ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > イーグルスファン > トピック一覧 > 楽天最後の創設メンバー牧田が今...

イーグルスファンコミュの楽天最後の創設メンバー牧田が今季限りで引退へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

野球楽天最後の創設メンバー牧田が今季限りで引退へ野球

最後まで楽天一筋を貫いた。国内最後の楽天創設メンバーである牧田が現役を引退することが

14日、分かった。10月23日に球団から来季の構想外を伝えられ、熟慮の末に決断を下した。

10月末には「まだ体は動くが、最後まで楽天の牧田で終わりたいという気持ちがある。

僕はこの球団が好きだし、家族も仙台の街を気に入っている。

他のチームでプレーすることは考えにくい」と話していた。

楽天最後の近鉄戦士がバットを置く。福井の鯖江高から00年ドラフト5位で近鉄入りし、

04年秋の分配ドラフトで楽天へ入団。翌05年7月に1軍初出場を果たすと、強肩強打の外野手として

長きにわたりチームを支えてきた。

13年の日本シリーズ第7戦では2点リードの4回、巨人沢村から試合を決めるソロ本塁打。

球団初の日本一に大きく貢献した。15年は規定打席未到達も、82試合で打率3割1分1厘。

今季は若手の台頭などで16試合出場にとどまったが、打率3割5分5厘の結果を残していた。

プロ16年間の通算は691試合で打率2割5分3厘、23本塁打、150打点だった。

穏やかな性格の奥で、ひそかに今季を勝負の1年と位置づけ臨んでいた。

2月の久米島キャンプでは「今年ダメだったら、もう後がないという気持ちで来ています」と

決意を固め、若手に交じり猛練習を重ねた。

楽天は功労者に対し、何らかの形で球団に残る道を検討する見込み。

16年間の選手生活に区切りをつけ、次のフィールドへと進む。



野球「畳上」練習上々 オコエら手応え野球

東北楽天の野手陣が夜間練習として、畳の上での素振りに汗を流している。

実戦形式の練習に重点を置く中、打撃強化のため、昨年に続く取り組み。

池山隆寛打撃コーチは「バットを振る土台となる下半身のぐらつきをなくしてほしい」と狙いを語る。

夜間練習は宿舎の中庭で実施。

日中の全体練習を終えた選手が午後7時ごろから約1時間、黙々とバットを振り込む。

畳の上での素振りは元巨人の王貞治氏や松井秀喜氏が現役時代に取り組んだことでも有名な練習。

ヤクルトでプレーした池山打撃コーチは「自分も現役のころにキャンプでやっていた。

足で地面をつかむ感覚を養える」と実感を込める。

高卒新人のオコエ瑠偉、堀内謙伍は素振り300本がノルマだ。

「バットを多く振ることで足の裏の感覚が身に付いてきた」とオコエ。

堀内は「畳は滑るので足の指で踏ん張らないといけない。

体の開きが改善され、バットを力強く振れるようになってきた」と手応えを語る。

キャンプは15日から最終クールに入る。

昼夜を問わない練習で選手たちの表情に疲労の色が見えるが、

池山打撃コーチは「きつい練習を乗り越え、限界を一段上げてもらいたい」とさらなる奮起を促す。



野球下妻 入団秒読み細川から「いろいろ盗みたい」 野球


メキシコで行われたU―23W杯に出場した4年目捕手の下妻が「キャンプをやっていないので体力が

落ちている」と休日返上で練習。

ティー打撃やランニングで汗を流した。ソフトバンクを戦力外となった細川の入団が秒読みで

「キャッチングをまねしたこともある。配球とか聞いてみたいし、いろいろ盗みたい」と

ベテランの加入に刺激を受けた様子だった。





野球オコエに収穫の秋 新打撃フォームに投球練習も野球

岡山・倉敷で行われている楽天秋季キャンプは、13日に第3クールが終了し、

今日15日から最終クールが始まる。1年目のシーズン、高卒ながらプロ初本塁打を放つなど、

確かなインパクトを与えたオコエが「収穫の秋」を実践している。

打撃のレベルアップ、スローイングの改善と、自分と向き合う今年のドラフト1位は、

充実のキャンプを過ごす。

オコエは自分の現在地を冷静に見極めている。秋季キャンプ初の紅白戦が行われた12日、

紅組の「1番・中堅」で出場し、4打数1安打と最低限の結果は残した。

それでも、オコエは「今は実戦感覚を養っている最中。

変化球の対応もゲームでは全然違うから、強いスイングをすることを意識している」と、

結果にとらわれずにバットを振る。

新フォームも徐々になじんできた。今季のシーズン終盤、速球に差し込まれないよう、

ややバットのグリップを下げ、スタンスを広げる大リーガーのようなスタイルに変更した。

「タイミングを取るのが下手だから、シンプルに考えました。足を上げて(投手のボールに)

探りを入れるとノーチャンスになる。

実際には、足を上げているんですよ。でも、感覚としてはあまり上げていない」。

10月のフェニックスリーグでは打率3割2分6厘、1本塁打と好成績を残した。

梨田監督も「右打ちの確実性とかまだまだだけど、振りは強くなった」と、

オコエの成果に一定の評価を下す。

守備の向上も、打力アップのための大事な要素だ。

不安定な送球を改善するため、11日には別メニューでブルペンに入り投球練習を行った。

その目的を、森山外野守備走塁コーチは「足が速いため、上下のバランスが悪い。

体の使い方を覚えてもらうために」と説明した。

栗原2軍打撃コーチも「今のフォームは、下半身が動いてもしっかりテークバックが取れている。

スローイング練習は打撃にも生かされている」と、打撃と守備の調和性を説く。

キャンプが終了すれば、25日から台湾でのウインターリーグが始まる。

「僕は実戦感覚を大事にしている。台湾でも1打席、1打席大事にしていきたいし、

オフも休んでしまうと変な気分になると思うから、軽めでも練習は続けていきたい」。

オコエは走り続ける。課題と向き合う助走期間を経て、来季、大きく羽ばたいてみせる。


野球オコエ 小学生と校門ハイタッチ「子供たちの理想の選手に」 野球

オコエ、茂木ら若手6選手が秋季キャンプ休日を利用して、倉敷市立倉敷東小学校を訪問。

早朝から校門で登校してくる児童をハイタッチで出迎え、交流を深めた。

眠い目をこすりながら、オコエは「僕も小さい頃、プロ野球選手になるという夢を持っていた。

子供たちの理想の選手になれるよう頑張っていきたい」。

キャンプも残り3日間となり「技術的にも成長していると感じる。

ケガなく来季につながるようにやっていきたい」と気を引き締め直した。


野球銀次「小さなことからコツコツと…」 中学硬式大会を応援、新たな発想生む一歩野球


楽天が19、20日にコボスタ宮城で、中学硬式大会「イーグルスカップ・ザバストーナメント2016」を

開催する。

選手会長の銀次は「野球人気が低下しているので、子供たちにもっと知ってもらいたい。

競技人口を増やす協力をしたい」と同大会を応援する一人だ。

2020年東京五輪では野球とソフトボールが追加種目に承認されたが、世界的規模からすると

野球の認知度は低い。

この先、底辺拡大のために何が必要なのか。「小さなことから、コツコツと地道に広げていくしかない」と

銀次。その意識こそ、新たな発想を生む一歩に違いない。 




野球三木谷氏、オーナー会議で外国人枠撤廃を提案野球

プロ野球のオーナー会議と日本野球機構(NPB)の定時社員総会が14日、都内で開かれた。

会議に出席した楽天三木谷オーナーが、将来的な外国人枠の撤廃を提案したことを明かした。

「過去に欧州サッカーで撤廃をしたら盛り上がった例がある。

世界レベルのリーグをつくり、プロとして最高のプレーをファンに見せるためには日本人も外国人も

ない」と説明。

野球くじの再検討や、ネット中継の放送権についても話し合っていく必要があると私案を伝えた。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

イーグルスファン 更新情報

イーグルスファンのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済