ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > イーグルスファン > トピック一覧 > <楽天>鉄平コーチ育成に熱 2...

イーグルスファンコミュの<楽天>鉄平コーチ育成に熱 2軍で外野守備走塁を指導、対話重視の成長促す&岡島、打撃改善へ“金森理論”挑戦「相談しながらやっていきたい」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

野球<楽天>鉄平コーチ育成に熱 2軍で外野守備走塁を指導、対話重視の成長促す野球


東北楽天の鉄平・新2軍外野守備走塁コーチが若手選手の育成に力を注いでいる。

9日から岡山県倉敷市で始まる野手陣の秋季キャンプを前に「たくさんのアンテナを立てて、

選手を見ていく。キャンプで自分のコーチ像を確立していきたい」と抱負を述べた。

仙台市の楽天生命パーク宮城で行われている秋季練習では、若手野手に守備や走塁で

気付いたことがあれば熱心にアドバイスを送っていた。

10月の秋季教育リーグ(フェニックス・リーグ)で本格デビュー。

子供たちを教えるアカデミーコーチからの転身に、「久々にプロ野球の現場に戻ってきてスピード感に

ついていけなかった」と苦笑いした。

コーチとして重視するのは、選手との積極的なコミュニケーション。

「『あれをやれ、これをやれ』と言うのは簡単だが、成長につながらない。

対話をしながら、選手が納得して上達する形を見いだしていきたい」と理想を掲げる。

育成選手の中村和希外野手は「話を聞きに行きやすい雰囲気があるし、熱心に指導してくれる」と

話す。

打率3割2分7厘で首位打者を獲得した2009年シーズンは、球団記録となる13三塁打を放った。

一つでも先の塁を狙う走塁技術の指導も期待される。

選手に求めるのは「プロデュース能力」。「力を伸ばすのは監督でもコーチでもない。

どういう選手になりたいかを思い描き、その目標に向かって自ら考えて練習しないといけない。

その手助けをしたい」と意欲を見せた。



野球岡島、打撃改善へ“金森理論”挑戦「相談しながらやっていきたい」野球

楽天は7日で秋季練習を打ち上げ。9日からは岡山・倉敷での秋季キャンプに入る。

新任の金森コーチと、打撃改善に取り組んでいくことを明かした岡島は、新コーチも加わって

行われた秋季練習について「新鮮でしたし、内容も濃かった」。

秋季キャンプでは「金森さんは、自分の中にはなかった考えを持っている。

相談しながらやっていきたい」と、ボールを引きつけて体の近くで打つ“金森理論”に挑戦する。

今季1割9分と低迷したバットの復活へ、積極的に新しいものを取り入れていく考えだ。


野球オコエ“脱MAX”宣言「120%→80%」でベストパフォーマンス野球

オコエ瑠偉が7日、来季の“脱MAX”を宣言した。

常に120%の力でプレーしてきたが、今季は5月に右太もも裏を痛め離脱。

けが予防の観点からも、8割の力でベストのパフォーマンスを出すことを目指していく。

また、チームはこの日で秋季練習を打ち上げ。9日からは岡山・倉敷での秋季キャンプに入る。

苦しんだ3年目のシーズンを、オコエは冷静に振り返った。

今季は5月に右太もも裏を痛め離脱、1軍に戻ったのは9月。

「自分は少しずつ状態を上げていくタイプ。上がってきたところでケガして、(9月は)

また良くなってきたところでシーズンが終わった。悪い状態でしかできなかった」。

来季へ向け、ケガなくフルシーズン戦い抜くことの大切さを改めて痛感した。

故障のリスクを避けるためにも、「全力」の定義を見直す。

「今のプレースタイルのままで143試合戦い抜くことは難しい。今は120%でやっているけど、

力いっぱい投げるより、8割の力で投げる方がいいボールがいく。走塁もそう。

だけど、試合の中だと熱くなって、必要以上に力みが出る。

オーバーワークになってケガにつながっている」。

ケガ予防だけではなく、パフォーマンスの向上にもつながる適切な“脱力”習得を目指していく。

課題の打撃には手応えも感じている。シーズン中、反動を使い大きく体重移動していたフォームを、

右足を軸に回転で打つように改善。「右軸で受けず(差し込まれず)に、打てるようになってきた。

(手応えは)ありますね。いい当たりの確率を上げられるように、継続してやっていきたい」。

平石監督も「成長はしてますよ、技術的にも人間的にも。

能力は高いので、何とか野球のパフォーマンスに生かしてほしい」と期待を寄せた。

この日で秋季練習は打ち上げ。オコエは9日から倉敷で行われる秋季キャンプについて

「気合ですね。気合しかないです」と、メンタル面では変わらず“気合MAX”で取り組んでいくことを

強調した。

未完の大器は、今季感じた「全試合いくためのペース配分を、少しつかんだような気がする」という

ヒントを、来季の飛躍へとつなげていく。



野球西巻、秋季キャンプは「バットを振るしかない」野球

楽天は7日で秋季練習を打ち上げ。9日からは岡山・倉敷での秋季キャンプに入る。

西巻は秋季キャンプのテーマを「振り込み」に設定した。チームとして打球速度アップのために、

強く振ることに取り組んでいるが「バットを振るしかない。すでに手が痛い。みんな、すごいですね。

振る体力をつけるには、量をこなすしかない」。

守備では今季、内野安打になるケースが多かったことを反省。

「アウトにできるゴロは難なくさばかないと。内野安打をイメージしながら、試合でアウトを

取れるよう練習していきたい」と意気込んでいた。





野球平石監督、秋季練習総括「レギュラーが決まっている所はほとんどない」野球


平石監督が7日、秋季練習を総括した。「打球速度」と「アジリティー(俊敏性)」を大きなテーマとして

取り組んできたが「だいぶ変わってきていると思う。体の使い方と意識。少しずつ変わってきている。

(打球が)だいぶ力強くなってきた」と評価した。

9日からの倉敷キャンプには野手のみが参加。投手は仙台に残り、野手と別れて練習する。

「チームプレーも大事ですけど、今回は個々のレベルアップに重点を置いている。

レギュラーが決まっている所はほとんどない。ポジションを取りにきてほしい」と全選手に奮起を促した。



野球ゴールデン・グラブ賞 パはソフトB・甲斐2年連続!楽天・岸は初受賞 野球


第47回三井ゴールデン・グラブ賞が発表され、パ・リーグの捕手部門で日本シリーズMVPにも輝いた

ソフトバンク・甲斐拓也捕手が2年連続2回目の受賞となった。

楽天・岸はプロ12年目で初受賞。

ソフトバンク・松田宣はセ・パ両リーグを通して最多7回目の受賞となった。

 
受賞者と得票数上位は以下の通り。

【投手】◎岸孝之(楽天)69票=初受賞

 (2)菊池雄星(西武)45票(3)則本昂大(楽天)36票


【捕手】◎甲斐拓也(ソフトバンク)217票=2年連続2回目

 (2)田村龍弘(ロッテ)20票(3)森友哉(西武)5票(3)嶋基宏(楽天)5票

 

【一塁手】◎中田翔(日本ハム)144票=2年ぶり3回目

 (2)山川穂高(西武)54票(3)銀次(楽天)20票

 

【二塁手】中村奨吾(ロッテ)131票=初受賞

 (2)浅村栄斗(西武)98票(3)藤田一也(楽天)12票


【三塁手】松田宣浩(ソフトバンク)165票=6年連続7回目

 (2)鈴木大地(ロッテ)41票(3)中村剛也(西武)7票

 
【遊撃手】源田壮亮(西武)219票=初受賞

 (2)安達了一(オリックス)=18票(3)今宮健太(ソフトバンク)8票

 
【外野手】◎秋山翔吾(西武)216票=4年連続5回目

 ◎柳田悠岐(ソフトバンク)156票=2年連続4回目

 ◎西川遙輝(日本ハム)143票=2年連続2回目

 (4)上林誠知(ソフトバンク)134票(5)田中和基(楽天)29票





野球岸 GG賞初受賞に喜び「これからもしっかり守って勝利に貢献」 野球

https://www.rakuteneagles.jp/news/detail/00001613.html

岸孝が「第47回三井ゴールデン・グラブ賞」のパ・リーグ投手部門に選出され、球団が初受賞の喜びの

コメントを発表した。


▼岸投手 選んでいただき光栄ですし、初めてなので、とても嬉しいです。

これからもしっかり守って、チームの勝利に貢献できるよう頑張ります。



野球田中和基、上々の侍デビュー 持ち味発揮し稲葉監督にアピール野球

ぴかぴか(新しい)貴重なスイッチヒッター、代表定着に期待ぴかぴか(新しい)

野球日本代表「侍ジャパン」は7日、ヤフオクドームで台湾代表と壮行試合を行ったが、5−6で敗れた。

打線は8回までわずか1安打。9回に一挙5点を返したものの、あと1点が遠かった。

計5安打と振るわなかった攻撃陣のなかで、攻守両面で存在感を示したが楽天の2年目外野手・

田中和基。「9番・左翼」でスタメン出場し、打席では6回、チーム初安打となる右中間突破の

二塁打を放った。

その後は、2打席連続で四球を選び計3出塁。

9回は押し出しで打点も記録し、チームの反撃ムードを高めた。

3回の左翼守備では、ライン際の飛球をスライディングしながら好捕。

8回からはポジションを中堅に移し、代表デビュー戦でフル出場を果たした。

所属する楽天では、今季途中からノーステップ打法を取り入れ、一軍復帰後に安打を量産した。

特に平石監督代行となってからは、不動のリードオフマンとして躍動。

疲れが見えた9月以降に成績を落としたが、105試合の出場で初めて規定打席をクリアし、

打率.265、18本塁打、45打点、21盗塁をマークした。

代表の外野陣には、今回ともに招集されている柳田悠岐(ソフトバンク)や秋山翔吾(西武)、

未招集組にも筒香嘉智(DeNA)、丸佳浩、鈴木誠也(ともに広島)など、多くの実力者が揃う。

だが、チームとして見た場合、バランスも重要。守備力と走力を兼ね備え、

かつスイッチヒッターである田中の利便性は魅力だ。

稲葉篤紀監督は日米野球開催を前に、「2020年の東京五輪を見据え、新たな選手を招集し、

その力を試してみようと思います」とコメント。田中は今季の活躍で、その権利を得た。

9日からは、その日米野球が幕を開ける。この貴重な経験を、さらなる飛躍につなげてほしいところだ。



野球楽天 豪雨被害の倉敷市に追加支援 義援金100万円を寄付 野球

楽天は平成30年7月西日本豪雨被害支援義援金100万円を岡山県倉敷市に寄付することを

発表した。

これまでにも物資支援や募金活動を行ってきたが、約4カ月が経過した現在も復興途上な状況から、

秋季キャンプなどでつながりが深い倉敷市に追加支援をすることを決めた。

また、1月に亡くなった星野仙一前副会長の家族一同、倉敷市の星野仙一記念館も同時に

寄付を行う。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

イーグルスファン 更新情報

イーグルスファンのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済