ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > イーグルスファン > トピック一覧 > <イヌワシ戦士 勝負の秋>1軍...

イーグルスファンコミュの<イヌワシ戦士 勝負の秋>1軍定着へオコエ疾走 俊足武器、打撃安定が課題

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

野球<イヌワシ戦士 勝負の秋>1軍定着へオコエ疾走 俊足武器、打撃安定が課題野球


東北楽天のオコエ瑠偉が来季の1軍定着に意欲を見せている。

10月29日に閉幕した秋季教育リーグ(フェニックス・リーグ)では、自慢の俊足を生かしたプレーを

披露し、外野のレギュラー奪取に向けて猛アピールした。

10月24日の韓国・斗山戦。

六回に中前打を放つと、続く岩見の打席の1球目にすかさず盗塁を決めた。

オコエの足の見せ場は盗塁だけではない。

2017年シーズンは本塁打を除く36安打のうち16安打、18年は20安打中8安打が長打だった。

打球が外野手の正面から少しでもずれると、すかさず二塁や三塁を陥れる「攻めの走塁」も特長だ。

オコエは「自分の魅力は塁間を回る速さ。単打を長打にするのが売りだと思っている」と自覚する。

走攻守の三拍子がそろい、1年目の16年は球団の高卒新人野手として初めて開幕1軍入りするなど

期待されたが、その後はけがに泣かされた。

昨季の春季キャンプは右手薬指の側副靱帯(じんたい)損傷で開幕1軍を逃した。

今季は5月下旬に右太ももの筋肉を損傷し2軍で長期間の調整を強いられた。

「けがだけには細心の注意を払わないといけない」と気を引き締める。

10月のドラフト会議では、似たタイプの辰己涼介外野手(立命大)が1位指名され、

外野の定位置争いはますます激化する。オコエは「調子次第になってしまっている打撃を安定させる。

来季こそ期待に応えられるようなプレーを見せたい」と誓った。




野球戦力外選手のセカンドキャリア支援体制広まれば 野球

この時期、プロ野球選手が戦力外通告を受けたニュースを見るといつも思う。

戦力として長年貢献し、球団職員などでチームに残る選手がいる一方、

高卒数年で戦力外になった選手はどのような道を歩むのか−。

大阪市内にある近畿医療専門学校はここ数年、野球選手のセカンドキャリアサポートに力を入れる。

約5年前から毎年、プロ野球の12球団合同トライアウトを訪れ、選手たちに、引退後の新たな

道を提案している。

同校は鍼灸(しんきゅう)師やトレーナーを養成する専門学校。

入学の助けるだけではなく、同校の整骨院グループへの就職もサポートし、働きながら資格を

取得できるシステムがある。

野球独立リーグのベースボール・ファースト・リーグ(BFL)に所属する兵庫ブルーサンダーズとも

提携を結び、毎年引退した選手数人が同校に入学しトレーナーなど、新たな道を歩むという。

他にも希望する高校野球チームへ実際に治療を行い、選手を続けるだけでなく選手を支える

仕事もあるということを提案している。

根底には「プロ野球の世界で成功する人は一握り。新たな世界でひと花咲かせてあげたい」という

思いがある。プロに限らず高校野球でも、また他のスポーツでも、レギュラーとして活躍できる選手は

限られる。

それでもプレーしてきた年月は、選手それぞれ唯一無二の経験だ。

スポーツを経験した人が、また新たな形でそのスポーツに携われるように。

セカンドキャリアという認識やサポート体制が広まればと思う。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

イーグルスファン 更新情報

イーグルスファンのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。