ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > イーグルスファン > 野球という仕事 銀次の努力を凌...

ログインして参加する

このコミュニティに参加するにはログインが必要です。

野球という仕事 銀次の努力を凌駕する特異な才能「空振りが難し...

野球という仕事 銀次の努力を凌駕する特異な才能「空振りが難しい」 2016年11月21日 19:18
mixiユーザーmixiユーザー
野球野球という仕事 銀次の努力を凌駕する特異な才能「空振りが難しい」 野球


4年前の岡山・倉敷の楽天秋季キャンプ。

夕暮れ時のマスカットスタジアムに星野仙一の怒声が響いた。

 「銀次はもう振らんでええ!」

 練習のやり過ぎで闘将に怒られた選手は後にも先にもこの男だけではないだろうか。

 今年の秋季キャンプ。同じ球場で銀次は同じようにバットを振り続けていた。

 「練習するのは長く野球をやるため。シーズンが終わるとまた“やっておかなければ”と思う。

僕が最後までやれば若い選手もやるし、それがチームを強くする」

 星野をあきれさせるほど振ったバットで13年は打率・317を記録。

東北に初のペナントをもたらすと、14年は・327、15年は・301と3年連続3割を超えた。

ところが……。

 「空振りが難しい。全部当たっちゃう」

 これみよがしの言葉では決してない。銀次の表情は真剣だ。

今季、打率・274と苦しんだ。首位打者争いの常連が、シーズン中盤までは規定打席到達者の

下位に止まった。

銀次の特異な才能はデータも証明する。13年を振り返れば525打席の中で喫した空振り数は

リーグ最少の59。

他球団で目立って空振りの少ないロッテ・角中でもこの年、同じ525打席で101だから、

いかに銀次がコンタクトのうまい打者なのかが分かる。

 その天賦の才が今年の銀次を苦しめた。梨田昌孝は「打つ技術のありすぎるところが欠点。

ボール球でも打ててしまう。空振りするくらいがいいのだけど」と指摘した。

難しい球に手を出して凡打し、打率を下げた。

それでも空振り数は76でリーグの規定打席到達者の中で4番目に少ない。

銀次は言う。「難しい球でも体の中で“打てる”と思うから反応してしまう。

それが結果的に率を下げている」。打席でボールを捉えるために打者は血マメを潰しながらバットを

振り続ける。

「バットに当たっちゃう」という悩みは、尋常ではない練習量をこなす銀次だからこそ直面した

究極のジレンマだ。

秋季キャンプでは若手に交じって居残り特守、特打を連日行った。

プロ1年目で遊撃の定位置を掴んだ茂木栄五郎は「銀さんがいなければ駄目だったと思う。

一塁に悪送球してもちゃんと捕ってくれて、謝ると“いいボールだったよ”と言ってくれる。

打撃のアドバイスも大きい」と言った。

 「シンプルに打てる球を打つしかない」

銀次が辿り着いたのは打撃の原点だった。そんな姿を見守った梨田は「ちょっと変わった」と

目を細めた。

天才がゆえの悩みとしか思えない今季の不振。銀次はその殻を突き破るため、バットを振り続ける。


野球阿部は現状維持「来季は外野だけでなく捕手も」野球

阿部が21日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸1150万円で

サインした。

今季は主に内野の守備固めとして55試合に出場した。

打率は1割8分5厘。試合ではイニングの合間にキャッチャーも務め、

今秋の倉敷キャンプでは外野守備にも挑戦した。

「外野だけでなく、いざというときにはキャッチャーもできるようにして、レギュラーを取りたいです。

オフは今年も(松井)稼頭央さんと自主トレをします。

バッティングを鍛えたいと思います」と来季の活躍を誓った。(金額は推定)


野球岡島 現状維持の3800万円でサイン 一時は首位打者争いも 野球

岡島が21日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、

現状維持の3800万円でサインした。

今季は「1番・右翼」で開幕スタメンの座を勝ち取り、一時は首位打者争いを演じるなど6月下旬まで

打率3割をキープ。

しかし、後半戦から不振に陥り、最終的に127試合で打率・252、6本塁打、35打点だった。

「1年通して1軍の戦力になり、チームのCS、優勝争いを引っ張っていけるようやりたい」と

意気込んだ。

来季は「出塁率にこだわりたい。打率+1割」が目標と打率3割、出塁率4割をボーダーラインに設定。

「1年間、バッティングフォームを固定し、崩れた時に速く対処できるように、

良い悪いの波を減らしたい」とシーズンを通して安定した成績を残すことを誓った。(金額は推定)


野球西宮 現状維持の1800万円でサイン 来季目標は万能中継ぎ野球


西宮が21日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の1800万円でサインした。

3年目の今季は29試合に登板し3勝0敗、防御率4・44。ただ、26回1/3で四死球が21と

制球力に課題を残し「なんとか克服していいポジションで投げられるようにしたい」と話した。

ワンポイントや勝ちパターン、回またぎなどユーティリティーな中継ぎになることを目標に掲げ

「1年目の46試合、その数字に近づけられるようにしたい」と来季の目標を語った。


野球ルーキー石橋は現状維持1000万円 来季は「中継ぎなら50試合」 野球

石橋が20日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の1000万円でサインした。

 ルーキーイヤーの今季は6試合に登板も5回1/3を投げ、防御率13・50。

「(1、2軍を)行ったり来たりして、チームに貢献できなかった」と肩を落とした。

ホンダ出身の右腕は「プロはミスショットが少ない。内、外しっかりコーナーに投げきらないと」と

課題を口に。シーズン途中から投球の幅を広げようとシュートなど新球にもチャレンジ中で

「来季は中継ぎなら50試合目指したい」と意気込んだ。


野球浜矢 現状維持1000万円でサイン「勝利に貢献できなかった」 野球


浜矢が21日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み現状維持の1000万円でサインした。

今季は1軍での登板は13試合にとどまり、防御率10・24。「あまり勝利に貢献することが

できなかった」と悔しさをにじませた。

13試合で9回2/3を投げ、四球が11と制球力に課題を残し「ボール先行が多かった。

初球ストライクをしっかり取って打者を攻められたら、もっと良い結果が出た」と話した。


野球金刃満足サイン 2度の1球勝利は「査定に入ってなかった」 野球

左の中継ぎとして自己最多54試合に登板し、防御率2・38だった金刃は1000万円増の

年俸3300万円でサイン。

「去年、おととしは不本意だったので信頼を取り戻せた。今年の成績を最低3年は続けないとという

気持ち」と振り返った。6月にはプロ野球史上初となる2度の1球勝利を経験。

「それは査定に入ってなかった。またできればいいけど、先発に勝ちが付いてほしい」と照れた。

来季に向けて「先発、中継ぎどちらでも言われたところでやるだけ」と力を込めた。(金額は推定)

コメント(0件)

コメントを書く (*の項目は入力必須)

イーグルスファンのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

メンバーが参加している他のコミュニティを自動的に算出して表示しています。星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

イーグルスファン