ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > イーグルスファン > トピック一覧 > <E番ノート・球譜>岡島の左翼...

イーグルスファンコミュの<E番ノート・球譜>岡島の左翼起用/右翼重視の定説覆す

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

野球<E番ノート・球譜>岡島の左翼起用/右翼重視の定説覆す野球

開幕から東北楽天の外野布陣に疑問を感じていた。なぜペゲーロが右翼で、岡島が左翼?

 岡島は肩や守備範囲に定評がある。ペゲーロも外国人の中では守備がうまい選手ではあるが、

岡島と比べると見劣りする。昨季は逆の配置だった。

打者は右打ちで走者を進めようとする。だから右翼手の守備力は重要−。

これは球界で長年信じられてきたセオリーだ。イチロー(マーリンズ)が右翼から「レーザービーム」と

賞される一直線の送球で三塁や本塁を狙う走者を刺す姿が右翼の重要性を証明している。


<データが「実証」>

試合のデータ収集や分析を担当する東北楽天のチーム戦略室に話を聞くと、球界の常識を覆す

回答が来た。

 「シーズン全体では、実は右翼より左翼への打球が多い。しかも左翼への打球の方が落下点に

入るまでの時間が限られる。結果として守備範囲に数歩分の差が出るという事実があった。

そこでより打球への対応力が高い外野手を左翼に置けば安打のリスクを減らせるのではないか、と

いう仮説を立てた」

球団は、ボールの軌道を自動追尾して打球の速度、飛距離、着地までの時間などを測定できる

機器「トラックマン」を2014年に12球団で初めて導入した。

その調査結果から、判明した事実だという。

実際に今月2日までのコボパ宮城の公式戦29試合で、右翼へ270本、左翼へは281本の打球が

飛んでいる。

 「打球データの通りでもあるし、本当は左翼守備は難しい」と森山外野守備走塁コーチが明かす。

パ・リーグは柳田(ソフトバンク)、大谷(日本ハム、岩手・花巻東高出)ら左の強打者が多い。

左翼線に流した打球はファウルゾーン側に逃げる回転がつき、捕球が難しい。

対応を誤れば三塁打になる危険性もある。その点、捕手出身の岡島なら捕球技術に心配がないと

いう判断でもある。


<前進守備も採用>

今季、首位を走る快進撃を支える要因の一つに失点を大きく減らしたことが挙げられる。

ここまで75試合で259と昨季の348から89も減らした。

投手陣の頑張りと共に貢献しているのが、ぺゲーロと岡島の配置に代表される外野守備陣の

シフトだろう。

今季の外野陣は相手の適時打を阻む積極的な前進守備も採用した。

チーム戦略室が開幕前、詳細に分析した守備データを踏まえ、首脳陣とともに手前に落ちるポテン

安打への警戒を強めたシフトを割り出した。

そこに当日の気象条件や打者の状態などを加味して、後方への打球もケアできるように

首脳陣が微調整する。

象徴的なのが島内の中堅守備。美馬が1−1の八回に代打新井を見逃し三振に仕留め、

ピンチを切り抜けた6月10日の広島戦。

直前の1死二塁の西川の打席、「ゴロ安打での本塁生還を阻止する」というベンチ指示で

島内は定位置のかなり前にいたが、フェンス際まで戻って大飛球に追い付いた。

「もし頭を越されても責任は指示したベンチにある。

だから選手も思い切って動きやすくなる」と森山コーチは説明する。

ペゲーロを2番に置く攻撃的打順に注目が集まってきたが、裏方と現場が英知を結集した

外野手配置も画期的だ。



野球【球宴】楽天・則本 全打者三振斬り狙う 最多は江夏の9者連続 野球

マイナビオールスターゲーム2017第1戦 全パ―全セ ( 2017年7月14日 ナゴヤドーム )


全パの則本が3度目の球宴で対戦する全打者から奪三振を狙う。ZOZOマリンでの第2戦登板が

濃厚だが、名古屋入りした右腕は「初球から三振を狙っていく」と宣言した。

71年に江夏(阪神)が達成した9者連続三振の球宴記録は伝説となっている。

予定される投球回数は微妙な状況だが、オール奪三振ならば、球団史上初のMVPも現実味を

帯びる。

「そこ(9連続三振)までは無理ですよ」と笑うが、今季8試合連続2桁奪三振の世界タイ記録を

達成した「ドクターK」だけに夢も広がる。


野球藤平3連続Kならず100万逃すも優秀50万円野球

<フレッシュオールスターゲーム:イースタン選抜0−0ウエスタン選抜>◇13日◇静岡

次こそ本家オールスターで100万円以上ゲットだ。

「フレッシュオールスターゲーム2017」で、全イの2番手で登板した藤平が、1回2奪三振無失点で、

優秀選手賞(賞金50万円)を獲得した。

試合は両軍計17投手が無失点に抑え、史上初めて0−0で引き分けた。

最優秀選手賞(100万円)は2本の二塁打を放った全ウのソフトバンク曽根、優秀選手賞は藤平と、

全ウのソフトバンク古谷が獲得した。

バスへ向かう藤平は、開口一番で「あと三振1個でMVPでしたね」と悔しさをにじませた。

昨年のフレッシュ球宴で3安打1打点1盗塁をマークし、優秀選手賞となった1学年先輩のオコエからは

「100万円(MVP)を取ってこい」と指令を受けていた。

1イニングを無安打無失点、2奪三振で優秀選手賞となり

「次は1軍のオールスターで3者連続三振を取れるように」と唇をかんだ。

反省を口にしながらも、圧倒的な投球だった。2番手で2回から登板すると、先頭のソフトバンク栗原を

143キロ直球で空振り三振に仕留めた。次打者のオリックス杉本は外角スライダーで空振り三振。

2者連続で3球三振に片付けた。声援も一段と高まったが、中日石岡をフルカウントに追い込みながら

捕邪飛に終わり「相手の方が一枚上手でした。90点です」と言った。

100万円を全力で取りにいった。「プロ野球選手らしいものが欲しい」。

スイス製の高級時計HUBLOT(ウブロ)の購入資金として、賞金を使う予定だった。

夢はかなわず、本家オールスターでのMVP獲得に目標をシフトチェンジした。

ファンの前で「いつかはチームの岸さんや則本さんのような球界を代表する投手になりたい」と

大きな目標を掲げた18歳。

同世代の西武今井、ソフトバンク古谷と同じ舞台に立ち「ライバルと思っている存在。

自分たちの世代を引っ張っていけるように、早く1軍で活躍できるように」と青写真を描いた。




野球<新人球宴>藤平、自信のマウンド 優秀選手に野球

<フレッシュオールスターゲーム:イースタン選抜0−0ウエスタン選抜>◇13日◇静岡

イースタン選抜2番手で登板した東北楽天の藤平が1回無安打無四球2奪三振の好投で

優秀選手に選ばれた。「3者連続三振を狙っていたので残念。

3三振ならMVPでしたね」と悔しがりつつも、「出来は90点。新鮮で楽しかった」と目を輝かせた。

二回にマウンドへ。いきなり2者連続の3球三振。まず栗原(ソフトバンク)を直球で空振り三振に

仕留め、杉本(オリックス)にはスライダーで空を切らせた。

石岡(中日)も追い込んだが、フルカウントまで粘られ、最後は高めの直球を詰まらせて捕邪飛に

切って取った。

杉本への勝負球以外は全て直球。「直球を待っている相手から変化球で空振りを取るのは

簡単だけど、あえて真っすぐで押そうと思った」。

美学を貫いた13球で、ドラフト1位の実力を見せ付けた。

今井(西武)ら同世代のライバルたちとの競演は後半戦に向けて大きな刺激になった様子。

「1軍で少しでも投げ、チームのためになれるよう頑張りたい」と気持ちを新たにした。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

イーグルスファン 更新情報

イーグルスファンのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済