです。

神話の世界観をはじめ、この世の世界の様々な問題・事件には、絡繰りがあるのです。

宗教の世界観は、我々一人ひとりの精神(魂・心・気持ち)の領域(範囲)内の視方、診方、捉え方です。

自分自身の精神界の問題であることを認識できれば、他人・他者との関係を表現している世界観でないことが判明できるのです。

大半の人々が、聖書について、誤認混同(勘違い)をしており、錯綜状態が延々と永遠に続いてきたため、誹謗中傷合戦で、世界の悲劇・不幸が続いてきているわけです。

私もこの10年余り、mixiの様々な宗教・哲学・倫理のトピックスにコメントしてきましたが、宗教・哲学・倫理の本質を見極めたコメンターがおらず、いつも誹謗中傷合戦状態が続いてきています。

どうぞ、聖書は偽りものでもなく、我々一人ひとりの精神界の取り組みを物質界に置換して描かれたものである絡繰りに気づかれることです。

長年、知的財産権(特許・実用新案・意匠・商標・不正競争防止法・著作権・その他)の管理(仕事)を従事した関係で、著作権法との絡み合いで、考察して参りました。


2000字を超えたので続きあり

上記第20項目の続きです。




Q2:聖書に対するいろんな意見があるのは知っていますが、聖書の内容は事実じゃないといわれると、聖書の何を信じ、何を信じていけないのか基準が分からなくなります。 みなさんは、どのように思いますか?

A2:聖書の内容はこの世の物質次元界のお話しでないことは上記(A1)で示した通りでお判りになって戴けたでしょうか。

ご質問されている「聖書の何を信じ、何を信じていけないのか」の判断基準について、申し上げましょう。

聖書の内容(中身)は、どこの聖句箇所をカットしても、「慈愛(心)」が表現されているのです。

金太郎飴の構造です。

「慈愛(心)」を信じて下さい。

聖書で、異端者、異邦人等々で表現されている姿は、他人・他者を表現しているものではないので、信じないでください。

種々の宗教の礼拝に参加して、聖職者のプロ達から色々なメッセージ(説教)を聴いて参りました。

この半世紀余り、適切な聖書解釈をされた聖職者のプロにお会いしたことはありませんでした。

前記したように、誤認混同・錯綜状態(状況)が続いてきており、神学部で学習された聖職者のプロ達に、聖書解釈の統一見解を見いだせた人もおらず、聖職者によって解釈がまちまちであることも検証済です。

何を信じていけないのか、は、誤認混同・錯綜状態が続く限り、多くあり過ぎます。

聖書から「慈愛(心)」を学びとり、自分自身の精神界に、スタンス(姿勢、生き方、生かされ方)として取り入れ、貴方の快適なライフスタイル(生活、生活習慣)に活用されることが必要です。

小学生時代から始めた色々な学習、学習で得られた情報知識を集約化、系統化、統一化され、様々な「知識」を「知恵」に変換され、ライフスタイルに活かされれば、本当に「学習した」と言える作用効果が生じるのです。

詳細にご興味がありましたら、私のプロフィールや日記(10年分のバックナンバー)をご閲覧下さい!!

全て全体公開しているので、誰でも閲覧できるように設定してありますから。

貴女のなぜなぜ問題の解決になれば嬉しい限りです。

毎日毎日が新たな発見(気づき)であり、発見出来たことへの喜びの感謝の日々となりますようにお祈り申し上げます。

感謝

ログインすると、残り1件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

クリスチャンのマイミク歓迎!!! 更新情報

クリスチャンのマイミク歓迎!!!のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。