ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 音楽 > エレガット > トピック一覧 > ナイロン弦のチューニングが演奏...

エレガットコミュのナイロン弦のチューニングが演奏中に上がってくることに関して

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

今日は皆さまに、質問させて下さい。

日頃よくエレガットを演奏しておりますが、
ガットの裸弦、特に2・3弦は、ジャストにチューニングしてから演奏を開始すると、途中でチューニングが上がってきます。どうやら手指の体温からの熱によるもののようです。
皆さんは、それに対してどんな処置をしていますか。

ちなみに、僕の場合ですが、
◆プロアルテやハナバッハなどのナイロン弦は、2・3弦は若干低めにチューニングして演奏を開始する。途中でチューニングが上がって、うまいことジャストに着地してくれればいいですが、正しい着地ができない場合もあります。
◆サバレスの「アリアンス」は材質がナイロンでなくカーボンで、その事象がおこらないのでよく使っていますが、アリアンスは音色にクセがあり、強弱がつけにくくサステインも長いので、できれば使いたくない。

というわけで、皆さまよろしくお願いします。

コメント(3)

ナットとかサドルの影響はどーなんすかね?
体温の影響で弦が縮むって事は考えられるんですかね?
どちらかというと伸びそうな気がしてしまうんですが。どーすかね?
カーボンだと摩擦係数が低いからナット、サドルの影響を受けづらいとか?
実際の摩擦係数は知りませんが(笑)
お邪魔しました
失礼しました。m(__)m
温度が上がると音程が上がるものなんですね。
http://www.yamaha.co.jp/plus/classical_guitar/?ln=ja&cn=10803&pg=2
勉強になりました。
自分は伸びる、音が下がる事しか気にした事が無かったんで、全く知りませんでした。
あと、耳があんまり良く無いんで(´Д` )
勉強になりました。
>>[2]

コメントありがとうございます。
やはり、2・3弦は演奏開始後音程が上がることを覚悟のうえで、少し低めにチューニングするのが一番正解のようです。
どなたか情報をお持ちの方、引き続きよろしくお願いします。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

エレガット 更新情報

エレガットのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済