ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > イーグルスファン > トピック一覧 > 藤平、プロ3戦目登板での初勝利...

イーグルスファンコミュの藤平、プロ3戦目登板での初勝利へ向け「だいぶ落ち着いている」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

TV BS12 トゥエルビ


8/22(火)時計18:00〜

千葉ロッテVS楽天

(ZOZOマリンスタジアム)



野球【22日の予告先発】野球


ロッテ・石川―楽天・藤平(18時15分・ZOZOマリンスタジアム)

 

野球藤平、プロ3戦目登板での初勝利へ向け「だいぶ落ち着いている」野球


22日のロッテ戦(ZOZO)で先発する藤平が21日、コボパークで行われた練習に参加した。

キャッチボールやランニングを行い、時折笑顔を見せるなどリラックスした表情も見せた右腕。

プロ3試合目の登板での初勝利へ向けて「今までに比べたらだいぶ落ち着いている感じがある」と

胸を張った。

チームは6連敗中。生まれ育った千葉での凱旋(がいせん)登板となるだけに「楽天の選手だけど

千葉県出身の選手が頑張っているよというところを見せられたらいい。

自分の最高のパフォーマンスが出来て、この連敗を止めることが出来れば、

自分にとってもチームにとってもいいことになると思う」と気合十分だった。


野球「CW―X」とスポンサー契約…銀次選手会長「大変ありがたく思います」野球

楽天は21日、株式会社ワコール「CW―X」とオフィシャルスポンサー契約を結ぶことを発表した。

「CW―X(シー ダブリュー エックス)」は、株式会社ワコールの研究開発部門

「ワコール人間科学研究所」が、スポーツ選手の行うテーピングをヒントに開発した

機能性コンディショニングウェアブランド。

1991年秋に発売して以降、“スポーツタイツ”の先駆けブランドとして、トップアスリートから一般の

スポーツ愛好者まで、高い評価を得ている。

同社が東日本大震災の甚大な被災を受けた東北地方の復興を支援する活動を継続して行い、

東北の復興と活性化を目指し、地元に根付いた地域密着をする楽天の姿勢に賛同。

株式会社ワコールの機能性コンディショニングウェアブランド「CW―X」を、

監督・コーチ・全選手のコンディショニング維持のため、提供することになった。

以前から同社の製品を使っていたという選手会長の銀次は「『CW―X』の適度な伸縮性は心地よく、

運動時の疲労感が軽減したと感じています。

今回の楽天イーグルスへのサポートは大変ありがたく思います。

これからも『CW―X』の使用を通じて、コンディショニングの維持・向上に一層努めていきたいと

考えています」とコメントした。



野球田中、おいにトミカ贈り幼年のノスタルジアに野球

子どものころ、どんなものに興味を持っていたか? 楽天の大卒ルーキー田中と、そんな話になった。

田中 僕は、ほとんどテレビを観なかったですね。と言うか、観られなかったですね。兄2人がいて。

番組を決める権利は、自然とその2人になる感じで。

テレビゲームはたまにしていましたけど。野球系のゲームが多かったかな。何していたんだろう。

笑いながら、昔の記憶をたどっていった。しばらく考えた。すると、その表情をさらに崩した。

田中 トミカです。トミカのおもちゃでよく遊んでいましたね。坂道で転がしたりして、懐かしいな。

世間は、お盆。夏休みの時期である。Koboパーク宮城にも、多くの子どもたちが来場する。

田中はそんな姿を見つめて、約20年前の自身を思い返した。

そして、少し恥ずかしながら「この間、おいにトミカをプレゼントしたんです。うれしそうにもらってくれて。

逆にこっちの方が、うれしい気持ちになりましたね」。

おじさんは、プロ野球選手。活躍を重ねて、憧れの存在へ成長する。

そうやって話す田中のまなざしに熱いものを感じた。
.

野球ノムさん、オコエの「スイングは悪くない」野球


20日、『S☆1』(TBS系)にVTR出演した野村克也氏が、同日に行われたソフトバンク戦に『9番・中堅』で

先発出場した楽天のオコエを解説した。

故障もあり開幕から二軍で過ごしていたオコエだが、8月4日に今季初昇格を果たすと、

5日のロッテ戦から6試合連続安打を放つなどアピールを続ける。

この日は3打数0安打に倒れたが、野村氏は7回の第3打席、ソフトバンク・モイネロが投じた

低めの変化球を見逃した場面に、「1球目の見逃し方は良かったね。変化球で止まっているからね。

こいつは良くなるわ」と絶賛。

結局、この打席三振に倒れたオコエだが、野村氏は「スイングは悪くない。

ちゃんと体全体を使っている」と評価した。

「経験を積んで、自分の欠点をはっきり理解して、それに取り組んでいく。

今のようなフォークボールをマークしながら、真っ直ぐについていくような技術を覚えたら、

長打があって走れる、チームにとってありがたい選手になっていく」とオコエの将来を期待する。

オコエがチームを背負う選手になるためには、「梨田がどこまで我慢して使うかね」(野村氏)と、

試合に多く出場させる必要があると話していた。



野球楽天1軍戦を山形新球場で 市長が要望、球団前向き野球

プロ野球東北楽天の1軍公式戦を山形市の新球場に誘致しようと、山形市の佐藤孝弘市長が19日、

仙台市宮城野区のKoboパーク宮城(コボパ宮城)を訪れ、要望書を渡した。

東北楽天の立花陽三社長は「非常に前向きに検討したい」と述べ、来年の1軍戦開催が有力となった。

新球場は9月15日にオープンする山形市総合スポーツセンター野球場。

収容人数約1万2000人、両翼100メートル、センター122メートルの広さで、

外野は人工芝、内野は土。一、三塁側それぞれに室内練習場(縦約30メートル、横約40メートル)と、

屋内2レーン、屋外2レーンのブルペンがある。

佐藤市長は「新しい野球場を最大限に活用するためプロ野球を開催してもらおうと思った。

中でも親しみのある東北楽天の1軍戦を見たいのが市民の願い」と語った。

JR仙山線と奥羽線の羽前千歳駅から徒歩圏にあり、

「交通の便が良く、仙台からも見に来てもらえる」とPRした。

立花社長は「素晴らしい球場と聞いている。

要望書を持ってきてもらった熱い思いを受け止め、自治体の方と組んでいい興行をしたい」と語った。

山形県での東北楽天の1軍公式戦は2013年から中山町の山形県野球場で年1回開催してきた。

立花社長は同県での年2試合開催はすぐには難しいとの考えを示し、

来年は山形市の新球場で1試合開かれる見通しだ。


コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

イーグルスファン 更新情報

イーグルスファンのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済