ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > デジブラ・デーリー画像 > トピック一覧 > 2018年11月27日(火)

デジブラ・デーリー画像コミュの2018年11月27日(火)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

2018年11月27日(火)晴れ10.1℃〜20.0℃  今日も晴れに成りましたが、気温は昨日より高目の予報ですが、明日は下り坂で気温も下がる予報です。

チューリップガーベラ(Gerbera hybrida)
別名、アフリカセンボンヤリ、花車
キク科 センボンヤリ属 花期、4〜10月 草丈、15〜80cm
春から秋までと花期は長、花径、6〜12cm、花色は桃、赤、橙、白、黄色などがある。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 新金岡

コメント(24)

チューリップグリーンフェザー(Eupatorium capillifolium)
別名、ユーパトリウム・カピリフォリウム
キク科 ユーパトリウム属  花期、10〜11月 草丈、150〜200cm
北米原産の多年草、アスパラガスに似た葉で、秋には白い花を付け枝垂れる。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 堺市緑化センター
チューリップツワブキ(石蕗)(Fartugium japonicum)
キク科 ツワブキ属 花期、10〜12月 草丈、50〜60cm
花径5〜6cmの黄色い花、葉は蕗に似ていて艶が有るのでツワブキ(石蕗)の名が付いた。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 堺市緑化センター
チューリップディアスシア(Diascia barberae)
別名、ツインスパー(twinspur)
ゴマノハグサ科 ディアスシア属 花期、4〜12月 草丈、10〜20cm
南ア原産、花径、2cm程で、花色は赤、ピンク、白などで花期が長い。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪市 長居公園
チューリップタツタナデシコ(竜田撫子)(Dianthus plumarius.)
別名、サクラナデシコ(桜撫子)
ナデシコ科 ナデシコ属 花期、4〜5月 草丈、30cm
ヨーロッパ原産で宿根草。花で花径、3〜4cm、花色、ピンク色ガ主で、カーネーション他との交配種のようです。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
チューリップチューリップタツタナデシコ(竜田撫子)(Dianthus plumarius.)
別名、サクラナデシコ(桜撫子)
ナデシコ科 ナデシコ属 花期、4〜5月 草丈、30cm
ヨーロッパ原産で宿根草。花で花径、3〜4cm、花色、ピンク色ガ主で、カーネーション他との交配種のようです。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
チューリップナデシコ(撫子)(Dianthus chinensis) 八重
別名、セキチク(石竹)、ダイアンサス
ナデシコ科 ナデシコ属 花期、5〜10月 草丈、40〜100cm
花径3〜5cm、花色、桃、赤、橙、白、我が子を撫(な)でるように可愛い花であるところからこの名前に。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 新金岡
チューリップチューリップナデシコ(撫子)(Dianthus chinensis) 八重
別名、セキチク(石竹)、ダイアンサス
ナデシコ科 ナデシコ属 花期、5〜10月 草丈、40〜100cm
花径3〜5cm、花色、桃、赤、橙、白、我が子を撫(な)でるように可愛い花であるところからこの名前に。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 新金岡
芽ニオイザクラ(匂い桜)(Luculia pinceana.)
別名、ルクリア、アッサムニオイザクラ
アカネ科 ルクリア属 花期、11〜1月 樹高、40〜50cm
ヒマラヤから雲南の高原に自生する常緑の低木〜小高木です。花は、3cm程の筒に5cm程の淡いピンクの5弁花で、良い香り。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 堺市緑化センター
チューリップビオラ(Viola ×wittrockiana)
花名、ビビ、クリア・イエロー
スミレ科 スミレ属 花期、11〜5月 草丈、10〜15cm
花径、2.5〜3cmで、花色は濃い黄色でヒゲがバラつき有り。丈夫で育てやすい。花色は薄いブルー。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
チューリップビオラ(Viola ×wittrockiana)
花名、F1、ビビ、ファイア
スミレ科 スミレ属 花期、11〜5月 草丈、10〜15cm
花径、2.5〜3cmで、花色は濃い黄色でヒゲがバラつき有り。丈夫で育てやすい。花色は薄いブルー。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
チューリップビオラ(Viola comuta)
花名、F1、ビビ ラベンダーアンティーク 
スミレ科 スミレ属 花期、10〜5月 草丈、8〜20cm
花径、3〜3.5cmでビオラの中では少し大き目の花で、花弁に少し丸味が有る。花色はブルー・オレンジ。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
チューリップビオラ(Viola comuta)
花名、F1ペニー・デニムジャンプアップ
スミレ科 スミレ属 花期、10〜5月 草丈、8〜20cm
花径、3〜3.5cmでビオラの中では少し大き目の花で、花弁に少し丸味が有る。花色はブルー・オレンジ。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 大泉緑地

チューリップビオラ(Viola comuta)
花名、F1ペニー・マリーナ
スミレ科 スミレ属 花期、10〜5月 草丈、8〜20cm
花径、3〜3.5cmでビオラの中では少し大き目の花で、花弁に少し丸味が有る。花色はブルー・オレンジ。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
チューリップビオラ(三色菫)(Viola comuta)
花名、F1ベニーミッキー
スミレ科 スミレ属 花期、10〜5月 草丈、8〜20cm
花径、3〜3.5cmでビオラの中では少し大き目の花で、花弁に少し丸味が有る。花色は赤紫と白色。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
チューリップビオラ(三色菫)(Viola comuta)
花名、ビオラ「ももか・うみももか」 
スミレ科 スミレ属 花期、10〜5月 草丈、8〜20cm
花径、3cmの花で「うみももか」は、咲き進むにつれて花色の変化を楽しめるビオラです。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 大泉緑地
さくらんぼオモト(万年青)(Rohdea japonica)の実
ユリ科 オモト属 観賞期、10〜2月 草丈、30〜50cm
耐寒性あり古くから観賞用として植えられ、 小さな白い花が5〜6月ごろ咲き、実径、8mm程の赤い実をつける。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 長曾根
さくらんぼキカラスウリ(黄烏瓜)(Trichosanthes kirilowii var. japonica)実
ウリ科 カラスウリ属 花期、7〜9月 草丈3m以上つる性
雌雄異株で、夕方〜朝にかけて白い花を開きます。弁の先端が細い糸状になり、レースのように見えます。実熟すと黄色。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 大和川、河川敷
さくらんぼトベラ(扉)(Pittosporum tobira)実
トベラ科 トベラ属 花期、5〜6月 樹高、2〜3m
節分にこの木の枝を扉にはさんで邪鬼を払うたため、「とびらの木」と呼ばれ、変化し略され「とべら」になった。秋には赤い実を付ける。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 大泉緑地  
ペンギンカンムリカイツブリ(冠鳰)(Podiceps cristatus)
カイツブリ目 カイツブリ科 全長、46〜61cm
特徴:夏羽は、首の前は白く、首の後ろから背中は黒い。耳羽は赤褐色で、目の周りは白い。嘴はピンク色で、虹彩は赤い。頭上は黒く、冠がある。 冬羽は、頬の赤褐色の部分も白くなり、冠も見えにくくなる。水面を蹴って滑走してから飛び立ち、長い頸を伸ばして小刻みな翼動で直線的に飛ぶ。雌雄同色。
分布:日本には冬鳥として渡来し、以前はまれに見られるだけだったが、近年渡来数が増加し、40〜60羽の群れも見られるようになった。
採餌:潜水して、魚類、水生の甲殻類、昆虫、イモリやおたまじゃくしなどの両生類を食べる。
生息地:海岸や海岸近くの淡水湖沼や大きな川に多く、内陸の湖沼や大きな川にまで
入ってくる。冬の内湾の海上にも現れる。
食性:動物食で、魚類、両生類、水生昆虫などを食べる、潜水して獲物を捕食するのに30秒以上潜ることもある。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 履中天皇陵
ペンギントモエガモ(巴鴨)(Anas formosa)雄
カモ目 カモ科 全長、39〜43cm
特徴:雄は、顔は黄白色と緑黒色のともえ形の特徴ある斑がある。伸びた肩羽は黒くて栗色と白の羽縁がある。
雌は褐色で黒褐色斑がある。嘴の基部に白色の円紋がある。脇や腹部は淡い羽縁のある褐色の羽根がある。
採食:雑食性で主としてイネ科、タデ科などの種子、植物片などを食べる植物食である。
分布:ユーラシア大陸、シベリア、カムチャッカ半島に繁殖する。日本には冬鳥として、本州、四国、九州に渡って越冬する。
生息地:主に淡水域で見られ、樹林に囲まれた大きな水域を好む。繁殖地では森林地帯の河川や湖、川のデルタ地帯の小島などにすむ。
撮影編集日:2018年11月27日 場所::大阪府松原市 大塚山古墳
ペンギンミサゴ(鶚)(Pandion haliaetus)
タカ目 タカ科(ミサゴ科) 全長、 雄、54cm 雌、64cm
特徴:雄は、背と翼の上面は暗褐色で、下面は白色で、黒い帯がある。顔も白く、目を通って首に達する褐色の帯幅が狭くて淡い。尾は白っぽく、横帯が数本ある。後頭には短い冠羽がある。雌は体がやや大きく、胸の褐色の帯幅が太くて濃い。
分布:ユーラシア大陸、北米大陸、日本では北海道から沖縄で少数が繁殖する留鳥だが、冬に海が凍結する地域のものは暖地に移動する。
生息地:海岸、河川、湖などで採餌し、人気の無い海岸の岩の上や岩棚、水辺に近い大きな木の上に巣を作る。近畿圏では営巣地のほとんどが山地で、餌は海や湖沼で採るので行動圏は広い。
採 :ボラ、スズキ、トビウオ、イワシなど魚類が主食。水面を高くゆっくり飛び回り、魚を見つけると停空飛翔で狙いをつけ翼をすぼめて急降下し、水面近くで両足を伸ばして大きなつめを開き魚めがけて突っ込む。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 大和川、河口
ペンギンユリカモメ(百合鴎)(Larus ridibundus) 舞い
チドリ目 カモメ科 全長、37〜43cm(94〜110cm)
特徴:嘴は細くて足は長めで背や翼の上面は淡い青灰色。翼の前縁から初列風切の外側までは白く、初列風切の先端は黒い。夏羽は頭部が黒褐色で嘴は暗赤色。冬羽は頭部が白くて目の後方に黒褐色斑がある。
頭上を通って目と目を結ぶ淡い黒線を持つものもある。嘴は赤いが、先端が黒い個体もある。また、体の下面が淡紅色を帯びた個体が時々ある。雌雄同色。
分布:日本ではごくふつうのカモメで、冬鳥として各地に現れる。
生息地:海岸、内陸の水域など広い範囲で見られる。耕作されて水を張った水田などで見られる。繁殖地では海岸や内陸の流水、アルカリ塩水の湖沼、浅く穏やかな水系をもつ地域、湿地帯などにすむ。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 大和川、河川敷
ペンギンユリカモメ(百合鴎)(Larus ridibundus) 舞い
チドリ目 カモメ科 全長、37〜43cm(94〜110cm)
特徴:嘴は細くて足は長めで背や翼の上面は淡い青灰色。翼の前縁から初列風切の外側までは白く、初列風切の先端は黒い。夏羽は頭部が黒褐色で嘴は暗赤色。冬羽は頭部が白くて目の後方に黒褐色斑がある。
頭上を通って目と目を結ぶ淡い黒線を持つものもある。嘴は赤いが、先端が黒い個体もある。また、体の下面が淡紅色を帯びた個体が時々ある。雌雄同色。
分布:日本ではごくふつうのカモメで、冬鳥として各地に現れる。
生息地:海岸、内陸の水域など広い範囲で見られる。耕作されて水を張った水田などで見られる。繁殖地では海岸や内陸の流水、アルカリ塩水の湖沼、浅く穏やかな水系をもつ地域、湿地帯などにすむ。
撮影編集日:2018年11月27日 場所:大阪府堺市 大和川、河川敷

ログインすると、残り1件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

デジブラ・デーリー画像 更新情報

デジブラ・デーリー画像のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済