ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > イーグルスファン > 5年目の左腕森 武者修行へ

ログインして参加する

このコミュニティに参加するにはログインが必要です。

5年目の左腕森 武者修行へ

5年目の左腕森 武者修行へ 2016年11月04日 19:22
mixiユーザーmixiユーザー
野球作戦打撃の精度に苦言野球

 東北楽天は3日、倉敷キャンプ第1クールを終えた。

野手陣は攻守2組に分かれ、作戦打撃練習に初めて取り組んだ。

ベンチからのバントやヒットエンドランのサインに沿った打撃と守備走塁を磨いた。

投手陣は、森らが同練習に参加したほか、則本は今キャンプで初めてブルペンで投球練習した。


梨田昌孝監督は「バント成功率が低く、バスターは打球に力がない」と

作戦打撃の精度に苦言を呈した。

今クールで目に付いた選手に足立を挙げ「送球も打撃も見違えるぐらい成長した」と目を細めた。

4日は秋季キャンプに入って初の休日となる。




野球森 メキシコのウインターL参戦「一回りも二回りも成長して…」 野球


楽天は4日、森雄をメキシコのウィンターリーグに派遣すると発表した。期間は7日から来月17日まで。

森は「球団から『期待してるよ』と言っていただきましたし、このような機会をいただき、感謝しています。

自分の力を試せると思うと、楽しみで、今からワクワクしています。

メキシコでは、カウントを取れる変化球、ウイニングショットに磨きをかけて、

来シーズンの開幕ローテーションに割って入れるよう、一回りも二回りも成長して帰ってきたいと


思っています。頑張ってきます」と力強いコメント


野球5年目の左腕森 武者修行へ野球


来季で高卒5年目となる左腕の森が、メキシコのウインターリーグで武者修行する。

7日に出発し、来月17日に帰国する予定。「決め球を身に付け、来季は開幕先発枠に入りたい」と

決意を語った。

「新しいものを持ってきたい。わくわくしている」。

倉敷で3日、チームメートに別れを告げながら、瞳を輝かせた。

先月半ば、球団から「行かないか」と声を掛けられ、即決した。

「今季はけがをして投げていない。不安よりも、投げたい気持ちが強かった」

初めての海外ウインターリーグ。「(2015年オフに)台湾に行った岩貞(祐太)さん(阪神)ら、

行った人は成功しているイメージがある」。

今季のメキシコには、ソフトバンクのベテラン五十嵐亮太も参加している。

テーマは「カウントを取れる変化球と決め球」だ。「大きなカーブと、真っすぐとスライダーの強い球。

習得中のチェンジアップも使える球にしたい」と目標は具体的だ。

13年のドラフト1位。来季は同い年の大卒新人が入ってくる。

「同級生には負けていられない」と勝負の年となる。

梨田昌孝監督は「良いと言われながら、伸び悩んでいる。

何かを身に付け、ひと皮もふた皮もむけてほしい」と送り出す。


野球楽天の左腕・森、メキシコ修行決定 同期の大谷、藤浪、鈴木には負けられない!野球

楽天の左腕、森が、メキシコに野球留学することになった。

7日に渡航、カニェロスに所属し、12月中旬までウインターリーグに参加する。

「自分の力を試したいです。新しいものを見つけたいです。いまは不安よりもワクワク感の方が強くて、

早く投げたい気持ちです」

2013年に東福岡高からドラフト1位で入団した。今季は1軍での登板機会はなし。

2軍では左肩付近の血行障害などに悩まされ、9試合の登板にとどまり、3勝3敗、

防御率3・93だった。

13年入団といえば、日本ハム・大谷、阪神では藤浪と北條、広島・鈴木、ロッテ・田村らが

次々とブレーク。ライバルたちの活躍を映像で見るたびに、森は焦りを感じてきた。

「同期には負けたくないから、メキシコで殻を破りたいです。(同期が活躍する中で)1軍にいられない

悔しさがありました」

入団から大器と評された左腕。球団からの期待値は高いが、伸び悩んでいる。

与田投手コーチは「制球力やクイックのスピードなど課題はいくつもあるが、

勝つという意識が足りない」と精神面の弱さを指摘した。

実は、与田コーチも1996年夏に米マイナー、2Aメンフィス(当時)に野球留学。

その頃の経験を振り返り「選手が使っている野球道具にしても、着ている服や日常の食事、

乗っている車だったり。それらと比べると、はるかに日本の2軍の方が恵まれた環境にある。

ハングリー精神も吸収し、これでダメなら野球をやめる覚悟で臨んでほしい」と付け加えた。

梨田監督も期待を寄せる。「ドラフト1位で入団して伸び悩んでいる。

いい球は持っているのに、継続して投げられない。いろいろな面で挑戦して、

ひと皮でも、ふた皮でもむけて帰ってきてほしい」とエールを送った。

森は「チェンジアップを決め球に使えるように精度を上げる。直球と変化球も、コースを狙うのではなく

大きく強く投げたいです」と意気込む。いざ、メキシコへ−。

文化の違いや言葉の壁を乗り越え、5年目のシーズンへつなげてもらいたい。



野球エース・則本に仙さんチクリ「貯金をつくらないといけない」野球


則本が3日、岡山・倉敷秋季キャンプで、初めてブルペンに入り、捕手を立たせて約30球を投げた。

 「フォームを確かめながら(マウンドの)傾斜を使って軽めに投げました。

投げたい気持ちをおさえ、

ゆっくり下半身からつくりたい」今季は28試合に先発し、4年連続の2桁勝利となる11勝11敗、

防御率2・91をマーク。

3年連続で奪三振王(216個)にも輝いたが、球場に姿を現した星野球団副会長はチクリ。

「エースというのは貯金をつくらないといけない。10勝ならば1敗、15勝ならば6、7敗だな」と

さらなる奮起をうながした。

 「自分が10個近く貯金をつくればAクラスに入れる。それを目指す」と剛腕。

まずは、来季への足固めに取り組む。 






野球オコエ初特打で800スイング レギュラー獲りへ鍛錬の秋 野球


オコエが今キャンプ初の特打を敢行し、計約800スイング振り込んだ。

股割りのように重心を低くして行うティー打撃では苦もんの表情も浮かべ「今後につながると思い、

粘り強くやっていきたい」と汗を拭った。

直接指導する場面もあった梨田監督は「前に突っ込みすぎていたのを指摘した。

打撃だけでなくいろいろな部分がまだまだ甘い」とダメ出し。来季のレギュラー獲りに向けて、

鍛錬の秋となりそうだ。


野球野球という仕事 ルシアノ・フェルナンドは楽天に輝く太陽になる 野球

ルシアノ・フェルナンドが、オコエ瑠偉に声をかけた。「もっとウエートやらないともったいないよ。

アフリカ系はラテン系より体が強いんだからさ」。ウエートトレーニングの重要性を真剣に説いている。

ブラジル国籍のフェルナンドは5歳で群馬県太田市に移住。桐生一(群馬)、白鴎大(栃木)で

強打のスラッガーとして注目を浴び、14年ドラフト4位で楽天に入団した。

日本の学校に3年以上在籍し、外国人枠の制約を受けないが「僕は外国人に負けられない」。

今季は1軍で4試合の出場に止まったが、2軍では74試合で14本塁打の長打力を誇る。

梨田監督が「誰とでも明るく接し、全体的におとなしいチームの雰囲気を変える」と認める存在感。

日本語は完ぺき。母国語のポルトガル語のほかにスペイン語、英語を操る。

父方の曽祖母は日本人だがルックスはラテン系だ。

浅黒い肌に真っ白い歯が印象的なイケメンだが、笑顔の裏には苦労もあった。

「いじめはありましたよ、もちろん。僕みたいな人間は必ず遭う」。明るい過去ばかりではない。

肌の色が違う。言葉がおかしい。排他的な集団行動に苦しめられた。

フットサルチームにも入っていたが、さまざまな理由で続けられなかった。

いじめに強く反発し、悪者にされたこともあった。

小学4年生のとき、少年野球チームの練習をフェンス越しに見ていた。

1週間通った末、「打ってみるか」と指導者に誘われた。

「面白いようにバットにボールが当たって飛んだ」。すぐに夢中になった。

野球が居心地のいい場所になった。

 「僕に言わせればあいつは日本人。僕とは違う」というが、オコエを見守る目は優しい。

「彼は(ルーツが)アフリカ、ナイジェリアなんだというのを強く出す。それが凄い」と感心する。

在留外国人や親が外国人なら日本の社会で立ち位置をつくるのは難しい。

 「そんな子は『自分は不利だ』と思うかもしれない。だけど(ルーツを)誇りにしてほしい。僕らの姿を見て、ハーフでもクオーターでも外国人でも出来るんだと分かってほしい」

 フェルナンドは秋季練習で最後までバットを振り、走り続けた。ラテン系であることを意識し、明るく振る舞う。それも「誇り」。その人間としての強さがチームに必要とされるときが必ず来る。そう信じている。(

コメント(0件)

コメントを書く (*の項目は入力必須)

イーグルスファンのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

メンバーが参加している他のコミュニティを自動的に算出して表示しています。星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

イーグルスファン

人気コミュニティランキング