ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > イーグルスファン > トピック一覧 > あってはならない誤審だが…スピ...

イーグルスファンコミュのあってはならない誤審だが…スピードアップに必要な“信じる勇気”

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体


野球降雨コールド読んだ勝負がズバリ、楽天梨田監督の手腕が光った首位堅守野球

パ・リーグ 楽天5―1ロッテ(6回表終了降雨コールド) ( 2017年7月4日 ZOZOマリン )

梨田監督の勝負をかけた采配が光り、4日敵地でのロッテ戦に6回表終了、5-1で降雨コールド勝利。

3連敗を阻止して、がっちり首位をキープした。

ぴかぴか(新しい)勝負に出た4回、2死満塁から三好が期待に応える適時打ぴかぴか(新しい)

梨田監督の勝負をかけた采配が光り、4日敵地でのロッテ戦に6回表終了、5-1で降雨コールド勝利。

3連敗を阻止して、がっちり首位をキープした。

台風接近で回を追うごとに雨足が強くなった。1-1で迎えた4回、コールドゲームを予想して勝負に出た。

1死から銀次が右前打で出塁すると、6番アマダーも左前打で続いた。

2死から嶋が四球で満塁にすると、すかさず二走アマダーの代走として松井稼を送った。

ワンヒットで2点を獲りにいく姿勢を見せると、9番三好が見事期待に応えて右前打。

島内、ペゲーロの3者連続タイムリーで一挙に4点と、ロッテ先発二木を攻略した。

「お互い天気の悪い中で、ツーアウトからつながって、いい結果になった。則本も5回で勝ち投手。

運も味方した」と、してやったり。本拠地でソフトバンクに連敗したが

「1点差のいいゲームをしているのは、チーム状態がいい証拠。

1試合、1試合です」と、試合時間1時間58分の省エネ勝利に顔もほころんだ。


野球あってはならない誤審だが…スピードアップに必要な“信じる勇気” 野球


珍しく毅然とした姿が印象に残った。今月1日に行われた楽天―ソフトバンクの首位決戦。

楽天が4―2とリードしていた4回裏2死二塁のプレー。

島内の右前打でホームを狙った二塁走者・枡田は、右翼・上林からの好返球でタッチアウトの判定。

見た瞬間に「微妙だ」と直感した。

三塁側ベンチからは梨田監督が歩み出た。

真鍋球審との押し問答の末、リプレー検証が始まるものとばかり思ったが、

結局、覆るどころか「再審請求」は却下されてしまう。

本塁打に加え、昨季から本塁クロスプレーも対象になった。

審判員が必要と判断した場合、ビデオによる確認が行われる手順だ。

ただ、実際はどうだ。際どいプレーが起こり、不利な判定をされた球団側から主張されれば到底、

必要と思えないプレーまで検証されているように感じる。

メジャーで導入される「チャレンジ制度」は球団側からの申し立てで行われる代わり、

回数に制限を設けた。同じリプレーで確認する作業だが、その過程は逆。

あくまでも主導権は審判員にある。

冒頭のプレーは何度もテレビ中継でリプレーされた。難しいタイミングだったが、捕手・甲斐のミットが、

枡田の左手をはじき飛ばしたように見えた。ほんの一瞬だが「それ」を目視したからこそ、

球審は突っぱねたのだろう。もし、間違えば試合の流れを左右し、もしかするとペナントの行方に

関わっていたかもしれなかった。

生活を懸けて戦う選手からすれば「誤審」はあってはならない。

ただ、だらだらと判定を待つあの「間」に賛否両論もある。

プロ野球界の抱える積年の課題「スピードアップ」には、自分を信じる勇気も大切と考える。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

イーグルスファン 更新情報

イーグルスファンのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済