ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > デジブラ・デーリー画像 > トピック一覧 > 2018年12月12日(水)

デジブラ・デーリー画像コミュの2018年12月12日(水)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

2018年12月12日(水)小雨曇り4.6℃〜13.0℃
今日は朝から雨に成りその後曇りで、気温は昨日より少しだけ高く成りました。

クローバーイヌホオズキ(犬鬼灯)(Solanum nigrum)
ナス科 ナス属 花期、8〜10月 草丈、30〜60cm
花径、6〜7mmの白い花で実は緑色から黒に変わり いっぱいぶら下がる。葉っぱが粗くギザギザ状のものはアメリカ犬鬼灯と呼ぶ。
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪府堺市 新金岡

コメント(20)

チューリップカランコエ・ラクシフロラ(kalanchoe laxiflora)
別名、コチョウノマイ(胡蝶の舞)
ベンケイソウ科 カランコエ属 花期、12〜2月 草丈、30〜40cm 
「胡蝶の舞」の園芸名で古くから愛培されて、花は鐘形で、茎の先端に20〜40個ぶら下がる。
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪府堺市 新金岡
チューリップキク(スプレー菊)(Chrysanthemum morifolium) 
キク科 キク属 花期、10〜12月 草丈、30〜60cm
花径、3〜5cmで、1本の茎から5〜10の枝が出て花が咲くもを総称してスプレー菊と云います、花色、桃、赤、橙、黄、白、緑色。
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪府堺市 新金岡
チューリップキク(スプレー菊)(Chrysanthemum morifolium) 
キク科 キク属 花期、10〜12月 草丈、30〜60cm
花径、3〜5cmで、1本の茎から5〜10の枝が出て花が咲くもを総称してスプレー菊と云います、花色、桃、赤、橙、黄、白、緑色。
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪府堺市 新金岡
チューリップキク(丁字菊)(Chrysanthemum grandiflorum)(スプレー菊)、丁字咲き
キク科 キク属 花期、10〜12月 草丈、30〜120cm
丁子菊は、おもに関西地方で作られ、花の中心の筒状の花びらが香料の丁子の花に似いるので、この名前。花径、3〜8cm、花色、桃、赤、橙、白、黄色。
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪府堺市 新金岡
チューリップキク(ピンポンマム)(Chrysanthemum Spray mum)(スプレー菊)、ポンポン咲き 
キク科 キク属 花期、10〜12月 草丈、30〜120cm
スプレー菊の一種で、花径が4〜10cmの球状で八重咲き花。 茎から5〜10の枝が出て花が咲くもをスプレー菊と云います。
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪府堺市 新金岡
チューリップユリオプス・デージー(Euryops pectinatus) 八重
キク科 ユリオプス属 花期、9〜5月 草丈、60〜80cm
南アフリカ原産の常緑低木でアメリカから輸入され、日本には昭和40年頃渡来、花は花径、3〜4cm程で、咲く前は白い房に包まれていて比較的寒さに強く過湿を嫌う。
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪府堺市 堺市緑化センター
チューリップペンステモン・ガーネット(Penstemon Garnet)
別名、ツリガネヤナギ、  ・ゴマノハグサ科から引っ越し植物。  
オオバコ科 ペンステモン属 花期、5〜9月 草丈、60〜80cm
北米原産の宿根草で、花径、2〜5cm、ペンステモンは釣り鐘形や、筒状の花が連なった様に咲く、花色は赤、紫、白色など。
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
チューリップキク(菊)(Chrysanthemum grandiflorum) 中輪・細管
キク科 キク属 花期、10〜12月 草丈、30〜120cm
江戸時代の中期から栽培され変わり咲きの鑑賞菊の一品種群。花径、9〜18cmで、細い管弁の集合花。花色、桃、赤、橙、白、黄色。
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪府堺市 新金岡
チューリップマーガレット・キューティーマイス(Marguerite Cutie mise)
キク科 キク属 花期、9〜翌6月 草丈、40cm
カナリア諸島原産で、花は丁子咲きの桃色品種で、開花期間が非常に長い。
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪府堺市 新金岡
チューリップマーガレットコスモス(Steirodiscus uryopoides)
別名、イエローエンジェル
キク科 ステイロディスカス属 花期、7〜11月 草丈、15〜100cm
南ア原産、ユリオプスデージーやマーガレットに似た黄色の花を夏の暑い時季にも咲く、花色は黄色。
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
チューリップマーガレット・フォーシーズンズ(Chrysanthemum frutesceus)四季咲き
キク科 キク属 花期、10〜6月 草丈、20〜80cm
マーガレットは、白い清楚な花が咲く万人向きの花で、赤、桃、黄色と有りノースポールに似た花で少し大型。3〜6cm。
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪府堺市 堺市緑化センター
チューリップマーガレット・フォーシーズンズ(Chrysanthemum frutesceus)四季咲き
キク科 キク属 花期、10〜6月 草丈、20〜80cm
マーガレットは、白い清楚な花が咲く万人向きの花で、赤、桃、黄色と有りノースポールに似た花で少し大型。3〜6cm。
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪府堺市 堺市緑化センター
チューリップマーガレット・ホワイトムーン(Chrysanthemum frutesceus)
別名、モクシュンギク(木春菊)
キク科 キク属 花期、4〜6月 草丈、20〜100cm
カナリア諸島原産、名前はギリシャ語のマルガリーテ(真珠)に由来。ノースポールに似た花で少し大型。3〜6cm
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪府堺市 新金岡
さくらんぼアラカシ(粗樫)(Quercus glauca)
別名、クロガシ、ナラバガシ
ブナ科 コナラ属 花期、4〜5月 樹高、20m
アラカシは本州も四国、九州に分布する常緑広葉高木、樹皮が黒っぽい灰色。雌雄異株。
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪市 長居公園
さくらんぼイチジク(無花果、映日果)(Ficus carica) 実
クワ科 イチジク属 花期、5〜9月 樹高、2〜10m
原産地はアラビア南部で、雌雄異株で不老長寿の果物ともよばれる、単独で結実する品種。花は、花嚢の中に咲き外からは見えない。
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪府堺市 堺市緑化センター
さくらんぼイヌホオズキ(犬鬼灯)(Solanum nigrum) 実
ナス科 ナス属 花期、8〜10月 草丈、30〜60cm
花径、6〜7mmの白い花で実は緑色から黒に変わり いっぱいぶら下がる。葉っぱが粗くギザギザ状のものはアメリカ犬鬼灯と呼ぶ。
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪府堺市 新金岡
さくらんぼクロガネモチ(黒鉄黐)(Ilex rotunda) 実
モチノキ科 モチノキ属  花期、5〜6月 樹高、10〜20m
雌雄異株で、雌花は中心部に大きなめしべがあり、その周辺に小さなおしべがあり、花弁の長さは2mm。花弁、6枚が一般的。
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪府堺市 堺市緑化センター
ひよこイカル(斑鳩、鵤)(Eophona personata)
スズメ目 アトリ科 全長、約23cm
特徴:雌雄同色の鳥、頭と翼と尾羽が黒く光沢を帯びている。初列風切に白斑がある。脇(わき)が褐色で嘴は黄色くとても太い。
分布:日本では冬はやや南下して越冬するものが多い。日本では九州から北海道まで広く分布する。
生息地:山地の広葉樹林に多い。夏場は繁殖のため、全国の低山より低い落葉広葉樹林に生息する。秋から冬には群れで暖地に移動し生息する。
採食:ハゼ、サクラ、カエデなどの木の実や種子を主食とし、マメ科の鞘やヒマワリの種子などを嘴で上手にはさみ割る事が出来る。繁殖期には昆虫も食べる。
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
ペンギンヒドリガモ(緋鳥鴨)(Anas penelope)雌の亜種
カモ目 カモ科 全長、45〜51cm
特徴:雄は頭から胸にかけて赤褐色で頭は淡黄色、体は主に灰色で尾は黒い。飛ぶと雨覆の白が目立つ。雌は全体的に褐色で腹が白い、飛んだときに見える雨覆は灰褐色。雌雄共に嘴は鉛色で先端が黒く、足は灰黒色。
分布:主にシベリヤ方面から、日本では全土に冬鳥として現れて越冬する。10月頃から翌年の3〜4月までふつうに見られるカモである。
生息地:冬はゆったり水の流れる河川、ダム湖、湖沼、海湾などですごす。極地や亜寒帯の繁殖地では、富栄養や貧栄養の水系よりも中栄養の水系を好む。
採餌:主として植物食で、海苔養殖に被害を与えることがある。

・普通のヒドリガモ(緋鳥鴨)の雌と違い、目のまわりがリング状に白く成り、頭部の一部も白いようです。
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
ペンギンヒドリガモ(緋鳥鴨)(Anas penelope)雌の亜種
カモ目 カモ科 全長、45〜51cm
特徴:雄は頭から胸にかけて赤褐色で頭は淡黄色、体は主に灰色で尾は黒い。飛ぶと雨覆の白が目立つ。雌は全体的に褐色で腹が白い、飛んだときに見える雨覆は灰褐色。雌雄共に嘴は鉛色で先端が黒く、足は灰黒色。
分布:主にシベリヤ方面から、日本では全土に冬鳥として現れて越冬する。10月頃から翌年の3〜4月までふつうに見られるカモである。
生息地:冬はゆったり水の流れる河川、ダム湖、湖沼、海湾などですごす。極地や亜寒帯の繁殖地では、富栄養や貧栄養の水系よりも中栄養の水系を好む。
採餌:主として植物食で、海苔養殖に被害を与えることがある。

・普通のヒドリガモ(緋鳥鴨)の雌と違い、目のまわりがリング状に白く成り、頭部の一部も白いようです。
撮影編集日:2018年12月12日 場所:大阪府堺市 大泉緑地

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

デジブラ・デーリー画像 更新情報

デジブラ・デーリー画像のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済